【2020最新】23~24インチディスプレイ 人気・おすすめ・高機能の15製品

こちらでは、ディスプレイ(PCモニター)製品の中でも、個人的にプログラミング作業にも丁度いい、23インチ~24インチサイズのモニターをピックアップ。

人気・高評価の製品から、高機能なゲーミングモニターや、コスパの良い製品まで、各おすすめ製品を紹介していきます。

コスパの良い製品の多い、おすすめメーカーごとの人気製品とともに紹介していきまっす。
 

もう少し大きいサイズが気になる場合は以下の27インチのモニター紹介も覗いてみてください。

Contents

23,24インチモニター(ディスプレイ) 人気BEST20

以下が23,24インチモニターの今人気の製品ランキングです。

(2020/10/22 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.3)
総評価数 1294件
2
(4.3)
総評価数 1960件
3
(4.2)
総評価数 2947件
4
(4.4)
総評価数 1760件
5
(4.3)
総評価数 1088件
6
(4.4)
総評価数 617件
7
(4.5)
総評価数 1222件
8
(4.3)
総評価数 3211件
9
(4.5)
総評価数 822件
10
(4.5)
総評価数 504件
11
(4.1)
総評価数 1738件
12
(4.3)
総評価数 242件
13
(4.3)
総評価数 873件
14
(4.3)
総評価数 315件
15
(4.4)
総評価数 538件
16
(4.5)
総評価数 152件
17
(4.3)
総評価数 199件
18
(4.6)
総評価数 128件
19
(0)
総評価数 0件
20
(4.2)
総評価数 138件

 

23,24インチモニターの最新・高評価のおすすめ5製品

以下が23,24インチモニターの人気5製品の詳細です。

(2020/10/22 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.5)
総評価数 1222件
2
(4.5)
総評価数 822件
3
(4.5)
総評価数 504件
4
(4.5)
総評価数 152件
5
(4.4)
総評価数 617件

I-O DATA ゲーミングモニター 24.5インチ(75Hz) GigaCrysta

  • [特長]オーバードライブ機能で応答速度0.6ms[GTG]を実現した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
  • [画面]24.5型/1,920×1,080/非光沢/250cd/平方メートル/最大0.6ms[GTG]
  • [端子]HDMI×2/DP×1/アナログRGB×1/ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • [VESAマウント] 100mmピッチ
  • [サイズ/重量]幅: 56.8cm×奥行: 21.5cm×高さ: 41.6cm/4.1kg ※スタンド含む
  • [付属品]DPケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m、PSE適合品)、取扱説明書
  • [保証期間]3年間※パネル、バックライトを含む。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
COD MWを快適にプレイする為に購入しました。友達から借りていたacerのモニターを返す事になってしまったので、10年前のBRAVIAを引っ張り出してプレイしてたのですがまぁ応答速度(スティックを倒してから画面が動くまでのラグ)の悪いこと!
ケーブル関係がいけないのかと思い、とりあえず最新のHDMIケーブルを購入してみました。
それだけでもだいぶ良くなってような気がしました。
そしてこの製品を購入した次の日に届いたので早速使用してみました。
取手付きのダンボールで梱包されてました。
モニターはとても軽く、本当にモニターが入ってるのなと思うくらい軽かったです。
梱包はとても綺麗にされてました。
さすが日本の企業だなと感じました。
音質については、自分はヘッドホン(MDRDS7500)を使用するのでレビューできませんが音質は普通だと思います。
モニターにスタンドを付けて、HDMIケーブルを繋いで電源ON。
立ち上がりが遅いような気がしましたが、ここはモニターの設定ですぐに起動できるように設定できるので問題無いです。
消費電力が増えますみたいな説明がありますが、使わない時はコンセント抜けばいいのです。
細かい設定は人それぞれ好みがあると思うので
ゲームを起動してから画面右裏のボタンでポチポチ押して設定すればいいかと思います。
自分はとりあえずFPSモードににしてやってみましたが、まぁ応答速度の速いこと!
意のままに操れるってこんな感じなのかな。
このモニターを使ってフレンドとプラベで砂やりましたが以前は最下位だったのがこのモニターを使用したら断トツ1位でした。
30代後半のオヤジでも、文明の機器でなんとかなるもんだなって実感しました。
本当に買ってよかったです。
酒を飲みながら思いのままに書いてしまいました。
長くこの製品と付き合っていけたらと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
各モニターのレビュー等を見て一番トラブルの少なそうなこちらを購入。当商品のレビューにてドット抜け、画面割れ等の初期不良や配送事故などがありましたが、2台購入してそのような不良等はなくどちらも快適に動作しております。トラブルの無い方達はそもそもレビューを書くまでに至らずそのまま使用しているので悪いレビューが目立つのかなといった印象。
画質は視野角の狭い正面からの使用に特化したモニターだなといった印象。あくまでゲーミングモニターだなといった感じです。
しかし応答速度等はテレビと比べた際にとても早いなと感じます。PS4、Switchでの使用ですが(主にAPEX、Splatoon2)スティックを倒した際にラグを感じることが難しいくらい遅延がすくないです。
またスマホスタンドが意外と便利。好きな配信者等の配信を閲覧しながらゲームをするなど実用性に長けているなと感じます。
2万円以下で買えるのは非常にコスパがいいなと思います。
スタンドの裏側に丸い傷のようなものがあるというレビューを見ましたが、2台ともこの傷がありましたのでこちらは製造上の仕様なのかなと思います。こちらは表に出て見えることは無いので妥協ラインだと思います。
モニターの購入を検討されている方はご参考になれば幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR 0.5ms 165Hz

  • 0.5msの応答速度/165Hzのリフレッシュレート/G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)対応ゲーミングモニター
  • 24.5インチ/1,920×1,080 (フルHD)/TNパネル/ノングレア
  • 独自のゲーム機能搭載:GameFast, GamePlus, Extreme Low Motion Blur, GameVisual
  • 入出力端子:HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
  • 最大輝度:400cd/㎡, コントラスト比:100,000,000:1, 最大表示色:約1677万色, 広色域対応:72%NTSC
  • 付属品:DisplayPort ケーブルx1, HDMIケーブル×1, オーディオケーブル×1, ACアダプター×1, 電源ケーブル×1, クイックスタートガイド×1, 保証書×1
  • 高さ調節:0~130mm/チルト:上33°~下5°/スイベル:左右90°/ピボット :左右回転90°
  • 製品サイズ:幅563mm×奥行き221mm×高さ(357~487)mm, 重量:約5.1kg
  • スピーカー : 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格:100mm×100mm

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
結論から先に。"30000円前後のゲーミングモニターならBe○Qはじめどのメーカーよりこれを買え"。
従来より使用していたモニターの不調により購入しました。TNパネル/165Hz仕様のレビューです。
まず最初に、144Hzモニターはそれなりのブランドの物であれば30000円前後が相場ですが本モデルはほぼ同等の価格を維持しながらそれらを上回る165Hz仕様となっています。差は微々たる物ですが何処となく得した気分になります。食後のドルチェ4種盛り合わせがシェフの気まぐれで6種盛り合わせにサービスされたら誰でも喜ぶに違いない。これ大事。
画質に関してはとやかく言いません。ゲーミングモニターなんですから初期設定では白っぽいのは当たり前。"正しい色"、綺麗な画面を求めるなら最初からEI○O買えって話です。色具合は画面側とPC側の設定次第でどうにでもなります。様々なモニターを使用してきていますが普通のTNフルHDパネルとしては何ら問題のない発色だと感じます。そもそも本格的な写真編集やイラストに30000円前後のゲーミングモニターを使う考え自体がバカげた話なので、発色うんたらかんたらを気にされている方は目には目をの精神で無視した方が良いかと。駆動自体は165Hzや144Hz、120Hzや60Hz等をウィンドウズ側から設定できますが恐らく165Hzで使用される方が多いでしょう。ASUS御自慢のスペックや独自機能自体は細やかにHPに記されています。詳しくはそちらを参照してください。
長い前置きになりましたが操作感について。操作に関しては販売されている全てのモニターがこうなってほしいと思う位に個人的には気に入りました。モニター右部背後にある小さな4方向に動くスティックで項目の選択や操作が可能となっています。コレがメチャクチャ使いやすい。直感的に操作が出来るし、ややこしい横並びのボタンをいじくり回す必要も謎のイライラも沸き上がってこない。ただでさえFPSでイライラしているのにモニターの操作でイライラしたら短い寿命が更に短くなる。ですがこれなら"はぁとドキドキする~…って動悸じゃねーよ☆"と弁明する必要もなくなります。使い始めは最適な画質を見つける為に画質を細やかに調整する事が多く、またゲームや通常使用でモードを日常的に切り替える事も多いのでインターフェースに関しては100点以上のクオリティ。これだけでもオススメできるレベル。ケーブル類をまとめて配線できるアーム下部のホールや控えめかつ機能的なデザイン。もう不満が出てこない。作りのクオリティ自体も値段以上。久しぶりに満足の行く買い物をしたと思っています。
更に驚いたのは"付属の映像出力ケーブルでなんら問題なく動作する"という事。本来であれば動いて当たり前と言えば当たり前なのですが、こういった製品の付属ケーブルは正直"使えないのが当然"のような風潮があります。別途購入となるとその分価格は掛かるし、何より"カ○オォォ!だったら最初からケーブルなんぞ付けないでいいから値段下げろバカモン!"となるのがユーザー側の心理。だけどこのモニターに付属するケーブル類は問題なく使用可能です。驚きました。アマノジャクな私にはピッタリです。
マザーボードにしても何にしても、ASUSは売れると確信しターゲットとした領域の他社を徹底的に潰しにかかるブリティッシュ作戦や地球降下作戦までのジオン軍、V作戦後の反抗を開始した地球連邦軍のような商品展開を行いますが、モニターに関しては久方ぶりに"他社を上回る競争力の塊な本気の製品"を見た気がします。
ここまで長々と書き連ねましたが、唯一の不満点はこの製品の知名度の低さ。これに尽きます。どういう訳だか、知名度の問題なのか、上っ面を変えただけの手抜きまとめサイトの影響なのか何なのかは知りませんが、みなBe○Qばかり買っておりASUSのこの製品は名が如何せん通っていない。このレビューを見てくださった方が本モデルを購入しモニターアマノジャクとなり、更にレビューを投降し新たなモニターアマノジャクが生まれ…とねずみ算式にユーザーが増える事を心より祈るばかりであります。ギレンの野望のマゼラアタックを分離、補充しバカみたいに増やし続ける戦略にも似ております。順調に事が運べばその内、VG258QR連合でも軍団でも公国でも結成される事でしょう。はたまたその内からアマノジャクが生まれ…フムン。その時はまたASUSさんに新たな製品を作って貰わねばならぬかもしれぬ。

最後にまじめになりますが。
ASUSさん、素晴らしい製品を本当にありがとうございました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
RTX2070搭載のデスクトップPCを新しく購入したので、メインのゲーム用モニターとして購入しました。
初めてのゲーミングモニター購入ですので他製品との比較はできませんがご容赦お願いします。
最初に起動したときは白が強かったため、目が痛くなるような感じがしましたが、画面の明るさやブルーライトカットの調整を行うことである程度自分好みの明るさにできました。
モニター自体に7つのモードが搭載されており、明るさやコントラストなども設定できるため自由度の高さは感じましたが、詳細な説明書などが付属していないため、どの設定をいじればどのように変化するかわからず、買って1週間ほど経過した今でもモニターの最大限の力を引き出せていない気がしてしまうのは残念です。
ですが今のところはぬるぬるのPCゲーを不満なく満喫できており、コスパや見た目にも満足しているので☆5つとします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR-J 0.5ms 165Hz

  • 0.5msの応答速度/165Hzのリフレッシュレート/G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)対応ゲーミングモニター
  • 24.5インチ/1,920×1,080 (フルHD)/TNパネル/ノングレア
  • 独自のゲーム機能搭載:GameFast, GamePlus, Extreme Low Motion Blur, GameVisual
  • 入出力端子:HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
  • 最大輝度:400cd/㎡, コントラスト比:100,000,000:1, 最大表示色:約1677万色, 広色域対応:72%NTSC

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約半年間、使った者の感想です。
普段は購入品にあまりレビューしたりしませんが評価が少なく低いものが多かったのでレビューします。

結論から言いますと、現行のゲーミング4Kモニターの中では最高レベルだと実感しています。

前までBenQの4Kモニター、EL2870Uを使っていましたが、色の鮮明さが全然違います。
特に黒色は前のと比べると感動物です。
またHDRの輝度レベルも格段に違います。明暗がはっきりしていて本当に感動しました。
また買い換えた一番の理由がG-syncの有無なので、カクツキやチラツキによるストレスが無くなって非常に満足しています。

FPSをやる人は244Hzのモニターを買うか迷っていると思いますが、僕は120Hzで問題なくプレイ出来ています。寧ろ敵の視認性が良くなったメリットの方が大きく感じます。
ちなみにオーバークロックで144Hzに出来ますが、僕はオーバークロックにあまり良い思い出がないので試していません。発色や色のレベルも悪くなるみたいです。
あと注意点ですが、HDMIポートか一つしかありません。僕は特に困っていませんが複数のCS機を並行してやる方はご注意を。
又、排気音に関してですが、モニターでは珍しく音はしますが不快な音でもなく普通に小さい音です。それよりも僕の隣にあるPCの排気音の方が大きいです。またそれもヘッドフォンを装着すれば全く気になりません。

ノングレア、IPSパネル、HDR1000、120Hz、G-syncに価値を見出せるなら買って損は無いと思います。

因みに余談ですが筆者の使用グラボは2080Tiです。それ以下の性能ではゲーム内のグラフィック設定を落とさないとフレームレートが出ないという本末転倒な事になりかねないので、気をつけて下さい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今年の梅雨頃から発売を待ち望んでいたディスプレイがついに届きました。(Amazonめ発売から半月も待たせやがって・・・・)
PS4ProをHDMIで、PCをDisplayPort1.4で接続して楽しんでいます。(4K 60FPSを超えるような映像だとDPの1.4が必要なようです。)

4K+HDRで1080TiのSLI対応ゲームである、BF1が丁度セール中だったので購入し、
キャンペーンモードをフレームレート取りながら遊んでみました。

4K+HDR+高リフレッシュレートのゲーム体験は凄まじく、非常にきれいな映像でゲームを楽しむことができました。ただHDRは、ゲーム体験だけでなく眼に掛かる負担も凄まじく長い間連続してゲームができないのが難点です。(個人差があるかと思いますが)

また、PCへの負荷も凄まじく、自分の環境(i9-7900 + GTX1080Ti SLI)でもグラフィックス設定を最高にすると100[fps]を超えることはありませんでした。
フレームレートは80後半[fps]~90前半[fps]程度でした。最低フレームレートは69.4で、60[fps]を下回る事はなく4k+HDR+60[fps]の環境を実現でき満足しておりますが、このグラフィックス設定で、100[fps]を超えるような環境を実現したいのであれば、もうすぐ発売のRTX 2080Tiを用意する必要がありそうです。

非常にハイスペックなPCが必要で、ディスプレイの価格も非常に高価で、在庫も安定しておらず、(だいぶマシになったかな?)導入にはかなり高いハードルがあるかと思いますが、導入できれば凄まじいゲーム体験が待っているかと思います。リッチゲーマーなら導入を検討して見てもいいかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マウスコンピューター iiyama モニター ディスプレイ XUB2493HS-...

  • 23.8型IPS方式パネル採用 昇降スタンド機能搭載
  • フルHDモード高精細広視野角ノングレア液晶
  • 疲労や不調の原因となる青色光源を低減するブルーライトカット機能搭載
  • 最大130mmの高さ調節/画面の向きを90°(左右各45°)動かせるスウィーベル機能の多機能スタンド
  • 応答速度4ms(GtoG) コントラスト比500万:1(ACR時) 輝度250cd/㎡ 視野角左右各89°上下各89°の広視野角
  • 表示色1677万色
  • 表示可能解像度1920x1080(最大) 2.1メガピクセル サイズ16:9
  • オーバードライブとACR機能を搭載 動画表示をくっきり滑らかに表現
  • スピーカー 2Wx2

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

PHILIPS モニターディスプレイ 241E1D/11 (23.8インチ/IPS

  • [ 特徴 ]くっきり鮮やかな映像美と、マルチディスプレイにも最適なフレームレス設計。
  • [ スペック ]1920x1080(FHD)、IPSテクノロジーパネル、輝度250cd/m²、応答速度 4ms(スマートレスポンス動作時)
  • 視野角 水平178°垂直178°、 VESA100mmx100mm、AdaptiveSync、フリッカーフリー、ローブルーモード、傾斜 -5/20°
  • [ 入力端子/スピーカー ] アナログD-Sub 15ピン x1、 DVI-D x1、HDMI 1.4x 1/なし
  • 3D対応無|タッチポイント無|USB無|DisplayPort無|HDCP対応有
  • [ 保証 ]パネル・バックライトを含む5年間フル保証(センドバック対応)
  • [ 付属ケーブル ] Dsub cable 1.5M、HDMI cable 1.8M、AC Adaptor、Power cable 1.8M
  • [ 本体サイズ ] W537 x H414 x D205 mm

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
もともとBenQのG2420HDを3台のマルチモニターで使ってましたが、
画面を行き来するなかで、ベゼルの太さが気になりだし
今回レビューもよく、アームを使うつもりだったのでVESAに
対応しているものを探して、こちらを3台購入しました。
DVI-Dの入力端子もついてましたし・・・
VESAに対応していなければ、もっと薄いモニターが
手に入りそうでしたが、アームで取り付けてたので
スタンドが邪魔だったもんで・・・

スタンド自体が思ったより圧迫感や存在感もなかったので
アームを使わずそのままスタンドを活用し、
結局既存のBenQのモニターを活用すべく、
そちらにアームを使ったのでVESAに
対応してなくてもよかったかも(;^ω^)

しかしベゼルの薄さはマルチモニター使用の
私にとっては、重要な項目であり、今回のモニターは
コスパもよく大満足です。5年保証もついてますし♪

ゲームはほとんどしなくて、ネット鑑賞や
仕事でオフィス使うくらいなので、6画面は完全な
自己満足ですが・・・

最後にBenQとの色合いの違いを・・・
設定のせいなのか発色はBenQ(上)が鮮やかですが
PHILIPS(下)の方は目にやさしい感じの色合いなので
この辺は好みで別れるかもしれません。私は
PHILIPSの方が好きです。もちろんBenQの
モニターも見やすくて使いやすいです。
並べているので同じ画面を出すと違いがわかりますが
まったくもって問題ないです。
事実並べていても発色は、私は気になりません。
余裕があればBenQのモニタ-も同じPHILIPSに
変えたくなるくらいですが、
思いがけず6画面にしたものの、
普段使いはPHILIPSモニターですので、
購入してよかったと思います。VESE対応を
考えている方もそうじゃない方もオススメです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
メニューも含め非常にシンプルでスッキリしたデザイン。惜しまれるのは,Display portがない事と太陽光が差し込まれると見にくくなる点以外は,FHDモニタとしては,素晴らしい出来栄えです。ちなみに用途はゲーム,動画視聴,ブラウザ閲覧,もちろんお金をかければ,解像度の高いモニタを購入できますが,私の自作PCはCPUが第7世代のcorei7 7700KでGPUはGeforce RTX2060なのでこれ以上で解像度を上げてゲーミングをするのは厳しい現状です。大きすぎず小さすぎず楽しくゲームができるので素晴らしいと思います。それに加えネットワークテレビチューナーでテレビも見られるので便利なことこの上なしです。PCモニタを兼ねてテレビの購入も考えましたが市場ではFHDは4Kテレビががほとんどで27インチのFHDでテレビが見られるのは,こういう形しかなかったという結論です。ゲームをやらず写真編集やCG作成を行ったり,Blue-rayは4Kでないといかん!という方には不向きかと思います。割り切ってFHDでいいやという人には,くっきり綺麗なモニタで安い!という事でおすすめ商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

23,24インチ ゲーミングモニターの人気5製品

以下が、遅延が少なく、リフレッシュレートも高い、高性能なゲーミングモニターの人気製品です。

(2020/10/22 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.3)
総評価数 1088件
2
(4.5)
総評価数 1222件
3
(4.5)
総評価数 822件
4
(4.5)
総評価数 504件
5
(4.3)
総評価数 242件

ASUS ゲーミングモニター 24インチ PS4 FPS向き 1ms 75Hz HDMI

  • 最大解像度: 1,920×1,080(FHD)
  • 画素ピッチ: 0.2768mm
  • 視野角:水平170°、垂直160°
  • 最大輝度: 250 cd㎡/, 最大表示色:約1,677万色
  • コントラスト比: 100,000, 000: 1 (ASCRオフ時1,000: 1)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
スプラトゥーン2をするために購入した。初めてのゲーミングモニター。画面は非光沢。モニターのスピーカーでも十分。イヤホンを差すところはないが、Switch本体にさせばOK。ドット抜けもなし。ラグもなく、Switchの小さい画面でやるのとは比べ物にならないくらい良い。モニターを支える柱や土台ははずせるので、モニターアームにも取り付けられた。音量は細かく段階があるが、一番小さい音量でも大きいと感じた。初心者の自分にはよくわからないが、画面の色や明るさの設定は細かくでき、ブルーライトをカットできる機能もある。こだわりがない人はブルーライトの設定だけでも十分だと思った。テレビやスマホには画質は劣る。また、家電量販店でみる高いゲーミングモニターより確かに画質は劣る。しかし、ゲーミングモニターでこの値段では十分すぎる性能だと思うので、はじめて買う人におすすめしたい。このゲーミングモニターが重いほうなのかどうなのかはわからない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
この商品をおよそ1ヶ月前に買って、PS4に使っています。
感想としては、めちゃ良いと思います。
PS4は60fpsしか出ないため、このモニターをMAXまで活かせないですが、PS4で75Hz出て、1ms出るこのモニターは十分な性能だと思います。また、スピーカーも悪いとのレビューを見ましたが、そんなことはないと思います。自分はPS4のコントローラーにヘッドフォンを挿して普段は使っていますが、全然使えると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I-O DATA ゲーミングモニター 24.5インチ(75Hz) GigaCrysta

  • [特長]オーバードライブ機能で応答速度0.6ms[GTG]を実現した24.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
  • [画面]24.5型/1,920×1,080/非光沢/250cd/平方メートル/最大0.6ms[GTG]
  • [端子]HDMI×2/DP×1/アナログRGB×1/ヘッドフォン端子/スピーカー付
  • [VESAマウント] 100mmピッチ
  • [サイズ/重量]幅: 56.8cm×奥行: 21.5cm×高さ: 41.6cm/4.1kg ※スタンド含む
  • [付属品]DPケーブル(1.8m)、電源コード(1.8m、PSE適合品)、取扱説明書
  • [保証期間]3年間※パネル、バックライトを含む。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
COD MWを快適にプレイする為に購入しました。友達から借りていたacerのモニターを返す事になってしまったので、10年前のBRAVIAを引っ張り出してプレイしてたのですがまぁ応答速度(スティックを倒してから画面が動くまでのラグ)の悪いこと!
ケーブル関係がいけないのかと思い、とりあえず最新のHDMIケーブルを購入してみました。
それだけでもだいぶ良くなってような気がしました。
そしてこの製品を購入した次の日に届いたので早速使用してみました。
取手付きのダンボールで梱包されてました。
モニターはとても軽く、本当にモニターが入ってるのなと思うくらい軽かったです。
梱包はとても綺麗にされてました。
さすが日本の企業だなと感じました。
音質については、自分はヘッドホン(MDRDS7500)を使用するのでレビューできませんが音質は普通だと思います。
モニターにスタンドを付けて、HDMIケーブルを繋いで電源ON。
立ち上がりが遅いような気がしましたが、ここはモニターの設定ですぐに起動できるように設定できるので問題無いです。
消費電力が増えますみたいな説明がありますが、使わない時はコンセント抜けばいいのです。
細かい設定は人それぞれ好みがあると思うので
ゲームを起動してから画面右裏のボタンでポチポチ押して設定すればいいかと思います。
自分はとりあえずFPSモードににしてやってみましたが、まぁ応答速度の速いこと!
意のままに操れるってこんな感じなのかな。
このモニターを使ってフレンドとプラベで砂やりましたが以前は最下位だったのがこのモニターを使用したら断トツ1位でした。
30代後半のオヤジでも、文明の機器でなんとかなるもんだなって実感しました。
本当に買ってよかったです。
酒を飲みながら思いのままに書いてしまいました。
長くこの製品と付き合っていけたらと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
各モニターのレビュー等を見て一番トラブルの少なそうなこちらを購入。当商品のレビューにてドット抜け、画面割れ等の初期不良や配送事故などがありましたが、2台購入してそのような不良等はなくどちらも快適に動作しております。トラブルの無い方達はそもそもレビューを書くまでに至らずそのまま使用しているので悪いレビューが目立つのかなといった印象。
画質は視野角の狭い正面からの使用に特化したモニターだなといった印象。あくまでゲーミングモニターだなといった感じです。
しかし応答速度等はテレビと比べた際にとても早いなと感じます。PS4、Switchでの使用ですが(主にAPEX、Splatoon2)スティックを倒した際にラグを感じることが難しいくらい遅延がすくないです。
またスマホスタンドが意外と便利。好きな配信者等の配信を閲覧しながらゲームをするなど実用性に長けているなと感じます。
2万円以下で買えるのは非常にコスパがいいなと思います。
スタンドの裏側に丸い傷のようなものがあるというレビューを見ましたが、2台ともこの傷がありましたのでこちらは製造上の仕様なのかなと思います。こちらは表に出て見えることは無いので妥協ラインだと思います。
モニターの購入を検討されている方はご参考になれば幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR 0.5ms 165Hz

  • 0.5msの応答速度/165Hzのリフレッシュレート/G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)対応ゲーミングモニター
  • 24.5インチ/1,920×1,080 (フルHD)/TNパネル/ノングレア
  • 独自のゲーム機能搭載:GameFast, GamePlus, Extreme Low Motion Blur, GameVisual
  • 入出力端子:HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
  • 最大輝度:400cd/㎡, コントラスト比:100,000,000:1, 最大表示色:約1677万色, 広色域対応:72%NTSC
  • 付属品:DisplayPort ケーブルx1, HDMIケーブル×1, オーディオケーブル×1, ACアダプター×1, 電源ケーブル×1, クイックスタートガイド×1, 保証書×1
  • 高さ調節:0~130mm/チルト:上33°~下5°/スイベル:左右90°/ピボット :左右回転90°
  • 製品サイズ:幅563mm×奥行き221mm×高さ(357~487)mm, 重量:約5.1kg
  • スピーカー : 2W + 2W (ステレオ)
  • 対応VESA規格:100mm×100mm

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
結論から先に。"30000円前後のゲーミングモニターならBe○Qはじめどのメーカーよりこれを買え"。
従来より使用していたモニターの不調により購入しました。TNパネル/165Hz仕様のレビューです。
まず最初に、144Hzモニターはそれなりのブランドの物であれば30000円前後が相場ですが本モデルはほぼ同等の価格を維持しながらそれらを上回る165Hz仕様となっています。差は微々たる物ですが何処となく得した気分になります。食後のドルチェ4種盛り合わせがシェフの気まぐれで6種盛り合わせにサービスされたら誰でも喜ぶに違いない。これ大事。
画質に関してはとやかく言いません。ゲーミングモニターなんですから初期設定では白っぽいのは当たり前。"正しい色"、綺麗な画面を求めるなら最初からEI○O買えって話です。色具合は画面側とPC側の設定次第でどうにでもなります。様々なモニターを使用してきていますが普通のTNフルHDパネルとしては何ら問題のない発色だと感じます。そもそも本格的な写真編集やイラストに30000円前後のゲーミングモニターを使う考え自体がバカげた話なので、発色うんたらかんたらを気にされている方は目には目をの精神で無視した方が良いかと。駆動自体は165Hzや144Hz、120Hzや60Hz等をウィンドウズ側から設定できますが恐らく165Hzで使用される方が多いでしょう。ASUS御自慢のスペックや独自機能自体は細やかにHPに記されています。詳しくはそちらを参照してください。
長い前置きになりましたが操作感について。操作に関しては販売されている全てのモニターがこうなってほしいと思う位に個人的には気に入りました。モニター右部背後にある小さな4方向に動くスティックで項目の選択や操作が可能となっています。コレがメチャクチャ使いやすい。直感的に操作が出来るし、ややこしい横並びのボタンをいじくり回す必要も謎のイライラも沸き上がってこない。ただでさえFPSでイライラしているのにモニターの操作でイライラしたら短い寿命が更に短くなる。ですがこれなら"はぁとドキドキする~…って動悸じゃねーよ☆"と弁明する必要もなくなります。使い始めは最適な画質を見つける為に画質を細やかに調整する事が多く、またゲームや通常使用でモードを日常的に切り替える事も多いのでインターフェースに関しては100点以上のクオリティ。これだけでもオススメできるレベル。ケーブル類をまとめて配線できるアーム下部のホールや控えめかつ機能的なデザイン。もう不満が出てこない。作りのクオリティ自体も値段以上。久しぶりに満足の行く買い物をしたと思っています。
更に驚いたのは"付属の映像出力ケーブルでなんら問題なく動作する"という事。本来であれば動いて当たり前と言えば当たり前なのですが、こういった製品の付属ケーブルは正直"使えないのが当然"のような風潮があります。別途購入となるとその分価格は掛かるし、何より"カ○オォォ!だったら最初からケーブルなんぞ付けないでいいから値段下げろバカモン!"となるのがユーザー側の心理。だけどこのモニターに付属するケーブル類は問題なく使用可能です。驚きました。アマノジャクな私にはピッタリです。
マザーボードにしても何にしても、ASUSは売れると確信しターゲットとした領域の他社を徹底的に潰しにかかるブリティッシュ作戦や地球降下作戦までのジオン軍、V作戦後の反抗を開始した地球連邦軍のような商品展開を行いますが、モニターに関しては久方ぶりに"他社を上回る競争力の塊な本気の製品"を見た気がします。
ここまで長々と書き連ねましたが、唯一の不満点はこの製品の知名度の低さ。これに尽きます。どういう訳だか、知名度の問題なのか、上っ面を変えただけの手抜きまとめサイトの影響なのか何なのかは知りませんが、みなBe○Qばかり買っておりASUSのこの製品は名が如何せん通っていない。このレビューを見てくださった方が本モデルを購入しモニターアマノジャクとなり、更にレビューを投降し新たなモニターアマノジャクが生まれ…とねずみ算式にユーザーが増える事を心より祈るばかりであります。ギレンの野望のマゼラアタックを分離、補充しバカみたいに増やし続ける戦略にも似ております。順調に事が運べばその内、VG258QR連合でも軍団でも公国でも結成される事でしょう。はたまたその内からアマノジャクが生まれ…フムン。その時はまたASUSさんに新たな製品を作って貰わねばならぬかもしれぬ。

最後にまじめになりますが。
ASUSさん、素晴らしい製品を本当にありがとうございました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
RTX2070搭載のデスクトップPCを新しく購入したので、メインのゲーム用モニターとして購入しました。
初めてのゲーミングモニター購入ですので他製品との比較はできませんがご容赦お願いします。
最初に起動したときは白が強かったため、目が痛くなるような感じがしましたが、画面の明るさやブルーライトカットの調整を行うことである程度自分好みの明るさにできました。
モニター自体に7つのモードが搭載されており、明るさやコントラストなども設定できるため自由度の高さは感じましたが、詳細な説明書などが付属していないため、どの設定をいじればどのように変化するかわからず、買って1週間ほど経過した今でもモニターの最大限の力を引き出せていない気がしてしまうのは残念です。
ですが今のところはぬるぬるのPCゲーを不満なく満喫できており、コスパや見た目にも満足しているので☆5つとします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSゲーミングモニター 24.5インチ VG258QR-J 0.5ms 165Hz

  • 0.5msの応答速度/165Hzのリフレッシュレート/G-SYNC Compatible/AMD FreeSync(Adaptive-Sync)対応ゲーミングモニター
  • 24.5インチ/1,920×1,080 (フルHD)/TNパネル/ノングレア
  • 独自のゲーム機能搭載:GameFast, GamePlus, Extreme Low Motion Blur, GameVisual
  • 入出力端子:HDMI 1.4, DVI-D(Dual Link), DisplayPort 1.2, 3.5mmステレオミニジャック
  • 最大輝度:400cd/㎡, コントラスト比:100,000,000:1, 最大表示色:約1677万色, 広色域対応:72%NTSC

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
約半年間、使った者の感想です。
普段は購入品にあまりレビューしたりしませんが評価が少なく低いものが多かったのでレビューします。

結論から言いますと、現行のゲーミング4Kモニターの中では最高レベルだと実感しています。

前までBenQの4Kモニター、EL2870Uを使っていましたが、色の鮮明さが全然違います。
特に黒色は前のと比べると感動物です。
またHDRの輝度レベルも格段に違います。明暗がはっきりしていて本当に感動しました。
また買い換えた一番の理由がG-syncの有無なので、カクツキやチラツキによるストレスが無くなって非常に満足しています。

FPSをやる人は244Hzのモニターを買うか迷っていると思いますが、僕は120Hzで問題なくプレイ出来ています。寧ろ敵の視認性が良くなったメリットの方が大きく感じます。
ちなみにオーバークロックで144Hzに出来ますが、僕はオーバークロックにあまり良い思い出がないので試していません。発色や色のレベルも悪くなるみたいです。
あと注意点ですが、HDMIポートか一つしかありません。僕は特に困っていませんが複数のCS機を並行してやる方はご注意を。
又、排気音に関してですが、モニターでは珍しく音はしますが不快な音でもなく普通に小さい音です。それよりも僕の隣にあるPCの排気音の方が大きいです。またそれもヘッドフォンを装着すれば全く気になりません。

ノングレア、IPSパネル、HDR1000、120Hz、G-syncに価値を見出せるなら買って損は無いと思います。

因みに余談ですが筆者の使用グラボは2080Tiです。それ以下の性能ではゲーム内のグラフィック設定を落とさないとフレームレートが出ないという本末転倒な事になりかねないので、気をつけて下さい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今年の梅雨頃から発売を待ち望んでいたディスプレイがついに届きました。(Amazonめ発売から半月も待たせやがって・・・・)
PS4ProをHDMIで、PCをDisplayPort1.4で接続して楽しんでいます。(4K 60FPSを超えるような映像だとDPの1.4が必要なようです。)

4K+HDRで1080TiのSLI対応ゲームである、BF1が丁度セール中だったので購入し、
キャンペーンモードをフレームレート取りながら遊んでみました。

4K+HDR+高リフレッシュレートのゲーム体験は凄まじく、非常にきれいな映像でゲームを楽しむことができました。ただHDRは、ゲーム体験だけでなく眼に掛かる負担も凄まじく長い間連続してゲームができないのが難点です。(個人差があるかと思いますが)

また、PCへの負荷も凄まじく、自分の環境(i9-7900 + GTX1080Ti SLI)でもグラフィックス設定を最高にすると100[fps]を超えることはありませんでした。
フレームレートは80後半[fps]~90前半[fps]程度でした。最低フレームレートは69.4で、60[fps]を下回る事はなく4k+HDR+60[fps]の環境を実現でき満足しておりますが、このグラフィックス設定で、100[fps]を超えるような環境を実現したいのであれば、もうすぐ発売のRTX 2080Tiを用意する必要がありそうです。

非常にハイスペックなPCが必要で、ディスプレイの価格も非常に高価で、在庫も安定しておらず、(だいぶマシになったかな?)導入にはかなり高いハードルがあるかと思いますが、導入できれば凄まじいゲーム体験が待っているかと思います。リッチゲーマーなら導入を検討して見てもいいかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Pixio PX247 ディスプレイ モニター [ 23.8 インチ IPS 144hz

  • [特長]23.8inch, IPSパネル, 144Hz, 1ms[MPRT]のゲーミングモニター
  • [画面]23.8型/1920×1080/IPSパネル/非光沢/1ms[MPRT]
  • [端子]HDMI×1/DisplayPort×1/Head Phone Jack
  • [機能]FreeSync/G-SYNC Compatible対応/VESA対応75mmピッチ/Overdrive/
  • [保証/サポート]3年間(一部パーツは2年間) / 30日間の無料返品 / *ドット抜けは保証対象外になる場合がございます。詳細は公式ページのガイドラインをご覧ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
一週間の使用レビューです。

最初、スタンドが曲がらなかったのですが、(不良品らしい)会社に問い合わせてみると30分ほどで返信が帰ってきました。
その後、2日ぐらいしてすぐにスタンドが届きました。
遅いと思われるかもしれませんが、私の家が東京から遠いところにあるので、個人的には早い対応だと感じました。

さて、画質についてですが、さすがIPS液晶と言わんばかりの高画質ですね。
とてもきれいです。
あと、モニターが薄い!取り回しがしやすくていいと思います。

音質は、まあよくありません。
ただ、これはほとんどのスピーカー付きモニターに該当することなので、問題はないでしょう。
logicoolのZ120やZ150あたりを買っておけばいいと思います。

スタンドは、か弱く見えるかもしれませんが、しっかりと立って、使用上の問題はないですが、気になる人はアームを別で購入してもいいのかもしれません。
ただし、注意点として、木の机に対して使う場合に、モニタースタンドの金属の部分を滑らせながら動かしてしまうと、木に傷がつく可能性があるので注意してください。

一つドット抜けがありましたが、あまり気になりませんし、144Hzもしっかりと出力してくれてますので、返品はしないでそのまま使おうと思います。

もちろん、ASUSの同じような商品の方が平均応答速度がよいらしいですし、クロスヘアもついてあっちの方がお買い得と思われるかもしれませんが、それと引き換え1万円も高くなります。
お金持ちの方だったらそっちでも構わないかもしれませんが、そのASUSのモニターに後1万ばかしお金をかければ、240Hzのモニターだって夢じゃありません。
また、ゲームに必要不可欠なグラフィックボードや、m.2SSDの強化などにお金を回すことができます。
とりあえず、これを買って損することはほとんどないと思います。
もし不満な点があったとしても、返品保証があるので返品すれば問題ないと思われます。(そのためには、ケース等を新品同様に持っておく必要がありますが。)

ぜひ、おすすめしたい商品の一つです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
【デザイン性】
シンプルなデザインでベゼル幅が小さくデュアルモニターなどを今後考えている方や、
2台目に購入する方にはいいかと思います。
私はアームを使って固定設置しました。
角度調節できる点も◎。

【価格帯】
144HzモニターIPSでこの価格は破格。

【性能】
DPでの接続とHDMIでの接続しかないので144Hz出すにはDPを使うしかない。
私はヘッドセットを使う為、特に気にはしませんがモニター自体の音は期待薄。
映像は綺麗だと思います。

【総評】
私はPIXIO製のモニターは2台目の購入になりますが、モニターを購入したときは必ずドット抜けを最初に確認しています。今回も、ドット抜けは見当たりませんでした。
以前、PIXIO製の他のモニターを購入したが、特に問題なくメーカーに信用がある為リピート購入しました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

23,24インチモニター 低価格(安い)の人気5製品

以下が、コストを抑えて購入するのに最適な、低価格(安い)モニター製品です。

(2020/10/22 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.3)
総評価数 1960件
2
(4.2)
総評価数 138件
3
(4.1)
総評価数 1738件
4
(4.3)
総評価数 514件
5
(4.4)
総評価数 1760件

Dell モニター 23.8インチ SE2416H(3年間交換保証/CIE1976

  • [製品紹介]フルHD対応のIPSパネルを搭載したスタイリッシュな23.8インチモニター。テレワークでの作業効率向上に。
  • [サポート]3年保証/修理時には交換品を先にお届け
  • [画面サイズ]23.8インチ [パネルタイプ]IPS,非光沢 [接続端子]HDMIx1,D-Sub15ピンx1[スピーカー]非搭載
  • [最大解像度]1920x1080 フルHD [アスペクト比]16:9 [最大輝度]250cd/平方メートル
  • [応答速度]6ms(GtoG) [コントラスト比(最大)]1,000:1(8,000,000:1)
  • [調節機能]高さ調節:×/ チルト:○/ スイベル:×/ ピボット:×/ VESA:×
  • [色深度]1670万色[色域]CIE 1976 84%,CIE 1931 72%[表面処理]ノングレア
  • [付属品]電源ケーブル,D-Sub15ピンケーブル
  • [寸法]423.1×556.6×179.9mm [重量]4.3kg
  • ディスプレイ方式:LED/LCD,リフレッシュレート:60

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
【概要】
WindowsとMacとPS4を繋げるために初めてディスプレイを購入しました。タイトルにある通り素晴らしいコストパフォーマンスだと感じました。私は約14000円で購入しましたが、大変満足しております。何と言ってもこの低価格でベゼルレスの画面というのは驚きです。

【画質】
画質自体は私自身あまりこだわる方ではないので満足していますが、MacのRetinaディスプレイと比べると多少劣ります。今のところドット抜け等の不具合は見つかりません。
【耐久性】
購入してから6ヶ月経ちましたが、全く問題はございません。先日コードを整理していたところ机から落としてしまったのですが運が良かったのかドット抜けもなく問題なく使えております。
【画面の品質】
画面に低反射の加工が施されており、太陽光や照明の反射がかなり軽減されています。また、写真にあるように画面の仕様を変更することが出来ます。私は夜になると画面を暖色にして使用していますが、おかげで目が疲れる事が少なくなりました。
【注意点】
1. 接続端子はHDMI1.4とVGAです。付属ケーブルはVGAのみです。
2. 画面の角度は調整可能ですが高さは調整できません。
3. モニターアームのVESAマウントには非対応です。
4. 商品画像を見るとスタンドがメタリックブラックのように見えますが、実際は普通のブラックです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
モニターが欲しいと思っていたらこちらの商品を見つけました。
自分は21.5インチを買ったのですが、この大きさで1万円ちょっと。
正直びっくりしました。
メーカーもあの有名なDELL、そして3年間保証付き。
その他、解像度‎:1920x1080 フルHD/パネル:IPS ノングレア。
購入して3か月が経ちますがものすごく満足しています。
HDMIでつなげると第二のスクリーンとしても機能します。
自分はFXをやるのでモニターが必要でしたが、それ以外の時はノートパソコンと繋げてYOUTUBEなどを見ています。
ノートパソコンなのでスクリーンは小さいですが、モニターにつなげることによって大きくて観やすいです。
これからも大切に使っていきたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer モニター ディスプレイ AlphaLine 23.8インチ SA240YAbmi

  • 画面サイズ:23.8型ワイド/解像度:1920x1080 フルHD 16:9 /パネルタイプ:IPS、非光沢
  • 入力端子:ミニD-Sub 15ピン、HDMI 1.4、3.5mmステレオミニジャック、2W+2W ステレオスピーカー/ヘッドホン端子:非搭載
  • 輝度:250cd/㎡(白色LED)
  • 本体寸法(W)×(H)×(D)mm:540 x 405 x 212
  • 付属品:アナログケーブル(ミニD-sub15ピン、1.5m)、オーディオケーブル(1.5m)、ACケーブル(1.5m)、ACアダプター、クイックスタートガイド、台座、保証書
  • 保証期間:3年(パネル・バックライトユニットは1年)
  • HDMIケーブルは同梱はされておりません。予めご了承ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Acer モニター ディスプレイ AlphaLine 24インチ KA240Hbmidx

  • 多様な利用シーンに対応するスピーカー搭載モデル
  • スピーカー、イヤホン、フリッカーフリー、ブルーライト軽減、VSEAマウント対応。
  • 画面サイズ:24型ワイド/解像度‎:1920×1080 フルHD/TN 非光沢/バックライト:LED
  • 入力端子:ミニD-Sub 15ピン、DVI-D 24ピン、HDMI
  • スピーカー:搭載(2W+2W)
  • 製品サイズ(WxHxD mm)‎:567x421.2x207
  • 重量(kg):3.57
  • 応答速度:5ms/輝度:250cd/㎡(白色LED) /アスペクト比:16:9/拡張コントラスト比:100000000:1
  • 高さ調整/チルト/スイベルト/ピボット:機能なし/対応/機能なし/機能なし
  • 付属品: アナログケーブル(ミニD-sub15ピン、1.4m)、DVI-Dケーブル(1.4m)、電源ケーブル(1.4m)、オーディオケーブル(1.4m)、クイックスタートガイド、台座、保証書。
    HDMIケーブルは同梱はされておりません。予めご了承ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
▽配送
Amazon.co.jpが直接販売する製品でしたが、注文後翌々日に到着しました(木曜日注文→土曜日到着)。大型商品のため、プライムであっても当日や翌日に配送されない場合があります。デリバリープロバイダが担当する地域はわかりませんが、ヤマト運輸が担当する地域はヤマト便で配送されますので、最短で翌々日の到着です。明日商品が必要と考える方はご注意ください。

▽大きさ
本製品を購入するまで、40インチクラスの製品と迷っていましたが、30インチクラスの製品で正解と感じました。
最終的には机のサイズというより、1画面が視野に収まるか収まらないかで決めました。

▽重量
これまでに購入した液晶ディスプレイの中ではスタンドの重量を含めても軽いです。例えば、本製品よりも画面サイズの小さいDELLの27インチ液晶ディスプレイ(DELL U2713HM)の方が、スタンドを外した状態でも重いです。U2713HMは2011年に販売されていた製品で古いため比較対象として適切ではないかもしれませんが、久しぶりに大型液晶ディスプレイの購入を検討されている方の参考になれば。

▽画質
先に挙げたDELL U2713HMとの比較となります。
U2713HMはIPSパネルを採用したWQHDの液晶ディスプレイですが、こちらの製品と比較した場合、本製品はお世辞にも画質が良いとは言えず、見劣りを感じます。
例えば、見る位置によって画質が変化し、視野角の狭さを感じます。見る位置によって白けて見えたり、色が変化したりします。VAパネルであることが理由の1つではあると思いますが、画面の大きさ(大画面である点)も理由の1つであろうと思います。
また、工場出荷時の状態では目に刺さるほど輝度が高く、全体的に白っぽい、黒が締まらない画質でした。これらの問題を含め、画質については設定によりある程度改善が可能です。(ただし、先に述べた液晶パネルの性質に起因する問題は、設定では解決されません)
ちなみに、いずれもU2713HMでは感じることのなかった問題です。

▽解像度
主に開発用(IntelliJ IDEAなどのIDEでソースコードを編集する用途)で利用しています。私自身は画質の精細さというよりも1画面に表示可能な行列数の多さを求めるため、Windows 10で4K(3840×2160)を文字サイズ100%で利用しています。作業領域が拡がった点はとても良いと感じています。

▽総評
以下は個人の感想で、人それぞれで感じ方は異なるかもしれませんが・・・。
・文字サイズ100%で利用しない使い方であれば、どのような使い方でも問題なく利用可能です。
・文字サイズ100%で利用する場合、かつ開発や文書作成などの文字を扱う用途メインで利用する場合は、本製品は不向きです。4Kの場合はIPSパネルを採用した製品、あるいは1段階解像度を下げてWQHD解像度の製品をおすすめします。
・画質を重視する使い方の場合は、本製品は不向きです。IPSパネルの製品をおすすめします。
・一般的な使い方(Webの閲覧、ゲーム、動画など)であれば、どのような使い方であっても本製品でも問題無いでしょう。
要は、文字サイズ100%で使うか・使わないかと、画質を重視するか・重視しないかという2点で判断が分かれます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
YouTubeで「安いHDR対応モニターでは色が薄くなる。」と言う動画を見ました。このモニターもその通例に漏れずHDRにすると白い霞みがかった感じになり色合いが薄くなります。
後、他の人も書かれてますが、HDRに自動で切り替えてくれる機能はありません。
なので先にHDR出力の機器の電源を先に入れ、起動後にこのモニターの電源を入れなければHDRになりません。
リモコンも無く自動HDR検出機能も無く何故こんなに評価が高いのか疑問です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

PHILIPS モニター ディスプレイ 241E9/11 (23.8インチ/IP...

  • 画面サイズ: 23.8 インチ
  • [特徴] 高画質・省電力に加え、目の疲れを軽減するフリッカーフリー・ローブルーモード機能を搭載
  • [解像度] 1920×1080 (IPSパネル、ノングレアパネル、フルHD、輝度250cd/㎡、応答速度5ms)
  • [入力端子] D-Sub15ピン×1、HDMI1.4×2
  • [保証] パネル、バックライト、本体(部品や電源)への5年間保証
  • [付属ケーブル] D-sub cable 1.8M、HDMI cable 1.8M、AC Adapter、Power cable 1.5M
  • [本体寸法] 幅537×高さ414×奥行176mm (背面VESA75mmx75mm)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
半年ほど前に購入した同じPHILIPS製のよく似たおそらくこれより古いver.のディスプレイと共にデュアルディスプレイ化を目的に購入しました。

画面の大きさは同じですが色合いが設定で調節しても少し違ってしまうのでこの商品だからということではないですが異なる商品によるデュアルディスプレイを検討している方は注意してください。私はそれも承知でHDMIが二つ使えることに魅力を感じて購入しました。

この商品自体のレビューとしては、ベゼルが昔のものでも薄いなと感じていましたがそれ以上に薄く、スタイリッシュでかっこいいなと感じました。
安価でドット抜けもなく満足しているのでこれからもディスプレイはPHILIPS製のものばかり買いそうな気がします。
他の方もご指摘している通り、75/100mm両方に対応のモニターアームだと大抵下のケーブルに干渉すると思うのでそこだけはご注意ください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
以前よりLEDが不調だったASUS VS247からの買い替えです!
他の27インチフィリップスモニターも検討してましたが、以下の理由によりこちらに。

良かった点
・保証が5年間
・ベゼルが薄い&IPS綺麗(ロゴも小さめでGOOD)
・HDMI×2
・約7000円OFF。
・裏にHDMI AUDIO OUT有り

気になった点
・ベゼルがピアノブラックなので指紋や汚れが付きやすい。
・電源、色調や音量操作が初見では少し分かりにくい。

この辺が我慢できればコスパ的にも買いなモニターだと思います。
※画像はAcer 24インチとの比較です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BenQ モニター ディスプレイ GW2480 23.8インチ/フルHD/IPS...

  • 画面サイズ:23.8インチ,パネルタイプ:IPS ノングレア
  • 解像度:1920x1080 フルHD,アスペクト比‎:16:9‎
  • 輝度:250cd/m2,コントラスト比:1000:1‎
  • 入出力端子:ミニD-sub15ピンx1,HDMIx1,DPx1,ヘッドフォンジャック,Audio Line-in
  • ブライトネスインテリジェンス(輝度自動調整機能)を搭載し、さまざまな周辺光環境でも鮮明なディテールを再現
  • どの角度から見ても正確な色と画像の再現を可能にする、IPS技術 搭載
  • ケーブル収納(スタンド背面)付き
  • フリッカーフリー、ブルーライト軽減モード搭載
  • 本体サイズ(H×W×D)mm:420 x 540 x 175
  • 本体重量:約3.84kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
パソコンでの作業効率化のためにモニターを購入しました。
色々なモニターを検討しましたが、最終的にこちらのモニターを購入しました。
初めてモニターを購入したものなので、参考になるかわからないですが、「おぉ〜!すごい!」と感じた点をまとめてみました。
まとめると主に3つあります。

①画面がすごく鮮やか
自分はIPS搭載の方を購入しましたが、本当にすごいと感じました。
斜め右、左、上から見ても本当に綺麗に見れました。
こういうのは、プレゼンテーションに向いているのかもしれません笑

②目が疲れくい
自分は長時間使っていても「目が疲れる!」みたいなことはありませんでした。
詳細にも記載されていますがBenQ独自のブルーライトカットを搭載しているようですね。
あまりこういうのは詳しくないですが笑
明るさも自動的に変更してくれます。
デフォルトでは、オフ…になってたのかな?
右下にボタンがありますが、そこから設定できます。
操作も自分にとってはらくらくでした。

③包容力(?)
これは個人的な感想になりますが、ネットサーフィンをしているとまるでその「画面」だけを見ているような感じに浸ってしまいました笑
画質もよくて、本当に感動しました。

以上の3つが感動した点になります。
最初はドット抜けなど少し不安な点はありましたが、自分が購入したモニターはそんなことはなく安心しました。
初めてのモニターに触れたので、「これを…ここにはめるの…?」とまだまだわからないことはありますが、
少しでも参考になると嬉しいです。
長文失礼しましたm(_ _)m (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
モバイル用ノートPC、ASUS-E203MAの外部ディスプレイ用に購入しました。タイムセールを使ってお安く購入できました(1万円ちょい)。
おすすめポイント
1.スリムベゼルであるため全体がコンパクト
2.最近のモニタは台座がちゃちだったりしますがこれはかなりしっかりした造り、ただし私はベサマウントを使用しています。
3.HDMI入力が2系統あるので、スティックPCやChromeCastを同時に接続できます(D-subも1系統あり)。
4.スピーカー内蔵、音質はさほど良くないが実用レベルです。
お好み選択ポイント
1.画面の表面はつや消しで反射を抑えています。

ということで、ノートPC外部ディスプレイ等、コンパクトなHDモニターが欲しい方にはお薦めです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連:モニターアームでスペース効率を上げた作業をしよう

個人的にプログラミング作業環境は、23,24インチモニターのデュアル構成、ないしはトリプル構成がおすすめです。

その場合、デスク上のディスプレイの配置利用面積を広がるため、モニターアームで省スペース化を図るのがおすすめ

さらには、モニター位置(目線)が上がって姿勢改善&肩こり改善や、フレキシブルなディスプレイ配置などもできるのも便利

以下でマルチモニター構成用のモニターアームを紹介していますの合わせて検討してみてください。


関連:大きいサイズ・小さいサイズのモニター製品

以下ではもう少し大きい27インチサイズのモニター、もう少し小さいサイズの21インチサイズのモニターも紹介しています。

メインモニターは大きく、サブモニターは小さくなど、用途に合わせて選んでみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました