【2021年】最新・格安の15インチノートPC「価格別の人気・おすすめ製品一覧」

こちらでは格安で購入できる最新のノートパソコンを紹介。

ゲームやデザイン等の高負荷処理は難しいですが、Webブラウジングや事務処理なら十分なものが、なんと3万円台から買える時代。

以下では、格安で買える最新型ノートPC、中でも普段使いにも十分なサイズの15型ノートパソコンを、人気とともに紹介していきます。

Contents

   

5万円で買える 15インチ 最新モバイルノートPC

以下が5万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.4)
総評価数 1425件
2
(3.9)
総評価数 135件
3
(3.9)
総評価数 66件
4
(3.7)
総評価数 23件
5
(3.9)
総評価数 126件

GLM 薄型 ノートパソコン 15.6インチ 大画面 PC テンキー 搭載 日本語キーボード 

  • *注意!当商品は電源アダプタを付いてない外付けDVDドライブの使用はできません。外付けDVDドライブ電源アダプタに関してDVDドライブメーカーにお問い合わせお願いします。
  • GM-JAPAN GLM-15-256-P 必要な機能すべて搭載された大画面、薄型ノートパソコン。重さ1.87㎏、厚み約1㎝の薄型ながら高速SSDを搭載したハイスペックモデル。 オフィスワークで忙しいあなたにも、家事の合間に一息つきたいあなたにもジャストな1台です。高速SSD内蔵により、かつてないスピーディーなオフィスワークをサポートします。持ち歩くには十分な容量も確保でき、SDカードとの連携で大容量PCとしても活躍します。
  • 初期設定済、到着後すぐに使用できます。WIFI、Bluetooth、テンキー、ミニHDMI、WEBカメラ、マイクロSD挿し込み口、USB3.0搭載。
  • CPU:Intel Celeron Apollo Lake N3450 1.10GHz-2.20GHz 4コア メモリ:8GB  SSD:256GB 液晶:15.6インチ 広視野角 (IPS) フルHD (1080P)、液晶解像度1920x1080、日本語配列キーボート
  • Windows10 Pro 64Bit、WPSOffice ライセンスキー付属(Word、Excel、PowerPoint 互換)。付属品:電源アダプタ、説明書/保証書、KINGSOFT セキュリティソフト 永久ライセンスカード。1年保証付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初期設定済で到着後に電源ONですぐに使用できます、必要なものはそろっています、WIFI、Bluetooth、テンキー、ミニHDMI、WEBカメラ、USB端子は左右に各1つ、欲を言えばもう一つ欲しかった。さらに欲を言えばネットワークの設定等に有線LAN端子も欲しかったが、コスパを考えれば大満足。
CPUは Celeron なので少し心配しましたが、このメモリ 8GBに助けられて普通の作業であればストレスは感じません。  SSD:256GBはCドライブとDドライブにパーティションが切ってありデータは全てDドライブに設定 、Box のSync以外はDドライブへ、液晶:15.6インチ も奇麗でIPSフルHD (1080P)、液晶解像度1920x1080、Windows10 Pro 64Bit、Microsoft Office 2019 のインスト-ル済み、之で故障さえなく3年使えれば、再度このメーカのPCを購入します。

追記です、Box Sync以外はDドライブに設定してCドライブを節約してると記入しましたが、Boxも最近のバージョンでは、設定でDドライブに置くことができるように改善されていました。10GBは大変助かります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 ノートパソコンは2台所有していますが、それぞれWindows7から10への無理やりのバージョンアップで動作が重たく遅くなっていました。間違いなく買い替えの時期であり、4か月前から量販店やネットで私にとっての一番のパソコン探していました。キーボードが日本語対応であり、マイクロソフトのofficeが搭載されているもの。しかもメモリーは8GB、256GB以上のSSDのハードディスク内蔵。
 膨大な時間を費やし数ある商品の中からこのパソコンを探し当てました。20日に注文をして22日に到着しました。私が思っていたより薄型であり、重さも苦にはなりません。画面の下のGM JAPANのロゴもシンプルで感じが良いです。
 私は動画編集やゲームをこのパソコンではしませんので、実際使ってみてストレスは全く感じることはありません。ただ、Enterキーが小さいためその上の[、]キーを誤って入力してしまいます。慣れれば何とかなりそうです。贅沢は言えませんね。
 耐久性について今は何とも言えませんが、1年間の保証もついていますので安心です。久々に満塁ホームランを打った気分でとても満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Dell ノートパソコン Inspiron 15 3593 ホワイト 21Q11...

  • OS:Windows 10 Home 64bit/Office:なし/セキュリティ:マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • 画面サイズ:15.6インチFHD(1920x1080)/パネル:非光沢
  • CPU:第10世代 Intel Core i3 1005G1(コア:2/キャッシュ:4MB/最大:3.40GHz)/メモリー:4GB DDR4 2666MHz (4GBx1)/保存装置:256GB SSD/GPU:Intel UHD Graphics
  • 接続端子:USB2.0x1,USB3.1x2,オーディオジャックx1,HDMIx1/通信:有線:10/100 無線:802.11ac+Bluetooth 4.1/その他:SDカードスロット,HD Webカメラ,デジタルアレイマイク
  • サポート:1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず、最初のお届け予定日から4日ほど早く届いたのがよかったです。リモートワークが始まって、
iMacでは会社のWindowsとの相性がいまいちだったので泣く泣くWindowsを購入したのですが、
注文から2日程度で届いたので本当に助かりました。通常はMac使いなので、このぐらいの機能で
十分です。立ち上がりにも文句ありません。そこそこ早いです。セットアップもコルタナ(Siriみたいなもの)が、
全部手伝ってくれるので楽々できました。
画面が大きく、これなら仕事をサクサク進められます。ただ、15.6インチなのでそれなりの大きさです。
持ち運ぶのは女性にはきついかも。
重さはともかく薄いですし、落ち着いたパールホワイトがおしゃれですし、テンキーついてるし、マウスパッドの性能もいいし買ってよかった。なにより安心のDELLでこの価格はうれしい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
あまり見慣れないCPUを積んでますがceleronよりは上とのことです。SSDとの相乗効果でサクサク動きます。
これでofficeも付いてるのだから、もうceleron搭載機種を選ぶ必要はないですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Chromebook ASUS ノートパソコン 15.6型フルHD液晶 英語キーボード

  • OS:Chrome OS / Office:なし
  • CPU:インテル Celeron N3350 / メモリ:8GB eMMC:64GB / インテル HD グラフィックス 500
  • USBポート: USB3.1(Type-C/Gen1)×2 、USB3.0×2
  • 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac / Bluetooth 4.0
  • 付属品: ACアダプター、Type-C - HDMI アダプター、製品マニュアル、製品保証書
  • 15.6型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080ドット (フルHD)
  • 本体サイズ:幅357.5mm×奥行き248.5mm×高さ15.6mm / 質量 : 約1.43kg
  • バッテリー駆動時間:約10時間 / 充電時間;約2.3時間
  • 本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証, バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証
  • 英語キーボード

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
前のchromebookがサポート終了を受けて購入
価格はほかのchromebookと比べると高めですが、CPUがm3だからまあそれなりかな?
YouTubeなどの動画鑑賞では前回のchromebook がCPUが非力すぎて動画再生後にフリーズして一切動かなくなったけど、今回は余裕でした (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
HPのx360とかなり迷って最終的にこちらを購入。店頭で両機(どちらもCore i5)を比較したところ、HPはトラックパッドのレスポンスもタッチパネルのレスポンスも秀逸、キーボードも気持ちよく使っていて確実に満足できると確信できるものでした。一方ASUSのC434は特にトラックパッドのフィーリングとレスポンスがスムーズさに欠け、またタッチパネルの反応もモッサリして操作性はHPに劣っていました。ただ個人的にHPの野暮ったいデザインとサイズの大きさがどうしても受け入れられず、デザイン優先でASUSを選択しました。ここのレビューでも酷評が多かったのでちゃんとしたものが届くか不安でしたが、新品で動作も問題ない個体が届きました。一方操作性の微妙さは店頭で確認したとおり。とはいえやはり狭ベゼルからくるコンパクトさと洗練されたデザインは所有感を高めてくれるのでトータルでは星4つとしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer ノートパソコンAspire3 A315-53-N24Q/K Penti...

  • [CPU]インテル Pentium Gold プロセッサー 4417U(2.30GHz)/インテル スマート・キャッシュ 2MB
  • [メモリー]4GBDDR4-2400MHz SDRAM、デュアルチャネル対応可能、オンボード 4GB
  • [ストレージ]128GBSSD:M.2 (Type 2280)、 SATA 、 2.5" HD ドライブベイ x1 (空き x0)
  • [グラフィックコントローラー]インテル HD グラフィックス 610 (CPUに内蔵)
  • [ディスプレイ]15.6型/フルHD(1920×1080)、15.6、16:9、LEDバックライト、1670万色
  • [キーボード/マウス]Acer FineTip キーボード (107キー/日本語/テンキー有)/マウス非付属
  • [インターフェース]USB 3.0ポート×1、USB 2.0ポート×2、HDMI出力ポート(HDCP対応)×1、ヘッドフォン・スピーカージャック×1
  • [OS]Windows 10 Home 64ビット
  • [サイズ/重量]幅:約381.6mm×奥行:約262.8mm×高さ:約20.95mm/約2,100g
  • [付属品]45W ACアダプター、ACコード(約1m) 、セットアップガイド、保証書、修理依頼書、国際旅行者保証書、ノートブック説明(Addendum for notebooks/tablets)、Acerパソコン出張サポート案内

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
M2のSSDが使われているため起動が早いのでありがたい。スピードについてはi7に対しては劣るが我慢できる範囲であると思う。OpenFOAM-v1912のコンパイルには半日ぐらいかかってしまったが、rotatingFaninRoomのチュトリアルではまあまあの時間で解析できた。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Pentium4417Uモデルを購入してみました。
Acerにはあまり良い印象はなかったのですが、このモデルは他社のエントリーモデルと比較しても遜色はなさそうで良い意味で期待を裏切られました。
液晶はFullHDですが見た感じTN液晶っぽいです。発色は悪くありませんが視野角は狭いです。
キーボードはこの価格なので仕方ないですが安っぽく、キー配置も微妙です。テンキーは付いてますので家庭用で長時間打ち込むような事がなければ問題ないとは思いますが。
ファンクションキーは標準でマルチメディアキーになっていました。起動時Acerロゴが出るまでF2押しっぱなしでBIOSが起動しますのでそこから変更は可能でした。

2.5インチベイと空きメモリスロットのカバーにはワランティシールがなかったので、追加はネジ一本ずつ外せば可能でした。
問題は標準のM.2 SSDが隠しスロットになっているようで、交換するには分解が必要になるようです。
ワランティシールを剥がす必要があるのかないのか・・・。Youtubeで見つけた海外の方の分解動画は剥がしてなさそうなんですが、よくわかりませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer ノートパソコン A315-33-F14D/K(Celeron ブラック...

  • [OS]Windows 10 Home 64ビット
  • [プロセッサー]インテル Celeron プロセッサー N3060(動作周波数:1.60GHz/最大動作周波数:2.48GHz)
  • [メモリー/ストレージ]4GB(SO-DIMM 4GB×1)/500GB HDD(Serial ATA、5400rpm)
  • [グラフィックス]インテル HDグラフィックス 400(CPUに内蔵)
  • [ディスプレイ]15.6インチ/非光沢パネル/WXGA (HD)/解像度:1366×768/アスペクト比:16:9/LEDバックライト/タッチパネル:非搭載/表示色:1670万色
  • [キーボード]Acer FineTip キーボード(107キー/日本語)
  • [インターフェース]USB 3.0ポート×1、USB 2.0ポート×2、ヘッドフォン・スピーカージャック×1、HDMI出力ポート(HDCP対応)×1、ACアダプター用DCイン・ジャック×1
  • [寸法/重量]高さ:約2.16cm×幅:約38.16cm×奥行き:約26.28cm/約2.1kg
  • [付属品]45W ACアダプター、ACコード(約1m)、セットアップガイド、保証書、修理依頼書、国際旅行者保証書、ノートブック説明(Addendum for notebooks/tablets)、Acerパソコン出張サポート案内
  • [保証]1年間センドバック保証、1年間制限国際旅行者保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初売りセールで、Acer A111-31-A14PA/F(純正Office付き)を34800円のクーポンで5%オフで購入

同じくらいのスペックのパソコン(ASUSのOffice互換ソフト付き)や、Office無しの本機が、某家電量販店で同額くらいで売っているのを見て、購入。
実を言うと、本機のOffice無しは同セールで24800円で売っていたので非常に悩みました。Officeの相場を見るに、追加で買うと一アカウント15000円くらいはするため、悩みながらもOffice付きに、セール以後や家電量販店では二万円くらいのプラスのため、Office付きで良かったかなという印象です。まあ、認証はしたもののまだ使ってませんが……w

本機のメリットデメリットを少々

メリット
①メモリの増設可
もともと4GBのメモリですが、メモリスロットが1つ空いており、増設可能です。
ただ元々付いているものは外せない?(少なくとも裏蓋を開けただけでは見えませんでした。)ので、追加できるのは4GBです。(同サイズでないと不具合が起きる、と聞いたためで16GBも付けられるのかは不明ですが……)
型番でAmazonで検索をかけるとキングストンのものが2514円だったため購入。
メモリ増設は初めての体験でしたが、ドライバーで裏蓋を開けたら簡単にできました。パチッとハメるのはドキドキしましたが……
「表裏に気をつける(端子の溝の位置で簡単にわかります。なんか色々付いている方が基盤側になりました)」「静電気や埃、手の汚れに気をつける(手洗いをし、よく拭き、一応金属に触れてから作業しました)」の二点に一応気をつけました。
初回起動前にハメましたが、成功しました。別に起動後でも良いみたいです。もちろん電源がオフの時に作業しました。
メモリが8GBあると安心できますね。恩恵は感じるほど触ってませんが、Chromeでタブを開きまくりつつ、動画を見つつ、Webサイトを巡回しつつ、漫画も見る、といったちょっと頭のゆるい使い方をしがちなのですが、メモリはまだまだ余裕があります。
同価格帯では増設できないのもありますが、使用内容に応じて選んでみては!

②軽い
1kgちょっとです。
軽いは正義。同サイズ帯は二極化していて、めちゃ高いやつと、めちゃ安いやつの二種類しかありませんが、使用に問題がないなら、安い方が雑に扱えるのでオススメですよ。
ビジネスに使うなら高い方が安心安全かもですが……
自分は完全趣味の使用での機体なのですが、同じようなコンセプトの前機種は四年くらい持ちましたw
元は完全に取れましたね……、これも2年くらい使い潰せれば御の字かと
おすすめな使い方は旅行に同伴ですよ!USBが3つも刺さるので、充電バッテリー代わりになります。
コンセントが1つしかない時にも、これをとりあえず拠点にすれば安心です。
スマホと違い、サイトを開いておけばオフラインで見返し放題のため、山の奥とか、地下とか、某県とか、電波の繋がりにくい場所でも使い勝手が良いです。
スマホよりもオフラインでの使用が色々便利ですしね。

③USBが右に1箇所、背面に2箇所ある
これは人によってはデメリットかもしれません
自分はお行儀悪く、寝転がりながらパソコンを見るのですが、出先から帰ってから、という状況も多いため、色々充電もしたい
USB端子が片側に集中してると差しながら寝転ぶ、ということが難しい時があるのですが、これは背面もあるため、場合によって刺す場所を変えられます。
壁の手前に置く時なんかは背面は逆に抜き差しが不便なため、逆に右側の端子は有難いですね。
電源ケーブルの差込口は背面のため、使用スタイルに合っているかは確認が必要かと!

デメリット
①キーボード配列が窮屈
ちょっとキーがギュッとなってます。
気になる方は実機を触ってみると安心だと思いますが、そこまで、ではないです。
ただ一点、十字キーが独立していません。何故なんだ……。
pg upとpg dnのキーが十字キーの左と右上に配置されており、指で触っても分かりづらい……
Webサイトを見るとき、これでスクロールしたりするのが癖なのですが、非常にやりづらく、指を置きっぱなしにしたり、一々目視で確認しています。
ここは、隙間が欲しかった……
まあパソコンを買い換えるたび、キーボード配列には毎回苦戦しているので、いずれ慣れるでしょう

②画面タッチの操作は出来ない
昔ながらのノーパソの作りで、画面にいくら触っても操作は出来ません
まあ要らないっちゃ要らないのですが、そういう操作に慣れた世代には旧型感があるかもしれません。
あと、F8のキーを押すとタッチパネル操作を受け付けなくなります。
誤操作を受け付けないように、だと思いますが、別に要らない……
ついさっきもいつの間にか触っていたらしく、困惑しましたw
再起動しても継続するみたいなので、迷ったらF8を押してみてください!

③Sモードが初期設定
これ、最近は標準装備なんですかね?
いわゆるスマホやタブレットに寄ったモードで、Windowsの認めたアプリ以外のソフトはインストール禁止、かつ、Edge以外のブラウザは標準ブラウザに設定不可、というモードです。
安全安心を求めて、学校などでの使用を想定したモードみたいなのですが、解凍ソフトやらやらをお気に入りがある身にはありがた迷惑……
そもそも登録されてるアプリも聞いたことないのばっかりで、聞いたことあるのは有料も多い……
通常モードに簡単に直せるのですが、不可逆でSモードには戻せないみたいです。
まあ、速攻で通常モードに戻しましたw
よっぽどの初心者でなければ通常モードに戻した方が使い勝手はいいかと……
まあ安全らしいのでWebサイト閲覧くらいの用途ならSモードでも良い……?

④サポート体制がうんちっち
Acerのサポートについての用紙が入っていますが、ことごとく有料です。
しかも結構高い……
まあ初心者でも別に困らないと思いますが、パソコンを初めて買うけど教えてくれる人がいないような場合は、詳しい人にビールでも奢った方が安いかと……
まあ一応普通に使っててもサポートしてもらいたいような状況にはなってません。

というわけで、もっと使っていくと良い面も悪い面も色々出てくると思いますが、まずはこのくらいで
今は普通の値段なので、自分の価格を参考にセールの時に買ったり、比較材料にしたりしてみてください。
この値段なら損のしようがありません! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PCの使用目的が、Officeの使用とネットを見るくらいだったので、性能的には何の不満もありません。
コスパも、最高に良いと思います。
ただ、ストレージの容量が、64GBと少なかったので、注文時に、SanDiskの256GB SDカードも買ったんですよ。

届いたPCのセットアップも終わり、SDカードを挿したら、画像のありさまですわ。

あれっ、奥まで入らない? 引っ掛かってるのかな? んっ?んっ?
抜き差し数回・・・・・・ もしかしてぇ、まさかねぇ、ハハハハハハハ
LEDハンドライトで、SDカードスロットの穴を照らして見ると・・
これで正常な位置なんかい~ガクッ

ちょっと高かったけど、SanDiskの256GB にしたのにぃ~、挿したままバックに入れて持ち運びできねぇ
皆さんも、お気を付け下さいね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

7万円で買える 15インチ 最新モバイルノートPC

以下が7万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.5)
総評価数 179件
2
(4)
総評価数 139件
3
Dell ノートパソコン Core i3 Office ホワイト Win10/15.6FHD/4GB/1TB HDD Ins 15 3581...
発売日 2019/04/27
通常 77,800円
現在 72,300円
5,500円(7%)OFF!!
(3.7)
総評価数 13件
4
(4.1)
総評価数 8件
5
Acer Chromebook 315, Intel Celeron N4000, 15.6インチ HD Display 4GB LPDDR...
発売日 2020/04/15
通常 61,669円
現在 58,029円
3,640円(6%)OFF!!
(4.2)
総評価数 15件

【コスパモデル】Huawei MateBook D 15.6インチ Ryzen5

  • 画面占有率87% フルビューディスプレイと5.3mm狭額縁
  • アスペクト比16:9 とアンチグレアディスプレイ
  • AMD Ryzen5 3500U + Radeon Vega 8
  • 厚さ17mm未満、同一サイズの商品としては軽量
  • ディスプレイサイズ:15.6inches
  • ディスプレイの種類:IPS
  • モデル年度: 2020
  • キーボード:日本語
  • 購入日より1年間保証
  • 標準バッテリ駆動時間: 8.2時間 ※JEITA 2.0基準

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
一番気に入っている点:ノートPC定番の黒くてでかいACアダプターにさようなら。
USB-C充電でスマホの充電アダプタが流用可能。これが非常に便利

CPUにintelのcoreシリーズではなくRyzen5を搭載しているために、コスパがいい
同等スペックのintel搭載WindowsノートPCより1~2万円安い

同じくRyzen5で8万円前後のPCはASUSなども出しているけど、
同価格帯のRyzen5搭載Windowsノートと比較したとき、
“指紋認証”と”USB-C充電”ができるのはHUAWEIのMateBookDだけ
この点で頭一つ抜きん出ている

ASUS,Lenovo,マウスコンピューターは指紋認証ナシ、充電は黒くてでかい専用ACアダプターが必要
別の部屋や出先で充電しようとすると、専用ACアダプターごと持ち運ぶ必要がある
一方でHUAWEI MatebookDはスマホの充電アダプターが流用できる

一番のライバルはMacBookAir。自分も使ったことがあって、そのスタイリッシュさと便利さは知っている
しかし予算が10万円程度だとMacBookAirの中でも一番安いモデルしか買えなくて、それだとスペックが今ひとつ
低予算でMacBookAirに似ていてCPUがもっと良いノートPCがほしい!という自分にベストマッチだった

MacBookAir2020年モデルではintel coreシリーズの第10世代CPUになったから以前と比べてCPUの能力は上がったのだけど、最安のモデルで115280円
Ryzen5搭載のHUAWEI MateBookDはほぼ同等のベンチマークスコアで69800円

OSに関しても自分にはクリエイティブな才能がなくてMacOS専用のクリエイティブ系ソフトが使いこなせなかったので、ゲームが豊富なWindowsの方が使い倒せる。

MacBookの便利さを研究して、他メーカーのWindowsノートにない指紋認証とUSB-C充電を搭載し、Ryzen5による高コスパ高スペック。これで69800円は本当に素晴らしい

2020年5月30日追記
当マシンでGeekBenchやCineBenchなどのベンチマークスコアを計測し、MacBookAir2020のレビューサイトのベンチマークスコアと比較するのがとても楽しいです
「お、俺のMateBookDの方がスコア勝ってる!MacBookAir2020よりも!4万円以上も安いのに!」
と、ニヤニヤできる。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
≪良い点≫
電源を付けて10秒ぐらいで指紋認証もそのまま使って爆速起動で感動しました!
Ryzen 7で低画質ならFortnite, Apex Legends, PUBG Liteなどが一応遊べるだけのGPUがあって,マルチコアが強いお陰でOffice関連のアプリ[別途購入して入れました]複数とブラウジングなど色々してもめちゃくちゃサクサク動きます!
動画編集も1080pなら問題なくできたのでクリエーターでなければ十分な性能。
ディスプレイが広くてキレイです!
トラックパッドが使いやすい印象です。
私の場合はHuawei Mate 20 Proを使ってることもあってHuawei Hopやスクリーンコラボレーションでデータ転送や共有などの連携性が抜群です!
付属の充電器は恐らくPD対応でType-Cスマホを18Wの急速充電できて案外便利です!
(Galaxy S10+でも急速充電表示を確認)

≪気になる点≫
カメラですね。Zoomのバーチャル背景が上手くいかなかったです。
ただそこはDroid Camというアプリを使ってスマホをウェブカメラにすることで一応解決できたので大丈夫でした!(Android端末をお持ちで困っている方はカメラ強化にこのアプリを試すのもありです。)
あと1点はバッテリー持ちですね。体感ではスマホより早く減る感じです。メインとしてデスクトップのような使い方をしているのでそこまで気にならないのですが遠出の際はアダプターが必須だと感じました。

《まとめ》
良い点が多いことを踏まえるとコスパ抜群の処理能力も十分あって満足度の高いノートパソコンだと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

AcerノートパソコンAspire 3 A315-56-H54U/KA Core

  • [CPU] インテル Core i5-1035G1 プロセッサー/インテル ターボ・ブースト・テクノロジー2.0対応 : 最大3.40GHz/インテル スマート・キャッシュ 4MB
  • [メモリ]4GB DDR4-2666MHz SDRAM
  • [ストレージ]256GB SSD M.2 (Type 2280), PCIe, NVMe
  • [グラフィック]インテル UHD グラフィックス (CPUに内蔵)
  • [ディスプレイ]15.6インチ/フルHD(1920×1080)/16:9/LEDバックライト/非光沢パネル/表示色:1670万色

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Dell ノートパソコン Core i3 Office ホワイト Win10/1...

  • 製品紹介:Intel Core i3搭載。便利なDVDドライブとテンキー付き。MS Office搭載で届いたらすぐに文書や資料の作成も出来る。
  • OS:Windows 10 Home 64bit/Office:Microsoft Office Home & Business 2019
  • 画面サイズ:15.6インチFHD(1920x1080)/パネル:TN,非光沢
  • CPU:第7世代 Intel Core i3 7020U(コア:2/キャッシュ:3MB/2.30GHz)
  • メモリー:4GB DDR4 2666MHz/保存装置:1TB HDD
  • GPU:Intel HD Graphics 620
  • 接続端子:USB2.0x1,USB3.1x2,オーディオジャックx1,HDMIx1/通信:有線:10/100 無線:802.11ac+Bluetooth 4.1
  • その他:DVD-RWドライブ,SDカードスロット,HD Webカメラ,デジタルアレイマイク
  • セキュリティ:マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • サポート:1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
気にいったことは、このプライスで普通に使えること、マイクロソフトのオフィスが付いていること、ディスプレイが非光沢で見やすいこと。不満な点はナムロックのオンの表示LEDがないことです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
長い間Windows7でしたので、使い慣れます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Dell ノートパソコン Core i3 Office ホワイト Win10/15.6FHD/4GB/1TB HDD Ins 15 3581 20Q11HBW
発売日 2019/04/27
通常 77,800円
現在 72,300円
5,500円(7%)OFF!!

  

Acer ノートパソコン Chromebook クロームブック 15.6型フルHD液晶

  • OS: Google Chrome OS/Office:なし
  • 画面サイズ: 15.6型/バッテリー駆動時間:約12時間
  • CPU:インテル Core i3-8130U プロセッサー/メモリ: 8GB/eMMC: 64GB/グラフィックス:インテル UHD グラフィックス 620 (CPUに内蔵)
  • 接続方法: USB 3.1 x2 (Type-C, Gen 1,最大5Gbps, 充電/映像出力対応)、USB 3.1 ポート x1 (Type-A, Gen 1,最大5Gbps)、ヘッドフォン/スピーカー・ジャック x1、映像出力:なし (USB Type-C 経由で出力可能 ※別途、変換ケーブルをご用意ください)
  • 無線LAN: IEEE802.11 a/b/g/n/ac 準拠
  • 付属品: 45W USB Type-C ACアダプター 、ACコード (約1m)、セットアップガイド、保証書、修理依頼書、国際旅行者保証書
  • 保証期間: 1年間センドバック保証/国際保証 (ITW): 1年間制限国際旅行者保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
トレードにはchrome bookは不向きであることが判明したが、それ以外の業務については快適に使用出来ている (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
とにかく起動が早いのとアプリの動作が快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer Chromebook 315, Intel Celeron N4000,

  • Chromebook は Chrome OS で動作します。 Google のオペレーティング システムは、今日の生活に合わせて構築されています。 内蔵のウイルス保護、自動更新*、数秒で起動し、時間の経過とともに高速な状態を維持します。 (※インターネット接続が必要です)。
  • あなたが知っているすべての Google アプリは、すべての Chromebook に標準装備されています。 つまり、Google ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Microsoft Office ファイルを編集、ダウンロード、変換できます。
  • Google Playから200万以上のAndroidアプリにアクセスして、詳細を学びます。
  • Chromebookには、最も重要なファイルへのオフラインアクセス用の組み込みストレージと、すべてのファイルが自動的にバックアップされるように 100 GB の Google ドライブ容量が追加されています。
  • CB315-3H-C4QEには、15.6インチのHDディスプレイ、Intel Celeron N4000、4GB LPDDR4メモリ、64GB eMMC、Google Chrome、および最大12.5時間のバッテリー寿命があります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

   

10万円で買える 15インチ 最新モバイルノートPC

以下が10万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Lenovo ノートパソコン Ideapad S540(15.6型FHD Core i5 8GB 512GB Microsoft Offic...
発売日 2020/04/15
通常 115,305円
現在 94,000円
21,305円(18%)OFF!!
(4.5)
総評価数 32件
2
ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming FX505DT (AMD Ryzen7 3750H + Radeon RX Veg...
発売日 2020/08/29
通常 97,800円
現在 84,800円
13,000円(13%)OFF!!
(4.4)
総評価数 114件
3
ASUS ゲーミングノートパソコン ROG Zephyrus G15 (AMD Ryzen7 3750H/16GB・SSD 512GB/GT...
発売日 2020/08/28
通常 129,800円
現在 104,071円
25,729円(20%)OFF!!
(4.3)
総評価数 107件
4
(4.3)
総評価数 58件
5
(3.9)
総評価数 128件

Lenovo ノートパソコン Ideapad S540(15.6型FHD Core

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)、CPU:インテル Core i5-10210U プロセッサー、1.60GHz (ターボブースト時 4.20GHz)
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:8GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM(内、オンボード4GB)、メモリスロット1 (空0)、ストレージ:SSD 512GB (PCIe NVMe/M.2)
  • インターフェース:Type-C:USB3.0×1、フルサイズ USB:USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMIポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • WiFi、Bluetooth:IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.2、Officeソフト:Microsoft Office Home & Business 2019

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

ASUS ゲーミングノートパソコン TUF Gaming FX505DT (AMD

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】ガンメタル【サイズ】15.6 型, 幅360mm×奥行き262mm×高さ26.7mm/重量:約2.25kg (MIL-STD 810G準拠)
  • 【CPU】AMD Ryzen 7 3750H + Radeon RX Vega 10 グラフィックス【メモリ】16GB【ストレージ】SSD 512GB (PCIE 3.0 x2 接続)【グラフィックボード】NVIDIA GeForce GTX 1650(ビデオメモリ : 4GB)NVIDIA Optimus Technology対応
  • 【表示機能】ワイドTFTカラー液晶, ノングレア, 1,920×1,080ドット (フルHD) (リフレッシュレート:144Hz)【通信機能】LAN : 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45) 無線LAN : IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0
  • 【外部ディスプレイ出力】HDMI×1【USBポート】USB3.0×2, USB2.0×1【その他】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1, ハイ・デフィニション・オーディオ準拠, ステレオスピーカー(2W×2), アレイマイク, 92万画素Webカメラ, 100キー英語キーボード (RGB イルミネートキーボード)
  • 【バッテリー駆動時間】約3.9時間 【消費電力】最大約150W【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

ASUS ゲーミングノートパソコン ROG Zephyrus G15 (AMD Ryzen7

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】ブラック 【サイズ】15.6 型, 幅360mm×奥行き252mm×高さ19.9~20.4mm/重量:約2.1kg
  • 【CPU】AMD Ryzen 7 3750H + Radeon RX Vega 10 グラフィックス【メモリ】16GB【ストレージ】SSD 512GB (PCIE 3.0 x2 接続)【グラフィックボード】NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti Max-Q (NVIDIA Optimus Technology対応)【外部ディスプレイ出力】HDMI×1
  • 【表示機能】ワイドTFTカラー液晶, ノングレア, 1,920×1,080ドット (フルHD) (リフレッシュレート:144Hz)【通信機能】LAN : 1000BASE-T/100BASE-TX/10BASE-T (RJ45) 無線LAN : IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax (Wifi 6), Bluetooth 5.0
  • 【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen2データ転送, 映像出力をサポート )×1, USB3.0×3【その他】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1, ハイ・デフィニション・オーディオ準拠, ステレオスピーカー(1W×2), アレイマイク, 88キー英語キーボード (イルミネートキーボード)
  • 【バッテリー駆動時間】約9.0時間 【消費電力】最大約180W【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ROG Zephyrus G15 GA502IU(Ryzen 4800HS/GTX1660Ti)の購入後レビューです。

ゲーム+アルファで使うため、見た目が派手ではないノートパソコンを探していました。
PCならではのゲームがしたかったので、この使い方で勧められるGTX1650ではなく、GTX1660を基本に検討を開始。
検討にあたって、重視したのは日本語キーボードです。
普段は会社でDynabook、家ではThinkpadを使っているため、変則的なキー配列は論外、できるだけ無理のない標準配列を念頭に、各社のゲーミングノートを比較しました。

最終的に比較検討したのは以下のシリーズの同等スペックPCです。

•ASUS ROG Zephyrus G15
•DELL G5
•HP Pavilion Gaming 15
•MOUSE G-Tune P5
•GIGABYTE AORUS 5

結果、以下の点でROG Zephyrus G15 GA502IUに決めました。

<他機種と比べて良い点>
・キーボードの¥とBackSpace、Enterと」キーが自然な配列(DELLとHPは英語配列を無理やり日本語配列にした感じのキーボード)
・テンキーレスなので、キーピッチに余裕がある
・テンキーレスなので、トラックパッドがモニタの中心にある
・無線LANが11ax(Wi-Fi6)対応(職業柄興味あり)
・電源がPD対応(ゲームをやらなければ軽くて小さいACアダプタで利用可)
・本体が薄くて軽い(19.9mm/2.1kg)
・GTX 1660Ti搭載で13万円台

<他機種と比べていまいちな点>
・144Hzディスプレイの色域が不明(写真編集などはしないので大きな問題はなし)
・SSDの増設は不可(空きスロットなし)
・Webカメラなし

<他機種と同等>
・ゲーミングノートらしい高いリフレッシュレートの液晶(144Hz)
・Nキーロールオーバー
・動作設定を管理する統合ユーティリティー

<実際に使ってみて>
■プラスポイント
・ゲーミングノートには見えない薄さと軽さ
 製品ページでわかっていたが、実物を見ると本当に普通の15インチノートPCに見える。
・十分以上の高性能
 いくつかのベンチを回してみたが、各種レビューで掲載されている数値と同程度が出ているので、たいていのゲームは設定をデフォルトで実行可能と思われる。MODを入れても十分に楽しめるはず。(まだ最近の重たいゲームはやっていません)

■マイナスポイント
・Enterキーの横にも1列あるキー配列が意外と曲者
 慣れの問題かもしれないが、ついつい、EnterキーやBackSpace、右矢印で誤タッチしてしまう。思っていたよりも違和感あり。
・タッチパッドの位置がちょっと使いにくい
 Enterキーの横に1列キーがあるせいで、タッチパッドがホームポジションで真ん中にならず、右に少しずれて使いにくく感じる。(普段はマウスなので大きな問題はなし)
・キータッチが少し重い
 DynabookやThinkpadの感覚で打鍵すると、打ち漏れらすことがある。自分の場合は少し強めの打鍵が必要。(価格から考えるとここを求めるのは間違いかも)
・高負荷時のファン音がかなり大きい
 薄型筐体にギューギューに詰め込んでいるからか、ゲームを始めるとシャーーーというファン音が鳴りっぱなしになる。ヘッドセット推奨。ただし、Web閲覧やYouTube、NETFLIXの視聴などでは非常に静か。
・指紋や手の汚れが非常に目立つ
 タッチパッドやハンドレストについた手指の脂が非常に目立つ。

・(要望)生体認証デバイスをぜひ
ゲーミングノートで生体認証があるものは少ないですが、持ち運べる軽さ、薄さだからこそ、ビジネスPCでは当たり前の生体認証デバイス(指紋認証や顔認証)を付けてほしい

<凶と出るか吉と出るか>
Zen2アーキテクチャのRyzen 7 4800HSなので、各種レビューサイトでのベンチマークスコアは、ゲームを含めて非常に良いです。
同世代のゲーミングノート用CPUの主流となるであろう Core i7-10750H と比べても、高性能な結果が出ています。

ただ、Athlon時代の私の経験では、AMD製CPUは相性問題が出やすかったです。
今のところ問題ないですが、何か問題が起きたら、ネットで調べる程度の努力や知識は必要です。

<結論>
実際に使ってみて感じたマイナスポイントは、すべて「このスペックで13万円台」という価格で納得できます。この価格で、この性能のスタイリッシュなゲーミングノートが買えるとは、すごい時代になったものです。

今年はPS5やXBOX Series Xも発売予定で、私のゲームの主流はそちらになると思いますが、GTX1660を搭載したROG Zephyrus G15 GA502IUであれば、まだこの先数年はPCだけでしか出ない新作ゲームも十分快適に遊べるはずです。

Ryzen 7 4800HSという多数派ではないCPUですが、それを踏まえても冒険するだけの十分な魅力があるノートPCだと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
・外部ディスプレイ/外部マウス/外部キーボードを繋げてデスクトップ代わりに使っています。
・処理性能は非常に高いです。重量級のゲームをやり込むのでもなければ、このパソコンで充分だと思います。
・HDMI2.0bに対応した外部出力端子を持っているので、外部ディスプレイに対して60fpsでの4K出力が可能です。(他メーカーの4K出力は、HDMI1.xで30fpsでしか出力出来なかったりするので、意外と盲点だと思います)
・本体は堅牢な作りで、多少雑な扱いをしても壊れなさそうな安心感があります。また、思ったほど重くないです。
・ファンノイズもデスクトップパソコンに比べれば大きくないです。扇風機の微風程度でしょうか。
・冷却機構が巧く設計されており、発熱は全く気になりません。スペックシートからは読み取れない地味な点ですが、ASUS社の技術者に賛辞を送ります。
・1週間使ってみた限りでは、特に不具合も見当たりません。良い品だと思います。ASUS社の技術者に賛辞を送ります。
・初期導入されているマカフィーの体験版は無用のトラブルを招くだけなので、届いたら真っ先に削除をお勧めします。Windows10であれば、OS標準のウィルス対策で充分だと思います。
・OSによるドライバの自動更新はトラブルを招く可能性があるので、届いたら真っ先に手動更新への切り替えをお勧めします。
・GPUが1650/1650tiのモデル(本品)と、1660tiのモデルでは、スペックシートからは読み取れない点で設計が微妙に異なる(冷却機構の設計が異なる、増設出来るSSDのインターフェースが異なる)様です。ご注意ください。(ASUS社の宣伝担当の方には、こういった細かい点も含めて開示をお願いしたいです) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS オフィス付きノートパソコン X545FA ( i3-10510U / 8GB・SSD

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】スレートグレー【ビジネス統合アプリ】Microsoft Office Home and Business 2019
  • 【CPU】インテル Core i3-10110U【メモリ】8GB 【ストレージ】SSD:512GB(PCI Express 3.0 x2接続)【メインディスプレイ】15.6 型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080(フルHD)【バッテリー駆動時間】約6.8時間 【消費電力】最大約45W
  • 【光学ドライブ】DVDスーパーマルチドライブ(2層ディスク対応)【外部ディスプレイ出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.0 ×2、USB2.0 ×1【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0【サイズ】幅360.2mm×奥行き234.8mm×高さ23.0mm/重量:約1.9kg【その他】ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー (2W×2) / アナログマイク/ 30万画素Webカメラ内蔵 / 指紋認証
  • 【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品 詳細は画像のQRコードよりご覧下さい

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
子供のオンライン授業用に購入。
Specとして、Win10、SSD500GB、メモリ8GB、Core i3(8th Gen)が譲れない線で、即納可能かつ\100kを切るものを探していました。
hp、dell、lenovoあたりだと納期一ヶ月以上先で、国内メーカー(Fujitsu、Toshiba、Panasonic)は予算Over( Core i3でメモリ8GBの組み合わせがなくて、Core i5以上になるので…)。
そんな中、条件を満たしたのがこのPCでした。
ASUSは昔(エイサスと呼んでいた頃)から気になっていて、一度使って見たかったので購入。
国内メーカー製と違って、余計なものが入っていなくてスッキリ。セットアップ後のデスクトップにはエッジのアイコンしかなくて、清々しさすら感じます(Chromeをインストールするところから始める必要がありますが、それもまた良し)。余計なアプリが起動していないのでサクサク動き、子供のオンライン授業でも全くストレスなく使えました。
まさに、こういうので良いPCでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
日常の生活とちょっと仕事に使うだけで、MicrosoftOfficeがついていてCorei7で十分以上です。タイムセールもあって格段に安かったです。7年使用した東芝からの買い替えなので評価甘いですが。ワイアレスマウスを付けたらタッチパッドが反応しなくなり、PC素人の自分はすぐヘルプデスクに電話したら待ち時間ゼロで繋がり、日本語が堪能な方々に丁寧にサポートしていただきました。ただ実際はf6キーでオンオフ切り替えするだけの事だったのですが、最初に対応してくれた人は違う方法を導かれ、危うく初期化するところでした。こういうことはどのメーカーでもあり得るかなと思いましたので、あげつらうつもりはありません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

AcerノートパソコンAspire5 A515-54-H78U/KA Core i7-10510U

  • [CPU] インテル Core i7-10510U プロセッサー [メモリ]8GB オンボード 4GB + SO-DIMM 4GB x1 DDR4-2666MHz SDRAM
  • [ストレージ]256GB SSD M.2 (Type 2280), PCIe, NVMe
  • [ストレージ]256GB SSD M.2 (Type 2280), PCIe, NVMe [グラフィック]インテル UHD グラフィックス (CPUに内蔵)
  • [ディスプレイ]15.6インチ/フルHD(1920×1080)/16:9/LEDバックライト/非光沢パネル/表示色:1670万色 光学ドライブ非搭載
  • 付属品:45W ACアダプター、ACコード(約1m)、HDDアップグレードキット (一式) 、セットアップガイド、保証書、修理依頼書、国際旅行者保証書、ノートブック説明(Addendum for notebooks/tablets)、Acerパソコン出張サポート案内
  • ディスプレイの種類:LCD
  • モデル年度:2019

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初売りセールで、Acer A111-31-A14PA/F(純正Office付き)を34800円のクーポンで5%オフで購入

同じくらいのスペックのパソコン(ASUSのOffice互換ソフト付き)や、Office無しの本機が、某家電量販店で同額くらいで売っているのを見て、購入。
実を言うと、本機のOffice無しは同セールで24800円で売っていたので非常に悩みました。Officeの相場を見るに、追加で買うと一アカウント15000円くらいはするため、悩みながらもOffice付きに、セール以後や家電量販店では二万円くらいのプラスのため、Office付きで良かったかなという印象です。まあ、認証はしたもののまだ使ってませんが……w

本機のメリットデメリットを少々

メリット
①メモリの増設可
もともと4GBのメモリですが、メモリスロットが1つ空いており、増設可能です。
ただ元々付いているものは外せない?(少なくとも裏蓋を開けただけでは見えませんでした。)ので、追加できるのは4GBです。(同サイズでないと不具合が起きる、と聞いたためで16GBも付けられるのかは不明ですが……)
型番でAmazonで検索をかけるとキングストンのものが2514円だったため購入。
メモリ増設は初めての体験でしたが、ドライバーで裏蓋を開けたら簡単にできました。パチッとハメるのはドキドキしましたが……
「表裏に気をつける(端子の溝の位置で簡単にわかります。なんか色々付いている方が基盤側になりました)」「静電気や埃、手の汚れに気をつける(手洗いをし、よく拭き、一応金属に触れてから作業しました)」の二点に一応気をつけました。
初回起動前にハメましたが、成功しました。別に起動後でも良いみたいです。もちろん電源がオフの時に作業しました。
メモリが8GBあると安心できますね。恩恵は感じるほど触ってませんが、Chromeでタブを開きまくりつつ、動画を見つつ、Webサイトを巡回しつつ、漫画も見る、といったちょっと頭のゆるい使い方をしがちなのですが、メモリはまだまだ余裕があります。
同価格帯では増設できないのもありますが、使用内容に応じて選んでみては!

②軽い
1kgちょっとです。
軽いは正義。同サイズ帯は二極化していて、めちゃ高いやつと、めちゃ安いやつの二種類しかありませんが、使用に問題がないなら、安い方が雑に扱えるのでオススメですよ。
ビジネスに使うなら高い方が安心安全かもですが……
自分は完全趣味の使用での機体なのですが、同じようなコンセプトの前機種は四年くらい持ちましたw
元は完全に取れましたね……、これも2年くらい使い潰せれば御の字かと
おすすめな使い方は旅行に同伴ですよ!USBが3つも刺さるので、充電バッテリー代わりになります。
コンセントが1つしかない時にも、これをとりあえず拠点にすれば安心です。
スマホと違い、サイトを開いておけばオフラインで見返し放題のため、山の奥とか、地下とか、某県とか、電波の繋がりにくい場所でも使い勝手が良いです。
スマホよりもオフラインでの使用が色々便利ですしね。

③USBが右に1箇所、背面に2箇所ある
これは人によってはデメリットかもしれません
自分はお行儀悪く、寝転がりながらパソコンを見るのですが、出先から帰ってから、という状況も多いため、色々充電もしたい
USB端子が片側に集中してると差しながら寝転ぶ、ということが難しい時があるのですが、これは背面もあるため、場合によって刺す場所を変えられます。
壁の手前に置く時なんかは背面は逆に抜き差しが不便なため、逆に右側の端子は有難いですね。
電源ケーブルの差込口は背面のため、使用スタイルに合っているかは確認が必要かと!

デメリット
①キーボード配列が窮屈
ちょっとキーがギュッとなってます。
気になる方は実機を触ってみると安心だと思いますが、そこまで、ではないです。
ただ一点、十字キーが独立していません。何故なんだ……。
pg upとpg dnのキーが十字キーの左と右上に配置されており、指で触っても分かりづらい……
Webサイトを見るとき、これでスクロールしたりするのが癖なのですが、非常にやりづらく、指を置きっぱなしにしたり、一々目視で確認しています。
ここは、隙間が欲しかった……
まあパソコンを買い換えるたび、キーボード配列には毎回苦戦しているので、いずれ慣れるでしょう

②画面タッチの操作は出来ない
昔ながらのノーパソの作りで、画面にいくら触っても操作は出来ません
まあ要らないっちゃ要らないのですが、そういう操作に慣れた世代には旧型感があるかもしれません。
あと、F8のキーを押すとタッチパネル操作を受け付けなくなります。
誤操作を受け付けないように、だと思いますが、別に要らない……
ついさっきもいつの間にか触っていたらしく、困惑しましたw
再起動しても継続するみたいなので、迷ったらF8を押してみてください!

③Sモードが初期設定
これ、最近は標準装備なんですかね?
いわゆるスマホやタブレットに寄ったモードで、Windowsの認めたアプリ以外のソフトはインストール禁止、かつ、Edge以外のブラウザは標準ブラウザに設定不可、というモードです。
安全安心を求めて、学校などでの使用を想定したモードみたいなのですが、解凍ソフトやらやらをお気に入りがある身にはありがた迷惑……
そもそも登録されてるアプリも聞いたことないのばっかりで、聞いたことあるのは有料も多い……
通常モードに簡単に直せるのですが、不可逆でSモードには戻せないみたいです。
まあ、速攻で通常モードに戻しましたw
よっぽどの初心者でなければ通常モードに戻した方が使い勝手はいいかと……
まあ安全らしいのでWebサイト閲覧くらいの用途ならSモードでも良い……?

④サポート体制がうんちっち
Acerのサポートについての用紙が入っていますが、ことごとく有料です。
しかも結構高い……
まあ初心者でも別に困らないと思いますが、パソコンを初めて買うけど教えてくれる人がいないような場合は、詳しい人にビールでも奢った方が安いかと……
まあ一応普通に使っててもサポートしてもらいたいような状況にはなってません。

というわけで、もっと使っていくと良い面も悪い面も色々出てくると思いますが、まずはこのくらいで
今は普通の値段なので、自分の価格を参考にセールの時に買ったり、比較材料にしたりしてみてください。
この値段なら損のしようがありません! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PCの使用目的が、Officeの使用とネットを見るくらいだったので、性能的には何の不満もありません。
コスパも、最高に良いと思います。
ただ、ストレージの容量が、64GBと少なかったので、注文時に、SanDiskの256GB SDカードも買ったんですよ。

届いたPCのセットアップも終わり、SDカードを挿したら、画像のありさまですわ。

あれっ、奥まで入らない? 引っ掛かってるのかな? んっ?んっ?
抜き差し数回・・・・・・ もしかしてぇ、まさかねぇ、ハハハハハハハ
LEDハンドライトで、SDカードスロットの穴を照らして見ると・・
これで正常な位置なんかい~ガクッ

ちょっと高かったけど、SanDiskの256GB にしたのにぃ~、挿したままバックに入れて持ち運びできねぇ
皆さんも、お気を付け下さいね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

13万円で買える 15インチ 最新モバイルノートPC

以下が13万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
Dell ゲーミングノートパソコン Dell G3 15 3500 ホワイト Win10/15.6FHD/Core i7-10750H/16...
発売日 2020/09/05
通常 142,846円
現在 109,800円
33,046円(23%)OFF!!
(4.4)
総評価数 14件
2
(4.1)
総評価数 38件
3
ASUS ゲーミングノートパソコンTUF Gaming F15 (Core i7-10750H / GTX 1650 / 16GB, SSD...
発売日 2020/06/13
通常 132,800円
現在 106,800円
26,000円(20%)OFF!!
(4.5)
総評価数 172件
4
Lenovo ノートパソコン Ideapad S540(15.6型FHD Core i7 12GB 1TB Microsoft Office...
発売日 2020/04/15
通常 136,627円
現在 119,800円
16,827円(12%)OFF!!
(4.3)
総評価数 21件
5
(4.2)
総評価数 127件

Dell ゲーミングノートパソコン Dell G3 15 3500 ホワイト W...

  • 【OS】Windows 10 Home 64bit【Office】なし【セキュリティ】マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • 【画面サイズ】15.6インチFHD(1920x1080)【パネル】広視野角/非光沢/144Hz/300nits
  • 【CPU】第10世代Intel Core i7-10750H(コア:6/キャッシュ:12MB/最大:5.0GHz)【メモリー】16GB(8Gx2)【保存装置】512GB M.2 PCIe NVMe SSD【GPU】NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti 6GB GDDR6
  • 【接続端子】USB:USB3.2Gen1(Type-A/PowerShare 機能付き)x1,USB2.0x2,Thunderbolt 3x1 オーディオ:ヘッドセットx1 映像:HDMI2.0x1,MiniDisplayPort1.4bx1【通信】有線:RJ-45x1 無線:Killer Wi-Fi 6 AX1650 and BT 5.1【その他】SDカードスロット(SD/SDHC/SDXC)
  • 【サポート】1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
セール開催時に購入しました。(確か91,000円前後)
◎主な用途であるゲームをプレイした際の感想を掲載します。

 ●マインクラフト(JAVA版)
  ・プレイ環境 フルスクリーン、影MOD(SEUS Renewed)、各種設定は描画優先、ほか20個ほどMod導入
  ・フレームレート 60fps前後
   個人的には特に問題ありませんが、チャンクの設定は標準設定よりも広くするとカクつきますので、
  広域まで見渡してプレイしたい方はおそらく厳しいです。

 ●MHW
  ・プレイ環境 中画質モード(PS4は低画質モード固定)
  ・フレームレート 60~65fps(PS4は30fps固定)
  高画質だと55前後。慣れればプレイできる?印象です。
   なお、パッチが充てられたせいか分かりませんが、リリース直後問題になっていたCPU使用率は、
  100%に張り付くことはありませんでした。

 ●フォートナイト
  ・プレイ環境 最高画質
  ・フレームレート 60~65fps
 非常に快適。フレームレートが気になる場合、画質をもう1段階落とせば90fps前後は出ます。

◎CPU温度について
 100%負荷の状態で60℃前後と、発熱は控えめ

◎ファンの音について
 ゲーム用途であれば標準的な大きさ

◎総評
出先にもPCを持ち歩きたいし、なおかつPCゲームもやりたいライトユーザーにはお勧めです。
(ガチ勢の方はそもそもゲーム用途でノートPC購入しないと思いますが) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初めてのゲーミングPC!

なので他と比べられず良し悪しはわかりませんが、購入して1ヶ月ほど毎日使用していますが良いです。
ゲーム動画を撮ったり編集したりと使用しています。操作とのラグもなく音声も遅れないです。
ただ編集ソフトpowerdirector18(無料版)を使用して読み込みすると毎回強制終了してしまいます。ですのでキャプチャーボードを購入したときに付属していたpowerdirector15を使用しています。
あとはネットに繋ぐのはInternet explorerではないので(Internet explorerの最新版のようです)アップロードするときに、問題ありと判断されてしまいました。直接はできなくて出力してからYouTubeで直接アップロードしなくてはならず、少し手間でした。
うちは家族を含め、PCの知識が浅く無知な部分もあると思うので、慣れている方ならその辺は問題なくクリアできるのかなぁと思います。少しずつ勉強していきます!
安価なPCは博打のようなドキドキがありますし、長いこと使うのであればDELLもおすすめですよ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS オフィス付きノートパソコン X545FA( i7-10510U / 8GB・SSD

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】スレートグレー【ビジネス統合アプリ】Microsoft Office Home and Business 2019
  • 【CPU】インテル Core i7-10510U【メモリ】8GB 【ストレージ】SSD:512GB(PCI Express 3.0 x2接続)【メインディスプレイ】15.6 型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080(フルHD)【バッテリー駆動時間】約6.7時間 【消費電力】最大約45W
  • 【光学ドライブ】DVDスーパーマルチドライブ(2層ディスク対応)【外部ディスプレイ出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.0 ×2、USB2.0 ×1、USB×3【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0【サイズ】幅360.2mm×奥行き234.8mm×高さ23.0mm/重量:約1.9kg【その他】ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー (2W×2) / アナログマイク/ 30万画素Webカメラ内蔵 / 指紋認証
  • 【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品 詳細は画像のQRコードよりご覧下さい

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
子供のオンライン授業用に購入。
Specとして、Win10、SSD500GB、メモリ8GB、Core i3(8th Gen)が譲れない線で、即納可能かつ\100kを切るものを探していました。
hp、dell、lenovoあたりだと納期一ヶ月以上先で、国内メーカー(Fujitsu、Toshiba、Panasonic)は予算Over( Core i3でメモリ8GBの組み合わせがなくて、Core i5以上になるので…)。
そんな中、条件を満たしたのがこのPCでした。
ASUSは昔(エイサスと呼んでいた頃)から気になっていて、一度使って見たかったので購入。
国内メーカー製と違って、余計なものが入っていなくてスッキリ。セットアップ後のデスクトップにはエッジのアイコンしかなくて、清々しさすら感じます(Chromeをインストールするところから始める必要がありますが、それもまた良し)。余計なアプリが起動していないのでサクサク動き、子供のオンライン授業でも全くストレスなく使えました。
まさに、こういうので良いPCでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
日常の生活とちょっと仕事に使うだけで、MicrosoftOfficeがついていてCorei7で十分以上です。タイムセールもあって格段に安かったです。7年使用した東芝からの買い替えなので評価甘いですが。ワイアレスマウスを付けたらタッチパッドが反応しなくなり、PC素人の自分はすぐヘルプデスクに電話したら待ち時間ゼロで繋がり、日本語が堪能な方々に丁寧にサポートしていただきました。ただ実際はf6キーでオンオフ切り替えするだけの事だったのですが、最初に対応してくれた人は違う方法を導かれ、危うく初期化するところでした。こういうことはどのメーカーでもあり得るかなと思いましたので、あげつらうつもりはありません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS ゲーミングノートパソコンTUF Gaming F15 (Core i7-10750H

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】フォートレス・グレイ【サイズ】幅359.8mm×奥行き256mm×24.7mm 約2.3kg
  • 【CPU】インテル Core i7-10750H (6コア・12スレッド)【メモリ】16GB 【ストレージ】SSD:512GB(PCI Express 3.0 x2接続)【GPU】GeForce GTX 1650【バッテリー駆動】約6.0時間 【消費電力】最大約150W
  • 【ディスプレイ】15.6 型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080(フルHD)(144HZ)【外部出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen2※データ転送と映像出力をサポート)、USB3.0×2、USB2.0×1【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth 5.0【その他】ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー (2W×2) / アレイマイク / 92万画素Webカメラ内蔵 / 103キー日本語キーボード(RGB イルミネートキーボード)
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品 詳細は画像のQRコードよりご覧下さい

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
モデル:FX505DT-R7G1650META
用途:Cities Skylinesやリモートワーク(両方全くストレス無しで使えます。)

ファンのノイズ:
ゲームをやっていて、ノートが熱くなってくると、若干ファンがうるさくなりますが、通常利用(オフィスワークやウェブ閲覧)では聞こえない程度の音です。

キーボード:
キーボードは英字配列なので、初期設定で誤って日本語キーボードを選択すると、キーとタイプが一致しなくなって焦ります。(ちょっとググれば簡単に直せますが。)
個人的にPgUpとPgDnのキーが10キーパッドにしか無いのが嫌だったので、AutoHotKeyを使って、Pause/BreakをPgUpに、PrtSc/SysRqをPgDnにリマップして使っています。(エクセルでショートカット操作を行う人にはオススメです。)

メモリ等のアップグレード:
新品の状態では8GBが2枚(16GB)が入ってます。アップグレードは32GBまで可能ですので、私は16GBx2にメモリをアップグレードしました。精密ドライバー・三角ピック(Amazonで1200円ぐらい)があれば5分ぐらいで簡単にできます。
ストレージはPCIe3.0のスロットにデフォルトで512GBのSSDが入っている他、2.5"のSATAスロットが一つ空いている状態なので、追加で1TB(合計1.5TB)まで増設が可能。

これほどコスパの良いゲーミングノートパソコンは他では無いと思われます。アマゾンで買う方が送料がかからない分、メーカーから直で買うより安いです。追加保証は購入後MyAsusからできるみたいです。非常に良い買い物をしたと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
10万円を超えると経理上消耗品扱いできないので、10万円以内で買えるノートPCを探してました。
CPUはコスパ優先のRyzen7、メモリーは16GB、そしてある程度の能力のグラボを積んでいることが条件です。
探しついたのがこちらのTUF Gamingでした。

他社の同等品なら+3万円〜5万円くらいするはずです。
見た目はややゴツそうな印象な本体ですが、見た目よりは軽い印象です。
ファンの音が気になる方もいるかと思いますが、ファン付きのノートPCならどのノートPCもそれなりにファンの音が気になりますが、使っているうちに慣れます。
YouTubeで動画を視聴する程度では、ファンは回りません。

とても満足が行く買い物ができました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lenovo ノートパソコン Ideapad S540(15.6型FHD Core

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)、CPU:インテル Core i7-10510U プロセッサー、1.80GHz (ターボブースト時 4.90GHz)
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 15.6型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:12GB PC4-19200 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)、メモリスロット1 (空0)、ストレージ:SSD 1TB (PCIe NVMe/M.2)
  • インターフェース:Type-C:USB3.0×1、フルサイズ USB:USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMIポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • WiFi、Bluetooth:IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.2、Officeソフト:Microsoft Office Home & Business 2019

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
簡単に立ち上がりました。データの移行もスムーズに実行できました。
なによりも静かでスピードも申しないです。SSDの容量が512GBあるのがとても頼もしいです。
立ち上げ時画面の明るさが100%でしたが軽減しなおしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
購入し届いてから一週間ですが、今のところサクサク動作し問題なし。思ってたより重たい感じですが家の中だけなので良し。購入後、発送も早く使用したい日程に間に合った。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS オフィス付きノートパソコン VivoBook 15( Core i7-1065G7/

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】トランスペアレントシルバー【ビジネス統合アプリ】Microsoft Office Home and Business 2019
  • 【CPU】インテル Core i7-1065G7 プロセッサー/Iris Plus グラフィックス (CPU内蔵)【メモリ】16GB 【ストレージ】SSD:512GB(PCI Express 3.0 x2接続)【ディスプレイ】15.6型ワイドTFTカラー液晶 / ノングレア / 1,920×1,080【バッテリー駆動時間】約7.6時間 【消費電力】最大約45W
  • 【外部ディスプレイ出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen1※データ転送をサポート) ×1、USB3.0×1、USB2.0×2【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 5.0【サイズ】幅357.2mm×奥行き230.4mm×高さ19.9mm/重量:約1.7kg【その他】ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー (2W×2) / アレイマイク/ 92万画素Webカメラ内蔵
  • 【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品 詳細は画像のQRコードよりご覧下さい
  • コネクタタイプ: Wi-Fi
  • ディスプレイの種類: LCD
  • モデル年度: 2020
  • 合計USBポート数: 4

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
出張時もノートパソコンを持って行けるよう、軽いのに買い換えたいと思った矢先、そのパソコンが壊れました。

15:6inchで軽いものを探していて、尚且つテンキー付きで見つけたのがこれでした。

テンキー無しだと、さらに軽いのがあったのですが、持ち歩くのは隔月の東京出張時だけなので、操作性でこちらを選択。

前機種がdynabookだったのですか、画面サイズは同じでも余計な部分がなく一回りコンパクトになってました。
重量は、2,4㎏から1,7㎏に軽量化。

防水&衝撃吸収ケースも購入し、手提げ鞄に入れるとジャストサイズでした。

出張時は、キャリーバッグの上に手提げ鞄を付けて移動するので、許容範囲内かと。
手に取った感じでは、dynabookよりかなり軽く感じます。

そしてメモリは、4Gから8Gになったので、かなり軽快です。

画面の色が、dynabookに比べると、かなりセピア色で、当初はショックでしたが、慣れてきたら気にならなくなりました。

発売前に注文したので、発売後すぐに発送され助かりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
約四年使っていた古いノートPCがダメになりまして、この度新しくこちらを購入しました。
さりげなく付いている指紋認証がとても有難い。Windows10だというのに、なにしろ起動が早いので、とても快適に操作ができます。
またデフォルトでWPS Officeが付いているのも有難いです。
ただし、ゴリゴリな3Dゲームで遊んでいると、フレーム飛びする事があったので、そのような目的の方には向いていないと思います。当然ですがゲーミングPCをおすすめします。
それ以外例えば事務作業や動画閲覧目的などの方には十分すぎる程の性能を持っているのではないでしょうか。
音質に関しては、いくつかYoutubeなどで試してみましたが、及第点だと思います(低音が弱いかも、しれません)。
総じて、非常にコストパフォーマンスの良いマシンであると、現段階では思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

関連:モバイルモニターで効率アップ

以下では、ノートPCのモニター領域拡張や、出先でのゲームや動画利用など、幅広く使えるモバイルモニターをサイズ別に紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました