レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年最新】Alexa(アレクサ)対応イヤホン「人気・高評価のおすすめ15製品」

普段からAlexa(アレクサ)の音声操作を活用していると、外や出先でも普段の音声操作ができると非常に便利。

そんな人に最適な、出先でよく身につける「イヤホン・ヘッドホン」でアレクサがサクッと使える製品があります。

こちらではそんな「Alexa対応イヤホン」の人気・おすすめ製品を紹介していきます。

Alexa対応イヤホン 注目のおすすめ品ランキング/5製品詳細

以下が「Alexa対応イヤホン」注目のおすすめ品ランキング表と注目のおすすめ品5製品の詳細です。

(2024/04/19 09:31 更新)
Rank製品価格
1
通常
12,980円
5,980円
5,580円
8,700円
2
通常
26,000円
26,000円
8,800円
30,000円
 

Echo Buds (エコーバッズ) 第2世代 完全ワイヤレスイヤホン with

Echo Buds (エコーバッズ) 第2世代 完全ワイヤレスイヤホン with Alexa
Amazon
発売日 2022/02/24
総合評価
(3.8)

\7,000円(54%)OFF セール中/
(2024/04/19 09:31時点)
  • 【ダイナミックなオーディオとアクティブノイズキャンセリング (ANC)】プレミアムなスピーカードライバーが、明瞭でバランスの取れたサウンドをお届け。密閉型のインイヤーデザインとANCが環境ノイズを削減。
  • 【コンパクトで快適】小さくて、軽くて、耐汗仕様 (IPX4等級)。4サイズのイヤーチップと2種類のウイングチップであなたの耳にジャストフィット。
  • 【ハンズフリーエンターテイメント】Alexaに話しかけるだけで、音楽のストリーミング、ポッドキャストの再生、オーディオブックの読み上げなどが可能。
  • 【長時間稼働】1回の充電で最大5時間、充電ケースを使えば最大15時間の音楽再生が可能。わずか15分の充電で最大2時間音楽を再生。
  • 【スマホを取り出さずに】Alexaに話しかけるだけで、電話をかけたり、リマインダーをセットしたり、買い物リストに項目を追加したり、帰宅前にエアコンのスイッチを入れたりも可能。
  • 【カスタマイズ】Alexaアプリでタップ操作やイコライザーの設定を簡単に変更できます。外音取り込みのレベルや省電力の設定も。
  • 【他のボイスアシスタントも】iOSおよびAndroidとの互換性。SiriやGoogleアシスタントの起動もサポート。
  • 【プライバシーに配慮したデザイン】Amazonはお客様の大切な個人情報を営利目的で他者に販売することはありません。Alexaアプリにマイクのミュートボタンを搭載するなど、Echo Budsは何重ものプライバシー保護対策を用いて設計されています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
話題になっているサイト
ワイヤレスイヤホンのアレクサ機能を使ってみた|ヒアラブル的使い道
我が家はAmazonのアレクサを中心にスマートホーム化していることもあり、すっかりAlexaに依存しています。 そうなってくると、メインのイヤホンもアレクサ対応のものを選びたいという思いがあったのですが、中々対応している
Amazon本気のAlexa対応イヤホン『Echo Buds』登場!予約注文で最大4,500円OFF!【本日みつけたお買い得情報】
Amazon.co.jpの『Echo』シリーズの新顔『Echo Buds』の発売を記念し、予約注文すると『Echo Buds』が最大4,500円OFFとなるキャンペーンが実施されています。「第2世代」とされていますが日本での販売は初となっています。
Amazonイヤホン「Echo Buds」の使い勝手を試す。どんな人にオススメ?
Amazonの完全ワイヤレスイヤホン「Echo Buds(第2世代)」が、2月24日から出荷開始。さっそく使い勝手を試してみました。
【コスパはどう?】Amazon Echo Buds2を実機レビュー!音質やAlexa機能を徹底検証
声で操作ができるAmazonの完全ワイヤレスイヤホンEcho Buds2を徹底検証!音質や装着感、Alexaの使いやすさ感などの気になるポイントを本音でレビューします。
アマゾン「Echo Buds(第2世代)」実機レビュー:高コスパワイヤレスイヤホンの実力
アマゾンの新型ワイヤレスイヤホン「Echo Buds(第2世代)」が発売。1万円台前半の価格設定ながら、ノイズキャンセルなど多彩な機能を搭載しています。
Users Voice
今まで購入したイアホンのなかで、一番使いやすく会話も相手が聞き取りやすいやうです。 バージョンアップした、エコーバッズが発売されたら、購入したいので、連絡してください。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
この価格でノイズキャンセルがついて非常にコスパが良いです。このクオリティでこの価格は魅力です。お勧めします。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
アンビエントモードやノイズキャンセルがついてこの価格はコスパ最高。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワ...

  • その他の進化点 ・IPX4搭載の防滴性能。雨や汗を気にせず音楽楽しめる。 ・統合プロセッサ―V1により接続安定性向上 ・バッテリー性能向上。本体バッテリー8時間・ケース充電12時間、合計24時間。スマフォからのおすそわけ充電も対応。
  • 通話性能大幅強化。4つのマイクとセンサーで高度な音声信号処理を実施。
  • 耳への装着性向上。エルゴノミック・サーフェース・デザインで従来より接触面を増やし装着安定性を実現。
  • 大幅なノイズキャンセル性能向上。業界最高クラスノイキャンを実現。WF-1000XM3比大幅向上。風のノイズも大幅に軽減。統合プロセッサV1と進化した6mmドライバー、新しいイヤーピースでノイズキャンセリング性能向上
  • LDAC対応。360RA対応。圧倒的高音質を実現。
  • 充電時間:約1.5時間
  • 自社が保有する、各国の耳形状のデータを活用し、耳の凹凸に干渉しにくい形状設計を実現。耳の形に寄り添い、イヤホン本体を耳の中の接触面で支える保持方法を実現しました。さらに、ノイズアイソレーションイヤーピースが多方面に保持力を持たせることで、より高い装着安定性と快適なつけ心地を実現しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品特徴
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能(※)
低音域から高音域に至るまで、広い帯域で耳に届くノイズを減らし、WF-1000XM3よりも更なる静寂をお届けします。飛行機やバスなどの騒音環境下、また街中やカフェなどの人の声が多い環境でも、より静寂を感じられるようになりました。
※完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。2021年4月26日時点。ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る。
ソニーの完全ワイヤレスで初めてのハイレゾワイヤレス
LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ級高音質。また、DSEE Extreme搭載により、AndroidでもiPhoneでもCD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。
外出時も安心なロングバッテリーライフ
ノイズキャンセリングON時、本体のみで8時間、付属のケースで2回分充電して合計24時間使用できます。さらに、ノイズキャンセリングOFF時は本体のみで12時間、付属のケースで2回分充電して合計36時間使用できます。また、突然の外出時も安心なクイック充電にも対応。
ノイズをより的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」
2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化。DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。ノイズを気にせず、こだわりの高音質に存分に浸ることができます。
どんな環境でも快適な通話が可能
マイクとセンサーを最適に制御し、高度な音声処理を行うボイスピックアップテクノロジーを搭載。ビームフォーミング技術と骨伝導センサーにより、口から発された声と頭蓋骨の振動で伝わる声の両方を捉え、あなたの声をどんな騒音下でも正確かつクリアに収音します。
高い装着安定性と快適なつけ心地
自社が保有する、各国の耳形状のデータを活用し、耳腔空間に干渉しにくい形状設計を実現。耳の形に寄り添い、イヤホン本体を耳の中の接触面で支える保持方法を実現しました。さらに、ノイズアイソレーションイヤーピースが多方面に保持力を持たせることで、より高い装着安定性と快適なつけ心地を実現しています。
自社で特別に開発した統合プロセッサーV1
統合プロセッサーV1は、BluetoothSoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合したものです。チップの処理能力が向上し、WF-1000XM3よりもさらにノイズに対して低遅延での処理が可能になり特に高音域でのノイズキャンセリング性能が向上しました。また、Bluetooth SoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合することで、小型化も実現しました。
高音域の遮音性を向上させる独自開発のノイズアイソレーションイヤーピース
新しく独自開発したノイズアイソレーションイヤーピースを採用することで、遮音性能が向上しました。独自開発のポリウレタンフォーム素材を使用することで、主に高音域のノイズを減衰させます。
新開発のドライバーユニットにより低音域のノイズキャンセリング性能が向上
WF-1000XM3から磁石体積を拡大し、かつ、振動版の可動性を高めたハイコンプライアンスな振動板を採用した専用設計6mmドライバーユニットにより、低音域の再生能力が向上。高精度なキャンセル信号を低音域まで生成することで、低音域のノイズキャンセリング効果を高めました。

↓全て表示↑少なく表示

 

 
話題になっているサイト
【特集】 【2021年春版】おすすめChromebook 8選。知っておきたい製品選び5つのポイント
低価格ながら充実した性能でここのところ急速に普及しているChromebook。家電量販店などではChromebook専用コーナーをかまえる店も多く、手頃な価格で入手できるモデルが販売直後から完売が続くなど注目を集めている。
【特集】 【最新版】おすすめChromebook 5選。魅力の低価格モデルと便利な高級モデルをピックアップ
Chromebookは、PC相当のブラウザ性能を持ち、Androidアプリ対応でタブレット的に利用可能なことや、手頃な価格で入手できるコストパフォーマンスの高さで人気を集めている。
Users Voice
アクティブノイズキャンセルの性能、音質の良さが評価されている機種です。 個人的な感想としては優秀ではありますが最上ということはないかなと思います。 音は往年のソニーサウンドを彷彿とさせる膨らみのある低域が目立つもので厚みはあります。どことなく抜けが不足気味の音で冴える感じがあまりありません。好き嫌いはある気がします。 ノイズキャンセルはイヤホンとしては優秀で電車の走行音などはかなり低減しますが、車内放送などはあまり消えません。 外音取り込みの音質はとても優秀です。 なんだかんだ言いつつ完成度が高く不満が少ない完全ワイヤレスイヤホンです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ケースと本体はサラサラの仕上げで高級感があり、満足できます。また、ケースが小さいので、ポケットに入れやすいと思います。ケースを簡単に取り出せると、いちいちケースにしまうことができるので、失くしにくいかなと思います。 音質ですが、とても良いと思います。大きい音で鳴らしても割れず、また、音を識別できます。ただ、多分ですが、原音通りでは無いとは思います。リスニング用だと考えれば、最強だと思います。 ただ、本体が大きく、また、出っぱり等もないので、耳に合わなければ絶対に合わないです。僕は合わなかったので売却しました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたい衝動は2年ほど前からあり、折角新型が出るかもしれないという段階だったので、待ってましたと言わんばかりに即予約して、現在も普段から使っています。 ノイズキャンセリングのお陰で、隣で工事してても集中出来る環境になりました。以前の環境には戻れそうに無いです。 初めての完全ワイヤレスイヤホンなので、他のものと比較できないのですが、私はこの商品が大変気に入りました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
   

Alexa対応イヤホン 人気ランキング/5製品詳細

以下が「Alexa対応イヤホン」人気ランキング一覧表と人気5製品の詳細です。

(2024/04/19 09:31 更新)
 

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM5 : 完全ワ...

  • 世界最高ノイズキャンセリング(*) 統合プロセッサーV2と、高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN2eにより、ハイレベルなノイズキャンセリング処理、音質信号処理を可能にしました。 また「マルチノイズセンサーテクノロジー」によりデュアルフィードバックマイクとフィードフォワードマイク、片耳3つずつのノイズキャンセリングマイクを搭載し圧倒的ノイズキャンセリング性能を実現しました。 これによりWF-1000XM4比でさらに20%のノイズ低減を可能にし、いまだかつてない静寂の中で再現性の高い音質をお楽しみいただけます。* 左右独立型ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン市場において。2023年4月10日時点、ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る
  • 心奪われる究極の音体感ソニー独自開発8.4mmの新ドライバーユニット「ダイナミックドライバーX」。ドーム部とエッジ部に異なる素材を組み合わせた振動板構造で、柔らかいエッジが沈み込む低音域を、軽量高剛性のドームが伸びのある高音域を再生します。信号処理から再生まで高品位な処理で歪を抑え、再現性の高い圧倒的な高音質を実現します。
  • 小型化・軽量化により実現した高い装着性とミニマルデザインソニー独自開発の薄型の新ドライバーユニットとメイン基板のSiP化により小型化を実現。前モデルWF-1000XM4では7.3gだった装着部はWF-1000XM5で5.9gまで軽量化しました。イヤホン本体の体積を従来機種より約25%小型化することで、耳との干渉を軽減し、快適な装着性を実現しています。装着部の内側は、イヤホン本体を耳との接触面で支える「エルゴノミック・サーフェス・デザイン」により、耳の内側にフィットする曲線形状を採用しています。さらに高さも抑えた形状設計により、耳から飛び出す部分が小さくなっているため、優れた装着安定性を実現しています。マイク部は金属に微細孔加工を施した凹凸のないデザインを採用することで、風ノイズを低減します。
  • ソニー完全ワイヤレス史上最高通話品質(*)小型化を実現しながらも高い通話品質を実現。風ノイズ低減構造を採用すると共に、高精度ボイスピックアップテクノロジー、骨伝導センサーを採用することでソニー完全ワイヤレス史上最高通話品質を実現しました。
  • OSを選ばずに2台の機器に同時接続が可能で、Bluetooth接続の切り替え作業が不要です。 例えばプライベートスマホと会社のパソコンに接続しておけば、通勤中はスマホで音楽やコンテンツを視聴し、出社後はパソコンを開けば、イヤホンのBluetooth接続をし直す必要がなく、そのまま同じイヤホンでオンライン会議のイヤホンマイクとして通話が可能です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
 
  

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワ...

  • その他の進化点 ・IPX4搭載の防滴性能。雨や汗を気にせず音楽楽しめる。 ・統合プロセッサ―V1により接続安定性向上 ・バッテリー性能向上。本体バッテリー8時間・ケース充電12時間、合計24時間。スマフォからのおすそわけ充電も対応。
  • 通話性能大幅強化。4つのマイクとセンサーで高度な音声信号処理を実施。
  • 耳への装着性向上。エルゴノミック・サーフェース・デザインで従来より接触面を増やし装着安定性を実現。
  • 大幅なノイズキャンセル性能向上。業界最高クラスノイキャンを実現。WF-1000XM3比大幅向上。風のノイズも大幅に軽減。統合プロセッサV1と進化した6mmドライバー、新しいイヤーピースでノイズキャンセリング性能向上
  • LDAC対応。360RA対応。圧倒的高音質を実現。
  • 充電時間:約1.5時間
  • 自社が保有する、各国の耳形状のデータを活用し、耳の凹凸に干渉しにくい形状設計を実現。耳の形に寄り添い、イヤホン本体を耳の中の接触面で支える保持方法を実現しました。さらに、ノイズアイソレーションイヤーピースが多方面に保持力を持たせることで、より高い装着安定性と快適なつけ心地を実現しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品特徴
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能(※)
低音域から高音域に至るまで、広い帯域で耳に届くノイズを減らし、WF-1000XM3よりも更なる静寂をお届けします。飛行機やバスなどの騒音環境下、また街中やカフェなどの人の声が多い環境でも、より静寂を感じられるようになりました。
※完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。2021年4月26日時点。ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る。
ソニーの完全ワイヤレスで初めてのハイレゾワイヤレス
LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ級高音質。また、DSEE Extreme搭載により、AndroidでもiPhoneでもCD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。
外出時も安心なロングバッテリーライフ
ノイズキャンセリングON時、本体のみで8時間、付属のケースで2回分充電して合計24時間使用できます。さらに、ノイズキャンセリングOFF時は本体のみで12時間、付属のケースで2回分充電して合計36時間使用できます。また、突然の外出時も安心なクイック充電にも対応。
ノイズをより的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」
2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化。DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。ノイズを気にせず、こだわりの高音質に存分に浸ることができます。
どんな環境でも快適な通話が可能
マイクとセンサーを最適に制御し、高度な音声処理を行うボイスピックアップテクノロジーを搭載。ビームフォーミング技術と骨伝導センサーにより、口から発された声と頭蓋骨の振動で伝わる声の両方を捉え、あなたの声をどんな騒音下でも正確かつクリアに収音します。
高い装着安定性と快適なつけ心地
自社が保有する、各国の耳形状のデータを活用し、耳腔空間に干渉しにくい形状設計を実現。耳の形に寄り添い、イヤホン本体を耳の中の接触面で支える保持方法を実現しました。さらに、ノイズアイソレーションイヤーピースが多方面に保持力を持たせることで、より高い装着安定性と快適なつけ心地を実現しています。
自社で特別に開発した統合プロセッサーV1
統合プロセッサーV1は、BluetoothSoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合したものです。チップの処理能力が向上し、WF-1000XM3よりもさらにノイズに対して低遅延での処理が可能になり特に高音域でのノイズキャンセリング性能が向上しました。また、Bluetooth SoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合することで、小型化も実現しました。
高音域の遮音性を向上させる独自開発のノイズアイソレーションイヤーピース
新しく独自開発したノイズアイソレーションイヤーピースを採用することで、遮音性能が向上しました。独自開発のポリウレタンフォーム素材を使用することで、主に高音域のノイズを減衰させます。
新開発のドライバーユニットにより低音域のノイズキャンセリング性能が向上
WF-1000XM3から磁石体積を拡大し、かつ、振動版の可動性を高めたハイコンプライアンスな振動板を採用した専用設計6mmドライバーユニットにより、低音域の再生能力が向上。高精度なキャンセル信号を低音域まで生成することで、低音域のノイズキャンセリング効果を高めました。

↓全て表示↑少なく表示

 

 
Users Voice
アクティブノイズキャンセルの性能、音質の良さが評価されている機種です。 個人的な感想としては優秀ではありますが最上ということはないかなと思います。 音は往年のソニーサウンドを彷彿とさせる膨らみのある低域が目立つもので厚みはあります。どことなく抜けが不足気味の音で冴える感じがあまりありません。好き嫌いはある気がします。 ノイズキャンセルはイヤホンとしては優秀で電車の走行音などはかなり低減しますが、車内放送などはあまり消えません。 外音取り込みの音質はとても優秀です。 なんだかんだ言いつつ完成度が高く不満が少ない完全ワイヤレスイヤホンです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ケースと本体はサラサラの仕上げで高級感があり、満足できます。また、ケースが小さいので、ポケットに入れやすいと思います。ケースを簡単に取り出せると、いちいちケースにしまうことができるので、失くしにくいかなと思います。 音質ですが、とても良いと思います。大きい音で鳴らしても割れず、また、音を識別できます。ただ、多分ですが、原音通りでは無いとは思います。リスニング用だと考えれば、最強だと思います。 ただ、本体が大きく、また、出っぱり等もないので、耳に合わなければ絶対に合わないです。僕は合わなかったので売却しました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたい衝動は2年ほど前からあり、折角新型が出るかもしれないという段階だったので、待ってましたと言わんばかりに即予約して、現在も普段から使っています。 ノイズキャンセリングのお陰で、隣で工事してても集中出来る環境になりました。以前の環境には戻れそうに無いです。 初めての完全ワイヤレスイヤホンなので、他のものと比較できないのですが、私はこの商品が大変気に入りました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM3 : 完全ワイヤレス/

  • 圧倒的なノイズキャンセリング性能と、完全ワイヤレス初の「ハイレゾ相当」アップコンバートを実現
  • 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」搭載により、ノイキャン性能と音質が向上
  • 圧縮音源の高音域を補完 ハイレゾ相当の高音質を楽しめるDSEE HXを完全ワイヤレスで初搭載
  • 新Bluetoothチップ採用とアンテナ構造の最適化で、接続安定性大幅UP+動画視聴時の音声遅延を改善
  • 最大6時間連続再生可能なバッテリー+充電ケース3回充電で24時間バッテリーが持続
  • ヘッドホンを外さず瞬時に周囲の音を聞ける「クイックアテンションモード」搭載
  • 専用アプリ「Headphones Connect」に対応。さまざまな機能をアプリ上でカスタマイズ可能
  • 人間工学に基づき、耳の3点で支える「エルゴノミック・トライホールド・ストラクチャ」を採用
  • 通信方式 : Bluetooth標準規格 Ver.5.0/出力 : Bluetooth標準規格 Power Class 1/最大通信距離 : 見通し距離 約10m/使用周波数帯域 : 2.4GHz帯(2.4000GHz-2.4835GHz)
  • 対応コーデック:SBC, AAC●対応コンテンツ保護:SCMS-T●付属品:充電ケース、USB Type-Cケーブル(約20cm)、ハイブリッドイヤーピース(SS、S、M、L 各2個)、トリプルコンフォートイヤーピース(S、M、L 各2個)●再生周波数帯域:20Hz-20000Hz、充電端子:USB Type-C

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品特徴
完全ワイヤレスにQN1eが搭載
WH-1000XM3に搭載されているQN1プロセッサーを 完全ワイヤレス向けに小型化し搭載!
進化した業界最高クラスのノイズキャンセリング
「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」と 「デュアルノイズセンサーテクノロジー」「装着性」によりノイキャン性能が向上!
2つのマイクで精密にノイズを集音し、ノイキャンプロセッサーQN1eで高精細に逆位相信号を生成。
耳の3点でしっかり支える構造で、落ちにくい・密閉度が高く、ノイキャン性能にも寄与。
ノイズキャンセリング性能が向上したことにより、飛行機音から人の声まで幅広いノイズの抑制が可能に。
ワイヤレスでもハイレゾ相当*の高音質
完全ワイヤレスで初のDSEE HX搭載と 「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」により、完全ワイヤレスでもハイレゾ相当の高音質を実現。
「高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1e」に 内蔵されたDACとアンプも高音質に寄与。
* SEE HX ON時にCDやMP3などの圧縮音源をSBC/AACのコーデックでBluetooth再生する際、最大96kHz/24bitまで拡張。
優れた接続安定性
新しいBluetoothチップの採用と 最適化されたアンテナ構造により、接続安定性が大幅向上。
ロングバッテリーライフ
本体6時間+充電ケース18時間=合計24時間* 10分充電で90分再生*可能の急速充電も。
*3回の充電ケースでの充電が必要、本体6時間、充電して18時間で合計24時間使用可(NC ON時) *AACでの接続で、DSEE HX OFF時。
充電ケースの特長
本体を充電ケースにしまうとき、マグネットで正しい位置にすぐに収まるから 「充電ができていない」心配なし。
クイックアテンション機能搭載
WH-1000XM3で好評の機能、クイックアテンションが初搭載!
タッチセンサーでの本体操作
タッチセンサーでの本体操作が可能 アプリ上で操作をカスタマイズできる。
装着検知
両側を付けた状態で一時的に片側を外すと、自動で停止/装着すると自動で再生

↓全て表示↑少なく表示

 

 
Users Voice
Googleアシスタントに対応しているのでAndroidの方は特におすすめです音質に関してはSonyということもあり素晴らしいです よくほかの方もおっしゃっていますが万人受けするテイストです しかし今まで気づかなかった「この曲この楽器の音が入っていたのか!?」と気づくぐらい安物のイヤホンとは一線を覆していますノイキャンは初めて使用する方は感動すると思います 慣れてくると外した時これほどまでにバスや電車はうるさいのかと驚くと思いますあまり書いている方がいらっしゃいませんが風ノイズ軽減モードが地味にいい機能だと思います 歩いているとき台風接近強風時など風ノイズがすごいときその性能の高さを思い知ることになります防水仕様ではありませんが,雨あがりの側溝や水をためていたボウルの中にダイブさせたことがありますが今日まで故障していません とはいえ雨の日はなるべく濡れないように気を付けた方がよいと思います総評として3万の価値はあるイヤホンだと思います 迷ったらリンゴの会社の耳からうどんよりもこちらの商品を購入されてはいかがでしょうか? (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
前から欲しかったノイズキャンセリング付きワイヤレスイヤホン、ようやく買いました。BOSE、Apple、ゼンハイザーと悩みましたがSONY派なのでSONYを選びました。 充電器は傷付きやすいと他のレビューを見たので、保護用のケースが届くまで気をつけていましたが、知らないうちに細かい傷がついてしまいました…。じっくり見なければわからない程度なので気にしないことにしました。 あらかじめBluetoothでペアリングが済んでいれば、充電器から取り出して10秒ほどで接続されます。前使っていた中華製5000円くらいのワイヤレスイヤホンよりもかなり接続が楽で早いと感じました。音質もイヤープラグによりけりだとは思いますが、良いです。専用アプリでイコライザーを簡単に弄れるのも良いですね。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ソニーエクスペリア1マーク2用に高音質を期待して購入しました。音質も期待通りでバランスが素晴らしい!低音の音色も少し柔らかめでソニーらしいかな?全体の音像定位や分離、粒立ちや残響まで想像以上で良かったです。 これでボリューム調整が出来れば文句なしですね。性能をフルに発揮するポイントはイヤーピースを自分の耳の穴にジャストフィットさせるように付属のサイズを根気よく試して見る事ですかね。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

Jabra Elite 7 Active 完全ワイヤレスイヤホン ブラック [国内正規品]

  • 技適マーク認証済み製品
  • 周波数帯:2402MHz ~2480MHz
  • マルチポイント(2台同時接続)対応 (専用アプリでの無料ファームウェアアップデートにて)。 片方のイヤホンだけで使用できる片耳モード搭載。
  • JabraシェークグリップTM搭載。62,000件の耳の形状データに基づくイヤホンデザイン、リキッドシリコンラバーコーティングでさらにフィット感をアップし、ウィングフリーデザインなので装着も簡単です。
  • スピーカーを再構築しました。 6㎜のカスタマースピーカーを緻密に配置し、豊かで迫力のあるサウンドを実現します。 自分の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整するMySound、さらに、アプリのイコライザーで自分の好みに音質調整もできるので、好きな音楽を好みの音質で楽しむこともできます。
  • 調節可能なアクティブノイズキャンセリングとヒアスルー機能。それぞれ5段階のレベル調整が可能です。 アプリで事前に設定しておくことにより、イヤホンをワンタッチするだけでモードを切り替えることができます。
  • 従来品よりもさらにコンパクに。汗をかいても滑りづらく、ワークアウトやジョギング中の使用でも、しっかりとホールド。
  • ワイヤレス充電対応、片耳モード、ANC使用時で最長30時間のロングバッテリー、IP57 準拠の防塵防水性能など、さらに使いやすくなる多彩な機能も充実しています。
  • 原産国:中国

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品特徴
ワークアウト中もしっかりフィット
シェークグリップは、しっかりホールドしながら、しなやかでソフトなフィット感をもたらす画期的なテクノロジーです。特殊なリキッドシリコンラバーでコーティングすることにより、ウイングがなくても耳にしっかり固定されます。このシェークグリップテクノロジーにより、歩いても走ってもジャンプしても、しっかりフィットし続けます。
音楽、そしてワークアウトにも集中
ボタンをタッチするだけで、パワフルで調整可能なアクティブノイズキャンセリング(ANC)が周囲の雑音を瞬時に遮ります。JabraSound+アプリでノイズキャンセリングのレベルを5段階から選ぶだけ。何が起きてもワークアウトへの集中を邪魔されません。
ヒアスルー機能で現実世界に
周囲の状況を確認したい時、ワンタッチでヒアスルーに切り替えると、内蔵マイクが周囲の音を拾います。周囲の状況が変われば、把握したいレベルも変わります。Jabra Sound+でヒアスルーのレベルを5段階から選択できます。
パーソナライズされたサウンドの原動力
豊かでパワフルなサウンドを実現するため、Elite 7 Activeに搭載されている6mmのカスタムスピーカーを再設計しました。JabraSound+アプリの画期的なMySound機能により、各個人の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整し、さらに、直感的に使用できるイコライザーで音質をカスタマイズすることもできます。
すばらしいサウンドと快適な装着感を両立
これまでにない快適さを追求し、高度なテクノロジーをコンパクトな筐体に収めることに成功しています。片耳でわずか5.5gと軽量で、Elite Active 75t(従来の最小モデルイヤホン)よりもさらに16%コンパクトに。イヤージェルは、耳の形状に合うよう改良され、先端が丸形状の先細型に成形されています。
どこでランニングしていても、クリアな通話
クリアな通話を実現する機能も備えています。4つのマイクを緻密に配置し、風切り音を防ぐためにSAATI AcoustexRメッシュによりカバーされています。ワークアウト中でもリモートワーク中でも、卓越したクリアな通話を実現します。
長時間の外出でも安心のロングバッテリ−
最長8時間使用できるよう、バッテリーを再設計しました。充電ケースと併用で最長30時間、5分間の急速充電で最長1時間使用可能です。
片耳モードで片方のイヤホンのみでも使用可能
片耳モードでどちらか一方のイヤホンを単独で使用できます。使っていない方のイヤホンを充電しておくことができるので、バッテリー持続時間が長くなります。
音声アシスタントへ簡単アクセス
Amazon Alexa、Google Assistantに対応。イヤホンをタップするだけで、ランニングするときの天気を確認したり、電話をかけたり、カフェのオープン時間を確認することができます。
コンパクトでもすぐれた耐久性。軽量でも極めてタフ
屋外での使用にも適した、IP57準拠の防塵防水性能。汗にも強く、Jabra sound+アプリでイヤホンを登録することにより、2年間の保証付きです。

↓全て表示↑少なく表示

 

 
Users Voice
以前ATH-SPORT7TWを使用していたのですが経年劣化で左右のペアリングをしなくなったため購入しました。ATHは頑丈でとても良かったのですが物理ボタンがなく少し触っただけでセンサーが反応してしまうのが気になっていましたが、こちらは物理ボタンがあるため誤動作はありません。その点に関しては非常に良いと思います。 また左右どちらかだけ使用することも可能なため、片方は充電したまま片方を使用するという使い方ができるのもとても使い勝手が良いです。 フィット感に関してはATHに比べると若干外れやすいのかなと思っておりますが付属品で調整できるので今のところは問題ありませんがこれで完全に耳にはハマる形であれば完璧だったと思います。 音質に関しては特にこだわりはないのですが、高音も低音も綺麗に聞こえると思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
よいです。ジョギングメインで使っています。外音取込は不自然さがなく気に入っています。ただし、ケースがとにかく開けにくい。特に手が乾燥しているとほとんど無理です。ANCはあまり使わないのですが、SonyやBoseと比較するとさみしいですね。マルチペアリングはアップデートで対応したみたいですが、使っていないので何とも言えません。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
1000XM3を使っていましたが、水没させてしまい、ならば!と、防水性能が高い商品を探して、IP57のこの商品を購入しました。 外音取り込みが非常に自然で、一瞬壊れた‼︎と思うほどでした。 装着感も良く、落としそうというような不安感は有りません。 音質などは好みもあると思いますが、私には満足できるものでした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

Echo Buds (エコーバッズ) 第2世代 完全ワイヤレスイヤホン with

Echo Buds (エコーバッズ) 第2世代 完全ワイヤレスイヤホン with Alexa
Amazon
発売日 2022/02/24
総合評価
(3.8)

\7,000円(54%)OFF セール中/
(2024/04/19 09:31時点)
  • 【ダイナミックなオーディオとアクティブノイズキャンセリング (ANC)】プレミアムなスピーカードライバーが、明瞭でバランスの取れたサウンドをお届け。密閉型のインイヤーデザインとANCが環境ノイズを削減。
  • 【コンパクトで快適】小さくて、軽くて、耐汗仕様 (IPX4等級)。4サイズのイヤーチップと2種類のウイングチップであなたの耳にジャストフィット。
  • 【ハンズフリーエンターテイメント】Alexaに話しかけるだけで、音楽のストリーミング、ポッドキャストの再生、オーディオブックの読み上げなどが可能。
  • 【長時間稼働】1回の充電で最大5時間、充電ケースを使えば最大15時間の音楽再生が可能。わずか15分の充電で最大2時間音楽を再生。
  • 【スマホを取り出さずに】Alexaに話しかけるだけで、電話をかけたり、リマインダーをセットしたり、買い物リストに項目を追加したり、帰宅前にエアコンのスイッチを入れたりも可能。
  • 【カスタマイズ】Alexaアプリでタップ操作やイコライザーの設定を簡単に変更できます。外音取り込みのレベルや省電力の設定も。
  • 【他のボイスアシスタントも】iOSおよびAndroidとの互換性。SiriやGoogleアシスタントの起動もサポート。
  • 【プライバシーに配慮したデザイン】Amazonはお客様の大切な個人情報を営利目的で他者に販売することはありません。Alexaアプリにマイクのミュートボタンを搭載するなど、Echo Budsは何重ものプライバシー保護対策を用いて設計されています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品詳細
ノイズキャンセリング機能:有|ワイヤレス機能:有|防滴・防水機能:有|ヘッドホン構造:密閉型(クローズド)|マイク:有

 

 
Users Voice
今まで購入したイアホンのなかで、一番使いやすく会話も相手が聞き取りやすいやうです。 バージョンアップした、エコーバッズが発売されたら、購入したいので、連絡してください。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
この価格でノイズキャンセルがついて非常にコスパが良いです。このクオリティでこの価格は魅力です。お勧めします。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
アンビエントモードやノイズキャンセルがついてこの価格はコスパ最高。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
   

Alexa対応イヤホン 新型・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「Alexa対応イヤホン」新型・高評価のおすすめの5製品一覧と各製品の詳細です。

(2024/04/19 09:31 更新)
Rank製品価格
1
通常
26,000円
26,000円
8,800円
30,000円
2
通常
21,580円
21,580円
(+216pt)
10,880円
3
Jabra Elite 7 Pro Black 100-99172000-40
GNオーディオジャパン
発売日 2021/10/14
総合評価
(4.3)
通常
27,280円
20,960円
15,980円
25,700円
4
Jabra Elite 5 Gold Beige 100-99181001-40
GNオーディオジャパン
発売日 2022/09/02
総合評価
(4.3)
通常
21,450円
19,500円
(+839pt)
21,450円
5
通常
23,980円
14,980円
(+150pt)
11,460円
17,490円
 

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワ...

  • その他の進化点 ・IPX4搭載の防滴性能。雨や汗を気にせず音楽楽しめる。 ・統合プロセッサ―V1により接続安定性向上 ・バッテリー性能向上。本体バッテリー8時間・ケース充電12時間、合計24時間。スマフォからのおすそわけ充電も対応。
  • 通話性能大幅強化。4つのマイクとセンサーで高度な音声信号処理を実施。
  • 耳への装着性向上。エルゴノミック・サーフェース・デザインで従来より接触面を増やし装着安定性を実現。
  • 大幅なノイズキャンセル性能向上。業界最高クラスノイキャンを実現。WF-1000XM3比大幅向上。風のノイズも大幅に軽減。統合プロセッサV1と進化した6mmドライバー、新しいイヤーピースでノイズキャンセリング性能向上
  • LDAC対応。360RA対応。圧倒的高音質を実現。
  • 充電時間:約1.5時間
  • 自社が保有する、各国の耳形状のデータを活用し、耳の凹凸に干渉しにくい形状設計を実現。耳の形に寄り添い、イヤホン本体を耳の中の接触面で支える保持方法を実現しました。さらに、ノイズアイソレーションイヤーピースが多方面に保持力を持たせることで、より高い装着安定性と快適なつけ心地を実現しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品特徴
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能(※)
低音域から高音域に至るまで、広い帯域で耳に届くノイズを減らし、WF-1000XM3よりも更なる静寂をお届けします。飛行機やバスなどの騒音環境下、また街中やカフェなどの人の声が多い環境でも、より静寂を感じられるようになりました。
※完全ワイヤレス型ノイズキャンセリングヘッドホン市場において。2021年4月26日時点。ソニー調べ、電子情報技術産業協会(JEITA)基準に則る。
ソニーの完全ワイヤレスで初めてのハイレゾワイヤレス
LDAC対応でワイヤレスでもハイレゾ級高音質。また、DSEE Extreme搭載により、AndroidでもiPhoneでもCD、MP3、ストリーミングなどのさまざまな圧縮音源も、ハイレゾ級の高音質で楽しめます。
外出時も安心なロングバッテリーライフ
ノイズキャンセリングON時、本体のみで8時間、付属のケースで2回分充電して合計24時間使用できます。さらに、ノイズキャンセリングOFF時は本体のみで12時間、付属のケースで2回分充電して合計36時間使用できます。また、突然の外出時も安心なクイック充電にも対応。
ノイズをより的確にとらえる「デュアルノイズセンサーテクノロジー」
2つのセンサー(マイク)で集音した騒音と、プレイヤーの音楽信号をすべてデジタル化。DNC(デジタルノイズキャンセリング)ソフトウェアエンジンでは、フィードフォワード・フィードバックの2つの方式を統合し、騒音を打ち消す効果のある逆位相の音を高精度に生成。ノイズを気にせず、こだわりの高音質に存分に浸ることができます。
どんな環境でも快適な通話が可能
マイクとセンサーを最適に制御し、高度な音声処理を行うボイスピックアップテクノロジーを搭載。ビームフォーミング技術と骨伝導センサーにより、口から発された声と頭蓋骨の振動で伝わる声の両方を捉え、あなたの声をどんな騒音下でも正確かつクリアに収音します。
高い装着安定性と快適なつけ心地
自社が保有する、各国の耳形状のデータを活用し、耳腔空間に干渉しにくい形状設計を実現。耳の形に寄り添い、イヤホン本体を耳の中の接触面で支える保持方法を実現しました。さらに、ノイズアイソレーションイヤーピースが多方面に保持力を持たせることで、より高い装着安定性と快適なつけ心地を実現しています。
自社で特別に開発した統合プロセッサーV1
統合プロセッサーV1は、BluetoothSoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合したものです。チップの処理能力が向上し、WF-1000XM3よりもさらにノイズに対して低遅延での処理が可能になり特に高音域でのノイズキャンセリング性能が向上しました。また、Bluetooth SoCと高音質ノイズキャンセリングプロセッサーを1つのチップに統合することで、小型化も実現しました。
高音域の遮音性を向上させる独自開発のノイズアイソレーションイヤーピース
新しく独自開発したノイズアイソレーションイヤーピースを採用することで、遮音性能が向上しました。独自開発のポリウレタンフォーム素材を使用することで、主に高音域のノイズを減衰させます。
新開発のドライバーユニットにより低音域のノイズキャンセリング性能が向上
WF-1000XM3から磁石体積を拡大し、かつ、振動版の可動性を高めたハイコンプライアンスな振動板を採用した専用設計6mmドライバーユニットにより、低音域の再生能力が向上。高精度なキャンセル信号を低音域まで生成することで、低音域のノイズキャンセリング効果を高めました。

↓全て表示↑少なく表示

 

 
Users Voice
アクティブノイズキャンセルの性能、音質の良さが評価されている機種です。 個人的な感想としては優秀ではありますが最上ということはないかなと思います。 音は往年のソニーサウンドを彷彿とさせる膨らみのある低域が目立つもので厚みはあります。どことなく抜けが不足気味の音で冴える感じがあまりありません。好き嫌いはある気がします。 ノイズキャンセルはイヤホンとしては優秀で電車の走行音などはかなり低減しますが、車内放送などはあまり消えません。 外音取り込みの音質はとても優秀です。 なんだかんだ言いつつ完成度が高く不満が少ない完全ワイヤレスイヤホンです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
ケースと本体はサラサラの仕上げで高級感があり、満足できます。また、ケースが小さいので、ポケットに入れやすいと思います。ケースを簡単に取り出せると、いちいちケースにしまうことができるので、失くしにくいかなと思います。 音質ですが、とても良いと思います。大きい音で鳴らしても割れず、また、音を識別できます。ただ、多分ですが、原音通りでは無いとは思います。リスニング用だと考えれば、最強だと思います。 ただ、本体が大きく、また、出っぱり等もないので、耳に合わなければ絶対に合わないです。僕は合わなかったので売却しました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
完全ワイヤレスイヤホンを使ってみたい衝動は2年ほど前からあり、折角新型が出るかもしれないという段階だったので、待ってましたと言わんばかりに即予約して、現在も普段から使っています。 ノイズキャンセリングのお陰で、隣で工事してても集中出来る環境になりました。以前の環境には戻れそうに無いです。 初めての完全ワイヤレスイヤホンなので、他のものと比較できないのですが、私はこの商品が大変気に入りました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

Jabra 完全ワイヤレスイヤホン アクティブノイズキャンセリング Elite 85t

  • Amazon.co.jpなど、日本正規代理店でご購入いただいた製品は、メーカー窓口でのサポートが可能です。安心してご購入いただくために、販売元が日本正規代理店であることをご確認ください。
  • 自由に調整可能なJabraアドバンストアクティブノイズキャンセリングTM搭載
  • Alexa,Siri, Google Assistant対応
  • マイク:6 x MEMS技術による騒がしい、風の強い環境でも優れた高品質な通話体験
  • バッテリーライフ:(ANC使用時)最長 5.5時間 (携帯充電ケースにより更に19.5時間分、合計25時間)フル充電にかかる時間は約2時間30分. 15分の急速充電で60分充電
  • 通話の機能:応答・拒絶・ミュート・リダイヤル・音量調整機能あり。
 
 
 
Users Voice
音質は最高です。周りの音も気にしないで音楽が聴けます。値段相応の品質かと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
  

Jabra Elite 7 Pro Black 100-99172000-40

Jabra Elite 7 Pro Black 100-99172000-40
GNオーディオジャパン
発売日 2021/10/14
総合評価
(4.3)

\6,320円(23%)OFF セール中/
(2024/04/19 09:31時点)
  • 技適マーク認証済み製品
  • 周波数帯:2402MHz ~2480MHz
  • マルチポイント(2台同時接続)対応 (専用アプリでの無料ファームウェアアップデートにて)。 片方のイヤホンだけで使用できる片耳モード搭載。
  • JabraマルチセンサーボイスTM搭載。Jabra独自のアルゴリズムで周囲のノイズを検出し、骨伝導センサーと4つの高機能マイクにより、通話音声をクリアに伝達します。 どんな場所で通話しても、非常に明瞭な通話品質です。
  • スピーカーを再構築しました。 6㎜のカスタマースピーカーを緻密に配置し、豊かで迫力のあるサウンドを実現します。 自分の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整するMySound、さらに、アプリのイコライザーで自分の好みに音質調整もできるので、好きな音楽を好みの音質で楽しむこともできます。
  • 調節可能なアクティブノイズキャンセリングとヒアスルー機能。それぞれ5段階のレベル調整が可能です。 アプリで事前に設定しておくことにより、イヤホンをワンタッチするだけでモードを切り替えることができます。
  • 従来品よりもさらにコンパクトに。 また、62,000件の耳の形状データから、イヤホンの形状を再設計し、イヤージェルもより装着感が増すようにデザインされています。長時間ご使用いただいても、快適なフィット感が得られます。
  • ワイヤレス充電対応、片耳モード、ANC使用時で最長30時間のロングバッテリー、IP57 準拠の防塵防水性能など、さらに使いやすくなる多彩な機能も充実しています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
 
  

Jabra Elite 5 Gold Beige 100-99181001-40

Jabra Elite 5 Gold Beige 100-99181001-40
GNオーディオジャパン
発売日 2022/09/02
総合評価
(4.3)

\1,950円(9%)OFF セール中/
(2024/04/19 09:31時点)
  • ハイブリッド アクティブノイズキャンセリング(ANC)が周囲の雑音を効果的に低減し、風切り音を除去する専用マイクを搭載した6マイクテクロジーが通話中の音声をクリアにします。
  • 洗練された6㎜スピーカーによる、鳥肌が立つようなサウンド。
  • 2台のデバイスに同時接続可能な、Bluetoohマルチポイント接続対応。
  • Alexa、Googleなどの音声アシスタントをハンズフリーでコントロール。
  • イヤホン本体のみで最長7時間、充電ケースと併用で最長28時間使用可能。10分の急速充電で1時間使用可能。
 
 
 
 
  

Jabra Elite 7 Active 完全ワイヤレスイヤホン ブラック [国内正規品]

  • 技適マーク認証済み製品
  • 周波数帯:2402MHz ~2480MHz
  • マルチポイント(2台同時接続)対応 (専用アプリでの無料ファームウェアアップデートにて)。 片方のイヤホンだけで使用できる片耳モード搭載。
  • JabraシェークグリップTM搭載。62,000件の耳の形状データに基づくイヤホンデザイン、リキッドシリコンラバーコーティングでさらにフィット感をアップし、ウィングフリーデザインなので装着も簡単です。
  • スピーカーを再構築しました。 6㎜のカスタマースピーカーを緻密に配置し、豊かで迫力のあるサウンドを実現します。 自分の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整するMySound、さらに、アプリのイコライザーで自分の好みに音質調整もできるので、好きな音楽を好みの音質で楽しむこともできます。
  • 調節可能なアクティブノイズキャンセリングとヒアスルー機能。それぞれ5段階のレベル調整が可能です。 アプリで事前に設定しておくことにより、イヤホンをワンタッチするだけでモードを切り替えることができます。
  • 従来品よりもさらにコンパクに。汗をかいても滑りづらく、ワークアウトやジョギング中の使用でも、しっかりとホールド。
  • ワイヤレス充電対応、片耳モード、ANC使用時で最長30時間のロングバッテリー、IP57 準拠の防塵防水性能など、さらに使いやすくなる多彩な機能も充実しています。
  • 原産国:中国

↓全て表示↑少なく表示
 
 
製品特徴
ワークアウト中もしっかりフィット
シェークグリップは、しっかりホールドしながら、しなやかでソフトなフィット感をもたらす画期的なテクノロジーです。特殊なリキッドシリコンラバーでコーティングすることにより、ウイングがなくても耳にしっかり固定されます。このシェークグリップテクノロジーにより、歩いても走ってもジャンプしても、しっかりフィットし続けます。
音楽、そしてワークアウトにも集中
ボタンをタッチするだけで、パワフルで調整可能なアクティブノイズキャンセリング(ANC)が周囲の雑音を瞬時に遮ります。JabraSound+アプリでノイズキャンセリングのレベルを5段階から選ぶだけ。何が起きてもワークアウトへの集中を邪魔されません。
ヒアスルー機能で現実世界に
周囲の状況を確認したい時、ワンタッチでヒアスルーに切り替えると、内蔵マイクが周囲の音を拾います。周囲の状況が変われば、把握したいレベルも変わります。Jabra Sound+でヒアスルーのレベルを5段階から選択できます。
パーソナライズされたサウンドの原動力
豊かでパワフルなサウンドを実現するため、Elite 7 Activeに搭載されている6mmのカスタムスピーカーを再設計しました。JabraSound+アプリの画期的なMySound機能により、各個人の聴覚プロファイルに合わせて音質を自動調整し、さらに、直感的に使用できるイコライザーで音質をカスタマイズすることもできます。
すばらしいサウンドと快適な装着感を両立
これまでにない快適さを追求し、高度なテクノロジーをコンパクトな筐体に収めることに成功しています。片耳でわずか5.5gと軽量で、Elite Active 75t(従来の最小モデルイヤホン)よりもさらに16%コンパクトに。イヤージェルは、耳の形状に合うよう改良され、先端が丸形状の先細型に成形されています。
どこでランニングしていても、クリアな通話
クリアな通話を実現する機能も備えています。4つのマイクを緻密に配置し、風切り音を防ぐためにSAATI AcoustexRメッシュによりカバーされています。ワークアウト中でもリモートワーク中でも、卓越したクリアな通話を実現します。
長時間の外出でも安心のロングバッテリ−
最長8時間使用できるよう、バッテリーを再設計しました。充電ケースと併用で最長30時間、5分間の急速充電で最長1時間使用可能です。
片耳モードで片方のイヤホンのみでも使用可能
片耳モードでどちらか一方のイヤホンを単独で使用できます。使っていない方のイヤホンを充電しておくことができるので、バッテリー持続時間が長くなります。
音声アシスタントへ簡単アクセス
Amazon Alexa、Google Assistantに対応。イヤホンをタップするだけで、ランニングするときの天気を確認したり、電話をかけたり、カフェのオープン時間を確認することができます。
コンパクトでもすぐれた耐久性。軽量でも極めてタフ
屋外での使用にも適した、IP57準拠の防塵防水性能。汗にも強く、Jabra sound+アプリでイヤホンを登録することにより、2年間の保証付きです。

↓全て表示↑少なく表示

 

 
Users Voice
以前ATH-SPORT7TWを使用していたのですが経年劣化で左右のペアリングをしなくなったため購入しました。ATHは頑丈でとても良かったのですが物理ボタンがなく少し触っただけでセンサーが反応してしまうのが気になっていましたが、こちらは物理ボタンがあるため誤動作はありません。その点に関しては非常に良いと思います。 また左右どちらかだけ使用することも可能なため、片方は充電したまま片方を使用するという使い方ができるのもとても使い勝手が良いです。 フィット感に関してはATHに比べると若干外れやすいのかなと思っておりますが付属品で調整できるので今のところは問題ありませんがこれで完全に耳にはハマる形であれば完璧だったと思います。 音質に関しては特にこだわりはないのですが、高音も低音も綺麗に聞こえると思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
よいです。ジョギングメインで使っています。外音取込は不自然さがなく気に入っています。ただし、ケースがとにかく開けにくい。特に手が乾燥しているとほとんど無理です。ANCはあまり使わないのですが、SonyやBoseと比較するとさみしいですね。マルチペアリングはアップデートで対応したみたいですが、使っていないので何とも言えません。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
1000XM3を使っていましたが、水没させてしまい、ならば!と、防水性能が高い商品を探して、IP57のこの商品を購入しました。 外音取り込みが非常に自然で、一瞬壊れた‼︎と思うほどでした。 装着感も良く、落としそうというような不安感は有りません。 音質などは好みもあると思いますが、私には満足できるものでした。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示

 

 
   

Alexa対応イヤホン 最新の低価格(安い)製品一覧ランキング一覧

以下が「Alexa対応イヤホン」最新の低価格(安い)製品一覧ランキング一覧表です。

(2024/04/19 09:31 更新)
 

Alexa対応イヤホン 2022年最新製品一覧

以下が「Alexa対応イヤホン」2022年最新製品一覧です。

(2024/04/19 09:31 更新)
製品総合評価
(4.3)
(3.9)
(4)
(4)
Jabra Elite 5 Gold Beige 100-99181001-40
GNオーディオジャパン
発売日 2022/09/02
Amazon 19,500円
楽天  21,450円
(4.3)
(3)
(3.8)
(4.3)
(4.2)
(4.3)
(4.3)
Jabra Elite 7 Pro Titanium Black, 1WLC-Pad 100-99172011-40
GNオーディオジャパン
発売日 2021/10/14
Amazon 売り切れ
Yahoo 34,364円
(3.8)
Jabra Elite 7 Pro Black 100-99172000-40
GNオーディオジャパン
発売日 2021/10/14
Amazon 20,960円
楽天  15,980円
Yahoo 25,700円
(4.3)
(4.4)
(3.6)
(4.4)
(3.6)
(4.2)
(3)
(4.1)
 

関連:Alexa対応の家電・スマートウォッチ

以下では、Alexaからの音声操作に対応した家電・スマートウォッチをまとめています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました