【2021年最新】WiFi6(11ax)対応の無線LAN中継機「人気・高評価のおすすめ15製品」

こちらでは、Wi-Fi6(11ax)対応の無線LAN中継機の人気・おすすめ製品を紹介していきます。


Wi-Fi6(11ax)対応の無線LAN中継機 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「Wi-Fi6(11ax)対応の無線LAN中継機」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 1201 + 574Mbps 11ax/ac/n/a/g/b APモード ...
発売日 2020/11/12
通常 8,600円
現在 6,773円
1,827円(21%)OFF!!
(4.3)
総評価数 46件
2
(4.2)
総評価数 665件
3
(3.5)
総評価数 112件
4
(4.4)
総評価数 37件
5
【セット買い】TP-Link WiFi ルーター 無線LAN Wi-Fi6 11AX AX1500 1201 + 300Mbps 1.5 G...
発売日 2020/08/04
通常 13,800円
現在 11,260円
2,540円(18%)OFF!!
(4.3)
総評価数 8件
6
【セット買い】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 AX6000 iphone11 対応 11AX 4804Mbps...
発売日 2020/08/04
通常 37,091円
現在 33,582円
3,509円(9%)OFF!!
(4)
総評価数 1件
7
(0)
総評価数 0件
8
【セット買い】TP-Link WiFi ルーター Wi-Fi6 11AX AX1800 1201 + 574 Mbps 1.5Ghz クアッ...
発売日 2020/12/24
通常 15,700円
現在 14,173円
1,527円(10%)OFF!!
(0)
総評価数 0件
9
(4.2)
総評価数 1249件
10
(2.6)
総評価数 64件
 

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 1201 + 574Mbps

  • [特徴] Wi-Fi6対応 AX1800規格 中継機。最先端の技術で高速Wi-Fi通信を実現。
  • [Wi-Fi6対応] 11AX:規格値 5GHz 1201Mbps , 2.4GHz 574Mbps
  • [アクセスポイントモード] 1x 1000Mbps ギガビットイーサネットポートを搭載。アクセスポイントとしてもご利用いただけます。
  • [TP-Link専用アプリ対応] 誰でも自由かつ直感的に設定できる専用アプリTP-Link Tetherに対応。
  • [インテリジェントLED」接続状態をLEDでひと目で確認できます

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず商品概観は、放熱性も考慮した通気穴が上下左右に開けられた、特異形状の総樹脂製角型ルーターで、形状的には縦置き&横置き両対応出来そうに見えますが、背面にコンセントプラグがあり、基本的には壁面への直挿し状態で利用する品です。
構造&質感としては、上下左右に放熱穴が開けられ、前面が光沢質ですが側面&アンテナはシボ加工されており、長期間利用すると少し黒ずみそうで、発熱は常時40度ぐらいある感じです。

アンテナは、縦方向のみ180度回転し、感度調整用と言うよりは、収納用の機能性と言えそうです。
インジケーターランプは、前横2方向から視認出来ますが、青&赤色LEDの輝度が少し控えめで、昼間は視認し難いです。

接続方法は、中継機用途に特化しており、親機となる無線ルーターに対して、簡易的に接続出来る仕様です。
それに伴い、専用のスマホ用アプリも用意されていますが、不必要と言えるユーザー(メアド)登録作業を要するので、気になる方はブラウザーでの設定でも事足ります。
ただ、ブラウザー設定画面は、完全なPC画面レイアウトなので、スマホで挑むのは少し厳しいです。

それでも、設定内容はかなり細かく、中継器らしく元々の電波強度が強めで、鉄筋コンクリートも抜ける程である事に加え、逆に電波公害を防げる「電波強度調整(3段階)」も可能です。
勿論「節電タイマー」や、IP&MACアドレスによる「接続制限」に、ある程度は「SSID」の改変にも対応します。

通信規格は、チャンネルを分ける事で「5GHz&2.4GHz」に両対応し、まだ発展途上と言える「Wi-F6」にも、ファームウェアのバージョンアップで対応する方向性です。
また、本商品にはLANケーブルを挿し込める様にもなっていて「WPS」ボタンも備え、コンセント直挿しタイプである点を考慮した上で、上述機能性を活用すれば、単体でアクセスポイントとしても十分機能します。

パッケージは完全日本語仕様で、説明書もQRコード併記で、とても丁寧に示されており解り易いです。
販売元は、中国広東省深圳市のネットワーク機器メーカー【TP-LINK Technologies/普聯技術有限公司】で、製造も同国と明記されています。

総じて、コンセント直挿し仕様で、LANポートも入力用を1つ備えるだけなので、確かに中継機向けと言えますが、機能性は充実しているので、無線利用主体の方なら本商品のみでも、十分にネットライフに対応出来ます。
機器安定性にも特段の隘路は感じず、かなりコンパクトな造形にも満足しましたので、☆×5とします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
.11ax(Wi-Fi6)のアクセスポイントを自室(1F)に設置してある状態で、2F リビング(ちょうど家全体に対して対角線の位置)では、接続はするものの時折通信が止まってしまうことがあり、レンジエクステンダーを導入してみました。

オリジナルアクセスポイントから 10m 程度の距離で測定した結果と、レンジエクステンダーから 10m 程度の距離で測定した結果を比較すると、上り半分、下り2/3程度の速度が出ており、ストリーミング再生なども途切れたりすること無く安定して接続が可能になりました。

設定自体は、(このレンジエクステンダーとは別用途で) TP-Link 製ルータを運用しているため、Tether インストール済だったため、本製品を追加登録→ホスト SSID 設定→拡張 SSID 設定→ロケーション確認→プラグに接続、で特に難しいことなく終了しました。残念ながらこの回線のルータは TP-Link 社製品ではないため OneMesh 機能は利用できず、同一 SSID を用いるメッシュネットワーク構築はできていませんが、オリジナルアクセスポイントの電波が受信しにくい場合は手動でレンジエクステンダーの SSID に変更すれば良いだけなので特に面倒さは感じていません。

また、有線接続してアクセスポイント(AP)モードとすれば、無線ルータを AP モードで運用するのと同様に無線 AP として既存ルータを拡張するのも OK です。例えば、既存ルータが有線専用であったり、古い Wi-Fi 規格のみの対応の場合に無線を OFF にして本製品を AP モードで使用することで、最新の Wi-Fi6 対応にすることも可能なので、ルータ本体に i-フィルターのような年間契約を伴うセキュリティ機能などがあってそうそう他社製のルータに買い換えることが難しい場合などでも、ルーティングやセキュリティ機能は既存のルータでやらせつつ、Wi-Fi 部分のみ最新の Wi-Fi6 にすることもできるというわけです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 1200 + 300Mbps

  • [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T
  • [高性能機能群] アダプティブパスセレクションやハイスピードモードを搭載し豊富な設定が可能
  • [保証期間] 業界最長水準の3年保証
  • [付属品]かんたん設定ガイド
  • ギガビットイーサネットポート搭載 – 1Gbpsの速度でパソコン・テレビ・ゲーム機などに有線接続が可能です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
実際に使っていますが、後悔がありますので参考にしてください。

まず、商品についてはすごく良いものだと思います。
コンセントに指しただけでは少し本体が浮いてしまうのが不安ですが、
機能性、電波、サイズ感など、私の使用環境では特に不満がありません。

ただし、どう考えてもこの商品よりも便利だと思えるものもあるので、
下記の文章を参考にしてみてください。

まず、中継機を使わなくてはいけないような環境で使いたい方は、
ある程度まともな本体を持っているかを振り返ってみてください。

私の場合は、この商品を購入すれば不安定なWi-Fiが安定して、
速度も早くなって、更に今は持ってないけどWi-Fi6端末を買ったときに便利!
と思って購入しました。

ですが、本体のルータが数年前のものだったので、
この中継機だけでは環境があまり改善しなかったため、
結局ルーターも買い換えるはめになりました。

それも、せっかく中継機があるからと思って同じTPlink製のルーターを購入しました。
なお、相性の問題があるためネットワーク機器は同じメーカーのもので統一すべきと考えています。
そのため現在は『Archer AX50』と『RE505X』を使って一戸建てをカバーしています。
※『Archer AX50』がOneMeshに対応してくれれば全く問題ありません
※TPlinkのOneMeshはルーターと中継機の組み合わせでのみ使えます(2020年7月現在)

中継機を使う場合に気をつけて欲しいのは、
中継機はただ電波を延長するだけではなく、SSIDが別のものになります。
つまり、1階ではルーターの「電波A」に繋いで、2階では中継機の「電波B」につなぐ、ような運用です。
移動するたびにどちらに繋がっているか確認したりつなぎ直したりする必要がある可能性があります。

本題になりますが、約7000円の中継機と約13000円のルーターを使って2つのSSIDに分かれてしまうなら、
同じ価格帯のルーター2台で「メッシュ環境」にしてしまうのが、間違いなく便利です。
※メッシュ環境下では同一のSSIDを一番強い電波にシームレスに切り替えて使用できます

個人的なオススメとしては、
ASUSが「AiMesh」というメッシュ化できるルーターを色々な価格帯で出しているので、
予算に合う範囲で2台購入して使うのが良いのではないかと思っていますが、
実際に検証しているわけではないので確実なところはわかりません。
※OneMeshと違いAiMeshはルーター間でのメッシュ化は可能なようです

ネット環境の綺麗な構築は考慮することが非常に多いです。
プロバイダ、LANケーブル、電波の種類、ルータ、電子レンジ、スマホ(PC)、接続台数、サイト側のサーバ、IPv6、などなど遅くなる原因は多岐にわたります。
ここに挙げた項目の意味がわからない方は、もう少し勉強してから見直したほうが良いかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
実はこれ以前にRE305/A (v3)を購入しましたが、どうやっても親機との5GHzが確立せず。サポートとやり取りしながらチャンネル固定、初期化、ファーム更新など試行錯誤しましたが手詰り。諦めて返品した経緯があります。
但し、誤解を避けるために敢えて言いますが、問題無く使えている方もいるようなので、当方の親機との相性かと理解しています。

さて、今回改めてTP-Linkに再び挑戦。
前回のトラウマから、またしても5GHzが繋がらないのかなぁと疑心暗鬼ながら設定開始。WPSボタンにて親機とのリンク開始。しばらく待つと5GHzのLED点灯。続いてWPS操作を更に続けて2.4GHzも接続完了。

さて、問題はここからです。かつて、TP-Linkの中継機レビュー(多機種に渡る)で見受けられた5GHzのリンク不具合が果たして解消されるのか。これまでは親機とのリンクが確立されても暫くすると切断されるというレビューが多数見受けられ、また自分でも経験した経緯がありましたが、今回は違うようです。設定後、暫く様子を見ましたが確実に5GHzの接続がしっかりと維持されています。これは素晴らしい!ついに対策、解決された模様。まずは第一関門クリアです。

次に速度の問題。Wi-Fi中継機の仕様上、接続範囲は広がりますが、どうしても速度低下は避けられない。大体親機と比べてスピードは50%程度が相場です。ところが此方は多少落ちますが親機と殆ど遜色ない位に速度が維持されています。これまでの中継機とは一線を画する仕様。
試しに親機の近くで設置し測定した所、アナライザー数値で親機より強い電波が出ているようで頼もしいです。

最後に発熱問題。こちらに限らず、Wi-Fi中継機は発熱が大きいものが多く夏場の猛暑が心配でしたが、今の季節でほんのり温かい程度です。これからの夏場にどうなるかは様子見です。

今後の耐久性は未知数ですが、中継機としては十分及第点ではないでしょうか。
なお、アプリのアカウント登録は捨てアドで(笑)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Wifi 中継器 WAVLINK 11ac/n/a/g/b 無線LAN 中継器 ...

  • 【特徴】:他社の親機にも繋がる、電源コンセントに直接差し込むタイプ。11ac対応Wi-Fi中継機、2.4GHz + 5GHz 高速のデュアルバンドモデル。
  • 【無線LAN規格】802.11ac/n/a/b/g対応 最大867Mbps(5GHz) + 300Mbps(2.4GHz)
  • 【有線LAN規格】 1x 有線LANポート:100BASE-TX、10BASE-T
  • 【製品機能】] リピーター(中継機)&ルーター/アクセスポイント 3つのモード対応
  • 【対応OS】 iOS, Android, Microsoft Windows 98SE, NT, 2000, XP, Vista / Windows 7, 8, 10, Mac OS, NetWare, UNIX / Linux

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Aterm WG2200HPを使っています。
とりあえずWSPできませんでした。
だからノートパソコンで設定しました。
詳しい日本語説明書があるのですが、それだけではやや難解な点がありました。
まず、一つ一つの動作というか、画面の切り替えに時間がかかるのでまずは焦らずに無
じっと待つこと。
それから最初のパスワードはadminで、次に入力を求められるときも説明書にはadminと書いてありましたが、これは別のものに変更しないと進めませんからご注意。
日本語画面に直せたのかもしれませんが、自分はそのまま英語で進めたので余計に分かりにくかったのかもしれません。
あと、本体の動作も時間がかかるので焦らずに。
電波は確かに遠くまで届くようになりました。
本機を通したSSIDは自動で末尾に「_EXT5G」とかが追加されるので使うにはパスワードの再入力が必要ですが、その際のパスワードは既存のものと同じになります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
実際の所、繋げるだけならハードル低く安定しています。SSIDが元から別個になってるので、接続台数に限界のあるモバイルWifiとの相性が良い。

ただ夏にとても頻繁に切れたので、気になり本体を持つとやたら熱い!
結局夏の間はコンパクト扇風機の上で使用してたらまた安定しだしたので熱の排気が追い付いてないのだと思います。
正直に言うと扇風機の上で使う事自体がシュールなので他の機器を漁ってるけど値段との兼ね合いで未だ妥協ゾーンにあるんですよね。

でも排気に気遣い、有線ポートを少々増やしたモデルも欲しいです。
コンセント直差しモデルは中継器にやたら多いけど、実は他のコンセントに干渉しすぎて全然求めてないです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

(NETGEAR) WiFi6 中継器 メッシュWifi 無線LANルーター AX1800

  • 【他社ルーターでもOK】EAX20なら、他社ルーターのカバー範囲も拡張可能。
  • 【次世代規格WiFi 6対応エントリーモデル】EAX20は次世代規格 802.11ax (WiFi6)に対応したエントリーモデル。1201+574 Mbpsの使いやすいスペック。
  • 【メッシュWiFi】1つのWiFiネットワーク (SSID) で広範囲にわたりシームレスな接続環境を提供するため、WiFi子機はWiFiネットワークを意識することなく家のどこにいても最適なネットワークに接続ができる。
  • 【コンバーターとして使える】LANポートが4基あるため、今までLANケーブルが届かなかった場所でもスマートテレビやゲーム機などの有線デバイスを利用することができる。
  • 【安心の日本語サポートと3年保証】ネットギアのサポート窓口は365日年中無休で対応(購入後サポートの際には無償ユーザ登録が必要です)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この製品は現在使っているルーターから離れた場所にwifiエリアの拡張が行えるもので、現在のルーターとは離れた場所に設置することで、今まで電波が不安定で家の中でWifiの電波が途切れがちだったり、速度が低下してしまっていた場所にも高速で安定したWifiの電波を届ける事ができます。

最新のWIFI6にも対応した高速通信が可能な機種で理論的にはCAT6の有線LANの4.8倍の速度でワイヤレス通信できるハイエンドモデルです。play station5やiPhone12/11/SEなど対応機種の通信速度の高速化が期待できますがインターネット回線契約によっては最高速度が200Mbpや1Gbpsだったりするので注意が必要です。その他にも通信距離や障害物の影響などもあるので常に4,804Mbpsで通信できるわけではありません。

実際、我が家ではぷらら光マンションタイプなので200mbpsという速度で契約している為、この中継器の性能をインターネットでは活かしきれていません。では設置する意味があるのかというと大いにありました。うちではプリンターをワイヤレスで使っていて一眼レフで撮った画像を印刷する場合、データを転送し終わるまでに結構時間が掛かっていましたがこの中継器を使う事で有線接続と同じくらいの速度で印刷をする事ができるようになりました。

またWifiの使える範囲が広がったので今まで電波が1つしか届かなかったような場所でも電波が3つ届くようになり、switchで遊んでいても部屋を移動してもネット接続が途切れる事がなくなりました。超高速回線で契約していなくてもwifiの環境が大幅に改善するのでとても快適です。それからこの機種が素晴らしいなと思ったのは2.4g帯の通信速度も1147mbpsと高速なので2.4g帯しか使えない防犯カメラの映像がアプリから見た時にカクカクしていたものが、とてもなめらかに表示されるようになった点ですね。有線接続してるのとあまり変わらない品質で見られるのは驚きました。

インターネット通信に関する知識がそれなりにあれば、複数のルーターを購入してSSIDとパスワードを同一の物にする事で疑似的なメッシュWifiを構築することもできますが、この機種はそういった専門的な知識がなくても現在使ってるルーターのAOSSボタンやWPSボタンやらくらく無線スタートボタンなど長押しする程度の操作で、あとはアプリに従って設定していくだけでメッシュWifiを構築できるのでとても簡単です。

価格的にも本格的なメッシュWifiを導入するよりも低価格で導入できるので、現在の通信環境に不満があるなら改善するための選択肢の一つとして考えてみてもいいと思います。私としてはとてもおすすめできる機種でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
KDDI光の5G契約に変更とともにHGWのBL1000HWを使ったWiFiサービス申し込みをおこない宅内をWiFi6(802.11AX)化しました。1F中央のリビングのアクセスポイントから2F南端と北端の部屋では電波が弱いため、それぞれに中継器(EAX20)の導入をおこないました。EAX20は、2ストリームで1.2Gに対してBL1000HWは4ストリームで2.4GとどちらもHE80なため勿体ない感がありません。
サポートソフトがエクステンダー1台しかサポートされないのでは?の不安もありましたが、2台に対してツリー上ネットワークマップから確認と対象を選択しての設定ができるようになっています。(写真)
・HGW-中継器間のリンク:907Mbps(5GHz)
・中継器-PC(intel AX200搭載のノートPC)間のリンク:1200Mbps(5GHz)
この状態でインターネットへの接続は上り下りとも200Mbps程度は確保できていますので実用十分です。
また動画ストリーミングやネット会議を繋げたままパソコンを移動しても、スムーズにローミングされて途切れる事が無いのが、SSIDが変わるタイプの中継器に対するアドバンテージです。一方、トライバンドのメッシュWiFiと比べると、速度やカバーエリアでのカタログスペックでは劣りますが、回線事業者のホームゲートウェイのWi-Fi6と安価なEAX20で、ほぼメッシュの利用感を享受できて満足度は高いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi ルーター 無線LAN Wi-Fi6 11AX

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴] Wi-Fi6対応 無線LAN ルーター エントリーモデル登場。1.5GHz トリプルコアを備え、高次元の安定性を実現。
  • 商品(左): [無線LAN規格] Wi-Fi6(11AX): 1201 Mbps(5GHz) + 300 Mbps (2.4GHz)
  • 商品(左): [優先LAN規格] 1x 1000Mbps WANポート, 4x 1000Mbps LAN ポート
  • 商品(左): [Wi-Fi機能群] OFDMA, ブリッジモード (APモード), ビームフォーミング, エアタイムフェアネス, スマートコネクト, VPN機能 (PPTP),
  • 商品(右): [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • 商品(右): [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • 商品(右): [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • 商品(右): [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
普通に強いけどアプリがゴミ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 AX6000

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴] 新時代のWi-Fiをあなたの手に。世界シェアNo.1が放つ、待望のWi-Fi6 (11ax)ルーター。合計WiFi転送速度 5,952Mbps[4804Mbps(5GHz) + 1148Mbps(2.4GHz)]
  • 商品(左): [WiFiを高効率化] OFDMAとMU-MIMOのダブル効果でスループット(実測値)を高性能化。WiFi端末がたくさん増えても高い安定性を構築。
  • 商品(左): [超強力データ処理] 1.8GHz クアッドコア CPUと2つのコプロセッサーを搭載。データ処理をシームレスに行います。
  • 商品(左): [セキュリティプログラム搭載 ] ウイルスやマルウェアからWi-Fi端末を守る、トレンドマイクロ社協力のセキュリティHome Careを搭載。
  • 商品(右): 無線LAN規格/11ac・11n・11a・11g・11b/転送速度:1733Mbps(11ac)、800Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
  • 商品(右): 1x 有線LANポート:1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T
  • 商品(右): 対応OS: iOS, Android, Microsoft Windows 98SE, NT, 2000, XP, Vista / Windows 7, 8, 10, Mac OS, NetWare, UNIX / Linux.
  • 商品(右): 外形寸法(幅X奥行X高さ): 163 x 86 x 40mm

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
古いTP-Linkの置き換え。
中継機も最新の物に置き換え。
最新に近い物なので、大幅に環境は改善した。
オンラインミーティングや、サーバーへのアクセスはかなり良くなった。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター WiFi6 11AX

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴] 4804(5GHz) + 4804(5GHz) + 1148Mbps(2.4GHz)で合計Wi-Fi転送速度10Gbpsを超える、Wi-Fi6ルーターのハイエンドモデル登場。
  • 商品(左): [圧倒的な処理能力] 1.8GHzクアッドコアCPUと3つのコプロセッサーを搭載。高い処理能力で高次元の安定性を実現。
  • 商品(左): [ウイルス&マルウェア対策] トレンドマイクロ協力のセキュリティシステムHomeCareを搭載。ネットのウイルスやマルウェアからあなたの端末を守ります。
  • 商品(左): [豊富な接続端子] 2.5Gbps WANポートと8つのギガビットLANポート。 USB3.0対応 USB AとUSB Cポートを各1口搭載。
  • 商品(右): [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • 商品(右): [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • 商品(右): [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • 商品(右): [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi ルーター Wi-Fi6 11AX AX1800

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴] Wi-Fi6対応 1.5GHz"クアッド・コア"高速プロセッサーを搭載でWi-Fiのストレスを低減
  • 商品(左): [TP-Link] 8年連続無線LAN機器世界シェアNo.1ブランド
  • 商品(左): [規格値] AX1800規格 1201 Mbps(5GHz) + 574 Mbps(2.4GHz)
  • 商品(左): [ポート] 4x ギガLANポート, 1x ギガWANポート
  • 商品(右): [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • 商品(右): [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • 商品(右): [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • 商品(右): [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 11AX

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴]新時代のWi-Fi6を高コスパで実現。intel製"Wi-Fi6"CPUを搭載。
  • 商品(左): [高い安定性] OFDMAにより、Wi-Fi5(11AC)よりも4倍のキャパシティを実現。IoTが増えても、より多くの同時通信を可能に。
  • 商品(左): [ウイルス&マルウェア対策] トレンドマイクロ協力のセキュリティシステムHomeCare(3カ月無料)を搭載。ネットのウイルスやマルウェアからあなたの端末を守ります。
  • 商品(左): [低遅延] 旧規格に比べて最大75%ものレイテンシー低減を可能に。さらにスムーズなWi-Fiを可能に。
  • 商品(右): [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • 商品(右): [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • 商品(右): [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • 商品(右): [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
BuffaloのWZR-1750DHP2が不調になったので、TP-LINKのこの機種を購入しました。
理由は最新のWiFi6に対応していたこと、速度が速そうだったこと、そして価格が安かったことです。
中国メーカーなので、初期不良などを心配しましたが、今のところ(購入後1か月)は全く問題などは出ていません。
設定でチョンボをやってしまい電話対応をやったのですが、ものすごく親切、丁寧でびっくりしました。
日本の電機メーカーとは比較にならないくらい丁寧な対応でした。これだけでも☆5です。
ただし、電話はなかなかつながりませんが。
以下、WZR-1750DHP2と比較した感覚です。
通信速度は倍以上に早くなったと感じます。通信エリアは従来機と同じくらいか、少し広め程度です。
木造2階建てで、親機は1階の南端付近に設置していますが、2階の北端では電波が弱くなり、速度が落ちます。
従って、従来機と同様に、今回も中継子機をTP-LINKから購入しました。
あえて欠点を上げるなら、詳細マニュアル(WEBだけ)が英語版だけだと言う点です。
30歳くらいからPCは自作でスタートし、30年以上もゴチャゴチャやっていますが、如何せん、通信関係は進歩が速く、英語では知らない単語も多く、なかなか理解できませんでした。
それで、電話による対応をお願いする羽目になったのですが。
出来れば日本語マニュアルをWEBに掲載してもらえるとありがたいのですが。
初期導入用の簡易マニュアルは、もちろん日本語の印刷物が入っていますが。
この性能で、この対応と価格なら、非常にお買い得だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
はやい。とにかく速いからすごいと思う。フルに有効活用するためにはwifi6が必要だけれども、wifi5のある端末でもスピードはかなり向上する。
具体的には我が家の環境では2端末(wifi6)同時にスピードテストしてもどちらも450mbpsほど出る。利用できる以上に早いので、正直これから5、6年はアップグレードのひつようが無いと思われる。
4kでの動画再生も4端末(4k出来るのが4つしかないが)同時に開始しても、すぐに(2、3秒)で再生が始まったのでめちゃくちゃ速いと思う。

1つ欠点を述べるならばとても熱くなるというところだろうか。そうとうな速度が出るのにもかかわらず、本体には一切冷却機能がないので、自然に冷めるのを待っている状態のようだ。我が家では2台のゲームが有線でオンライン対戦を行なっており、かつ4台の端末(3台スマホ+テレビ1台、うち2台はwifi6、2台はwifi5)で同時に数時間にわたって使用していると熱による速度の低下があったため(4kで試聴していても問題はないのだが)アマゾンで購入した1500円程度のファンを下に置き、その上にwifiルーターを置いている。
そのような冷却機能を搭載してからは速度の低下は全く見られないので、素晴らしい製品だと思う。

ちなみにだがwifiの距離は半端なく広い。具体的には我が家90坪の2階建の家を1台で全てカバーしている。これは5Ghzでだ。2.4ghzではもはやじぶんの敷地ではカバー出来ないが、とにかく広範囲なので距離が問題になるとは考えにくいだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

エレコム メッシュ WiFi 中継器 WiFi6 11ax 1201+574Mbps

  • 2021/01/14 Ver. 1.15へファームウェアアップデートを行っております。こちらの商品は自動ファームウェア更新機能を搭載しておりますので、操作なく更新が可能です。 ■更新内容 1) Wi-Fi接続、通信の安定性向上 2) その他機能の安定性向上
  • Wi-Fi 6対応でより安定した高速通信を実現しました。複数台同時接続に強いので、テレワークやオンライン学習にも最適です。
  • 無線メッシュネットワークを構築することで、家中どこでも快適にインターネットを利用できるe-Mesh専用中継器単品モデルです。
  • 別売りのe-Meshルーターと繋げることで、より広範にメッシュネットワークを構築できます。※1台のe-Meshルーターに2台のe-Mesh専用中継器の接続を推奨します。3台以上接続の場合、ご使用の環境により通信が不安定となる場合がございます。
  • アプリ不要で、WPSボタンを押すだけで別売りのe-Meshルーターと繋がり、メッシュネットワークを構築することが可能です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
3年前から使用していたBUFFALO WXR-1900HP2が[WIFIが繋がっているのに繋がらなくなる]ようになり、wifi6・メッシュwifi・IPv4 over IPv6対応(楽天ひかり)・日本のメーカーで探しこちらを購入しました。
あえて初めて設置する方法で設定したけど、掛かった時間は20〜30分でした。
我が家が狭いのか中継器をロフト階(3階)に置いてもでランプ点灯が黄点灯でどうやっても緑点灯にならない。メッシュwifi は必要無かったのかも…
インフォメーションセンターに電話して確認したところ黄点灯でも問題ないとの事だし、本体の大きさも小さくなって今のところ満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
1日に3回は通信が途切れます。途切れる度にルーターは自動再起動しますので3分は通信が途切れます。
仕事用事でも私だけが通信ができなくなってしまい困ってます。 こんなルーターは初めてです…。
アップデート等で改善するものであればイイですが、現在のバージョン1.00でコレでは期待できません…。
本当に残念です... 一ヶ月我慢して使い続けましたがアップデートもある気配も無いので処分を考えてます。
おかしいと思った時にスグに返品すればよかったと後悔しています。現時点では親機のみでは使い物になりません。
※追記
アップデートで通信の安定性は改善された思います。頻繁に途切れるような事は無くなってきました。
ただ不思議なのがバンドステアリングOFF指定した使い方だと安定はしてるが受信が不安定で弱い。
なので今はバンドステアリングをONにして使用してます。ONの方が受信も速度も安定している。
ちゃんとWi-Fi6のax帯で受信できてるぽいです。最初から今の状態で使用できたら最高でした (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

Wi-Fi6(11ax)対応の無線LAN中継機 高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「Wi-Fi6(11ax)対応の無線LAN中継機」高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 37件
2
TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 1201 + 574Mbps 11ax/ac/n/a/g/b APモード ...
発売日 2020/11/12
通常 8,600円
現在 6,773円
1,827円(21%)OFF!!
(4.3)
総評価数 46件
3
【セット買い】TP-Link WiFi ルーター 無線LAN Wi-Fi6 11AX AX1500 1201 + 300Mbps 1.5 G...
発売日 2020/08/04
通常 13,800円
現在 11,260円
2,540円(18%)OFF!!
(4.3)
総評価数 8件
4
(4.2)
総評価数 1249件
5
(4.2)
総評価数 665件
 

(NETGEAR) WiFi6 中継器 メッシュWifi 無線LANルーター AX1800

  • 【他社ルーターでもOK】EAX20なら、他社ルーターのカバー範囲も拡張可能。
  • 【次世代規格WiFi 6対応エントリーモデル】EAX20は次世代規格 802.11ax (WiFi6)に対応したエントリーモデル。1201+574 Mbpsの使いやすいスペック。
  • 【メッシュWiFi】1つのWiFiネットワーク (SSID) で広範囲にわたりシームレスな接続環境を提供するため、WiFi子機はWiFiネットワークを意識することなく家のどこにいても最適なネットワークに接続ができる。
  • 【コンバーターとして使える】LANポートが4基あるため、今までLANケーブルが届かなかった場所でもスマートテレビやゲーム機などの有線デバイスを利用することができる。
  • 【安心の日本語サポートと3年保証】ネットギアのサポート窓口は365日年中無休で対応(購入後サポートの際には無償ユーザ登録が必要です)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この製品は現在使っているルーターから離れた場所にwifiエリアの拡張が行えるもので、現在のルーターとは離れた場所に設置することで、今まで電波が不安定で家の中でWifiの電波が途切れがちだったり、速度が低下してしまっていた場所にも高速で安定したWifiの電波を届ける事ができます。

最新のWIFI6にも対応した高速通信が可能な機種で理論的にはCAT6の有線LANの4.8倍の速度でワイヤレス通信できるハイエンドモデルです。play station5やiPhone12/11/SEなど対応機種の通信速度の高速化が期待できますがインターネット回線契約によっては最高速度が200Mbpや1Gbpsだったりするので注意が必要です。その他にも通信距離や障害物の影響などもあるので常に4,804Mbpsで通信できるわけではありません。

実際、我が家ではぷらら光マンションタイプなので200mbpsという速度で契約している為、この中継器の性能をインターネットでは活かしきれていません。では設置する意味があるのかというと大いにありました。うちではプリンターをワイヤレスで使っていて一眼レフで撮った画像を印刷する場合、データを転送し終わるまでに結構時間が掛かっていましたがこの中継器を使う事で有線接続と同じくらいの速度で印刷をする事ができるようになりました。

またWifiの使える範囲が広がったので今まで電波が1つしか届かなかったような場所でも電波が3つ届くようになり、switchで遊んでいても部屋を移動してもネット接続が途切れる事がなくなりました。超高速回線で契約していなくてもwifiの環境が大幅に改善するのでとても快適です。それからこの機種が素晴らしいなと思ったのは2.4g帯の通信速度も1147mbpsと高速なので2.4g帯しか使えない防犯カメラの映像がアプリから見た時にカクカクしていたものが、とてもなめらかに表示されるようになった点ですね。有線接続してるのとあまり変わらない品質で見られるのは驚きました。

インターネット通信に関する知識がそれなりにあれば、複数のルーターを購入してSSIDとパスワードを同一の物にする事で疑似的なメッシュWifiを構築することもできますが、この機種はそういった専門的な知識がなくても現在使ってるルーターのAOSSボタンやWPSボタンやらくらく無線スタートボタンなど長押しする程度の操作で、あとはアプリに従って設定していくだけでメッシュWifiを構築できるのでとても簡単です。

価格的にも本格的なメッシュWifiを導入するよりも低価格で導入できるので、現在の通信環境に不満があるなら改善するための選択肢の一つとして考えてみてもいいと思います。私としてはとてもおすすめできる機種でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
KDDI光の5G契約に変更とともにHGWのBL1000HWを使ったWiFiサービス申し込みをおこない宅内をWiFi6(802.11AX)化しました。1F中央のリビングのアクセスポイントから2F南端と北端の部屋では電波が弱いため、それぞれに中継器(EAX20)の導入をおこないました。EAX20は、2ストリームで1.2Gに対してBL1000HWは4ストリームで2.4GとどちらもHE80なため勿体ない感がありません。
サポートソフトがエクステンダー1台しかサポートされないのでは?の不安もありましたが、2台に対してツリー上ネットワークマップから確認と対象を選択しての設定ができるようになっています。(写真)
・HGW-中継器間のリンク:907Mbps(5GHz)
・中継器-PC(intel AX200搭載のノートPC)間のリンク:1200Mbps(5GHz)
この状態でインターネットへの接続は上り下りとも200Mbps程度は確保できていますので実用十分です。
また動画ストリーミングやネット会議を繋げたままパソコンを移動しても、スムーズにローミングされて途切れる事が無いのが、SSIDが変わるタイプの中継器に対するアドバンテージです。一方、トライバンドのメッシュWiFiと比べると、速度やカバーエリアでのカタログスペックでは劣りますが、回線事業者のホームゲートウェイのWi-Fi6と安価なEAX20で、ほぼメッシュの利用感を享受できて満足度は高いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 1201 + 574Mbps

  • [特徴] Wi-Fi6対応 AX1800規格 中継機。最先端の技術で高速Wi-Fi通信を実現。
  • [Wi-Fi6対応] 11AX:規格値 5GHz 1201Mbps , 2.4GHz 574Mbps
  • [アクセスポイントモード] 1x 1000Mbps ギガビットイーサネットポートを搭載。アクセスポイントとしてもご利用いただけます。
  • [TP-Link専用アプリ対応] 誰でも自由かつ直感的に設定できる専用アプリTP-Link Tetherに対応。
  • [インテリジェントLED」接続状態をLEDでひと目で確認できます

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず商品概観は、放熱性も考慮した通気穴が上下左右に開けられた、特異形状の総樹脂製角型ルーターで、形状的には縦置き&横置き両対応出来そうに見えますが、背面にコンセントプラグがあり、基本的には壁面への直挿し状態で利用する品です。
構造&質感としては、上下左右に放熱穴が開けられ、前面が光沢質ですが側面&アンテナはシボ加工されており、長期間利用すると少し黒ずみそうで、発熱は常時40度ぐらいある感じです。

アンテナは、縦方向のみ180度回転し、感度調整用と言うよりは、収納用の機能性と言えそうです。
インジケーターランプは、前横2方向から視認出来ますが、青&赤色LEDの輝度が少し控えめで、昼間は視認し難いです。

接続方法は、中継機用途に特化しており、親機となる無線ルーターに対して、簡易的に接続出来る仕様です。
それに伴い、専用のスマホ用アプリも用意されていますが、不必要と言えるユーザー(メアド)登録作業を要するので、気になる方はブラウザーでの設定でも事足ります。
ただ、ブラウザー設定画面は、完全なPC画面レイアウトなので、スマホで挑むのは少し厳しいです。

それでも、設定内容はかなり細かく、中継器らしく元々の電波強度が強めで、鉄筋コンクリートも抜ける程である事に加え、逆に電波公害を防げる「電波強度調整(3段階)」も可能です。
勿論「節電タイマー」や、IP&MACアドレスによる「接続制限」に、ある程度は「SSID」の改変にも対応します。

通信規格は、チャンネルを分ける事で「5GHz&2.4GHz」に両対応し、まだ発展途上と言える「Wi-F6」にも、ファームウェアのバージョンアップで対応する方向性です。
また、本商品にはLANケーブルを挿し込める様にもなっていて「WPS」ボタンも備え、コンセント直挿しタイプである点を考慮した上で、上述機能性を活用すれば、単体でアクセスポイントとしても十分機能します。

パッケージは完全日本語仕様で、説明書もQRコード併記で、とても丁寧に示されており解り易いです。
販売元は、中国広東省深圳市のネットワーク機器メーカー【TP-LINK Technologies/普聯技術有限公司】で、製造も同国と明記されています。

総じて、コンセント直挿し仕様で、LANポートも入力用を1つ備えるだけなので、確かに中継機向けと言えますが、機能性は充実しているので、無線利用主体の方なら本商品のみでも、十分にネットライフに対応出来ます。
機器安定性にも特段の隘路は感じず、かなりコンパクトな造形にも満足しましたので、☆×5とします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
.11ax(Wi-Fi6)のアクセスポイントを自室(1F)に設置してある状態で、2F リビング(ちょうど家全体に対して対角線の位置)では、接続はするものの時折通信が止まってしまうことがあり、レンジエクステンダーを導入してみました。

オリジナルアクセスポイントから 10m 程度の距離で測定した結果と、レンジエクステンダーから 10m 程度の距離で測定した結果を比較すると、上り半分、下り2/3程度の速度が出ており、ストリーミング再生なども途切れたりすること無く安定して接続が可能になりました。

設定自体は、(このレンジエクステンダーとは別用途で) TP-Link 製ルータを運用しているため、Tether インストール済だったため、本製品を追加登録→ホスト SSID 設定→拡張 SSID 設定→ロケーション確認→プラグに接続、で特に難しいことなく終了しました。残念ながらこの回線のルータは TP-Link 社製品ではないため OneMesh 機能は利用できず、同一 SSID を用いるメッシュネットワーク構築はできていませんが、オリジナルアクセスポイントの電波が受信しにくい場合は手動でレンジエクステンダーの SSID に変更すれば良いだけなので特に面倒さは感じていません。

また、有線接続してアクセスポイント(AP)モードとすれば、無線ルータを AP モードで運用するのと同様に無線 AP として既存ルータを拡張するのも OK です。例えば、既存ルータが有線専用であったり、古い Wi-Fi 規格のみの対応の場合に無線を OFF にして本製品を AP モードで使用することで、最新の Wi-Fi6 対応にすることも可能なので、ルータ本体に i-フィルターのような年間契約を伴うセキュリティ機能などがあってそうそう他社製のルータに買い換えることが難しい場合などでも、ルーティングやセキュリティ機能は既存のルータでやらせつつ、Wi-Fi 部分のみ最新の Wi-Fi6 にすることもできるというわけです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi ルーター 無線LAN Wi-Fi6 11AX

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴] Wi-Fi6対応 無線LAN ルーター エントリーモデル登場。1.5GHz トリプルコアを備え、高次元の安定性を実現。
  • 商品(左): [無線LAN規格] Wi-Fi6(11AX): 1201 Mbps(5GHz) + 300 Mbps (2.4GHz)
  • 商品(左): [優先LAN規格] 1x 1000Mbps WANポート, 4x 1000Mbps LAN ポート
  • 商品(左): [Wi-Fi機能群] OFDMA, ブリッジモード (APモード), ビームフォーミング, エアタイムフェアネス, スマートコネクト, VPN機能 (PPTP),
  • 商品(右): [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • 商品(右): [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • 商品(右): [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • 商品(右): [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
普通に強いけどアプリがゴミ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】TP-Link WiFi 無線LAN ルーター Wi-Fi6 11AX

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): [特徴]新時代のWi-Fi6を高コスパで実現。intel製"Wi-Fi6"CPUを搭載。
  • 商品(左): [高い安定性] OFDMAにより、Wi-Fi5(11AC)よりも4倍のキャパシティを実現。IoTが増えても、より多くの同時通信を可能に。
  • 商品(左): [ウイルス&マルウェア対策] トレンドマイクロ協力のセキュリティシステムHomeCare(3カ月無料)を搭載。ネットのウイルスやマルウェアからあなたの端末を守ります。
  • 商品(左): [低遅延] 旧規格に比べて最大75%ものレイテンシー低減を可能に。さらにスムーズなWi-Fiを可能に。
  • 商品(右): [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • 商品(右): [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • 商品(右): [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • 商品(右): [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
BuffaloのWZR-1750DHP2が不調になったので、TP-LINKのこの機種を購入しました。
理由は最新のWiFi6に対応していたこと、速度が速そうだったこと、そして価格が安かったことです。
中国メーカーなので、初期不良などを心配しましたが、今のところ(購入後1か月)は全く問題などは出ていません。
設定でチョンボをやってしまい電話対応をやったのですが、ものすごく親切、丁寧でびっくりしました。
日本の電機メーカーとは比較にならないくらい丁寧な対応でした。これだけでも☆5です。
ただし、電話はなかなかつながりませんが。
以下、WZR-1750DHP2と比較した感覚です。
通信速度は倍以上に早くなったと感じます。通信エリアは従来機と同じくらいか、少し広め程度です。
木造2階建てで、親機は1階の南端付近に設置していますが、2階の北端では電波が弱くなり、速度が落ちます。
従って、従来機と同様に、今回も中継子機をTP-LINKから購入しました。
あえて欠点を上げるなら、詳細マニュアル(WEBだけ)が英語版だけだと言う点です。
30歳くらいからPCは自作でスタートし、30年以上もゴチャゴチャやっていますが、如何せん、通信関係は進歩が速く、英語では知らない単語も多く、なかなか理解できませんでした。
それで、電話による対応をお願いする羽目になったのですが。
出来れば日本語マニュアルをWEBに掲載してもらえるとありがたいのですが。
初期導入用の簡易マニュアルは、もちろん日本語の印刷物が入っていますが。
この性能で、この対応と価格なら、非常にお買い得だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
はやい。とにかく速いからすごいと思う。フルに有効活用するためにはwifi6が必要だけれども、wifi5のある端末でもスピードはかなり向上する。
具体的には我が家の環境では2端末(wifi6)同時にスピードテストしてもどちらも450mbpsほど出る。利用できる以上に早いので、正直これから5、6年はアップグレードのひつようが無いと思われる。
4kでの動画再生も4端末(4k出来るのが4つしかないが)同時に開始しても、すぐに(2、3秒)で再生が始まったのでめちゃくちゃ速いと思う。

1つ欠点を述べるならばとても熱くなるというところだろうか。そうとうな速度が出るのにもかかわらず、本体には一切冷却機能がないので、自然に冷めるのを待っている状態のようだ。我が家では2台のゲームが有線でオンライン対戦を行なっており、かつ4台の端末(3台スマホ+テレビ1台、うち2台はwifi6、2台はwifi5)で同時に数時間にわたって使用していると熱による速度の低下があったため(4kで試聴していても問題はないのだが)アマゾンで購入した1500円程度のファンを下に置き、その上にwifiルーターを置いている。
そのような冷却機能を搭載してからは速度の低下は全く見られないので、素晴らしい製品だと思う。

ちなみにだがwifiの距離は半端なく広い。具体的には我が家90坪の2階建の家を1台で全てカバーしている。これは5Ghzでだ。2.4ghzではもはやじぶんの敷地ではカバー出来ないが、とにかく広範囲なので距離が問題になるとは考えにくいだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

TP-Link WIFI 無線LAN 中継器 Wi-Fi6 対応 1200 + 300Mbps

  • [特徴]: Wi-Fi6 規格値:1200Mbps + 300Mbps。Wi-Fiを中継し、繋がらなかった部屋にWi-Fiを届ける。
  • [WiFi6対応]:最新規格 "Wi-Fi6"。最新機能をフル搭載したWi-Fi6のスピードと安定性をより広い範囲で楽しもう。
  • [互換性] 従来のWi-Fi規格(11ac/n/g/a/b)との互換性があります。
  • [有線LANポート] 1x 1000BASE-T 、100BASE-TX 、10BASE-T
  • [高性能機能群] アダプティブパスセレクションやハイスピードモードを搭載し豊富な設定が可能
  • [保証期間] 業界最長水準の3年保証
  • [付属品]かんたん設定ガイド
  • ギガビットイーサネットポート搭載 – 1Gbpsの速度でパソコン・テレビ・ゲーム機などに有線接続が可能です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
実際に使っていますが、後悔がありますので参考にしてください。

まず、商品についてはすごく良いものだと思います。
コンセントに指しただけでは少し本体が浮いてしまうのが不安ですが、
機能性、電波、サイズ感など、私の使用環境では特に不満がありません。

ただし、どう考えてもこの商品よりも便利だと思えるものもあるので、
下記の文章を参考にしてみてください。

まず、中継機を使わなくてはいけないような環境で使いたい方は、
ある程度まともな本体を持っているかを振り返ってみてください。

私の場合は、この商品を購入すれば不安定なWi-Fiが安定して、
速度も早くなって、更に今は持ってないけどWi-Fi6端末を買ったときに便利!
と思って購入しました。

ですが、本体のルータが数年前のものだったので、
この中継機だけでは環境があまり改善しなかったため、
結局ルーターも買い換えるはめになりました。

それも、せっかく中継機があるからと思って同じTPlink製のルーターを購入しました。
なお、相性の問題があるためネットワーク機器は同じメーカーのもので統一すべきと考えています。
そのため現在は『Archer AX50』と『RE505X』を使って一戸建てをカバーしています。
※『Archer AX50』がOneMeshに対応してくれれば全く問題ありません
※TPlinkのOneMeshはルーターと中継機の組み合わせでのみ使えます(2020年7月現在)

中継機を使う場合に気をつけて欲しいのは、
中継機はただ電波を延長するだけではなく、SSIDが別のものになります。
つまり、1階ではルーターの「電波A」に繋いで、2階では中継機の「電波B」につなぐ、ような運用です。
移動するたびにどちらに繋がっているか確認したりつなぎ直したりする必要がある可能性があります。

本題になりますが、約7000円の中継機と約13000円のルーターを使って2つのSSIDに分かれてしまうなら、
同じ価格帯のルーター2台で「メッシュ環境」にしてしまうのが、間違いなく便利です。
※メッシュ環境下では同一のSSIDを一番強い電波にシームレスに切り替えて使用できます

個人的なオススメとしては、
ASUSが「AiMesh」というメッシュ化できるルーターを色々な価格帯で出しているので、
予算に合う範囲で2台購入して使うのが良いのではないかと思っていますが、
実際に検証しているわけではないので確実なところはわかりません。
※OneMeshと違いAiMeshはルーター間でのメッシュ化は可能なようです

ネット環境の綺麗な構築は考慮することが非常に多いです。
プロバイダ、LANケーブル、電波の種類、ルータ、電子レンジ、スマホ(PC)、接続台数、サイト側のサーバ、IPv6、などなど遅くなる原因は多岐にわたります。
ここに挙げた項目の意味がわからない方は、もう少し勉強してから見直したほうが良いかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
実はこれ以前にRE305/A (v3)を購入しましたが、どうやっても親機との5GHzが確立せず。サポートとやり取りしながらチャンネル固定、初期化、ファーム更新など試行錯誤しましたが手詰り。諦めて返品した経緯があります。
但し、誤解を避けるために敢えて言いますが、問題無く使えている方もいるようなので、当方の親機との相性かと理解しています。

さて、今回改めてTP-Linkに再び挑戦。
前回のトラウマから、またしても5GHzが繋がらないのかなぁと疑心暗鬼ながら設定開始。WPSボタンにて親機とのリンク開始。しばらく待つと5GHzのLED点灯。続いてWPS操作を更に続けて2.4GHzも接続完了。

さて、問題はここからです。かつて、TP-Linkの中継機レビュー(多機種に渡る)で見受けられた5GHzのリンク不具合が果たして解消されるのか。これまでは親機とのリンクが確立されても暫くすると切断されるというレビューが多数見受けられ、また自分でも経験した経緯がありましたが、今回は違うようです。設定後、暫く様子を見ましたが確実に5GHzの接続がしっかりと維持されています。これは素晴らしい!ついに対策、解決された模様。まずは第一関門クリアです。

次に速度の問題。Wi-Fi中継機の仕様上、接続範囲は広がりますが、どうしても速度低下は避けられない。大体親機と比べてスピードは50%程度が相場です。ところが此方は多少落ちますが親機と殆ど遜色ない位に速度が維持されています。これまでの中継機とは一線を画する仕様。
試しに親機の近くで設置し測定した所、アナライザー数値で親機より強い電波が出ているようで頼もしいです。

最後に発熱問題。こちらに限らず、Wi-Fi中継機は発熱が大きいものが多く夏場の猛暑が心配でしたが、今の季節でほんのり温かい程度です。これからの夏場にどうなるかは様子見です。

今後の耐久性は未知数ですが、中継機としては十分及第点ではないでしょうか。
なお、アプリのアカウント登録は捨てアドで(笑)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   


関連:Wi-Fi6ルーターの人気・高評価の製品

以下では「Wi-Fi6ルーター」の人気・高評価の製品も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。  

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました