【2021年】12インチ モバイルディスプレイ「最新・人気のおすすめ20製品」

こちらでは、外出先でも画面を設置・拡張して、快適な作業環境を構築できる「モバイルディスプレイ(モバイルモニター)」製品を紹介。

ノートPC作業はもちろん、場所を問わずにゲームプレイや動画鑑賞なんかも可能としてくれる利便性の高い製品。

特にノートPCでコワーキングスペースやカフェ等でがっつり作業するのが多い人は、ぜひ1台持っておきたい製品。

以下では、持ち運びもしやすい「12インチ(12型)モバイルディスプレイ」の最新・人気製品を紹介していきまっす。

Contents

   

12インチ モバイルディスプレイ 人気の10製品

以下が今人気の12インチモバイルモニター製品のランキングです。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.6)
総評価数 511件
2
(4.4)
総評価数 313件
3
12.5インチ 4K モバイルディスプレイ
発売日 2020/11/20
通常 29,980円
現在 28,980円
1,000円(3%)OFF!!
(4.5)
総評価数 89件
4
(5)
総評価数 7件
5
(4.5)
総評価数 16件
6
(0)
総評価数 0件
7
(3)
総評価数 1件
8
(4.3)
総評価数 138件
9
(4.3)
総評価数 83件

モバイルモニター モバイルディスプレイcocopar 12.5インチ スイッチ用モニター

  • 【USB Type-C搭載】USB-Cポート搭載し、USD3.1 gen2 Type Cケーブルで接続することにより、 映像出力と給電がケーブル1本で行われます。(PCの出力により、電圧不足の場合はアダプターで給電する必要があります。)USB Type-Cの場合、パソコン/スマホにDisplayPort Ait Mode対応のUSBType-Cポードが必要。USBType-C一本でニンテンドースイッチと接続しております。 ★ご注意①:DP alt modeに対応できないスマホと接続したいならandroid to hdtv変更アダプダーを利用する必要です。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルは付属しております。PSE認証済み
  • 【素敵なデザイン】CNCアルミ製、狭額縁を採用/わずか6mmの極細フレームで、デイスプレを複数並べてもフレームが気にならない、厚さ9mm 本体重さ445g 後面にVESA規格対応の取付け穴がついているためモニターアームを使ってサブモニターとして利用可能、滑らかな描写を可能にするFreeSyncや目への負担を軽減するブルーライト低減モードも搭載
  • 【IPSパネル搭載】FHD 1080P解像度 (1920X1080) 16:9/4:3 HDR対応 視野角が広く、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現するIPSパネルを採用。水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが1080Pの映像美を一層引き立たせます。
  • 【ミニHDMIポート搭載】普通のHDMI出力設備全て対応できます、パソコン、ノートPC、プレゼン用、一眼レフカメラ、 PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲーム機を外出先や車の中でも楽しめます。ミニHDMI→HDMIケーブルは付属しております。
  • 【商品仕様】本体サイズ(約) : W287×H184×D5mm 本体重量(約) : 445g 液晶 : IPS液晶パネル 解像度 : フルHD 1920×1080 コントラスト : 1000:1 視野角 : 178° 色域 : 72% 応答速度: 5ms HDR機能 : 搭載 スピーカー : 内蔵 電源 : USB 5V2A インターフェイス : miniHDMI / USB Tyep-C ×2 / イヤホンジャック

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
付属ケース込みで約692gと非常に軽いモバイルモニター

スペック面では2つのUSB Type-Cポートはどちら共
映像入力+給電に対応
HDMIは薄型モデルの宿命かMiniタイプのHDMI
ステレオスピーカー内蔵かつイヤホンジャック有
VESAマウントに対応にスタンドケース付属

肝心のモニターの画質ですが
光沢パネル特有の派手な鮮やかさはないものの
映り込みが少ない非光沢IPSパネルで目の負担が少なそうです

良い点
・12.5インチで実測約440g、ケース込みでも実測約692gとコンパクトで軽量なので持ち運びも容易
・非光沢パネル、ブルーライト低減機能で目の負担を軽減できる
・付属ケースは保護だけでなくスタンドとしても利用可能
・VESAマウント対応でモニタースタンドの活用などで自宅など据え置き利用も便利
・ステレオスピーカー内蔵の他、イヤフォンジャックで外部出力可能
・対応機器ではUSB Type-Cケーブル1本のみで映像出力可能 ※

気になる点
・非光沢パネル特有の白っぽさが出る
・ステレオスピーカーは可もなく不可もなく
 大音量での視聴は外部出力推奨
・cocoparあるあるの取説なし(Webにある?)

他、USB Type-C接続における注意点
 USB Type-Cの普及に伴ってモバイルモニターの使い勝手も向上していますが
Thunderbolt 3 or Alternate Mode接続対応機器の対応、非対応で
使い勝手が変わりますので諸注意を記載しておきます。

ケーブル1本での映像出力・電源供給に対応している機器
=Thunderbolt 3 or Alternate Mode接続対応機器の対応
という前提となります。

------------------------------------------------------------------------------
USB Type-Cケーブルでの接続は、ケーブルの種類を含め・出力元の機器の対応・非対応などにより
正常に出力されない可能性もありますので、事前に利用予定の機器の仕様を要確認してください。

□モニター出力の方法(付属ケーブル)
1.USB Type-Cケーブル 1本での映像出力(対応機器に接続時) ※

2.USB Type-C→USB Type-C
 miniHDMI→HDMI
 これらによる映像出力の場合は別途

 +USB Type-Cポートでのモニター本体の給電 ※

 ※対応機器の場合 USB PDで充電しながらの映像出力も可能

□出力時の本体電源の取り方
・出力元がThunderbolt 3 or Alternate Mode接続に
 対応している製品
  同梱の USB Type-C~USB Type-Cケーブルだけで
  映像出力と電力供給をするのでケーブル1本で出力可能 ※
  →例:Mac Mini2018 等
 非対応またはminiHDMI接続
  同梱のUSB Type-C~USB-Aケーブルを使ってACアダプターと接続し電源を取る必要があります。

※USB Type-Cケーブルの注意点
ケーブル1本での接続は、接続元及び接続ケーブルがAlternate Mode接続に対応している必要があります。
付属のケーブルは一つは給電&映像出力に対応したケーブルで、そちらを利用すれば問題ないのですが
給電用のケーブルと間違えるとケーブル1本で描写されません。(通電してもすぐに信号なしになる)

付属ケーブルの長さなどで使い勝手が悪いという方は
Thunderbolt 3(Alternate Mode接続対応)、USB PD(5V)対応のケーブルを利用すれば問題ないかと思います。
(USB Type-Cのケーブルは色々と複雑なのでよく確認してください)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
モバイルディスプレイを購入するのは初めてだったので、他社の製品との比較はよくわかりません。
私は2020年発売のMacBook Pro 13インチモデルのデスクトップを拡張する目的で使っています。
購入から10日あまり使用してのレビューとなります。

まずはなんと言ってもディスプレイサイズがコンパクトである点が最大の強みでしょう。
MacBook Pro13インチと比較すると、ちょうどMacよりも一回り小さいサイズになります。
画像を添付しているので、そちらを見るとより良くわかるかと思います。
私が他に比較検討していたモバイルモニターはもう少し大きいサイズのものが目立っていたのですが、そちらを購入していたらMacと一緒にあちこち持ち出して使うという用途には少し不向きだったろうなと思いました。

しかし小さいからといって性能には申し分なく、ドット欠けのような不良もありません。
なんと言ってもMacとの接続がUSB Type-Cケーブル一本だけで完結するという点には驚きました。
この手のモニターには映像用のケーブルと電源用のケーブルで最低でも2本のケーブルをモバイルモニターに接続しなければならないと思い込んでいたところだったのが、1本、それも場所を取らないType-Cケーブルだけで済んでしまうという点が衝撃的でした。
もちろんこのType-Cケーブルは本商品に同梱されているものです。
また、Type-C1本だけでは映せない場合を考慮してか、mini-HDMI⇔HDMI(たぶん。詳しく調べていません)のケーブルも同梱していました。おそらくほとんどのユースケースにおいて、この商品だけを購入すれば別売のケーブルを購入する必要は無いと思われます。

カバーについても使いやすいものが同梱されていて助かりました。
マグネットで取り付ける形式のものなので、気に入らなければ簡単に取り外して使うこともできます。
また商品説明の画像にもあるように、カバーがそのまま簡易的なモニタースタンドにもなっているところが地味にありがたいですね。
こちらはスタンドとしても普通に使える性能を持っています。
モニターの底面が接する部分はカバーの摩擦が強くなっており、あまり強い力さえかけなければ勝手に倒れてしまうようなこともありません。
少なくともオフィスで8〜9時間程度連続で勤務するぶんには、倒れてしまって困るということは1度もありませんでした。

画質や色彩、リフレッシュレートについては私が素人の目しか持っていないため、あまり良いレビューをすることはできないのですが……
素人が見るぶんには何ら問題なく使用することができています。

無理にでも欠点をあげつらうとするならば、接続端子がディスプレイ向かって右側にしか付いていない点が少しだけ使いにくく感じます。
どういうことかと言うと……私はMacBook Proに向かって左側にデスクトップを拡張するために使っています。
しかし左側に拡張するとなると、二つのモニターをピッタリくっつけて使おうとした時に、左側のモバイルモニターの右端にある接続端子から出ているケーブルがMacと干渉してしまうんですね。
これは普通にデスクトップを右側に拡張して使うようにするとか、ピッタリ並べずにちょっと前後にずらして使うとか、いくらでも工夫と回避が効く点です。
それから、ちょうどセールをやっている時に買おうとしたのに買えなかったとか、セールが終わった直後は無かった値引きクーポンが私の購入後に出てきてたりとかww
しかし定価(18900円?)で買っても十分に安いと思わせてくれるモニターだと思います。
現実的に持ち歩きやすいサイズのモニターを探している方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター タッチパネル MISEDI 12.3インチ モバイルディスプレイ

  • 【高感度のタッチパネルで楽々操作】静電容量方式の10点マルチタッチパネルを搭載し、触れるだけで反応する軽い操作感を与えます。画面を操作しながらのプレゼンなど、趣味でもビジネスシーンでも活用できます。タッチパネル機能はWindowsシステムのみ対応です。※通常、USB3.1非対応のスマートフォンに接続しても、モニターをタッチすることはできません。お使いのスマホ機種がUSB3.1に対応できかどうかを確認してください。
  • 【高品質の解像度&視覚の楽しみ】1920x1280解像度で、もっとはっきり映画の画面と鮮明な写真を楽しめます。ステレオスピーカーを搭載し、より良い視覚と音響効果を実現できます。2000:1の高ネイティブコントラスト比で、細かい明るさや色を再現することができます。暗い画像や映像を見ても、はっきりと繊細な色を確認することができる。事務処理や画像編集をする人におすすめのタッチ機能対応ディスプレイ。
  • 【USB Type-Cケーブル1本で接続可能】Type-C 端子はモニターに電源供給と映像機能がある。HDMIケーブルを接続する必要はなく、Type-Cケーブル1本だけで、Type-C端子があるスマート携帯/PCーに接続してモニターは電源供給、映像を映すことはできます。
  • 【幅広い接続性】豊富な端子なのが魅力的!HD入力端子を備えて。パソコンがDisplayPort Alt Modeに対応していない場合は、HDMI端子も搭載しているので幅広いパソコンに接続できます。ノートパソコン、PC、スマホ、iPad、PS4、PS4 pro、360 XBOX one、Nintendo Switch、一眼レフカメラ、ラズベリーパイ(Raspberry pie)、工業機器などにも使える万能モニターです。
  • 【折りたたみ脱着式スマートケース付き】付属の折りたたみ式脱着タイプのスマートケースは、本体を傷や衝撃から優しく守ります。スマートケースは、折りたたむことで縦横どちらの向きでもスタンドとして使用することができます。本体の厚さはわずか約7.5㎜、重さ約548gの携帯性と機能性に優れた軽量設計、外出時にも気軽に持ち運べます。MS-B02は、外出先での作業効率を上げる多数の機能を搭載しています。プレゼンテーションなどを行う際に拡張表示用ディスプレイとして理想的です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
メインモニターでゲームをしながら攻略サイトを見たり、アプリを使いながら電子書籍の参考書を見るなど用途で、デスクトップPC用のサブモニターになるモバイルモニターを検討しました。WEBやドキュメント閲覧が主な用途になることと、デスクスペースの関係で縦置きで使いやすいものを探しました。

モバイルモニターに限らず現在売られているモニター製品のほとんどが16:9のアスペクト比ですが、本製品は珍しい3:2です。縦置きしても細長くなりすぎず、WEBサイトやドキュメントの閲覧にちょうど良い感じになります。反面、横置きで動画を見るとき、今の動画の多くは16:9のため、上下に黒帯が入ることになるので注意が必要です。

前述のように縦置きでの利用を考えているので、付属のカバースタンドは使えません。しかし12.9インチのiPadと似たようなサイズであるため、iPadで使用できるタブレットスタンドやタブレットアームならほとんどが利用できると考えて良いでしょう。iPadに対応した製品は様々な種類があります。私はLomicallのタブレットスタンドを買いました。場所を取らず角度も自由が利き、縦置きでも横置きでも使用できます。
立てかけるタイプのスタンドで縦置きをする場合は、コネクタ面を上にするとケーブルにテンションがかかった弾みで倒れることも考えられるので、コネクタのある面を下にして設置したほうがバランスが良くなります。コネクタ面を下にする場合は、L字変換コネクタを使うと配線時にケーブルが邪魔にならず便利です。

デスクトップPCでグラフィックボードを使用している場合は、USBタイプCケーブル1本での接続はできないことがあります。USB接続はタッチスクリーンと給電に利用され、映像信号の送信には別途HDMIケーブルでの接続が必要になります。

Windows10であればWindowsの画面設定でサブモニターの表示方向を自由に設定できます。タッチスクリーンは始めは上手く動きませんでしたが、コントロールパネルのタブレットPC設定を実行するときちんと動くように設定できました。

購入前はタッチスクリーンは必要ないかと思っていましたが、サブモニターにマウスカーソルを移動させることなく、指を使って参考にしているWEBサイトをスクロールさせたり、電子書籍のページをめくったりできるので、とても便利だと気が付きました。

かなり満足度の高い製品ですが、私の用途からひとつ難点を言うと、画面が光沢仕様で反射がけっこうキツいことです。画像や動画を見るのには鮮やかになって良いのですが、ドキュメントを見るのには邪魔にしかなりません。エレコムから発売されているタブレット用で11.6インチフリーサイズの反射防止フィルムが利用できそうなので試してみたいと思っています。

【追記】
端を数ミリずつカットする必要がありますが、エレコムのフリーサイズ画面フィルムTB-FR116FLSA(ASIN:B00EC0F28E)が利用できました。画面をアンチグレアにしたい方にはオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 映像のとおり、付属のtype.Cケーブル一本でPC(TECLAST X4)から電源と映像とタッチコントロールを送ることができました。ケーブル1本で使えるのは素敵です。

映像にて使用した機材
・MISEDI モバイルモニター 12.3インチ
・タブレットPC:https://amazon.co.jp/dp/B088ZH3VHY
・スタイラス:https://amazon.co.jp/dp/B07D6MQM39

あると便利なもの
・スタイラス用単6形充電池:https://amazon.co.jp/dp/B07CMT78N3
・単6対応充電器:https://amazon.co.jp/dp/B07BH158H5

…ケーブル3本かかっていたところが1本のtype.Cで済むところが優れていると思いました。毎日繋ぎなおして使う場合、これはケーブル連結のための工程と収納スペースが1/3になるという画期的な環境改善をもたらします。ただしもちろんPC側にtype.C出力がない場合にはこのモニターであっても①電源と②HDMIと③コントロールをそれぞれ別個のケーブルで送る必要があります(その場合はそれでちゃんと繋がります)。また、複数のPCで試してみたところ、モニター側からのタッチレスポンスはPC側の処理能力によるようです。つまり、試してみたところ、スティックPCなど処理能力の低い端末と組み合わせて使う場合にマルチタッチをつかうことはあまり現実的でないという印象を持ちました(スティックPCでもシングルタッチならいけそうではあります)。現況、スティックは概ねtype.C出力に対応していないことからすると、なんらかのモニターをスティックPCと繋いで使う場合は、タッチがあろうとなかろうと、①②の2本とワイヤレスマウスなどで対応することに落ち着きそうです。そうすると、スティックPCとの組み合わせで用いるモニターとしてタッチ入力対応はオーバースペックである場合が多いと言えるであろうことに、購入後に気づきました。将来的に新しいスティックPCのスペックがこのモニターの性能に追いつくことを期待しつつ、当面はtype.Cに対応したPCと組み合わせて使いたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

12.5インチ 4K モバイルディスプレイ

12.5インチ 4K モバイルディスプレイ
EVICIV
発売日 2020/11/20
(4.5)

\1,000円(3%)OFF セール中/
  • 【 スマートなデザイン】本体の右下部分には穴が開いており、そこにペンを挿し込むことで、スタンドがないときでも本体を立たせることが可能です。 本体は約868gしかなく、わずか10mmのスリムデザインなので、どのような旅行バッグにもスマートにしまえます。外出先でも、マルチディスプレイ環境を作ることができる。【PSE認証済み】
  • 【高精細な4K映像】4K UHD(3840×2160ピクセル)は、フルHDの4倍の画素数で鮮やかな表現力を実現します。フルHDと比べると、より広く情報を表示できるので、画面の部分を広く使えることができ、ゲームをより快適に楽しむことができます。あらゆる角度から見ても色変化が少ない水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが4Kの映像美を一層引き立たせます。
  • 【USB Type-C端子搭載】USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます。(PCの出力により、電圧不足の場合はアダプターで給電する必要があります。) USB Type-Cの場合、パソコンにDisplayPort Alt Mode対応のUSB Type-C ポートが必要。Type-C-Type-Cケーブルは付属しております。USBType-C一本でニンテンドースイッチと接続して操作できます、ドック不要!Type-C-Type-Cケーブルは付属しております。
  • 【標準HD端子】HDフォーマットは1080P(60Hz)をサポートします。 Raspberry Pi/ PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲームモニターディスプレイ、単板パソコン、ノートパソコンセカンド拡張スクリーン、デスクトップPCのサブモニタ、モバイルモニター、FPV航空写真モニター、産業機器のディスプレイなどの幅広い用途に対応。
  • 【miniDP端子搭載】Macbook 、Mac やSurface Proに外部ディスプレイと接続することも可能です!mini-DP でコネクタ変換の必要がありません! MacBook Air/ProやSurface Proタブレットユーザーもご安心ください。購入する前にお使い機器の端子ご確認ください。 ①ゲーム機と接続すると、電圧不足の場合は付属の電源アダプターで給電する必要があります。②コードを頻繁に抜き差ししないでください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
EVICIV 12.5インチ 4K モバイルディスプレイのレビューです。

ノートパソコンで4K動画編集を行う際のモニターとして購入しました。
解像度は4Kで、サイズが小さいものを探していたので、満足しています。
USB Type-Cポートのあるパソコンにはケーブル1本でつながるのでとても便利です。

画面の色味についてですが、LIFEBOOK U9311/Fとの比較で本モニターは若干色が濃いです。リッチなカラーに調整したつもりでも、iPadなどで再生したら彩度がすこし足りない感じです。マスターモニター用途ではないので、そこは調整でなんともなります。

商品は液晶パネルのみと思っていましたが、スタンド兼カバーがついており、質感もよかったのでお得に感じました。HDMIケーブル1本とUSB-Cケーブル2本、ACアダプタ(Type C)が丁寧に同梱されていました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
出張が多く、ノートパソコンのサブディスプレイとして購入しました。
事務処理が出来れば良いため、とりあえず見えればいいという感覚で購入しましたが、
実際に使ってみると、発色も良く、とても鮮明に表示されています。

内蔵スピーカーも期待していませんでしたが、
思っていたよりも音質が良く、出張時には十分です。
動画もスムーズに表示されるため、スピーカーと合わせて重宝しています。

HDMIケーブルやUSB type Cのケーブルも付属しているため、
私のノートパソコンの環境(Dell Latitude 5300)では、
ケーブル等は追加で購入不要で使えています。

仕事で使うため「ゲーム」の評価項目は評価なしにさせて頂きました。
また購入したいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
12.5インチ 4K モバイルディスプレイ
発売日 2020/11/20
通常 29,980円
現在 28,980円
1,000円(3%)OFF!!

  

モバイルモニター 12.5インチ モバイル ディスプレー 1080P フルHD ゲームモニター

  • 【非光沢IPSパネル&フルHD対応モバイルディスプレイ】IVVモバイルモニタは色表現と可視性似優れたIPSパネルを採用し、上下、左右178°の広い視野角を持て、12.5インチの大画面で、どこから見ても、色変化が少なく、友達と一緒にクッキリ、鮮やかな映画を鑑賞することもできるだけでなく、友達と一緒にゲームをするのも最適。ご購入頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【薄い&軽い&狭い額】モニター本体の厚みは5mmしかなく、重量は約557gなので、ノートみたいに鞄に入れて持ち運べます。また4mmの狭額縁が採用され、画面を見るときにまるでその場にいるかのような臨場感が溢れています。旅行でも、ビジネス出張でも便利に持ち運べ、サブモニターとして設定できます。
  • 【Type-C一本対応】汎用性の高いType-C端子二つを搭載しているため、Type-C端子搭載のノートPCと接続する場合、Type-Cケーブル一本で映像、音声、給電などができます。また、USB3.1 Gen2 Type-C端子のスマホと接続する場合では、モニターへ給電すれば、スマホへの充電さえ行えます。スイッチ純正アダプターをモニターへ給電、Type-Cケーブルよりスイッチとモニターを接続する場合にも、スイッチへ充電することさえできます。
  • 【多機種に対応できるモバイルディスプレ】モニター本体にはUSB Type-C端子二つ、miniHDMI端子一つが搭載されていて、ノードパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、XBOX ONE、Nintendo Switch、Raspberry piなどに問題なく対応できます。USB Type-Cケーブル一本、なおUSB Type-Cケーブル1つ+Mini HDMIケーブル1つの組み合わせてデバイスとモバイルディスプレイを接続でき、いつでも、どこでも、ビジネス相談、プレゼンテーションに使え、ゲーム&映画を楽しめます。
  • 【縦置き表示対応】デュアルディスプレイとして使い、横置きモードに設定すれば、作業画面が広がり、効率がさらに高まります。縦置きモードに変更すれば、報告書などをノートで見るような快感を提供できます。一目瞭然で、一度により多くの内容を読めます。斬新な着脱式スタンドは、折りたたむと完全にフラットになり手軽に持ち運ぶことができます。カバーをモニターとともに持ち運ぶとき、その手軽さは想像以上に楽です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 しばらく使用した感想として
よかった点は
・コンパクト&軽量で持ち運び等がらく
・USB給電での動作のため、場所を選ばずに使用可能
・映像はノングレアで良好

といったとこで、逆に惜しい点としては、miniHDMIというところぐらいです。
miniHDMIがダメではないですが、ケーブル忘れ時にHDMIはあっても、miniHDMIが・・・ということもあるので
あと、単純にポートの強度としてノーマルよりも弱い傾向にあるので
とりあえず、セット内容は下記の通り

セット内容
・IVV 12.5インチモバイルモニター
・保護カバー兼スタンド
・miniHDMI To HDMIケーブル
・USB-C ケーブル[データリンク対応
・USB-C To USB[Type-A]ケーブル
・USBコンセント変換
・VESA用固定ネジx4本
・説明書[日本語表記]

良い点の補足です。
12インチサイズで、かなりコンパクトで、アルミ製?ボディで軽量、上部にいくほど薄くなっているタプで
ノートPCと一緒に持ち歩くなどの場合、モニターが大きくて邪魔になることはなく、タブレット感覚に近い状態で持ち歩きが可能な感じです。
電源については、USB-Cで供給が可能であり、PCなどのUSBポートからでも可能でした。
ただし、一部のノートPCなどでは、USBポートへの電源供給が極端に少ないものもあるので、その辺では動作が不安定になるかもです。
自作PCで仮組み等の状態で、動作チェックをするときなどには、モニターのために場所や電源確保がめんどくさいので、
この12インチのサイズ感は場所も少なめでよくいい感じです。
ゲームについてですが、特に問題はないもののFPSなどのゲームをする場合は、流石に小さくて索敵などがしにくいので
あまり向かないかもです。表示としては問題ないので、RPG、シミュレーションなどであればOKかと思います。
VESA75mmのネジ穴が背面に2つ切ってあるので、固定として使用することも可能なので、汎用性は高いかもですね・

総評としては、価格と性能バランスも良く、とりあえずは満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ノートPCのサブディスプレイとしては
少し小さい ゲームのディスプレイとしても
少し小さい
携帯型ゲーム機メインディスプレイならあり
プレゼンや誰かに説明が必要な時には
手軽で使いやすいく モバイルモニターとしての 使用感はとてもいい

カバーのモニタースタンドとしての機能は ないよりはいいレベル もし 実用性を求めるなら 別途購入するべきだろう
しかし 持ち運びを前提として前提として
傷を付けないようにとか考えるなら
これで 満足できるのではないかとも考えられる

液晶の写りは コントラストは普通くらい
LG液晶なんかは濃いと感じるなら こっちが
ちょうど良くなる
動態に対する映像の乱れは この価格帯でも もう 気にならないレベルまで来ています
費用対効果は非常に優秀と言えるでしょう

他のメーカーでも 同じ様なものです
使い方は人それぞれですが
買って損はしない 液晶です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター IVV 12.5インチ モバイルディスプレイ 4kモニター HDR

  • 【高精細な4K映像&品質保証】UHD 4K解像度(3840X2160) はフルHDの4倍の画素数で鮮やかな表現力を実現します。 視野角が広く、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現するIPSパネルを採用。水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが4Kの映像美を一層引き立たせます。ご購入を頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【スマートなデザイン】狭額縁(Narrowベゼル)を採用! わずか4mmの極細フレームで、デイスプレを複数並べてもフレームが気にならない。表示性能・携帯性・拡張性を兼ね備えた高品位モバイルモニターです。保護カバーが付属して、本体を傷や衝撃から優しく守ります。 スタンドとしても使用可能、しっかりと本体を支え、作業やリーディングに適切な角度に調節可能です。
  • 【多機種に対応するディスプレイ】ノートパソコン、デスクトップ、Raspberry Pi 、スマホ、PS3/PS4、Xbox 又はNintendo Switchなどに対応しています。ノートパソコンのサブモニターとして、連続2画面が実現し、または横、縦型が自由に切り替えでき、デュアルモニターで作業効率大幅アップ!フルHD対応のこちらのモニターは、SwitchやPS4、Xboxなどさまざまなゲームと互換性があり、ゲーム用モニターにもぴったり。仕事の場でも、趣味の場でも活躍できそう。プレゼントにも最適です。
  • 【軽量で持ち運びやすい】ポータブルモニター本体は省スペース12.5インチで、薄さはわずか5mm,重量は約420g。軽量で携帯しやすいだけでなく、スタンドにもなる折りたたみ式のケース付き、出張や旅行の時でも接続するだけで、広い画面で作業できます。アルミ合金製のボデイは耐久性が高く、ヘアライン仕上げは高級感もたっぷりです。
  • 【目に対する思いやり&パッケージ内容】ノングレアのため、光の反射を抑える、 自分の顔や室内の映り込みを防ぎ、長時間の使用でも目への負担が軽いです。12.5インチモニター×1、Mini HDMIケーブル×1、Type-CーType-Cケーブル×1、USBーType-Cケーブル×1、スタンドカバー×1、電源アダプター×1、取扱説明書×1。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ほぼA4サイズのコンパクトさで、USB Type-Cでの入力と給電に対応しているのが素晴らしい。最新のMacやラズベリーパイなら、線一本で電源供給と映像の出力を行えるため手軽さが段違い。わざわざ重い電源ケーブルとでかいアダプタを持ち運ぶ必要ないため、出掛け先にも気軽に持ち運べる。

私の使い方は、家ではサーバーとして使用しているラズベリーパイの状態を見たり変更したいときに使っている。使わない時には画面を畳んでしまっておけるので邪魔になりにくい。外では、Macの画面を拡張するのに使用している。縦でも横でも使えるため、エクセルやプレゼン資料の確認など、あると非常に便利。コロナの影響でテレワークが一般的になってきた今では、会議の画面をモバイルモニターに出力し、ノートパソコンでは会議の内容をまとめるのにも使用している。なんと言っても画面の大きさが丁度良く、邪魔にならず持ち運びには非常に便利。IPS液晶なので視認性も良く、ノングレアなので反射や映り込みも少ない。

4Kなので、初期設定では文字が小さく表示されるが、Windowsではシステム→ディスプレイ→拡大縮小とレイアウト から表示スケールを変えと使いやすくなる。Macはもうすこし簡単でシステム環境設定→ディスプレイ から変更でき。、FHDのディスプレイと比べると消費電力が少し高いが、重量は同じで画面を4分割表示しても文字が潰れず綺麗で見やすいためこちらの製品を購入して良かったと感じた。1画面でしか使わなかったり、バッテリーの減りが気になる人は解像度を変更するか、FHDのモバイルモニターを購入して良いかも知れない。

内容物もシンプルで届いてからすぐに使え、最初からスタンドケースも付いているのも嬉しかった。満足度も実用性も高かくもっと早くに買っていれば良かったと思えた素晴らしい商品。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 用途:主にノートPCのサブディスプレイとして購入。
配送/梱包:予定より早く到着。梱包も綺麗で高級感があります。
外観/質感:非常にシンプル。無駄を極力削ぎ落とし洗練された薄型フォルム。比較検討した製品は皆600g~1kg位であったが、こちらは400g台という圧倒的な軽量化を実現している。そのかわりサイズは12.5inch。付属のカバーも軽く、強力な磁石で一体化している。モバイルユースとしてはこちらが正解と思える。
画質:ノングレア、IPS、4Kと申し分なし。遅延なども感じなかった。
互換性:スマホは対応機種を確認した方が良い。rakuten miniやiPhoneSE 辺りの小型スマホに対応していれば相当使えそう。Switchなどのゲームは接続していないので未評価。とりあえずPCやデジカメとHDMI接続は問題なし。
考察:リモートワークで会議が増え、zoomなどのWeb会議システムに長時間PCを占拠され、他のPC作業が進まないという問題の解決策として、サブディスプレイを導入。zoomはサブの方に追い払って、メインの方で他の仕事をできるので非常に便利。
プライベートユースとしては、コロナの状況次第だが、イベントで撮影した4K映像を帰りに居酒屋で観ながら呑むのに最適ではないかと楽しみ。
今までカメラの小さいモニターで観ていたのが懐かしい。より大きな製品も小さな製品もあるが、12.5inchでこの圧倒的な携帯性は、モバイルモニターとしての最適解ではないか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター IVV モバイルディスプレイ 12.5インチ 1920×108...

  • 【持ち運びやすい&品質保証】ポータブルモニターは12.5インチの大画面にも関わらず、本体の厚さは6mmしかなく。軽量のデザインで簡単に出張用のバッグに収納できます。ビジネス出張、旅行、オフィス、ホームエンターテイメントなどに完璧な相棒です。外出中出張やでも、デュアルディスプレイを簡単に設定できます。ご購入を頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【幅広く接続に対応】モニター本体にはUSB Type- Cポート二つとHDMIポート一つが搭載されています。ラップトップ、PC、スマホ(iPhone除く)、PS3/4、Xbox Oneと Switchに接続し易い。USB ケーブル一本で信号伝送と電源供給ができます、いつでも仕事ご相談、プレゼンテーションに使え、ゲームや映画を楽しむことができる
  • 【ミニHDMIポート搭載】普通のHDMI出力設備全て対応できます、パソコン、ノートPC、プレゼン用、一眼レフカメラ、 PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲーム機を外出先や車の中でも楽しめます。ミニHDMI→HDMIケーブルは付属しております。※Mini HDMI端子搭載→スクリーン拡張、映像出力ができます(Mini HDMIケーブルで接続の場合、USB Type-Cケーブルによる給電が必要です。
  • 【接続可能端子】USB Type-C端子搭載→映像出力と給電がこれ1つで行うことができます(お持ちのデバイスのType-C端子が低電力の場合、外部電源(モバイルバッテリーなど)による給電が必要になります)。※Mini HDMI端子搭載→スクリーン拡張、映像出力ができます(Mini HDMIケーブルで接続の場合、USB Type-Cケーブルによる給電が必要です。
  • 【信頼できるメーカー品物作り】 アルミ合金製のボデイは耐久性が高く、高級感もたっぷり、上品な質感のプレミアムマットデザイン、触り心地のよい、そして傷がつきにくい工夫。スタンドカバーの外部は丈夫なPU皮革製で、柔軟な裏打ちがあります。パソコンモニターを保護すると同時に、お好みの角度に調整できます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

モバイルモニター 12.5インチ モバイル ディスプレー 1080P フルHD ゲームモニター

  • 【非光沢IPSパネル&フルHD対応モバイルディスプレイ】IVVモバイルモニタは色表現と可視性似優れたIPSパネルを採用し、上下、左右178°の広い視野角を持て、12.5インチの大画面で、どこから見ても、色変化が少なく、友達と一緒にクッキリ、鮮やかな映画を鑑賞することもできるだけでなく、友達と一緒にゲームをするのも最適。
  • 【薄い&軽い&狭い額】モニター本体の厚みは5mmしかなく、重量は約557gなので、ノートみたいに鞄に入れて持ち運べます。また4mmの狭額縁が採用され、画面を見るときにまるでその場にいるかのような臨場感が溢れています。旅行でも、ビジネス出張でも便利に持ち運べ、サブモニターとして設定できます。
  • 【Type-C一本対応】汎用性の高いType-C端子二つを搭載しているため、Type-C端子搭載のノートPCと接続する場合、Type-Cケーブル一本で映像、音声、給電などができます。また、USB3.1 Gen2 Type-C端子のスマホと接続する場合では、モニターへ給電すれば、スマホへの充電さえ行えます。スイッチ純正アダプターをモニターへ給電、Type-Cケーブルよりスイッチとモニターを接続する場合にも、スイッチへ充電することさえできます。
  • 【多機種に対応できるモバイルディスプレ】モニター本体にはUSB Type-C端子二つ、miniHDMI端子一つが搭載されていて、ノードパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、XBOX ONE、Nintendo Switch、Raspberry piなどに問題なく対応できます。USB Type-Cケーブル一本、なおUSB Type-Cケーブル1つ+Mini HDMIケーブル1つの組み合わせてデバイスとモバイルディスプレイを接続でき、いつでも、どこでも、ビジネス相談、プレゼンテーションに使え、ゲーム&映画を楽しめます。
  • 【縦置き表示対応】デュアルディスプレイとして使い、横置きモードに設定すれば、作業画面が広がり、効率がさらに高まります。縦置きモードに変更すれば、報告書などをノートで見るような快感を提供できます。一目瞭然で、一度により多くの内容を読めます。斬新な着脱式スタンドは、折りたたむと完全にフラットになり手軽に持ち運ぶことができます。カバーをモニターとともに持ち運ぶとき、その手軽さは想像以上に楽です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
在宅ワークで仕事用に購入。
PCでは繋げたが、スマートフォンでは反応せず、故障かと思ってメーカーに苦情を言ってしまった。
スマートフォンが、「typecのオルタネードモードに対応していることが必要」という条件があるらしく、そもそもそんなことに気付けなかった‥‥。
それで故障かと思ってメーカーに苦情を言ってしまって申し訳なかったけど、商品説明にもチラッと書いてあるだけで、ほとんどのスマートフォンで使用可能かのような書き方は良くないのでは?
これから購入する方はその点、お気を付けください。(PCに繋ぐ用途なら大丈夫ですが)
補足:メーカーからの説明によると、「スマホとの接続について、スマホのType-C端子はUSB 3.1 Type-C Gen2に対応、すなわちデータ伝送と電源供給両方同時対応の必要があります 」だそうです。
分からない場合は、説明書を読んで調べるか、メーカーに問い合わせが必要かと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター モバイルディスプレイ12.5インチ Hoyaliro スイッチ用モニター

  • 【高精細な2K映像】Hoyariloモバイルモニタは可視性に優れたIPS液晶パネルを採用されるため、視野角による輝度変化が少なく、最大178°までどこから見ても鮮明な美しい画像や映像が表示できます。解像度は2160 X 1440でフルHDに対応でき、ゲームや映画を楽しむ時にリアリズムを体験できます。
  • 【広い互換性モバイルディスプレイ】Type-C端子給電と標準HDMI端子映像出力、ノートパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、Xbox ONE、Wii又はNintendo Switchなどに対応しています。いつでも仕事、プレゼンテーション、ゲームや映画などに使える最高の相棒になります。  
  • 【リモコンやケース付属】リモコンや折りたたみ式のスマートケースが付属しているので、縦置きでも横置きでもしっかりと本体を支え、作業、リーディングによって適切な角度に調節可能です。また、保護ケースも付属しており、パネルをよく保護してくれます。
  • 【どこへでも一緒に持ち運べるデザイン】Hoyarilo モバイルモニターの厚みは約4mm、重量は約450gで軽量なので、雑誌みたいのデザインでカバンに入れるとどこでも持ち運べます。出張、旅行する時にも接続すると、広い画面で作業できます。購入する前にお使い機器の端子ご確認ください。
  • 【ケーブル1本通】USB Type C入力インターフェースを搭載しており、ノートパソコンまたはスマートフォンのUSB Type Cジャックからモニターへ、ケーブル一つだけで画面及び電源の信号をより速く、安定して転送することができます。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます。 電源コンセントに繋ぐ必要がありません。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ◎【極薄軽量なのでモバイルモニターとして最適】
 まず外観で目に付くのはその薄さと軽さです。画面の下は端子類やボタンがあるのでやや厚味があるのですが、それでも5.5インチのスマホと同じくらいの厚みです。さらに画面の上は薄く、簡単に計測したところなんと4mmでした。色々なモバイルモニターを使ってきましたが、ここまで薄い物は初めてです。重さは460gでした。

◎【フルハイビジョン以上の高解像度で画面が綺麗】
 画面解像度は2560x1440です。オーソドックスな16:9のアスペクト比。Amazonの商品説明では2560x1400(2020/03/28現在)となっており、変だなと思ったのですが、モニターの設定を見たら2560×1440と表示されていました。12.5インチのこれだけの画素数なので、画素1つが小さいです。そのため文字は滑らかでギザギザ感は全くありません。特に電子書籍やWEB閲覧で文字が読みやすいです。

◎【ノングレアで目に優しい】
 画面のタイプは非光沢のノングレアです。一方、TVなどで使用されている物は光沢があり色の再現性が高く、鮮やかに見える光沢のグレアと言います。基本的にノングレアは文字が読みやすく目が疲れず、グレアは動画の再生に向いていますが、反射が強いので目が疲れます。私は文字を読むにも動画を観るにもノングレアの方が好きなのでこのモバイルモニターは好みです。動画の再生でも特に汚いとかカク付くことも感じません。PS4をプレイしましたが問題なし。

○【電力はPCから取れる】
 電力は付属のUSBケーブル Type-Cで行います。USB充電器でコンセントから電力を取らずとも、デスクトップPCは勿論、ノートPCからでも問題なく動きました。画面のちらつきなど不安定なこともありませんでした。いつでもどこでも手軽に電源を取れるので便利です。

○【HDMIケーブルで繋げるだけ】
 PCやPS4にHDMIケーブルで繋げるだけでモニターに映像が映ります。PCのマルチモニタにも問題なく出来ました。別途ドライバなどなにか手間が掛かることもありませんでした。

○【HDMIの入力ポートは2つあり切り替え可能】
 このモバイルモニターにはHDMIの入力ポートが2つあります。PCとPS4など2つの機器を繋げておき、ボタンで簡単に切り買えることが可能です。

△【スピーカーはステレオだがステレオ感はあまりない】
 スピーカーは背面に2つありステレオでした。ただそのスピーカーは2つとも中央に寄っており、ステレオ感はあまりありませんでした。出来れば左右にもう少し距離を開けて欲しかったところ。

△【調整は問題ないが日本語が若干おかしい】
 ボタンを押してのハードウェアでの画質調整などは一通りあるのですが、日本語が若干おかしいので少し戸惑いました。アイコンを見ると項目が分かるので実用上は問題はありません。

◎【60hlz表示が可能】
 ゲームを滑らかに手元で、しかも手軽にやりたいので購入したのですが、きちんと60hlzで画面が表示されました。アクションなど動きの激しいゲームが滑らかになったので良かったです。

--

【総評】
 12.5インチのフルハイビジョン以上の解像度なので、小型軽量でPCのサブモニタに、ゲームのモニタにと活躍の幅が広いモバイルモニターです。これくらいのサイズだと机の上に置いて邪魔にならず、それでいてある程度大きいのでなにをするにもバランスが良いです。

 本格的にPCのサブモニタにするなら、これより大きい15.6インチ以上が良いとは思いますが、家の中で持ち運んだり、邪魔にならずに隅に置いておけるフレキシブルなモニターならこのサイズは魅力だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
急遽テレワークになり購入。
もう少し大きい画面のものも検討していましたが、他の製品と比べ、デザイン、薄さでこれを選択、試していませんが2Kというのも気に入りました。
到着して早速使い始め、約3週間FHDで使っています。12.5インチでFHDなんで非常に高精細です。PCとデジカメEOSに接続して見ましたが、画面はキレイです。
機能設定のメニューやリモコンの日本語は変で使いにくいのですが、頻繁に使うものでないので許容範囲です。
液晶面にすり傷はありましたが、表示させると分からなくなります。
一度気になる現象として、パチッと本体から音がして電源が落ち画面も消えましたが直ぐに復帰して、以降は特に問題なく使えています。
また、機能について問い合わせましたが、夜に問い合わせたのに、その日の内に回答があり対応も良さそうです。
少し気になる点はあるもののモバイルモニターとしてコストパフォーマンスが高いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニタゲーミングモニター ゲーム/PS3/XBOX/PS4/ ダブルHDMI/DP

  • 【幅広く接続に対応】ご購入頂いた日から3年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。入力端子は豊富で、DisplayPort、HDMI、Typecなど多彩に取り揃えていますので、ゲーム機のほか、パソコンやレコーダーなどの機器と接続できます。本体にはスピーカーが内蔵されているため、音声出力も可能で映画なども楽しめるのが魅力です。ほとんどのHdmi入力デバイスと互換性があり、余分なドライバーは必要がないです。
  • 【フラットなフレームレスパネル】パネルとフレーム(枠)による段差がないフラットなフレームレスパネルを採用、極細フレームですっきりした印象を与えます。最大有効表示領域サイズを保有し、マルチディスプレイ使う場合に迫力と臨場感を楽しめます。
  • 【横置き/縦置き表示】接続してデュアルモニタにして横置きモードにすれば、作業画面がさらに広がり業務環境が改善されて、作業効率が高まります。縦置き表示なら、延々続く報告書も一目瞭然で、より多くの行を読むことができるので、一度に内容を開きたいという要求を満たします。いつでもどこでも、あなたのニーズに合わせて回転させて使用できます。
  • 【信頼できるメーカーもの作り】アルミ合金製のボデイは耐久性が高く、高級感もたっぷりです。LCDフルHDパネルを採用し、2560x1440解像度ですべての写真、動画がクリアに、まるでその場にいるかのような臨場感が溢れています。背面に標準VESA 75ネジ穴であなたはスクリーンを壁かけブラケット、アーム式ブラケットに取り付けられます、小さい空間でも最善な配置が見つかります。
  • 【ケーブル1本で画面信号と給電】USB Type C(Alt DPモード)入力インターフェースを搭載しており、ノートパソコンまたはスマートフォンのUSB Type Cジャックからモニターへ、ケーブル一つだけで画面及び電源の信号をより速く、安定して転送することができます。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます。 電源コンセントに繋ぐ必要がありません。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
本製品は、2020年1月4日時点で1.5万円(クーポン利用時)と手頃なモデル

コンパクトながら4K程の出力負荷もない
WQHD(2560x1440)解像度を利用できる本製品

12.5インチで4Kモデルの製品もありますが
高解像度データの確認・編集などの用途がなければ
出力負荷や実際に表示される文字サイズなどの面で実用的

良い点
・12.5インチ、狭額縁フレーム、600g以下で持ち運びが容易
・アンチグレア(非光沢)&ブルーライトフィルターで長時間利用でも目に優しい
・スタンドケースでの角度調整・ペンを用いての縦設置・VESAマウント対応など据え置き利用にも使い勝手が良い
・対応機器とはUSB Type-Cケーブル1本のみで映像出力可能
・イヤフォンジャック(内蔵スピーカーはパワーが足りない場合にヘッドフォンを)
・USB Type-C、MiniDP、HDMIと豊富な接続性
・microUSB接続によるハブ機能

残念な点
 cocopar製品は、安価ながら取扱説明書が無く

 製品的な面で言えば、cocopar製品に限った話ではなく
 大半のモバイルモニター同様に
・内蔵スピーカーは、通常利用では可もなく不可もなく
 大音量や音楽を楽しむでは心もとない
・付属ケースの角度調整の溝が浅く、ずれやすい

その他
 接続に関して困惑する方もいると思いますので、以下接続に関する説明。
------------------------------------------------------------------------------
USB Type-Cケーブルでの接続は、ケーブルの種類を含め・出力元の機器の対応・非対応などにより
正常に出力されない可能性もありますので、事前に利用予定の機器の仕様を要確認してください。

□モニター出力の方法(付属ケーブル)
・USB Type-Cケーブル 1本での映像出力(対応機器に接続時) ※
・USB Type-C→USB Type-C
 HDMI→HDMI
 miniDP→miniDP
 これらによる映像出力の場合はベット

 +USB Type-Cポートでのモニター本体の給電 ※

 ※対応機器の場合 USB PDで充電しながらの映像出力も可能

□出力時の本体電源の取り方
・出力元がThunderbolt 3 or Alternate Mode接続に
 対応している製品
  同梱の USB Type-C~USB Type-Cケーブルだけで
  映像出力と電力供給をするのでケーブル1本で出力可能 ※
  →例:Mac Mini2018 等
 非対応またはHDMI/miniDP接続
  同梱のUSB Type-C~USB-Aケーブルを使ってACアダプターを使って電源を取る必要があります。

※USB Type-Cケーブルの注意点
ケーブル1本での接続は、接続元及び接続ケーブルがAlternate Mode接続に対応している必要があります。
付属のケーブルは一つは給電&映像出力に対応したケーブルで、そちらを利用すれば問題ないのですが
給電用のケーブルと間違えるとケーブル1本で描写されません。(通電してもすぐに信号なしになる)

付属ケーブルの長さなどで使い勝手が悪いという方は
Thunderbolt 3(Alternate Mode接続対応)、USB PD(5V)対応のケーブルを利用すれば問題ないかと思います。
(USB Type-Cのケーブルは色々と複雑なのでよく確認してください)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このタイプの液晶ディスプレイを初めて購入しました。4Kと非常に迷いましたが価格の安い2Kモデル(この製品)
にしました。商品の詳細に書いてある「zg-125-4kp」は誤りで「zg-125-2k」が正解です。送られてきた箱に
シールが貼ってありました。WindowsPCに接続してみると確かに2560×1440との表示になり2K UHDの解像度に
なります。最初にやったことはテスト表示(POWERボタンとMENUボタンの同時押し)で液晶の欠けをチェック
しました。液晶の不具合はありませんでした。次にPCのマルチモニターとして使ってみましたが音声も良好でこの
価格の商品としてはとても良くできていると思います。動画の表示も全く問題ありません。私は小型メディア
プレイヤーと接続して動画を流しっぱなしにする予定です(会社関係に使います)。
重さは計っておりませんが、大きさは(カバーを外した本体)287×156×10㎜です。上面と左右のベゼルは3㎜程度
のいわゆる狭額縁です。本体は金属筐体でなかなかの質感です。
インターフェースは、画面右側の上からPD(TYPE-C)、HP(ヘッドフォン)、TYPE-C、MINI-DP、HDMIです。
左側はUSB(マイクロ)、ボタン(電源、+、-、MENU、EXIT)となっています。付属品は電源ソケット(5V・2A)
電源用USBケーブル(TYPE-A to TYPE-C)、接続用USBケーブル(TYPE-C to TYPE-C)、HDMIケーブルです。

4Kモデルは25,000円ぐらいなので1万円ほど安く購入できます。PD対応のモバイルバッテリーを持っていれば電源が
無くても使うことができるし、PCがPD対応であればケーブル1本でマルチモニターとして使うこともできます。
中国製(おそらく深センあたりでしょうね)も中々質感重視になってきました。余りにも感動したので星は5個です。

写真1:カバー(カーボン柄)
写真2:狭額縁
写真3:画面左側端子
写真4:画面右側端子 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

12インチ モバイルディスプレイ 最新・高評価のおすすめ5製品

以下が12インチモバイルモニターの最新・高評価の5製品です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.6)
総評価数 511件
2
12.5インチ 4K モバイルディスプレイ
発売日 2020/11/20
通常 29,980円
現在 28,980円
1,000円(3%)OFF!!
(4.5)
総評価数 89件
3
(4.5)
総評価数 16件
4
(4.4)
総評価数 313件
5
(4.3)
総評価数 138件

モバイルモニター モバイルディスプレイcocopar 12.5インチ スイッチ用モニター

  • 【USB Type-C搭載】USB-Cポート搭載し、USD3.1 gen2 Type Cケーブルで接続することにより、 映像出力と給電がケーブル1本で行われます。(PCの出力により、電圧不足の場合はアダプターで給電する必要があります。)USB Type-Cの場合、パソコン/スマホにDisplayPort Ait Mode対応のUSBType-Cポードが必要。USBType-C一本でニンテンドースイッチと接続しております。 ★ご注意①:DP alt modeに対応できないスマホと接続したいならandroid to hdtv変更アダプダーを利用する必要です。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルは付属しております。PSE認証済み
  • 【素敵なデザイン】CNCアルミ製、狭額縁を採用/わずか6mmの極細フレームで、デイスプレを複数並べてもフレームが気にならない、厚さ9mm 本体重さ445g 後面にVESA規格対応の取付け穴がついているためモニターアームを使ってサブモニターとして利用可能、滑らかな描写を可能にするFreeSyncや目への負担を軽減するブルーライト低減モードも搭載
  • 【IPSパネル搭載】FHD 1080P解像度 (1920X1080) 16:9/4:3 HDR対応 視野角が広く、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現するIPSパネルを採用。水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが1080Pの映像美を一層引き立たせます。
  • 【ミニHDMIポート搭載】普通のHDMI出力設備全て対応できます、パソコン、ノートPC、プレゼン用、一眼レフカメラ、 PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲーム機を外出先や車の中でも楽しめます。ミニHDMI→HDMIケーブルは付属しております。
  • 【商品仕様】本体サイズ(約) : W287×H184×D5mm 本体重量(約) : 445g 液晶 : IPS液晶パネル 解像度 : フルHD 1920×1080 コントラスト : 1000:1 視野角 : 178° 色域 : 72% 応答速度: 5ms HDR機能 : 搭載 スピーカー : 内蔵 電源 : USB 5V2A インターフェイス : miniHDMI / USB Tyep-C ×2 / イヤホンジャック

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
付属ケース込みで約692gと非常に軽いモバイルモニター

スペック面では2つのUSB Type-Cポートはどちら共
映像入力+給電に対応
HDMIは薄型モデルの宿命かMiniタイプのHDMI
ステレオスピーカー内蔵かつイヤホンジャック有
VESAマウントに対応にスタンドケース付属

肝心のモニターの画質ですが
光沢パネル特有の派手な鮮やかさはないものの
映り込みが少ない非光沢IPSパネルで目の負担が少なそうです

良い点
・12.5インチで実測約440g、ケース込みでも実測約692gとコンパクトで軽量なので持ち運びも容易
・非光沢パネル、ブルーライト低減機能で目の負担を軽減できる
・付属ケースは保護だけでなくスタンドとしても利用可能
・VESAマウント対応でモニタースタンドの活用などで自宅など据え置き利用も便利
・ステレオスピーカー内蔵の他、イヤフォンジャックで外部出力可能
・対応機器ではUSB Type-Cケーブル1本のみで映像出力可能 ※

気になる点
・非光沢パネル特有の白っぽさが出る
・ステレオスピーカーは可もなく不可もなく
 大音量での視聴は外部出力推奨
・cocoparあるあるの取説なし(Webにある?)

他、USB Type-C接続における注意点
 USB Type-Cの普及に伴ってモバイルモニターの使い勝手も向上していますが
Thunderbolt 3 or Alternate Mode接続対応機器の対応、非対応で
使い勝手が変わりますので諸注意を記載しておきます。

ケーブル1本での映像出力・電源供給に対応している機器
=Thunderbolt 3 or Alternate Mode接続対応機器の対応
という前提となります。

------------------------------------------------------------------------------
USB Type-Cケーブルでの接続は、ケーブルの種類を含め・出力元の機器の対応・非対応などにより
正常に出力されない可能性もありますので、事前に利用予定の機器の仕様を要確認してください。

□モニター出力の方法(付属ケーブル)
1.USB Type-Cケーブル 1本での映像出力(対応機器に接続時) ※

2.USB Type-C→USB Type-C
 miniHDMI→HDMI
 これらによる映像出力の場合は別途

 +USB Type-Cポートでのモニター本体の給電 ※

 ※対応機器の場合 USB PDで充電しながらの映像出力も可能

□出力時の本体電源の取り方
・出力元がThunderbolt 3 or Alternate Mode接続に
 対応している製品
  同梱の USB Type-C~USB Type-Cケーブルだけで
  映像出力と電力供給をするのでケーブル1本で出力可能 ※
  →例:Mac Mini2018 等
 非対応またはminiHDMI接続
  同梱のUSB Type-C~USB-Aケーブルを使ってACアダプターと接続し電源を取る必要があります。

※USB Type-Cケーブルの注意点
ケーブル1本での接続は、接続元及び接続ケーブルがAlternate Mode接続に対応している必要があります。
付属のケーブルは一つは給電&映像出力に対応したケーブルで、そちらを利用すれば問題ないのですが
給電用のケーブルと間違えるとケーブル1本で描写されません。(通電してもすぐに信号なしになる)

付属ケーブルの長さなどで使い勝手が悪いという方は
Thunderbolt 3(Alternate Mode接続対応)、USB PD(5V)対応のケーブルを利用すれば問題ないかと思います。
(USB Type-Cのケーブルは色々と複雑なのでよく確認してください)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
モバイルディスプレイを購入するのは初めてだったので、他社の製品との比較はよくわかりません。
私は2020年発売のMacBook Pro 13インチモデルのデスクトップを拡張する目的で使っています。
購入から10日あまり使用してのレビューとなります。

まずはなんと言ってもディスプレイサイズがコンパクトである点が最大の強みでしょう。
MacBook Pro13インチと比較すると、ちょうどMacよりも一回り小さいサイズになります。
画像を添付しているので、そちらを見るとより良くわかるかと思います。
私が他に比較検討していたモバイルモニターはもう少し大きいサイズのものが目立っていたのですが、そちらを購入していたらMacと一緒にあちこち持ち出して使うという用途には少し不向きだったろうなと思いました。

しかし小さいからといって性能には申し分なく、ドット欠けのような不良もありません。
なんと言ってもMacとの接続がUSB Type-Cケーブル一本だけで完結するという点には驚きました。
この手のモニターには映像用のケーブルと電源用のケーブルで最低でも2本のケーブルをモバイルモニターに接続しなければならないと思い込んでいたところだったのが、1本、それも場所を取らないType-Cケーブルだけで済んでしまうという点が衝撃的でした。
もちろんこのType-Cケーブルは本商品に同梱されているものです。
また、Type-C1本だけでは映せない場合を考慮してか、mini-HDMI⇔HDMI(たぶん。詳しく調べていません)のケーブルも同梱していました。おそらくほとんどのユースケースにおいて、この商品だけを購入すれば別売のケーブルを購入する必要は無いと思われます。

カバーについても使いやすいものが同梱されていて助かりました。
マグネットで取り付ける形式のものなので、気に入らなければ簡単に取り外して使うこともできます。
また商品説明の画像にもあるように、カバーがそのまま簡易的なモニタースタンドにもなっているところが地味にありがたいですね。
こちらはスタンドとしても普通に使える性能を持っています。
モニターの底面が接する部分はカバーの摩擦が強くなっており、あまり強い力さえかけなければ勝手に倒れてしまうようなこともありません。
少なくともオフィスで8〜9時間程度連続で勤務するぶんには、倒れてしまって困るということは1度もありませんでした。

画質や色彩、リフレッシュレートについては私が素人の目しか持っていないため、あまり良いレビューをすることはできないのですが……
素人が見るぶんには何ら問題なく使用することができています。

無理にでも欠点をあげつらうとするならば、接続端子がディスプレイ向かって右側にしか付いていない点が少しだけ使いにくく感じます。
どういうことかと言うと……私はMacBook Proに向かって左側にデスクトップを拡張するために使っています。
しかし左側に拡張するとなると、二つのモニターをピッタリくっつけて使おうとした時に、左側のモバイルモニターの右端にある接続端子から出ているケーブルがMacと干渉してしまうんですね。
これは普通にデスクトップを右側に拡張して使うようにするとか、ピッタリ並べずにちょっと前後にずらして使うとか、いくらでも工夫と回避が効く点です。
それから、ちょうどセールをやっている時に買おうとしたのに買えなかったとか、セールが終わった直後は無かった値引きクーポンが私の購入後に出てきてたりとかww
しかし定価(18900円?)で買っても十分に安いと思わせてくれるモニターだと思います。
現実的に持ち歩きやすいサイズのモニターを探している方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

12.5インチ 4K モバイルディスプレイ

12.5インチ 4K モバイルディスプレイ
EVICIV
発売日 2020/11/20
(4.5)

\1,000円(3%)OFF セール中/
  • 【 スマートなデザイン】本体の右下部分には穴が開いており、そこにペンを挿し込むことで、スタンドがないときでも本体を立たせることが可能です。 本体は約868gしかなく、わずか10mmのスリムデザインなので、どのような旅行バッグにもスマートにしまえます。外出先でも、マルチディスプレイ環境を作ることができる。【PSE認証済み】
  • 【高精細な4K映像】4K UHD(3840×2160ピクセル)は、フルHDの4倍の画素数で鮮やかな表現力を実現します。フルHDと比べると、より広く情報を表示できるので、画面の部分を広く使えることができ、ゲームをより快適に楽しむことができます。あらゆる角度から見ても色変化が少ない水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが4Kの映像美を一層引き立たせます。
  • 【USB Type-C端子搭載】USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます。(PCの出力により、電圧不足の場合はアダプターで給電する必要があります。) USB Type-Cの場合、パソコンにDisplayPort Alt Mode対応のUSB Type-C ポートが必要。Type-C-Type-Cケーブルは付属しております。USBType-C一本でニンテンドースイッチと接続して操作できます、ドック不要!Type-C-Type-Cケーブルは付属しております。
  • 【標準HD端子】HDフォーマットは1080P(60Hz)をサポートします。 Raspberry Pi/ PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲームモニターディスプレイ、単板パソコン、ノートパソコンセカンド拡張スクリーン、デスクトップPCのサブモニタ、モバイルモニター、FPV航空写真モニター、産業機器のディスプレイなどの幅広い用途に対応。
  • 【miniDP端子搭載】Macbook 、Mac やSurface Proに外部ディスプレイと接続することも可能です!mini-DP でコネクタ変換の必要がありません! MacBook Air/ProやSurface Proタブレットユーザーもご安心ください。購入する前にお使い機器の端子ご確認ください。 ①ゲーム機と接続すると、電圧不足の場合は付属の電源アダプターで給電する必要があります。②コードを頻繁に抜き差ししないでください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
EVICIV 12.5インチ 4K モバイルディスプレイのレビューです。

ノートパソコンで4K動画編集を行う際のモニターとして購入しました。
解像度は4Kで、サイズが小さいものを探していたので、満足しています。
USB Type-Cポートのあるパソコンにはケーブル1本でつながるのでとても便利です。

画面の色味についてですが、LIFEBOOK U9311/Fとの比較で本モニターは若干色が濃いです。リッチなカラーに調整したつもりでも、iPadなどで再生したら彩度がすこし足りない感じです。マスターモニター用途ではないので、そこは調整でなんともなります。

商品は液晶パネルのみと思っていましたが、スタンド兼カバーがついており、質感もよかったのでお得に感じました。HDMIケーブル1本とUSB-Cケーブル2本、ACアダプタ(Type C)が丁寧に同梱されていました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
出張が多く、ノートパソコンのサブディスプレイとして購入しました。
事務処理が出来れば良いため、とりあえず見えればいいという感覚で購入しましたが、
実際に使ってみると、発色も良く、とても鮮明に表示されています。

内蔵スピーカーも期待していませんでしたが、
思っていたよりも音質が良く、出張時には十分です。
動画もスムーズに表示されるため、スピーカーと合わせて重宝しています。

HDMIケーブルやUSB type Cのケーブルも付属しているため、
私のノートパソコンの環境(Dell Latitude 5300)では、
ケーブル等は追加で購入不要で使えています。

仕事で使うため「ゲーム」の評価項目は評価なしにさせて頂きました。
また購入したいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
12.5インチ 4K モバイルディスプレイ
発売日 2020/11/20
通常 29,980円
現在 28,980円
1,000円(3%)OFF!!

  

モバイルモニター IVV 12.5インチ モバイルディスプレイ 4kモニター HDR

  • 【高精細な4K映像&品質保証】UHD 4K解像度(3840X2160) はフルHDの4倍の画素数で鮮やかな表現力を実現します。 視野角が広く、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現するIPSパネルを採用。水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが4Kの映像美を一層引き立たせます。ご購入を頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【スマートなデザイン】狭額縁(Narrowベゼル)を採用! わずか4mmの極細フレームで、デイスプレを複数並べてもフレームが気にならない。表示性能・携帯性・拡張性を兼ね備えた高品位モバイルモニターです。保護カバーが付属して、本体を傷や衝撃から優しく守ります。 スタンドとしても使用可能、しっかりと本体を支え、作業やリーディングに適切な角度に調節可能です。
  • 【多機種に対応するディスプレイ】ノートパソコン、デスクトップ、Raspberry Pi 、スマホ、PS3/PS4、Xbox 又はNintendo Switchなどに対応しています。ノートパソコンのサブモニターとして、連続2画面が実現し、または横、縦型が自由に切り替えでき、デュアルモニターで作業効率大幅アップ!フルHD対応のこちらのモニターは、SwitchやPS4、Xboxなどさまざまなゲームと互換性があり、ゲーム用モニターにもぴったり。仕事の場でも、趣味の場でも活躍できそう。プレゼントにも最適です。
  • 【軽量で持ち運びやすい】ポータブルモニター本体は省スペース12.5インチで、薄さはわずか5mm,重量は約420g。軽量で携帯しやすいだけでなく、スタンドにもなる折りたたみ式のケース付き、出張や旅行の時でも接続するだけで、広い画面で作業できます。アルミ合金製のボデイは耐久性が高く、ヘアライン仕上げは高級感もたっぷりです。
  • 【目に対する思いやり&パッケージ内容】ノングレアのため、光の反射を抑える、 自分の顔や室内の映り込みを防ぎ、長時間の使用でも目への負担が軽いです。12.5インチモニター×1、Mini HDMIケーブル×1、Type-CーType-Cケーブル×1、USBーType-Cケーブル×1、スタンドカバー×1、電源アダプター×1、取扱説明書×1。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ほぼA4サイズのコンパクトさで、USB Type-Cでの入力と給電に対応しているのが素晴らしい。最新のMacやラズベリーパイなら、線一本で電源供給と映像の出力を行えるため手軽さが段違い。わざわざ重い電源ケーブルとでかいアダプタを持ち運ぶ必要ないため、出掛け先にも気軽に持ち運べる。

私の使い方は、家ではサーバーとして使用しているラズベリーパイの状態を見たり変更したいときに使っている。使わない時には画面を畳んでしまっておけるので邪魔になりにくい。外では、Macの画面を拡張するのに使用している。縦でも横でも使えるため、エクセルやプレゼン資料の確認など、あると非常に便利。コロナの影響でテレワークが一般的になってきた今では、会議の画面をモバイルモニターに出力し、ノートパソコンでは会議の内容をまとめるのにも使用している。なんと言っても画面の大きさが丁度良く、邪魔にならず持ち運びには非常に便利。IPS液晶なので視認性も良く、ノングレアなので反射や映り込みも少ない。

4Kなので、初期設定では文字が小さく表示されるが、Windowsではシステム→ディスプレイ→拡大縮小とレイアウト から表示スケールを変えと使いやすくなる。Macはもうすこし簡単でシステム環境設定→ディスプレイ から変更でき。、FHDのディスプレイと比べると消費電力が少し高いが、重量は同じで画面を4分割表示しても文字が潰れず綺麗で見やすいためこちらの製品を購入して良かったと感じた。1画面でしか使わなかったり、バッテリーの減りが気になる人は解像度を変更するか、FHDのモバイルモニターを購入して良いかも知れない。

内容物もシンプルで届いてからすぐに使え、最初からスタンドケースも付いているのも嬉しかった。満足度も実用性も高かくもっと早くに買っていれば良かったと思えた素晴らしい商品。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 用途:主にノートPCのサブディスプレイとして購入。
配送/梱包:予定より早く到着。梱包も綺麗で高級感があります。
外観/質感:非常にシンプル。無駄を極力削ぎ落とし洗練された薄型フォルム。比較検討した製品は皆600g~1kg位であったが、こちらは400g台という圧倒的な軽量化を実現している。そのかわりサイズは12.5inch。付属のカバーも軽く、強力な磁石で一体化している。モバイルユースとしてはこちらが正解と思える。
画質:ノングレア、IPS、4Kと申し分なし。遅延なども感じなかった。
互換性:スマホは対応機種を確認した方が良い。rakuten miniやiPhoneSE 辺りの小型スマホに対応していれば相当使えそう。Switchなどのゲームは接続していないので未評価。とりあえずPCやデジカメとHDMI接続は問題なし。
考察:リモートワークで会議が増え、zoomなどのWeb会議システムに長時間PCを占拠され、他のPC作業が進まないという問題の解決策として、サブディスプレイを導入。zoomはサブの方に追い払って、メインの方で他の仕事をできるので非常に便利。
プライベートユースとしては、コロナの状況次第だが、イベントで撮影した4K映像を帰りに居酒屋で観ながら呑むのに最適ではないかと楽しみ。
今までカメラの小さいモニターで観ていたのが懐かしい。より大きな製品も小さな製品もあるが、12.5inchでこの圧倒的な携帯性は、モバイルモニターとしての最適解ではないか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター タッチパネル MISEDI 12.3インチ モバイルディスプレイ

  • 【高感度のタッチパネルで楽々操作】静電容量方式の10点マルチタッチパネルを搭載し、触れるだけで反応する軽い操作感を与えます。画面を操作しながらのプレゼンなど、趣味でもビジネスシーンでも活用できます。タッチパネル機能はWindowsシステムのみ対応です。※通常、USB3.1非対応のスマートフォンに接続しても、モニターをタッチすることはできません。お使いのスマホ機種がUSB3.1に対応できかどうかを確認してください。
  • 【高品質の解像度&視覚の楽しみ】1920x1280解像度で、もっとはっきり映画の画面と鮮明な写真を楽しめます。ステレオスピーカーを搭載し、より良い視覚と音響効果を実現できます。2000:1の高ネイティブコントラスト比で、細かい明るさや色を再現することができます。暗い画像や映像を見ても、はっきりと繊細な色を確認することができる。事務処理や画像編集をする人におすすめのタッチ機能対応ディスプレイ。
  • 【USB Type-Cケーブル1本で接続可能】Type-C 端子はモニターに電源供給と映像機能がある。HDMIケーブルを接続する必要はなく、Type-Cケーブル1本だけで、Type-C端子があるスマート携帯/PCーに接続してモニターは電源供給、映像を映すことはできます。
  • 【幅広い接続性】豊富な端子なのが魅力的!HD入力端子を備えて。パソコンがDisplayPort Alt Modeに対応していない場合は、HDMI端子も搭載しているので幅広いパソコンに接続できます。ノートパソコン、PC、スマホ、iPad、PS4、PS4 pro、360 XBOX one、Nintendo Switch、一眼レフカメラ、ラズベリーパイ(Raspberry pie)、工業機器などにも使える万能モニターです。
  • 【折りたたみ脱着式スマートケース付き】付属の折りたたみ式脱着タイプのスマートケースは、本体を傷や衝撃から優しく守ります。スマートケースは、折りたたむことで縦横どちらの向きでもスタンドとして使用することができます。本体の厚さはわずか約7.5㎜、重さ約548gの携帯性と機能性に優れた軽量設計、外出時にも気軽に持ち運べます。MS-B02は、外出先での作業効率を上げる多数の機能を搭載しています。プレゼンテーションなどを行う際に拡張表示用ディスプレイとして理想的です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
メインモニターでゲームをしながら攻略サイトを見たり、アプリを使いながら電子書籍の参考書を見るなど用途で、デスクトップPC用のサブモニターになるモバイルモニターを検討しました。WEBやドキュメント閲覧が主な用途になることと、デスクスペースの関係で縦置きで使いやすいものを探しました。

モバイルモニターに限らず現在売られているモニター製品のほとんどが16:9のアスペクト比ですが、本製品は珍しい3:2です。縦置きしても細長くなりすぎず、WEBサイトやドキュメントの閲覧にちょうど良い感じになります。反面、横置きで動画を見るとき、今の動画の多くは16:9のため、上下に黒帯が入ることになるので注意が必要です。

前述のように縦置きでの利用を考えているので、付属のカバースタンドは使えません。しかし12.9インチのiPadと似たようなサイズであるため、iPadで使用できるタブレットスタンドやタブレットアームならほとんどが利用できると考えて良いでしょう。iPadに対応した製品は様々な種類があります。私はLomicallのタブレットスタンドを買いました。場所を取らず角度も自由が利き、縦置きでも横置きでも使用できます。
立てかけるタイプのスタンドで縦置きをする場合は、コネクタ面を上にするとケーブルにテンションがかかった弾みで倒れることも考えられるので、コネクタのある面を下にして設置したほうがバランスが良くなります。コネクタ面を下にする場合は、L字変換コネクタを使うと配線時にケーブルが邪魔にならず便利です。

デスクトップPCでグラフィックボードを使用している場合は、USBタイプCケーブル1本での接続はできないことがあります。USB接続はタッチスクリーンと給電に利用され、映像信号の送信には別途HDMIケーブルでの接続が必要になります。

Windows10であればWindowsの画面設定でサブモニターの表示方向を自由に設定できます。タッチスクリーンは始めは上手く動きませんでしたが、コントロールパネルのタブレットPC設定を実行するときちんと動くように設定できました。

購入前はタッチスクリーンは必要ないかと思っていましたが、サブモニターにマウスカーソルを移動させることなく、指を使って参考にしているWEBサイトをスクロールさせたり、電子書籍のページをめくったりできるので、とても便利だと気が付きました。

かなり満足度の高い製品ですが、私の用途からひとつ難点を言うと、画面が光沢仕様で反射がけっこうキツいことです。画像や動画を見るのには鮮やかになって良いのですが、ドキュメントを見るのには邪魔にしかなりません。エレコムから発売されているタブレット用で11.6インチフリーサイズの反射防止フィルムが利用できそうなので試してみたいと思っています。

【追記】
端を数ミリずつカットする必要がありますが、エレコムのフリーサイズ画面フィルムTB-FR116FLSA(ASIN:B00EC0F28E)が利用できました。画面をアンチグレアにしたい方にはオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 映像のとおり、付属のtype.Cケーブル一本でPC(TECLAST X4)から電源と映像とタッチコントロールを送ることができました。ケーブル1本で使えるのは素敵です。

映像にて使用した機材
・MISEDI モバイルモニター 12.3インチ
・タブレットPC:https://amazon.co.jp/dp/B088ZH3VHY
・スタイラス:https://amazon.co.jp/dp/B07D6MQM39

あると便利なもの
・スタイラス用単6形充電池:https://amazon.co.jp/dp/B07CMT78N3
・単6対応充電器:https://amazon.co.jp/dp/B07BH158H5

…ケーブル3本かかっていたところが1本のtype.Cで済むところが優れていると思いました。毎日繋ぎなおして使う場合、これはケーブル連結のための工程と収納スペースが1/3になるという画期的な環境改善をもたらします。ただしもちろんPC側にtype.C出力がない場合にはこのモニターであっても①電源と②HDMIと③コントロールをそれぞれ別個のケーブルで送る必要があります(その場合はそれでちゃんと繋がります)。また、複数のPCで試してみたところ、モニター側からのタッチレスポンスはPC側の処理能力によるようです。つまり、試してみたところ、スティックPCなど処理能力の低い端末と組み合わせて使う場合にマルチタッチをつかうことはあまり現実的でないという印象を持ちました(スティックPCでもシングルタッチならいけそうではあります)。現況、スティックは概ねtype.C出力に対応していないことからすると、なんらかのモニターをスティックPCと繋いで使う場合は、タッチがあろうとなかろうと、①②の2本とワイヤレスマウスなどで対応することに落ち着きそうです。そうすると、スティックPCとの組み合わせで用いるモニターとしてタッチ入力対応はオーバースペックである場合が多いと言えるであろうことに、購入後に気づきました。将来的に新しいスティックPCのスペックがこのモニターの性能に追いつくことを期待しつつ、当面はtype.Cに対応したPCと組み合わせて使いたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター モバイルディスプレイ12.5インチ Hoyaliro スイッチ用モニター

  • 【高精細な2K映像】Hoyariloモバイルモニタは可視性に優れたIPS液晶パネルを採用されるため、視野角による輝度変化が少なく、最大178°までどこから見ても鮮明な美しい画像や映像が表示できます。解像度は2160 X 1440でフルHDに対応でき、ゲームや映画を楽しむ時にリアリズムを体験できます。
  • 【広い互換性モバイルディスプレイ】Type-C端子給電と標準HDMI端子映像出力、ノートパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、Xbox ONE、Wii又はNintendo Switchなどに対応しています。いつでも仕事、プレゼンテーション、ゲームや映画などに使える最高の相棒になります。  
  • 【リモコンやケース付属】リモコンや折りたたみ式のスマートケースが付属しているので、縦置きでも横置きでもしっかりと本体を支え、作業、リーディングによって適切な角度に調節可能です。また、保護ケースも付属しており、パネルをよく保護してくれます。
  • 【どこへでも一緒に持ち運べるデザイン】Hoyarilo モバイルモニターの厚みは約4mm、重量は約450gで軽量なので、雑誌みたいのデザインでカバンに入れるとどこでも持ち運べます。出張、旅行する時にも接続すると、広い画面で作業できます。購入する前にお使い機器の端子ご確認ください。
  • 【ケーブル1本通】USB Type C入力インターフェースを搭載しており、ノートパソコンまたはスマートフォンのUSB Type Cジャックからモニターへ、ケーブル一つだけで画面及び電源の信号をより速く、安定して転送することができます。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます。 電源コンセントに繋ぐ必要がありません。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ◎【極薄軽量なのでモバイルモニターとして最適】
 まず外観で目に付くのはその薄さと軽さです。画面の下は端子類やボタンがあるのでやや厚味があるのですが、それでも5.5インチのスマホと同じくらいの厚みです。さらに画面の上は薄く、簡単に計測したところなんと4mmでした。色々なモバイルモニターを使ってきましたが、ここまで薄い物は初めてです。重さは460gでした。

◎【フルハイビジョン以上の高解像度で画面が綺麗】
 画面解像度は2560x1440です。オーソドックスな16:9のアスペクト比。Amazonの商品説明では2560x1400(2020/03/28現在)となっており、変だなと思ったのですが、モニターの設定を見たら2560×1440と表示されていました。12.5インチのこれだけの画素数なので、画素1つが小さいです。そのため文字は滑らかでギザギザ感は全くありません。特に電子書籍やWEB閲覧で文字が読みやすいです。

◎【ノングレアで目に優しい】
 画面のタイプは非光沢のノングレアです。一方、TVなどで使用されている物は光沢があり色の再現性が高く、鮮やかに見える光沢のグレアと言います。基本的にノングレアは文字が読みやすく目が疲れず、グレアは動画の再生に向いていますが、反射が強いので目が疲れます。私は文字を読むにも動画を観るにもノングレアの方が好きなのでこのモバイルモニターは好みです。動画の再生でも特に汚いとかカク付くことも感じません。PS4をプレイしましたが問題なし。

○【電力はPCから取れる】
 電力は付属のUSBケーブル Type-Cで行います。USB充電器でコンセントから電力を取らずとも、デスクトップPCは勿論、ノートPCからでも問題なく動きました。画面のちらつきなど不安定なこともありませんでした。いつでもどこでも手軽に電源を取れるので便利です。

○【HDMIケーブルで繋げるだけ】
 PCやPS4にHDMIケーブルで繋げるだけでモニターに映像が映ります。PCのマルチモニタにも問題なく出来ました。別途ドライバなどなにか手間が掛かることもありませんでした。

○【HDMIの入力ポートは2つあり切り替え可能】
 このモバイルモニターにはHDMIの入力ポートが2つあります。PCとPS4など2つの機器を繋げておき、ボタンで簡単に切り買えることが可能です。

△【スピーカーはステレオだがステレオ感はあまりない】
 スピーカーは背面に2つありステレオでした。ただそのスピーカーは2つとも中央に寄っており、ステレオ感はあまりありませんでした。出来れば左右にもう少し距離を開けて欲しかったところ。

△【調整は問題ないが日本語が若干おかしい】
 ボタンを押してのハードウェアでの画質調整などは一通りあるのですが、日本語が若干おかしいので少し戸惑いました。アイコンを見ると項目が分かるので実用上は問題はありません。

◎【60hlz表示が可能】
 ゲームを滑らかに手元で、しかも手軽にやりたいので購入したのですが、きちんと60hlzで画面が表示されました。アクションなど動きの激しいゲームが滑らかになったので良かったです。

--

【総評】
 12.5インチのフルハイビジョン以上の解像度なので、小型軽量でPCのサブモニタに、ゲームのモニタにと活躍の幅が広いモバイルモニターです。これくらいのサイズだと机の上に置いて邪魔にならず、それでいてある程度大きいのでなにをするにもバランスが良いです。

 本格的にPCのサブモニタにするなら、これより大きい15.6インチ以上が良いとは思いますが、家の中で持ち運んだり、邪魔にならずに隅に置いておけるフレキシブルなモニターならこのサイズは魅力だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
急遽テレワークになり購入。
もう少し大きい画面のものも検討していましたが、他の製品と比べ、デザイン、薄さでこれを選択、試していませんが2Kというのも気に入りました。
到着して早速使い始め、約3週間FHDで使っています。12.5インチでFHDなんで非常に高精細です。PCとデジカメEOSに接続して見ましたが、画面はキレイです。
機能設定のメニューやリモコンの日本語は変で使いにくいのですが、頻繁に使うものでないので許容範囲です。
液晶面にすり傷はありましたが、表示させると分からなくなります。
一度気になる現象として、パチッと本体から音がして電源が落ち画面も消えましたが直ぐに復帰して、以降は特に問題なく使えています。
また、機能について問い合わせましたが、夜に問い合わせたのに、その日の内に回答があり対応も良さそうです。
少し気になる点はあるもののモバイルモニターとしてコストパフォーマンスが高いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

   

12インチ モバイルディスプレイ 低価格(安い)の人気5製品

以下が、コストを抑えて購入するのに最適な、低価格(安い)モバイルモニター製品です。

(2021/04/23 更新)

モバイルモニター 12.5インチ モバイル ディスプレー 1080P フルHD ゲームモニター

  • 【非光沢IPSパネル&フルHD対応モバイルディスプレイ】IVVモバイルモニタは色表現と可視性似優れたIPSパネルを採用し、上下、左右178°の広い視野角を持て、12.5インチの大画面で、どこから見ても、色変化が少なく、友達と一緒にクッキリ、鮮やかな映画を鑑賞することもできるだけでなく、友達と一緒にゲームをするのも最適。
  • 【薄い&軽い&狭い額】モニター本体の厚みは5mmしかなく、重量は約557gなので、ノートみたいに鞄に入れて持ち運べます。また4mmの狭額縁が採用され、画面を見るときにまるでその場にいるかのような臨場感が溢れています。旅行でも、ビジネス出張でも便利に持ち運べ、サブモニターとして設定できます。
  • 【Type-C一本対応】汎用性の高いType-C端子二つを搭載しているため、Type-C端子搭載のノートPCと接続する場合、Type-Cケーブル一本で映像、音声、給電などができます。また、USB3.1 Gen2 Type-C端子のスマホと接続する場合では、モニターへ給電すれば、スマホへの充電さえ行えます。スイッチ純正アダプターをモニターへ給電、Type-Cケーブルよりスイッチとモニターを接続する場合にも、スイッチへ充電することさえできます。
  • 【多機種に対応できるモバイルディスプレ】モニター本体にはUSB Type-C端子二つ、miniHDMI端子一つが搭載されていて、ノードパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、XBOX ONE、Nintendo Switch、Raspberry piなどに問題なく対応できます。USB Type-Cケーブル一本、なおUSB Type-Cケーブル1つ+Mini HDMIケーブル1つの組み合わせてデバイスとモバイルディスプレイを接続でき、いつでも、どこでも、ビジネス相談、プレゼンテーションに使え、ゲーム&映画を楽しめます。
  • 【縦置き表示対応】デュアルディスプレイとして使い、横置きモードに設定すれば、作業画面が広がり、効率がさらに高まります。縦置きモードに変更すれば、報告書などをノートで見るような快感を提供できます。一目瞭然で、一度により多くの内容を読めます。斬新な着脱式スタンドは、折りたたむと完全にフラットになり手軽に持ち運ぶことができます。カバーをモニターとともに持ち運ぶとき、その手軽さは想像以上に楽です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
在宅ワークで仕事用に購入。
PCでは繋げたが、スマートフォンでは反応せず、故障かと思ってメーカーに苦情を言ってしまった。
スマートフォンが、「typecのオルタネードモードに対応していることが必要」という条件があるらしく、そもそもそんなことに気付けなかった‥‥。
それで故障かと思ってメーカーに苦情を言ってしまって申し訳なかったけど、商品説明にもチラッと書いてあるだけで、ほとんどのスマートフォンで使用可能かのような書き方は良くないのでは?
これから購入する方はその点、お気を付けください。(PCに繋ぐ用途なら大丈夫ですが)
補足:メーカーからの説明によると、「スマホとの接続について、スマホのType-C端子はUSB 3.1 Type-C Gen2に対応、すなわちデータ伝送と電源供給両方同時対応の必要があります 」だそうです。
分からない場合は、説明書を読んで調べるか、メーカーに問い合わせが必要かと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター IVV モバイルディスプレイ 12.5インチ 1920×108...

  • 【持ち運びやすい&品質保証】ポータブルモニターは12.5インチの大画面にも関わらず、本体の厚さは6mmしかなく。軽量のデザインで簡単に出張用のバッグに収納できます。ビジネス出張、旅行、オフィス、ホームエンターテイメントなどに完璧な相棒です。外出中出張やでも、デュアルディスプレイを簡単に設定できます。ご購入を頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【幅広く接続に対応】モニター本体にはUSB Type- Cポート二つとHDMIポート一つが搭載されています。ラップトップ、PC、スマホ(iPhone除く)、PS3/4、Xbox Oneと Switchに接続し易い。USB ケーブル一本で信号伝送と電源供給ができます、いつでも仕事ご相談、プレゼンテーションに使え、ゲームや映画を楽しむことができる
  • 【ミニHDMIポート搭載】普通のHDMI出力設備全て対応できます、パソコン、ノートPC、プレゼン用、一眼レフカメラ、 PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲーム機を外出先や車の中でも楽しめます。ミニHDMI→HDMIケーブルは付属しております。※Mini HDMI端子搭載→スクリーン拡張、映像出力ができます(Mini HDMIケーブルで接続の場合、USB Type-Cケーブルによる給電が必要です。
  • 【接続可能端子】USB Type-C端子搭載→映像出力と給電がこれ1つで行うことができます(お持ちのデバイスのType-C端子が低電力の場合、外部電源(モバイルバッテリーなど)による給電が必要になります)。※Mini HDMI端子搭載→スクリーン拡張、映像出力ができます(Mini HDMIケーブルで接続の場合、USB Type-Cケーブルによる給電が必要です。
  • 【信頼できるメーカー品物作り】 アルミ合金製のボデイは耐久性が高く、高級感もたっぷり、上品な質感のプレミアムマットデザイン、触り心地のよい、そして傷がつきにくい工夫。スタンドカバーの外部は丈夫なPU皮革製で、柔軟な裏打ちがあります。パソコンモニターを保護すると同時に、お好みの角度に調整できます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

モバイルモニター モバイルディスプレイcocopar 12.5インチ スイッチ用モニター

  • 【USB Type-C搭載】USB-Cポート搭載し、USD3.1 gen2 Type Cケーブルで接続することにより、 映像出力と給電がケーブル1本で行われます。(PCの出力により、電圧不足の場合はアダプターで給電する必要があります。)USB Type-Cの場合、パソコン/スマホにDisplayPort Ait Mode対応のUSBType-Cポードが必要。USBType-C一本でニンテンドースイッチと接続しております。 ★ご注意①:DP alt modeに対応できないスマホと接続したいならandroid to hdtv変更アダプダーを利用する必要です。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルは付属しております。PSE認証済み
  • 【素敵なデザイン】CNCアルミ製、狭額縁を採用/わずか6mmの極細フレームで、デイスプレを複数並べてもフレームが気にならない、厚さ9mm 本体重さ445g 後面にVESA規格対応の取付け穴がついているためモニターアームを使ってサブモニターとして利用可能、滑らかな描写を可能にするFreeSyncや目への負担を軽減するブルーライト低減モードも搭載
  • 【IPSパネル搭載】FHD 1080P解像度 (1920X1080) 16:9/4:3 HDR対応 視野角が広く、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現するIPSパネルを採用。水平178度/垂直178度の広視野角と自然な色合いを再現するIPSパネルが1080Pの映像美を一層引き立たせます。
  • 【ミニHDMIポート搭載】普通のHDMI出力設備全て対応できます、パソコン、ノートPC、プレゼン用、一眼レフカメラ、 PS3/PS4/Xbox One/Nintendo Switchゲーム機を外出先や車の中でも楽しめます。ミニHDMI→HDMIケーブルは付属しております。
  • 【商品仕様】本体サイズ(約) : W287×H184×D5mm 本体重量(約) : 445g 液晶 : IPS液晶パネル 解像度 : フルHD 1920×1080 コントラスト : 1000:1 視野角 : 178° 色域 : 72% 応答速度: 5ms HDR機能 : 搭載 スピーカー : 内蔵 電源 : USB 5V2A インターフェイス : miniHDMI / USB Tyep-C ×2 / イヤホンジャック

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
付属ケース込みで約692gと非常に軽いモバイルモニター

スペック面では2つのUSB Type-Cポートはどちら共
映像入力+給電に対応
HDMIは薄型モデルの宿命かMiniタイプのHDMI
ステレオスピーカー内蔵かつイヤホンジャック有
VESAマウントに対応にスタンドケース付属

肝心のモニターの画質ですが
光沢パネル特有の派手な鮮やかさはないものの
映り込みが少ない非光沢IPSパネルで目の負担が少なそうです

良い点
・12.5インチで実測約440g、ケース込みでも実測約692gとコンパクトで軽量なので持ち運びも容易
・非光沢パネル、ブルーライト低減機能で目の負担を軽減できる
・付属ケースは保護だけでなくスタンドとしても利用可能
・VESAマウント対応でモニタースタンドの活用などで自宅など据え置き利用も便利
・ステレオスピーカー内蔵の他、イヤフォンジャックで外部出力可能
・対応機器ではUSB Type-Cケーブル1本のみで映像出力可能 ※

気になる点
・非光沢パネル特有の白っぽさが出る
・ステレオスピーカーは可もなく不可もなく
 大音量での視聴は外部出力推奨
・cocoparあるあるの取説なし(Webにある?)

他、USB Type-C接続における注意点
 USB Type-Cの普及に伴ってモバイルモニターの使い勝手も向上していますが
Thunderbolt 3 or Alternate Mode接続対応機器の対応、非対応で
使い勝手が変わりますので諸注意を記載しておきます。

ケーブル1本での映像出力・電源供給に対応している機器
=Thunderbolt 3 or Alternate Mode接続対応機器の対応
という前提となります。

------------------------------------------------------------------------------
USB Type-Cケーブルでの接続は、ケーブルの種類を含め・出力元の機器の対応・非対応などにより
正常に出力されない可能性もありますので、事前に利用予定の機器の仕様を要確認してください。

□モニター出力の方法(付属ケーブル)
1.USB Type-Cケーブル 1本での映像出力(対応機器に接続時) ※

2.USB Type-C→USB Type-C
 miniHDMI→HDMI
 これらによる映像出力の場合は別途

 +USB Type-Cポートでのモニター本体の給電 ※

 ※対応機器の場合 USB PDで充電しながらの映像出力も可能

□出力時の本体電源の取り方
・出力元がThunderbolt 3 or Alternate Mode接続に
 対応している製品
  同梱の USB Type-C~USB Type-Cケーブルだけで
  映像出力と電力供給をするのでケーブル1本で出力可能 ※
  →例:Mac Mini2018 等
 非対応またはminiHDMI接続
  同梱のUSB Type-C~USB-Aケーブルを使ってACアダプターと接続し電源を取る必要があります。

※USB Type-Cケーブルの注意点
ケーブル1本での接続は、接続元及び接続ケーブルがAlternate Mode接続に対応している必要があります。
付属のケーブルは一つは給電&映像出力に対応したケーブルで、そちらを利用すれば問題ないのですが
給電用のケーブルと間違えるとケーブル1本で描写されません。(通電してもすぐに信号なしになる)

付属ケーブルの長さなどで使い勝手が悪いという方は
Thunderbolt 3(Alternate Mode接続対応)、USB PD(5V)対応のケーブルを利用すれば問題ないかと思います。
(USB Type-Cのケーブルは色々と複雑なのでよく確認してください)。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
モバイルディスプレイを購入するのは初めてだったので、他社の製品との比較はよくわかりません。
私は2020年発売のMacBook Pro 13インチモデルのデスクトップを拡張する目的で使っています。
購入から10日あまり使用してのレビューとなります。

まずはなんと言ってもディスプレイサイズがコンパクトである点が最大の強みでしょう。
MacBook Pro13インチと比較すると、ちょうどMacよりも一回り小さいサイズになります。
画像を添付しているので、そちらを見るとより良くわかるかと思います。
私が他に比較検討していたモバイルモニターはもう少し大きいサイズのものが目立っていたのですが、そちらを購入していたらMacと一緒にあちこち持ち出して使うという用途には少し不向きだったろうなと思いました。

しかし小さいからといって性能には申し分なく、ドット欠けのような不良もありません。
なんと言ってもMacとの接続がUSB Type-Cケーブル一本だけで完結するという点には驚きました。
この手のモニターには映像用のケーブルと電源用のケーブルで最低でも2本のケーブルをモバイルモニターに接続しなければならないと思い込んでいたところだったのが、1本、それも場所を取らないType-Cケーブルだけで済んでしまうという点が衝撃的でした。
もちろんこのType-Cケーブルは本商品に同梱されているものです。
また、Type-C1本だけでは映せない場合を考慮してか、mini-HDMI⇔HDMI(たぶん。詳しく調べていません)のケーブルも同梱していました。おそらくほとんどのユースケースにおいて、この商品だけを購入すれば別売のケーブルを購入する必要は無いと思われます。

カバーについても使いやすいものが同梱されていて助かりました。
マグネットで取り付ける形式のものなので、気に入らなければ簡単に取り外して使うこともできます。
また商品説明の画像にもあるように、カバーがそのまま簡易的なモニタースタンドにもなっているところが地味にありがたいですね。
こちらはスタンドとしても普通に使える性能を持っています。
モニターの底面が接する部分はカバーの摩擦が強くなっており、あまり強い力さえかけなければ勝手に倒れてしまうようなこともありません。
少なくともオフィスで8〜9時間程度連続で勤務するぶんには、倒れてしまって困るということは1度もありませんでした。

画質や色彩、リフレッシュレートについては私が素人の目しか持っていないため、あまり良いレビューをすることはできないのですが……
素人が見るぶんには何ら問題なく使用することができています。

無理にでも欠点をあげつらうとするならば、接続端子がディスプレイ向かって右側にしか付いていない点が少しだけ使いにくく感じます。
どういうことかと言うと……私はMacBook Proに向かって左側にデスクトップを拡張するために使っています。
しかし左側に拡張するとなると、二つのモニターをピッタリくっつけて使おうとした時に、左側のモバイルモニターの右端にある接続端子から出ているケーブルがMacと干渉してしまうんですね。
これは普通にデスクトップを右側に拡張して使うようにするとか、ピッタリ並べずにちょっと前後にずらして使うとか、いくらでも工夫と回避が効く点です。
それから、ちょうどセールをやっている時に買おうとしたのに買えなかったとか、セールが終わった直後は無かった値引きクーポンが私の購入後に出てきてたりとかww
しかし定価(18900円?)で買っても十分に安いと思わせてくれるモニターだと思います。
現実的に持ち歩きやすいサイズのモニターを探している方はぜひ購入してみてはいかがでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター モバイルディスプレイ12.5インチ Hoyaliro スイッチ用モニター

  • 【高精細な2K映像】Hoyariloモバイルモニタは可視性に優れたIPS液晶パネルを採用されるため、視野角による輝度変化が少なく、最大178°までどこから見ても鮮明な美しい画像や映像が表示できます。解像度は2160 X 1440でフルHDに対応でき、ゲームや映画を楽しむ時にリアリズムを体験できます。
  • 【広い互換性モバイルディスプレイ】Type-C端子給電と標準HDMI端子映像出力、ノートパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、Xbox ONE、Wii又はNintendo Switchなどに対応しています。いつでも仕事、プレゼンテーション、ゲームや映画などに使える最高の相棒になります。  
  • 【リモコンやケース付属】リモコンや折りたたみ式のスマートケースが付属しているので、縦置きでも横置きでもしっかりと本体を支え、作業、リーディングによって適切な角度に調節可能です。また、保護ケースも付属しており、パネルをよく保護してくれます。
  • 【どこへでも一緒に持ち運べるデザイン】Hoyarilo モバイルモニターの厚みは約4mm、重量は約450gで軽量なので、雑誌みたいのデザインでカバンに入れるとどこでも持ち運べます。出張、旅行する時にも接続すると、広い画面で作業できます。購入する前にお使い機器の端子ご確認ください。
  • 【ケーブル1本通】USB Type C入力インターフェースを搭載しており、ノートパソコンまたはスマートフォンのUSB Type Cジャックからモニターへ、ケーブル一つだけで画面及び電源の信号をより速く、安定して転送することができます。USB3.1 Gen2 Type-Cケーブルで接続することにより、映像出力と給電がケーブル1本で行われます。 電源コンセントに繋ぐ必要がありません。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ◎【極薄軽量なのでモバイルモニターとして最適】
 まず外観で目に付くのはその薄さと軽さです。画面の下は端子類やボタンがあるのでやや厚味があるのですが、それでも5.5インチのスマホと同じくらいの厚みです。さらに画面の上は薄く、簡単に計測したところなんと4mmでした。色々なモバイルモニターを使ってきましたが、ここまで薄い物は初めてです。重さは460gでした。

◎【フルハイビジョン以上の高解像度で画面が綺麗】
 画面解像度は2560x1440です。オーソドックスな16:9のアスペクト比。Amazonの商品説明では2560x1400(2020/03/28現在)となっており、変だなと思ったのですが、モニターの設定を見たら2560×1440と表示されていました。12.5インチのこれだけの画素数なので、画素1つが小さいです。そのため文字は滑らかでギザギザ感は全くありません。特に電子書籍やWEB閲覧で文字が読みやすいです。

◎【ノングレアで目に優しい】
 画面のタイプは非光沢のノングレアです。一方、TVなどで使用されている物は光沢があり色の再現性が高く、鮮やかに見える光沢のグレアと言います。基本的にノングレアは文字が読みやすく目が疲れず、グレアは動画の再生に向いていますが、反射が強いので目が疲れます。私は文字を読むにも動画を観るにもノングレアの方が好きなのでこのモバイルモニターは好みです。動画の再生でも特に汚いとかカク付くことも感じません。PS4をプレイしましたが問題なし。

○【電力はPCから取れる】
 電力は付属のUSBケーブル Type-Cで行います。USB充電器でコンセントから電力を取らずとも、デスクトップPCは勿論、ノートPCからでも問題なく動きました。画面のちらつきなど不安定なこともありませんでした。いつでもどこでも手軽に電源を取れるので便利です。

○【HDMIケーブルで繋げるだけ】
 PCやPS4にHDMIケーブルで繋げるだけでモニターに映像が映ります。PCのマルチモニタにも問題なく出来ました。別途ドライバなどなにか手間が掛かることもありませんでした。

○【HDMIの入力ポートは2つあり切り替え可能】
 このモバイルモニターにはHDMIの入力ポートが2つあります。PCとPS4など2つの機器を繋げておき、ボタンで簡単に切り買えることが可能です。

△【スピーカーはステレオだがステレオ感はあまりない】
 スピーカーは背面に2つありステレオでした。ただそのスピーカーは2つとも中央に寄っており、ステレオ感はあまりありませんでした。出来れば左右にもう少し距離を開けて欲しかったところ。

△【調整は問題ないが日本語が若干おかしい】
 ボタンを押してのハードウェアでの画質調整などは一通りあるのですが、日本語が若干おかしいので少し戸惑いました。アイコンを見ると項目が分かるので実用上は問題はありません。

◎【60hlz表示が可能】
 ゲームを滑らかに手元で、しかも手軽にやりたいので購入したのですが、きちんと60hlzで画面が表示されました。アクションなど動きの激しいゲームが滑らかになったので良かったです。

--

【総評】
 12.5インチのフルハイビジョン以上の解像度なので、小型軽量でPCのサブモニタに、ゲームのモニタにと活躍の幅が広いモバイルモニターです。これくらいのサイズだと机の上に置いて邪魔にならず、それでいてある程度大きいのでなにをするにもバランスが良いです。

 本格的にPCのサブモニタにするなら、これより大きい15.6インチ以上が良いとは思いますが、家の中で持ち運んだり、邪魔にならずに隅に置いておけるフレキシブルなモニターならこのサイズは魅力だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
急遽テレワークになり購入。
もう少し大きい画面のものも検討していましたが、他の製品と比べ、デザイン、薄さでこれを選択、試していませんが2Kというのも気に入りました。
到着して早速使い始め、約3週間FHDで使っています。12.5インチでFHDなんで非常に高精細です。PCとデジカメEOSに接続して見ましたが、画面はキレイです。
機能設定のメニューやリモコンの日本語は変で使いにくいのですが、頻繁に使うものでないので許容範囲です。
液晶面にすり傷はありましたが、表示させると分からなくなります。
一度気になる現象として、パチッと本体から音がして電源が落ち画面も消えましたが直ぐに復帰して、以降は特に問題なく使えています。
また、機能について問い合わせましたが、夜に問い合わせたのに、その日の内に回答があり対応も良さそうです。
少し気になる点はあるもののモバイルモニターとしてコストパフォーマンスが高いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モバイルモニター 12.5インチ モバイル ディスプレー 1080P フルHD ゲームモニター

  • 【非光沢IPSパネル&フルHD対応モバイルディスプレイ】IVVモバイルモニタは色表現と可視性似優れたIPSパネルを採用し、上下、左右178°の広い視野角を持て、12.5インチの大画面で、どこから見ても、色変化が少なく、友達と一緒にクッキリ、鮮やかな映画を鑑賞することもできるだけでなく、友達と一緒にゲームをするのも最適。ご購入頂いた日から三年保証を提供しております。ご使用中何か問題がございましたら、お気軽にご連絡ください。
  • 【薄い&軽い&狭い額】モニター本体の厚みは5mmしかなく、重量は約557gなので、ノートみたいに鞄に入れて持ち運べます。また4mmの狭額縁が採用され、画面を見るときにまるでその場にいるかのような臨場感が溢れています。旅行でも、ビジネス出張でも便利に持ち運べ、サブモニターとして設定できます。
  • 【Type-C一本対応】汎用性の高いType-C端子二つを搭載しているため、Type-C端子搭載のノートPCと接続する場合、Type-Cケーブル一本で映像、音声、給電などができます。また、USB3.1 Gen2 Type-C端子のスマホと接続する場合では、モニターへ給電すれば、スマホへの充電さえ行えます。スイッチ純正アダプターをモニターへ給電、Type-Cケーブルよりスイッチとモニターを接続する場合にも、スイッチへ充電することさえできます。
  • 【多機種に対応できるモバイルディスプレ】モニター本体にはUSB Type-C端子二つ、miniHDMI端子一つが搭載されていて、ノードパソコン、デスクトップ、スマホ、PS3/PS4、XBOX ONE、Nintendo Switch、Raspberry piなどに問題なく対応できます。USB Type-Cケーブル一本、なおUSB Type-Cケーブル1つ+Mini HDMIケーブル1つの組み合わせてデバイスとモバイルディスプレイを接続でき、いつでも、どこでも、ビジネス相談、プレゼンテーションに使え、ゲーム&映画を楽しめます。
  • 【縦置き表示対応】デュアルディスプレイとして使い、横置きモードに設定すれば、作業画面が広がり、効率がさらに高まります。縦置きモードに変更すれば、報告書などをノートで見るような快感を提供できます。一目瞭然で、一度により多くの内容を読めます。斬新な着脱式スタンドは、折りたたむと完全にフラットになり手軽に持ち運ぶことができます。カバーをモニターとともに持ち運ぶとき、その手軽さは想像以上に楽です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 しばらく使用した感想として
よかった点は
・コンパクト&軽量で持ち運び等がらく
・USB給電での動作のため、場所を選ばずに使用可能
・映像はノングレアで良好

といったとこで、逆に惜しい点としては、miniHDMIというところぐらいです。
miniHDMIがダメではないですが、ケーブル忘れ時にHDMIはあっても、miniHDMIが・・・ということもあるので
あと、単純にポートの強度としてノーマルよりも弱い傾向にあるので
とりあえず、セット内容は下記の通り

セット内容
・IVV 12.5インチモバイルモニター
・保護カバー兼スタンド
・miniHDMI To HDMIケーブル
・USB-C ケーブル[データリンク対応
・USB-C To USB[Type-A]ケーブル
・USBコンセント変換
・VESA用固定ネジx4本
・説明書[日本語表記]

良い点の補足です。
12インチサイズで、かなりコンパクトで、アルミ製?ボディで軽量、上部にいくほど薄くなっているタプで
ノートPCと一緒に持ち歩くなどの場合、モニターが大きくて邪魔になることはなく、タブレット感覚に近い状態で持ち歩きが可能な感じです。
電源については、USB-Cで供給が可能であり、PCなどのUSBポートからでも可能でした。
ただし、一部のノートPCなどでは、USBポートへの電源供給が極端に少ないものもあるので、その辺では動作が不安定になるかもです。
自作PCで仮組み等の状態で、動作チェックをするときなどには、モニターのために場所や電源確保がめんどくさいので、
この12インチのサイズ感は場所も少なめでよくいい感じです。
ゲームについてですが、特に問題はないもののFPSなどのゲームをする場合は、流石に小さくて索敵などがしにくいので
あまり向かないかもです。表示としては問題ないので、RPG、シミュレーションなどであればOKかと思います。
VESA75mmのネジ穴が背面に2つ切ってあるので、固定として使用することも可能なので、汎用性は高いかもですね・

総評としては、価格と性能バランスも良く、とりあえずは満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ノートPCのサブディスプレイとしては
少し小さい ゲームのディスプレイとしても
少し小さい
携帯型ゲーム機メインディスプレイならあり
プレゼンや誰かに説明が必要な時には
手軽で使いやすいく モバイルモニターとしての 使用感はとてもいい

カバーのモニタースタンドとしての機能は ないよりはいいレベル もし 実用性を求めるなら 別途購入するべきだろう
しかし 持ち運びを前提として前提として
傷を付けないようにとか考えるなら
これで 満足できるのではないかとも考えられる

液晶の写りは コントラストは普通くらい
LG液晶なんかは濃いと感じるなら こっちが
ちょうど良くなる
動態に対する映像の乱れは この価格帯でも もう 気にならないレベルまで来ています
費用対効果は非常に優秀と言えるでしょう

他のメーカーでも 同じ様なものです
使い方は人それぞれですが
買って損はしない 液晶です (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

関連:他サイズのモバイルディスプレイ

以下では、10インチから各サイズのモバイルディスプレイを紹介しています。

もう少し小さくて取り回しのしやすいもの、軽いものなどを探すのに参考にしてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました