【2021年】17インチ 最新ノートPC「価格別の人気・おすすめ製品一覧」

こちらではノートパソコンのなかでも、大きめの17型サイズのものを一覧で紹介。

デスクトップのように大きな配置スペースは不要ながら、ある程度大きな画面で普段使いにも有用です。

最新・人気の機種を価格帯別に一覧で見ていきます。

Contents

   

17インチ ノートPC 最新の人気製品 BEST20

以下が最新の17インチノートPCの人気ランキングです。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 67件
2
(4.6)
総評価数 173件
3
(4.3)
総評価数 28件
4
(4.4)
総評価数 14件
5
(4.6)
総評価数 220件
6
(4.6)
総評価数 81件
7
(4.6)
総評価数 81件
8
ASUSTek ROG Strix SCAR 17 G733QS(AMD Ryzen 7 5800H/16GB・512GB/RTX 3080...
発売日 2021/02/05
通常 269,800円
現在 269,800円
(4.3)
総評価数 105件
9
(4.5)
総評価数 242件
10
(4.6)
総評価数 94件
11
(4.6)
総評価数 319件
12
Acerゲーミングノートパソコン Nitro5 AN517-52-A76Y6T Corei7-10750H 16GB SSD512GB Ge...
発売日 2020/07/22
通常 194,800円
現在 147,800円
47,000円(24%)OFF!!
(4.3)
総評価数 75件
13
(4.6)
総評価数 298件
14
(4.3)
総評価数 114件
15
(4.3)
総評価数 13件
16
(4.3)
総評価数 111件
17
(4.3)
総評価数 110件
18
(4.5)
総評価数 244件
19
(3.9)
総評価数 35件
20
(5)
総評価数 1件

 

10万円で買える 17インチ 最新ノートPC一覧

以下が10万円程で購入できる17インチの最新ノートPCの人気製品です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(0)
総評価数 0件

mouseノートパソコン 17.3型フルHD(Corei3 1005G1/8GB...

  • 【OS】Windows 10 Home 64bit 【Office】なし 【液晶】17.3型フルHDノングレア液晶(1920x1080) 【バッテリー動作】約6時間
  • 【CPU】インテル Core i3-1005G1 プロセッサー (2コア/4スレッド/1.20GHz[TB時最大3.40GHz]/4MBスマートキャッシュ)
  • 【メモリ】8GB DDR4-2666 (8GB×1、SO-DIMM) スロット数:2 (空き 1)/ 最大64GB 【ストレージ】SSD:512GB NVM Express SSD /HDD 1TB
  • インテル Wi-Fi 6 AX201 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 ※連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要)+ Bluetooth 5 内蔵/DVDスーパーマルチドライブ/カードリーダー
  • USB3.1 (Type-C/左側面×1※USB Power Delivery対応)/USB3.0 (Type-A/左側面×1)/USB2.0 (Type-A/右側面×2) /ディスプレイ出力:HDMI(左側面×1)/D-sub(左側面×1)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

   

15万円で買える 17インチ 最新ノートPC一覧

以下が15万円程で購入できる17インチの最新ノートPCの人気製品です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 67件
2
(4.6)
総評価数 94件
3
Acerゲーミングノートパソコン Nitro5 AN517-52-A76Y6T Corei7-10750H 16GB SSD512GB Ge...
発売日 2020/07/22
通常 194,800円
現在 147,800円
47,000円(24%)OFF!!
(4.3)
総評価数 75件
4
(4.3)
総評価数 114件
5
(0)
総評価数 0件

ASUS ゲーミングノートパソコン ROG Strix G17 G712LU (i7-10750H

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】ブラック【サイズ (突起部除く)】幅399.73mm×奥行き293.44mm×高さ22~26.5mm/重量:約2.85kg【バッテリー駆動】約7.6時間【消費電力】最大約230W
  • 【CPU】インテル Core i7-10750H【メモリ】16GB 【ストレージ】512GB (PCI Express 3.0 x2接続)【GPU】NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti(ビデオメモリ:6GB)【ディスプレイ】17.3型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080ドット (フルHD)(144Hz)
  • 【外部ディスプレイ出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.1×1(Type-C/Gen1 データ転送・映像出力をサポート) 、USB3.0×3【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1, ハイデフィニション・オーディオ準拠, ステレオスピーカー (1.5W×2)
  • 【通信機能】LAN :1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45) 無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax (wifi6) Bluetooth 5.0【その他】104キー英語キーボード (4ゾーン RGB イルミネートキーボード) / アレイマイク
  • 【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証,バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター,製品マニュアル,製品保証書 ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
It's my first time buying laptop in Japan after moved in to it!
I was nervous to buy it online like this, but the results is supreme!
The box came with a huge amount of weights, the laptop itself weight around 3kg I think? plus the box and adapter with manual inside.
The keyboard is in US layout keyboard with highlights WASD keys and some RGB colours around.

The first time boots it up like a breeze!
Go through all the process to setting the windows up, setting in English of course!
After that, updates all the things that need to be updates by window update and drivers.
Playing with some apps like "aura creator", "armoury crate", etc.
Oh and it's come with 1 month of McAfee anti-virus and Xbox pass too.
Then, loading some games, play a bit, happy with it.
144hz with fullHD 60fps + ray tracing is cool and the laptop itself is super fast and cool.
Can also choose the mode with high performance or quality, eco, slience mode, etc.

Overall with this kind of spec. the prices is not so bad compare to the other type of gaming laptop, it's so much higher in some brands with this kind of spec. (gen10 i-7 CPU, RTX 2070, 32GB of ram, 1TB SSD).

After that got bombarded with RTX3000 series, but there's no RTX3000 series laptop anytimes soon anyway. So this one can still play the games in the recent years up to high - ultra setting with 60fps + ray tracing, so I'm happy with it! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゲーミングノートは煩いのではと思う人が多いかと思います、私も購入するまではそう思っていて覚悟して買いました。
ところがネットブラウジングや動画を見るなど普通の作業をしている分にはとても静かで驚きます。
普通のノートの方は少し負荷がかかるとファン音が上がってきますが、これはスペックが高いのでゲーム以外では静かなままでした。
(エンコードは私はやらないのでわかりません)
しかも更に静かに出来るソフトがプリインストールされています、それはArmoury Crateというソフトで画像のペン先のキーで起動できます。
ここも画像にあるサイレントに設定すると更に静音になり、室温28度くらいでも低負荷時はPCから音がしてるかなと思うくらい、少しPCから離れると無音に近い。
購入時はパフォーマンスになっていますので変更するのが良いと思います、私はゲームする時以外はサイレントで使っています。
ゲームするとそれなりに音はしますがキーンと高い音はしないので気にはならない、サーーーって音がしてます。
いくつかシューティングゲームをやりましたが画質重視なので60fpsくらいがてっぺんでした、画質落とせば140とかいったんでしょうけど。
重めのゲームでもカクつくことなく動いてくれるので良かった長く付き合っていきたい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS ゲーミングノートパソコンTUF Gaming A17 FA706IU (Ryzen

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】フォートレス・グレイ【サイズ】幅399.2mm×奥行き268.9mm×高さ25.2mm【質量】約2.6kg
  • 【CPU】AMD Ryzen 7 4800H (8コア/16スレッド)【メモリ】16GB【ストレージ】SSD:512GB(PCI Express 3.0 x2接続)【GPU】GeForce GTX 1660 Ti【バッテリー駆動時間】約6.3時間 【消費電力】最大約180W
  • 【ディスプレイ】17.3 型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080ドット (フルHD) (120Hz)【外部出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.1 ×1 (Type-C/Gen2※データ転送・映像出力をサポート) 、USB3.0×2、USB2.0×1【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】LAN :1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T, 無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0【その他】ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー (2W×2) / アレイマイク / 92万画素Webカメラ内蔵 / 103キー日本語キーボード(RGB イルミネート)
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品 詳細は画像のQRコードよりご覧下さい

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Ryzen7 4800H/GTX 1660Tiモデルを選択しました。
今世代のRyzenは非常に評判が良いですが、それに違わずとても快適に動作します。
価格と性能差を考えるとこのモデルが一番コストパフォーマンスという点では優れているかと思います。
事実、他メーカーや機種と比べ同等スペック比で2,3万円は安い価格設定です。

■外観
 ゲーミングPCとしては比較的落ち着いています。好みが分かれるかもしれませんが、
 基本的にあまり持ち運ぶようなものではないため気になることはないでしょう。

■キーボード
 配列は個人的には若干不便さが残ります。
 テンキーの下にinsertがあったり、左ALTの位置が一般的なキーボードよりやや左寄りであったりと
 慣れが必要な部分が出てくるかと思います。
 バックライトについては色、明るさやパターンの設定が出来ます。

■性能
 CPU性能が非常に高いため、通常の利用ではまず困ることはないかと思います。
 今世代はシングルコア性能もIntel製CPUと遜色なく、
 シングルコア性能に左右されやすい比較的古いゲームでも見劣りすることはなさそうです。
 SSDやネットワーク速度については最新の規格ではない部分もあるものの、実運用に問題はありません。

■拡張性
 他の方のレビューにもありますが、メモリスロット及びSSDのスロットが空いているおり
 詳しい方であればいじってパワーアップも出来るため比較的安価に遊びたい方にはお勧めできます。
 ASUSの名機K53taのような遊び方、でしょうか。

■ファン
 負荷のかかるゲーム中はそれなりに発熱するため、ファンも高稼働します。
 ゲーミングPCとしては普通ですが、一般的なビジネスユースのノートPCに比べると大きな音ですので
 在宅勤務用などで購入を検討している場合は環境面で念のため注意が必要です。

■液晶
 解像度はFHDまでですが、リフレッシュレートが144Hzのためゲーム中などは非常に綺麗に動作します。
 この価格帯としてはとても良いポイントです。
 最近のゲームですと、FF14などのMMO、PUBGやフォートナイト、APEXなどのゲームでは
 設定をあまり気にせずともかなり快適に動作するため60Hzのディスプレイに比べ恩恵は大きいかと思います。

総じて、税込み13万円でこれだけのスペックのPCはかなり良いものかと思います。

※1点追記です。
 商品選択時、4800H / 1660Tiモデルを選択すると商品カラーが「ボンファイヤブラック」と記載がありますが
 実際に届くのは「フォートレスグレイ」です。
 このモデルはフォートレスグレイになるため商品説明の誤記かと思われます。
 どうしてもブラックが良い方はご注意ください。
 色のほか、天板の素材が金属製かカーボン製かの差異もありますので公式サイトなどで確認することをお勧めいたします。

※キーボードのバックライトのイメージを追加しました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自宅の化石PCからの買い替えです。会社ではCore i7 7700HQ・NVMe SSD・16GBメモリー・GeForceGTX1060のノートPCを使用していますが、それと比べても明確に軽快に動作します。
Ryzen4800Hは8コア16スレッドという一昔前のこの価格帯のノートPCでは考えられなかったスペックで、WindowsのパフォーマンスモニターでCPU0~CPU15が並ぶ姿はなかなか壮観です。
動画のH264エンコードの高速化のためにGTX1660Ti搭載モデルを選びましたが、1440×1080 30fpsくらいの動画だと470fpsを超える速度でエンコードしてくれました。その間、ファンの速度は上がりますが「煩い!」と感じるほどではありませんでした。Armoury CrateというアプリでCPUやGPU、FANなどの調整やモニタリングもできます。

(2020/06/11 内容に誤りがあったため修正。修正部分は【修正前】【修正後】という形で併記しています)
この機種ならではの特徴として、2台目のNVMe SSDを搭載できるスロットがあります。
【修正前】
また接続ケーブルが付属していないのでハードルはありますが2.5インチベイもあるため、データ保存用のSATA HDDを追加することも不可能ではありません。
【修正後】
また、2.5インチドライブベイもあります。梱包されていた箱を開けた状態の写真をアップしていますが、写真の位置の内部にSATA接続ケーブルとネジが付属しており、これ用いてデータ保存用のSATA HDDを追加することができます。但し、取り付ける2.5インチドライブは厚さ7mmのものに限られるようです。

拡張性に関してはASUSの製品紹介ページにも記載があります。但し、増設を行った場合保証対象外となる可能性も併せて書いてあります。

価格性能比としてはとんでもなく高いことは間違いありません。ただ、価格を抑えるためか他の製品に比べて仕様上劣る部分がないわけではありません。
・メモリーがより高速なDDR4Xではなく一般的なDDR4
・SSDが実測値でSequential Read:1988 MB/s Sequential Write: 980 MB/sとNVMeとしては高速ではない
・WiFi6(11ax)に非対応(11acまで)
・指紋リーダーなし etc.
個人的にはどれも許容範囲内で、これも保証対象外になりますが海外ではWiFiカードをintel AX200に差し替えてWiFi6対応にしている人もいるようですので、いざとなれば部品の交換でどうにでもなりそうです。

intelのCPUがここ数年プロセスルールを進められずにマイナーチェンジや消費電力を無視したモデルの投入しかされていない中、今年ノートPCを買うならRyzen4000シリーズ搭載モデルがベストだと思います。同じRyzenでも去年のノートPC用3000シリーズとは大きな差がありますので、このPCをはじめ、これから続々発表されるであろう4000シリーズ搭載のものをお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acerゲーミングノートパソコン Nitro5 AN517-52-A76Y6T ...

  • [OS] Windows 10 Home 64 ビット [CPU] インテル Core i7-10750H プロセッサー [メモリ]16GB SO-DIMM 8GB x2 [ストレージ]SSD 512GB
  • [グラフィック]NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti [ディスプレイ]17.3インチ/フルHD(1920×1080)/16:9/LEDバックライト/非光沢パネル/表示色:1670万色
  • [キーボード]Acer FineTip バックライト付き キーボード (107キー/日本語)、マルチジェスチャー・タッチパッド [インターフェース]USB 3.0 ポート x2 、USB 3.1 ポート x1 (Type-A, Gen 2, 最大10Gbps, 電源オフUSB充電機能付き)、USB 3.1 ポート x1 (Type-C, Gen 2, 最大10Gbps)
  • [光学ドライブ]非搭載 [重量]約2,710g [寸法]高さ約24.9mm×幅約403.5mm×奥行280.00
  • [付属品]180W ACアダプター,ACコード (約1m),HDDアップグレードキット (一式、※ユーザーによるHDD増設は保証対象外となる場合があります。),セットアップガイド,保証書,修理依頼書,国際旅行者保証書,ノートブック説明(Addendum for notebooks/tablets),Acerパソコン出張サポート案内

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
7,8年ぶりにゲーミングノートPCを購入。普段は自作PCを使用しているが、今回自作PCのCPUクーラーが故障してしまったので修理中の繋ぎとして購入。
初回起動前にメモリは8GB1枚から8GB2枚へ増設し、HDDは外してSSDに換装。OSをクリーンインストールしてWindowsUpdateでドライバは自動的に適切なものがインストールされ正常動作を確認。

ネットサーフィンやOfficeはもちろん、YouTube視聴も当たり前のようにサクサク。
L4D2やMinecraft程度のゲームであればサクサク動作する。重いゲームはやらないのでわからないが、GTX1050なのでPUBGは快適動作とは言えないだろう。
ノングレアなディスプレイなので画面が黒くなった時に自分の顔が見えないという点も大事なところ。ゲームの合間に自分の顔なんか見てられない。グレアディスプレイしか出してないメーカーは勘弁してくれ。
静音性も十分で、ゲームを起動してる時くらいしか高回転にならず、普段はほとんど音が鳴らないところもかなりGood.

欠点はバッテリーが保たないことと重さ。
ゲームをしていると1時間と少しでバッテリー残量警告が出る。重さもかなりのもので、持ち運びを前提にノートPCを選ぶ方は買わないほうが身のためだと思う。流石にゲーミングノートPCを外出先に持ち運んで使う猛者はそうそういないだろうが…… (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
8年ぶりぐらいにノートPC(i5 480M メモリ2G、SSD128G)から買い替え。
ゲーマーではないですがブラウザでのゲームすら怪しくなってきたので予算5~7万ぐらいで予定していました。
セールで6万台と安くなっていたので購入。
元PCがSSDに入れ替えていたので普段の早さは、それほど変わっていませんがCPU使用率10%ぐらいで1GHzぐらいまで落ちています。必要に応じて可変する幅が広いなぁと感じました。
Optaneの体感はよく分かりません。重いゲームやれば変わるんでしょうか・・・
あと、GPUは、GTX1050は普段動作していません。低負荷時はインテル UHD グラフィックス 630で動作しています。
なので、ブラウザなど低負荷の時は消費電力が15~20Wと以前のPCより省エネでした。
あと、音の良さには驚きました。
悪いところは、キーボードの配置が慣れないです。。右シフトの小ささと位置、テンキーの0の位置、キータッチ感。あと電源ボタンの位置がキーボードの右上にあるw
重さも思っていた以上に重かったですが持ち運ぶつもりもないので問題なし。USBポートがかなり固い。。。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【AMD Ryzen7搭載】MSIゲーミングノートPC Bravo17 Ryzen7

  • CPU:AMD Ryzen 7 4800H
  • GPU:AMD Radeon RX 5500M 4GB GDDR6
  • OS:Windows 10 Home 64bit
  • メモリ:16GB(8GB ×2)DDR4
  • SSD:256GB(M.2 NVMe)、HDD:1TB

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
2020年9月13日追加
保証対象外の自己責任になりますが、写真の通り分解してみました。
メモリは8G が一枚差しで、スロットが一つ空いていたので、同じ速度のものをトランセンドの8Gメモリを追加しました。
また、M.2のSSDは追加できませんでしたが、SATA接続が空いているのを確認できたので、Seagateの2TBをゲームのデータ用として、追加しました。
今は外付けのHDDを付けなくても大丈夫になりました。

以下は、以前のレビューです。

タイトル通り2台購入しました。ゲーミングノートはこれを含めて6台目になりますが、いままで購入したなかで、一番コスト的に良いPC」だと思います。
この価格帯で、このスペックがすごいし、他社で同スペック帯を探すと10万円前後します。中古PC買うよりいいですね。
封印シールがあるので自分でメモリ増設やSSD換装はできませんが、いまのところ満足してます。(後日、自己責任でやりますけど)
Steam等のゲームをするなら外部HDDに保管すれば問題ないですし、カジュアル的に遊ぶならこのグラボでも遊べるゲームが多いと思います。
性能的には1650クラスかちょっと上程度とおもわれますが、他に比較されてるサイトがあるのでそちらを見たほうが早いです。
自分の使い方としては、家でも会社でも使えて、持ち運びに負担にならず、子供と一緒に対戦ゲームをしても問題なく使用できる、ということで5評価としました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自宅のデスクトップPCでは、GTX1650を使用しておりますが、このノートPCのRadeon 5300Mは、同じ設定で少し落ちる程度のフレーム数です。
現在販売されているゲームで、超重量級は画質を落とす必要がありますが、大変コストパフォーマンスが高い機種です。
正面向かって左奥にCPU、右奥にGPUがあり、WEB閲覧やオフィス使用時は左側が暖かくなる程度です。
GPUを使用したゲーム中は、CPU、GPUともに熱くなり、ファンが耳障りに回転するときがあります。
軽めゲームは、CPU内蔵のVega 8 Graphicsを使用すると、右側のGPUは熱くならないので、中負荷程度のゲームは工夫して切り分けても良いかもしれません。
本体は、内部のバランスの問題か、手に持った際に思ったよりも持ちづらく感じます。
また、180WのACアダプターは一回り大きく、熱くなります。
バッテリー駆動でのゲーム使用時は、設定だと思いますが、GPUが半分程度のスピードに落ちますし、
電池も1~2時間なので、基本AC駆動の使用になると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マウスコンピューター mouseノートパソコン 17.3型フルHD(Corei3

  • 【OS】Windows 10 Pro 64bit 【Office】Office Home & Business 2019 【液晶】17.3型フルHDノングレア液晶(1920x1080) 【バッテリー動作】約6時間
  • 【CPU】インテル Core i3-1005G1 プロセッサー (2コア/4スレッド/1.20GHz[TB時最大3.40GHz]/4MBスマートキャッシュ)
  • 【メモリ】16GB DDR4-2666 (8GB×2、SO-DIMM) スロット数:2 (空き 0)/ 最大64GB 【ストレージ】SSD:512GB NVM Express SSD /HDD 1TB
  • インテル Wi-Fi 6 AX201 (IEEE 802.11ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 ※連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要)+ Bluetooth 5 内蔵/DVDスーパーマルチドライブ/カードリーダー
  • USB3.1 (Type-C/左側面×1※USB Power Delivery対応)/USB3.0 (Type-A/左側面×1)/USB2.0 (Type-A/右側面×2) /ディスプレイ出力:HDMI(左側面×1)/D-sub(左側面×1)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

20万円で買える 17インチ 最新ノートPC一覧

以下が20万円程で購入できる17インチの最新ノートPCの人気製品です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 14件
2
(4.6)
総評価数 81件
3
(4.5)
総評価数 242件
4
(4.6)
総評価数 319件
5
(4.6)
総評価数 298件

Dell ゲーミングノートパソコン Dell G7 17 7700 ブラック W...

  • OS:Windows 10 Home 64bitOffice:なしセキュリティ:マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • 画面サイズ:17.3インチFHD(1920x1080)パネル:非光沢/144Hz/300nits
  • CPU:第10世代Intel Core i7-10750H(コア:6/キャッシュ:12MB/最大:5.0GHz)メモリー:16GB(8Gx2)保存装置:1TB M.2 PCIe NVMe SSDGPU:NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB GDDR6
  • 接続端子:USB:USB3.2Gen1(Type-A/PowerShare 機能付き)x1,USB3.2Gen1(Type-A)x2,Thunderbolt 3x1 オーディオ:ヘッドセットx1 映像:HDMI2.0x1,mDP1.4bx1通信:有線:RJ-45x1 無線:Killer Wi-Fi 6 AX1650 and BT 5.1その他:SDカードスロット(SD/SDHC/SDXC)
  • サポート:1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ThinkPad が大好きで『T510』⇒『X1 Carbon Gen 3』⇒『E480』⇒『X1 Carbon Gen 6』⇒『T14 Gen 1』と色々使ってきたけど、XPS 15 はこれを超える良さだった。

▼以下 XPS 15 のいいところ
・薄くてカッコいい!
・縦の解像度が1200ピクセルあるので作業性がとっても良い
・15 インチだけど縁が狭いため、ThinkPad の 14 インチモデルと大して変わらない
・スピーカーの音が非常に良い。ノートパソコンでここまでいい音が出ることに驚いた
・CPUがモバイル向けのUシリーズではなくハイエンドのHシリーズが載ってる
・グラボが載ってる。普通に3Dゲームできた
・毎日カバンに入れて持ち運んでるけど大して苦にならない

▼残念な点
・高性能ゆえに電力の消費が激しいので、バッテリーは省エネモードで頑張っても9時間程度しか持たない(十分です)
・キーボードの配置が本当に悪い。本当に残念
・上下キーが小さすぎて左右キーが大きすぎ。ThinkPad みたいにずらしてでも均等にしてくれー
・職業柄 home キーと end キーと PageUp/Down キーをよく使うのに Fn キーが必要。ThinkPad みたいに独立させてくれー (F2, F5, F12 などもよく使うので Fn Lock したくない)
・確か昔の DELL には ThinkPad の赤ポチみたいな トラックポイント があったと思ったけど、XPS にもぜひ入れてほしい。膝上で使う時はこれがあると超便利

入力関係で残念な点もありますが、とってもいい買い物でした!★5つです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
6年ぶりのDELLノートです。使用目的は、DAW編集、楽譜作成、事務処理ですが、仕事の合間にFF14出来ればと、この商品を選択しました。製品届き、5日目で未だ使用環境の構築中のレビューです。先ず、キーボードの打ち込み感は、非常に満足です。打ち込んだ感覚が、さすがゲーミング用でストレス無いです。SSDは、1TBを選択しましたので、此方も気に無くソフトインストール出来ます。(難を言えば、サブドライブがはじめから欲しかった。)グラフィックはRTX2060、未だ使用環境構築中なので、今後のゲームで期待したい処ですが、液晶は非常に見やすく満足。全体的な不満は、とにかく仕様上の扱いが全てネット上から取説見つけること。入っているソフトを、手当たり次第触って覚える的な感じで、年配の我々には正直迷走しながら触ってます。(^^;)
後、原因は不明ですが、時折、「電源ボタン押し、立ち上がらず再度電源ボタンを押す。」なんてことが有ります。此方は、しばらく様子見です。 最後に、おそらく電源ボタンに指紋認証が有る様なシール貼られていますが、未だ不明です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ノートパソコン gram 1350g/バッテリー最大27時間/Core i7/17インチ

  • 大画面17インチ(2560×1600)で、1350gの軽さ。最大27時間(※)の長時間駆動を実現した超軽量スリムデザイン ノートPC ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • OS: Windows10 Home 64bit / Office: なし / ディスプレイ: IPSパネル WQXGA(2560×1600) 約1677万色(DCI-P3 99%) アスペクト比: 16:10
  • CPU: インテル Core i7-1165G7 プロセッサー / 動作周波数:2.8GHz(最大4.7GHz) / 指紋認証機能搭載
  • メモリ: 16GB デュアルチャネル LPDDR4x 4266MHz / 記憶装置: 512GB SSD / キーボード:日本語キーボード(104キー/10キー付き/バックライト機能搭載)
  • 出入力端子:USB Type-C(Thunderbolt4)×2, HDMI×1, USB3.2×2(Gen2x1), ヘッドホン出力×1, MicroSDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)
  • 17インチ/Core i7/SSD 512GB/本体色シルバーの2021年モデルは、Amazon.co.jpでのみの取り扱いとなります
  • コネクタタイプ:: bluetooth

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この度フルモデルチェンジされたとのことで、2018年版のLg gram 15.6インチ(Core i5)から16インチ(Core i7)へ買い替えた際の感想です。
・重さ:体感的には変化なく、サイズに対して依然と軽い印象です。
・発熱とファンの音:ネットブラウジングをしながらの文章作成では、とても静かで熱もほとんど発しません。
 大きな負荷をかけるとファンの音と熱が発生しますが、前モデルと同程度で妥当と思います。
・画面:15.6→16インチの僅かな変化ですが、体感的には広くなったと感じました。
    アンチグレアが好きなので、17インチサイズのフィルムを16インチサイズに切って貼り付けています。
・画質:高精細で文字が滑らかできれいです。こちらに慣れると、前モデルの文字のギザギザが気になってしまいます。
    前モデルより色合いが鮮やかに感じられたので、コントロールパネルから微調整しました。
・処理速度:体感的に速くなったと感じられ快適です。
・キーピッチが若干広くなりました。キーはスリムながらも打鍵感がよりしっかり感じられるようになりました。
 押すとペコペコとした音がします。
・タッチパッド:前モデルに比べてとても滑りがよくなりました。サイズも大きくなりました(実測13.2×8.3 cm)。
・ACアダプタ:専用のコネクタだったものが、Type-Cの形状になっています。
・Type-Cコネクタ:2基ともタッチ式モバイルモニタへ、電源供給、映像送信、タッチ情報の通信ができました。
・バッテリ:78%→3時間経過→62%(ネットブラウジングをしながら文章や資料作成:バッテリー節約機能OFF)
前モデルは現在も問題なく使用できているので、耐久性も期待しています。
ご参考になりましたら幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
在宅ワーク用に購入。
[画面]16インチディスプレイは、アスペクト比16:10の2560×1600(WQXGA)で、縦方向の表示領域が大きくoffice関連アプリで使い勝手が良いです。細かい作業では外部ディスプレイに接続して使用していますが、Thunderbolt™ 4接続で電源供給も兼ねるため、配線もスッキリ接続ができます。1190gとこのサイズとしては非常に軽量のため移動や持ち運びにも便利です。
[端子]Thunderbolt™ 4、USB Type-Aを各2ポート、HDMI出力、ステレオミニジャック、UFS/microSDカードスロットを本体にすべて実装しているため、ドックは不要です。
[キーボード]打感は良好です。キーストロークも十分確保されており、タイピングに問題ありません。テンキー使用がってにより好みがありますが、Excel作業で重宝しています。enterキーが大きく、numlockの配置がよくミスタイピングに配慮されています。
[質感]Macboookのようにギュッと詰まった感じに高級感を感じる場合は本機では軽い分物足りなさを感じるかもしれませんが、マットブラックの落ち着いた感じと、高い堅牢性を感じる本体からチープな感じはありません。持ち上げた時にその大きさに見合わない軽さに良い意味でギャップは感じます。
[指紋認証]一瞬で認証します。
[総評]surfacelaptop3と比較してgram2021モデルを購入しましたが、今のところ不満点はありません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ノートパソコン gram/バッテリー22時間/Core i5/17インチ/...

  • 17インチで、わずか1340g。最大22時間(※)の駆動時間を実現した超軽量&スリムデザイン ノートPC ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • Thunderbolt3対応端子や、指紋認証機能を搭載
  • OS:Windows10 Home 64bit / Office:なし
  • CPU:インテル Core i5-8265U プロセッサー / 動作周波数:1.6GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジー適用時最大3.9GHz)
  • メモリ:DDR4-2400MHz 8GB(最大16GB)/記憶装置:SSD 256GB / キーボード:日本語キーボード(101キー/10キー付き/バックライト機能搭載)
  • 出入力端子:USB Type-C×1(Thunderbolt3), HDMI×1, USB3.0×3
  • ヘッドホン出力×1, Micro SDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)
  • 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac(最大1.73 Gbps) / Bluetooth5.0
  • 2019年モデル17インチで本体色がホワイトは、Amazon.co.jpでのみの取り扱いとなります

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
gram 17 の17Z990-VA55Jを購入。
(指紋認証付きです。色について、55Jはホワイト、56Jはシルバー)

追加した写真は、ACアダプタの大きさを表現したかったのと、楽天で買った15.6型向けのケース(実物はもっと白いケースです。ネズミ色に撮れてしまいました)との大きさ関係を表現したかったもの。写真汚くすみません。

日本発売プレスリリース直後にAmazonに注文し、発売日翌日に到着。
色があれば白いPCにしたいもしくはライト色派なのでこれに。とてもいい仕上がりです。

古いソニーVAIO SEの15.6型に非常に近い外径寸法なのに17型。ケースも流用可能。
ベゼルが細いのは当然ながら斜め前から見た微妙な設計仕上げがとても丁寧で精密。
これなら白色ベゼルじゃなくとも納得できます(本当に全部白がいい派も納得)。

アームレストはサラサラ系。タッチパッドはサラサラというよりツルツルに近いのがちょっと気になりますが。

キータッチは浅めですが劇浅めではない。クリック感は柔くもなく硬くもないがやや硬いか。反発感は絶妙にある。
好みはHP EliteBook Folio G1だか、それとは違います。
元々はVAIOがキーボードの配列がとても標準的で絶対的ですが、この機種のような薄型大画面がすぐには出ないと思って今回購入。

プロセッサはi5タイプ。価格優先。
日常的なレスポンは超速で、望んでいる感触です。

2019年2月22日にWindows UpdateでLG関連のドライバがアップされて あたったらさらに高速に。
起動ロゴの時間が長かったのが短縮されたような。
(数日前計測で、起動時間11秒ぐらい。アプリ入れていくうちに少し遅くはなってきましたが。OneDriveのグルグル照合が終わるのが26秒。)

薄くて軽くて大画面で高精細。完璧。
キーボードについて、右Altキー省略が悔やまれます(USキー版にはあるのに)。
キータッチ感は、押し込む感じが、EliteBook比で若干プニュッとしますが慣れられる範囲…慣れてません。窮屈さと相まってイラつくかも、イラついてます。

わたしはExcelなど表を多用しますが、数字打ちに関しては、テンキー無くてもいい派です。
両手で数字を打った方が、片手でテンキーを、押すよりも根本的に速いと考えるからです。
(ゆえにローマ字打ちよりも、かな打ちが速い理屈。でもかな打ちは習得しなかった…これからでも、覚えようか。)
これはテンキー有りです。
テンキー周りは変則配置・窮屈ですが、前述のとおりなのでほどほどですが、多用する人はかなりのストレスでしょう。

画面は13型派で始めて、主要なサイズ・解像度を使ってきましたが、これが最高。
16:10というのが何よりもいい。
圧倒的な訴求力があります。

外径サイズは、薄いだけより、軽い方が感激度合いを高く感じる派。
価格は高めですが、いままでの希望が凝縮されているので、レスポンスよく、久々の高い満足度。
これを超えるVAIOが出たら究極かも。

画面がデカい快適さ。薄ければモバイルになる。
むしろ小さいのはもうあるからいらない。

以下羅列
指紋認証も快適です。
音は普通でちょっといいぐらい。
聴きやすいほうです。
画面明るいので0〜20%でいい。
スケールは125%かな。
アプリによっては若干拡大するモヤリ・ボケが出る。
タッチパッドドライバはWindows10仕様。
これはExcelで豪快にスクロールするとアプリが中途半端に応答しなくなり、以降のOneDriveのファイル同期に懸念が残らなくもない。
(Windows に起因すると予想して、Microsoftへはスクリーショットつきで報告済み。回避策として、派手にスクロールしないか、マウスを併用する。)

まとめると、
16:10・17型はとてもよい。
アンチグレアなら完璧なのに。

薄型など筐体はとてもよい。
左USB端子がL型だと向きを逸らさないと衝突。

キーボードの打鍵感触は、ネトネトする感じ。かたい、ストロークあり系。
配列も窮屈で17型にオブマティマイズ希望。
タッチパッドは、経年劣化のツルツルを思わせる仕上がりで気持ちがよくはない。
動作はヌルヌル系なので留意。

結局、よく言われるキーボード周りに個性がありすぎるのを克服できるか。
それ以外の、パフォーマンス全般はとても速くぶっちぎりの満足度です。

追記
日中外出時ACアダプタ持ち忘れて、バッテリ駆動をしました。
丸一日(約9〜18時)持って、残り54%。
いっそ次の日もこのまま試してみようと、継ぎ足しなしでやってみたら、次の日も持ちました。9×2で18時間(使いようですが)。最後は自動スリープしました。スマホ以上じゃないの夢のよう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
gram 17 の17Z990-VA55Jホワイトを購入。
これまでモバイルPCは軽さ薄さを重視して選んでいました。
最近は廉価モデルでもSSDが搭載され、
体感速度でモバイルPCの不便さを感じることはなくなりましたが
画面の広さだけはどうしようもなく、ガッツリ作業をするときは
デュアル32インチ4KディスプレイのデスクトップPCを使用していました。

gram 17は他の17インチノートPCと比べてただ軽いだけではなく
ディスプレイの縦方向が長く、高解像度である点が優れており
クリエーターが何を必要としているかをよく理解した上で設計されていると感じます。
普段、ビジネスリュックに入れて持ち歩いていますが
薄くて軽く、フットプリントが一般的な15インチノートPCとほとんど変わらないため
持ち歩きでストレスを感じることはありません。
バッテリーも特に節約を意識することなく、アダプターを接続した状況と同じように
使っても外出時になくなってしまうことはありませんでした。
デスクトップPC並みの広さのディスプレイを気軽に持ち出せるようになったことは
窮屈な画面での作業にストレスを感じる私にとって大きな意味がありました。

レビューサイトでは、SSDがSATAであることが唯一の欠点として挙げられていますが
ベンチマークのスコアではなく、日常利用という点で見れば
NVMe SSDのデスクトップPCと比較して体感面での速度差を感じることはありませんでした。

総じて、これまで画面の狭さに不便を感じていた私にとっては
gram 17は非常によくできており、10万円以下のPCがたくさん出ている中で
あえて20万円近い金額のPCを買うことに十分な価値を見出せたPCでした。
普段こういったレビューを書くことはありませんが、
こういった意欲的なモデルが一世代限りでディスコンにならず、
定番モデルになることを願って書いてみました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ノートパソコン gram 1350g/バッテリー約19.5時間/第10世代

  • 17インチの大画面で、わずか1350g。最大19.5時間(※)の長時間駆動を実現した超軽量&スリムデザイン ノートPC ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • OS:Windows10 Home 64bit / Office:なし/ 指紋認証搭載
  • CPU:インテル Core i7-1065G7 プロセッサー / 動作周波数:1.3GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジー適用時最大3.9GHz)
  • メモリ:DDR4-3200MHz 16GB / 記憶装置:SSD 256GB(PCIe NVMe/M.2) / キーボード:日本語キーボード(104キー/10キー付き/バックライト機能搭載)
  • 出入力端子:USB Type-C×1(Thunderbolt3), HDMI×1, USB3.0×3, ヘッドホン出力×1, Micro SDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)
  • 指紋認証対応
  • 17インチ/SSD 256GB/メモリ 16GBの仕様は、Amazon.co.jpでのみの取り扱いとなります

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
前に使っていたPCが15インチの2.3KgのPCを使っていましたが、やはりこれだけの重量だと家の中ですら持ち運ぶ機会はなくデスクトップ化していましたが仕事のスタイルが変わってきて来た関係で、一定の割合で外に持ち出す必要性が出てきたタイミングでPCの交換に踏み切りました。

当初は画面サイズを犠牲にしてでも機動性を優先し13インチの1kg未満軽量ノートPCを視野に入れていましたが、画面の解像度が軽量化とバッテリーの持続性を優先すると解像度がFullHDのものしかなく、4K画質のものを選ぶととたんにバッテリーの持ちが悪くなり、どちらを優先するか悩んでいました。

そこに視野すら入れていなかった17インチサイズのgramが突然選択に入り、総合的に見て購入に踏み切った次第です。

まず率直な感想は、LGがウリにしている内容はまさにその通りで、17インチの大画面で、WQHDの解像度、バッテリー持続性、そして13インチ級の重さを実現したPCは現時点で他に無く、持ち運びができながら生産性の高い1台だと思います。

更に購入の決め手になったのが、現行機種の中で抑えるべきトレンドは抑えられており、WiFi6 Thunderbolt3 10世代CPU(Ice Lake) オーバー16MBのメモリを実装していることでした。
安い買い物ではないため、投資に見合った長期利用が見込める端末だと思います。

また、これは好みもあると思いますが、キーボードとタッチパッドについても書いておきます。
キーボードは、打ちやすさ、静穏性も良好でした。キーストロークはモバイルノートの部類では深めに入り、反発性がありますが、打ちやすく違和感ありません。
次にタッチパッドの使い勝手ですが、サイズについては十分確保されているように思え、狭いと感じる印象はありませんでした。表面は滑らかな手触りでポインタの移動やジェスチャーもしやすいです。
タッチパットにマウスのような2つのボタンはなく一体型です。押し込む際のストロークは比較的深めですが、親指での押しこみにさほど力を必要とする感じはしませんでした。しかしデザインなど精密な動きを求める場合は多少ストレスかもしれません。一方でタップする際の感度は良好で実用的す。

これらに加え、高付加にならない限りは発熱も抑えられており、快適な部類に入るPCだと感じました。これだけ欲張りなスペックだったので、多少の使い勝手の悪さは覚悟していましたが、これは購入した後に実感した嬉しい誤算です。

その他、レビューの観点から可もなく不可もなくと思えた点も書いておきます。
・ウェブカメラの画質は標準的。顔認証ができる高感度カメラよりもやや暗い印象
・マイクは2機内臓しておりZoomなどのオンライン会議においては可もなく不可もなく普通に聴けている
・スピーカーは迫力はやや欠け音楽などの解像度の高い音を聴くのには向かない。一方で音量は十分であり高音よりのため会議などでは問題なく使える。
・Windows Helloは指紋認証で行う。個人的には顔認証よりも使いやすい。感度については申し分なし。

気にいらない点もあえて述べておきます
・メモリやSSDの換装をするために外す裏ブタのねじをふさいでいる7mm程度の丸いカバーがとにかく外しずらい
・不安定なところでタイピングをするとディスプレイがたわみブレが目立つ
・電源供給はUSB-Cに統合してもらい、追加でポートが1右側にも欲しかった
・タッチパットの押し込みのときの音がキーボードのタイプ音よりもうるさい

ただしこれらは、改善すればなお良しというレベルのもので、実用性を大幅に損なうものではないと判断しています。

総じて、実用面においてはライバルとなる端末は見当たらず、自分にとっては間違いなく生活感を変えてくれる端末で購入して非常に満足しております。

おそらく今年のベストバイの有力候補として挙げられると思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
娘が大学生になり必要になり買いました。単純なスペックだけだと少々高いという感じはしますが、持ち歩くことを最優先に考えると

・軽さ
・長持ち
・耐衝撃

スマホメインの大学生なら、こういう側面の方が大事かも。スペックはオーバースペックなくらい。会社で1.2kgぐらいのPCを与えられていますが、やはり重い。数百グラムの差は大きいですね。

電源アダプターも小振りに作られており良いですし、ゲーミングPCほどキーボードは光りませんが、それでもボヤっと暗いところでキーが見えるくらいの工夫がしてある

見た目がアップルと変わらないくらいのおしゃれな感じでよい、スタバでもカッコ良くなれると思います。

テレワーク用に買っても後で使い道があり良いかも知れません。

メモリを足して16GBにすればYouTube動画編集も余裕でしょう。

LGってこんなに良いものを作っていたんだなと感心しました、HPかDELLで迷っていたものの、こちらのほうが良かったのに驚きです

次もLGGRAMかなと思っています

拡張の余地を残しているのがまた気遣いがあります。NVMeのSSDとメモリが拡張できるてこの筐体に収めるのはユーザー目線で好感が持てます

デメリット的はやはり値段くらいでしょうか。でも使ってみたらこの値段もやむなしかなと納得できる内容です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ノートパソコン gram 1350g/バッテリー約19.5時間/第10世代

  • 17インチの大画面で、わずか1350g。最大19.5時間(※)の長時間駆動を実現した超軽量&スリムデザイン ノートPC ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • OS:Windows10 Home 64bit / Office:なし/ 指紋認証搭載
  • CPU:インテル Core i5-1035G7 プロセッサー / 動作周波数:1.2GHz(インテル ターボ・ブースト・テクノロジー適用時最大3.7GHz)
  • メモリ:DDR4-3200MHz 8GB(最大24GB) / 記憶装置:SSD 256GB(PCIe NVMe/M.2) / キーボード:日本語キーボード(104キー/10キー付き/バックライト機能搭載)
  • 出入力端子:USB Type-C×1(Thunderbolt3), HDMI×1, USB3.0×3, ヘッドホン出力×1, Micro SDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)
  • 17インチ/SSD 256GB/メモリ 8GBの仕様は、Amazon.co.jpでのみの取り扱いとなります

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
前に使っていたPCが15インチの2.3KgのPCを使っていましたが、やはりこれだけの重量だと家の中ですら持ち運ぶ機会はなくデスクトップ化していましたが仕事のスタイルが変わってきて来た関係で、一定の割合で外に持ち出す必要性が出てきたタイミングでPCの交換に踏み切りました。

当初は画面サイズを犠牲にしてでも機動性を優先し13インチの1kg未満軽量ノートPCを視野に入れていましたが、画面の解像度が軽量化とバッテリーの持続性を優先すると解像度がFullHDのものしかなく、4K画質のものを選ぶととたんにバッテリーの持ちが悪くなり、どちらを優先するか悩んでいました。

そこに視野すら入れていなかった17インチサイズのgramが突然選択に入り、総合的に見て購入に踏み切った次第です。

まず率直な感想は、LGがウリにしている内容はまさにその通りで、17インチの大画面で、WQHDの解像度、バッテリー持続性、そして13インチ級の重さを実現したPCは現時点で他に無く、持ち運びができながら生産性の高い1台だと思います。

更に購入の決め手になったのが、現行機種の中で抑えるべきトレンドは抑えられており、WiFi6 Thunderbolt3 10世代CPU(Ice Lake) オーバー16MBのメモリを実装していることでした。
安い買い物ではないため、投資に見合った長期利用が見込める端末だと思います。

また、これは好みもあると思いますが、キーボードとタッチパッドについても書いておきます。
キーボードは、打ちやすさ、静穏性も良好でした。キーストロークはモバイルノートの部類では深めに入り、反発性がありますが、打ちやすく違和感ありません。
次にタッチパッドの使い勝手ですが、サイズについては十分確保されているように思え、狭いと感じる印象はありませんでした。表面は滑らかな手触りでポインタの移動やジェスチャーもしやすいです。
タッチパットにマウスのような2つのボタンはなく一体型です。押し込む際のストロークは比較的深めですが、親指での押しこみにさほど力を必要とする感じはしませんでした。しかしデザインなど精密な動きを求める場合は多少ストレスかもしれません。一方でタップする際の感度は良好で実用的す。

これらに加え、高付加にならない限りは発熱も抑えられており、快適な部類に入るPCだと感じました。これだけ欲張りなスペックだったので、多少の使い勝手の悪さは覚悟していましたが、これは購入した後に実感した嬉しい誤算です。

その他、レビューの観点から可もなく不可もなくと思えた点も書いておきます。
・ウェブカメラの画質は標準的。顔認証ができる高感度カメラよりもやや暗い印象
・マイクは2機内臓しておりZoomなどのオンライン会議においては可もなく不可もなく普通に聴けている
・スピーカーは迫力はやや欠け音楽などの解像度の高い音を聴くのには向かない。一方で音量は十分であり高音よりのため会議などでは問題なく使える。
・Windows Helloは指紋認証で行う。個人的には顔認証よりも使いやすい。感度については申し分なし。

気にいらない点もあえて述べておきます
・メモリやSSDの換装をするために外す裏ブタのねじをふさいでいる7mm程度の丸いカバーがとにかく外しずらい
・不安定なところでタイピングをするとディスプレイがたわみブレが目立つ
・電源供給はUSB-Cに統合してもらい、追加でポートが1右側にも欲しかった
・タッチパットの押し込みのときの音がキーボードのタイプ音よりもうるさい

ただしこれらは、改善すればなお良しというレベルのもので、実用性を大幅に損なうものではないと判断しています。

総じて、実用面においてはライバルとなる端末は見当たらず、自分にとっては間違いなく生活感を変えてくれる端末で購入して非常に満足しております。

おそらく今年のベストバイの有力候補として挙げられると思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
娘が大学生になり必要になり買いました。単純なスペックだけだと少々高いという感じはしますが、持ち歩くことを最優先に考えると

・軽さ
・長持ち
・耐衝撃

スマホメインの大学生なら、こういう側面の方が大事かも。スペックはオーバースペックなくらい。会社で1.2kgぐらいのPCを与えられていますが、やはり重い。数百グラムの差は大きいですね。

電源アダプターも小振りに作られており良いですし、ゲーミングPCほどキーボードは光りませんが、それでもボヤっと暗いところでキーが見えるくらいの工夫がしてある

見た目がアップルと変わらないくらいのおしゃれな感じでよい、スタバでもカッコ良くなれると思います。

テレワーク用に買っても後で使い道があり良いかも知れません。

メモリを足して16GBにすればYouTube動画編集も余裕でしょう。

LGってこんなに良いものを作っていたんだなと感心しました、HPかDELLで迷っていたものの、こちらのほうが良かったのに驚きです

次もLGGRAMかなと思っています

拡張の余地を残しているのがまた気遣いがあります。NVMeのSSDとメモリが拡張できるてこの筐体に収めるのはユーザー目線で好感が持てます

デメリット的はやはり値段くらいでしょうか。でも使ってみたらこの値段もやむなしかなと納得できる内容です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

   

20万以上の高スペック・ゲーミングノートPC一覧

以下が20万円以上のハイスペック・ゲーミング向けの17インチ最新ノートPCの人気製品です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.6)
総評価数 173件
2
(4.3)
総評価数 28件
3
(4.6)
総評価数 81件
4
ASUSTek ROG Strix SCAR 17 G733QS(AMD Ryzen 7 5800H/16GB・512GB/RTX 3080...
発売日 2021/02/05
通常 269,800円
現在 269,800円
(4.3)
総評価数 105件
5
(4.3)
総評価数 111件

LG ノートパソコン gram 1350g/バッテリー最大27時間/Core i7/17インチ

  • 大画面17インチ(2560×1600)で、1350gの軽さ。最大27時間(※)の長時間駆動を実現した超軽量スリムデザイン ノートPC ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • OS: Windows10 Home 64bit / Office: なし / ディスプレイ: IPSパネル WQXGA(2560×1600) 約1677万色(DCI-P3 99%) アスペクト比: 16:10
  • CPU: インテル Core i7-1165G7 プロセッサー / 動作周波数:2.8GHz(最大4.7GHz) / 指紋認証機能搭載
  • メモリ: 16GB デュアルチャネル LPDDR4x 4266MHz / 記憶装置: 1TB SSD / キーボード:日本語キーボード(104キー/10キー付き/バックライト機能搭載)
  • 出入力端子:USB Type-C(Thunderbolt4)×2, HDMI×1, USB3.2×2(Gen2x1), ヘッドホン出力×1, MicroSDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)
  • 17インチ/Core i7/SSD 1TB/本体色ブラック/Office搭載なしの2021年モデルは、Amazon.co.jpでのみの取り扱いとなります
  • コネクタタイプ:: bluetooth

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この度フルモデルチェンジされたとのことで、2018年版のLg gram 15.6インチ(Core i5)から16インチ(Core i7)へ買い替えた際の感想です。
・重さ:体感的には変化なく、サイズに対して依然と軽い印象です。
・発熱とファンの音:ネットブラウジングをしながらの文章作成では、とても静かで熱もほとんど発しません。
 大きな負荷をかけるとファンの音と熱が発生しますが、前モデルと同程度で妥当と思います。
・画面:15.6→16インチの僅かな変化ですが、体感的には広くなったと感じました。
    アンチグレアが好きなので、17インチサイズのフィルムを16インチサイズに切って貼り付けています。
・画質:高精細で文字が滑らかできれいです。こちらに慣れると、前モデルの文字のギザギザが気になってしまいます。
    前モデルより色合いが鮮やかに感じられたので、コントロールパネルから微調整しました。
・処理速度:体感的に速くなったと感じられ快適です。
・キーピッチが若干広くなりました。キーはスリムながらも打鍵感がよりしっかり感じられるようになりました。
 押すとペコペコとした音がします。
・タッチパッド:前モデルに比べてとても滑りがよくなりました。サイズも大きくなりました(実測13.2×8.3 cm)。
・ACアダプタ:専用のコネクタだったものが、Type-Cの形状になっています。
・Type-Cコネクタ:2基ともタッチ式モバイルモニタへ、電源供給、映像送信、タッチ情報の通信ができました。
・バッテリ:78%→3時間経過→62%(ネットブラウジングをしながら文章や資料作成:バッテリー節約機能OFF)
前モデルは現在も問題なく使用できているので、耐久性も期待しています。
ご参考になりましたら幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
在宅ワーク用に購入。
[画面]16インチディスプレイは、アスペクト比16:10の2560×1600(WQXGA)で、縦方向の表示領域が大きくoffice関連アプリで使い勝手が良いです。細かい作業では外部ディスプレイに接続して使用していますが、Thunderbolt™ 4接続で電源供給も兼ねるため、配線もスッキリ接続ができます。1190gとこのサイズとしては非常に軽量のため移動や持ち運びにも便利です。
[端子]Thunderbolt™ 4、USB Type-Aを各2ポート、HDMI出力、ステレオミニジャック、UFS/microSDカードスロットを本体にすべて実装しているため、ドックは不要です。
[キーボード]打感は良好です。キーストロークも十分確保されており、タイピングに問題ありません。テンキー使用がってにより好みがありますが、Excel作業で重宝しています。enterキーが大きく、numlockの配置がよくミスタイピングに配慮されています。
[質感]Macboookのようにギュッと詰まった感じに高級感を感じる場合は本機では軽い分物足りなさを感じるかもしれませんが、マットブラックの落ち着いた感じと、高い堅牢性を感じる本体からチープな感じはありません。持ち上げた時にその大きさに見合わない軽さに良い意味でギャップは感じます。
[指紋認証]一瞬で認証します。
[総評]surfacelaptop3と比較してgram2021モデルを購入しましたが、今のところ不満点はありません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSTek ROG Strix SCAR 17 G733QS(AMD Ryz...

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】ブラック【ディスプレイ】17.3型ワイドTFTカラー液晶/ノングレア/1,920×1,080ドット (フルHD) (300Hz)【サイズ】幅395mm×奥行き282.1mm×高さ23.4~27.5mm 約2.75kg
  • 【CPU】AMD Ryzen 9 5900HX プロセッサー【メモリ】32GB【ストレージ】2TB (1TB×2) (PCI Express 3.0 x4接続)【グラフィックス】RTX 3080 Laptop GPU (NVIDIA Optimus Technology対応)【外部ディスプレイ出力】HDMI×1
  • 【USBポート】USB3.2(Type-C/Gen2※データ転送,映像出力,本機への給電をサポート)×1、USB3.2(Type-A/Gen1)×3【オーディオ】クワッドスピーカー内蔵(2W×2、1W×2),アレイマイク内蔵, マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45),無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wifi 6), Bluetooth 5.1【キーボード】100キー英語光学メカニカルキーボード (オールキー RGB イルミネートキーボード)【バッテリー駆動】約12.2時間 【消費電力】最大約240W
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証 , バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター(電源ジャックからの給電に対応) , 製品マニュアル , 製品保証書 , キーストーンⅡ、Armorキャップ×2 ※ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Dell Alienware m15 R3からの買い替えです。
趣味でやっている3D CAD、流体解析用として購入しました。
本商品を選んだポイントは
1.8coreであること
2.メモリスロットが2つあること(増設してもデュアルチャンネルになること)
3.NVMe SSDを2つ接続できること
4.愛着を持てる見た目であること
の3つです。
1はRyzen5800Hなのでクリア、
2/3は問題なく動作することを確認しました。画像で確認できます。
4は実物を確認して満足しました。
 天板以外は樹脂ですがプラスチック感は小さく安っぽさはありません。
 またLEDによる演出も簡単に変更できたりOFFにできるのでネックにはなりません。

以下、実際に使ってみて初めてわかったことをざっくばらんに挙げていきます。
良い点
・筐体は指紋が目立たない
・タッチパッドをテンキーに切り替えられるのは便利
・キーボードはまずまずの作り。薄型ノートのようなペチペチではなくしっかりストロークがあります。
・ファンが停止してるときはほぼ無音。Youtubeを見てるくらいの負荷では無音。
・電源ON/OFFや充電状況を示すインジケータが蓋を閉じた状態でも目視できる
・蓋を開ける際に下側を押さえる必要がない。片手で開けられる。
・ACアダプターはROGマークが印字されていたり表面処理がされていたりと野暮っぽさがない。
 DellのAlienwareはもっと大きい上に業務用のような飾り気の無さ。それと比べると遥かに高評価。
・ローカライズがしっかりしてる。ASUSソフトで表示される文字に中華フォントが混ざってることはない。
悪い点
・タッチパッドはやや指紋が確認できる
・カバーが大量の樹脂クリップで止められてるため外すのが面倒
・高負荷時はそれなりにうるさい
・カバーの通気孔が小さい。負荷が大きいことが前提のゲーミングノートなのだから
 エアフローを悪化させる要素は削除すべきでは?埃対策?
・Ryzenの特質なのかアイドル時の消費電力が高め。
 「普段は負荷が小さい使い方だけ、たまにゲーム」という方の場合はIntel版の
 ほうが賢い選択だと思います。
・WPSオフィスがプリインストール。プロダクトコード付きでなくてプリインストールされてます。
 中華のスパイソフトを入れないで下さい。
・梱包状態。本体が外箱の内側と接する位置に設置されてます。外箱とは距離をとるようにすべきでは?
・保証期間がおかしい。
 購入4/1、登録4/3。保証は2/21まで。購入日から一年間保証では?
 本製品は3/3発売なので2月に購入は不可能。2/21はどこから出てきた?

結論
非常に満足してます。
細かい点で問題はあるものの全体的な評価に影響するほどの大問題は皆無です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
まず注目すべきはその性能。RTX3070、Ryzen7 5800Hを搭載している。デスクトップのゲーミングPC顔負けの性能である。それに加えてRGBカバー率100パーセント、かつ300Hzに対応したモニターである。300Hzとはとんでもない性能である。普通にモニターとして買っても4,5万円は下らないだろう。とても鮮明で綺麗である。残像も少なく。非常にいい感じだ。また300FPSに張り付くかどうかの話とはまた別である。まずそんなものは30万円するデスクトップを買ってもできないだろうし、時速80Kmしか出ない車で時速80Kmを出すのと、時速180㎞も出る車で時速80Kmを出すのと同じ話である。どちらがいいかなんてすぐにわかるだろう。
次に皆さんが心配するであろう熱問題についてだ。これに関しては全く問題ない。ゲーム中でも熱くて80度程度である。ただファンは少しうるさいが、ヘッドホンをするので問題はない。
ROG製品ということもありイルミネーション等のビジュアル系は素晴らしい。発色は綺麗だし、設定も簡単だ。邪魔なら消せばよい。
あと、想像以上に軽い。全然持ち運べるレベルの重さだ。一昔前のオフィスPCもこんな感じの重さ。薄さだった。
現在、半導体不足が続いており、いつ値上げするかわからない状況である。現在のコスパは素晴らしい。
20万で買える時に買っておくのがベストである。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【MS Office搭載】LG ノートパソコン gram 1350g/バッテリー...

  • 最大15,000円相当のギフトカードをキャッシュバック!【2021年LG gram発売記念キャッシュバックキャンペーン】 購入対象期間:2021年4月30日(金)まで / 対象モデル:2021年発売の14Z90Pシリーズ、16Z90Pシリーズ、17Z90Pシリーズ / 詳細はLGホームページをご参照ください
  • 大画面17インチ(2560×1600)で、1350gの軽さ。最大27時間(※)の長時間駆動を実現した超軽量スリムデザイン ノートPC ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • OS: Windows10 Home 64bit / Office: Microsoft Office Home & Business 2019 / ディスプレイ: IPSパネル WQXGA(2560×1600) 約1677万色(DCI-P3 99%) アスペクト比: 16:10
  • CPU: インテル Core i7-1165G7 プロセッサー / 動作周波数:2.8GHz(最大4.7GHz) / 指紋認証機能搭載
  • メモリ: 16GB デュアルチャネル LPDDR4x 4266MHz / 記憶装置: 1TB SSD / キーボード:日本語キーボード(104キー/10キー付き/バックライト機能搭載)
  • 出入力端子:USB Type-C(Thunderbolt4)×2, HDMI×1, USB3.2×2(Gen2x1), ヘッドホン出力×1, MicroSDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)
  • コネクタタイプ:: bluetooth

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この度フルモデルチェンジされたとのことで、2018年版のLg gram 15.6インチ(Core i5)から16インチ(Core i7)へ買い替えた際の感想です。
・重さ:体感的には変化なく、サイズに対して依然と軽い印象です。
・発熱とファンの音:ネットブラウジングをしながらの文章作成では、とても静かで熱もほとんど発しません。
 大きな負荷をかけるとファンの音と熱が発生しますが、前モデルと同程度で妥当と思います。
・画面:15.6→16インチの僅かな変化ですが、体感的には広くなったと感じました。
    アンチグレアが好きなので、17インチサイズのフィルムを16インチサイズに切って貼り付けています。
・画質:高精細で文字が滑らかできれいです。こちらに慣れると、前モデルの文字のギザギザが気になってしまいます。
    前モデルより色合いが鮮やかに感じられたので、コントロールパネルから微調整しました。
・処理速度:体感的に速くなったと感じられ快適です。
・キーピッチが若干広くなりました。キーはスリムながらも打鍵感がよりしっかり感じられるようになりました。
 押すとペコペコとした音がします。
・タッチパッド:前モデルに比べてとても滑りがよくなりました。サイズも大きくなりました(実測13.2×8.3 cm)。
・ACアダプタ:専用のコネクタだったものが、Type-Cの形状になっています。
・Type-Cコネクタ:2基ともタッチ式モバイルモニタへ、電源供給、映像送信、タッチ情報の通信ができました。
・バッテリ:78%→3時間経過→62%(ネットブラウジングをしながら文章や資料作成:バッテリー節約機能OFF)
前モデルは現在も問題なく使用できているので、耐久性も期待しています。
ご参考になりましたら幸いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
在宅ワーク用に購入。
[画面]16インチディスプレイは、アスペクト比16:10の2560×1600(WQXGA)で、縦方向の表示領域が大きくoffice関連アプリで使い勝手が良いです。細かい作業では外部ディスプレイに接続して使用していますが、Thunderbolt™ 4接続で電源供給も兼ねるため、配線もスッキリ接続ができます。1190gとこのサイズとしては非常に軽量のため移動や持ち運びにも便利です。
[端子]Thunderbolt™ 4、USB Type-Aを各2ポート、HDMI出力、ステレオミニジャック、UFS/microSDカードスロットを本体にすべて実装しているため、ドックは不要です。
[キーボード]打感は良好です。キーストロークも十分確保されており、タイピングに問題ありません。テンキー使用がってにより好みがありますが、Excel作業で重宝しています。enterキーが大きく、numlockの配置がよくミスタイピングに配慮されています。
[質感]Macboookのようにギュッと詰まった感じに高級感を感じる場合は本機では軽い分物足りなさを感じるかもしれませんが、マットブラックの落ち着いた感じと、高い堅牢性を感じる本体からチープな感じはありません。持ち上げた時にその大きさに見合わない軽さに良い意味でギャップは感じます。
[指紋認証]一瞬で認証します。
[総評]surfacelaptop3と比較してgram2021モデルを購入しましたが、今のところ不満点はありません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUSTek ROG Strix SCAR 17 G733QS(AMD Ryzen 7

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】ブラック【ディスプレイ】17.3型ワイドTFTカラー液晶/ノングレア/1,920×1,080ドット (フルHD) (300Hz)【サイズ】幅395mm×奥行き282.1mm×高さ23.4~27.5mm 約2.75kg
  • 【CPU】AMD Ryzen 7 5800H【メモリ】16GB【ストレージ】512GB (PCI Express 3.0 x4接続)【グラフィックス】RTX 3080 Laptop GPU (NVIDIA Optimus Technology対応)【外部ディスプレイ出力】HDMI×1
  • 【USBポート】USB3.2(Type-C/Gen2※データ転送,映像出力,本機への給電をサポート)×1、USB3.2(Type-A/Gen1)×3【オーディオ】クワッドスピーカー内蔵(2W×2、1W×2),アレイマイク内蔵, マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】LAN:1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45),無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wifi 6), Bluetooth 5.1【キーボード】100キー英語光学メカニカルキーボード (オールキー RGB イルミネートキーボード)【バッテリー駆動】約14時間 【消費電力】最大約240W
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証 , バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター(電源ジャックからの給電に対応) , 製品マニュアル , 製品保証書 , キーストーンⅡ、Armorキャップ×2 ※ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初のゲーミングノートとして、ASUS ROG Strix SCAR 15 G533QSを購入。
RTX3080搭載かつRYZEN5900HXという現段階の最高スペックの物同士の組み合わせ、そして高級感ある見た目に一目惚れでした。

使用感として、キーボードはワンクリックごとにカチッと気持ちよい音が鳴り自分的にはとても気に入りましたが、静かな場所や夜などはちょっとうるさいかもしないです。

ゲーミングということで、試しにApexlegendsをプレイ。WQHDパネルなので映像がとても綺麗で驚きました。FPSもしっかりと出ていたようなのでとても満足です。

税込みで30万超えという高価な買い物でしたが、買って良かったと思えるとても良いモデルでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Corei7、GTX1660の構成のものを購入しました。Apex Legendsを主にプレイしていますが、Turboモードであれば設定次第で144fpsを維持することも十分可能だと思います。ファンの作動音は少し気になりますが、ヘッドセットをすればゲームには支障ないです。キーボードは少し特殊な配列です。しかしゲーミングノートはEnterキーが英語配列準拠だったり、無理な形状だったりすることも多いですが、しっかりと日本語配列のものが用意されているところがいいですね。タッチパッドをテンキーとして使用できるのも良いです。流石にタッチパッドなので打鍵感はなく、慣れは必要かもしれません。ゲームだけでなく、オフィスソフトの使用なども一台でまとめたい方におすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Dell ゲーミングノートパソコン G7 17 7790 Core i7 RTX

  • 製品紹介: Core i7、RTX2060、デュアルドライブ搭載。新しいグラフィックスで臨場感あふれる17インチゲーミングノートパソコン
  • OS: Windows 10 Home 64bit/Office:なし
  • 画面サイズ: 17.3インチFHD(1920x1080)/パネル: IPS, 300nits,非光沢
  • CPU:第9世代 Intel Core i7 9750H(コア: 6/キャッシュ: 12MB/最大: 4.50GHz)
  • メモリー: 16GB DDR4 2666MHz/保存装置: 256GB SSD+1TB HDD
  • GPU: NVIDIA GeForce RTX 2060 6GB
  • 接続端子: Thunderbolt 3(USB Type-C)x1,USB3.1x2,オーディオジャックx1,HDMIx1,DP(Type-C兼用)/通信:有線: 10/100/1000 無線: 802.11ac+Bluetooth 5.0
  • その他: SDカードスロット, HD Webカメラ,デジタルアレイマイク
  • セキュリティ:マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • サポート: 1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
長文レヴュー失礼します。

2020年1/2に注文し1/4に届きました。

ゲーミングpcとの事ですが、違う使用目的で購入。

自分の使用目的ではスペック的に全く問題なく、快適にサクサク動きます(ストリーミングで動画見ながら、証券会社のアプリ操作等。動画編集も問題なく)

またファンがうるさいとゆう事も無くほぼ無音。静かなものです。

バッテリーの持ちはフルでは使い切っていませんが、5時間使用で電池マークの半分弱程度の表示。

ただ、重いゲームをするとファンが煩いほど回るとの事でしたので、試してみたくなり、普段pcでゲームはしないのですが、購入特典の『レインボーシックス シージ』をプレイしてみようと、ダウンロードを試みました。

結果これが非常に面倒くさく時間も掛かりイライラします。

まずインテルでユーザー登録(住所やら電話番号やら生年月日やらメールアドレス等)。その他パスワード設定。

これが済むとインテルからマスターキーが登録したメールアドレスに送られて来て、今度はまたゲーム会社のサイトでユーザー登録、パスワード設定しマスターキー入力。

しかもここからが曲者で日本語表記ではダメで、英語表記にしないとはじかれてしまったり(調べて解りました)とかなりつまずきました。

全て終わればプロモーションコードが開示され、それを入力すればゲームダウンロードの流れだと思っていたのですが、ここでまたエラーメッセージ。

『現在プログラムに問題が発生しており、システムのリロード作業を行なっております。しばらく経ってからアクセスしなおしてください。』と出ていましたので、2日に分けて何度か試しましたが、やはりダメで、リンクからサポートにメールで問い合わせ。

で、15時間後に帰って来たメールは全て英語。英語では意味が解らないので翻訳ソフトで翻訳。

要は『今月はもうゲーム配布上限の800名に達してしまったから、2月にまた試して下さい』って事らしい。

だったらさ、プログラムに問題が発生なんて書いておかないでそう書いとけよって感じです。

おそらくですが1/4にすでに800件に達してしまっているようなら、2月もきっと貰えないでしょう。

どんな仕組みだか知りませんが。

ですのでオマケのゲーム込みでの購入は考えた方が良いです。しかも2月が応募の最終月でしたし。

大して高くもないゲームなので、私はもういりません。ほんと、ファンの音を試そうなんて考えてなければ良かったと(笑)

最後にノートパソコンに限れば高性能の部類とは思います。
ですがやはり快適にゲームをするのであれば、タワー型のPCのもう少し上位機種をおすすめします。

少しでも、これを読んで頂いた方のご参考になれば。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Inspiron15 からの買い換えです。
住まいの事情からフルスクリーンでのゲームは不可(ファン音うるさすぎてクレームきます)の環境下です。

今までプレイしてたゲームのファン音が減ったらいいかなということ、また、セールで14万台でGTX1060→RTX2060になるならと購入。

今主にプレイしてるのはDQ10、GTA5(オフラインでMOD入れて遊ぶ)閃の軌跡3です。

以下買い替えてのレビュー。

DQ10
今までの解像度(16:9)の下から二番目16:9の設定でプレイしたがファンが急に高回転で数十秒回り出し止まる(しばらく無音のまま数分後上記の繰り返し)
15の時は無音、もしくは静かなファン音で安定。
Inspiron15の方が静かでよかった。

GTA5
グラフィック最低、最小解像度でプレイでもファンが回っていたが
グラフィック最低、解像度を一つあげてもファンが回らない(イベント時は回ってうるさい)という感じで概ね静音で快適。

閃の軌跡3
解像度は1280×720、グラフィックは全て最低に設定。
イベントシーンや街中ではファンが回りFPSは60を下回る場面もある。
Inspiron15でも同様だがファンのうるささはG7の方が上。

正直Inspiron15の時の方(最低設定)のが静かで快適であった。

まだ色々設定を詰める必要があると思いますが、Inspiron15系から買い換えるならコスパはよくないと思います。

ですが自分のように住まいの環境から近所迷惑を気にする必要のない人はコスパもいいので買いかと思います。

実際試しに設定上げてプレイしても、ファンはめっちゃ回ります(Inspironにあったピーという甲高い音は無くなってます)
が、普通に動いてくれます。(RE3も大丈夫!) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連:モバイルモニターで効率アップ

以下では、ノートPCのモニター領域拡張や、出先でのゲームや動画利用など、幅広く使えるモバイルモニターをサイズ別に紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました