【2021年最新】75型~77型4Kテレビ「人気・おすすめ・低価格の20製品」

こちらでは75V型~77V型の4Kテレビを紹介。

75型以上型は現行のテレビでも最大クラスのテレビですが、今や20万程からも販売されています。

75型~77型の4Kテレビを人気、最新、低価格の各モデルのランキングとともに紹介していきます。

Contents

   

75型(75インチ)~77V型(77インチ) 4Kテレビの人気10製品

以下が75型~77型の4Kテレビの人気10製品です。

(2021/02/27 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.5)
総評価数 98件
2
(4.1)
総評価数 189件
3
LG77型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル...
発売日 2020/05/26
通常 627,000円
現在 595,644円
31,356円(5%)OFF!!
(4.5)
総評価数 218件
4
(4.6)
総評価数 3件
5
(5)
総評価数 2件
6
(0)
総評価数 0件
7
(0)
総評価数 0件
8
(3.5)
総評価数 9件
9
(2)
総評価数 1件
10
SONY 75V型4K液晶テレビ【3D対応】 BRAVIA KJ-75X9400C
発売日 2015/06/02
通常 800,000円
現在 800,000円
(0)
総評価数 0件

ソニー 77V型 有機EL テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android

  • Android TV 機能を搭載。「Prime Video」「You Tube」「TVer」などのネット動画や音楽、ゲーム、知育など好きなアプリを自由に追加して楽しめるスマートテレビ
  • Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能
  • アコースティック サーフェース オーディオプラスを搭載し、映像と音が一体となった新たな映像体験を実現
  • 深い黒から高輝度映像まで高コントラストで忠実に再現。テレビ番組やネット動画など、あらゆるコンテンツを限りなく美しくします
  • BS4K/CS4Kチューナーを搭載。さらに、ネット動画アプリの高速起動や、ハンズフリーでのコンテンツの検索、再生も可能で、見たい映像を快適に楽しめます
  • PS4ソフト「Marvel's Avengers」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」公認画質。最適な映像表現になるように高精細化処理。色味も忠実に再現。(ゲームモード設定時)
  • 別売のUSBハードディスク(HDD)を接続するだけで、VODサービスやテレビ番組を見ながらテレビ放送の裏番組録画が可能
  • Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続が可能。(ペアリング設定等の詳細はソニー公式HPをご参照下さい。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
東芝レグザZ2 v42 から乗り換え
一昔の65インチと同等なだけあって大きいです

androidOSなため、各アプリで気軽に高画質の動画を観ることができます
Amazonでの購入のため、組み立て設置は自分でやりましたが
最低でも二人いないと組み立ても設置も難しいと思います

星を下げるほどじゃありませんが、AVアンプをTV付属のリモコンで操作していると
音量調整がシビアで、ちょと長く押すと一瞬で音量が変わるのが気になりました

搭載されている映像エンジンの恩恵か、4K以下の解像度も非常に綺麗に表示され
ソースを拡大しているはずなのにまったく粗が見えません(どんな魔法だ

ちょっとだけ気になったのは、PCを接続している場合
ネットしながら書きこみしていると、焼き付き防止か画面が少し暗く鳴る場合があります
なにか動く物が映ると元に戻りますが、長時間同じ画面を表示するのは苦手なのかも

**追記**
購入してから一か月ほど使いましたが、androidTVは不安定すぎますね
本体完全フリーズが2回、録画した物が観られなくなり再起動が2回とストレスが溜まります
いずれも普通に使用しているだけで不安定になりました

画質は文句なしですが、TVとしての基本的な事が不安定なので星を下げることにしました
購入される方は十分注意してください。

**追記その二**
2020年 TV内部OS(android) が「9」 にアップデートされました
このタイミングで数々の不具合が修正され、録画関係や操作時の不安定さも解消
新機能も追加されTVの完成度が上がりました。
★の数を元の5個に戻させてもらいます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
USBのHDDが1,2,が,500M
迄使用で,6T の時代で,録画機器2G. 以上は,使用出来ない。残念だった。返品したいぐらいです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75X8550G 4Kチューナー内蔵

  • Android TV 機能を搭載。「Prime Video」「You Tube」「TVer」などのネット動画や音楽、ゲーム、知育など好きなアプリを自由に追加して楽しめるスマートテレビ
  • BS4K/CS4Kチューナーを搭載。さらに、ネット動画アプリの高速起動や、ハンズフリーでのコンテンツの検索、再生も可能で、見たい映像を快適に楽しめます
  • スポーツシーンなど、動きの速い映像をなめらかで見やすく表現。映像の動きを予測し、前後のコマの間に新しいコマを生成して補間。1秒間120コマで描画することで、残像感を低減
  • テレビ本体のスピーカーで、前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応
  • Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能
  • PS4ソフト「Marvel's Avengers」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」公認画質。最適な映像表現になるように高精細化処理。色味も忠実に再現。(ゲームモード設定時)
  • 別売のUSBハードディスク(HDD)を接続するだけで、VODサービスやテレビ番組を見ながらテレビ放送の裏番組録画が可能
  • Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続が可能。(ペアリング設定等の詳細はソニー公式HPをご参照下さい。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず、とにかく映像が美しい。これだけでも購入した甲斐があった。
4K X-Reality PROという機能のおかげなのか、あらゆる映像が美しい。
地上デジタルの場合、ブロックノイズは、肉眼では確認出来ない。

AndroidTVということで、各種アプリがダウンロード出来て非常に便利だ。
YouTube、AbemaTV、Netflix、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオを
使っているが、面白くて時間が経つのを忘れてしまう。
Hulu、GYAO、TVer、VLCなども、これから使うかも知れない。

NES、SNES、GBC、GBA、MSX、PCE、MD、SMS、NEOGEO、NGP、
3DO、PS1、SS、PSP、NDS、MAMEなども有った。
PS1、SSは問題なく動作したが、PSPはダメだった。動かない。落ちる。

これに、スカパーあるいはCATVなんかを加えて、録画用外付けHDDも接続
したら、言うこと無しだと思っている。
個人的に不満は無い。どこか悪い点を挙げようと思ったが、無い。
まあ、もっと良いテレビは他に有るのかも知れないが、自分はコレで満足だ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
テレビのレビューを30台ほど見ましたが最終的にこれに決めました
設定のしやすさ、使いやすさ、ネットへの接続のしやすさ、画像の綺麗さ、全てにおいて満足です
テレビの足がハの字のため、小さすぎるテレビ台にはうまく置けないのでそこだけ注意しましょう

追記・最初に使い始めてから、2回ほど、電源を入れても画面が映らないことがありました。
電源をリセットして、再起動したら画面がつきました。その後は安定してきちんと動いております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

LG77型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77CXPJA Alexa

  • 自発光パネル搭載により、壁掛けに最適なスリムデザインを実現
  • 4K有機ELパネル搭載。画質・音質をコンテンツに合わせて最適化するAI統合エンジン対応。4K相当の画質に変換するアップスケーリング機能搭載。
  • Alexa搭載。リモコンのボタンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます ※「Amazon Alexa」の音声認識のご利用には、インターネットへの接続、付属のマジックリモコンが必要です。
  • チューナー:BS4K・110度CS4Kx2、地上デジタルx3|裏録画/くりかえし録画
  • Bluetooth送受信 / Apple Airplay / NVIDIA(R) G-SYNC Compatible対応
  • アンテナケーブルは同梱されていません。
  • wi-fi対応:HDMI、USB、イーサネット、ワイヤレス
  • 同梱商品:転倒防止用部品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PC用モニターとして購入。
かねてよりゲーム用に4Kの有機ELパネルのモニターを探しており、C8やC9を検討していましたが55インチというサイズに無理を感じ手がでず。
DELLの8KモニターやエイリアンのAW5520QFも検討対象でしたが、金額とサイズ的にやはり無理を感じていました。
そんな折、48インチの当商品が出てきたため候補に。

惹かれた点としては
・4K
・OLED(有機EL)
・応答速度GtG1ms
・120Hz
・48インチ
・HDMI2.1
・HDR
・G-Sync Compatible

この辺でしょうか。
プレイタイトルはFF14、環境はWindows版で9900K+2080Tiで4K最高品質。
重いとき~軽いときでフレームレート変動は55~80FPS、平均60~70程度。
卓上、付属スタンドでの使用で机のサイズは横200cm x 60cm程度。
卓上にはフルタワーPCと24インチのモニターをアームで縦に二つ設置してあります。
もともとあった32インチの4Kモニターを廃止して48インチの当商品を設置。

☆この画面のいいところと気になったところ
・インスタントゲームレスポンスという設定をオフにすると入力遅延が起こるもののカクツキがかなり軽減されて滑らかになる

・インスタントゲームレスポンスをオンにすると応答速度が速くなり、遅延が解消される。しかし一方でフレームレートの変動がリニアに反映されるのでフレームレートの上下でカクツキを感じる(これはどのモニターも同じです)

・現状、どのグラボもHDMI2.1をサポートしていません。つまり、このモニターは現状HDMI2.0bでの接続が最大です。DP1.4なら可能な出力に対応していなかったりします。つまり、映像でいえば4K60FPSまで(AW5520QFとの一番の違いは、あちらにはDP端子があるのでPCとの接続で4K120FPSが既に実現可能)色深度などはデータレーン18Gbpsでの対応になります。DP1.4のデータレーンであれば色深度が10~12bpcまで行けていたのが、HDMI2.0bではRGBの場合8bpc縛りになります。今後、RTX30xx?やPS5など次世代のハードはHDMI2.1をサポートするはずです。その時になったらこの画面は本来のポテンシャルを発揮できるでしょう。

追記)RTX3000台やPS5などはHDMI2.1対応となりました。遺憾なく能力を発揮できるでしょう。

・このモニターにはUSB端子がありますが、タイプAで映像入力には使えませんので注意です。
LGの公式商品ページに[USB端子について]4K/120pのビデオコンテンツ入力に対応しています。って書いてあるんですけど、USB-Cでグラボとつなげば4k120FPSの入力端子に使えるよ、という意味ではなく4K/120pのビデオファイル読み取れるよ、という意味です。(私はUSB-Cなら2080Tiでも4K120FPSいけるやん!と勘違いしてタイプCケーブル買った愚かな人間です)

・焼き付き防止で画面の色味が変わったり動いたり暗くなったりします。個人的にキャラクターを映しながら放置することが多いので自動で暗くなるのは助かります。

・目の前に大画面置いて高画質で自機を鑑賞できるのはめちゃめちゃ幸福度が高いのでお勧めです。

・零式など高難易度バトルコンテンツもなんとかなります。視線移動増えるけど慣れます。

・以前のモニターのほうが色深度的にはよかったですが、さすがOLED。以前のモニターよりも暗めのシチュエーションの表現力が豊かですね。設定さえキマれば全体的にキレイです。

買った後に知りましたがASUSが32インチ版のPG27UQを発表するらしいですね。
正直あちらは現実的なサイズなので、OLEDにこだわりがないならあちらを待つのも手かもしれません。
今すぐ大画面ミコッテチャンパラダイスしたい人は今すぐハイエンドPCとこの画面を買いましょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
■購入時期
2019年8月末 量販店にて

■画質総評
有機ELであれば正直どこも変わらない気がします。デフォルトのシネマ1モードが明る過ぎずいい感じかと思います。あと、設定でいじれちゃうので自分好みの画質にはなるのではないでしょうか。

■地デジ2Kのアップコン画質
評論家レビューを見る限りREGZAエンジンが良いらしいのですが、好みの差レベルのような気がしないわけでも無い。
そしてそこまで地デジを真剣に見るかというそもそも論。
普通に綺麗に観れます。不満はないです。

■円盤画質
再生専用機(SONY X800M2)にてBlu-ray、UHD視聴。
最高です。買って良かった!

■音質
外部音響システム導入の為評価無し。
デフォルトスピーカーで他社と比較する際はAtmos対応とかAIコントロールとかの付加機能をどう評価するか、でしょうか。
但しLG以外でもデフォルトスピーカーでAtmos対応とか謳っていますが、果たして本当にAtmosっぽく聴こえるのか疑問であります。

■OS
独自OSは安定している。
価格コム見てるとAndroid OSはフリーズしやすいっぽい?(まぁ多分アプリ入れ過ぎなんだと思う。結局は使い方次第?)

■VOD
Netflix、アマプラ、DAZNなどメジャー処には対応。但し総合的な対応数はAndroid OS搭載機には劣ります。
TVer dアニメ Abemaなどの非対応アプリに対してはFire TV Stickで対応。
※Huluは先日対応

■マジックリモコン
最初びびったが慣れると凄く良い

■HDMI2.1(今のところeARCのみ)
購入時点でHDMI2.1対応と謳っているのはSONYとLGのみ。

■録画機能
前機種のREGZAと比べるとイマイチかも。但し自分は殆ど使わないので全く問題無し。
家族は当初戸惑っていましたが朝ドラとか連ドラを普通に予約録画して視聴しているので慣れで何とかなっています。

■当方購入時の各社判断基準(有機EL )
〜画質音質以外で 2019年夏〜
録画機能に拘りたい→REGZA
Android OSでアプリを欲張りたい→SONY
普通(良い意味で)→Panasonic
コスパと規格対応→LG
よく分からんけどエンジン東芝→ハイセンス

■こんな方にLGオススメ
・ブランド問わず有機ELを楽しみたい方。
・ある程度長く使える見込みのある次世代規格対応力を重視したい。
・地デジ&BSを血眼で録画してまで観ない。
・美しい映像をストレスなく操作&視聴したい。
・中途半端に「デフォルトでいいスピーカー」が付いていない。(シンプルデザインを損ねる為)
・余計な機能付いてなくてそれがコストに反映されている様式美。コスパ感。
・Alexaに対応。

■これから有機ELテレビを買う方へ
冒頭にも書きました通り素人目線ですが画質は有機ELであれば殆どどこも一緒じゃないかと。例え劣っていても調整で何とかなっちゃうんじゃないか疑惑あります。
正直なところはじめは何も考えずSONYにしようと思っておりましたが、展示品を比較する限り画質だけであればハイセンスで十分だと思っちゃいました。画質以外だと結構各社のキャラクターが出てくるのでそういったところに着目して購入検討されては如何でしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
LG77型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル
発売日 2020/05/26
通常 627,000円
現在 595,644円
31,356円(5%)OFF!!

  

SUNRIZE サンライズ 4Kテレビ 4K 75型 75インチ 4K液晶テレビ

  • 【本体仕様】チューナー数…地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2、スピーカー…15W×2、電源…AC100V 50/60Hz、消費電力…290W(待機電力0.5W)、電源コード長…約1.5m
  • 【サイズ】本体サイズ…約 幅167.8×高さ102×奥行き33.5㎝(スタンド含む)、画面サイズ…75型、スタンド部サイズ…約 幅166.4×高さ5.9㎝、脚部内寸135.2㎝、壁掛け取付寸法(VESA規格)…約 40×30㎝【重量】約35.9kg
  • 【液晶パネル仕様】画素数…3840×2160、輝度…300cd/㎡(Min)、350cd/㎡(Typ)、コントラスト比…1100:1、応答速度…8ms Gray to Gray(BW)、視野角…約176°/176°(左右/上下)
  • 【付属品】リモコン、リモコン用単4乾電池×2個、電源コード×2本、mini B-CASカード×1枚、mini B-CASカードスロットカバー×1個、スロットカバー固定用ネジ×1個、スタンドベース×2個、スタンドベース固定ネジ×4個、取扱説明書、保証書
  • 【保証】3年間保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

LG 75V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス

  • Alexa搭載。リモコンのボタンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます ※「Amazon Alexa」の音声認識のご利用には、インターネットへの接続が必要です。
  • チューナー:BS4K・110度CS4Kx1、地上デジタルx2|裏録画/くりかえし録画
  • マジックリモコン付き|Miracast Overlay対応
  • 外形寸法(cm)168.3×104.3×37.0 (スタンド含む)、168.3×97.4×6.5(スタンド含まず)
  • 本体質量(kg):41.6(スタンド含む)、38.8(スタンド含まず)
  • ※HIS・Markit・テクノロジーグループ・TV Sets Tracker調べ、2018年9月発表。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
マジックリモコンに慣れるまでは少し戸惑うますが、全体的に満足です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ハイセンス 75V型 ULED液晶テレビ 75U8F 4Kチューナー内蔵 Amazon

  • 画面サイズ:75インチ
  • BS/CS 4Kチューナー内蔵 NEOエンジンplus2020搭載
  • HDR10 & HLG対応
  • バックライトにローカルディミングplus採用
  • 本体寸法(スタンド含まず)W167.6×H105.6×D8.4cm 画面寸法:165.0×92.8cm 画素数:3840×2160
  • 【付属品】取扱説明書、保証書、赤外線リモコン(EN3A40)、単四形乾電池×2、 AC(電源)ケーブル、転倒防止用ベルト1式、スタンド1式"

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

LG 77V型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス

  • Alexa搭載。リモコンのボタンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます ※「Amazon Alexa」の音声認識のご利用には、インターネットへの接続が必要です。
  • チューナー:BS4K・110度CS4Kx1、地上デジタルx3|裏録画/くりかえし録画(2番組裏録)
  • マジックリモコン付き|Miracast Overlay対応
  • 外形寸法(cm) OLEDパネル:172.1x98.9x0.6、コンパニオンボックス:146.0x8.4x20.8
  • 本体質量(kg):12.3(OLEDパネル)、13.1(コンパニオンボックス)
  • ※HIS・Markit・テクノロジーグループ・TV Sets Tracker調べ、2013年~2017年第四四半期において。(このランキング結果は、LG Electronics Japanが保証するものではありません。詳しくはtechnology.ihs.comをご参照下さい。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

パナソニック 77V型 有機EL テレビ ビエラ TH-77EZ1000 4K ...

  • 色彩と明暗を忠実に再現する「ヘキサクロマドライブPLUS」
  • 音声実用最大出力(JEITA)80Wの3wayスピーカー搭載「Tuned by Technics」
  • 薄さ8.4mm(最薄部)。どこから見ても美しいデザイン。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
2018年地元の家電量販店でゴールデンウィークセール転倒防止装備込みで30ポッキリで購入。
2017年発売当時は55位だったはず・・・(汗

テレビ搭載のスピーカーについては使っていないので評価しません
音声はホームシアターを別に組んでいるのでそちらで鳴らしています

ソニーとパナで地デジを見せてもらい好みだったのがパナだったので購入
(そ◯ーの店頭PR用の映像は他社製品で流してはいけない様でΣ(゚д゚lll)

リモコンの反応は良く快適に使えます
動画エンジンの負荷によるラグでドット化けはやはりあります、横方向に大きく絵が動くとドット化けよく出ます
2Dであるアニメが立体的になってヌルヌル動きます。

アナ雪と個人的には日本で最も美しいと思うアニメ「氷菓」をBlu-rayで視聴しました
画質及び画像設定をカスタマイズ(かなり細かに設定出来ます。設定次第では色合いが大幅に変わり初期設定が原型をとどめないほどです)
完全にプラズマテレビを超えています。
美しさ動き共に異次元です。

最後にアマゾンで購入される方へ
テレビ台にちょっとした衝撃で余裕でテレビが倒れそうになります。
転倒防止用にテレビ台に固定できるものも購入しましょう(・∀・) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このVIERAを購入してから少し経ちますが有機ELと4k液晶との違いの率直な感想です。
前のSONYのKJ-55X9500Eとの比較です。
外観のデザインはEZ950はとにかくシンプルです。X9500Eなど両サイドにスピーカーのあるデザインと違いベゼルが少ない画面だけです。やはり購入するまではそのシンプルなデザインと音質が気になりましたが画像の綺麗さが上回り購入に至りました。シンプルですが絶妙なデザインで画面の大きさは同じ55v型ですが一回り位小さく感じます。今はこのスッキリしたデザインが好きです。
画質の違いは流石「ジャパンプレミアム」だと思います。LGやSONYとも比較して今回Panasonicにした理由がこの画質が一番好きだったからです。もちろん有機ELパネルの実力です。が他と比較してもPanasonicが謳ってる「黒は より黒く。白は より白く。」の色の再現力です。Panasonicのプラズマからの色の表現力の拘りだと思います。黒と白は勿論ですが全ての色の再現力が凄いと思います。X9500Eとの一番の違いで有機ELと液晶との一番の違いだと思います。心配していた音質も全く問題ありません。十分良い音だと思います。
同じ4kですが有機ELの実力は期待以上で今回思い切って購入して正解でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
パナソニック 77V型 有機EL テレビ ビエラ TH-77EZ1000 4K 2017年モデル
発売日 2017/09/22
通常 2,478,680円
現在 2,478,680円

  

ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75Z9D 4K Android

  • こんな方にオススメ! 圧倒的な輝きとコントラスト。最高の画質で好きな映像を楽しみたい方におすすめ。
  • すべてのLEDが、完全独立駆動。ソニーのテレビ史上最高画質モデルを生み出す「バックライト マスタードライブ」
  • 映像処理のパフォーマンスを向上させた新開発の4K高画質プロセッサーを搭載
  • 高精細でノイズの少ない映像を再現する「デュアルデータベース分析」
  • 好きなコンテンツをとことん楽しむAndroid TV(TM)機能
  • 転倒防止ベルトを搭載。設置する際に利用いただき、安心してテレビをお楽しみください。
  • ※取り付け方法、および注意事項は商品に同梱の取扱説明書を確認ください

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
以前、東芝のテレビを使っていたので、比較です。

■画質
非常にきれい。窓を見ているような美しさ。最高画質という宣伝文句は嘘ではない。
放送時のジャンルによって自動的にモード変更されます。モードによって大きくカスタマイズされています。
ダイナミックは最も美しいモード、画面が明るいのに、メリハリが効いていて、普通に見やすい。スタンダードだと普通の画質。アニメだとやや明るめでヌルヌル動く。シネマだとはっきりわかるくらいにセピア調。ゲームは普通に暗い。
またアニメモードだと、画面スクロールなどで、コマが補完されヌルヌル動きます。その代わり、大きく動くときは結構ノイズも乗ります。補完を止める事も可能です。

■音質
内蔵スピーカーは安物です。ハイレゾに変換するモードもついていますが、内蔵スピーカーでしか使えません。意味がない気がします。
夜だと、音が響かないのでそれがメリット言う感じです。
迫力ある音を望む場合は、別途スピーカーを買った方が良いでしょう。
音質がらみの諸々の設定は、操作をややこしくしているだけなので、いらないですね。

■録画
これは東芝より明らかに劣ります。おまけレベル。
同時に録画できるのは1番組だけ。自動チャプター機能なし。無圧縮のDR録画のみ。
まあソニー製のレコーダーにムーブできますが。

■リモコン
操作性は相当悪いです。
リモコンに再生、巻き戻し、早送りボタンがありますが、見るからに押し間違えそうな位置に、小さいボタンが適当に配置されています。素早く操作できません。
上下左右のキーが飛び出ており、中の決定キーがなだらかに飛び出ています。決定キーよりも上下左右キーの方が飛び出ており、普通に押し間違えます。
スキップボタンもありません。
消去ボタンもありません。
レコーダーのリモコンと、ホームボタンなどの配置が異なり、押し間違えを誘発します。もう少し連携できないのでしょうか。
特定のサービスだけを優遇したNetflixキーは必要でしょうか?

■再生時の操作
早送りやスキップは画面表示から選びます。
いちいち画面表示で選択しないとスキップできません。素早い操作は不可能です。
またスキップを選ぶと、5秒くらい再生が継続され、突然5秒飛びます。
よってスキップに一律5秒はかかります。
早見機能もありません。

■GUI
非常に遅い。
ホーム画面の出来が最悪。ホーム画面のトップに広告っぽい表示や、勧誘用のアプリ(20個以上)があります。ホーム画面の上部1.5画面くらいを占有しています。しかも消せません。
また似たような機能のアプリが多かったり、同じ操作を複数の方法で実行できたりするのが、混乱に拍車をかけます。機能の取捨選択が全くできていない印象。
またそれぞれのアプリの起動に10秒はかかります。アプリの反応がなくなる事が多い。10秒遅れでリモコン操作に反応することも多い。
番組表を開くのも10秒はかかります。東芝は0.5秒で開いていましたが。
再生中に画面の3分の1を占めるようなGUIが5秒以上表示される。
視聴の邪魔なことこの上ない。
ブラビア側で視聴するのなんて無理。

■消費電力
ワットチェッカーで計ってみました。
ダイナミックで450W。スタンダードで280W。消画で60Wくらい。
待機電力がコンスタントに20wは喰います。
カタログスペックの0.5wはどう見ても嘘。

■重さ
結構重いです。
安物のテレビ台だと、へこむかも。

■CEC
BOSEとのCECの相性があまりにも悪すぎ。
アンプ経由でレコーダーを使用しているとき、使用していないHDMIにレコーダーがつながっていると認識して、関係の無いHDMIに画面が切り替わる。
レコーダーからテレビに切り戻しても、アンプの音声が切り替わらない。
レコーダーをテレビに直結接続しているときは、音声切換直後に音が途切れる。

サポートに調査しろと要求しても、過去事例はないの一点張り。
やる前から結果がわかっているような切り分けばかり要求してきて、手間ばかりかかる。
1ヶ月たっているが、まともな調査すらしない担当者。

■CEC2
レコーダーに切換中に、レコーダーの電源を切り、すぐにテレビの電源を落とすと、テレビが勝手に立ち上がっている。
最新のアップデートでも直ってない。

■要望
他社のスピーカーとの動作確認をしてほしい。
リモコンがダメすぎ。
GUIが遅すぎ。
リモコンに消画がほしい。
機能はもっとシンプルにまとめる。

■リモコン
全く使えない。
再生ボタンと、早送りボタンが小さく、スキップもなく、素早く操作するのは不可能。

■まとめ
画質は最高レベル。音質は他のスピーカーを使うこと前提。録画はおまけ。GUIの出来は最悪。
HDMIの相性問題が酷すぎ。動きはもっさり。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SONY 75V型4K液晶テレビ【3D対応】 BRAVIA KJ-75X9400...

  • 表示画素数:3840X2160, チューナー形状:一体型
  • D端子(入力):なし, PC入力:なし, 通信端子:LAN, カードスロット:なし
  • インターネット:対応, ワイヤレス機能:なし, 音声出力:12.5W+12.5W+12.5W+12.5W+20W+20W, 番組表:あり(EPG名不明)
  • カラーバリエーション:なし, リンク機能:あり, 記録媒体:HDD(外付), ハイビジョン対応:4K/2K
  • 3D映像:対応(グラス), 3D映像表示方式:フレームシーケンシャル方式, 付属3Dグラス:なし

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
SONY 75V型4K液晶テレビ【3D対応】 BRAVIA KJ-75X9400C
発売日 2015/06/02
通常 800,000円
現在 800,000円

  

 

75型(75インチ)~77V型(77インチ) 4Kテレビの最新・高評価のおすすめ5製品

以下が75型~77型の4Kテレビの最新(2018年以降)モデルかつ高評価のおすすめの5製品です。

(2021/02/27 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(5)
総評価数 2件
2
ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75Z9F 4K 2018年モデル
発売日 2018/10/10
通常 598,000円
現在 598,000円
(5)
総評価数 1件
3
(4.6)
総評価数 3件
4
LG77型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル...
発売日 2020/05/26
通常 627,000円
現在 595,644円
31,356円(5%)OFF!!
(4.5)
総評価数 218件
5
(4.5)
総評価数 98件

LG 75V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス

  • Alexa搭載。リモコンのボタンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます ※「Amazon Alexa」の音声認識のご利用には、インターネットへの接続が必要です。
  • チューナー:BS4K・110度CS4Kx1、地上デジタルx2|裏録画/くりかえし録画
  • マジックリモコン付き|Miracast Overlay対応
  • 外形寸法(cm)168.3×104.3×37.0 (スタンド含む)、168.3×97.4×6.5(スタンド含まず)
  • 本体質量(kg):41.6(スタンド含む)、38.8(スタンド含まず)
  • ※HIS・Markit・テクノロジーグループ・TV Sets Tracker調べ、2018年9月発表。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
マジックリモコンに慣れるまでは少し戸惑うますが、全体的に満足です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75Z9F 4K 2018年モデ...

  • Android TV (TM) 機能を搭載。ブラビアに話しかけるだけで、テレビ放送や録画番組、ネット動画のコンテンツをかんたん検索。見たい映像を手軽に楽しめます。
  • Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「works with alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能。
  • リアルタイム処理能力を約2倍向上させた次世代高画質プロセッサー「X1 Ultimate」を搭載。究極を求めたソニーならではの高画質が、これまでにない映像体験をもたらします
  • ソニー独自の光学設計「X-Wide Angle」により、広視野角を実現。斜めから見た場合でも正面視聴時と同等の美しい映像表現が可能になります
  • 映像の美しさを引き出すために、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントと連携。また、「Netflix画質モード」をソニーとNetflixが共同開発。クリエイターが手掛けたハイクオリティーな映像を余すところなく表現します
  • 従来のAndroid TV 機能搭載ブラビアと比較し、ネット動画アプリの起動時間は最大1/4に、電源のオンは約1/3に高速化。本体にマイクを内蔵し、ハンズフリーでコンテンツ検索やアプリ起動が可能。より快適にお楽しみいただけます。
  • 別売のUSBハードディスク(HDD)をブラビアに接続するだけで、テレビ番組を見ながら裏番組が録画できる「外付けHDD裏番組録画」が可能
  • 「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「AbemaTV」「YouTube 」の「ネット動画」ボタン搭載で、ワンプッシュでらくらく起動
  • Bluetooth対応のヘッドホン(別売り)をワイヤレスで接続可能。ケーブルの煩わしさから解放されて、テレビの音を快適に楽しめます

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
アマゾンでの購入では無いですが、4Kチューナー内蔵版は、コストダウンの為画質が犠牲になってます。
分類は液晶ですが、通常の液晶と大きく異なるのが部分起動LEDバックライトですね。サムスンが勝手に
「QLED」等と呼称しましたが、既存の技術であり呼称は世界的に却下されています。
有機ELにしても元々世界初はソニーでしたからね。

購入に至った経緯は、YouTubeで外国人がサムスン(世界売上1位)の最高機種の有機ELとこの機種の比較映像を投稿していたのを見たためです。65型同士の対決ですね。黒が売りの有機ELよりも黒かったんです。その上、有機ELは真っ暗なシーンで何も映らないのすが、この機種は黒い部分の内部の映像もしっかり映し出していました。驚きですね。ソニーピクチャーとの共同開発らしいです。

高画質技術:X1 Ultimate
パネル:倍速駆動パネル(120Hz)
倍速機能:X-Motion Clarity
バックライト:直下型LED部分駆動

レグザエンジンのの100倍凄いと思います。おそらくPS4の技術も注がれているのでしょう。
ソフト部門、ゲーム部門、家電部門を持つ強みですね。

地デジが4K放送と区別つきません。チューナー繋げば4Kも映りますけどね。

2018年に発売されましたが、あまりの価格の高さ(100万円)に購入者が余りいなかったようですが、
海外での評価は凄まじいです。ソニーはテレビの世界シェアは3位ですが、高級価格帯はダントツ1位です。

これはもはやアプコン等というレベルでは無いですね。地デジが4K放送になったって感じです。
自分が購入したのは2019年製でしたね。女優さんのファンデーションまでしっかり見えます。

ちなみに2K録画した地デジもテレビ本体に繋げば強烈に画質が良くなります。

私は75を40万程度で購入しました。

2020.5.29追記
私も液晶パネルについて詳しくないので調べました。
1.TN(Twisted Nematic)方式、
2.VA(Vertical Alignment)方式、
3.IPS(In-Plane-Switching)方式
低コストの順にTN方式→VA方式→IPS方式、だそうです。

で、他機種に搭載されていない機能としては「マスタードライブ」があるそうです。
4Kチューナー内蔵機種では「Z9H」のみです。85型の8Kチューナー液晶テレビですね。
200万もするのでとても買えません。

この機種がZ9F(2018年発売)ですから、Z9G(2019年)は発売されず、8K、4Kチューナー内蔵の
Z9Hがフラッグシップ機種となりました。

ソニーは液晶を有機ELの上と考えているようです。そもそも有機EL(真の有機ELでは無いので液晶に劣る部分もかなりあります:色域が狭い、焼き付等)は日本で作ってませんからね。液晶も激安品は中国製が多いです。画面の大きさだけでテレビの善し悪しは判断出来ません。
直下型バックライトLED部分駆動とは、LEDドット1つ/バッライト光源が4K分敷き詰められているようです。新型のX9500Hにも搭載されているようですが、コストダウンが図られているようです。
なので新型より消費電力がかなり大きいです。新型の75型の重量、消費電力、価格等考えれば「マスタードライブ」は搭載されていないようです。4Kチューナー内蔵が一番画質が良いとは言えないんですよね。

あと、当然このパネルは日本製です。サムスンが模倣品を出しましたけど、外国人のクリエーターにダメだしされています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75Z9F 4K 2018年モデル
発売日 2018/10/10
通常 598,000円
現在 598,000円

  

SUNRIZE サンライズ 4Kテレビ 4K 75型 75インチ 4K液晶テレビ

  • 【本体仕様】チューナー数…地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2、スピーカー…15W×2、電源…AC100V 50/60Hz、消費電力…290W(待機電力0.5W)、電源コード長…約1.5m
  • 【サイズ】本体サイズ…約 幅167.8×高さ102×奥行き33.5㎝(スタンド含む)、画面サイズ…75型、スタンド部サイズ…約 幅166.4×高さ5.9㎝、脚部内寸135.2㎝、壁掛け取付寸法(VESA規格)…約 40×30㎝【重量】約35.9kg
  • 【液晶パネル仕様】画素数…3840×2160、輝度…300cd/㎡(Min)、350cd/㎡(Typ)、コントラスト比…1100:1、応答速度…8ms Gray to Gray(BW)、視野角…約176°/176°(左右/上下)
  • 【付属品】リモコン、リモコン用単4乾電池×2個、電源コード×2本、mini B-CASカード×1枚、mini B-CASカードスロットカバー×1個、スロットカバー固定用ネジ×1個、スタンドベース×2個、スタンドベース固定ネジ×4個、取扱説明書、保証書
  • 【保証】3年間保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

LG77型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77CXPJA Alexa

  • 自発光パネル搭載により、壁掛けに最適なスリムデザインを実現
  • 4K有機ELパネル搭載。画質・音質をコンテンツに合わせて最適化するAI統合エンジン対応。4K相当の画質に変換するアップスケーリング機能搭載。
  • Alexa搭載。リモコンのボタンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます ※「Amazon Alexa」の音声認識のご利用には、インターネットへの接続、付属のマジックリモコンが必要です。
  • チューナー:BS4K・110度CS4Kx2、地上デジタルx3|裏録画/くりかえし録画
  • Bluetooth送受信 / Apple Airplay / NVIDIA(R) G-SYNC Compatible対応
  • アンテナケーブルは同梱されていません。
  • wi-fi対応:HDMI、USB、イーサネット、ワイヤレス
  • 同梱商品:転倒防止用部品

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PC用モニターとして購入。
かねてよりゲーム用に4Kの有機ELパネルのモニターを探しており、C8やC9を検討していましたが55インチというサイズに無理を感じ手がでず。
DELLの8KモニターやエイリアンのAW5520QFも検討対象でしたが、金額とサイズ的にやはり無理を感じていました。
そんな折、48インチの当商品が出てきたため候補に。

惹かれた点としては
・4K
・OLED(有機EL)
・応答速度GtG1ms
・120Hz
・48インチ
・HDMI2.1
・HDR
・G-Sync Compatible

この辺でしょうか。
プレイタイトルはFF14、環境はWindows版で9900K+2080Tiで4K最高品質。
重いとき~軽いときでフレームレート変動は55~80FPS、平均60~70程度。
卓上、付属スタンドでの使用で机のサイズは横200cm x 60cm程度。
卓上にはフルタワーPCと24インチのモニターをアームで縦に二つ設置してあります。
もともとあった32インチの4Kモニターを廃止して48インチの当商品を設置。

☆この画面のいいところと気になったところ
・インスタントゲームレスポンスという設定をオフにすると入力遅延が起こるもののカクツキがかなり軽減されて滑らかになる

・インスタントゲームレスポンスをオンにすると応答速度が速くなり、遅延が解消される。しかし一方でフレームレートの変動がリニアに反映されるのでフレームレートの上下でカクツキを感じる(これはどのモニターも同じです)

・現状、どのグラボもHDMI2.1をサポートしていません。つまり、このモニターは現状HDMI2.0bでの接続が最大です。DP1.4なら可能な出力に対応していなかったりします。つまり、映像でいえば4K60FPSまで(AW5520QFとの一番の違いは、あちらにはDP端子があるのでPCとの接続で4K120FPSが既に実現可能)色深度などはデータレーン18Gbpsでの対応になります。DP1.4のデータレーンであれば色深度が10~12bpcまで行けていたのが、HDMI2.0bではRGBの場合8bpc縛りになります。今後、RTX30xx?やPS5など次世代のハードはHDMI2.1をサポートするはずです。その時になったらこの画面は本来のポテンシャルを発揮できるでしょう。

追記)RTX3000台やPS5などはHDMI2.1対応となりました。遺憾なく能力を発揮できるでしょう。

・このモニターにはUSB端子がありますが、タイプAで映像入力には使えませんので注意です。
LGの公式商品ページに[USB端子について]4K/120pのビデオコンテンツ入力に対応しています。って書いてあるんですけど、USB-Cでグラボとつなげば4k120FPSの入力端子に使えるよ、という意味ではなく4K/120pのビデオファイル読み取れるよ、という意味です。(私はUSB-Cなら2080Tiでも4K120FPSいけるやん!と勘違いしてタイプCケーブル買った愚かな人間です)

・焼き付き防止で画面の色味が変わったり動いたり暗くなったりします。個人的にキャラクターを映しながら放置することが多いので自動で暗くなるのは助かります。

・目の前に大画面置いて高画質で自機を鑑賞できるのはめちゃめちゃ幸福度が高いのでお勧めです。

・零式など高難易度バトルコンテンツもなんとかなります。視線移動増えるけど慣れます。

・以前のモニターのほうが色深度的にはよかったですが、さすがOLED。以前のモニターよりも暗めのシチュエーションの表現力が豊かですね。設定さえキマれば全体的にキレイです。

買った後に知りましたがASUSが32インチ版のPG27UQを発表するらしいですね。
正直あちらは現実的なサイズなので、OLEDにこだわりがないならあちらを待つのも手かもしれません。
今すぐ大画面ミコッテチャンパラダイスしたい人は今すぐハイエンドPCとこの画面を買いましょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
■購入時期
2019年8月末 量販店にて

■画質総評
有機ELであれば正直どこも変わらない気がします。デフォルトのシネマ1モードが明る過ぎずいい感じかと思います。あと、設定でいじれちゃうので自分好みの画質にはなるのではないでしょうか。

■地デジ2Kのアップコン画質
評論家レビューを見る限りREGZAエンジンが良いらしいのですが、好みの差レベルのような気がしないわけでも無い。
そしてそこまで地デジを真剣に見るかというそもそも論。
普通に綺麗に観れます。不満はないです。

■円盤画質
再生専用機(SONY X800M2)にてBlu-ray、UHD視聴。
最高です。買って良かった!

■音質
外部音響システム導入の為評価無し。
デフォルトスピーカーで他社と比較する際はAtmos対応とかAIコントロールとかの付加機能をどう評価するか、でしょうか。
但しLG以外でもデフォルトスピーカーでAtmos対応とか謳っていますが、果たして本当にAtmosっぽく聴こえるのか疑問であります。

■OS
独自OSは安定している。
価格コム見てるとAndroid OSはフリーズしやすいっぽい?(まぁ多分アプリ入れ過ぎなんだと思う。結局は使い方次第?)

■VOD
Netflix、アマプラ、DAZNなどメジャー処には対応。但し総合的な対応数はAndroid OS搭載機には劣ります。
TVer dアニメ Abemaなどの非対応アプリに対してはFire TV Stickで対応。
※Huluは先日対応

■マジックリモコン
最初びびったが慣れると凄く良い

■HDMI2.1(今のところeARCのみ)
購入時点でHDMI2.1対応と謳っているのはSONYとLGのみ。

■録画機能
前機種のREGZAと比べるとイマイチかも。但し自分は殆ど使わないので全く問題無し。
家族は当初戸惑っていましたが朝ドラとか連ドラを普通に予約録画して視聴しているので慣れで何とかなっています。

■当方購入時の各社判断基準(有機EL )
〜画質音質以外で 2019年夏〜
録画機能に拘りたい→REGZA
Android OSでアプリを欲張りたい→SONY
普通(良い意味で)→Panasonic
コスパと規格対応→LG
よく分からんけどエンジン東芝→ハイセンス

■こんな方にLGオススメ
・ブランド問わず有機ELを楽しみたい方。
・ある程度長く使える見込みのある次世代規格対応力を重視したい。
・地デジ&BSを血眼で録画してまで観ない。
・美しい映像をストレスなく操作&視聴したい。
・中途半端に「デフォルトでいいスピーカー」が付いていない。(シンプルデザインを損ねる為)
・余計な機能付いてなくてそれがコストに反映されている様式美。コスパ感。
・Alexaに対応。

■これから有機ELテレビを買う方へ
冒頭にも書きました通り素人目線ですが画質は有機ELであれば殆どどこも一緒じゃないかと。例え劣っていても調整で何とかなっちゃうんじゃないか疑惑あります。
正直なところはじめは何も考えずSONYにしようと思っておりましたが、展示品を比較する限り画質だけであればハイセンスで十分だと思っちゃいました。画質以外だと結構各社のキャラクターが出てくるのでそういったところに着目して購入検討されては如何でしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
LG77型 4Kチューナー内蔵 有機EL テレビ OLED 77CXPJA Alexa 搭載 2020 年モデル
発売日 2020/05/26
通常 627,000円
現在 595,644円
31,356円(5%)OFF!!

  

ソニー 77V型 有機EL テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android

  • Android TV 機能を搭載。「Prime Video」「You Tube」「TVer」などのネット動画や音楽、ゲーム、知育など好きなアプリを自由に追加して楽しめるスマートテレビ
  • Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能
  • アコースティック サーフェース オーディオプラスを搭載し、映像と音が一体となった新たな映像体験を実現
  • 深い黒から高輝度映像まで高コントラストで忠実に再現。テレビ番組やネット動画など、あらゆるコンテンツを限りなく美しくします
  • BS4K/CS4Kチューナーを搭載。さらに、ネット動画アプリの高速起動や、ハンズフリーでのコンテンツの検索、再生も可能で、見たい映像を快適に楽しめます
  • PS4ソフト「Marvel's Avengers」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」公認画質。最適な映像表現になるように高精細化処理。色味も忠実に再現。(ゲームモード設定時)
  • 別売のUSBハードディスク(HDD)を接続するだけで、VODサービスやテレビ番組を見ながらテレビ放送の裏番組録画が可能
  • Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続が可能。(ペアリング設定等の詳細はソニー公式HPをご参照下さい。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
東芝レグザZ2 v42 から乗り換え
一昔の65インチと同等なだけあって大きいです

androidOSなため、各アプリで気軽に高画質の動画を観ることができます
Amazonでの購入のため、組み立て設置は自分でやりましたが
最低でも二人いないと組み立ても設置も難しいと思います

星を下げるほどじゃありませんが、AVアンプをTV付属のリモコンで操作していると
音量調整がシビアで、ちょと長く押すと一瞬で音量が変わるのが気になりました

搭載されている映像エンジンの恩恵か、4K以下の解像度も非常に綺麗に表示され
ソースを拡大しているはずなのにまったく粗が見えません(どんな魔法だ

ちょっとだけ気になったのは、PCを接続している場合
ネットしながら書きこみしていると、焼き付き防止か画面が少し暗く鳴る場合があります
なにか動く物が映ると元に戻りますが、長時間同じ画面を表示するのは苦手なのかも

**追記**
購入してから一か月ほど使いましたが、androidTVは不安定すぎますね
本体完全フリーズが2回、録画した物が観られなくなり再起動が2回とストレスが溜まります
いずれも普通に使用しているだけで不安定になりました

画質は文句なしですが、TVとしての基本的な事が不安定なので星を下げることにしました
購入される方は十分注意してください。

**追記その二**
2020年 TV内部OS(android) が「9」 にアップデートされました
このタイミングで数々の不具合が修正され、録画関係や操作時の不安定さも解消
新機能も追加されTVの完成度が上がりました。
★の数を元の5個に戻させてもらいます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
USBのHDDが1,2,が,500M
迄使用で,6T の時代で,録画機器2G. 以上は,使用出来ない。残念だった。返品したいぐらいです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

75型(75インチ)~77V型(77インチ) 4Kテレビの低価格(安い)5製品

以下が75型~77型の4Kテレビの低価格(安い)モデル 5製品です。

(2021/02/27 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 3件
2
(0)
総評価数 0件
3
(5)
総評価数 2件
4
(4.1)
総評価数 189件
5
(4.5)
総評価数 98件

SUNRIZE サンライズ 4Kテレビ 4K 75型 75インチ 4K液晶テレビ

  • 【本体仕様】チューナー数…地上デジタル×2、BS・110度CSデジタル×2、スピーカー…15W×2、電源…AC100V 50/60Hz、消費電力…290W(待機電力0.5W)、電源コード長…約1.5m
  • 【サイズ】本体サイズ…約 幅167.8×高さ102×奥行き33.5㎝(スタンド含む)、画面サイズ…75型、スタンド部サイズ…約 幅166.4×高さ5.9㎝、脚部内寸135.2㎝、壁掛け取付寸法(VESA規格)…約 40×30㎝【重量】約35.9kg
  • 【液晶パネル仕様】画素数…3840×2160、輝度…300cd/㎡(Min)、350cd/㎡(Typ)、コントラスト比…1100:1、応答速度…8ms Gray to Gray(BW)、視野角…約176°/176°(左右/上下)
  • 【付属品】リモコン、リモコン用単4乾電池×2個、電源コード×2本、mini B-CASカード×1枚、mini B-CASカードスロットカバー×1個、スロットカバー固定用ネジ×1個、スタンドベース×2個、スタンドベース固定ネジ×4個、取扱説明書、保証書
  • 【保証】3年間保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

ハイセンス 75V型 ULED液晶テレビ 75U8F 4Kチューナー内蔵 Amazon

  • 画面サイズ:75インチ
  • BS/CS 4Kチューナー内蔵 NEOエンジンplus2020搭載
  • HDR10 & HLG対応
  • バックライトにローカルディミングplus採用
  • 本体寸法(スタンド含まず)W167.6×H105.6×D8.4cm 画面寸法:165.0×92.8cm 画素数:3840×2160
  • 【付属品】取扱説明書、保証書、赤外線リモコン(EN3A40)、単四形乾電池×2、 AC(電源)ケーブル、転倒防止用ベルト1式、スタンド1式"

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

LG 75V型 4Kチューナー内蔵 液晶テレビ Alexa搭載 ドルビーアトモス

  • Alexa搭載。リモコンのボタンを押しながらAlexaを使って音楽再生などができます ※「Amazon Alexa」の音声認識のご利用には、インターネットへの接続が必要です。
  • チューナー:BS4K・110度CS4Kx1、地上デジタルx2|裏録画/くりかえし録画
  • マジックリモコン付き|Miracast Overlay対応
  • 外形寸法(cm)168.3×104.3×37.0 (スタンド含む)、168.3×97.4×6.5(スタンド含まず)
  • 本体質量(kg):41.6(スタンド含む)、38.8(スタンド含まず)
  • ※HIS・Markit・テクノロジーグループ・TV Sets Tracker調べ、2018年9月発表。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
マジックリモコンに慣れるまでは少し戸惑うますが、全体的に満足です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ソニー 75V型 液晶 テレビ ブラビア KJ-75X8550G 4Kチューナー内蔵

  • Android TV 機能を搭載。「Prime Video」「You Tube」「TVer」などのネット動画や音楽、ゲーム、知育など好きなアプリを自由に追加して楽しめるスマートテレビ
  • BS4K/CS4Kチューナーを搭載。さらに、ネット動画アプリの高速起動や、ハンズフリーでのコンテンツの検索、再生も可能で、見たい映像を快適に楽しめます
  • スポーツシーンなど、動きの速い映像をなめらかで見やすく表現。映像の動きを予測し、前後のコマの間に新しいコマを生成して補間。1秒間120コマで描画することで、残像感を低減
  • テレビ本体のスピーカーで、前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能にする立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応
  • Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能
  • PS4ソフト「Marvel's Avengers」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」公認画質。最適な映像表現になるように高精細化処理。色味も忠実に再現。(ゲームモード設定時)
  • 別売のUSBハードディスク(HDD)を接続するだけで、VODサービスやテレビ番組を見ながらテレビ放送の裏番組録画が可能
  • Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続が可能。(ペアリング設定等の詳細はソニー公式HPをご参照下さい。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず、とにかく映像が美しい。これだけでも購入した甲斐があった。
4K X-Reality PROという機能のおかげなのか、あらゆる映像が美しい。
地上デジタルの場合、ブロックノイズは、肉眼では確認出来ない。

AndroidTVということで、各種アプリがダウンロード出来て非常に便利だ。
YouTube、AbemaTV、Netflix、U-NEXT、dTV、Amazonプライムビデオを
使っているが、面白くて時間が経つのを忘れてしまう。
Hulu、GYAO、TVer、VLCなども、これから使うかも知れない。

NES、SNES、GBC、GBA、MSX、PCE、MD、SMS、NEOGEO、NGP、
3DO、PS1、SS、PSP、NDS、MAMEなども有った。
PS1、SSは問題なく動作したが、PSPはダメだった。動かない。落ちる。

これに、スカパーあるいはCATVなんかを加えて、録画用外付けHDDも接続
したら、言うこと無しだと思っている。
個人的に不満は無い。どこか悪い点を挙げようと思ったが、無い。
まあ、もっと良いテレビは他に有るのかも知れないが、自分はコレで満足だ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
テレビのレビューを30台ほど見ましたが最終的にこれに決めました
設定のしやすさ、使いやすさ、ネットへの接続のしやすさ、画像の綺麗さ、全てにおいて満足です
テレビの足がハの字のため、小さすぎるテレビ台にはうまく置けないのでそこだけ注意しましょう

追記・最初に使い始めてから、2回ほど、電源を入れても画面が映らないことがありました。
電源をリセットして、再起動したら画面がつきました。その後は安定してきちんと動いております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ソニー 77V型 有機EL テレビ ブラビア 4Kチューナー内蔵 Android

  • Android TV 機能を搭載。「Prime Video」「You Tube」「TVer」などのネット動画や音楽、ゲーム、知育など好きなアプリを自由に追加して楽しめるスマートテレビ
  • Amazon Echoシリーズと連携させることで、ブラビアの操作をハンズフリーで行うことができる「Works with Alexa」対応。 「テレビ電源のオンオフ」「チャンネルや入力の切り替え」「録画コンテンツの再生/巻き戻し/停止」などの音声操作が可能
  • アコースティック サーフェース オーディオプラスを搭載し、映像と音が一体となった新たな映像体験を実現
  • 深い黒から高輝度映像まで高コントラストで忠実に再現。テレビ番組やネット動画など、あらゆるコンテンツを限りなく美しくします
  • BS4K/CS4Kチューナーを搭載。さらに、ネット動画アプリの高速起動や、ハンズフリーでのコンテンツの検索、再生も可能で、見たい映像を快適に楽しめます
  • PS4ソフト「Marvel's Avengers」「ファイナルファンタジーVIIリメイク」公認画質。最適な映像表現になるように高精細化処理。色味も忠実に再現。(ゲームモード設定時)
  • 別売のUSBハードディスク(HDD)を接続するだけで、VODサービスやテレビ番組を見ながらテレビ放送の裏番組録画が可能
  • Bluetooth対応のヘッドホンやスピーカーとワイヤレス接続が可能。(ペアリング設定等の詳細はソニー公式HPをご参照下さい。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
東芝レグザZ2 v42 から乗り換え
一昔の65インチと同等なだけあって大きいです

androidOSなため、各アプリで気軽に高画質の動画を観ることができます
Amazonでの購入のため、組み立て設置は自分でやりましたが
最低でも二人いないと組み立ても設置も難しいと思います

星を下げるほどじゃありませんが、AVアンプをTV付属のリモコンで操作していると
音量調整がシビアで、ちょと長く押すと一瞬で音量が変わるのが気になりました

搭載されている映像エンジンの恩恵か、4K以下の解像度も非常に綺麗に表示され
ソースを拡大しているはずなのにまったく粗が見えません(どんな魔法だ

ちょっとだけ気になったのは、PCを接続している場合
ネットしながら書きこみしていると、焼き付き防止か画面が少し暗く鳴る場合があります
なにか動く物が映ると元に戻りますが、長時間同じ画面を表示するのは苦手なのかも

**追記**
購入してから一か月ほど使いましたが、androidTVは不安定すぎますね
本体完全フリーズが2回、録画した物が観られなくなり再起動が2回とストレスが溜まります
いずれも普通に使用しているだけで不安定になりました

画質は文句なしですが、TVとしての基本的な事が不安定なので星を下げることにしました
購入される方は十分注意してください。

**追記その二**
2020年 TV内部OS(android) が「9」 にアップデートされました
このタイミングで数々の不具合が修正され、録画関係や操作時の不安定さも解消
新機能も追加されTVの完成度が上がりました。
★の数を元の5個に戻させてもらいます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
USBのHDDが1,2,が,500M
迄使用で,6T の時代で,録画機器2G. 以上は,使用出来ない。残念だった。返品したいぐらいです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

関連:65型(65インチ) 4Kテレビ

以下ではもう少し小さいですが、コスパも高い65V型の4Kテレビも紹介しています、コスパ重視ならぜひのぞいて見てください。

 

   

関連:他のサイズの4Kテレビ(40型~75型)

以下では4Kテレビ人気製品をサイズ別に一覧で紹介しています。他のサイズの検討に合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました