【2021最新】メッシュWi-Fi5(11ac)ルーター「人気・高評価のおすすめ20製品」

シームレスで広いエリアのWi-Fi環境構築ができるメッシュWi-Fi。こちらでは中でも1世代前のWi-Fi通信規格「Wi-Fi5(IEEE 802.11ac)」のルーターをピックアップ。

今はさらに高速・安定となる「Wi-Fi6」でメッシュ対応品もありますが、Wi-Fi5(11ac)でも4K動画などを除けば十分な速度で活用可能、しかもルーターも安価。

ということで、Wi-fi5(11ac)向けメッシュ対応ルーターの人気・高評価のおすすめ製品を紹介していきます。
 

ちなみに注目の最新規格Wi-Fi6対応メッシュルーターは以下で紹介しています。

Contents

メッシュ対応Wi-Fi5(11ac)ルーター 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「メッシュ対応Wi-Fi5(11ac)ルーター」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.3)
総評価数 53件
2
(4.1)
総評価数 85件
3
(3.5)
総評価数 62件
4
(4.5)
総評価数 30件
5
(4.3)
総評価数 7件
6
(4.4)
総評価数 176件
7
(4.1)
総評価数 13件
8
(4.1)
総評価数 25件
9
(4.2)
総評価数 149件
10
(4.1)
総評価数 91件
 

TP-Link WiFi 無線LANルーター トレンドマイクロ アンチウイルス機能

  • [特徴] Wi-Fiでご自宅をまるっとカバー。ウイルス対策ソフト付きで、根本からパソコンやスマート家電を守る。
  • [無線LAN規格]11ac・11n・11a・11g・11b/転送速度:867Mbps(11ac)、400Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
  • [有線LAN規格]各ユニット: 2 x 有線 WAN/LAN 互換ポート:1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T 光回線にも最適です
  • [システム要件] iOS 8.0 以降/ Android 4.3以降/ Bluetooth 4.0以降
  • [外形寸法(直径X高さ)]120 x 38mm コンパクトで場所をとりません。
  • [保証] 業界最高基準の3年保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
鉄筋RC造り2階建てですが、1つのIDで広範囲カバーできるのがいいです。これでかなりストレスなくなりました。
最初、2個セットをAPモードで使っていましたが、子供向け保護者モードが使いたくて光ドコモルーターからPPPOEパススルーでつなぎ直しました。ルーター機が光ルーターのそばになったため2台で網羅できなくなり、3台目を追加購入しています。
3台とも有線LAN接続でかなり速度確保できてます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ようやくADSLから光に変えましたが
思ったほど速くならないなぁと思い
ルーターも新しくすることにしました。
Macbookを使っていますが
Appleのルーターがなくなったのでこちらにしました。
おかげで同じ光の環境で速度が
3倍くらい速く出るようになりました!
買ってよかった満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO WiFi 無線LAN connectシリーズ 専用中継機 WEM-1266

  • 【特長】WTR-M2133HPシリーズ、WRM-D2133HPとあわせて使うことで家中どこでも理想のWi-Fiを。
  • ※※※本製品はWTR-M2133HPシリーズとWRM-D2133HPの専用中継機です。それ以外の無線親機とあわせて使用することはできませんので予めご了承ください。※※※
  • 【インターフェース】(無線)11ac/n/a/g/b (有線)Giga
  • ★flick!様に紹介記事が掲載されました。-自宅に、家族が幸せになれる完全なWi-Fi環境を-
  • 【主な付属品】ACアダプター、取扱説明書 ※保証書はパッケージに記載
  • 【保証】1年
  • 【サイズ・重量】130x130x43mm (幅×高さ×奥行) ※付属品および突起物等を除く 約200g

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
昔ながらの部屋数の多い木造住宅(1階7部屋、2階5部屋)に住んでいますが、PC3台、スマホ4台、TV3台、プライベートビエラ1台、ゲーム機2台、インターホンなどなどWi-Fi機器が多くこれまでは中継器4台入れてWi-Fi環境を構築していました。しかし、通信が接続されたり弱かったり接続できなかったりと安定しなかったため、今回初めてメッシュWi-Fiなるものを導入してみました。親機1台、中継器2台で使用して1ヶ月経ちましたが結果は大正解でした。通信は途切れることもなく安定しています。我が家の環境では、高速通信までは要求してないので、家族で普通に使う分には十分です。トライバンド(3本の電波)なので4K動画もストレスなく視聴できます。IPv6にも対応しています。公衆Wi-Fiにも導入されているメッシュWi-Fi、おすすめです。ちなみにバッファローのこの商品は、親機1台+中継器2台のセット販売もありますが、ネットでは3台別々に購入した方が安いようです。セット販売では3台がすぐに使えるよう設定済みのようなので、設定が面倒くさい方は手間賃分高いだけと思えば安いかも知れません。私はバラで購入しましたが、設定だけなら1時間程度でできました。設置場所を決めて使用できるようになるまでには結局トータル2時間程度かかりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
これを導入する前、
時々通信が途切れたりしていたので
有線でつなぐか、無線親機を買い替えるか悩んでいたのですが
コレを見つけて無線親機を買い替えることにしました。
今までは、中継器にNASを2台、有線でつないでいたので
写真にて「WB」モードがあるのを確認して2台買ったのですが
現在は「AUTO」モードしか使えないようで、
2台目を中継器として使用できませんでした。
そこでしばらくは、
今まで使っていた親機(WSR-2533DHP)を
中継器として使っていました。
ただ、それだと以前と大して変わらなかったので
結局、中継器を2台購入して差し替えたが
1台が遠すぎたようで、
さらにもう1台追加購入して間を埋めてやったら
そこからかなり調子がいいです。
いちども途切れることがなく快適です。
専用中継器は、資金に余裕があるなら、
通信経路の逃げ道ができるように
一部屋1台あってもいいかもしれませんね。
(今のうちがそんな感じ)

ちなみに使ってない2台目は
ファームウエアのアップデート待ちで、
待機中です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

エレコム メッシュ WiFiルーター 無線LAN 867 + 400 Mbps デュアルバンド

  • [特徴]メッシュネットワークを構築することで、スマートスピーカーなどのIoT機器が、より繋がりやすく・より切れにくくなるe-Meshスターターキット(e-Meshルーター・e-Mesh専用中継器、各1台)です。
  • [対応OS]Windows7以降、MacOS 10.8以降、iOS 10.0以降、Android 4.4以降
  • [推奨利用環境]戸建 3階建・マンション4LDK
  • [セキュリティ]繋がるIoT機器を守るため、業界トップクラスのトレンドマイクロ社セキュリティ「スマートホームネットワーク(TM)」を搭載しています。
  • [サイズ](W)約141.0×(D)約36.5×(H)約160.mm (本体のみ)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
推奨されている3階建てのようなデカい家ではありませんが、2階の奥まった部屋でWiFiでは動画が見られなかったので、今までギガが減りまくっていました。
そこで最近よく目にするようになったメッシュルーターを購入、WiFiの範囲が広くなっていると思います。
快適になりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
eo光の1Gコースに加入しています。
家は、重量鉄骨の3階建てで親機は2階のリビングの奥に設置しています。
以前はバッファローのac非対応(有線はギガ対応)の親機を使っており、1階和室、3階寝室にバッファローのac非対応の子機、3階子供部屋に、elecomのac対応の子機をそれぞれ親機と有線でつないでいました。
2階リビングの親機には有線接続でメインのデスクトップを接続していましたが、通信速度は300Mbps程度でした。
2階リビングから各階への有線配線は、家を建てた時の電気工事で家の壁の内側をカテゴリー5のLANケーブルで配線していたため、どの部屋で使っても無線LAN接続では1G契約に対して30~50Mbps程度しか出ておらず、YouTubeを見ていても広告が出たときに音が途切れたりしてうっとおしかったので、各部屋でac対応にできるようにとこの製品を購入しました。
中継器はスターターセットの1台と別に上記の部屋にも設置する必要があった(各部屋で有線接続が必要)ので、別売の中継器も2台購入しました。
上記の設定で、2階リビングのデスクトップPCは800Mbps程度まで上がり、親機の近くでは無線LANも500Mbps程度出ていました。1階、3階の各部屋での無線LANの通信速度は時間帯にもよりますが、良い時で300Mbps程度、悪くても150Mbps程度出ています。
3階子供部屋で中継器から有線コンバートして有線接続しているPCがあるのですが、300Mbps以上出ています。
全体的に中継器の数が多いのでメッシュの効果が出てよい数値が出ているのかもしれませんが、通信速度についてはほぼ満足しています。
ただ、2点、不満があります。1点目はスターターセットの中継器では必要なかったのですが、別売の中継器では親機とのペアリングをWPSボタンで行うのですが、2台とも1回目は失敗し、2回行う必要がありました。何かバグがあるのかもしれません。2点目は、何が原因か分かりませんが、インターネット接続が切れるという症状が数回発生しています。一応親機の電源を入れ直すと復活するのですが、気持ち悪いです。(elecomさん改善お願いします。)
上記不満なところもありますが、1G契約していて、ac対応の子機を使いたい方にはお勧めできるのではないかと思います。

⇒★一つに変更します。
 上記にも少し書きましたが、インターネット接続が頻繁に切断されます。あまりにも多くて、使い物になりませ
 ん。
 サポートに電話しても、「電話が大変混雑しており、お繋ぎできません。」のメッセージで勝手に電話を切られ
 るし、最悪のサポートです。
 できれば全品返品したいくらいです。

⇒あまりにもインターネット接続の遮断が多いので、親機と中継器の接続を有線に変えました。
 変更後、安定しています。スピードも有線で800Mbps、無線で300Mbps程度出ています。
 結自宅が3階建てで、階をまたいでは電波が弱くて届かないのではないかと思います。
 スターターキットで3階建て、マンション4LDK推奨を謳っていますが、特に多層階の場合は
 電波が弱すぎてMeshの構成が難しいのだと思います。
 1フロアーで使用する場合も含めて、無駄に中継器を増やすよりは、できれば親機と中継器は
 有線で接続したほうが良さそうです。
 親機・中継器を有線接続に変更で安定感、スピードが出ているので★3つに戻します。

⇒パナソニックのどこでもドアホンをお使いの方へ
 UPnP機能がデフォルトで無効になっており、宅外で映像を見れないと思います。
 取説をダウンロードの上、ルータ設定の0WAN&LANの設定からWANの設定を選択の上、UPnP
 の項目を有効に設定変更してください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

TP-Link メッシュ Wi-Fi システム トライバンド AC2200 (867

  • [特徴] トライバンドAC2200 (867 + 867 + 400Mbps) Wi-Fiメッシュテクノロジー。1ユニット(単品)。
  • [最上級のWi-Fi] 最大で400平方メートルのカバレッジ。100+の端末をトライバンドで接続。
  • [賢いWi-Fiネットワーク] Deco M9 Plus はひとつのWi-Fi名&パスワードで全てを統一
  • [内蔵スマートハブ] Zigbee、Bluetoothやその他のWi-Fiスマートホーム製品と連動するスマートハブを内蔵
  • [TrendMicro協力のHomeCare] パソコンやスマホはもちろん、スマートホーム製品をセキュリティで守ります

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
今までN社のルーターに中継機2台で宅内無線LANを利用していましたが、つながりにくいなど不安定な状況でした。eo光を利用しているので、モデムからM9に接続し、プロバイダ契約情報を入力するだけでPPPOE接続完了し、もう1口にスイッチングハブで分岐して2階のM9に有線接続し、離れに3台目のM9を設置(無線接続)することで、非常に安定した無線LANが構築できました。(設置当日よりも2日目以降のほうが安定したのは気のせいかもしれませんが、非常に順調です)
LANポート2口ですが、スイッチングハブで従来の有線LANを活用でき、接続速度(スピードテスト)の数値は非常に満足できる状況です。
価格は高いので躊躇していましたが、設置後はストレスがない接続状況で、思い切って購入してよかったと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今まで使っていた製品が壊れてしまったため、買い換えました。自分で設定ができるのかがとても不安だったのですが、ネットにつながるスマホがあれば、アプリをダウンロードしてからは手順を一つずつ分かりやすく順番に教えてくれるので、何の問題もなく接続できました。
今までは家の中にいてもいつのまにかwifiが外れてしまっていたのですが、もうそういうことはありません。やや大きい円盤みたいな形なので平置きするようになりますが、我が家のルーター置き場ではたまたま問題なく設置できたのでよかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター コンセント直差しタイプ 867Mbps

  • [特長]360コネクト搭載867Mbps(規格値)対応Wi-Fi メッシュルーター コンセント直差しタイプ
  • [添付品]LANケーブル、セットアップガイド、必ずお読みください、設定情報シート
  • [スピード]867Mbps
  • [機能]360コネクト/ビームフォーミングW/MU-MIMO
  • [サイズ/重量]130(W)×54(D)×114(H)mm / 約240g
  • コネクタタイプ:Wi-Fi

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
マンション入居時に元からついていたコンセント一体型のWifiルータを使用していましたが、どうもネット接続が不安定なのと調子が良くても20GB程度しか出ず、かつ設定変更もできないためこちらの商品を購入しました。結果、150から200GBが安定して出るようになりました。何よりもコンセント直付けでコードがビローンとならないのが精神衛生上良いですね。接続自体も簡単でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
70㎡のマンションに使用で全体を網羅するつもりで購入しましたがやはり不安定です。

設置場所を部屋全体の中心に出来れば良いのですが難しく、中継機を増設しないと改善は難しそう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【Wi-Fiルータ】Synology メッシュWi-Fiルーター Tri-band

  • 国内正規代理店取り扱い品+各種(電話/メール)サポート対応
  • メーカー型番:MR2200ac
  • スマート ホーム対応の優れたメッシュ システムの構築が可能
  • WANポート:Gigabit RJ-45 x1 LANポート:Gigabit RJ-45 x1
  • 外部ポート:USB 3.0 x 1
  • 管理機能:便利で強力なSRM(SynologyRouterManager)搭載
  • 保証期間:2年間 国内電話/メールサポート対応
  • 付属品:AC 電源アダプター 1 個、RJ-45 LAN ケーブル 1 本、クイック インストール ガイド 1冊

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
同メーカーのRT2600ac(これが大層なスグレモノ)でホームネットワークを構築していたのだが、拙宅の構造が複雑カイキなためにどうしてもWi-Fi電波が弱い場所ができてしまい、これまでは数社の中継器を買っては試し買っては試しでその場を凌いでいたが、電波改善という見地において中継器なぞではまるで限界があった。
だからといって数十メーターもLANケーブルを引き回してAP作るのはメンドーすぎるので、ある意味ダメもとと考えてRT2600acと本機MC2200acとでメッシュ構築を試してみた。

その結果!
なんとまぁ、フクザツ怪奇なる拙宅の隅々まで最大強度で電波が届くようになり、いままでの苦労はなんだったのかと思うと同時にダイマンゾクしております。ありがとうございました。
ただし!その設定作業に戸惑いが。

小職はメッシュを作るのが初めてだったので、購入前サポートに問い合わせたのが次の回答です。
/////
1.接続確認のため、プライマリWi-FiポイントのRT2600acの3m以内に追加Wi-FiポイントのMR2200acを設置し、電源ボタンを押します。
2.追加Wi-FiポイントのMR2200acをソフトリセット(MR2200ac裏面の「Reset」を4秒長押し)します。※Status インジケーターランプが青点滅します。
/////
とありますがそのように何度操作しても、インジケーターランプが青点滅しませんw

なのでマニュアルを確認しました。
/////
1.電源アダプタの片端をMR2200acの電源ポートに接続し、もう片方をコンセントに差し込みます。電源ボタンを押して、MR2200acの電源を入れます。STATUS LEDのインジケータが青に点滅し始めるまで約2分間待ちます。
/////

"3m"というゼツミョーなる表記が無い代わりに、"約2分間待ちます"と書かれているではありませんか。
なーんだ、電源入れて2分待てばよいのね?と2分待ちましたが、やっぱり青に点滅しませんwww

なのでなので思案の結果、2分待つ&ソフトリセットを行うと、目出度くインジケータが青点滅を始めて無事に初期設定を終えました。
そう書けよw

その他にもSynology社のルーターにはSRMといって、ルーター専用のOSが用意されてバージョンアップもできるのですけど、PCやスマホの制御コンソールからは親機RT2600acのSRMバージョンは簡単に確認できるのに、Wi-FiポイントMR2200acのSRMバージョンを確認する方法がどうやら存在していないようです。

初期設定後問題なく使えるようになりましたが、コントロールパネルからデバイスを確認すると「RT2600acとMR2200acのSRMバージョンが違うから更新しろ」と有り難いエラーが出るのですが更新する具体的な方法がどこにも書かれていませんw

具体的にはSynologyマイアカウントのダウンロードセンターからSRMを検索、同じバージョンをダウンロードしてコントロールパネルから「手動」で更新すればよいのですけど、これって初心者には無理ですよw

またRT2600ac+MR2200acでメッシュを構築するには、RT2600acのSRMのバージョンが1.2以上でないとNGらしいので、導入をご検討いただいている皆さまにおかれましてはそちらもご注意ください。

現場からは以上です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 素人の私にとっては、あまりなじみのないメーカーでした。しかし他の方のレビューを拝見し、信頼性が高そうであると思われたのと、他の製品のレビューが悪すぎる(中には全体の20%近くが最低の評価を受けている製品もある)こともあり、少々値が張りますが間違いなさそうな本製品を選びました。メーカーが2年保証を付けていることも心強いです。
 商品が届き、開封してまず感じたことは、「でかい」でした。これまで使用してきたルーターの倍くらいあり、しかも組立後は強そうな角が4本も生えた状態になりました。しかし、決してネガティブな印象を受けたわけではなく、むしろ、「このくらいでなければまともな性能がでないんだ!」というポジティブな受け止め方をしています。
 実際に設定をして使い始めてみると、これまで電波の届きにくかった離れた部屋でも十分快適にインターネットがつながるようになりました。私にとっては無線LANが十分すぎるほど早く、しかも安定して使えるので、LANケーブルを全廃しました。これまでは中継器を置いたりしていましたが、それも必要なくなりました。
 まだ試していませんが、NASの機能を使って外出先から安全にHDDに接続する機能もあるらしく、これはぜひ使ってみたいです。勉強しながら設定していきたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LINKSYS Velop メッシュ WiFi 無線LAN AC1300 867+400Mbps

  • 【死角ゼロ】LINKSYS独自のIntelligent Mesh(TM)テクノロジーにより、従来の無線LANルーターでは届かなかった場所までカバー。死角になりやすい浴室付近に設置することで、家中のWiFiが死角ゼロ
  • 【拡張性◎】ひとり暮らしは1台使用、2LDKのファミリーは3台使用など、あらゆる広さに応じて引っ越しなどの変化にも、ただVelopを追加するだけで広範囲をカバー
  • 【汎用性◎】Velopシリーズは親機にも子機にもなれる。更に、Velopシリーズ同士でのあらゆる組み合わせも可能
  • 【らくらく設定◎】スマホアプリでVelopを簡単に設定でき、外でもおうちのWiFiを管理できる
  • 【途切ゼロ】動画視聴中やテレビ会議中でもWiFiが途切れないので、シームレスに家中での移動が可能
  • 【お子様にも安心】保護者管理機能「ペアレンタルコントロール」より、お子様がインターネットを使う時間やアクセス先への管理及び制限が可能
  • 【3年保証】メーカーによる3年保証付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
WiFi機器が増え、ルーターを買い替えました。メッシュWiFiを試したかったので高い買い物ですが、満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
二階建てのメゾネットタイプで、今までは中継機を使ってましたが、これに替えて繋がりもスピードも格段に良くなりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO WiFi 無線LAN AirStation connect 親機...

  • 【バッファローの強み】バッファローの無線LAN製品は日本国内販売台数18年連続第1位を受賞(※)。多くのお客様に支持されている無線LAN製品で毎日を快適に。※2019年 BCN調べ
  • 【独自メッシュ機能】バッファロー独自のアルゴリズムによって通信経路のパターンを複数シミュレートし、最も効率的なメッシュネットワークを構築します。これにより、電波の届きにくい隣の部屋や異なるフロアでも、高画質な動画再生を快適に楽しむことができます。
  • 【ネット脅威ブロッカー プレミアム】ご家庭にあるスマート家電をサイバー攻撃から守ります。外部からの不正な遠隔操作や、マルウェア等によるパソコン内のデータ、防犯カメラの映像などの個人情報流出を防ぎます。また、ご家庭の機器が踏み台にされて他者の機器をDoS攻撃することからも防ぎます。
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行):W90×H175×D125mm※本体のみ(突起部除く)、質量:約745g※本体のみ
  • 保証期間:1年間、主な付属品:LANケーブル(2m)、ACアダプター、取扱説明書、保証書

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
10年以上前のコンパクト無線ルーターを使っていました。
親機がよく使うリビングから離れていたこと、中継器を入れても安定して繋がらなかった(スマホで「電波は強力」と出てるのにネットには繋がらない)ため、思い切って購入しました。
結果は大正解。
なにより接続が安定した。これに満足。
通信速度も2倍程度向上し、動画ストリーミングも安定して観れるようになりました。
親機はそれなりの大きさです。500mlビール缶を一回り大きくした程度。
新技術メッシュWiFiということで、値段も従来品より高いですが結果は満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
フレッツのルーターに接続しましたが、説明書のとおりにしたらスムーズに接続できました。子機と親機はもともとペアリングされており簡単に接続されました。
回線は安定していてとても快適。それまでは他社のものを使っていたが安定せずいつも困っていたので解放されてスッキリです。
もう一台子機をつなげて3台体制で家中つなぎ放題です。バッファローさんありがとうございます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO WiFi 無線LAN AirStation connect 親機+中継機セットモデル

  • 【特長】「独自メッシュ」機能搭載で家中どこでも理想のWi-Fi環境を。"暮らしに溶け込む"コンパクトモデルセット。
  • 【「独自メッシュ」機能ってなに?】親機と中継機同士が互いに通信しあい、網目(メッシュ)状にネットワークを構築する新しいWi-Fiの仕組みを「メッシュネットワーク」と言います。バッファローはこれまで培ってきたノウハウを生かし、電波を家のすみずみまでより速く届けられる独自のアルゴリズムを開発しました。機器のスイッチを入れるだけでそれぞれのご家庭で、高画質な動画再生をストレスなくお楽しみいただけます。
  • 【こんな方におすすめ】家族みんながスマホをお持ちの方、広い家にお住まいの方、VODをよく視聴される方、インテリアやデザインにこだわりのある方
  • 【インターフェース】無線:11ac/n/a/g/b 、有線:Giga ※本製品はデュアルバンドになります。
  • 【セット内容】WRM-D2133HP × 1台(親機)、WEM-1266 × 1台(中継機)
  • 【保証】1年間

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
無線ルーターは初期のバージョンからBuffalo製を使って来ているが、このAirStation Connectは設定も更に簡単になっているし、簡単セットアップマニュアルだけで家中のデバイスとTVが30分以内で設定出来ました!特にSONY製テレビを設定した際には、AOSSボタンが大活躍!!初心者でも本当に簡単に設定できます。また、2階の3つの部屋全てでも無線が安定的に飛んできていて、以前は動画再生が止まってしまう事があったけど、これを導入後は全くそのような事がありません。特に、中継器を設定するアプリもとても便利で感動しました!
ただ、製品としてはとても満足していますが、デリバリされた時外箱段ボールに入って来ず、製品パッケージのまま送られてきてしまったのでビックリしましたし、ガッカリしました。Amazonを通して購入し、このような経験をしたのは初めてです。精密機器をこのような出荷方法で取扱うのは絶対にダメだと思います。以後変更して欲しいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
2F建てで少し横に広い家なので、1Fに親機を置いて、2Fに中継器という置き方で、「メッシュ」というのができているのかよくわかりませんが、以前から使用しているものでは、届きにくいところがスムーズなようで、家の四方八方に届いているかと思います。
親機と中継器がセットになっているので相性がいいのか、中継器をスマホで設定していくというのも、ほぼ迷うことなくできました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】BUFFALO WiFi 無線LAN connectシリーズ 専用中継機

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): 【特長】WTR-M2133HPシリーズ、WRM-D2133HPとあわせて使うことで家中どこでも理想のWi-Fiを。
  • 商品(左): ※※※本製品はWTR-M2133HPシリーズとWRM-D2133HPの専用中継機です。それ以外の無線親機とあわせて使用することはできませんので予めご了承ください。※※※
  • 商品(左): 【インターフェース】(無線)11ac/n/a/g/b (有線)Giga
  • 商品(左): ★flick!様に紹介記事が掲載されました。-自宅に、家族が幸せになれる完全なWi-Fi環境を-
  • 商品(右): 【バッファローの強み】バッファローの無線LAN製品は日本国内販売台数18年連続第1位を受賞(※)。多くのお客様に支持されている無線LAN製品で毎日を快適に。※2019年 BCN調べ
  • 商品(右): ※※※本製品はWTR-M2133HPシリーズ/WTR-M2133HSシリーズとWRM-D2133HPシリーズ/WRM-D2133HSシリーズの専用中継機です。それ以外の無線親機とあわせて使用することはできませんので予めご了承ください。※※※
  • 商品(右): 【独自メッシュ機能】バッファロー独自のアルゴリズムによって通信経路のパターンを複数シミュレートし、最も効率的なメッシュネットワークを構築します。これにより、電波の届きにくい隣の部屋や異なるフロアでも、高画質な動画再生を快適に楽しむことができます。
  • 商品(右): 【コンセント直挿しでも上のポートを塞がない】プラグの位置に配慮した設計なので、使用中でも上のコンセント口を塞がず、スッキリ設置。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
   

メッシュ対応Wi-Fi5(11ac)ルーター 高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「メッシュ対応Wi-Fi5(11ac)ルーター」高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 163件
2
(4.3)
総評価数 360件
3
(4.3)
総評価数 360件
4
(4.3)
総評価数 80件
5
(4.3)
総評価数 11件
 

GL.iNet GL-B1300 ホーム ACギガビット wifi メッシュルーター

  • 「デュアルバンドACギガビットワイヤレスルーター」ワイヤレス速度400Mbps(2.4G)+867Mbps(5G)のデュアルバンド、wifiネットワーキング、スマホテザリング
  • 「オープンソース&プログラミング可能」OpenWrtがインストールされていますし、ソフトウェアリポジトリ自由に使用可能。
  • 「VPNクライアント&サーバー」インストールされているOpenVPN/WireGuardクライアントサーバーが30以上のVPNサービスに対応。
  • 「より大きなストレージ&拡張性」DDR3L 256MB RAM/32MB フラッシュ ROM USB3.0ポート三つのギガビットポート。
  • 「パッケージ内容」GL-B1300(Convexa-B)ルーター(一年保証)USBケーブル、アダプター、イーサネットケーブルとユーザーマニュアル。使用の前に最新のファームウェアをダウンロードしてください:https://dl.gl-inet.com/firmware/b1300/v1/ メッシュガイド:https://docs.gl-inet.com/en/3/setup/convexa_b/mesh/ 技適番号:R 214-105317。ACアダプターにPSEマークがあります。サポートメール:support@gl-inet.com。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
使ってみての感想は「個人がやりたい事は大体なんでもできる、中級者以上向けルータ」です。機能の部分では、ここまで色々設定できるルータは同価格帯ではこの製品くらいだと思います。(無線の速度はまあそこそこですが...。)

機能としては、ルータとしての標準のものに加え、他の製品であれば比較的高価格帯の製品についているVPNサーバーやネットワークHDDの機能などもあります。またUSB3.0に対応しているため、もちろんネットワークHDDも高速で接続できるので良いですね。

個人的には最新のVPNプロトコルが利用可能なところと、OpenWrtが入っていることが気に入っています。まず、VPN系機能についてはOpenVPNと、最新の暗号技術を利用したWireGuardのクライアント、サーバーの両機能がついています。普通の家庭用ルータはサーバーになれてもクライアントまでできるのはほとんどないと思います。
クライアントとサーバーどちらにもなれるということは、例えばこれを2つ使うことで仕事場と家での拠点間VPNなんかも出来たりします。僕はこれが目的で本品を購入しました。また、DNS系のセキュリティ機能も充実しています。WireGuardの場合は、3拠点以上の場合でもルータがP2Pのように通信することでVPNを結ぶことができます。

そして、dd-wrtが昔流行ったりしましたが、その兄弟的な立ち位置のopenwrtがファームウェアとして入っています。「高度な設定」からopenwrtのコントロールパネルにもアクセスでき、dd-wrtでも出来たようなルーティングやブリッジなどの細やかな設定がopenwrtのUIで利用可能です。さらに、アプリを追加して機能を容易に追加することもできるようです。

諸々書きましたが、個人で色々設定できるという意味では飛び抜けて良いルータです。また、テザリングでの良いおもちゃとして最適です。特に、VPN機能が豊富で、拠点間のVPNを検討している方にはおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
モバイルルーターをUSBで接続して使ってみたく購入しました。
割と頻繁にタイムセール(8160円)が行われていて、そのタイミングでの購入です。
選んだ理由は以下の通りです。
 ・USB 3.0
 ・1000BASE-T
 ・802.11ac(Wi-Fi 5)
 ・OpenWrt

見た目は高機能なルーターにしては小さいと思います(写真の通りです)。
USB機能については、純正ファームウェアで、モバイルルータ(W04)→USB→無線LANは可能でした。
しかし、手持ちのAndroidのUSBテザリングは相性なのかうまくいきませんでした。(無線→有線は可能です)

ファームウェアは、届いた時点で最新の3.027でした(公式のtestingに3.100-1217がありますが、違いはわかりませんでした)。
さて、OpenWrtについてですが、元から入っているものはバージョンが古い(15)ので、執筆時最新の19.07.0を導入しました。
OpenWrtの導入は管理画面からアップデートするだけで、すんなり入りました。
純正に戻す際は、ubootからでないとうまくいきませんでした。
きちんとパッケージ類を追加した結果、AndroidのUSBテザリングも動作するようになりました。

無線の強度設定では、純正ファームウェアでは23dBm(199mW)が最大となっていました。
OpenWrtでは、国コードをJPにすると20dBm(100mW)が最大になるようです。

OpenWrtなのだからなんでもできるだろうと言ってしまえばそれまでですが、
非常に多機能なルーターで面白い製品だと思います。
OpenWrtで5GHz帯(ac)を使える数少ない製品なので、使ってみたい方はどうぞ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO WiFi 無線LAN AirStation connect 親機...

  • 【特長】「独自メッシュ」機能搭載で家中どこでも理想のWi-Fi環境を。"暮らしに溶け込む"コンパクトモデルセット。
  • 【メッシュってなに?】親機と中継機同士が互いに通信しあい、網目(メッシュ)状にネットワークを構築する新しいWi-Fiの仕組みを「メッシュネットワーク」と言います。
  • 【日本の住宅に合うよう設計・デザイン】バッファローは日本のWi-Fiメーカーとして、これまで培ってきたノウハウを生かし、設計・デザイン。電波を家のすみずみまでより速く届けられる独自のアルゴリズムを開発しました。機器のスイッチを入れるだけでそれぞれのご家庭で、高画質な動画再生をストレスなくお楽しみいただけます。
  • 【こんな方におすすめ】家族みんながスマホをお持ちの方、広い家(~4LDK/120㎡)にお住まいの方、VODをよく視聴される方、インテリアやデザインにこだわりのある方
  • 【インターフェース】無線:11ac/n/a/g/b 、有線:Giga ※本製品はデュアルバンドになります。
  • 【セット内容】WRM-D2133HP × 1台(親機)、WEM-1266 × 2台(中継機)
  • 【保証】1年間
  • Mesh Wi-Fi Designed in Japan

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ごく普通の3LDKの一軒家で使用しています。

今までのルーターですと、家の中で電波の弱い部分が多々あったのですが、このセットを導入してからは場所によるWi-Fiの途切れは全くありませんでした。

ただ我が家の広さだと、子機は1台で十分だったみたいです。

どこに置いても、もう1台の子機は使われてない感じでした。

それと、ある日突然回線が重くなったり、繋がらなくなったりした場合は、初期化してみて下さい。

私は初め、引っ越し機能で設定して使っていたのですが、ある日突然、激重&繋がらない状態になり、困った末に初期化して症状は全く無くなりました。
同じ症状の方は試す価値アリです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
以前から使っていたwifi機の名前とPWをコピーできたので、パソコンやスマホの再設定が不要とは購入するまで理解していなかったので、驚いた。ちょー楽。
設定も接続も特段のことはなく、中継器の設定はスマホにガイドされモニターできる。
これまでいくつもの中継器を購入してもうまく網羅できなかった我が家(200平米マンション)親機と中継器1つでカバーされた。
家族からwifi が繋がらないと文句を言われることがなくなる!嬉しい。
ちょーオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【セット買い】BUFFALO WiFi 無線LAN AirStation connect

  • こちらの商品で付与されるAmazonポイントは、個別商品のポイントが合算されて付与されます。正確なポイント数については注文確認画面にてご確認ください。
  • 商品(左): 【特長】「独自メッシュ」機能搭載で家中どこでも理想のWi-Fi環境を。"暮らしに溶け込む"コンパクトモデルセット。
  • 商品(左): 【メッシュってなに?】親機と中継機同士が互いに通信しあい、網目(メッシュ)状にネットワークを構築する新しいWi-Fiの仕組みを「メッシュネットワーク」と言います。
  • 商品(左): 【日本の住宅に合うよう設計・デザイン】バッファローは日本のWi-Fiメーカーとして、これまで培ってきたノウハウを生かし、設計・デザイン。電波を家のすみずみまでより速く届けられる独自のアルゴリズムを開発しました。機器のスイッチを入れるだけでそれぞれのご家庭で、高画質な動画再生をストレスなくお楽しみいただけます。
  • 商品(左): 【こんな方におすすめ】家族みんながスマホをお持ちの方、広い家(~4LDK/120㎡)にお住まいの方、VODをよく視聴される方、インテリアやデザインにこだわりのある方
  • 商品(右): 【バッファローの強み】バッファローの無線LAN製品は日本国内販売台数18年連続第1位を受賞(※)。多くのお客様に支持されている無線LAN製品で毎日を快適に。※2019年 BCN調べ
  • 商品(右): ※※※本製品はWTR-M2133HPシリーズ/WTR-M2133HSシリーズとWRM-D2133HPシリーズ/WRM-D2133HSシリーズの専用中継機です。それ以外の無線親機とあわせて使用することはできませんので予めご了承ください。※※※
  • 商品(右): 【独自メッシュ機能】バッファロー独自のアルゴリズムによって通信経路のパターンを複数シミュレートし、最も効率的なメッシュネットワークを構築します。これにより、電波の届きにくい隣の部屋や異なるフロアでも、高画質な動画再生を快適に楽しむことができます。
  • 商品(右): 【コンセント直挿しでも上のポートを塞がない】プラグの位置に配慮した設計なので、使用中でも上のコンセント口を塞がず、スッキリ設置。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ごく普通の3LDKの一軒家で使用しています。

今までのルーターですと、家の中で電波の弱い部分が多々あったのですが、このセットを導入してからは場所によるWi-Fiの途切れは全くありませんでした。

ただ我が家の広さだと、子機は1台で十分だったみたいです。

どこに置いても、もう1台の子機は使われてない感じでした。

それと、ある日突然回線が重くなったり、繋がらなくなったりした場合は、初期化してみて下さい。

私は初め、引っ越し機能で設定して使っていたのですが、ある日突然、激重&繋がらない状態になり、困った末に初期化して症状は全く無くなりました。
同じ症状の方は試す価値アリです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
以前から使っていたwifi機の名前とPWをコピーできたので、パソコンやスマホの再設定が不要とは購入するまで理解していなかったので、驚いた。ちょー楽。
設定も接続も特段のことはなく、中継器の設定はスマホにガイドされモニターできる。
これまでいくつもの中継器を購入してもうまく網羅できなかった我が家(200平米マンション)親機と中継器1つでカバーされた。
家族からwifi が繋がらないと文句を言われることがなくなる!嬉しい。
ちょーオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS WiFi 無線 ルーター 867+1734+400Mbpsトライバンドメッシュ

  • 【テレワーク(在宅勤務)も安心】ビジネスレベルのセキュリティーで家庭内接続機器をお守りします。また、帯域幅変更機能でネット会議中の音声途切れもなく、画像も滑らかです。PS5 、switchにも最適。【特長】家の隅々までカバーし、Wi-Fiをつなぎなおす手間なし!複数台繋げても、家の端でも途切れず快適!
  • 【メッシュWiFiとは?】複数のルーターが1つのWi-Fiシステムとして、今まで届きにくかった場所まで電波を送る仕組み
  • 【中継機との違い】中継器は親機の負担となり通信速度が下がりますが、接続ルーター台数分に負担が分散
  • 【簡単セットアップ】アプリを利用して、3ステップで設定完了、即接続
  • 【サイズ・重量】16 ×7.5×16.15 cm(幅×高さ×奥行) 約730g 【保証】2年 【ワイヤレス規格】11ac/n/a/g/b

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
二世帯住宅で、普通の無線LANではカバーできない場所が気になり、更新を決意

出来れば日本ブランドが安心だとは思いましたが、これまで使っていた日本のN社やB社は、故障未満の無安定な動きが多く、メッシュWi-Fiのラインナップも高額な割に魅力がなく候補から脱落

大陸ブランドは値段は魅力的なのですが、イメージ悪いのでそれも脱落

台湾だったら、いろんなリスクも少ないだろうとこの製品にしました

購入してすぐ、簡単な取説に従いセットアップしましたが、スマホでものの10分で完了
ただ、家から持ち出して紛失する可能性のあるスマホでコントロールするのではなく、デスクトップでの設定がしたかったんですが。。。まぁ簡単だから良しとします

これまで2ヶ月程度使ってますが、これまでのWi-Fiに関わるイライラがウソのようになくなりました

スマホアプリのインターフェイスも使い勝手がよく、特にどの機器がWi-Fiに接続されているかリアルタイムで一目瞭然なのは素晴らしいです

電化製品については、日本ブランドの製品を積極的に買いたいとは思うのですが、これだけ気持ちの良い製品を作られては勝ち目がない気がします
快適なWi-Fi環境には大満足ですが、日本家電の聚落をマザマザと見せつけられた気がします

不満というか、希望なのですが、2台ではまだ完全にカバーしきれない場所があり、もう一台だけ子機を追加したいのに、1台では売ってないのはなんとかして欲しいです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
decoシリーズとの比較になります。
decoでは、特に難しい設定をすることもなく、サクサクとネットワークが組み立てられ、また下位機種が充実しているため、メッシュの構築を気兼ねなく広げられました。
しかし、旧機種のアンドロイドやiPhoneがコンセント直指しタイプのM3Wにどうも繋がらず、親機M4Rから子機M3Wに切り替わる際に、ネットワークから外されていました。
これらの不具合を設定からどうこうしようとした際、decoではユーザーに開示されている設定項目があまりに少なく、結局解消されることはありませんでした。
対してこのCT8、他のASUS製品と遜色のないレベルで設定項目が開示されています(本来普通ですが)。
また、体感でdecoの1.5倍程度は電波範囲が広いです。
またローミングに関しても、k,v,r等のなんの規格を使用しているのか記載が見つかりませんでしたが、スムーズに切り替えできています。
ただし、複数機種をWi-Fiに繋いでいる場面で、親機子機ともに十分な電波強度があるとき、自動的に親機と子機に均等に接続先を分けているようでした。
外観は高級感あります。
なお、箱から出したときは埃だらけでしたw
2年補償が最初からついているので、Amazonの補償を一緒に購入される際は注意が必要です。
ipv6 over ipv4には対応していませんが、ブリッジモードに設定可能です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

NETGEAR メッシュWiFi無線LAN中継機(他社ルーターとつながる) 屋外用(

  • 【メッシュWiFiが屋外でも使える】RBS50YはOrbiシリーズの屋外用追加用サテライトとして家中だけでなく、家の外でも途切れない高品質なWiFiをお届けします。
  • 【他社ルーターでも使える】WiFi中継機として今お持ちのルーターでも、すぐにメッシュWiFiを使う事が出来ます。
  • 【IP66対応で安心】防塵防水設計で庭やテラス、ガレージ、プールサイドでも安心して設置・ご利用いただけます。
  • 【6つのハイパワーアンプ搭載高性能アンテナ】RBS50YのWiFiカバー範囲は230㎡。屋外でもお部屋の中にいるような高品質なWiFiを使えます。
  • 【専用アプリで簡単セットアップ】NETGEAR Orbiアプリでルーターのセットアップや管理がカンタン。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
WiFi親機としては使えない、子機専用機で、他社製の親機ともスムーズに連携できるのが特徴です。
ためしにLinksys社の『LINKSYS VELOPメッシュ WiFi 無線LAN ルーター デュアルバンド』と繋いでみましたが、難なく接続でき、つづけて親機のほうを同LINKSYS VELOPメッシュの『トライバンド』に買い替えて繋いでみましたが、こちらも難なくOKでした。
親機がデュアルバンドでもトライバンドでも設定に悩むことなく接続できますし、親機と接続後のWiFi状況もすこぶる良好です!!

屋外設置用に防塵防水仕様になっているので、電源ケーブルが太いです。ACアダプターはケーブルの中間部分にあり、こちらも完全防水仕様で、壁掛け用の穴が2つ空いています。
ケーブルの中間にアダプターがあるだけで、プラグ自体は、普通のプラグです。
普通の太さの電源プラグなので、屋外用の、雨よけの屋根がついた防水コンセントに難なく挿せます。
オープンカフェを経営していてWiFiを屋外に提供しているとか、ペンションを経営しているとか、家庭用であれば、離れがあるとか、横に長い家とか。
そうでない場合は、屋外設置もできる本機のような防塵防水仕様のWiFi子機は不要です。無駄に大きいです。卓上加湿器ぐらいの大きさがあります。
高さ約28cm、横20cm。電源ケーブルも太いです。
そのいっぽうで、本体が大きいので、熱が逃げるので、まったく熱くならないというメリットもあります。
接続完了時と通信エラー発生時以外はLEDは消灯しています。
親機の電波が伸びるわけではないので、子機を本品に交換したところで、親機との距離は縮まりませんが、子機としてのWiFi威力は強まります。

初期設定のためには、メーカーへのユーザー登録が必要で、無料のアプリ”NETGEAR Orbi – WiFi System App”をスマホやタブレットにインストールして、ユーザー登録をおこなっていきます。
しかしながらアプリでは、ユーザー登録から先の設定がうまくいかず、同梱の日本語の説明書を読みながら、スマホのWiFi接続先を本機にし、スマホのブラウザから本機にアクセスして、設定していくと、あとはブラウザに表示されている指示に従っていくだけなので、戸惑うことなくスムーズに設定完了できました。
(他社製品を親機にしているせいで、アプリでの操作がうまくいかないのかもしれません)
設定完了後のエラー発生は一度もありません。電源ケーブルを抜いて、再起動させても、すべてオートマチックに問題なく再接続してくれます。

壁掛けパーツやスタンドを取り付けるためにはドライバーが必要で、ネジは付属しますが、ドライバーは付属しません。数種類あるネジの1つは+の形状がフィリップス型になっています。日本の通常のプラスドライバーでも回すことは可能ですが、なめやすい(つぶれやすい)ネジになっているので、フィリップスドライバーを用意したほうが堅実です。
(予備のネジは付属しません。きっちり使用本数のみの同梱となっています) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
最近話題のメッシュWi-Fiですが、その効能を端的に申し上げると、下記のとおりです。
1. ブリッジモードとは異なり、メッシュWi-Fi子機もルーターと共通のSSIDで使用できるため、子機が切り替わってもWi-Fiの切り替えは不要
2. 極めて広いエリアにおいても、子機を複数配置することでその全域において速度の低下が起きないようにできる
3. 複数の端末を同時に使用しても速度が落ちない
4. 対応端末であれば、端末を持ったままで動いても、その動きに合わせて最適な電波を送信することで速度低下を防ぐ(MU-MIMO機能、ただし、現状対応端末はまだ少ない)

また、本機の特徴としては、下記の2点が挙げられます。
1. NETGEARの他のメッシュWi-Fi機器と異なり、他社のルーターでも使用可能
2. 屋外の使用を前提としているので、防水が施され、外気温も-20℃から+50℃まで対応している
orbiシリーズには、本機と類似の機種として、RBS50もラインアップされていますが、こちらとの違いがまさにこの2点です。

本機の場合、屋外で175平米の範囲をカバーできるとのことですので、ざっと計算すると、屋外なら直径15mの円の内部がカバーできるということになります。(というのはあくまで私の推測なので、メーカーの定義はこれとは異なるのかもしれませんが)

インストールは本当に簡単でした。スマホにアプリをインストールして既存のルーターの近くで本品の電源を入れ、あとはアプリの指示通り操作をすればほんの数分で準備完了。あとは本機を設置場所へ移動させ、取り付けるだけです。
唯一困ったのは、アカウント作成時に設定する秘密の質問が、母親のミドルネームや父親の生まれた都市など、日本人にはちょっと設定が難しいことでしょうか。
スタンドとフックが付属しているので、床に置くことも可能ですし、フックを壁面に取り付ければ壁面に引っ掛けて固定することも可能です。

なお、本品を使ってもルーターの速度以上に改善するわけではありませんが、これまでは時間帯によって(原因はよくわからないのですが)Wi-Fiの速度が著しく低下し、ポッドキャストのダウンロードも難しくなることが度々発生していたのですが、本品を使い始めてからは(あくまで基本はルーターの速度ですが、)速度低下は発生しなくなりました。
拙宅は床面積120平米くらいの2階建ての一軒家ですが、この範囲はすべて問題なくカバーできています。
ちなみに、拙宅で使用しているWi-Fiルーターは、たまたまNETGEAR製です。(もちろんorbiシリーズではありませんが) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

メッシュ対応Wi-Fi5(11ac)ルーター 最新の低価格(安い)の5製品詳細

以下が「メッシュ対応Wi-Fi5(11ac)ルーター」最新の低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(3.2)
総評価数 4件
2
(4.3)
総評価数 7件
3
(3.8)
総評価数 67件
4
(4.3)
総評価数 53件
5
(3.4)
総評価数 5件
 

アイ・オー・データ機器 WN-DX1167GR 360コネクト搭載867Mbps...

  • 対応機種:有線または、無線LANインターフェイスを有したWindowsパソコン、Mac
  • 【ルーター部】
  • 有線規格:IEEE802.3ab(1000BASE-T)、IEEE802.3u(100BASE-TX)、IEEE802.3i(10BASE-T)
  • 対応プロトコル:TCP/IP

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
買い換えてよかったです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
よく通信が途切れる。
設定の問題のようだ?
メッシュ室内で5g接続。
スマホのカバーと自分の手があるだけで接続切れになりやすい。もの凄く障害物に弱い。

2.4のほうは問題ありません。

両者特質があるのでご注意。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA WiFi 無線LAN ルーター コンセント直差しタイプ 867Mbps

  • [特長]360コネクト搭載867Mbps(規格値)対応Wi-Fi メッシュルーター コンセント直差しタイプ
  • [添付品]LANケーブル、セットアップガイド、必ずお読みください、設定情報シート
  • [スピード]867Mbps
  • [機能]360コネクト/ビームフォーミングW/MU-MIMO
  • [サイズ/重量]130(W)×54(D)×114(H)mm / 約240g
  • コネクタタイプ:Wi-Fi

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
マンション入居時に元からついていたコンセント一体型のWifiルータを使用していましたが、どうもネット接続が不安定なのと調子が良くても20GB程度しか出ず、かつ設定変更もできないためこちらの商品を購入しました。結果、150から200GBが安定して出るようになりました。何よりもコンセント直付けでコードがビローンとならないのが精神衛生上良いですね。接続自体も簡単でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
70㎡のマンションに使用で全体を網羅するつもりで購入しましたがやはり不安定です。

設置場所を部屋全体の中心に出来れば良いのですが難しく、中継機を増設しないと改善は難しそう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA Wi-Fi5 無線LAN ルーター メッシュ 360コネクト ...

  • [特長]メッシュ機能で家じゅう電波が届くWi-Fi ルーター
  • [ご利用目安]4LDK/3階建て/接続台数16台
  • [スピード]867Mbps+400Mbps
  • [機能]360コネクト/有線LAN×4(1000Mbps)
  • [サイズ/重量]150(W)×83(D)×157(H)mm (スタンド含む)/ 約260g(本体のみ)
  • 保証:納品日より1年間。納品書必須。日本国内使用に限り保証いたします。
  • 付属品:ACアダプター、LANケーブル、スタンド、セットアップガイド、設定情報シート

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
WN-G300TVGRはIPV6に対応していないと思って変更してみた。それ程の違いは解らない。NTT光環境です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
BUFFALOやASUSのルーターからの買い替えです。OCNが「IPv4 over IPv6」を追加費用無しで使えるようになったため対応ルータを探してました。
WN-DX1167GR/EはOCNバーチャルコネクト(IPv4 over IPv6) が使えるのと、更にメッシュネットワークが構築できる割には安価であることから2台購入しました。
未だ稼働半月程度ですが、目的であった通信速度の安定化と、家の1階と2階に設置したことで接続性の安定化が実現できました。
この機種はIPv6にすると本当に設定項目が少なくなって寂しい限りですが、セキュリティはSPIが担ってくれているので大丈夫でしょう。
まぁ欲を言えばASUSのようなモニタ機能(接続されているPC等のトラフィック監視、接続先監視等)があるとより使い出があるのですが。
ログも簡易的で不具合解析・監視用には不足です。せめてもっと詳細にして、外部のログサーバへ保存できたりすると良いと思います。

それと、今朝(2020/07/07)ネットに繋いでいる最中にいきなりネット接続が切れる現象が起こりました。ルータへのpingも殆ど通らず(たまに通る)不安定でした。
WiresharkでLAN側パケットを見るとARPの嵐!? WAN側は見てませんが、ONUのUNIランプが点滅しているところを見るとルータが何か通信している??
もしかしてルータのファームウェアアップデートでも始まったか?と思って暫く(30分程度?)放置したが復旧せず(ルータのメニューも開かない)。
しょうがないのでルータの電源入れ直し。5分程度置いてルータへのアクセスは復旧。但しファームウェアは元のまま(1.00.002)で、それまで使っていたIPoEモードも自動選択されず、再設定して使用。
IO-DATAのメンテナンスページを見るとこの機種の最新ファームウェア(1.01.001)が2020/07/06に公開されていた。
当初から不安に思っていたルータのファームウェア自動更新機能(リモートメンテナンス機能)を無効にして、ダウンロードした新ファームウェアファイルを使ってアップデートし無事更新された。
※「自動更新」ってタイミングを選べないから、ネット使用中に発動したらどうなるのかが不安要素でした。
メッシュ子機の方も同様にマニュアルでアップデートして無事完了。
※当初子機はMagical Finderで設定しようかと思ったが、IPアドレスが192.168.0.*固定でウチの192.168.1.*系と整合しないためDHCPの払い出しリストからIPを直接指定してブラウザで設定。
尚、メッシュ子機は親機と有線LAN接続してメッシュネットワークを構築しています。メッシュを有効にすると2.4Gと5GのSSID名が同じになり、過去の書き込みでiPhoneのiCloud自動バックアップが失敗するという指摘がありましたが、今回のファームウェアバージョンアップで修正されたそうです(私は未確認)。

少し前に使っていたASUSのルータは多機能でしたが、フルに使おうとすると内部CPUが100%になるなど処理能力に不安がありました。
IO-DATAのルータは機能がシンプルな分、安定稼働してくれるかな?と期待して使ってます。
ファームウェアのアップデート情報はメニューのステータスにある「お知らせ」にでも載せてもらえるとありがたいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

TP-Link WiFi 無線LANルーター トレンドマイクロ アンチウイルス機能

  • [特徴] Wi-Fiでご自宅をまるっとカバー。ウイルス対策ソフト付きで、根本からパソコンやスマート家電を守る。
  • [無線LAN規格]11ac・11n・11a・11g・11b/転送速度:867Mbps(11ac)、400Mbps(11n)、54Mbps(11a、11g)、11Mbps(11b)
  • [有線LAN規格]各ユニット: 2 x 有線 WAN/LAN 互換ポート:1000BASE-T、100BASE-TX、10BASE-T 光回線にも最適です
  • [システム要件] iOS 8.0 以降/ Android 4.3以降/ Bluetooth 4.0以降
  • [外形寸法(直径X高さ)]120 x 38mm コンパクトで場所をとりません。
  • [保証] 業界最高基準の3年保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
鉄筋RC造り2階建てですが、1つのIDで広範囲カバーできるのがいいです。これでかなりストレスなくなりました。
最初、2個セットをAPモードで使っていましたが、子供向け保護者モードが使いたくて光ドコモルーターからPPPOEパススルーでつなぎ直しました。ルーター機が光ルーターのそばになったため2台で網羅できなくなり、3台目を追加購入しています。
3台とも有線LAN接続でかなり速度確保できてます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ようやくADSLから光に変えましたが
思ったほど速くならないなぁと思い
ルーターも新しくすることにしました。
Macbookを使っていますが
Appleのルーターがなくなったのでこちらにしました。
おかげで同じ光の環境で速度が
3倍くらい速く出るようになりました!
買ってよかった満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS メッシュ WiFi 無線LAN ルーター 【 Lyra Trio 】 1台単体

  • 【接続推奨 2台接続 : 20台/2階建・3LDK】【PS5/Wii U/iPhone対応】【トレンドマイクロ社の技術を採用したセキュリティー機能付】
  • ネットワーク:IEEE802.11a、IEEE802.11b、IEEE802.11g、IEEE802.11n、IEEE802.11ac
  • Data Rate:802.11a : 6,9,12,18,24,36,48,54 Mbps、802.11b : 1, 2, 5.5, 11 Mbps、802.11g : 6,9,12,18,24,36,48,54 Mbps、802.11n : up to 450 Mbps、802.11ac : up to 1300 Mbps
  • Product Segment:AC1750 superior AC performance : 450+1300 Mbps
  • アンテナ:デュアルバンド対応 内蔵アンテナ x 3 / Memory:32 MB Flash、128 MB RAM

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
APモード+Ethernetバックホール可能とのことで、
RT-AC68U と LyraTrio を別室に設置して、それぞれAPモードで
メッシュ構成にしようと考えていました。

RT-AC68Uをルーターモードにして、初期設定は手順通りにできました。
RT-AC68UをAPモードに戻し、Lyra Trio は「有線」モードに切り替えました。
RT-AC68Uと LyraTrio は HUB を経由して同じ有線ネットワークにあります。
この時点で RT-AC68U と LyraTrio はメッシュ構成のような挙動でした。

以下の点で想定と違う動作になりました。
・Lyra Trio 側のAPが 2.4G しか使えない。
 有線にしても5G帯をRT-AC68Uとの接続に使用している様子。
 距離が離れていると有線になるかもしれないが確認不可。

・RT-AC68U の電源がOFFになると Lyra Trio 側APも一切使えない。

ここでようやく、親機と常時接続(無線?)されていないとメッシュに
できないこととトライバンドの有効性に気づきました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
思ったより小型でじゃまになりません。
初期設定ですがファームウェアのバージョンが古く親ルーターのGT-AC5300と接続できずファームウェアのバージョンアップもできませんでした。
解決するのに2時間位かかってしまいましたが無事ファームウェアを最新に更新。
その後は何事も無かったように親ルーターと簡単に接続でき、MeshWi-fiとして安定しています。ファームウェアバージョンが古く同社のWi-fiルーターRTシリーズやGTシリーズと接続できない場合のファームウェア更新方法を記載して欲しかったですね。
導入は戸惑いましたが接続後は問題ないので星5つで。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
       

関連:WiFi5(11ac)の人気製品全般

以下では、メッシュWi-Fi対応に関わらず、Wi-Fi5(11ac)ルーター人気製品を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:WiFi6(11ax)メッシュ対応ルーターの人気製品

また以下では、最新の高速規格「Wi-Fi6」対応のメッシュルーター人気製品を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました