【2021年最新】格安・軽量の13インチノートPC「人気おすすめの20製品」

こちらでは格安で購入できる最新のノートパソコンを紹介。

ゲームやデザイン等の高負荷処理は難しいですが、Webブラウジングや事務処理なら十分なものが、なんと3万円程から買える時代。

以下では、中古も含む格安で買えるノートPC、中でも持ち運びもしやすい13型サイズのものを、人気とともに紹介していきます。

Contents

   

3万円で買える 13インチ 最新モバイルノートPC

以下が最安ともいえる3万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 29件

Jumper ノートパソコン 13.3インチ 日本語キーボード Win10搭載 薄型PC

  • 【OS】Windows 10Home 64ビット【CPU】インテル Celeron プロセッサー N3350【メモリ】4GB【ストレージ】eMMC:64GB【カードリーダー】128GのSDサポート、MicroSDの1TB SSD拡張サポート(SDとSSDを別売りください)【ディスプレイ】13.3型【キーボード】日本語
  • 【解像度】1920*1080フルHD【液晶】IPS広視野角【液晶輝度】最高輝度300nits【カメラ】HDカメラ内蔵【ノートパソコンのサイズ】315mm×208mm×18.2mm【ノートパソコンの重量】1.23KG
  • 【通信機能】802.11ac+Bluetooth 【バッテリー駆動】約7時間【その他】マイク・ダブルスピーカー内蔵 【言語】日本語、英語、中国語、ロシア、スペイン語、ドイツ語
  • 【外部出力】DC3.5mmポート*1、USB3.0ポート*2、イヤホンポート*1、mini HDMIポート*1、TFポート*1【付属品】電源アダプタ*1、日本語説明書*1、保証期延長書*1
  • 軽薄型ノートパソコン:画面がキレイで、動画が観やすいです。色が鮮やかで自然な色彩表現、迫力ある臨場感を楽しめます。日本語キーボードで、初期設定必要がありません。到着して、すぐにご利用いただきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
現有のノートパソコンが古く、動きがかなり遅くなったので、購入しました。まだバッテリーなどは分かりませんが、安かったですし、使用用途には十分なので良かったと思います。
初めてのSSDは起動・終了とも早く、CPUも複数のソフトを使用していてもサクサク処理してくれます。
ただ、SSDなのかファンなのかはわかりませんが、音がうるさく、
なんとかできないかと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
コスパが非常に良く、いつも、カバンに入れて持ち運んでいます。
重さも気にならないし、この安さは他にはないと思います。
タイピング練習用には大満足です。
中古パソコンか新品パソコン迷いましたがこちらの新品パソコン購入出来て良かったです。
改善点あるとすれば、当方慣れていないためか閉じている状態から開けるのに少し手こずりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

5万円で買える 13インチ 最新モバイルノートPC

以下が5万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.3)
総評価数 113件
2
(4.3)
総評価数 655件
3
Acer Chromebook R 13 Convertible, 13.3-inch Full HD Touch, MediaTek MT...
発売日 2017/02/03
通常 57,086円
現在 54,908円
2,178円(4%)OFF!!
(4.4)
総評価数 753件
4
Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad Flex550i (13.3インチフルHD液晶 Celer...
発売日 2021/02/17
通常 62,674円
現在 50,900円
11,774円(19%)OFF!!
(0)
総評価数 0件
5
Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad Flex550i (13.3インチフルHD液晶 Celer...
発売日 2021/02/17
通常 64,918円
現在 53,144円
11,774円(18%)OFF!!
(0)
総評価数 0件

富士通 ノートPC S936/wajun(ワジュン) XR PCバッグセット/1...

  • 15980円のwajunのXR PCバッグ無料搭載(wajunはワジュンPCで「商標登録済」になっております、他社無断掲載は商標権の侵害なりますので、アマゾンに通報します。特級オックスフォードポリアミド素材、普通の素材より3倍強い、ノートPC3台同時収納可能、ASINはB08P5HXBZ2)正規Microsoft Windows 10 MARシール付き/半年間修理交換安心サービス付き・保証書付き/HDDかSSDは全て新品採用
  • 13.3インチワイドフルHD液晶搭載、WEBカメラ搭載、テレワーク最適!!最新バージョンのMicrosoft Office 2019(Word,Excel,Powerpoint,Outlook)搭載!!
  • CPU:新古品の第6世代Core i5-6300U 2.4GHz WEBカメラ、USB 3.0、Bluetooth、SDカードスロット、指紋認証、無線機能完備、電源ケーブル付属
  • 大容量メモリー:8GB 大容量新品SSD:256GB
  • Windows 10 64 bit(正規MARシールが貼ってあります)搭載

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
中古か?と感じる程新しい印象を受けます。性能的には動画編集でもしないと分からないですが、普通使いとしては十分だと思います。唯一の不満があるとすればパーテーションで、1テラのS S Dの中でOSドライブのCが180メガの容量で割り振れられ、 Dドライブは800メガ以上なので、調整したいのですが、間に復旧ドライブが挟まっいて、ディスク管理でさパーテーションを調整できないことです。コマンドプロンプトで、挟まっている復旧ドライブを消せばいいのしょうが、手間と失敗が気になります。 S S Dは容量が大きい程、速度が上がると思いますが、Cと Dの比率でもそれは言えることかもしれず、よくわかりませんがCと Dの比率を半々くらいにセットしてくれたらいいと思いました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
再生品、要するに一般的に中古品と呼ばれる製品ですが、外観上も機能上も何の問題もありませんでした。
小さくて持ち運びが容易なノートパソコンを探していたら、偶然アマゾンからWAJUN PCの案内のメールが届いた。
調べてみると驚きの価格(安い)だったので試しに購入してみた。再生品なので外観は期待していなかったが、届いてみたらとてもキレイなので驚きました。また、O/SのみでなくMSオフィース2019までインストールされており、
何もすることなく起動しました。なお、新品の携帯用バッグかついてきたのには驚きです。
新品にこだわりが無い人であれば是非、お勧めできる一品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad

  • OS:Chrome OS、CPU:インテル Celeron プロセッサー N5205U、1.90GHz
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり
  • メモリ:4GB PC4-19200 DDR4 SDRAM(オンボード)、スロット:0 (空0)、ストレージ:32GB eMMC
  • インターフェース:フルサイズ USB:USB3.0×1、Type-C USB3.0×2(Power Delivery対応、Display Port出力機能付き、DC-in機能付き)、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • WiFi、Bluetooth:Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) 、Bluetooth v5.0
  • 合計USB 3.0ポート数: 合計USB 3.0ポート数:3

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
先日購入しました。注文の翌日に配達して頂き、とても助かりました。以下、気に入った点です。
1. 高品質なディスプレイ 
「10.1型 WUXGA IPS液晶 (1920x1200ドット、約1,677万色) 、光沢あり、マルチタッチ対応(10点)」とありますが、家の妻もこの価格でこの液晶ディスプレイの綺麗さ、という点に驚いてました。DAZN(ダゾーン)をGoogle Play からダウンロードして、もしくはChromeブラウザからも見たのですが、スポーツやF1中継など、とにかくきれいでした。マンチェスター・シティーの試合を見たのですが、ユニフォームも芝もナチュラルな鮮明な色で、変な癖のないディスプレイだと思いました。

2. グーグル クロームブック初代機として不安を払拭
我が家で初めてのGoogle Chromebookでありましたので、奥さんが購入前は不安がっていましたが、そんな不安を払拭する初代機となる予感です。個人の感覚に依存しますが、上で述べた液晶も含め全体の筐体のデザインが良く、安っぽさがありません。Wi-Fi環境でインターネットブラウザでアプリを立ち上げ、または様々なウェブサイトを使用する用途でしたら、全く問題なく非力なところもありません。アマゾン版は64GB、Lenovo 直販は128GBで少し価格差(当然Amazon が安い)があるようですが、そもそもクラウド(GoogleドライブやGoogleフォト)にファイルを置いたり共有することがあるので、ローカルマシンのこのクロームブックのハードディスク容量はそれほど重要視しておりませんでした。

3. キーボードの打感
コンパクトによくまとまったキーボードで、IBM時代からThinkPadで定評のある(元々ThinkPadファンですが)キーボードの打感が感じられました。このキーボードの開発をレノボのキーボード開発チームが直接関わって追求したのか、メーカーの人にぜひ聞きたいところであります。ペラペラではないキーボードで、それなりに重量を犠牲にしたのかもしれませんが、押し込んだ時の打感がThinkPadに近いものを感じます。やるなぁと感心させられました。

4. コンシューマー製品にこなれてきた感
以前のレノボとくらべると段違いにコンシューマー製品の開発にこなれてきた感があります。本体(キーボード部分)とタブレットが分離するThinkPad Helix というのを使ったことがありますが、ファンや接続部分の筐体の強度不足からなのかマシンが動かなくなる現象がありましたが、このChromebook は写真でアップしたようなデザインなので、ディスプレイの換気のファンが接続部にない(正確にはディスプレイ上部に2箇所あるよう)ので、おそらくHelixの時に感じた不安は起きないと思われます。
USB Type-C は1つですが、全然問題無し。そういうところも開発コストと販売価格でビジネスとして成り立つ1台あたりのマージンを計算し尽くした、こなれてきた感じが出ています。「USB Type-C to 3.5mmオーディオジャック変換ケーブル」を購入前に同梱物として見逃してましたが、入っていてちょっと嬉しかったです。(子供の英語学習などに)

5. バッテリーの持ち
Chromebookならでは、なのでしょうが、バッテリーの持ちの長さですね。使用時間10時間とあります。

残念だった点
1. 写真でアップしましたが、折り畳んだ際に微妙にズレます。ここまでがんばったので、ピタッとなってほしかった。裏のカバー&タブレットディスプレイ、キーボード&タブレットディスプレイ、この2組がピタッとくっついてくれるので気持ちいいのに、ここだけ微妙にずれるとあれ?っとなります。ただ、開発した人に言わせるとこれが難しいんだよ、と言われるのかも知れませんが。
2. 重量
921gとありますが、ちょっと重く感じます。でもこれでも確かに他のWindows PCや通常のChromebook が1kgを切らないことを考えると全然素晴らしいのかも知れません。

総評:素人のレビューで恐縮ですが、ほんとよくできている製品だと思います。この値段でよくこれを出したな、と。個人的には59,800円くらいか、10年前だったら10万円前後でもよかったくらいの製品だと思います。本体カバーが今はグレー1色ですが、そのうちGIGAスクール用にカラーバリエーションを出してきて、学生さんが持つとそれはそれで十分活用できるレベルの、全然非力でないノートパソコンだと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Chromebook2台目です。スペックだけ見ると不安に感じるかもしれませんが、そこは、Chromebook。サクサク動きます。iPadサイズのデタッチャブルChromebookは限られていますし、この価格でこの機能ですから、これ一択ではないでしょうか。液晶も1920×1200と精細で、IPSのためか、発色もTNとは一線を画する綺麗さです。USB-Cが一つしかありませんが、充電以外繋ぐものもないので特に困りません。
注文から3日で届きましたし、値段も底値(37.8K)だったようです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acer Chromebook R 13 Convertible, 13.3-inch

  • Acer Chromebook R 13 Convertible, 13.3-inch Full HD Touch, MediaTek MT8173C, 4GB LPDDR3, 32GB, Chrome, CB5-312T-K5X4

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
This is my second chromebook so I was already familiar with the operating system.

Really nice design. The size is just perfect, not not big and not too small, plus it is fairly light. Really good performance and features at least for office use.

The delivery was ahead of time (really important !). The seller was responsive 🙂 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad

  • OS:Chrome OS、CPU:インテル Celeron プロセッサー N5205U、1.90GHz
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり
  • A1規格のパフォーマンスで素早くアプリを起動
  • フルHDビデオの録画や視聴に最適

↓全て表示↑少なく表示
 
  

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン Ideapad

  • OS:Chrome OS、CPU:インテル Celeron プロセッサー N5205U、1.90GHz
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 13.3型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、マルチタッチ対応(10点)、光沢あり
  • A1規格のパフォーマンスで素早くアプリを起動
  • フルHDビデオの録画や視聴に最適

↓全て表示↑少なく表示
 
  

 

   

7万円で買える 13インチ 最新モバイルノートPC

以下が7万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.8)
総評価数 37件
2
(4.1)
総評価数 8件
3
(4.5)
総評価数 1893件
4
(4.7)
総評価数 270件

Huawei MateBook 13/13インチ/Core-i5/メモリ8G/S...

  • フルディスプレイノートブック:画面占有率88% スリムベゼル約4.4㎜
  • 2Kディスプレイ:高解像度2160×1440 200PPI
  • サイズ:厚さ約14.9㎜ 重さ約1.28kg
  • 第8世代インテルCoreプロセッサー搭載 i5-8265U
  • 付属充電器で15分間の充電で約2.5時間使用可能
  • キーボード:日本語

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
■以下の点がどうもおかしい(?)初期不良なのか仕様なのか、わかりませんが、私には合わなかったです。
・Wifiとの接続が不安定
⇒なぜかちょこちょこ切れます。同Wifi接続のほか機器では起きないので、Wifi側は悪くないと思うのですが…
・スリープからの復帰時Wifiへなかなかつながらない。
⇒上の不安定性と被るのかもしれませんが、せっかくの超早い指紋認証からのスリープ復帰もWifiにつながるのが遅ければ意味がなく…
・電池持ちが異常に悪い。
⇒これは仕様なのかもしれませんが、実測値で3時間程度しか持ちませんでした。
 勿論行う作業や光度などに大きく左右される部分ですので、メーカ公表値が参考にならないのは知っていますが、流石に短いような…?よく言われるのは『公表値の半分』程度持つと聞きますが、半分にも満たず…
・キーボードの打ち間違えをしやすい配列
⇒これも人による部分なので何とも言えないですが、私には合わないキーボードでした。
 慣れの問題もあるのはわかりますが、慣れれる気がしない。なぜか打ち間違えが多発する。
 キーピッチが狭いせいでしょうか。Home End Pgup Pgdnなどが物理的に存在しない点も使いにくかったです。
・キーボードのFnの動作が普通と違う。
⇒通常『Fn+F*』を押すとF1などの裏のボタンが押せる認識ですが、本製品は同時押しではなく、
 1回Fnを押すともう一度Fnを押すまで裏のボタンに永久に切り替わる仕様です。
 これもまた全く慣れない仕様でした。今がどっちの状態なのかが非常に分かりにくい。

■以下点は非常によかったです。
・見た目が非常にスタイリッシュ。かっこいい。
・キーストロークがMacbookなどと比べだいぶ深く、押し心地が良い。
・3:2ディスプレイはブラウザ閲覧にはよい。
(ただし動画鑑賞には最悪。黒帯が上下にできます。動画鑑賞時は実質的に12インチ程度のモニターで見ているのと同等となってしまいます。)

■総合的に
・私は初期不良?に近いような症状があったため、微妙でしたが、
 製品の特徴(メリット・デメリット)をしっかりと意識し、以下の点を重要視する方には非常に良い製品だと思います。
 ・素早いOS起動、スリープからの素早い復帰(秒で起き上がります。)
 ・Macbookを彷彿とさせるかっこいいデザイン。
 ・それでいてMacbookを超えるキーボードの打ちやすさ
 ・3:2ディスプレイのすばらしさ。

追記
スムーズな返品をして頂きましたので評価を改めます。見た目がとにかくカッコイイのでしっかり使い込みたかったです。製品としてはとても良い製品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
もうワンランク上のCORE-I7ならタッチスクリーンができるので、そこを求める方はもちょいとお金を払ってそちらを選ぶべき。
そこが我慢できる方はこちらで十分。
何とか持ち運べる重さで、レノボと違いUSB-C電源なんで、嵩張るアダプターをもって行かずに済みます。
もっともUCB-C接続が2か所あるだけで、SDカードもHDMIもLANも挿せませんので、USBハブは必須です。
このPCはそういう作りだと割り切ることが大事です。
最近、多様なPD対応の電源アダプターが出てきてますので、お好きなものをどうぞ。

※私はこんなものをチョイス。
PD 充電器 RAVPower Type C 急速充電器 65W USB-A + USB-C 【GaN (窒化ガリウム)採用/2ポート/PD対応/折りたたみ式/PD Pioneer Technology採用】 iPhone/MacBook/ノートパソコン/Switchなど対応 RP-PC133 (ブラック) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Chromebook クロームブック Acer ノートパソコン 13.5型 英語キーボード

  • タッチスクリーン
  • OS: Google Chrome OS/Office:なし
  • 画面サイズ: 13.5型/タッチパネル:あり/バッテリー駆動時間:約10時間
  • CPU:インテル Core i3-8130U プロセッサー/メモリ: 8GB/eMMC: 64GB/グラフィックス:インテル UHD グラフィックス 620 (CPUに内蔵)
  • 接続方法: USB 3.1 x2 (Type-C, Gen 1,最大5Gbps, 充電/映像出力対応)、USB 3.1 ポート x1 (Type-A, Gen 1,最大5Gbps)、ヘッドフォン/スピーカー・ジャック x1、映像出力:なし (USB Type-C 経由で出力可能※別途、変換ケーブルをご用意ください)
  • 無線LAN: IEEE802.11 a/b/g/n/ac 準拠
  • 付属品: 45W USB Type-C ACアダプター 、ACコード (約1m)、Wacom feel 対応スタイラスペン、セットアップガイド、保証書、修理依頼書、国際旅行者保証書
  • 保証期間: 1年間センドバック保証/国際保証 (ITW): 1年間制限国際旅行者保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
トレードにはchrome bookは不向きであることが判明したが、それ以外の業務については快適に使用出来ている (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
とにかく起動が早いのとアプリの動作が快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lenovo(レノボ) Chromebook Flex 5 13インチ ノートパソコン

  • 第10世代InteI Coreプロセッサーが可能にする、性能、接続性、エンターテイメントの卓越した組み合わせで、自宅、学校などどこでも作業できます(キーボードが日本語配列ではない場合があります)。 Lenovo Flex 5にはインテリジェントパフォーマンス機能が搭載されており、パーソナライズされた直感的かつ応答性の高い体験を提供します。
  • この2-in-1タイプのノートパソコンはキーボードとタッチスクリーンを組み合わせて、ディスプレイ上のすべてのアイテムと簡単に通信できます。 Lenovオのデジタルペン(別売り)を使用すれば、スクリーン上での書き込みや、クリックやファイルのドラッグを手軽に行うことができます。
  • このスリムで軽量な360°コンバーチブルChromebook 13インチFHDディスプレイは美しいビジュアルを提供しつつ、ベゼルが薄型で目立ちにくくなっています。 ユーザーに向けられた2つのステレオスピーカーで、体験への没入を妨げません。
  • Googleアカウントを使用して、どこにいてもクラウドに保存されているファイル、動画、音楽、ドキュメントに簡単にアクセスできます。 最大10時間のバッテリー寿命で、生産性を維持できます。
  • 内蔵ウェブカメラ付き。USB Type-Cポート2口、USB Type-Aポート1口、オーディオジャック付きで接続が可能。 また、Intel Wi-Fi 6およびBluetooth 5.0による高速で信頼性の高い接続を実現します。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Acer 13.3インチ IPS FHD タッチスクリーン 2イン1 Chrom...

  • 無料の組み込みクイックオフィスエディターやGoogle Docsを使用して、MS Officeファイルを開く/編集します。
  • 13.3インチ フルHD (1920 x 1080) 解像度マルチタッチ IPS LEDバックライトスクリーン、PowerVR GX6250 グラフィックス
  • MediaTek クアッドコア M8173C プロセッサ 2.10 GHz、4GB LPDDR3 RAM、64GB SSDストレージ
  • 1x USB 3.0、1x HDMI出力、1x USB 3.1 Type-C、1x Micro SDカードリーダー、光学ドライブなし。
  • IEEE 802.11ac、Bluetooth 4.0、2ステレオスピーカー、Google Chrome OS、3セルバッテリー寿命。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

10万円で買える 13インチ 最新モバイルノートPC

以下が10万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.6)
総評価数 239件
2
(4.1)
総評価数 18件
3
(4.1)
総評価数 18件
4
(4.3)
総評価数 83件
5
(4)
総評価数 14件

最新モデル Apple MacBook Air (13インチPro, 1.1GH...

  • True Tone テクノロジーを採用した、目を奪う 13.3 インチ Retina ディスプレイ
  • バックライトMagic Keyboard とTouch ID
  • 第 10 世代のIntel Core i3 プロセッサ
  • Intel Iris Plus Graphics
  • 高速 SSD ストレージ
  • 8GB メモリ
  • ステレオサウンドが一段とワイドに広がるステレオスピーカー
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
  • 最大 11 時間駆動するバッテリー
  • 感圧タッチトラックパッド

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
デザイン業務でそこそこのiMacを複数台導入利用している者ですが、今回のMacBook Airで1番オススメは1番下のモデルです。

今まで無印MacBookや先代のMacBook Airもそうでしたが、いくらなんでもCPUが非力すぎて、実質ネットや事務向けとなってしまっていました。

今回は1番下の下位モデルでもベンチマーク的にも意外と良い。メモリも8GBあり16GBに上げたい気持ちもありますが、実際使ってみるとメモリ自体が高速化され、更にSSDが高速化されているのでイラストレーターやフォトショップを使っても8GBでも速度低下を感じません。
ネットや事務処理はもちろん快適、写真の現像も一度に大量に処理しなければMacBook Proとほとんど変わりません。

動画の編集もiMovieレベルなら何も問題ありません。ただし書き出し時に時間がかかる長さだとCPUの温度が上がり急速に遅くなります。まともに業務レベルの動画を使うならMacBook Proの上位モデル買わないと使い物になりません。

今まではMacBook Airはカスタムしても厳しい機種でしたが、CPU、メモリ、SSDの大幅な高速化により実用幅がかなり広がっています。なんと言っても十分使える下位モデルが約11万円で買えるんです。

ちなみにXcodeでシンプルなiPhoneアプリを開発するのでも十分実用的です。特に解像度の高いサブモニターも動かせるので素晴らしいです。

当然バリバリのデザイン業務や動画編集には向きませんが、基本的な利用には実用です。
中途半端なモデルより最下位モデルを買うのが正しい買いと思います。

追記 2020年6月23日

Appleが正式にインテルCPUから自社のCPUに2年かけて移行すると発表がありましたが、少なくとも2021年までは対応アプリや外部機種の対応も含め焦る必要はないと思います。
ただし、自社CPUは現状でも非常に高性能かつ省電力で期待できるので、移行が進み色々な対応が終わるまでは、このMacBook Air下位モデルで最小限のコストで繋ぐのが一番賢い買い方だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MacBookAirは2014年に買ったきり、それを使っていたのですが、
商品が届いてまず驚いたのが大きさ。
こんなに小さいと思わなかった。
で、動かしてみると画面が綺麗。
前に使っていたSSDが128GBだったので、
512GBになったのは驚いた。
そしてそれぞれのアプリのレスポンスの良さ。
だいぶ変わったなぁという印象です。
それで14万ちょいの値段。
これでこのスペックを買えるというコストパフォーマンスの良さ。
自分は動画編集とかではなく、プログラムメインなので、
このスペックで十分に満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Dell モバイルノートパソコン Inspiron 13 5301 シルバー W...

  • 【OS】Windows 10 Home 64bit【Office】なし【セキュリティ】マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • 【画面サイズ】13.3インチFHD(1920x1080)【パネル】非光沢
  • 【CPU】第11世代Intel Core i3-1115G4(コア:2/キャッシュ:6MB/最大:3.0GHz)【メモリー】8GB(Onboard)LPDDR4x 4267MHz【保存装置】256GB SSD【GPU】Intel UHD Graphics
  • 【接続端子】USB:USB3.2Gen1(Type-A)x2,USB3.2Gen2(Type-C,DP)x1 オーディオ:ヘッドセットx1 映像:HDMI2.0x1【通信】有線:なし 無線:802.11ac+BT5.1【その他】microSDカードスロット(mSD/mSDHC/mSDXC)
  • 【主な付属品】ACアダプター,電源ケーブル 【サポート】1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
移動中、移動先での作業用に購入。タブレット(ipad air)と迷いましたが、office作業がメインで画像処理や描画などはほとんどなく、また、キーボード入力にストレスを感じたくないことから、モバイルノートに絞って検討。ipad airにキーボードを付けると大幅に高くなるのも大きなポイントでした。そんなときタイムリーにも、十分なスペックながらセールでお手頃価格で本品が出ていて購入。期待どおりサクサク動くし、持ち運びもラクラク。見た目もいいので満足です。バッテリーは省電力モードなら12時間ほど使えそうですが、フルパワーでマルチタスクにすると5時間くらいしか持たないのではないかと思います。他の機種と比べて特に悪くはないですが、欲を言えば惜しいのはその点だけかな。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ryzen5 4500搭載モデルでモバイルノートを探していましたが、実売5万円位ならとこの製品を購入しました。SSDの普及のおかげで10年前のi72670搭載PCも未だ現役でサクサク動くのですが、欠点はバッテリー持ち。最COREならi3でもゲーム目的の用途でなければ普通に十分です。Intelがようやく重い腰を上げた感のある第11世代のCPUです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Dell モバイルノートパソコン Inspiron 13 5301 シルバー W...

  • 【OS】Windows 10 Home 64bit【Office】なし【セキュリティ】マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • 【画面サイズ】13.3インチFHD(1920x1080)【パネル】非光沢,300nits,sRGB95%
  • 【CPU】第11世代Intel Core i3-1115G4(コア:2/キャッシュ:6MB/最大:3.0GHz)【メモリー】8GB(onboard)LPDDR4x 4267MHz【保存装置】256GB M.2 PCIe NVMe SSD【GPU】Intel UHD Graphics
  • 【接続端子】USB:USB3.2Gen1(Type-A)x2,USB3.2Gen2(Type-C,DP)x1 オーディオ:ヘッドセットx1 映像:HDMI2.0x1【通信】有線:なし 無線:802.11ac+BT5.1【その他】microSDカードスロット(mSD/mSDHC/mSDXC)
  • 【主な付属品】ACアダプター,電源ケーブル 【サポート】1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
移動中、移動先での作業用に購入。タブレット(ipad air)と迷いましたが、office作業がメインで画像処理や描画などはほとんどなく、また、キーボード入力にストレスを感じたくないことから、モバイルノートに絞って検討。ipad airにキーボードを付けると大幅に高くなるのも大きなポイントでした。そんなときタイムリーにも、十分なスペックながらセールでお手頃価格で本品が出ていて購入。期待どおりサクサク動くし、持ち運びもラクラク。見た目もいいので満足です。バッテリーは省電力モードなら12時間ほど使えそうですが、フルパワーでマルチタスクにすると5時間くらいしか持たないのではないかと思います。他の機種と比べて特に悪くはないですが、欲を言えば惜しいのはその点だけかな。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ryzen5 4500搭載モデルでモバイルノートを探していましたが、実売5万円位ならとこの製品を購入しました。SSDの普及のおかげで10年前のi72670搭載PCも未だ現役でサクサク動くのですが、欠点はバッテリー持ち。最COREならi3でもゲーム目的の用途でなければ普通に十分です。Intelがようやく重い腰を上げた感のある第11世代のCPUです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Huawei MateBook 13/13インチ/Core-i5/メモリ8G/SSD

  • 2020年モデル Huawei Matebook13
  • プロセッサー:第10世代インテル Core i7-10210U
  • OS:Windows 10 Home 64ビット
  • 本体サイズ:約286(W)×約211(D)×約14.9(H)mm
  • 重量:約1.30kg
  • ディスプレイの種類:OLED
  • キーボード:日本語

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
■以下の点がどうもおかしい(?)初期不良なのか仕様なのか、わかりませんが、私には合わなかったです。
・Wifiとの接続が不安定
⇒なぜかちょこちょこ切れます。同Wifi接続のほか機器では起きないので、Wifi側は悪くないと思うのですが…
・スリープからの復帰時Wifiへなかなかつながらない。
⇒上の不安定性と被るのかもしれませんが、せっかくの超早い指紋認証からのスリープ復帰もWifiにつながるのが遅ければ意味がなく…
・電池持ちが異常に悪い。
⇒これは仕様なのかもしれませんが、実測値で3時間程度しか持ちませんでした。
 勿論行う作業や光度などに大きく左右される部分ですので、メーカ公表値が参考にならないのは知っていますが、流石に短いような…?よく言われるのは『公表値の半分』程度持つと聞きますが、半分にも満たず…
・キーボードの打ち間違えをしやすい配列
⇒これも人による部分なので何とも言えないですが、私には合わないキーボードでした。
 慣れの問題もあるのはわかりますが、慣れれる気がしない。なぜか打ち間違えが多発する。
 キーピッチが狭いせいでしょうか。Home End Pgup Pgdnなどが物理的に存在しない点も使いにくかったです。
・キーボードのFnの動作が普通と違う。
⇒通常『Fn+F*』を押すとF1などの裏のボタンが押せる認識ですが、本製品は同時押しではなく、
 1回Fnを押すともう一度Fnを押すまで裏のボタンに永久に切り替わる仕様です。
 これもまた全く慣れない仕様でした。今がどっちの状態なのかが非常に分かりにくい。

■以下点は非常によかったです。
・見た目が非常にスタイリッシュ。かっこいい。
・キーストロークがMacbookなどと比べだいぶ深く、押し心地が良い。
・3:2ディスプレイはブラウザ閲覧にはよい。
(ただし動画鑑賞には最悪。黒帯が上下にできます。動画鑑賞時は実質的に12インチ程度のモニターで見ているのと同等となってしまいます。)

■総合的に
・私は初期不良?に近いような症状があったため、微妙でしたが、
 製品の特徴(メリット・デメリット)をしっかりと意識し、以下の点を重要視する方には非常に良い製品だと思います。
 ・素早いOS起動、スリープからの素早い復帰(秒で起き上がります。)
 ・Macbookを彷彿とさせるかっこいいデザイン。
 ・それでいてMacbookを超えるキーボードの打ちやすさ
 ・3:2ディスプレイのすばらしさ。

追記
スムーズな返品をして頂きましたので評価を改めます。見た目がとにかくカッコイイのでしっかり使い込みたかったです。製品としてはとても良い製品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
外に持ち出す用のサブとして考えていて、それなりに持ち運び、ブラウジングOfficeタイピング、プレゼンzoom程度が出来ればいいという人にとってはかなり有力な候補になると思う。
カタログ値でん~と思うところや細かい部分でん~と思うところはあるが、画面が圧倒的に見やすいこと、値段が8万前後、重さ、筐体?の設計などを総合的に評価するとちょっと他に戦える相手はそうないと思う。
一ヶ月検討してHP製品が候補に残って最後まで叩き合いになったが、HPは納期がメチャクチャ遅い。数ヶ月待ちってそんな先だったら次のモデルが出てるかも知れないわけで待てません。

指紋認証だったり使ってみてあ~そういうことかと気付かされることがいくつもあり、3キロくらいあってストレージがHDDみたいな時代から買い換えた層だと、驚くことばかり。
USB-Cポートは二つで足りるのか?と思ったが、足りる。
足りるように考えて設計してある。

起動もSSDなんでPCとしてはメチャクチャ速い。さすがにタブレットにはかなわないが。

今回Ryzenモデルを購入したので、例えばi5モデルならもう少しバッテリーの持ちもいいかも知れない、細かいことはその道に詳しい方から見たら違うかも知れないがアイドリング時のクロック数制御が甘いと感じるので、その辺を重視する人はインテル製CPUを考えた方がいいのかも知れない。

しかしそれを加味してもこの値段でこの満足度というのはまぁ数えるくらいしかないだろう。
通り一辺倒のことが出来てバッテリー駆動時間もそこまで超長時間にこだわりがあるわけではなく、値段をそれなりに抑えたいが安かろう悪かろうでは困るという人には十分自信を持ってお勧め出来る。
当たりだったと思うかどうかまでは主観もあるので何とも言えないが少なくとも後悔することはないと思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG ノートパソコン Ultra PC 980g/バッテリー最大15.5時間/AMD

  • 980gの軽さと最大15.5時間の長時間駆動(※)/13.3インチ スリムデザイン ノートパソコン ※JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver2.0)測定結果
  • OS: Windows10 Home 64bit / Office: なし / ディスプレイ: IPSパネル フルHD(1920×1080)
  • CPU: AMD Ryzen 3 4300U プロセッサー / 動作周波数:2.7GHz(最大3.7GHz)
  • メモリ: 4GB デュアルチャネル DDR4 3200MHz / 記憶装置: 256GB SSD
  • 出入力端子:USB Type-C×1, HDMI×1, USB3.2×2(Gen2x1,Gen1x1), ヘッドホン出力×1, MicroSDカードスロット×1 / Webカメラ:HD(720p)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Ryzen 7 4700U、16Gデュアルメモリと十分なスペックに魅了され購入。到着してすぐにMS Officeを導入し使用しましたが、期待通りの速さです。そして軽くてめちゃスタイリッシュ。図書館で使用中に複数の知り合いから、格好の良さを褒められました。画面は少し小ぶりですが、モバイル用途ですから大きいのは逆にNG。割り切りが大事ですね。
6時間くらい図書館で連続使用しましたが、バッテリに不安を感じませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
13.3FHDモニター+Ryzen7 4700U+16GB RAM搭載で980g。
持ち運びに大変便利なサイズ感である。
WORD,EXEL,パワーポイント等のOfficeソフト使用であれば性能は申し分ない。
これが税込み12万円台であり、大変コストパフォーマンスに優れている。
ただし、Officeソフトは別売りでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

13万円で買える 13インチ 最新モバイルノートPC

以下が13万円程で購入できる最新ノートPCの人気製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.7)
総評価数 359件
2
(4.6)
総評価数 401件
3
(4.6)
総評価数 401件
4
マイクロソフト Surface Laptop 3 13.5インチ/ Office H&B 2019 搭載 /第10世代 Core-i5 / ...
発売日 2019/10/23
通常 111,000円
現在 110,800円
200円(0%)OFF!!
(4.3)
総評価数 184件
5
(4.1)
総評価数 18件

最新 Apple MacBook Air Apple M1 Chip (13インチPro,

  • Apple 製 M1 チップにより、CPU、GPU、機械学習の性能が飛躍的に向上
  • これまでよりも長く最大 18 時間駆動するバッテリー
  • 最大 3.5 倍のパフォーマンスで、かつてないほどすばやくプロジェクトに取り組める 8 コア CPU
  • グラフィックスを駆使したアプリやゲームで最大 5 倍速いグラフィックス性能を発揮する最大 8 コアの GPU
  • 高度な機械学習ができる 16 コア Neural Engine
  • どんな作業も高速でスムーズにする 8GB ユニファイドメモリ
  • アプリやファイルを一瞬で開く超高速 SSD ストレージ
  • 静かなファンレス設計
  • あざやかな色と目を見張るディテールを映し出す、P3 の広色域を持つ 13.3 インチ Retina ディスプレイ
  • 目を奪う新しいデザインを採用し、Safari、メッセージ、マップアプリが大きくアップデートされた macOS

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ネット上のレビュー見た後、発売日の夜にポチりました。Macをいじるのは25年ぶりぐらいです。

「M1チップが凄い」が全てなんですが、ファンレス無音でサクサク一瞬、バッテリーがセーブせずに本当に持つ、8:5液晶、SoC直結で異常に早いメモリ、重さだけがネックですが、Windowsノートで比較対象になる物はありません。これが吊るしで11万円は、iPhoneSE2どころじゃないコスパです。iPad Proの市場を共食いしちゃってると思います。

よって思い切って、iPhoneとの連携が便利なMacにWindowsノートから乗り換えました。仕事ではWindowsディスクトップのままで、プライベートだけです。機能的にはOffice365のアップルシリコンのネイティブ版も12月にリリースされているので、普通の人が乗り換えるには問題ありません。ただし、ショートカットとかキーボードとか、WindowsとMacとの違いに人間が慣れる方のハードルが高かった。

2020年1月9日追記
一ヶ月ちょっと使いましたが、メモリは動画いじる人じゃなければ8GBで良いと思います。確かに複数のアプリを立ち上げた上で、Excelシートやwebページを「大量に」開きっぱなしにしたりすると、アクティビティモニタで見る限りスワップが発生してるのですが、重くなるのが体感できません。WindowsPCの感覚からすると異常で、開きっぱなしが習慣になっちゃうと、Win機との両刀使いの人はマズイですよね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このたび8年振りにMacBook Airを買い替えました。
ニーズ無いかもですが13-inch Mid 2012との比較しての感想を書きます。(動画編集などしないライトユーザーです)

・大きさ:同じ13インチでも一回り小さくてコンパクト。
・画質:Retinaディスプレイ、色が濃くてシャープ。綺麗。
・音質:スピーカーの質が段違い。音の重なりがすごい。今まで聞こえなかった音が聞こえる!
・キーボード:ボタンが大きくなって押しやすい。ボタンが程よく深く沈んで心地よく打てる。
・Touch ID:便利すぎる。
・ブラウザ:ページの読み込みが早い。サクサク見られる。
・ネット速度:回線環境変わってないのになぜかMAX100Mbps→200Mbpsに倍速化!

これほど機能が進化していながら8年前も10万円強で買った記憶があり値段があまり変わっていないことに驚き。
世の中は確実に進歩して豊かになっていると実感した次第です。

古い世代のMacBook Air持たれている方は買い換えて正解と思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Apple MacBook Air (13インチPro, 一世代前のモデル, 1...

  • この商品は『Apple MacBook Air (13インチPro, 一世代前のモデル, 1.1GHzデュアルコア第10世代Intel Core i3プロセッサ, 8GB RAM, 256GB) - シルバー』と『Microsoft Office Home & Business 2019(最新 永続版)|カード版』のセット商品です。
  • True Tone テクノロジーを採用した、目を奪う 13.3 インチ Retina ディスプレイ
  • バックライトMagic Keyboard とTouch ID
  • 第 10 世代のIntel Core i3 プロセッサ
  • Intel Iris Plus Graphics
  • 高速 SSD ストレージ
  • 8GB メモリ
  • ステレオサウンドが一段とワイドに広がるステレオスピーカー
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
  • 最大 11 時間駆動するバッテリー感圧タッチトラックパッド

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
デザイン業務でそこそこのiMacを複数台導入利用している者ですが、今回のMacBook Airで1番オススメは1番下のモデルです。

今まで無印MacBookや先代のMacBook Airもそうでしたが、いくらなんでもCPUが非力すぎて、実質ネットや事務向けとなってしまっていました。

今回は1番下の下位モデルでもベンチマーク的にも意外と良い。メモリも8GBあり16GBに上げたい気持ちもありますが、実際使ってみるとメモリ自体が高速化され、更にSSDが高速化されているのでイラストレーターやフォトショップを使っても8GBでも速度低下を感じません。
ネットや事務処理はもちろん快適、写真の現像も一度に大量に処理しなければMacBook Proとほとんど変わりません。

動画の編集もiMovieレベルなら何も問題ありません。ただし書き出し時に時間がかかる長さだとCPUの温度が上がり急速に遅くなります。まともに業務レベルの動画を使うならMacBook Proの上位モデル買わないと使い物になりません。

今まではMacBook Airはカスタムしても厳しい機種でしたが、CPU、メモリ、SSDの大幅な高速化により実用幅がかなり広がっています。なんと言っても十分使える下位モデルが約11万円で買えるんです。

ちなみにXcodeでシンプルなiPhoneアプリを開発するのでも十分実用的です。特に解像度の高いサブモニターも動かせるので素晴らしいです。

当然バリバリのデザイン業務や動画編集には向きませんが、基本的な利用には実用です。
中途半端なモデルより最下位モデルを買うのが正しい買いと思います。

追記 2020年6月23日

Appleが正式にインテルCPUから自社のCPUに2年かけて移行すると発表がありましたが、少なくとも2021年までは対応アプリや外部機種の対応も含め焦る必要はないと思います。
ただし、自社CPUは現状でも非常に高性能かつ省電力で期待できるので、移行が進み色々な対応が終わるまでは、このMacBook Air下位モデルで最小限のコストで繋ぐのが一番賢い買い方だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MacBookAirは2014年に買ったきり、それを使っていたのですが、
商品が届いてまず驚いたのが大きさ。
こんなに小さいと思わなかった。
で、動かしてみると画面が綺麗。
前に使っていたSSDが128GBだったので、
512GBになったのは驚いた。
そしてそれぞれのアプリのレスポンスの良さ。
だいぶ変わったなぁという印象です。
それで14万ちょいの値段。
これでこのスペックを買えるというコストパフォーマンスの良さ。
自分は動画編集とかではなく、プログラムメインなので、
このスペックで十分に満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Apple MacBook Air (13インチPro, 一世代前のモデル, 1...

  • この商品は『Apple MacBook Air (13インチPro, 一世代前のモデル, 1.1GHzデュアルコア第10世代Intel Core i3プロセッサ, 8GB RAM, 256GB) - シルバー』と『Microsoft Office Home & Student 2019 For Mac(最新 永続版)|カード版』のセット商品です。
  • True Tone テクノロジーを採用した、目を奪う 13.3 インチ Retina ディスプレイ
  • バックライトMagic Keyboard とTouch ID
  • 第 10 世代のIntel Core i3 プロセッサ
  • Intel Iris Plus Graphics
  • 高速 SSD ストレージ
  • 8GB メモリ
  • ステレオサウンドが一段とワイドに広がるステレオスピーカー
  • Thunderbolt 3(USB-C)ポート x 2
  • 最大 11 時間駆動するバッテリー感圧タッチトラックパッド

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
デザイン業務でそこそこのiMacを複数台導入利用している者ですが、今回のMacBook Airで1番オススメは1番下のモデルです。

今まで無印MacBookや先代のMacBook Airもそうでしたが、いくらなんでもCPUが非力すぎて、実質ネットや事務向けとなってしまっていました。

今回は1番下の下位モデルでもベンチマーク的にも意外と良い。メモリも8GBあり16GBに上げたい気持ちもありますが、実際使ってみるとメモリ自体が高速化され、更にSSDが高速化されているのでイラストレーターやフォトショップを使っても8GBでも速度低下を感じません。
ネットや事務処理はもちろん快適、写真の現像も一度に大量に処理しなければMacBook Proとほとんど変わりません。

動画の編集もiMovieレベルなら何も問題ありません。ただし書き出し時に時間がかかる長さだとCPUの温度が上がり急速に遅くなります。まともに業務レベルの動画を使うならMacBook Proの上位モデル買わないと使い物になりません。

今まではMacBook Airはカスタムしても厳しい機種でしたが、CPU、メモリ、SSDの大幅な高速化により実用幅がかなり広がっています。なんと言っても十分使える下位モデルが約11万円で買えるんです。

ちなみにXcodeでシンプルなiPhoneアプリを開発するのでも十分実用的です。特に解像度の高いサブモニターも動かせるので素晴らしいです。

当然バリバリのデザイン業務や動画編集には向きませんが、基本的な利用には実用です。
中途半端なモデルより最下位モデルを買うのが正しい買いと思います。

追記 2020年6月23日

Appleが正式にインテルCPUから自社のCPUに2年かけて移行すると発表がありましたが、少なくとも2021年までは対応アプリや外部機種の対応も含め焦る必要はないと思います。
ただし、自社CPUは現状でも非常に高性能かつ省電力で期待できるので、移行が進み色々な対応が終わるまでは、このMacBook Air下位モデルで最小限のコストで繋ぐのが一番賢い買い方だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MacBookAirは2014年に買ったきり、それを使っていたのですが、
商品が届いてまず驚いたのが大きさ。
こんなに小さいと思わなかった。
で、動かしてみると画面が綺麗。
前に使っていたSSDが128GBだったので、
512GBになったのは驚いた。
そしてそれぞれのアプリのレスポンスの良さ。
だいぶ変わったなぁという印象です。
それで14万ちょいの値段。
これでこのスペックを買えるというコストパフォーマンスの良さ。
自分は動画編集とかではなく、プログラムメインなので、
このスペックで十分に満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マイクロソフト Surface Laptop 3 13.5インチ/ Office

  • OS/Office: Windows 10 Home / Office Home and Business 2019
  • ディスプレイ: 13.5 インチ / 解像度: 2256 x 1504 (201 PPI) / タッチ: 10点マルチタッチ対応 / ペン: 対応 - 筆圧 4096 段階 (Surface Pen 別売り)
  • 外部端子: USB-C / USB-A / 3.5mm ヘッドセット ジャック / SurfaceConnect (充電、 Surface ドック用端子)
  • その他: Bluetooth 5.0 / 生体認証: Windows Hello (顔認証)/ 前面カメラ画素数: 720p HD カメラ / 背面カメラ: 無し
  • 付属品: 65W電源アダプター / クイック スタート ガイド / Office Home and Business 2019 初回インストール用 プロダクト キー / 安全性および保証に関するドキュメント / 保証書

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
簡単設定、軽い、コンパクトなのにすいすい使える。仕事にはデスクトップが便利思っていたが間違い!価格もgood★ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
軽いし使いやすいし今までの中で一番です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【インテル Evo プラットフォーム】Dell モバイルノートパソコン Inspiron

  • 【OS】Windows 10 Home 64bit【Office】なし【セキュリティ】マカフィーリブセーフ12か月版(別途登録手続きが必要)
  • 【画面サイズ】13.3インチFHD(1920x1080)【パネル】IPS,非光沢,300nits,sRGB100%
  • 【CPU】第11世代Intel Core i7-1165G7(コア:4/キャッシュ:12MB/最大:4.7GHz)【メモリー】8GB(onboard)LPDDR4x, 4267MHz【保存装置】512GB M.2 PCIe NVMe SSD【GPU】Intel Iris Xe Graphics
  • 【接続端子】USB:USB3.2Gen1(Type-A)x2,TB4(Type-C)x1 オーディオ:ヘッドセットx1 映像:HDMI2.0x1【通信】有線:なし 無線:WiFi 6(802.11ax)+BT5.2【その他】microSDカードスロット(mSD/mSDHC/mSDXC)
  • 【主な付属品】ACアダプター,電源ケーブル 【サポート】1年間保証(免責事項をご確認ください)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
移動中、移動先での作業用に購入。タブレット(ipad air)と迷いましたが、office作業がメインで画像処理や描画などはほとんどなく、また、キーボード入力にストレスを感じたくないことから、モバイルノートに絞って検討。ipad airにキーボードを付けると大幅に高くなるのも大きなポイントでした。そんなときタイムリーにも、十分なスペックながらセールでお手頃価格で本品が出ていて購入。期待どおりサクサク動くし、持ち運びもラクラク。見た目もいいので満足です。バッテリーは省電力モードなら12時間ほど使えそうですが、フルパワーでマルチタスクにすると5時間くらいしか持たないのではないかと思います。他の機種と比べて特に悪くはないですが、欲を言えば惜しいのはその点だけかな。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Ryzen5 4500搭載モデルでモバイルノートを探していましたが、実売5万円位ならとこの製品を購入しました。SSDの普及のおかげで10年前のi72670搭載PCも未だ現役でサクサク動くのですが、欠点はバッテリー持ち。最COREならi3でもゲーム目的の用途でなければ普通に十分です。Intelがようやく重い腰を上げた感のある第11世代のCPUです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

関連:人気の高い11インチ、14インチの最新ノートPC一覧

以下では、人気の高い11インチ、14インチのノートPCも紹介しています。合わせてのぞいて見てください。

関連:モバイルモニターで効率アップ

以下では、ノートPCのモニター領域拡張や、出先でのゲームや動画利用など、幅広く使えるモバイルモニターをサイズ別に紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました