【2021年最新】格安・軽量の14インチノートPC「人気のおすすめ20製品」

こちらでは格安で購入できる最新のノートパソコンを紹介。

ゲームやデザイン等の高負荷処理は難しいですが、Webブラウジングや事務処理なら十分なものが、なんと3万円程から買える時代。

中でも普段使いにも、持ち運びにも使いやすい14型サイズのノートPCを、人気とともに最新機種を紹介していきます。

Contents

   

3万円で買える 14インチ 最新モバイルノートPC 5機種

以下が最安ともいえる3万円程で購入できる最新ノートPCの人気5製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.2)
総評価数 497件
2
ASUS Chromebook C423NA ノートパソコン(Celeron/4GB, 32GB/Webカメラ/FHD(1,920×1,08...
発売日 2020/12/18
通常 40,321円
現在 22,860円
17,461円(43%)OFF!!
(4)
総評価数 286件
3
(4)
総評価数 55件
4
Google Chromebook Lenovo ノートパソコン 14.1型HD液晶 英語キーボード S330...
発売日 2019/07/15
通常 22,780円
現在 22,430円
350円(2%)OFF!!
(4)
総評価数 570件
5
(4)
総評価数 502件

Google Chromebook HP ノートパソコン 14.0型 フルHD ...

  • OS: Chrome OS
  • プロセッサー: インテル Celeron N4020 プロセッサー(1.10GHz-2.80GHz)
  • メモリ: 4GB オンボード (2400MHz, LPDDR4 SDRAM) ストレージ: 64GB eMMC フラッシュメモリ
  • ディスプレイ: 14.0インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色)
  • 保証: 1年間 (引き取り修理サービス、パーツ保証)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Chromebook に興味を持って色々探していたときにちょうど 自分の好きな色の Amazon 限定色ということもあり購入を検討しました。

値段も手頃でしたので購入後使い出しました。

セットアップも簡単で Google Chrome がとても高速に起動できるので毎日触りながら満足感が増しています。

Android アプリも使えて自分が使いたいものはちゃんとインストールして使えるので感動しています。
アプリが使えないものも、ブラウザー経由でアクセスできるサービスはショートカットに登録しておけばアプリを使っているような感じで使えるのでそんなに違和感はありません。

個人的に、 Google Chrome での検索エンジンをキーワードで使えるのがとても便利で Google アカウントでログインすると自分が以前キーワードを 設定していたものがちゃんと使えたりしてとても使い勝手がいいです。

最近はタブレットを使っていたこともあり、この大きさの画面でビデオなどを見るとやはり画面の大きさはいいなあと思います。

タブレットは持ち歩き用で、自宅やオフィスではこのくらいの大きさの Chromebook を使うというのがこれからの自分の定番になりそうです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Chromebookは初めて使いましたが、ネットでのちょっとした調べ物やYouTubeでの動画視聴が主目的なので、ニーズに完璧に合致しました。
デスクトップPCを起動するほどではないけどAndroidタブレットだと荷が重いような作業をするのにピッタリです。
アマゾン限定モデルはメーカー販売品よりCPUが1ランク落ちますが、ブラウザでタブを複数開きながらYouTubeで動画再生などしていても動作に重さは感じません。(Amazon Musicをバックグラウンドで再生しているとたまにプチプチ途切れますが、自分には許容範囲内です。)
スピーカーとディスプレイは価格から想像するよりかなり良い品質で、本体の作りにも安っぽいところが少なく、これで39800円はかなりお値打ちに感じます。

ただ、一般的なPCのようにOfficeソフトやその他アプリケーションをガンガン使おうと思うと、作業しづらかったり操作性に少し癖があったりしてやや厳しい面もありますので、これ1台で全てをまかなおうと思っている方や、よく分からないけどとりあえずPCっぽいものが欲しいというような方はあまり満足できないかもしれません。
ある程度割り切った使い方を想定している方におすすめします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS Chromebook C423NA ノートパソコン(Celeron/4GB,

  • Chromebookとは、Chrome OSを搭載した簡単で高速起動のパソコンです。Office:なし
  • 【OS 】Chrome OS【カラー】シルバー【サイズ】幅322.6mm×奥行き228mm×高さ16.1mm 約1.25kg
  • 【CPU】インテル Celeron N3350【メモリ】4GB【ストレージ】eMMC:32GB【バッテリー駆動】約10時間 【消費電力】最大約45W
  • 【キーボード】日本語キーボード※製品の画像は英字キーボード版ですが、実際の製品は日本語キーボードモデルです。
  • 【ディスプレイ】14型ワイドTFTカラー液晶/ノングレア/1920×1080ドット (フルHD) 【グラフィックス】インテル HD グラフィックス 500
  • 【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen1 ※データ転送, 映像出力, 本機への充電をサポート)×2、USB3.0×2
  • 【オーディオ】ステレオスピーカー内蔵(2W×2), アレイマイク内蔵, マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.0【カードリーダー】microSDXC, microSDHC, microSDメモリーカード
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証
  • 【主な付属品】ACアダプター, 製品マニュアル, 製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PC販売員をしております。
もちろんchromebookも取り扱っているのですが、まだデータが少ないため実際購入して使ってみようと思い購入。
あと選んだ決め手は個人的にASUSが好き、MIL規格準拠の耐久性。

結論から言いますと、サックサクに動きます。
ネットサーフィン、YouTube、仕事の日報業務に使っていますが全く不満が無く、完璧といってもいいレベルです。
さらにMIL規格準拠の耐久性。
しっかり狙ったところで止まるので好きな角度で作業ができます。
バッテリーの持ちも十分です。10時間は余裕なのと、充電時間もかなり早いのでストレス無く作業を行うことができます。

購入時当初はフルHD解像度ではないことが引っかかっていましたが、この筐体サイズ、画面サイズではフルHDで無くてもいいのでは?と思ったことからこちらにしました。
結果的に大正解。
ん???って思うこともなくYouTubeを楽しんだり日報業務をいたしております。

総合的に評価しても、はっきり言って完璧。

最後に。
PC販売員として、どういった方におすすめか。
私が実際に店舗で接客する時に使っているワードですが

起動が速く素早く起動
常に高速、常に最新
バッテリー長持ち
ウイルス対策ソフト不要、アンチウイルス搭載

これがchromebook。
このワードに凝縮されています。
また、chromebookはPCに依存するわけではないので、アカウントさえ入力すればどのPCでも、どのchromebookでも、どの携帯でも作業を継続、データを引き継げます。

chromebookは
スマホ、タブレット以上、でもPCは高い
今自分がやっている、もしくはやりたい作業ってスマホやタブレットでもできるかもしれないけどやりづらい、
ネットサーフィン、YouTube、Officeを使う業務程度。
そんな方には最適、そして画期的なchromebook。
ぜひこの感動を皆さんにも知ってもらいたい。

最後に注意点をひとつだけ。
chromebookのchromeOSは、WindowsのようにOSごとにサポート期間が設けられているわけではなく、OSはずっと最新のものを使えます。
しかし、筐体ごと、機種ごとにサポート期間が設定されています。
Amazonでしたら、商品画像の一番最後に。
その他で確認されたい場合は

『chromeOS 自動更新ポリシー』
と検索していただければ、メーカーごとに閲覧できるので、そちらで型番と照らし合わせて確認できます。

ちなみにこちらの機種は2026年6月まで使用できます。
仮にサポート期間が終了、もしくは破損等してしまっても常に最新の状態に保たれてサクサク動くデバイスが10万円以内で買えてしまうのですから、すごくお得じゃないですか?

長文失礼しました。
それでは終わってない日報業務へ戻ります… (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プライムデーで34,800円でした。
タブレット中心の生活だったのですが文字を打つストレスから鞍替えです。
どこまでAndroidアプリが正常に作動してくれるか不安でしたが使いたいアプリは正常に動きました
YAMAHAのMusicCast、AVコントローラー
AmazonMusic、PrimeVideo、Kindle、dアニメは問題なしでした
しかしジャンプ+やマンガBANGのようなマンガアプリは動くのですが画面サイズが最大化しません。読めますけどね
Kindleのように全画面表示してくれれば最高だったんですけどね

人生初の英語キーボードですが一時間もすれば慣れました
しかし最初のログインの際、@マークが見つからずGoogle先生に教えてもらうことに
Pの右隣ってなんだよ。2をなんかのキーと一緒に押すんじゃないのですね

普段ショートカットキーを使わないのですが使ってみるとその便利さに驚きです。逐一Google先生に教えてもらってます
Googleアシスタントの感度がいいので抵抗なくOK,Googleです

しかしながら一番手こずったのはASUSの安心保証の機種登録でした
製品タイプにChromebookがあれば終わる話なのに無いぞ?ノートパソコンか?
でもいくら探してもこの型番が出てこない
結果 Commercial NB ということがわかるまで結構かかりました。素人にはキツイ。。。
そして本体についてるASUS安心保証のシールが剥がしにくい。。。

液晶保護フィルムはC434TAと同じものを使用していますが問題なく使えます
YouTubeやGメールなんかは人によってはアプリ版の方が使いやすいかもですね

スリープ復帰は爆速で本当にスリープしてるのか怪しいくらいです。キーボードも打ちやすくひざの上で作業してもそんなに重さは気になりません。外には持っていくには重いですが
音も十分良いものですし使っていてもストレスないので私みたいなChromebook初心者にはおすすめの一台ですね

追記:あれ?もしかしてハイレゾ対応してます?AmazonMusicHDをヘッドフォンでつないだら24bitで再生されてる!全然期待してなかった部分だけにこれはうれしい!!

追記:レビュー読み返すと何名かが「キーボード表示の通りに打てない」とのことですが他のレビュアーさんの何名かが「設定を直せば打てますよ」と教えてくれてますよ
何よりせっかくChromebookを買ったのだから反射的に「キー表記通りに文字が打てない!」とレビュー書く前に「Chromebook 英語キーボード 表示通りに打てない」とかで検索すれば解決すると思うのですが・・・
検索する道具は目の前にあるでしょうに
詳細設定→言語と入力→日本語入力(USキーボード用)に変更すればOKです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Chromebook Acer ノートパソコン CB314-1H-A14P

  • [OS]Google Chrome OS [CPU] インテル Celeron プロセッサー N4020
  • [メモリ]4GB LPDDR4 SDRAM, デュアルチャネル対応 [ストレージ]64GB eMMC
  • [グラフィック]インテル UHD グラフィックス 600 (CPUに内蔵) [ディスプレイ]14.0インチ/WXGA (HD)(1366×768)/16:9/LEDバックライト/非光沢パネル
  • [USBポート]USB 3.1 ポート x2 (Type-C, Gen 1, 最大5Gbps, PD対応/映像出力対応)、USB 3.0 ポート x2[キーボード] Acer FineTip キーボード (日本語)
  • [本体寸法 (W×D×H)mm]:約 323x232x16.95mm [本体重量]約1,400g [保証期間]1年間センドバック保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
CMにてChromebookを知り初購入しました。
サブ機として十分使えます起動が速くバッテリーも長持ち特に不満なく気軽に使用しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
基本的に軽くて速いです。
マルチタスクには向いてないので、無理な負荷をかけないことをオススメします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン 14.1型HD液晶

  • OS:Chrome OS
  • CPU:MediaTek MT8173C、2.10GHz
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 14.0型 FHD TN液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:4GB LPDDR3、スロット0 (オンボード)
  • ストレージ:64GB eMMC
  • キーボード/ボタン類:英語キーボード、US配列、マルチタッチパッド、パワーボタン
  • 内臓カメラ:あり (前面:HD 720p カメラ)
  • Officeソフトウエア:なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
このスペックで特価24,000円(10,000円クーポン値引き含む)だったので急遽ポチりました。主に旅行先で使うため、ずっと安いのを探してたところ、某B家電量販店アプリを覗くと、ASUSのWindows10s(32GB/HDモデル)が19,800円という破格で売られていたのを知ったので、Amazonでググってみたところ、更に上位スペック(64GB、FHD)のChromebookモデルがオトクに買えることを知ったので迷うことなく購入したわけです。
長年スマホはAndroidユーザであるし、PCは長年ThinkPadシリーズとideapadの英語OS、英語キーボードユーザであるため、違和感なく本製品に決定した次第です。やはり、Android OSユーザには大変同期が取りやすく、使いやすいの一言です。
設定は凄く簡単で、Gmailアカウントとパスワードを入力後、Wi-Fi SSIDとパスワードを入力すればOkay!ですが、Googleクラウド上にパスワードが保存されてたので、"次へ"ですぐネット接続出来ました。最低限必要なMS Word、Google Photo、あとAmazonプライムメンバのため、Photo保存容量が無限大に利用できるので、そのアプリもインストールしておきました。やはりスマホより画面は大きく、キーボードの方が入力し易いです。使い始めて1日にして簡単に便利な点と気が付いた点を挙げておきます。

便利な点:
☆Chrome Castを持ってるので、自宅の大画面TVに映し出せる。(HDMI端子経由でなくても可)TV画面を見ながらBluetoothマウス操作が出来るのは使い勝手抜群です。ただ、若干マウスの動きにタイムラグを感じます。
☆スピーカーLとRが左右独立型であるため、YouTubeを見ると多少の臨場感が伝わってきます。
☆MS Wordアプリが使えるので、クラウド保存やSDカード保存したドキュメントも編集可能です。

気が付いた点:
☆Delキーが付いてないので、backspaceキーで対応しなければならない。ThinkPad慣れしてると、Backspaceキーの上がDeleteキーなのだが、本製品の場合、そこがPowerボタンとなっているため、慣れるまで間違えやすい。
☆自分は中文(繁体字、簡体字)と日本語を入力を切り替えて使うため、その切り替えは、Windowsで言うと時計の枠をクリックして言語切り替えする必要があります。キーボードで切り替え操作は、言語切り替えCtrl+Shift+Space、戻しCtrl+Spaceです。
☆YouTubeは問題なくスムーズに視聴可能
今後気が付いた点が見つかりましたら追記する予定です。安価なPCなので迷わず買いましょう!タブレットPCより使いやすいので気に入りました。

最後に自分の使い方は、所謂ダム端末として、自宅のWindowsマシンへのリモートデスクトップ接続するためです。持ち歩き端末の場合、セキュリティが最重要課題ですが、本製品はクラウド保存を前提としたマシンなので、クライアント側には保存せず安心して使用出来ます。
(令和元年11月22日追記)
SDカード挿入時の出っ張り具合とUSBフラッシュメモリをUSB端子に挿入した時の出っ張り具合の写真を掲載しました。
若しストレージ容量を増加させたい方は、下記の信頼あるSandisk USBメモリをおススメします。
"【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 64GB USB 2.0 超小型 SanDisk Cruzer Fit SDCZ33-064G-JA57"
多少の出っ張りはありますが、SDカードを挿しっぱなしにするより安全です。自分は同製品を5本使ってます。
(令和元年12月15日追記)
WindowsPCの”MS Office 365 soloの1年ライセンス”を更新しました。そのオマケで使用できる1TBクラウドストレージを活用してます。PrimeのオマケのAmazon Photosは、写真無制限・動画は10GBなので使い分けてます。
(令和元年12月19日追記)
写真を1枚追加しました。
(令和2年1月19日追記)
中国に持って行きました。Chromebookを立ち上げると、Googleにログイン出来なく、自分のアカウント内にインストールしてあるパーソナルVPNやWiFiセキュリティが使えなくなり、ゲストモードになってしまう事象を確認しました。
スマホでは常にグレードファイヤーウォールの存在を気にしてますが、Chromebookでは、その存在をすっかり忘れてました。そのため、次回訪華のため、こちらの『GL.iNet GL-MT300N-V2 Nano 無線LAN vpnトラベルルーター 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB RAM コンパクト ホテル用 Openwrtインストール OpenVPN/WireGuardクライアントとサーバーインストール 日本語界面』を購入予定です。Googleログインだけなら、ローミングSIMカードを挿してるスマホのテザリングを一時的に使い、認証取れたら、すぐホテルのWiFiに接続切り替えし、パーソナルVPNを接続してしまえば問題ないと思います。
(令和2年4月24日追記)
購入して暫く経過するので、総評を書いておきます。
画面は例えていえば、かなり薄いパラフィンシートを画面に被せたような感じ、動作”もっさり”感は否めません。ですが、ビジネスで十分活用できるアプリケーションが、Google Playから無料でダウンロード出来る点でしょうか。それを考えると、価格的にも自分の中ではかなり満足いく製品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 クロームブックというのは、グーグルクロームを動かすことに特化したPCのこと。よってウィンドウズPCのように何でもできる汎用性はないので、そのあたりは注意して購入する必要がある。
 すでにウィンドウズPCを持っているのだが、値段も手ごろだし、ちょっと興味があったのでサブ機として購入した。
予想に反して、意外とやることってブラウジングとYouTubeで大半を占めることが分かった。
 メイン機としてウィンドウズは個人的に必須なので、これ一台で完結することはできないが、ライトユーザーにとってはクロームブックは十分ではないだろうか。以下、最初に長所を書いていきたい。

1.起動が速い
 最近はウィンドウズPCでも十分な速さなので、そこまで感動するほどではないかもしれない。ただ、中に余計なアプリがないために起動してからの操作できるようになる時間までが速いような気がする。
 ちなみに全体的な動作もキビキビしていて気持ちいい。

2.US配列
 配置がスッキリしていて、個人的にUSキーボードが好きなので良かった。ちなみにキーストロークは少し浅めだが、悪い感触ではない。あと、トラックパッドも悪くはない。特別よくはないが、快適に使える感じ。

3.充電がタイプCから可能
 もちろん専用の充電器がついているが、汎用の充電ケーブルでも可能。専用ケーブル以外を使うときは自己責任にはなるが、他にあれば共用すればケーブルの数が増えずに済む。
 ちなみに、スマホ充電用のタイプCケーブルで試しに充電してみたが、低電力ながらも充電できた。
 あと、電池持ちは実用レベルで十分持つ感じ。体感的にだいたい10時間くらいかな。

 以下は欠点や気になったところ。

1.画面がアンチグレア仕様なので、少し白っぽい感じがする。特にメイン機の液晶と比べると顕著。もちろん、普通に使う分には十分きれいな液晶ではあるが。
 あとは液晶の視野角が狭い。まあ、そこまで気にはならないが、たまに不便ではある。

2.アンドロイドアプリが一応使えるが、実際にインストールしてみるとこのPCとは相性が悪かった。
タッチ操作を前提としているアプリをPCで使うと相性が悪いのは分かっていたが、lineも拡張機能で使うと、使えない機能が多かった。あとはアプリの時だけ、かな入力とローマ字入力を手動で行う必要があり、とにかくめんどくさいの一言に尽きる。実用性はあまりないかな……
 文字入力で言えば、ファンクションキーがウィンドウズと仕様が違うので、使いにくい。特にF7キーをよく使う人は文字打ち目的でこれを買うとちょっと面食らうかも……

3.SDカードは思いっきり飛び出る仕様。クロームブックではあまりローカルでデータを使うことなかったので、そもそも使わないが、使いたい人は要注意。

 以上、総評すると「悪くはないけど、良くもない」といった感じである。外観も安っぽさを感じるものの、無骨で無難な感じは、嫌いではない。
 これで7、8万するなら不満に思うが、クロームOSの特徴と低価格ということで、十分な支持を得られるのではないだろうか。色々粗もあるが、愛着のある一台になりそうだ。
 初めて購入される方は、まずは一度クロームブックについて調べてみてから購入を検討して欲しい。クロームブック自体がくせの強い機体なので、合う、合わないはあると思う。
 合えば心強い相棒になるだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Google Chromebook Lenovo ノートパソコン 14.1型HD液晶 英語キーボード S330
発売日 2019/07/15
通常 22,780円
現在 22,430円
350円(2%)OFF!!

  

Google Chromebook Lenovo ノートパソコン 14.0型フルHD

  • OS:Chrome OS
  • CPU:MediaTek MT8173C、2.10GHz
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 14.0型 FHD TN液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:4GB LPDDR3、スロット0 (オンボード)
  • ストレージ:64GB eMMC
  • キーボード/ボタン類:英語キーボード、US配列、マルチタッチパッド、パワーボタン
  • 内臓カメラ:あり (前面:HD 720p カメラ)
  • Office ソフトウエア:なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
このスペックで特価24,000円(10,000円クーポン値引き含む)だったので急遽ポチりました。主に旅行先で使うため、ずっと安いのを探してたところ、某B家電量販店アプリを覗くと、ASUSのWindows10s(32GB/HDモデル)が19,800円という破格で売られていたのを知ったので、Amazonでググってみたところ、更に上位スペック(64GB、FHD)のChromebookモデルがオトクに買えることを知ったので迷うことなく購入したわけです。
長年スマホはAndroidユーザであるし、PCは長年ThinkPadシリーズとideapadの英語OS、英語キーボードユーザであるため、違和感なく本製品に決定した次第です。やはり、Android OSユーザには大変同期が取りやすく、使いやすいの一言です。
設定は凄く簡単で、Gmailアカウントとパスワードを入力後、Wi-Fi SSIDとパスワードを入力すればOkay!ですが、Googleクラウド上にパスワードが保存されてたので、"次へ"ですぐネット接続出来ました。最低限必要なMS Word、Google Photo、あとAmazonプライムメンバのため、Photo保存容量が無限大に利用できるので、そのアプリもインストールしておきました。やはりスマホより画面は大きく、キーボードの方が入力し易いです。使い始めて1日にして簡単に便利な点と気が付いた点を挙げておきます。

便利な点:
☆Chrome Castを持ってるので、自宅の大画面TVに映し出せる。(HDMI端子経由でなくても可)TV画面を見ながらBluetoothマウス操作が出来るのは使い勝手抜群です。ただ、若干マウスの動きにタイムラグを感じます。
☆スピーカーLとRが左右独立型であるため、YouTubeを見ると多少の臨場感が伝わってきます。
☆MS Wordアプリが使えるので、クラウド保存やSDカード保存したドキュメントも編集可能です。

気が付いた点:
☆Delキーが付いてないので、backspaceキーで対応しなければならない。ThinkPad慣れしてると、Backspaceキーの上がDeleteキーなのだが、本製品の場合、そこがPowerボタンとなっているため、慣れるまで間違えやすい。
☆自分は中文(繁体字、簡体字)と日本語を入力を切り替えて使うため、その切り替えは、Windowsで言うと時計の枠をクリックして言語切り替えする必要があります。キーボードで切り替え操作は、言語切り替えCtrl+Shift+Space、戻しCtrl+Spaceです。
☆YouTubeは問題なくスムーズに視聴可能
今後気が付いた点が見つかりましたら追記する予定です。安価なPCなので迷わず買いましょう!タブレットPCより使いやすいので気に入りました。

最後に自分の使い方は、所謂ダム端末として、自宅のWindowsマシンへのリモートデスクトップ接続するためです。持ち歩き端末の場合、セキュリティが最重要課題ですが、本製品はクラウド保存を前提としたマシンなので、クライアント側には保存せず安心して使用出来ます。
(令和元年11月22日追記)
SDカード挿入時の出っ張り具合とUSBフラッシュメモリをUSB端子に挿入した時の出っ張り具合の写真を掲載しました。
若しストレージ容量を増加させたい方は、下記の信頼あるSandisk USBメモリをおススメします。
"【 サンディスク 正規品 】5年保証 USBメモリ 64GB USB 2.0 超小型 SanDisk Cruzer Fit SDCZ33-064G-JA57"
多少の出っ張りはありますが、SDカードを挿しっぱなしにするより安全です。自分は同製品を5本使ってます。
(令和元年12月15日追記)
WindowsPCの”MS Office 365 soloの1年ライセンス”を更新しました。そのオマケで使用できる1TBクラウドストレージを活用してます。PrimeのオマケのAmazon Photosは、写真無制限・動画は10GBなので使い分けてます。
(令和元年12月19日追記)
写真を1枚追加しました。
(令和2年1月19日追記)
中国に持って行きました。Chromebookを立ち上げると、Googleにログイン出来なく、自分のアカウント内にインストールしてあるパーソナルVPNやWiFiセキュリティが使えなくなり、ゲストモードになってしまう事象を確認しました。
スマホでは常にグレードファイヤーウォールの存在を気にしてますが、Chromebookでは、その存在をすっかり忘れてました。そのため、次回訪華のため、こちらの『GL.iNet GL-MT300N-V2 Nano 無線LAN vpnトラベルルーター 中継器ブリッジ 11n/g/b 高性能300Mbps 128MB RAM コンパクト ホテル用 Openwrtインストール OpenVPN/WireGuardクライアントとサーバーインストール 日本語界面』を購入予定です。Googleログインだけなら、ローミングSIMカードを挿してるスマホのテザリングを一時的に使い、認証取れたら、すぐホテルのWiFiに接続切り替えし、パーソナルVPNを接続してしまえば問題ないと思います。
(令和2年4月24日追記)
購入して暫く経過するので、総評を書いておきます。
画面は例えていえば、かなり薄いパラフィンシートを画面に被せたような感じ、動作”もっさり”感は否めません。ですが、ビジネスで十分活用できるアプリケーションが、Google Playから無料でダウンロード出来る点でしょうか。それを考えると、価格的にも自分の中ではかなり満足いく製品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 クロームブックというのは、グーグルクロームを動かすことに特化したPCのこと。よってウィンドウズPCのように何でもできる汎用性はないので、そのあたりは注意して購入する必要がある。
 すでにウィンドウズPCを持っているのだが、値段も手ごろだし、ちょっと興味があったのでサブ機として購入した。
予想に反して、意外とやることってブラウジングとYouTubeで大半を占めることが分かった。
 メイン機としてウィンドウズは個人的に必須なので、これ一台で完結することはできないが、ライトユーザーにとってはクロームブックは十分ではないだろうか。以下、最初に長所を書いていきたい。

1.起動が速い
 最近はウィンドウズPCでも十分な速さなので、そこまで感動するほどではないかもしれない。ただ、中に余計なアプリがないために起動してからの操作できるようになる時間までが速いような気がする。
 ちなみに全体的な動作もキビキビしていて気持ちいい。

2.US配列
 配置がスッキリしていて、個人的にUSキーボードが好きなので良かった。ちなみにキーストロークは少し浅めだが、悪い感触ではない。あと、トラックパッドも悪くはない。特別よくはないが、快適に使える感じ。

3.充電がタイプCから可能
 もちろん専用の充電器がついているが、汎用の充電ケーブルでも可能。専用ケーブル以外を使うときは自己責任にはなるが、他にあれば共用すればケーブルの数が増えずに済む。
 ちなみに、スマホ充電用のタイプCケーブルで試しに充電してみたが、低電力ながらも充電できた。
 あと、電池持ちは実用レベルで十分持つ感じ。体感的にだいたい10時間くらいかな。

 以下は欠点や気になったところ。

1.画面がアンチグレア仕様なので、少し白っぽい感じがする。特にメイン機の液晶と比べると顕著。もちろん、普通に使う分には十分きれいな液晶ではあるが。
 あとは液晶の視野角が狭い。まあ、そこまで気にはならないが、たまに不便ではある。

2.アンドロイドアプリが一応使えるが、実際にインストールしてみるとこのPCとは相性が悪かった。
タッチ操作を前提としているアプリをPCで使うと相性が悪いのは分かっていたが、lineも拡張機能で使うと、使えない機能が多かった。あとはアプリの時だけ、かな入力とローマ字入力を手動で行う必要があり、とにかくめんどくさいの一言に尽きる。実用性はあまりないかな……
 文字入力で言えば、ファンクションキーがウィンドウズと仕様が違うので、使いにくい。特にF7キーをよく使う人は文字打ち目的でこれを買うとちょっと面食らうかも……

3.SDカードは思いっきり飛び出る仕様。クロームブックではあまりローカルでデータを使うことなかったので、そもそも使わないが、使いたい人は要注意。

 以上、総評すると「悪くはないけど、良くもない」といった感じである。外観も安っぽさを感じるものの、無骨で無難な感じは、嫌いではない。
 これで7、8万するなら不満に思うが、クロームOSの特徴と低価格ということで、十分な支持を得られるのではないだろうか。色々粗もあるが、愛着のある一台になりそうだ。
 初めて購入される方は、まずは一度クロームブックについて調べてみてから購入を検討して欲しい。クロームブック自体がくせの強い機体なので、合う、合わないはあると思う。
 合えば心強い相棒になるだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

5万円で買える 14インチ 最新モバイルノートPC 5機種

以下が5万円程で購入できる最新ノートPCの人気5製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 3634件
2
Google Chromebook ASUS ノートパソコン C425TA(インテル Core m3-8100Y/4GB, 64GB/Typ...
発売日 2020/10/13
通常 42,327円
現在 38,170円
4,157円(10%)OFF!!
(4)
総評価数 283件
3
(3.9)
総評価数 66件
4
(3.5)
総評価数 3件
5
Acerノートパソコン Swift 1 SF114-32-A14Q/S Celeron N4020 4GB 128GB SSD ドライブなし...
発売日 2020/08/31
通常 40,980円
現在 39,980円
1,000円(2%)OFF!!
(3.7)
総評価数 74件

GLM 超軽量 薄型 PC ノートパソコン 日本語キーボート WPS Office

  • *注意!*当商品は電源アダプタの付いてない外付けDVDドライブの使用はできません。外付けDVDドライブ電源アダプタに関してDVDドライブメーカーにお問い合わせください。2020年5月更新情報:電源挿し込み口部不具合修正。
  • GM-JAPAN GLMシリーズ。従来の常識を超えた超軽量ノートパソコン。 重さ約1.3㎏、厚み約1㎝の薄型ながら高速SSDを搭載したハイスペックモデル。 オフィスワークで忙しいあなたにも、家事の合間に一息つきたいあなたにもジャストな1台です。高速SSD内蔵により、かつてないスピーディーなオフィスワークをサポートします。持ち歩くには十分な容量も確保でき、SDカードとの連携で大容量PCとしても活躍します。
  • 合金ボディー、初期設定済、到着後すぐに使用できます。キーボードバックライト、HDMI、WEBカメラ、マイクロSD挿し込み口、USB3.0搭載。
  • CPU:Intel Celeron Quad Core N3450 標準周波数1.10 GHz 最大周波数2.20 GHz 4コア メモリ:8GB  SSD:256GB 液晶:14.1インチ 広視野角 (IPS) フルHD (1080P) 液晶、液晶解像度1920x1080、日本語配列キーボード
  • Windows10 Pro 64Bit、WPS Office 搭載 ライセンス認キー付属(Word、Excel、PowerPoint互換利用可能)。付属品:電源アダプタ、説明書/保証書、KINGSOFT セキュリティソフト 永久ライセンスカード。1年保証付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
【第一印象】
梱包も外観も無駄を一切排除して清々しいです。
そのうえ質感・使用感は値段に比べて「とても良い」と感じました。
無駄を省いてハード・ソフトに当てているからこそ、この値段が実現できるのだと思います。
過度な梱包やマニュアル・サポートにコストをかけるよりも、その分「商品自体にコストをかけてほしい」という、ある程度PC知識がある方にはうってつけの商品だと思います。
ただ、何人かの方が書かれているように添付のマニュアルは文字が小さすぎて読みにくいです。
また、共通マニュアルとなっているためなのか本体の改良に追いついていないのか、記載と実際とが異なる点がありました。
改良のたびに印刷コストをかけられないのは理解できますので、最新版に関してはPDF等でダウンロードできるとありがたいな、と感じました。

【改良点・気が付いた点】
商品販売ページの記述には間に合っていないようですが、下記のような進化(改良)と思われる点が見られました。
各人がサポートに問い合わせて結果的にコストが上がってしまうより、ここで共有したほうが良いと思われるため、すでに記載されている点も含めまとめて列挙しておきますね。

1. キーボード
販売ページの画像更新はまだですが、黒地・白文字でとても視認性が上がっており、過去のグレー色よりとても見やすく改良されています(画像参照・以下同じ)。
また、バックライトも実用的に改良されていました。
添付のマニュアルにはFn+F11でバックライトのOn/Offができると記載がありましたが、届いた商品はOffできませんでした。
カスタマーQ&Aにも同様の質問がありましたので、メーカーに問い合わせた結果を記載しておきましたが、現在は手動でOn/Offする仕様ではなく、常にOnになっており、時間がたつと自動消灯、キーに触ると再度点灯するように改良されたとのことでした。
これまでOnにする方法を質問する方が多かったためそのように設定変更したようです。
ユーザーの声を聴いて改良する姿勢にとても感心するとともに安心です。
ただ、Offにする方法はいまのところ「ない」とのことでした。
BIOSも見てみましたが設定項目は見当たりませんでした。

2. CPU
これまでも何人かの方が書かれている通り、Celeron J3160(1.6~2.24GHz)→Celeron N3450(1.1~2.2GHz)に新しいCPUに変更になっています。

3. WiFi
カスタマーQ&Aでは5GHz帯に対応するかどうか意見が割れていますが、届いた商品は対応していました。

4. 画面保護フィルム
以前は画面にフィルムの切れ端が残るとのレビューが見られましたが、普通にやればきれいに剥がれました。
保護フィルムには番号が印字されていますので、剥がさずに使用すると画面に番号が見えて慌てるかもしれません。
届いた商品は保護フィルムの右上の角が剥がしやすいように、わざと少し剥がされていましたので、気づかず剥がさずに使うことはなかったです。
この辺りも配慮が感じられる点です。

5. ACおよびUSB端子
これは改良というわけではないのかも知れませんが、個人的に気になった点です。
ACアダプタやUSBを本体に挿すときに、ある程度挿したときに一度引っ掛かりこれ以上挿せない錯覚に陥ります。
しかし、この中途半端な状態だと充電がうまくできなかったり、USBドライブが認識できなかったりという状況に陥ることがあります。
実は、もう一度通常の力加減で押し込むと「カチッ」という音とともに挿しこみ完了となります。
一度やればコツがつかめるのですが、最初は力加減がわからず、中途半端になってしまいがちですので注意が必要です。
「カチッ」と安定する方が不用意に抜けたりすることが防げるので良いと思います。
ただし、馬鹿力で挿して壊さないようにくれぐれも注意が必要です。

6. マイクロSDカード
端子面を上にして差し込みます。このときも「カチッ」というまで挿して完了となります。カードの端がPCとちょうど面一となっている状態です。
取り出しは、無理やり引っ張り出すのは間違いです。
カードを再度押し込むと「カチッ」という音とともに出てきます。
あえて例えるならノック式ボールペンの感触です。

7. 視力保護
最初ディスプレー画面が通常より黄色っぽく感じました。
これはデフォルトで「視力保護モード」というプログラムが働いてブルーライトをカットしているからだとわかりました。
色味が気に入らない方は、設定をOffにするといいと思います。

【まとめ】
格安商品は「売りっぱなし・サポートなし」が多い世の中で、ユーザーの声を聴いて商品改良を続けている企業姿勢に感心しました。
また、サポートも丁寧に応対していただき安心しました。
今回、サイバーマンデー価格で手に入れることができましたが、同様の価格でセールがあれば家族用にもう1台購入したいと思える商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
タイムセールにて¥37,230。
この価格でoffice無期限版がついてて、お買い得でした。
ただ、1点分かりにくいと思ったことがあるので書きますね。
付属でウィルスソフト(キングソフトのウィルスセキュリティ)がついてますが、ダウンロード方法が分かりにくい
!アドレスが記載してるとどこかに書いてありましたが、書いてないし。。(-"-)
リーフレットが付いてましたが、役に立たず、ちょっと調べないとわからなかったです。
違う機種のレビューでやはり勘違いしておられる方もいらっしゃるようなので念のため、書いておきます。
キングソフトのインターネットセキュリティは基本無料(広告表示等あるので)ですが、この付属しているのはちゃんと有償版(広告表示等なし)がついています。
下記のアドレスでダウンロードできます。
https://www.kingsoft.jp/is/download
有償版のダウンロードの方法についてはこちら↓
https://support.kingsoft.jp/kis/kingsoft_internet_security_2.html

その他、所々使い勝手に少々戸惑うこともありますが、この価格なのであまり文句も言えません。
コスパはいいです。

だいぶ前ですが某中国メーカーのA●USを購入したことがあり、レビューで初期不良が多そうと思いつつ、安いし買ったら、案の定初期不良が当たって返品、それ以来中国メーカーには不信感があったのですが、これはレビューもいいし、初期不良もなく、問題なく動作してます。
全般的に買って損はないと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Google Chromebook ASUS ノートパソコン C425TA(インテル

  • 【OS 】Chrome OS【カラー】シルバー【サイズ】幅321.7mm×奥行き208mm×高さ16.9mm 約1.44kg
  • 【CPU】インテル Core m3-8100Y【メモリ】4GB【ストレージ】eMMC:64GB 【ディスプレイ】14型ワイドTFTカラー液晶/グレア/1920×1080ドット (フルHD)/92万画素Webカメラ内蔵【グラフィックス】インテル HD グラフィックス 615
  • 【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen1 ※データ転送, 映像出力, 本機への充電をサポート)×2、USB3.0×1【オーディオ】ステレオスピーカー内蔵(1W×2), アレイマイク内蔵, マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac, Bluetooth 4.2【カードリーダー】microSDXC, microSDHC, microSDメモリーカード【キーボード】英語キーボード【バッテリー駆動】約12時間 【消費電力】最大約48W
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証, バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター, 製品マニュアル, 製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
プライムデーで34,800円でした。
タブレット中心の生活だったのですが文字を打つストレスから鞍替えです。
どこまでAndroidアプリが正常に作動してくれるか不安でしたが使いたいアプリは正常に動きました
YAMAHAのMusicCast、AVコントローラー
AmazonMusic、PrimeVideo、Kindle、dアニメは問題なしでした
しかしジャンプ+やマンガBANGのようなマンガアプリは動くのですが画面サイズが最大化しません。読めますけどね
Kindleのように全画面表示してくれれば最高だったんですけどね

人生初の英語キーボードですが一時間もすれば慣れました
しかし最初のログインの際、@マークが見つからずGoogle先生に教えてもらうことに
Pの右隣ってなんだよ。2をなんかのキーと一緒に押すんじゃないのですね

普段ショートカットキーを使わないのですが使ってみるとその便利さに驚きです。逐一Google先生に教えてもらってます
Googleアシスタントの感度がいいので抵抗なくOK,Googleです

しかしながら一番手こずったのはASUSの安心保証の機種登録でした
製品タイプにChromebookがあれば終わる話なのに無いぞ?ノートパソコンか?
でもいくら探してもこの型番が出てこない
結果 Commercial NB ということがわかるまで結構かかりました。素人にはキツイ。。。
そして本体についてるASUS安心保証のシールが剥がしにくい。。。

液晶保護フィルムはC434TAと同じものを使用していますが問題なく使えます
YouTubeやGメールなんかは人によってはアプリ版の方が使いやすいかもですね

スリープ復帰は爆速で本当にスリープしてるのか怪しいくらいです。キーボードも打ちやすくひざの上で作業してもそんなに重さは気になりません。外には持っていくには重いですが
音も十分良いものですし使っていてもストレスないので私みたいなChromebook初心者にはおすすめの一台ですね

追記:あれ?もしかしてハイレゾ対応してます?AmazonMusicHDをヘッドフォンでつないだら24bitで再生されてる!全然期待してなかった部分だけにこれはうれしい!!

追記:レビュー読み返すと何名かが「キーボード表示の通りに打てない」とのことですが他のレビュアーさんの何名かが「設定を直せば打てますよ」と教えてくれてますよ
何よりせっかくChromebookを買ったのだから反射的に「キー表記通りに文字が打てない!」とレビュー書く前に「Chromebook 英語キーボード 表示通りに打てない」とかで検索すれば解決すると思うのですが・・・
検索する道具は目の前にあるでしょうに
詳細設定→言語と入力→日本語入力(USキーボード用)に変更すればOKです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Androidアプリを作成する開発者ですが、Chrome Bookでも動作させられるらしいと聞いて試験用に購入してみました。

ストアアプリとして(ライセンスを持っていれば)Microsoftのオフィス類が利用できます。速度面を除けばPCとほぼ同様に利用できます。出張などに持ち歩くには十分だと思います。

私は古くからのMac派なのでキーボード配列はUSのものばかり購入して使っています。今回入手したものも英語配列でしたが、切り替え方法に戸惑いました。

設定の「デバイス」で言語と入力を選び、日本語入力(USキーボード用)を選ばないと記号とキートップが一致しません。さらに入力方法項目の中で日本語入力(USキーボード用)と英語(米国)キーボードの両方が表示されるようにすることが肝心です。両者の切り替えはMacと同じでコントロール+スペースです。それさえわかってしまえば便利に使いこなせるでしょう。

画面がタッチスクリーンなのも便利です。USB-Cで4Kディスプレイにつなぐこともできます。ディスプレイによりますが、給電してくれるものも少なくないです。少し暗いですがキーボードにはバックライトが点灯します。

プライムデーで安く購入できましたが、そうでなくても値段以上のものを備えていると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Chromebook クロームブック ASUS ノートパソコン 14.0型フルHD液晶

  • ※製品の画像は英字キーボード版ですが、実際の製品は日本語キーボードモデルとなります。
  • Chromebookとは、Chrome OSを搭載した簡単で高速起動のパソコンです。Office:なし
  • ウェブやメール、動画視聴からオフィスソフトが無料で利用可能。Androidをお使いの方はすでにお持ちAndroid アプリもそのまま使えます。
  • 自在に変形するウルトラモバイル ●カードリーダー:microSDXCメモリーカード、 microSDHCメモリーカード、 microSDメモリーカードを読み取るのに使用します。
  • 画面サイズ:14.0型ワイドTFT フルHDカラー液晶(1,920x1,080ドット) / 重量:約1.45kg / バッテリー駆動時間:約10時間
  • CPU:Intel Core m3-8100Y / メモリ:4GB / ストレージ:eMMC 32GB
  • 接続方式:[USBポート] USB3.1(Type-C/Gen1)×2、USB3.0×1●無線LAN: IEEE802.11a/b/g/n/ac/ Bluetooth 4.0
  • 保証期間:[本体]購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証/ [バッテリーおよびACアダプター]購入日より12ヵ月間の日本国内保証
  • サイズ:幅320.9mm×奥行き202.3mm×高さ15.7mm
  • 付属品: ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
前のchromebookがサポート終了を受けて購入
価格はほかのchromebookと比べると高めですが、CPUがm3だからまあそれなりかな?
YouTubeなどの動画鑑賞では前回のchromebook がCPUが非力すぎて動画再生後にフリーズして一切動かなくなったけど、今回は余裕でした (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
HPのx360とかなり迷って最終的にこちらを購入。店頭で両機(どちらもCore i5)を比較したところ、HPはトラックパッドのレスポンスもタッチパネルのレスポンスも秀逸、キーボードも気持ちよく使っていて確実に満足できると確信できるものでした。一方ASUSのC434は特にトラックパッドのフィーリングとレスポンスがスムーズさに欠け、またタッチパネルの反応もモッサリして操作性はHPに劣っていました。ただ個人的にHPの野暮ったいデザインとサイズの大きさがどうしても受け入れられず、デザイン優先でASUSを選択しました。ここのレビューでも酷評が多かったのでちゃんとしたものが届くか不安でしたが、新品で動作も問題ない個体が届きました。一方操作性の微妙さは店頭で確認したとおり。とはいえやはり狭ベゼルからくるコンパクトさと洗練されたデザインは所有感を高めてくれるのでトータルでは星4つとしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

mouse ノートパソコン 14型フルHD (Celeron N4100/4GB/64GB

  • 薄型・軽量・約11.5時間の長時間バッテリー/14型フルHD(1920x1080)ノングレア液晶ノートPC
  • 【OS】Windows 10 Home Sモード(64bit)
  • 【CPU】インテル Celeron N4100 プロセッサー (4コア/4スレッド/1.10GHz/バースト時最大2.40GHz/4MBキャッシュ)
  • 【メモリ】DDR4 4GB(オンボード 4GB)/最大4GB(オンボード 4GB)、【ストレージ】64GB eMMC(オンボード)、【カードリーダー】左側面×1[対応メディア:micro SDメモリーカード(SDXC,SDHC 含む)]
  • IEEE802.11 ax/ac/a/b/g/n 最大2.4Gbps対応 (連続160MHz帯域 Wi-Fi 6対応機器が必要)+ Bluetooth 5、USB3.0 (Type-C/右側面×1、Type-A/右側面×1)、USB2.0 (Type-A/ 左側面×1)、映像出力:HDMI端子(右側面×1)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
低価格で期待以上の性能面で安心した、是非お薦めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
何に使うにも動きがカクカクで使えたものじゃありません。

正直購入した事を後悔しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Acerノートパソコン Swift 1 SF114-32-A14Q/S Celeron

  • [CPU] インテル Celeron プロセッサー N4020/インテル バースト・テクノロジー対応:最大2.80GHz/キャッシュ 4MB
  • [メモリ]4GB DDR4-2666MHz SDRAM
  • [ストレージ]128GB SSD M.2 (Type 2280), PCIe, NVMe
  • [グラフィック]インテル UHD グラフィックス 600 (CPUに内蔵)
  • [ディスプレイ]14.0インチ/フルHD(1920×1080)/16:9/LEDバックライト/非光沢パネル/表示色:1670万色/IPS

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
SSDの長所を、セレロンかメモリかがそこそこ消してしまっています。が、安く買えたので割には合っていると思います。色とかデザインとかは、安さを感じさせないです。指紋センサーはコツが要るのでしょうが、やや使いにくいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
薄い、軽いということ、そしてバッテリーの持ちが長い。普通に使うなら十分だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

7万円で買える 14インチ 最新モバイルノートPC 5機種

以下が7万円程で購入できる最新ノートPCの人気5製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.2)
総評価数 516件
2
(4.8)
総評価数 13件
3
(3.9)
総評価数 66件
4
(4.1)
総評価数 42件
5
(3.9)
総評価数 120件

Google Chromebook HP ノートパソコン インテル® Core i3

  • OS: Chrome OS
  • プロセッサー: インテル Core i3-10110U プロセッサー(2.10GHz-4.10GHz,インテルスマートキャッシュ 4MB)
  • メモリ: 8GB オンボード (2666MHz, DDR4 SDRAM) ストレージ: 128GB eMMC フラッシュメモリ
  • ディスプレイ: 14.0インチワイド・フルHDブライトビュー・IPSタッチディスプレイ (1920×1080 / 最大1677万色)
  • 無線LAN: IEEE802.11ax(Wi-Fi 6)、Bluetooth 5.0

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Chromebook に興味を持って色々探していたときにちょうど 自分の好きな色の Amazon 限定色ということもあり購入を検討しました。

値段も手頃でしたので購入後使い出しました。

セットアップも簡単で Google Chrome がとても高速に起動できるので毎日触りながら満足感が増しています。

Android アプリも使えて自分が使いたいものはちゃんとインストールして使えるので感動しています。
アプリが使えないものも、ブラウザー経由でアクセスできるサービスはショートカットに登録しておけばアプリを使っているような感じで使えるのでそんなに違和感はありません。

個人的に、 Google Chrome での検索エンジンをキーワードで使えるのがとても便利で Google アカウントでログインすると自分が以前キーワードを 設定していたものがちゃんと使えたりしてとても使い勝手がいいです。

最近はタブレットを使っていたこともあり、この大きさの画面でビデオなどを見るとやはり画面の大きさはいいなあと思います。

タブレットは持ち歩き用で、自宅やオフィスではこのくらいの大きさの Chromebook を使うというのがこれからの自分の定番になりそうです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Chromebookは初めて使いましたが、ネットでのちょっとした調べ物やYouTubeでの動画視聴が主目的なので、ニーズに完璧に合致しました。
デスクトップPCを起動するほどではないけどAndroidタブレットだと荷が重いような作業をするのにピッタリです。
アマゾン限定モデルはメーカー販売品よりCPUが1ランク落ちますが、ブラウザでタブを複数開きながらYouTubeで動画再生などしていても動作に重さは感じません。(Amazon Musicをバックグラウンドで再生しているとたまにプチプチ途切れますが、自分には許容範囲内です。)
スピーカーとディスプレイは価格から想像するよりかなり良い品質で、本体の作りにも安っぽいところが少なく、これで39800円はかなりお値打ちに感じます。

ただ、一般的なPCのようにOfficeソフトやその他アプリケーションをガンガン使おうと思うと、作業しづらかったり操作性に少し癖があったりしてやや厳しい面もありますので、これ1台で全てをまかなおうと思っている方や、よく分からないけどとりあえずPCっぽいものが欲しいというような方はあまり満足できないかもしれません。
ある程度割り切った使い方を想定している方におすすめします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 350(14.0型FHD

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)、CPU:AMD Ryzen 5 4500U、2.30GHz (最大ブースト・クロック: 4.00GHz)
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 14.0型 FHD TN液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:8GB PC4-21300 DDR4 SDRAM SODIMM (内、オンボード4GB)、スロット:1 (空0)、ストレージ:SSD 256GB (PCIe NVMe/M.2)
  • インターフェース:フルサイズ USB:USB3.0×2、USB2.0×1、HDMIポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • WiFi、Bluetooth:IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v5.0、Officeソフト:なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
注文から1日で無事届きました。
大学用に買いましたが内蔵されているRyzen5 4500UというCPUの性能が良いらしく、GPUもついているのでゲームもそこそこできておすすめです。
コスパがかなり良いので私のようなpc初心者で選ぶのに迷っていたら、これを買えば良いと思います。
不満点を挙げるとしたら液晶の種類の問題なので仕方が無いですが、真正面から見ないと色が少しおかしく見えるのと、裏側が少し安っぽい所ですが、そこはあえて見る事はほとんど無いのであまり気にならないと思います。
自分はオフィスをつけたので8万となりましたが、動画を見つつ少しゲームもやりたい等の用途で買うのであれば6万程度なので非常に良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
FUJITSUのデスクトップからの買い替えです。8年前に当時としてはハイパフォーマンスのパソコンでしたが、マウスやキーボードが動かなくなり、買い替えを決めました。CPUやSSDなど色々比べてLenovoのノートにしたのですが、かなりのコストパフォーマンス機にビックリ。入っているソフトこそ少ないですが、前のパソコンでも使わないソフトが多かったので全然問題問題なし。
これだけ進化してたんですねぇ!立ち上がりやシャットダウン、ソフトの起動も一瞬でストレス無しです。良いパソコンですよ。ただ、DVDドライブが付いてないのでCDやDVDソフトを楽しむ場合別途DVDドライブを買わなければいけません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Chromebook クロームブック ASUS ノートパソコン 14.0型フルHD液晶

  • OS:Chrome OS / Office:なし
  • CPU:インテル Core i5-8200Y / メモリ:8GB eMMC:64GB / インテル UHD グラフィックス 615
  • USBポート: USB3.1(Type-C/Gen1)×2、USB3.0×1
  • 無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac / Bluetooth 4.0
  • 付属品: ACアダプター、製品マニュアル、製品保証書
  • 14.0型ワイドTFTカラー液晶 / グレア / 1,920×1,080ドット (フルHD)
  • 本体サイズ:幅320.9mm×奥行き202.3mm×高さ15.7mm / 質量 : 約1.45kg
  • バッテリー駆動時間:約10時間 / 充電時間;約4時間
  • 本体:購入日より12ヵ月間のインターナショナル保証, バッテリーおよびACアダプター:購入日より12ヵ月間の日本国内保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 決して軽くはないものの、サイズと重量感は先代のDELL Inspiron15より格段に進化し、目的としていたバッグパックへの収納をも可能としました。
 キーボードはグレー色のキーで、文字がLEDにより光るもの。その為、明るい環境下では視認性が若干劣るもの。しかし、高級感があると思えば良いもの。そう単純に思えるほど、洗練されたデザインです。
 CPUの性能については、使用開始直後のレビューなので、役に立つものではありませんが、マズマズかと… (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
I want to give this 9 stars out of 5 but can't. Battery , keyboard, speed are excellent. Speakers are bad Aluminum case is a high quality build an no problem with fingerprints. The hinge is tight so opening one handed is not possible. I don't use trackpad - mouse is much better. Graphics are very good, but not 4k so outside on a sunny day is marginal. If you are in the Google environment with mobile Wi-Fi and Drive and working on the road this is fantastic. (I have a Dell black series gamer laptop and Fire HD). This is a monstrous Android laptop / tablet.
But.
3 very big problems. 1: overpowered: you are buying a Ferrari to do basic web jobs like email, social media and watch videos. You can easily write an award winning book with this but most people won't. 2: Price. Keep in mind you are buying a Ferrari with a very limited lifespan. 3. Serious overheating issues with games. This is not a gaming machine although it has serious Android gaming stats. Playing WOT-B or ST-FC for more than an hour will put the top right corner over 45C (probably higher).

Overall: A fantastic cloud road warrior. The camera is good enough but needs at least a separate microphone. I would highly recommend it if price in not a problem for you. (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lenovo ノートパソコン ideapad S340(14インチFHD Athlon

  • OS: Windows 10 Home 64bit (日本語版)
  • CPU: AMD Athlon 300U、2.40GHz (最大ブースト・クロック: 3.30GHz)
  • ディスプレイ: LED バックライト付 14.0 型 FHD TN 液晶 (1920x1080 ドット、約 1,677 万色) 、光沢なし
  • メモリ: 4GB PC4-19200 DDR4 SDRAM、0 (空 0)、容量 (最大)4GB
  • ストレージ: SSD 128GB (PCIe NVMe/M.2)
  • インターフェース: Type-C USB3.0×1、USB3.0×2 (内、Powered USBx1)、HDMI×1、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • Officeソフト:なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
すごく気に入ってしまいました!!!
今回、実感した事が意外な発見で驚いています。サイズやレイアウトで仕事が楽しくなり長時間PC画面の前に居ても疲れず、むしろ何かしら検索していたくなります。
少し小ぶりで縦より横が幅がある方が見やすく、威圧感が無く私は好みです。10も一番好きなレイアウトで、視覚情報が効率にこれほどまで影響あるとは思って無かっただけに今後の様々な事柄への参考にします。
激しく移り変わる国際情勢、知的財産権等、将来的な展望含めて、一般人には分からない事だらけです。性能は良いがネット環境では問題があるなども耳にするので、これらを第一に観て、国際情勢を主体にすれば、やはりAmazon 頼みで決めています。最後に機能等ももちろん申し分なく、すべてが大満足です!!!
Amazon choiceで決めて本当によかったと感謝しています!!! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
裏カバーを外すときはフロントの短いネジ4本は「C形止め輪」がついているので抜けないね。緩めるだけでカバーは外れる。日本製のように「部分」ではなく底カバー一体で取れるのがいいね。(hpもこんな感じ)hpとは異なりネジとツメで止めてあるのがめんどくさい。アスロンPCだけとSSDのおかげで遅いと感じない。officeなら全く問題ない。HDD+i7よりましな感じ。事務用としては最高のコスパ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS ノートパソコン R417YA ( AMD E2-7015 + Radeon

  • 【OS 】Windows 10 Home (S モード) 64ビット【カラー】ブルー【ビジネス統合アプリ】Microsoft Office Home and Business 2019
  • 【CPU】AMD E2-7015【メモリ】4GB 【ストレージ】SSD 128GB(SATA3)【メインディスプレイ】14 型ワイドTFTカラー液晶 / グレア / 1,366×768ドット (WXGA)【バッテリー駆動時間】約6.0時間 【消費電力】最大約45W
  • 【外部ディスプレイ出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.1×1(Type-C/Gen1 ※データ転送をサポート) 、USB3.0×1、USB2.0×1【オーディオ】マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac Bluetooth 4.1【サイズ】幅339mm×奥行き235mm×高さ21.9mm/重量:約1.68kg【その他】ハイデフィニション・オーディオ準拠 / ステレオスピーカー (2W×2) / アナログマイク/ 30万画素Webカメラ内蔵
  • 【保証期間】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証,バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター,製品マニュアル,製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品 詳細は画像のQRコードよりご覧下さい

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
11インチの小型ノートPC。以前のネットブックの立ち位置に近い機種ですが
それに比べると,ずっとマトモなパソコンの性能を有しています。
とはいえ価格が価格ですから,そりゃあお世辞にも高性能ではありませんが,
メモリ4GB,内蔵ストレージ(eMMC)64GBのスペックで,
Officeのファイルを作ったり,ウェブブラウジング程度なら十分実用的です。
ちょっと見た目からは,安っぽさはさほど受けません。
ただキーボードを打つと本体がたわむ感じがして,剛性不足は否めません。
そのぶん軽量で,持ち運びは非常に容易です。
端子はUSB−AのほかUSB-Cも装備。ただしデータ転送のみで,
電源供給や映像出力には対応しません。
映像はフルのHDMI,オーディオは3.5ミリジャック装備。
ヘッドホン・マイク・4ピンのヘッドセット全てに対応しています。
この内容でこの価格なら,十分に「買い」だと思います。
(ただ品質管理はイマイチかも。私の購入した個体は,開梱時にすでに
キーボードのキートップが一部外れていたので驚きました。
プチっと嵌めれば戻りましたが) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本体が薄く軽いため、持ち運びに便利。
ドライブは無し。
タッチスクリーンなし。
余計なものは廃している、シンプルなもの。
起動時間が早い。1分くらいで立ち上がる。
バッテリーは内蔵タイプ。使い捨てを前提として考えるべきか。
2nd PCとしての使用するならば、特に不満はない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

10万円で買える 14インチ 最新モバイルノートPC 5機種

以下が10万円程で購入できる最新ノートPCの人気5製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
ASUSTek ノートパソコン K413EA(Core i5-1135G7,Iris Xe グラフィックス/8GB, 512GB/1,920...
発売日 2021/02/26
通常 89,800円
現在 86,800円
3,000円(3%)OFF!!
(4.1)
総評価数 28件
2
Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 550i (14.0型FHD IPS液晶 Core i5-1035G1 8GBメモリ...
発売日 2020/09/30
通常 89,800円
現在 79,800円
10,000円(11%)OFF!!
(4.2)
総評価数 8件
3
ASUS Chromebook Flip C436FA(インテル Core i3-10110U/8GB, 128GB/Type-C 給電/W...
発売日 2020/10/28
通常 107,820円
現在 103,018円
4,802円(4%)OFF!!
(3.9)
総評価数 59件
4
(4.1)
総評価数 28件
5
(4.2)
総評価数 8件

ASUSTek ノートパソコン K413EA(Core i5-1135G7,Iris

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】トランスペアレントシルバー【サイズ】幅324.9mm×奥行き215mm×高さ17.9mm 約1.45kg【オフィス】WPS Office Standard Edition (3製品共通ライセンス付) ※92万画素Webカメラ内蔵
  • 【CPU】インテル Core i5-1135G7【メモリ】8GB【ストレージ】SSD:512GB(PCIE 3.0 x2接続)【グラフィック】Iris Xe グラフィックス (CPU内蔵)【ディスプレイ】14型ワイドTFTカラー液晶/ノングレア/1,920×1,080ドット (フルHD)【外部ディスプレイ出力】HDMI×1
  • 【ポート】USB3.2 (Type-C/Gen1※データ転送をサポート)×1、USB3.2 (Type-A/Gen1)×1、USB2.0×2【オーディオ】ハイ・デフィニション・オーディオ準拠,ステレオスピーカー(2W×2),アレイマイク, マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1【カードリーダー】microSDXC/microSDHC/microSDメモリーカード
  • 【通信機能】無線LAN:IEEE802.11a/b/g/n/ac/, Bluetooth 5.0【キーボード】86キー日本語キーボード【バッテリー駆動】約10.6時間【消費電力】最大約65W【その他】 指紋認証
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証 , バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター , 製品マニュアル , 製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
立ち上がりも早く、画像の読み込みもとっても素早いので、動画を観るときもサクサクでストレスフリーです。
買ってよかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MacBookProからWindowsPCへ移行するために選びました。

タッチパネル+Ryzen7搭載ということで、lenovo ideapad flex5 シリーズと悩みに悩みましたが、あちらは在庫が全くないため、VivoBookを、といったところです。

タッチパネルの感触は快適そのものの一言に尽きます。iPadと比較すると反応に微妙な差を感じますが、Surfaceとならば遜色ない操作感です。
手垢がまぁまぁ付いて目立ちますので、そこはフィルムを貼って目を瞑りましょう。

キーボードはプラスチック製でとても軽いです。パネルがかなり頑丈なのに比べて、ここはコストカットされた部分なのかな?と思いました。感想としては普通です。

CPUのRyzen7は本当にパワフル。メモリが8GBと個人的には物足りなく思っていたのですが、その心配は時間の無駄でしかありませんでした。オフィスワーク、作曲、動画編集において素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 550i (14.0型FHD

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)、CPU:インテル Core i5-1035G1 プロセッサー、1.00GHz (ターボブースト時 3.60GHz)
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 14.0型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:8GB DDR4-3200 SDRAM (オンボード)、スロット:0 (空0)、ストレージ:SSD 256GB (PCIe NVMe/M.2)
  • インターフェース:Type-C:USB3.0×1(Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き)、フルサイズ USB:USB3.0×2、HDMIポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • WiFi、Bluetooth:IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v5.1、Officeソフト:なし
  • 解像度:1080p フル HD
  • ディスプレイ方式:液晶
  • RAM容量:8.0 GB
  • 画面サイズ:14.0 inches

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
大学生になる子供のために購入。スペックもintelcore5i、8Gメモリ、256GSSDで起動も速く、ワード、エクセルも問題なくサクサクと作業できそうです。WEBカメラも付いていて、オンライン授業にも対応です。重さも1.5キロ以内で軽くて、持ち歩きにも重宝しそうです。セットアップも、音声ガイダンスにそって進めて、簡単にできました。子供も喜んでくれました! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
SSD512GBでMicrosoft Office搭載なので、コスパは良い。DVDプレーヤーが装備されていないので、外付け機を使用。また、バックアップ用も兼ねて512GBの外付けSSDも併せて使用。操作環境に問題なし。
気になる点、2点。一つ目は、電源とスリープ設定でディスプレイの電源を切るを10分に設定しているのに、何も操作しにと1分以内でディスプレイがロック画面になってしまい、都度ログインしないといけないこと。レノボのサポートセンターに問い合わせ、2件アクション実施するも効果なし。データやソフトのバックアップとリカバリーが面倒なので初期化は未実施。不便のまま使用している。二つ目は、ディスプレーの色調が今までのPC(東芝 dynabook)と少し違う。私には、以前のPCの方が自然の色調だったが、メーカーにより画面の色調が異なるのは納得できない。もっとも、画面はFHDで詳細な表示ができているので、使用上の問題はない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS Chromebook Flip C436FA(インテル Core i3...

  • 【OS 】Chrome OS【カラー】エアロジェルホワイト【サイズ】幅319.5mm×奥行き208mm×高さ13.76mm 約1.15kg
  • 【CPU】インテル Core i3-10110U【メモリ】8GB【ストレージ】128GB (PCIE 3.0 x2) 【ディスプレイ】14型ワイドTFTカラー液晶/グレア/1920×1080ドット (フルHD)/92万画素Webカメラ内蔵【グラフィックス】インテル UHD グラフィックス
  • 解像度:1080p フル HD
  • ディスプレイ方式:液晶
  • VC: 画面サイズ VSSC:ディスプレイサイズ :14.0 inches
  • RAM容量:8.0 GB
  • 【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen1 ※データ転送, 映像出力, 本機への充電をサポート)×2【オーディオ】クアッドスピーカー内蔵 (1W×2、1W×2), アレイマイク内蔵, マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wifi 6), Bluetooth 5.0【カードリーダー】microSDXC, microSDHC, microSDメモリーカード【キーボード】78キー日本語キーボード (イルミネートキーボード)【バッテリー駆動】約11.8時間 【消費電力】最大約45W

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
前のchromebookがサポート終了を受けて購入
価格はほかのchromebookと比べると高めですが、CPUがm3だからまあそれなりかな?
YouTubeなどの動画鑑賞では前回のchromebook がCPUが非力すぎて動画再生後にフリーズして一切動かなくなったけど、今回は余裕でした (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ASUSのハードウェアについての減点は無しです。当たりを引いたと思うべきか。キーボードの割り当てが違うとかは無いです。キーボードの割り当ては設定メニューから入ったところにキーの割り当てを変更出来る項目があってそこをデタラメにしてしまうと収拾つかなくなります。購入時にキーボードの記号類がデタラメになっていた人は別の購入者が、さんざんいじったあげく返品したものを再送されたおそれがあります。さて不満はChromebookの使い勝手ですね、Androidアプリは皆さんおっしゃるように中途半端です。Instagramなどはブラウザ版のほうがまともに使えます。結局、YouTubeでサッカー見たり、まだためしてませんがNetflixでテレビドラマや映画見たりするのがちょうど良いと思います。基本中の基本のネットブラウジングはサクサクで快適です。それとWi-Fiがステルスにすると切れてしまう仕様のようです。パソコンスキルとスマホスキルがある方でないと設定とか難しいと思います。余談ですが、中華人民共和国(大陸)と中華民国(台湾)の区別が付いてない人の批判的レビューは参考にしたらだめです。日本の義務教育を卒業すれば理解してるはずなんですが。台湾は70年ほど前に立国、当初から大陸と対立して西側諸国として歩んできた国です。世界的には国家として認めてる国と認めてない国があるため、国家とは言いきれない地域であり、少なくとも中華人民共和国とは対立関係にあるので大陸基準があろうはずがない。

2021年4月、追記、
自分はブラインドタッチが出来ないのですが、9カ月ほど使ってログインパスワードでタッチするキーが怪しくなってきました。誤動作とかは無いのですがキーのストロークが浅くなってきました。これがもし、ブランドタッチで使う方だともっと激しいタイピングになると思うので一応念のため報告しておきます。やはり台湾クオリティか?今まで通ってきたNECや東芝やレノボ製のThinkPadのWinPCではこんなに早く弱ってきたことはありませんでした。まあ、値段が違いますけど。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ASUS ノートパソコン VivoBook Flip 14 TM420IA(AMD

  • 【OS 】Windows 10 Home 64ビット【カラー】ビスポークブラック【サイズ】幅324mm×奥行き220mm×高さ18.2mm 約1.55kg【バッテリー駆動】約10.6時間 【消費電力】最大約45W【オフィス】WPS Office Standard Edition (3製品共通ライセンス付)
  • 【CPU】AMD Ryzen 7 4700U + Radeon グラフィックス【メモリ】8GB【ストレージ】SSD:512GB (PCIE 3.0 x2接続)【ディスプレイ】14型ワイドTFTカラー液晶/グレア/1,920×1,080ドット(フルHD)/10点マルチタッチ・タッチスクリーン(静電容量方式)
  • 【外部出力】HDMI ×1【USBポート】USB3.1 (Type-C/Gen2 ※データ転送のみサポート)×1、USB3.1(Type-A/Gen2)×1、USB2.0×1【オーディオ】ハイデフィニションオーディオ準拠 , ステレオスピーカー内蔵(2W×2) , マイクロホン/ヘッドホン・コンボジャック×1
  • 【通信機能】無線LAN :IEEE802.11a/b/g/n/ac/ax(Wifi 6), Bluetooth 5.0【カードリーダー】microSDXC , microSDHC , microSDメモリーカード【その他】アレイマイク内蔵/86キー日本語キーボード/92万画素Webカメラ内蔵/指紋認証/セキュリティスロット
  • 【保証】本体: 購入日より12ヶ月間のインターナショナル保証 , バッテリー&ACアダプター: 購入日より12ヵ月間の日本国内保証【主な付属品】ACアダプター , 製品マニュアル , 製品保証書 ※ASUSのあんしん保証対象製品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
立ち上がりも早く、画像の読み込みもとっても素早いので、動画を観るときもサクサクでストレスフリーです。
買ってよかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MacBookProからWindowsPCへ移行するために選びました。

タッチパネル+Ryzen7搭載ということで、lenovo ideapad flex5 シリーズと悩みに悩みましたが、あちらは在庫が全くないため、VivoBookを、といったところです。

タッチパネルの感触は快適そのものの一言に尽きます。iPadと比較すると反応に微妙な差を感じますが、Surfaceとならば遜色ない操作感です。
手垢がまぁまぁ付いて目立ちますので、そこはフィルムを貼って目を瞑りましょう。

キーボードはプラスチック製でとても軽いです。パネルがかなり頑丈なのに比べて、ここはコストカットされた部分なのかな?と思いました。感想としては普通です。

CPUのRyzen7は本当にパワフル。メモリが8GBと個人的には物足りなく思っていたのですが、その心配は時間の無駄でしかありませんでした。オフィスワーク、作曲、動画編集において素晴らしいパフォーマンスを発揮してくれています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Lenovo ノートパソコン IdeaPad Slim 550i (14.0型FHD

  • OS:Windows 10 Home 64bit (日本語版)、CPU:インテル Core i5-1035G1 プロセッサー、1.00GHz (ターボブースト時 3.60GHz)
  • ディスプレイ:LEDバックライト付 14.0型 FHD IPS液晶 (1920x1080ドット、約1,677万色) 、光沢なし
  • メモリ:8GB DDR4-3200 SDRAM (オンボード)、スロット:0 (空0)、ストレージ:SSD 512GB (PCIe NVMe/M.2)
  • インターフェース:Type-C:USB3.0×1(Power delivery対応、DisplayPort出力機能付き)、フルサイズ USB:USB3.0×2、HDMIポート、マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック
  • WiFi、Bluetooth:IEEE 802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v5.1、Officeソフト:なし
  • 解像度:1080p フル HD
  • ディスプレイ方式:液晶
  • RAM容量:8.0 GB
  • 画面サイズ:14.0 inches

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
大学生になる子供のために購入。スペックもintelcore5i、8Gメモリ、256GSSDで起動も速く、ワード、エクセルも問題なくサクサクと作業できそうです。WEBカメラも付いていて、オンライン授業にも対応です。重さも1.5キロ以内で軽くて、持ち歩きにも重宝しそうです。セットアップも、音声ガイダンスにそって進めて、簡単にできました。子供も喜んでくれました! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
SSD512GBでMicrosoft Office搭載なので、コスパは良い。DVDプレーヤーが装備されていないので、外付け機を使用。また、バックアップ用も兼ねて512GBの外付けSSDも併せて使用。操作環境に問題なし。
気になる点、2点。一つ目は、電源とスリープ設定でディスプレイの電源を切るを10分に設定しているのに、何も操作しにと1分以内でディスプレイがロック画面になってしまい、都度ログインしないといけないこと。レノボのサポートセンターに問い合わせ、2件アクション実施するも効果なし。データやソフトのバックアップとリカバリーが面倒なので初期化は未実施。不便のまま使用している。二つ目は、ディスプレーの色調が今までのPC(東芝 dynabook)と少し違う。私には、以前のPCの方が自然の色調だったが、メーカーにより画面の色調が異なるのは納得できない。もっとも、画面はFHDで詳細な表示ができているので、使用上の問題はない。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

関連:モバイルモニターで効率アップ

以下では、ノートPCのモニター領域拡張や、出先でのゲームや動画利用など、幅広く使えるモバイルモニターをサイズ別に紹介しています。

合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました