【2020最新】Bluetooth防水スピーカー「人気・おすすめの20製品」

こちらでは、アウトドアやお風呂でも使える「Bluetooth防水対応のスピーカー」を人気・評価とともに一覧で紹介していきまっす。

Contents

   

Bluetooth防水スピーカー 人気ランキング

以下が最新のBluetooth対応防水スピーカーの人気ランキングです。

(2020/11/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.4)
総評価数 11654件
2
(4.3)
総評価数 3094件
3
(4.1)
総評価数 31件
4
(4.2)
総評価数 39件
5
(4.5)
総評価数 985件
6
(4.3)
総評価数 1199件
7
(4.4)
総評価数 267件
8
(4.1)
総評価数 1904件
9
(4.6)
総評価数 2183件
10
(0)
総評価数 0件
11
(4.5)
総評価数 707件
12
(4.2)
総評価数 526件
13
(3.8)
総評価数 182件
14
(4.4)
総評価数 590件
15
(4)
総評価数 1338件
16
(4.7)
総評価数 148件
17
(4.5)
総評価数 257件
18
(4.5)
総評価数 3059件
19
(4.3)
総評価数 126件
20
(4.4)
総評価数 747件

Bluetooth防水スピーカー 高評価・人気のおすすめ5製品

以下が、人気・高評価のおすすめ製品の詳細一覧です。

「JBL FLIP5 Bluetoothスピーカー IPX7防水/USB Type...」

  • 取り回しやすい片手サイズ、防水(IPX7)にも対応して、いつでもどこでも使える
  • 新開発の楕円形スピーカーユニットによる、JBLらしいパワフルな音質
  • 連続約12時間以上のワイヤレス再生を実現
  • 最新ワイヤレス機能「JBL PARTY BOOST」搭載
  • カラーバリエーションは全6色
  • 環境に配慮した生分解性プラスチックの梱包を採用
  • Bluetooth:バージョン4.2(Class2)
  • 対応プロファイル: A2DP V1.3, AVRCP V1.6
  • 防水機能:防水

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 低音を効かせて聴きたい人にはピッタリですね
重さもそこまで感じません
直観的に操作出来るように設計されてるので説明書不要
特に文句の付け所もないですしコスパ最強スピーカーかなって印象
気軽に旅行やビーチにも持っていけるサイズ感、剛性、防水性含めて良いですね (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このスピーカーを買った目的は車の中、家の中で音質の良い音楽が聞ければと思い購入致しました。

良い点、あくまで素人が聞いてですが、音質はとても良いと思います。モノラルですが一瞬ステレオ?と感じさせるほど低音や高音が出ていて不満はありません。ちょっと低音よりなのかなと思います。
あと横に付いてるパッシブラジエーターの動きが個人的に好きです。ズンズンいってる時の動きが面白いです。
電池の持ちは良いと思います。不満はありません
BluetoothもGALAXYで繋げてますが途切れたりはないです。
形が丸いので横に置いたとき転がるのかと思いきや若干平らになっている面があり転がり続けません。 以上です

悪い点、やっぱりモノラルです、ずっと聞いてると音の広がりが感じられなくなってきて不満が出てきます。疲れるというか薄っぺらい?そんなイメージです、これは仕方がないことですが…
音が小さめだとあまり良い音に聞こえないかもしれないです。ちょっと音を大きめにした方が良い音かなと素人は思いました。 以上です。

先日、個人的に気に入ったのでステレオにしようと思いもう1台衝動買いしました。
音の広がり立体感がありとても良いです。横に2つ置いてなんちゃってDOLBYサウンドにしたり、ホントに1万円以下とは思えないほど良い音を奏でてくれるスピーカーです。

ただひとつステレオ設定にするのにアプリを使うのですが全く使えないです。これでよくステレオに出来ます!と言えるなと思うほど詐欺みたいなアプリです。早く修正してほしいものです。毎回設定するのに出来なさすぎて時間がかかります。

プライム会員セールでお得に買えるのでとってもお薦めスピーカーです!購入する際は実際に店舗などで試聴をお薦め致します! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「EarFun UBOOM Bluetooth 5.0 ワイヤレススピーカー 360°サウンド」

  • 【360°全方位サウンド&先端のDSP技術】:高性能スピーカーユニットを2基搭載し、360度サウンドで臨場感あふれるステレオサウンドを実現します。先端のDSP(デジタルオーディオ信号処理)技術により、音楽再生中のノイズを低減し、クリアでパワフルな高音質サウンドを実現します。【偽物にご注意ください】:最近、弊社の販売代理の許可を得ずに、勝手に本商品を相乗りする出品者があります。このような不正な相乗り商品にご注意下さい。これらの商品は弊社の18ヶ月保証に対応できませんので、ご注文いただく前に、くれぐれもご注意くださいませ。
  • 【重低音強化&大音量】:低音増強振動板ユニット「パッシブラジエーター」を2つ採用しており、パワフルでキレのある低音を再生できます。コンパクトなサイズながら、24Wの大出力でさらに迫力あるサウンドが楽しめます。高感度なコンデンサー型マイクが内蔵されており、ハンズフリー通話はもちろん、SiriやGoogle Nowなどの音声アシスト機能にも対応できます。
  • 【2種類のサウンド効果】:低音を強調する「インドアモード」と大音量サウンド「アウトドアモード」があります。「インドアモード」は室内や車内で胸に響く迫力の重低音を体感できます。 「アウトドアモード」は広い空間により明瞭な音を届けます。サイクリング、ピクニック、ビーチなどの屋外レジャーや野外活動に最適です。使用場所によって、2つのサウンドモードを切り替えることができます。【18ヶ月安心保証】:ご購入日より18ヶ月の安心保証が付いております。万が一製品に不具合があった場合や、正常な使用中での故障の場合、ぜひ当店までご連絡ください。保証期間内において新品交換/返品/返金など対応いたします。
  • 【IPX7防水&上質ファブリック素材】:防水筐体設計と上質ファブリック素材により、IPX7防水性能を実現し、雨に濡れたり、飲み物をこぼしたり、さらに完全に水没させたりしても問題ありません。軽量かつコンパクトサイズで持ち運びに便利です。海、アウトドアやプールパーティーなどに最適です。キャンプやアウトドアの後に、砂、土や埃などついても水で洗えばすぐ綺麗になります。優れた音質・耐久性を持つ高性能スピーカーです。
  • 【Bluetooth 5.0&16時間連続再生】:最新のBluetooth 5.0チップを採用しており、通信範囲が4倍に向上し、最大30mの通信距離を実現し、より高速かつ安定したBluetooth通信を提供します。大容量バッテリーを内蔵していて、1回のフル充電で最大16時間連続再生が可能です。一日中音楽の世界に浸ることができます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず2本持ちを前提にレビューします。
これまでJBL Frip4 , Frip5 , WONDERBOOM などを買いました。
確かにそれぞれの特徴もあり楽しめましたが、このEarFun UBOOMに関しては別次元の音質としか言いようがありません。JBLは特にFrip4は全体のバランスが素晴らしいですし、WONDERBOOMも360度の臨場感もありました。
しかしJBLは結構聴き疲れすること多々ありました。ボタン類も天頂部と背面に配置されており操作感は最悪!
しかも電源を入れて音を出す前にまずコネクトアプリを開いてステレオモードにする必要もありイライラ爆発寸前ってとこでしょうか。
WONDERBOOMは音量が大きいだけで重低音は貧弱に思えました。
このEarFun UBOOMはすべてにおいて気が利いてます。
WONDERBOOMと同じく360度方向からの臨場感たっぷりです。
ボタン類は天頂部にすべてあり面倒なアプリも必要なしです。
一度2台をペアリングしておけば次からは2台の電源ボタンを入れるだけで自動的にステレオになります。
音質は前出2機種よりはるかにバランスがいいですね。
耳は結構肥えてる方だと思います。
どこのメーカーも重低音を強調してますが、実際に聴いてみて一番これが重低音効いてます。
低域の音圧・音離れとも次元が違いすぎます。
かと言って中音域・高音域がスポイルされてる訳でもなくバランスが素晴らしいです。
全く聴き疲れしません。着けっ放しで余裕で昼寝が出来ます。
設置はテレビとソファの間のセンターテーブルの両端にいつも置いています。
システムオーディオも持っていてスマホをAirPlayでも繋げられるんですがさすがにスマホから出力すると
ちょっと厳しいです。
朝の忙しい時とかにスマホから気軽に音楽を流すのであればこのようなBluetoothスピーカーは必需品ですよね。
先程の音質の素晴らしさ、手間いらずの便利さを考えても一本5千円そこそこで買えるのは素晴らしいコストパフォーマンスでしょうね。JBL1本買うならこちら2本買った方が間違いなく賢いですよ。
2本と言いましたが、これは2本で鳴らすと音が化けます。いい意味で!
もし余裕があるのでしたら2本持ちがいいと思います。と言うか2本を味わうともう1本には戻れなくなります。
私はレビューで満点を付けたことはありません。
しかし、このスピーカーは減点するところがほとんどありませんでした。星5つです。
私は決してサクラではありませんので悪しからず。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
家で気軽に使用したく、またある程度の音質も欲しいと思いレビューを参考に購入しました。
サイズは500mlのペットボトルより少し太いくらい、車のドリンクホルダーには入りません。
立てて置けるので場所を取りませんし、安定性はありませんが横に置くことも可能で、後ろ側の黄色いストラップのおかげでコロコロ転がっていくこともなさそうです。
重さも中身入りのペットボトルと同じくらい、ただかばんにヒョイと入れて気軽に持ち歩くにはキツイかな。
音質は中音が聞きやすいカマボコ型で解像度も高く、耳が痛くなるようなドンシャリではありません、聞きやすく音にツヤがあります。
2モードあり、室内モードだと低音が強調され、このサイズにしては結構響きますがタイトな低音で上品な音ですから長時間のリスニングでも疲れにくいと思います。
屋外モードにすると山のロゴマークが光り、低音が押さえられ中音がグッと引き立ちますのでボーカルや映画のセリフなどがハッキリ聞こえるようになります。
音量もかなり大きく取れて迫力があり、最大にしても音割れも無く余裕があって、これならパーティーやダンスの練習にも使えると思います。
マイク内蔵なので通話も試しましたがノイズも無く室内では快適でした、ただクルマなどの騒音下での使用は音声が小さく聞こえてキツイかもしれません。
操作性は良好、真ん中の電源ボタンをポンと押して、左上のブルートゥースボタンを押せばスタンバイモードになり、あとは端末側で機器を選択すれば簡単にペアリング完了です。
一昔のブルートゥースとは違い接続が安定していて、途中で途切れたり接続出来ないといったことはありませんでした。
ノートPCとの接続で動画鑑賞をしましたが、遅延もほとんど感じず、これがブルートゥース5.0の恩恵でしょうか、良い感じです。
丸一日使いましたが電池が切れる様子もなくスタミナもあるようで、付属のUSB-TYPE-C充電ケーブルで充電も苦ではありません。
デザイン的に無駄な要素がなく黒で統一された中に黄色のワンポイントがモダンで柔らかなシルエットの造形が美しいです。
ボタンのロゴが黒色で本体に埋もれてしまい見づらいかなとも思います、ですがロゴのグラフィックは洗練されていて優れていると思います。
値段が高いかなとも思いましたが音質や機能性、デザインが期待以上に良く、満足できるものでした。
ステレオ用にもう一台欲しくなりましたのでリピートするかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「JBL CHARGE4 Bluetoothスピーカー IPX7防水/USB Ty...」

  • ■7,500mAh大容量バッテリー搭載、スマホやタブレットの充電が可能なポータブルスピーカー
  • ■アクティブシーンに映える豊富なカラーバリエーション
  • ■大口径ドライバーを採用した、JBLらしいパワフルな音質
  • ■アウトドアに最適な、防水(IPX7)対応
  • ■USB Type-C充電端子を搭載
  • ■充実のワイヤレス機能「JBL コネクトプラス」により、さまざまなシーンで活躍

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Ankerの5000円クラスのBluetoothスピーカーSound Core(初代)を使っていましたが、音質に不満が出てきたため買い換えました。
これまでにBluetoothスピーカーはBOSE Soundlink miniなども使ったことがありますが、総評としてはBOSEのBluetoothスピーカーの競合で、5000円クラスのBluetoothスピーカーとは競合しない(Charge4のほうが明らかに上。サイズも大きいですが)という印象です。
いろいろと買い物はしますが久しぶりに「あ、いいもん買ったな」と思えました。
バッテリーは公称20時間でヘビーユースでなければ不満を感じる場面はなさそうです。部屋で大きくない音量で一日に1、2時間使うくらいなら週に1回充電しないでも全く間に合うくらいのペースでしょうか。

夜間の枕元の小音量でも違和感なく鳴りますし、12帖くらいのスペースをうるさいくらいに満たす音量も筐体から想像するより良い質で鳴ります。立てても使えます。これが案外と重宝します。
モノラルのようですが言われなければ(言われても)気づかないです。このサイズだとステレオもへったくれもない気はしますが、ステレオであることが絶対条件という人は選択肢から外さないといけないですね。
Bluetooth接続は素早く安定しています。iPhoneのBluetoothがONの状態であればCharge4の電源を入れるとすぐに接続されます。接続されたら効果音もします。接続率はほぼ100%で「電源入れたのに接続されない」という状況は今のところゼロです(これ大事ですね!)。【追記:電源入れたのに接続されないことが何度かありました。電源を切って入れなおせば接続されますがゼロではないですね】また再生中などに切断されたり音が途切れることもありません。音量や再生一時停止、次の曲くらいの操作はCharge4からできます。
音質についてはピュアオーディオとはいきませんが、お手軽Bluetoothスピーカーとは一線を画しています。自然な低音(ブーミーさがないのがうれしいですね。Sound Coreは質を伴わない悪い意味での低音が出ていました)と若干こもりを感じる中高音です(このあたりは値段なりの音ですね)。
モバイルできる大きさ(小さくはないですが)ですのでスタジオに持ち出してバッキングアプリの音を鳴らしてグランドピアノを弾いてみたいと思っています。それくらいの音量は出そうです。
使ったことはないですがUSBで電力供給ができるみたいですね。出先で重宝する場面もあるかもしれません。

すぐにお気に入りになり、これまで使っていたSound Coreはさっそく退役となりました。ですが、完璧でもないのでちいさな難点を挙げておきます。
・電源ON/OFFで「チャカチャーン」というエレキギター風のノリのよい効果音がうるさいこと。
・iPhone11 Pro MaxとのBluetooth接続されたままだと無音状態で30分経ってもスリープが働かない(ずーっと電源が入ったまま)。【←という挙動をすることもありましたが現在ではだいたいスリープが働きます。訂正しておきます。動画を見ながら眠くなったらiPhoneのスリープボタンを押すだけで翌朝にはCharge4の電源が切れてます。このオートオフ時には「チャカチャーン」は鳴りません】
・両端のレゾネーター(という名前ですかね?)が音の振動でよく動きます。見ている分には楽しいのですがとても柔らかい素材で持ち運び時には気を使います。力が加わるとすぐに壊れてしまうと思います。
・私は白を買いました。両端や底のゴム質部分はほかの素材(かばん等)の色を吸着しやすいようで汚れやすいです。気になる方は黒などをお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Charge3からの主な変更点はバッテリー容量が増し、電源入力がMircoUSBからUSB-Cになり、あとドライバーが50mmX2のステレオから長方形50mmX90mmのモノラルになった事です。
この大きさのスピーカーにあまりステレオ音は期待出来ないと思い、モノラルのCharge4に決めました。
実際、音質に不満は無いのでモノラル、且つ単体使いで自分は十分満足しています。
保有するFlip3(写メ右)より格段に音に厚みと深みがあります。
Charge4(写メ左)はFlip3同様、高音がちょっと明るいですが、程よいベース音を鳴らしてバランス良いです。
見た目ほどドンドンとベースは出ませんのでベース重視ならSonyのXBシリーズの方が良いと思います。
室内で聞くには全く音量に不満はありませんが、屋外では周辺の音にちょっと低音が負けます。
とは言え、大きさ、音質、お値段等を考えると相対的に星5と思います。
あと、Charge4のConnect+は従来のConnectとは親和性無いので、例えばCharge3とCharge4はつながらないようです。。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0」

  • ベストセラーがさらにパワフルに:第1世代SoundCoreの2つの3Wドライバーから強化された2つの高性能6Wドライバーで、より迫力あるサウンドを実現しました。※本製品は、2018年度Amazonランキング大賞(ポータブルスピーカー部門)のベストセラーNo.1受賞モデルです。
  • 強化された低音出力:Ankerの独自技術BassUpテクノロジーにより、幅広い音色と深みのある低音をお楽しみいただけます。
  • 驚きの連続再生時間:内蔵の大容量リチウムイオンバッテリーと業界最先端の電力管理技術により、最大24時間(約500曲)の連続再生が可能。また、スピーカー自体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です(※iOS 6以降の機器のみ対応)。
  • どこでもお気に入りの音楽を:第1世代と変わらない持ち運びやすいデザインに加え、新たにIPX7防水対応になりました。どのような環境でもお気に入りの音楽をお楽しみいただけます。
  • パッケージ内容:【改善版】Anker SoundCore 2、 Micro USBケーブル、 取扱説明書、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート ※参考価格又は価格に表示されているセール価格との比較対照価格は、最近相当期間にわたって販売されていた価格です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
音が変化するレビューを見て若干不安を感じながら購入しました。
タイムセールで3749円でした。同じくタイムセールで他メーカーのブルートゥーススピーカーEWA A106 1399円×1個、タイムセールとクーポンを使って同A107 1329円×2個も購入しました。

EWA A106はサイズが小さいのでサイクリングの時に、同A107は二個でステレオに使え音質が大人しいので寝る前にベッドサイドで、SoundCore2は低音も出て少し音質が賑やかなので多人数でバーベキューをする時に使おうと思います。
サイズが大きいので当然ですが音はSoundCore 2が低音が出ており一番良い様に思います。しかし形状から左右のスピーカーが近いのでステレオ効果はあまりありません。EWA A106,A107はスピーカーが上を向いていますが、こちらは前を向いていますので音が前に出て多人数であっても聴き易いと思います。

この商品は上面に「電源スイッチ」、「➖」(音量ダウン)、「▷」(次曲スキップ )、「➕」(音量のダウン)、「ブルトゥース接続スイッチ」が並んでいます。パイロットランプは電源スイッチの左に白色、ブルトゥース接続スイッチの右に青色のLEDが付いていますが、小さなLEDですので「SoundCore」とは違って眩しくありません。

到着して直ぐに電源を入れましたが予め充電されていて3時間位使えました。
試しにどれ位の時間使えるかテストしましたが、満充電からフルボリュームで13時間でした。商品説明にある通り60%のボリュームで24時間使えるかは試していません。私の使い方では1日2〜3時間程度の使用ですので、充電が12時間以上持てば1週間近く使え問題ではありません。ブルトゥースの接続も問題ありません。

唯一の不満はスピーカーの付いている面を除く5面はゴムで覆われていますが、そのゴムに手の脂が付いてテカる点です。

この値段でこの音でしたらとてもお買い得と思います。他のレビューにある通り音の大きさが変化する様に成らないかが気にかかりますが、今のところ大変満足しています。

【追記】
マニュアルに商品説明に無い新機能が記載されていたのでサポートに問い合わせました。
回答では改良版の新バージョンがサイバーマンデーに誤出荷されたとの事です。ですので私のレビューは現在販売されているバージョン「A3105011」と異なるかもしれません。
サポートから特に口止めはされていませんが、ここでは新機能を敢えて明かしません。新機能はとても便利なので新バージョンの正式発売を楽しみにしています。サイバーマンデーに購入した方で、外箱に「A3105014」と書かれているか、マニュアルのP18に新機能(「完全ワイヤレス・・・」)の説明が記載されていたら、私と同じロットで新バージョンです。
尚、新バージョンはAnker公式ページからのみ販売で、現行バージョンと違う価格で発売する予定だそうです。
この様な情報を流すと現行バージョンの買い控えが懸念されますが、レビューが1300件を越えていますので、5★にしておけば他のレビューに埋もれてこのレビューはさほど読まれないだろうと思っています。

【追記2】
「SoundCore 2」の新バージョンを心待ちにしていましたが「Soundcore Motion B」( こちらのcoreのcは小文字です )という製品を見つけ、ステレオペアリングが出来るとのことで2台購入しました。結果、大正解でこちらも大変良い製品でした。詳しくはMotion Bの星1個の私のレビューをご覧下さい。
また、アンカーサポートに確認しましたが、「A3105014」の型番の新バージョンについて「レビューで仕様等を公開しても良い」との許可を頂きました。
「A3105014」は、①同じ型番に限りますが、ステレオペアリングが出来ます。②防水がIPX7等級になります。③Bluetoothの規格がV.5.0になります。
サポートによると、バッテリー駆動時間は「A3105011」と同じで50%のボリュームで24時間使用可能で、私のテスト(ボリューム60%で24時間)とほぼ同じです。ちなみにMotion Bは50%で23時間だそうです。私のテストではボリューム60%で1台は24時間、もう1台は26時間使えました。

「SoundCore 2」も「Soundcore Motion B」も大変良い製品です。「A3105014」のステレオペアリングをテストしたいので発売されるのを心待ちにしております。
アンカーさんの対応、情報を歪曲しない姿勢は大変好感が持てます。

評価は本当は星5個ですが、他のレビューに埋もれない様に、しばらくは敢えて星1個にします。

【追記3】
遂にSoundCore 2が新バージョンの「A3105014」に切り替えになりました。
2019年2月3日現在、クーポンを利用すると3999円で買えるので、「今、買おうか?」、「タイムセールを待とうか?」と悩み中です。Soundcore Motion Bを購入して、満足してしまっているので余計に悩みが大きいです。「A3105014」のモノラル使用での「パワフルさ」が「ステレオにするとどうなるのか?」が大変興味あります。

【追記4】
次回のタイムセールが待ちきれずに、SoundCore 2の「A3105014」を買ってしまいました。クーポンを使って3999円で、前回のサイバーマンデーのタイムセールより250円高く買いました。
ステレオペアリングを試しましたがSoundcore Motion Bとほぼ同じ音でした。(本当は微妙に異なりますが好みもあると思うので…。) 残念ながら、思っていたよりパワフルさが出たりはしませんでした。
SoundCore 2とSoundcore Motion Bは、IPX7防水、Bluetooth5.0、稼働時間ほぼ同等(メーカーの謳い文句は24Hと12H)とスペック上はほぼ並びました。
両機種の差ですが、
第1にステレオペアリングした時にSoundCore 2はBluetoohインジケータが共に青く光りますので「L、R」が判りにくいです。サポートに問い合わせをしましたが、ペアリングの時に点滅する方が「L」で点灯する方が「R」との事です。しかし点滅する時間は0.5秒ほどで点滅回数は1、2回なので、とても判りにくいです。Soundcore Motion Bはインジケーターが「L」が青に「R」が白に点灯します。
第2にSoundCore 2の筐体は指紋がつき易いこと。
この2点位しか無いと思います。(当然、細かな点は異なります。)

アンカー製品はクーポンが出たり、タイムセールがあったりで、価格がよく変わりますので見比べて安い方を購入して下さい。
2019年2月現在、SoundCore 2は1000円引きクーポンを使って4999円→3999円、Soundcore Motion Bが割引が無く5980円です。
どちらを買っても、きっと満足されると思います。

*皆さんに周知出来たと思いますので、本来の評価の星5個に戻します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
主に、デスクトップパソコン用として使用しています。
BluetoothスピーカーなのにAUXケーブルで接続して使用しているのは、パソコン用のスピーカーには、小型でデザインが良く音質が良さそうな製品がどうしても見つからなかったからです。
そこで、発想を変えBluetoothスピーカーを探しました。
Bluetoothスピーカーには条件に合いそうな機種がいくつか見つかりました。
その中でも、「Anker SoundCore 2」は小型でデザインが良く、音質が良さそうで、コストパフォーマンスも優れていました。
購入前に音質が良さそうと思ったのは、Anker製品を色々と使っていますが、どれも良い品物だったからです。
ところが、今回は10ヶ月ほど使ったら、低音の音割れが気になるようになりました。
保証期間内だとは思いましたが、保証書なんか保管していませんから、泣き寝入りかとあきらめかけていました。
買い換えようと思い、Amazonの注文履歴から「いつ頃買ったのかな」と調べてみました。
すると、Anker製品は「18ヶ月保証でAmazonの注文番号が保証書の代わりとなる」と書いてありました。
普通は保証書なんか保管してないから泣き寝入りですよね。
ダメ元でAnkerカスタマーサポートにメールしたところ、不具合が確認出来たら交換するので、動画を撮影して送ってほしいとのことでした。
音質がわかるように動画を撮影して送ったところ、確認できたとので、交換してもらえました。
Anker製品はアフターサービス・デザイン・コストパフォーマンス・品質がとても優れていると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Bluetooth スピーカー ワイヤレススピーカー IPX7防水 高音質重低音」

  • ♪【高音質bluetoothスピーカー】内蔵高感度マイクと先端技術を作用されて、20W(10W×2 )デュアルドライバーと二つの高性能サブウーファーの搭載ーにより、皆さんの想像より重低音が迫力あり、臨場感があります。低中高音がクリアなので ボーカルやBGMが 非常に聴き疲れしないワイヤレス スピーカーです。どこに置いても外観からは想像できない大音量とフルパワなサウンドを楽しめます。
  • ♪【IPX7防水性能】弊店の防水bluetooth スピーカーはIPX7防水と耐衝撃性能を両立した構造により、アウトドアやビーチ、プール、や強い雨の日でも気にせず使う事が出来ます。ご注意:ずっと完全に水没させたりしてなくてください。
  • ♪【スピーカー bluetooth5.0】Bluetooth5.0+EDRによる最大約30mの伝送距離可能、MicroSDカード、ラインイン再生にも対応。内蔵マイクによるハンズフリーの通話も可能。ブルートゥーススピーカーは両面挿し可能なUSB Type C ポートが搭載し、スマート充電により充電時間が3-5時間に短縮できます。一日中使ってもバッテリー切れの心配はありません。
  • ♪【36時間連続再生&TWS機能】ワイヤレススピーカーは4400mAhの大容量バッテリーを搭載し、最先端の省電力技術により、高出力ながら最大36時間の連続再生が可能です。また、バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です。その上に、スマホ スピーカーはTWS機能も対応しており、Bluetooth接続でスピーカーを2台まで同時にペアリングすることで、驚きの臨場感があるサウンドを作り出します。
  • ♪【海外で大人気】ZoeeTreeは各人気ブランドと共に、「2020年ベスト Bluetooth スピーカー」という評価ランキングに入り、高得点を獲得しました。信頼できる人気メーカーの最新型 ZoeeTree bluetooth スピーカーを是非お試しください。また安心な12ヶ月保証と24時間カスタマーサポートをご用意。若しご質問があったら、いつでもご連絡ください。追加:パッケージ内容:モバイルスピーカー、Micro USB 充電ケーブル、Auxオーディオケーブル、日本語取扱説明書。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ウォークマンのBluetoothでも使えました。脱衣所から浴室のドアを締めても全く問題なく飛びます。
ペアリングも電源を入れるだけなので超簡単です。

思っていたより小型だったので、音質は悪いかなと思っていましたが、いい意味で裏切られました。
低音のブーストができ、とても良い音質です。説明書は日本語での記載もありました。
充電口および、SDカードやミニプラグの挿入口などは大きなゴムパッキンで完全に蓋をするようになっているので、水の中に落としても大丈夫そうです(試してはいませんが)。

ただ、ウォークマンの場合、前の曲に戻ることができません。ーボタンを長押ししても、何度押しても、現在の曲の頭出ししかできません。後ろの曲へは飛ぶことはできます。
また、操作ボタンの表示が、黒いゴムにシボが打ってあるだけなので、浴室内だとほとんど見えません。
この2点だけマイナスですが、価格を考えると満足度のほうが高いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
コロナの影響で休日も殆ど家で過ごしており、子供たちが退屈しないように色々と試行錯誤しています。
今年は例年にも増してプールを出す機会が多くなり、その分見守りで拘束される時間も多くなりました。
そこで、防水スピーカーをプールの傍らに置き、自身の好きな音楽をかけ退屈凌ぎにつかったり、子供の好きな音楽をかけたりして使っています。
防水性能は必要十分で、子供がガンガン水をかけても問題ありませんでした。

決して高音質ではありませんが、価格からすれば頑張っている方だと思います。
そもそも防水スピーカーに高音質を求めるのもナンセンスなので、こんなもんだと思います。
それよりも、充電式でそこそこな時間使えるのが良いですね。先日も音量は小さめですが半日使えました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
      

Anker Bluetooth防水スピーカー 人気5製品

以下が安定のAnkerの人気5製品です。

(2020/11/26 更新)

「【改善版】Anker Soundcore 2 (12W Bluetooth5.0」

  • ベストセラーがさらにパワフルに:第1世代SoundCoreの2つの3Wドライバーから強化された2つの高性能6Wドライバーで、より迫力あるサウンドを実現しました。※本製品は、2018年度Amazonランキング大賞(ポータブルスピーカー部門)のベストセラーNo.1受賞モデルです。
  • 強化された低音出力:Ankerの独自技術BassUpテクノロジーにより、幅広い音色と深みのある低音をお楽しみいただけます。
  • 驚きの連続再生時間:内蔵の大容量リチウムイオンバッテリーと業界最先端の電力管理技術により、最大24時間(約500曲)の連続再生が可能。また、スピーカー自体のバッテリー残量はBluetoothペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です(※iOS 6以降の機器のみ対応)。
  • どこでもお気に入りの音楽を:第1世代と変わらない持ち運びやすいデザインに加え、新たにIPX7防水対応になりました。どのような環境でもお気に入りの音楽をお楽しみいただけます。
  • パッケージ内容:【改善版】Anker SoundCore 2、 Micro USBケーブル、 取扱説明書、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート ※参考価格又は価格に表示されているセール価格との比較対照価格は、最近相当期間にわたって販売されていた価格です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
音が変化するレビューを見て若干不安を感じながら購入しました。
タイムセールで3749円でした。同じくタイムセールで他メーカーのブルートゥーススピーカーEWA A106 1399円×1個、タイムセールとクーポンを使って同A107 1329円×2個も購入しました。

EWA A106はサイズが小さいのでサイクリングの時に、同A107は二個でステレオに使え音質が大人しいので寝る前にベッドサイドで、SoundCore2は低音も出て少し音質が賑やかなので多人数でバーベキューをする時に使おうと思います。
サイズが大きいので当然ですが音はSoundCore 2が低音が出ており一番良い様に思います。しかし形状から左右のスピーカーが近いのでステレオ効果はあまりありません。EWA A106,A107はスピーカーが上を向いていますが、こちらは前を向いていますので音が前に出て多人数であっても聴き易いと思います。

この商品は上面に「電源スイッチ」、「➖」(音量ダウン)、「▷」(次曲スキップ )、「➕」(音量のダウン)、「ブルトゥース接続スイッチ」が並んでいます。パイロットランプは電源スイッチの左に白色、ブルトゥース接続スイッチの右に青色のLEDが付いていますが、小さなLEDですので「SoundCore」とは違って眩しくありません。

到着して直ぐに電源を入れましたが予め充電されていて3時間位使えました。
試しにどれ位の時間使えるかテストしましたが、満充電からフルボリュームで13時間でした。商品説明にある通り60%のボリュームで24時間使えるかは試していません。私の使い方では1日2〜3時間程度の使用ですので、充電が12時間以上持てば1週間近く使え問題ではありません。ブルトゥースの接続も問題ありません。

唯一の不満はスピーカーの付いている面を除く5面はゴムで覆われていますが、そのゴムに手の脂が付いてテカる点です。

この値段でこの音でしたらとてもお買い得と思います。他のレビューにある通り音の大きさが変化する様に成らないかが気にかかりますが、今のところ大変満足しています。

【追記】
マニュアルに商品説明に無い新機能が記載されていたのでサポートに問い合わせました。
回答では改良版の新バージョンがサイバーマンデーに誤出荷されたとの事です。ですので私のレビューは現在販売されているバージョン「A3105011」と異なるかもしれません。
サポートから特に口止めはされていませんが、ここでは新機能を敢えて明かしません。新機能はとても便利なので新バージョンの正式発売を楽しみにしています。サイバーマンデーに購入した方で、外箱に「A3105014」と書かれているか、マニュアルのP18に新機能(「完全ワイヤレス・・・」)の説明が記載されていたら、私と同じロットで新バージョンです。
尚、新バージョンはAnker公式ページからのみ販売で、現行バージョンと違う価格で発売する予定だそうです。
この様な情報を流すと現行バージョンの買い控えが懸念されますが、レビューが1300件を越えていますので、5★にしておけば他のレビューに埋もれてこのレビューはさほど読まれないだろうと思っています。

【追記2】
「SoundCore 2」の新バージョンを心待ちにしていましたが「Soundcore Motion B」( こちらのcoreのcは小文字です )という製品を見つけ、ステレオペアリングが出来るとのことで2台購入しました。結果、大正解でこちらも大変良い製品でした。詳しくはMotion Bの星1個の私のレビューをご覧下さい。
また、アンカーサポートに確認しましたが、「A3105014」の型番の新バージョンについて「レビューで仕様等を公開しても良い」との許可を頂きました。
「A3105014」は、①同じ型番に限りますが、ステレオペアリングが出来ます。②防水がIPX7等級になります。③Bluetoothの規格がV.5.0になります。
サポートによると、バッテリー駆動時間は「A3105011」と同じで50%のボリュームで24時間使用可能で、私のテスト(ボリューム60%で24時間)とほぼ同じです。ちなみにMotion Bは50%で23時間だそうです。私のテストではボリューム60%で1台は24時間、もう1台は26時間使えました。

「SoundCore 2」も「Soundcore Motion B」も大変良い製品です。「A3105014」のステレオペアリングをテストしたいので発売されるのを心待ちにしております。
アンカーさんの対応、情報を歪曲しない姿勢は大変好感が持てます。

評価は本当は星5個ですが、他のレビューに埋もれない様に、しばらくは敢えて星1個にします。

【追記3】
遂にSoundCore 2が新バージョンの「A3105014」に切り替えになりました。
2019年2月3日現在、クーポンを利用すると3999円で買えるので、「今、買おうか?」、「タイムセールを待とうか?」と悩み中です。Soundcore Motion Bを購入して、満足してしまっているので余計に悩みが大きいです。「A3105014」のモノラル使用での「パワフルさ」が「ステレオにするとどうなるのか?」が大変興味あります。

【追記4】
次回のタイムセールが待ちきれずに、SoundCore 2の「A3105014」を買ってしまいました。クーポンを使って3999円で、前回のサイバーマンデーのタイムセールより250円高く買いました。
ステレオペアリングを試しましたがSoundcore Motion Bとほぼ同じ音でした。(本当は微妙に異なりますが好みもあると思うので…。) 残念ながら、思っていたよりパワフルさが出たりはしませんでした。
SoundCore 2とSoundcore Motion Bは、IPX7防水、Bluetooth5.0、稼働時間ほぼ同等(メーカーの謳い文句は24Hと12H)とスペック上はほぼ並びました。
両機種の差ですが、
第1にステレオペアリングした時にSoundCore 2はBluetoohインジケータが共に青く光りますので「L、R」が判りにくいです。サポートに問い合わせをしましたが、ペアリングの時に点滅する方が「L」で点灯する方が「R」との事です。しかし点滅する時間は0.5秒ほどで点滅回数は1、2回なので、とても判りにくいです。Soundcore Motion Bはインジケーターが「L」が青に「R」が白に点灯します。
第2にSoundCore 2の筐体は指紋がつき易いこと。
この2点位しか無いと思います。(当然、細かな点は異なります。)

アンカー製品はクーポンが出たり、タイムセールがあったりで、価格がよく変わりますので見比べて安い方を購入して下さい。
2019年2月現在、SoundCore 2は1000円引きクーポンを使って4999円→3999円、Soundcore Motion Bが割引が無く5980円です。
どちらを買っても、きっと満足されると思います。

*皆さんに周知出来たと思いますので、本来の評価の星5個に戻します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
主に、デスクトップパソコン用として使用しています。
BluetoothスピーカーなのにAUXケーブルで接続して使用しているのは、パソコン用のスピーカーには、小型でデザインが良く音質が良さそうな製品がどうしても見つからなかったからです。
そこで、発想を変えBluetoothスピーカーを探しました。
Bluetoothスピーカーには条件に合いそうな機種がいくつか見つかりました。
その中でも、「Anker SoundCore 2」は小型でデザインが良く、音質が良さそうで、コストパフォーマンスも優れていました。
購入前に音質が良さそうと思ったのは、Anker製品を色々と使っていますが、どれも良い品物だったからです。
ところが、今回は10ヶ月ほど使ったら、低音の音割れが気になるようになりました。
保証期間内だとは思いましたが、保証書なんか保管していませんから、泣き寝入りかとあきらめかけていました。
買い換えようと思い、Amazonの注文履歴から「いつ頃買ったのかな」と調べてみました。
すると、Anker製品は「18ヶ月保証でAmazonの注文番号が保証書の代わりとなる」と書いてありました。
普通は保証書なんか保管してないから泣き寝入りですよね。
ダメ元でAnkerカスタマーサポートにメールしたところ、不具合が確認出来たら交換するので、動画を撮影して送ってほしいとのことでした。
音質がわかるように動画を撮影して送ったところ、確認できたとので、交換してもらえました。
Anker製品はアフターサービス・デザイン・コストパフォーマンス・品質がとても優れていると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Anker Soundcore Icon Mini Bluetoothスピーカー」

  • レジャーのお供に:持ち運びやすいポケットサイズのため、屋内はもちろん、キャンプやビーチ、音楽フェスの休憩中等いつでもどこでもお気に入りの音楽を楽しむことができます。付属のリストストラップを付ければ、リュックやテント、ビーチチェア等に掛けてご使用になれます。
  • コンパクトながら大音量:前モデルの「Anker SoundCore Sport」と比較し、約20%のコンパクト化を実現。スマートフォンとほぼ同じ軽量&マウスほどのコンパクトサイズながら、迫力ある大音量を響かせます。
  • 完全防水&防塵仕様:水に沈めても音楽再生が可能なIP67に対応。雨やほこり、泥、雪等を気にすることなく、アウトドアやお風呂場等で気軽にご使用いただけます(水洗いも可能)。また衝撃にも強く、背面には傷がつきにくく汚れにくいラバー素材を採用しています。
  • 最大8時間の長時間再生:わずか3時間ほどの本体充電で、最大8時間の音楽再生が可能です。バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認できます(※iOS 6以上の機器のみ対応)。
  • パッケージ内容:Soundcore Icon Mini 、Micro USBケーブル、リストストラップ、クイックスタートガイド、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート ※参考価格又は価格に表示されているセール価格との比較対照価格は、最近相当期間にわたって販売されていた価格です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Sound core sportsから使ってましたが、ステレオで聴けるとのことで、本コミュニティに質問しましたが返答なく、冒険で2台買いました。
とはいえ1台3000円なので失敗してもプレゼントできるし良いやと思いました。

サイズ感はSportsよりも薄くなり、ポケットにも入り、とにかく持ちやすいのが良い。

小さくなった分、音量を心配しましたが、以前と変わらず大音量で音質も向上してると感じました。

軽キャンピングカーを自作したのですが車のステレオでは不満だったので購入しました。

求めていた機能であるステレオで2台を接続して使用しています。
iPhoneでの初期ペアリングは少し戸惑いましたが2台のペアリングボタン3秒長押しで無事ペアリング完了。
次回以降は自動でペアリングされますので問題なし。

心配していたのは、車で聴くのに、いちいち電源を2台とも入れるのが、かなり面倒なのではと言う事。

実際使ってみた感想は、そんなに面倒に感じませんでした。
理由として、電源ボタンが押しやすくなったから。
写真のように、ダイソーで買ったマジックテープをスピーカー裏に貼って、座席後ろの車の柱に固定していますが、電源ボタンが以前より押しやすくなったので、ポチっ、ポチっと手軽に2台始動出来ます。

以前は、電源ボタン他全てのボタンが埋め込まれていて、押し込む必要がありました。
今回のは押すのが気持ち良く、プチっとした凸ボタンで快適に電源を押せます。

Sportsも、icon miniも小さいので、どこにでも持ち運べて場所を選ばないのが良い。
邪道ですがマジックテープを貼ると、どこにでも固定でき便利。
Netflixを観る際も、車内でステレオで大音量で聴きましたが、迫力あって良い。
1台でも充分ですが、2台あるともっと良い。

軽キャンピングの旅がごきげんです。
Ankerの進化にはいつも驚かされます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Sound core sport からの買い替え。

Sport は2年以上使いました。
屋外や風呂など、場所を選ばず使えるのが便利でした。

Sport からiconに変えて一番最初に思ったのは、厚み。うすくなったことでなんとかポケットinできる。iconでは形状もさらに丸みを帯び、角部分に向けてテーパードしたことでよりコンパクトになった印象です。

全体の質感も向上しています。しっとりした質感です。

そして、本体のボタンが押しやすくなりました。柔らかくなったのとsport より押してる感があります。

ペアリングもはやい。

肝心の音質ですが、確実に向上しているとおもいます。

ハイ、ローの潰れは少なく無理している感じがそんなになく、とても聴きやすくなりました。こもってる感じが明らかに少なくなったというか。

もちろんこの小ささゆえ広がり感はありませんが、音質の向上は確実にしています。

同サイズのものをほとんど聴いたことがなきので、sport とiconの単純な比較のみの感想です。

悪い点は、立てた場合の安定感のなさ。
本体が丸みを帯びたので座りが悪いんです。
これ、けっこう重要だと思うので、簡易な台などおまけ程度のが付属したら嬉しいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Anker Soundcore Flare Mini Bluetooth スピーカー」

  • 360°サウンド:360°連続したドライバーを搭載しており、360°全方位に力強いサウンドをお届け。 部屋のどこにいてもお気に入りの音楽を存分に楽しむことができます。
  • IPX7規格の防水設計:IPX7規格の防水設計により、水滴を内部へ浸入させ ません。プールやお風呂場、キッチン等でもお気に入りの音楽を堪能できます。
  • ワイヤレスステレオペアリング:2台のFlare Miniを1つのBluetooth対応機器にペアリングすることで、ステレオサウンドをお楽しみ頂けます。2つのスピーカーから出力される迫力のある音楽を体感してください。
  • ライトアップ:スピーカーの底面に設置された円状のLEDライトが音楽に合わせて変化します。
  • パッケージ内容:Soundcore Flare Mini、Micro USBケーブル、取扱説明書、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート ※参考価格又は価格に表示されているセール価格との比較対照価格は、最近相当期間にわたって販売されていた価格です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 まず初めに高価格帯のポータブルワイヤレススピーカーみたいな音を求めてる人はお勧めしない。求めるのであればお金を出すべきですねw
それではこの製品の良いところを紹介します。
まず見た目はとても良いです。インテリアとして置いても違和感がないくらいです。
ひかり方も何種類かあるのでお好みで設定されてはいかがでしょうか?
音質は中音域しっかり出ているので歌詞などは聞き取りやすいです。
低音はクリアで個人的には好きです。
微妙な点

高音域が小さめのせいか少しこもって聞こえる気がします。
低音に関しては重低音が好きな人は少し物足りないかもしれないです。
最後に
デザインもよくしっかりした作りになっています。この価格帯では間違いなく最強クラスでしょう。響き過ぎる低音などもないので近所にあまり気を使わなく大丈夫だと思います。
最後に比較動画用意しました。
撮影がiPadなのでJBLとBOSEの違いは聞き取りわかりづらいかもしれないですがどうぞ参考程度に聞いてみてください。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
360°スピーカーを探していたのですが某大手は高過ぎて却下、中華メーカーは安かろう悪かろうが多過ぎて博打になってしまう。

イヤホンもそこそこの品質で出しているAnker製のこちらをチョイスしましたが、決して裏切らない出来でした!

接続も簡単で低音と高音のバランスも良く(あくまでSpotifyで流し聴きするレベルの素人意見です)、何よりこの値段でこの品質であれば満足です。

もっとお金をかければもっともっと良い物があるのでしょうが、持ち運んで音響空間など様々な制約がある中で普通に聴けるのであればコレで充分です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Anker Soundcore Mini 2(6W Bluetooth4.2 スピーカー」

  • サイズがすべてじゃない:カスタマイズされたドライバーに加え、パッシブラジエーター、Soundcore独自のBassUpテクノロジーを組み合わせ、驚くほどの透明感と深みのある低音で音楽を奏でます。
  • どこへでも持ち出そう:IPX7の防水規格により、雨天時でも水に沈めても驚異の防水力を提供します。
  • 驚きの長時間再生:Anker独自の充電技術と高品質リチウムイオンバッテリーにより、最大15時間の連続再生が可能です。
  • ワイヤレスステレオペアリング:簡単なボタン操作だけで、2台のSoundcore Mini 2を接続し、大音量のステレオサウンドがお楽しみいただけます。 簡単接続:Bluetooth4.2規格を採用し、最大20mの範囲内で、お使いの機器とBluetooth接続が可能です。
  • パッケージ内容:Soundcore Mini 2、Micro USBケーブル、取扱説明書、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート ※参考価格又は価格に表示されているセール価格との比較対照価格は、最近相当期間にわたって販売されていた価格です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
主に風呂での利用を考え購入。
結果として大満足の逸品です・・・流石Ankerブランドですね。

防水性能は文句無しの最上級、かつ音質も上位レベルなので不満点はありません。
ただ低音域が若干こもった感じになるのですが、これは防水機能のため仕方ないですね。

また、地味に重宝しているのが車内での使用です。
今まではFMトランスミッター&Bluetoothを利用して社内オーディオで聞いていたのですが、どうしてもホワイトノイズが取れず、悩みの種でした。

そこで物は試しとこのスピーカーを利用したら車内の音の反響が素晴らしく、車内全体への音の広がりも完璧で車内専用?って思うほど。
FMトランスミッター&Bluetoothから乗り換えることにしました。

また、連続使用15時間っていうのも非常にありがたいです。
往復のドライブでの利用、日帰りBBQでの利用ぐらいなら余裕でバッテリーが持ちます。

この価格帯でこれだけ利用しているのですから超優良コスパですね。
迷っているなら買いの逸品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
二台で1,000円引きだったので購入しました。
最初は一台で聴いてみたのですが、「こんなものか」という印象でした。

そして、二台ペアリングして左右(体の真横)に置いて聴いてみたところ…ボーカルが頭の中で歌っているように聴こえました!

一台持ちの方は、騙されたと思ってもう一台購入することをオススメします。

追記
他のスピーカーと比べてみて改めてわかったことですが、これはとてもクリアーな音質です。
高音もボーカルも、とてもクッキリしています。
多少低音が弱いですが、それでも十分満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Anker Soundcore Motion Q Bluetooth スピーカー」

  • 360°に広がるサウンド:2つのフルレンジドライバーとデュアルパッシブラジエーターにより、360°に広がる深みのあるサウンドをお届けします。
  • BassUpテクノロジー:Soundcore独自技術のBassUpテクノロジーにより、低周波を増幅させ、コンパクトサイズながらも力強い低音を提供します。
  • IPX7規格の防水構造:防水設計の外装で、水滴を内部へ侵入させません。海やプール、お風呂場等でも気軽にお気に入りの音楽を堪能できます。
  • ワイヤレスステレオペアリング:2つのSoundcore Motion Qをペアリングすることで、迫力のあるステレオサウンドをお楽しみいただけます。
  • パッケージ内容:Soundcore Motion Q、リストストラップ、Micro USBケーブル、取扱説明書、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

JBL Bluetooth防水スピーカー 人気5製品

こちらも防水スピーカーなどを数多く販売してきている「JBL」、その人気製品です。

(2020/11/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 2183件
2
(4.5)
総評価数 707件
3
(4.5)
総評価数 3059件
4
(4.4)
総評価数 747件
5
(4.3)
総評価数 121件

「JBL FLIP5 Bluetoothスピーカー IPX7防水/USB Type...」

  • 取り回しやすい片手サイズ、防水(IPX7)にも対応して、いつでもどこでも使える
  • 新開発の楕円形スピーカーユニットによる、JBLらしいパワフルな音質
  • 連続約12時間以上のワイヤレス再生を実現
  • 最新ワイヤレス機能「JBL PARTY BOOST」搭載
  • カラーバリエーションは全6色
  • 環境に配慮した生分解性プラスチックの梱包を採用
  • Bluetooth:バージョン4.2(Class2)
  • 対応プロファイル: A2DP V1.3, AVRCP V1.6
  • 防水機能:防水

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 低音を効かせて聴きたい人にはピッタリですね
重さもそこまで感じません
直観的に操作出来るように設計されてるので説明書不要
特に文句の付け所もないですしコスパ最強スピーカーかなって印象
気軽に旅行やビーチにも持っていけるサイズ感、剛性、防水性含めて良いですね (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このスピーカーを買った目的は車の中、家の中で音質の良い音楽が聞ければと思い購入致しました。

良い点、あくまで素人が聞いてですが、音質はとても良いと思います。モノラルですが一瞬ステレオ?と感じさせるほど低音や高音が出ていて不満はありません。ちょっと低音よりなのかなと思います。
あと横に付いてるパッシブラジエーターの動きが個人的に好きです。ズンズンいってる時の動きが面白いです。
電池の持ちは良いと思います。不満はありません
BluetoothもGALAXYで繋げてますが途切れたりはないです。
形が丸いので横に置いたとき転がるのかと思いきや若干平らになっている面があり転がり続けません。 以上です

悪い点、やっぱりモノラルです、ずっと聞いてると音の広がりが感じられなくなってきて不満が出てきます。疲れるというか薄っぺらい?そんなイメージです、これは仕方がないことですが…
音が小さめだとあまり良い音に聞こえないかもしれないです。ちょっと音を大きめにした方が良い音かなと素人は思いました。 以上です。

先日、個人的に気に入ったのでステレオにしようと思いもう1台衝動買いしました。
音の広がり立体感がありとても良いです。横に2つ置いてなんちゃってDOLBYサウンドにしたり、ホントに1万円以下とは思えないほど良い音を奏でてくれるスピーカーです。

ただひとつステレオ設定にするのにアプリを使うのですが全く使えないです。これでよくステレオに出来ます!と言えるなと思うほど詐欺みたいなアプリです。早く修正してほしいものです。毎回設定するのに出来なさすぎて時間がかかります。

プライム会員セールでお得に買えるのでとってもお薦めスピーカーです!購入する際は実際に店舗などで試聴をお薦め致します! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「JBL CHARGE4 Bluetoothスピーカー IPX7防水/USB Ty...」

  • ■7,500mAh大容量バッテリー搭載、スマホやタブレットの充電が可能なポータブルスピーカー
  • ■アクティブシーンに映える豊富なカラーバリエーション
  • ■大口径ドライバーを採用した、JBLらしいパワフルな音質
  • ■アウトドアに最適な、防水(IPX7)対応
  • ■USB Type-C充電端子を搭載
  • ■充実のワイヤレス機能「JBL コネクトプラス」により、さまざまなシーンで活躍

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Ankerの5000円クラスのBluetoothスピーカーSound Core(初代)を使っていましたが、音質に不満が出てきたため買い換えました。
これまでにBluetoothスピーカーはBOSE Soundlink miniなども使ったことがありますが、総評としてはBOSEのBluetoothスピーカーの競合で、5000円クラスのBluetoothスピーカーとは競合しない(Charge4のほうが明らかに上。サイズも大きいですが)という印象です。
いろいろと買い物はしますが久しぶりに「あ、いいもん買ったな」と思えました。
バッテリーは公称20時間でヘビーユースでなければ不満を感じる場面はなさそうです。部屋で大きくない音量で一日に1、2時間使うくらいなら週に1回充電しないでも全く間に合うくらいのペースでしょうか。

夜間の枕元の小音量でも違和感なく鳴りますし、12帖くらいのスペースをうるさいくらいに満たす音量も筐体から想像するより良い質で鳴ります。立てても使えます。これが案外と重宝します。
モノラルのようですが言われなければ(言われても)気づかないです。このサイズだとステレオもへったくれもない気はしますが、ステレオであることが絶対条件という人は選択肢から外さないといけないですね。
Bluetooth接続は素早く安定しています。iPhoneのBluetoothがONの状態であればCharge4の電源を入れるとすぐに接続されます。接続されたら効果音もします。接続率はほぼ100%で「電源入れたのに接続されない」という状況は今のところゼロです(これ大事ですね!)。【追記:電源入れたのに接続されないことが何度かありました。電源を切って入れなおせば接続されますがゼロではないですね】また再生中などに切断されたり音が途切れることもありません。音量や再生一時停止、次の曲くらいの操作はCharge4からできます。
音質についてはピュアオーディオとはいきませんが、お手軽Bluetoothスピーカーとは一線を画しています。自然な低音(ブーミーさがないのがうれしいですね。Sound Coreは質を伴わない悪い意味での低音が出ていました)と若干こもりを感じる中高音です(このあたりは値段なりの音ですね)。
モバイルできる大きさ(小さくはないですが)ですのでスタジオに持ち出してバッキングアプリの音を鳴らしてグランドピアノを弾いてみたいと思っています。それくらいの音量は出そうです。
使ったことはないですがUSBで電力供給ができるみたいですね。出先で重宝する場面もあるかもしれません。

すぐにお気に入りになり、これまで使っていたSound Coreはさっそく退役となりました。ですが、完璧でもないのでちいさな難点を挙げておきます。
・電源ON/OFFで「チャカチャーン」というエレキギター風のノリのよい効果音がうるさいこと。
・iPhone11 Pro MaxとのBluetooth接続されたままだと無音状態で30分経ってもスリープが働かない(ずーっと電源が入ったまま)。【←という挙動をすることもありましたが現在ではだいたいスリープが働きます。訂正しておきます。動画を見ながら眠くなったらiPhoneのスリープボタンを押すだけで翌朝にはCharge4の電源が切れてます。このオートオフ時には「チャカチャーン」は鳴りません】
・両端のレゾネーター(という名前ですかね?)が音の振動でよく動きます。見ている分には楽しいのですがとても柔らかい素材で持ち運び時には気を使います。力が加わるとすぐに壊れてしまうと思います。
・私は白を買いました。両端や底のゴム質部分はほかの素材(かばん等)の色を吸着しやすいようで汚れやすいです。気になる方は黒などをお勧めします。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Charge3からの主な変更点はバッテリー容量が増し、電源入力がMircoUSBからUSB-Cになり、あとドライバーが50mmX2のステレオから長方形50mmX90mmのモノラルになった事です。
この大きさのスピーカーにあまりステレオ音は期待出来ないと思い、モノラルのCharge4に決めました。
実際、音質に不満は無いのでモノラル、且つ単体使いで自分は十分満足しています。
保有するFlip3(写メ右)より格段に音に厚みと深みがあります。
Charge4(写メ左)はFlip3同様、高音がちょっと明るいですが、程よいベース音を鳴らしてバランス良いです。
見た目ほどドンドンとベースは出ませんのでベース重視ならSonyのXBシリーズの方が良いと思います。
室内で聞くには全く音量に不満はありませんが、屋外では周辺の音にちょっと低音が負けます。
とは言え、大きさ、音質、お値段等を考えると相対的に星5と思います。
あと、Charge4のConnect+は従来のConnectとは親和性無いので、例えばCharge3とCharge4はつながらないようです。。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「JBL GO2 Bluetoothスピーカー IPX7防水/ポータブル/パッシブラジエーター搭載」

  • 持ち運び可能な コンパクト設計ながら、JBL の高音質を実現
  • 防水性能がパワーアップして登場、もしもの水没にも対応した防水性能
  • Bluetooth搭載で、最大5時間の連続ワイヤレス再生を実現
  • ハンズフリー通話にも対応
  • 豊富なカラーバリエーション
  • サイズ(H x W x D) : 71.2mm x 86mm x 31.6
  • 重量: 184g
  • 電池 : リチウムイオン充電池 <充電:約2.5時間、再生:約5時間 ※再生時間は、ボリュームレベルや再生内容により異なります。>
  • 付属品: 充電用USBケーブル(USB A → マイクロUSB)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
風呂場で使えるBlueToothスピーカーを探していました。
安かったけどJBL製でレビューも好評価だったので、こちらをポチリました。
小さいけどパワフルで音量はいつも半分程度で聞いています。ボーカルが前に出る感じですが、楽器の音も後ろに下がらずなかなか良いバランスだと思います。流石はJBL。コスパ最高な商品ですね。
風呂場での利用は水がかかっても全く気にならず、密閉された空閑でエコー効きまくりでなかなか良いですよ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Bluetooth接続スピーカーは初めて購入。
スピーカーの性能を決めるのは「大きさ」と考えていましたから、音質にはさほど期待はしていませんでした。
到着して使ってみてビックリ。こんなに小さいのに良い音質だし、ステレオ感も十分。
これならもっと早く買えば良かった...。
接続機器はiPhone7とSONYのWALKMAN NW-A35
どちらも問題なく接続できました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「JBL CLIP3 Bluetoothスピーカー IPX7防水/パッシブラジエー...」

  • 持ち運び可能な コンパクト設計ながら、JBL の高音質を実現
  • Bluetooth搭載で、最大約10時間の連続ワイヤレス再生を実現
  • もしもの水没にも対応した防水性能(IPX7)搭載
  • ビルトインカラビナでどこでもセッティング可能
  • ハンズフリー通話にも対応
  • 豊富なカラーバリエーション

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
耐水性は?
・お風呂のラックに吊り下げてシャワーを数十秒当てましたがなんともありません。水没までは試してません。
携帯性は?
・届いた箱を持った感想は「これはちょっと大きいかな?」と思いました。
しかし持ってみると手のひらサイズでまあギリギリコンパクトと思える範囲です。自分は登山が好きでウルトラライト装備を主に使っていますが、我慢すれば持っていけるかなといった具合です。
普段使いならまず問題ないサイズでリビングのテーブルにリモコンなどと一緒にポンと置いといても邪魔にはなりません。
お買い得か?
他のBluetoothスピーカーを比較せずにメーカーとカラナビ付きだけで購入したので正直お買い得かは分かりませんが、使ってみて音はとても良いです。
高温のギラギラ感は少なく聞き取りやすいフラットな表現が得意の様に思います。
商品画像のスピーカー裏面の『!』部分がラバーになっていて、これが良いクッションとなりスピーカーを置いた時に構造物とのビビりを無くしています。良く考えてるなーと関心してしまいました。
また、スピーカーの構造上上向きに置くと部屋全体に音が広がりとても素晴らしいです。
私自身、買って損な気分には全くなっておりません。
良い買い物でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
このclip3とgo2を同時に購入して聴き比べました。go2は高音が出ていますが重低音は弱いかんじ。それに比べclip3は高音はもちろんのこと重低音もよく出ていて大きな音で長い時間聴くのでしたらclip3がおススメです。go2は置き型なので正面で聴くぶんには構いませんが、部屋の中にさほど音は広がりません。clip3はスピーカー部を上方面に向けて置く平置きタイプなので部屋中に音は広がります。この持ち運びに気にならない程度の大きさでこの音ならかなりおススメです。買って良かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「JBL PULSE 3 Bluetoothスピーカー IPX7防水/マルチカラー...」

  • PULSE3は心躍るイルミネーションが空間をカラフルに演出。
  • 専用アプリで、イルミネーションをさらに楽しく。
  • 360度サウンドにより、迫力あるJBLサウンドをどこでも楽しめる。
  • 防水性能がパワーアップ、もしもの水没にも対応した防水性能IPX7。
  • 新ワイヤレス機能「JBL コネクトプラス」を搭載。
  • 約12時間のワイヤレス再生を実現。
  • 高品質ハンズフリー通話を実現。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
      

低価格(安い) Bluetooth防水スピーカー 5製品

(2020/11/26 更新)

「MIFA A1 Bluetoothスピーカー 防水耐衝撃 コンパクトで持ち運びに便利」

  • 【防塵防水・吸盤付き】IP56防塵防水対応で、お風呂や海辺、キッチン、工場等の場でも、優れた防水防塵性能でご安心に音楽を楽しめます。底に吸盤があり、滑らかな場所だと、適度に吸着して安定感が増し、風呂場でも良くつきます。
  • 【コンパクトで軽量・シンプルで操作簡単】片手に収まるサイズで、重量はわずか175g。シンプルなデザインだからこそ、長く使っても時代に遅れません。子供が分かるほどかんたんな操作で、ただ三つのボタンで音量調節も曲の前後送りも電源も簡単に操作できます。一度ペアリングすれば、再度電源をONにすると、自動的に前回接続したデバイスとBluetooth接続されます。接続を解除したら、他のデバイスと接続できます。それに、音量は前回の終了時の音量を覚えています。
  • 【Bluetooth接続・Micro SDカード/AUX入力対応】技適認証済み。Bluetoothで簡単にお持ちのスマートフォンなどに接続できます。Bluetoothの他に、SDカードやAUX入力にも対応しています。Micro SDカードによる音楽再生では、「MP3、WMA、WAV、APE、FLAC」と多くのファイル形式に対応しており、ご自由にお好きな音楽を再生できます。内蔵マイクでハンズフリー通話にも対応します。
  • 【大音量・高音質】小型でパワフル!音量は細かく調整でき、サイズからして信じられないほどの音量が出られます。大音量だけではなく、DSPを搭載し、迫力のある音質を実現し、家でもアウトドアでも音割れなく、バランスの良い音をお楽しみいただけます。更に、TWS機能で2台のスピーカーを同時に再生したら、臨場感のあふれる音質を実現し、しっかり音に包まれる感覚を味わえます。
  • 【USB充電・18ヶ月保証】1200mAhの大容量バッテリーを搭載し、最大12時間再生可能で、中程度の音量で10時間程は持ちます。※※付属品の給電用USBケーブル でパソコンと繋いで充電ください。アダプター(充電器)を利用して充電する場合は、輸出5V/1Aのアダプターで充電ください※※ 本商品はMIFA JPのみが販売しておるMIFA製品であり、二年間で抜群の品質でお客様のニーズを満足しております。商品は18ヶ月保証付きで、ご利用中に何かございましたら、「アカウントサービス」→「注文履歴」→「販売:MIFA JP」→「質問する」からご連絡いただければ、お客様がご満足いただけるよう迅速に対応させていただきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
少し狭い机の上にも置けるポータブルスピーカーを探しており、シンプルなデザインが気に入ったので、こちらの製品を購入してみました。

パソコンのモニターの下にも置いておけるほどのコンパクトさで、持ち運びにはもってこいのサイズです。
底面には吸盤のような滑り止めがついており、水場でも滑ってしまうことはなさそうでした。
約2000円という価格設定から、あまり期待はしていなかったのですが、実際に届いてみて使ってみるとビックリ。かなりの高音質です!
少々低温が控えめに感じるところはありますが、このサイズのスピーカーでここまで鳴れば充分以上です。
黄色に統一されたケーブルと、シックな黒い本体というシンプルなデザイン構成となっており、オシャレな印象を受けました。
操作性に関しては、押しやすいボタンが3つ上部に設置されていて、どのような方でも扱いやすいのではないかと思います。

日本語のマニュアルも同梱されており、少し不思議な翻訳と感じる部分もありましたが、全体的には非常にわかりやすい説明書となっていました。

音質も良く、防塵・防水・ワイヤレスなど、ポータブルスピーカーとしては申し分のない多機能な製品で、非常にコストパフォーマンスが高いと感じました。
梱包箱も高級感のあるしっかりとしたデザインで、価格設定を間違えたんじゃないかと思うほどでした 笑

小さなスピーカーを探している方にはとてもお勧めの製品です! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
本機2台使用でのサラウンド効果のレビューが無いので一応の個人的感想を...。
結論を先に言うと、期待以上の素晴らしさ。
そしてそれはスピーカーの置き方次第という印象です。

そもそもこのスピーカーは指向性が非常に高い部類のようで、例えば真正面で聴くと
突き刺さるようなサウンドだけど、正面からちょっとズレたら途端に音の鋭角さを失う。
そんな感じですね。
この傾向を持つスピーカーを2台それぞれを真正面に向けてその間で観賞すると
ハッキリ言って音像が凄くぼやけます。つまり抜群の指向性の良さが
臨場感をスポイルするんですよね...。
例えば、横に2台並べた扇風機の中間に座ってもさほど涼しくないみたいな感じ。

そこで色々と試行錯誤して、個人的なベストなボジショニングは
2台のスピーカーをそれぞれ自分に向けた状態よりもやや内寄りにして
そして耳のよりも低い位置に置くのが良いかな?考えています。
その時のサウンドは、高価なシステムコンポほどの重量感は無いにせよ
たかだかのこの2台でこんな贅沢な音が...と、ちょいと震えを覚えます。
2台買いでのステレオサウンド。凄くお勧めです!

尚、チャンネル割り当ては自動で行われますが
主従関係を逆にしたスピーカー配置にすると違和感が出る場合があるので
本来どっちが右でどっちが左?の確認が必要でしょうね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「【改善版 旅行用EVAケース付き】EWA A106 ポータブル ミニ ワイヤレス」

  • 圧倒的な音量&バス: EWA A106Pro スピーカーは非常に小さいですが、クリアな音を提供します。高性能ドライバーとパッシブサブウーファーのため部屋中に響きます。小さくても強力です!
  • 持ち運びに便利:スピーカーは175g、Φ4.8cm、高さ3.9cmで、いつでもどこでも持ち運べ、EWA A106 スピーカーを保護できるキャリーバックと金属のバックルが付いてきます。
  • 長時間の再生:リチウムポリマー電池が内蔵されているため6時間の再生または50%の音量では最大12時間(約240曲)再生できます。1Aの充電器で30分充電させると、2時間再生することができます。
  • ミニマルなデザイン: 当社の目的は、いつでもどこでも持ち運びができる素敵なスピーカーを作ることでした。そのため、必要のないマイク、3.5mmジャック、不必要なボタンなどの機能をなくしました。たった一つのシリコンボタンしかありません(押し続けるとオン/オフ、タップすると一時停止、ダブルタップまたはトリプルタップで曲変更)。金属ケースとステンレススチールのメッシュで通常のスピーカー以上です。
  • パッケージ内容:EWA A106Pro ブルートゥーススピーカー×1 / マイクロUSB充電ケーブル×1 / 多言語取扱説明書×1 / キャリーケース×1/ メタルバックル×1

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
手のひらに乗ってしまうほどコンパクトで、とてもかわいらしいスピーカー。

起動音が若干気になるが、このサイズでこれだけパワフルな音が鳴らせることは驚き。かといって音自体も(このサイズのスピーカーとしては)十分満足できるレベル。色々と面白い使い方ができそう。
ちなみに、日本語対応の説明書は銀色のモデルにしか入っていない様子。バッテリー充電ができなかったものと、その代替機のどちらにも入っていなかった。

(10/28)
買ってからそれほど時間が経っていないが、充電ができなくなったようで赤ランプが点かない。
試しに充電するとLEDの色の変わる充電器を使用したところ充電されていない様子。
物はいいだけに、ちょっと残念。

(11/1)
メーカーに問い合わせたところ、すぐに代替品の発送を受けられた。しばらく様子を見てみたが、問題なく動作する模様。
歩留まりが良ければカンペキなので、検品を改善してくれればコスパ抜群の製品になると思った。

(12/24)
代替品として受け取った製品もまた充電できなくなったので減点。

(2019.10/4)
A106proなるものが出たらしいということで再購入。
細かい使い勝手が改善されていて、起動音が控えめになったり防水対応になったので外に持ち出しやすくなった。バッテリー容量も増えたようだが、そこまで長時間は使わないかな…
充電器を接続していても電源を入れられる(今までは充電器接続中は充電器を外さないと電源を入れることができなかった)。
これだけの大幅改良が施されていながら大きさや音質は変わりない、というのは素晴らしい。価格も従来通りのお手頃なのは嬉しい。

(12/30)
接続に失敗する症状が出てきたが、リセットをすれば直った。シルバーモデルも登場したが、以前のものと違って上部の模様が同じになっている。頭が途切れる問題を抱えていたが、これが解消されている。現行モデルは買いだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
とにかく小さくて、それなりの音質のBluetoothスピーカーが必要な方には、お勧めだと思います。
新しいバージョンも出ていますが、少しサイズが大きくなっています。
良い点:
1. とにかく小さい
2. キャリングケースが付いてくる
3. 音量がサイズからすると相当大きい
4. アルミボディーで高級感がある

私の使用用途として、仕事で新規顧客に訪問時に、現地でプロジェクターなどの設備がないときに、
Sonyのモバイルプロジェクターでパワポなどを映したり、製品でも動画などを映した際の音声をノートPCのスピーカーでは、音量が乏しいので、なるべく小さいがそれなりの音質・音量のあるBluetoothスピーカーを探していました。
(Sonyモバイルプロジェクターは、HDMIで繋ぐと、音声がプロジェクター側へ行き、プロジェクターのAUXから音声出力がうまくいかなかった)

Sonyモバイルプロジェクターと極小スピーカーでのプレゼンは、相手に与える「ハイテク感」が半端なく、
私のPRしているハイテク工業製品の印象が上がります。

モノラルサウンドながら、結構良い音がでますよ。

私のような割切った機能のみを求める方には、お勧めできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「【防水ケース付属- 進化版】XLEADER SoundAngel 5W 高音質 Bluetooth」

  • 【小さなボディで迫力サウンド】超コンパクトデザイン、5Wのドライバー、また、低音を強化するの先端技術を 採用され、音楽を楽しみます。会議中大きい音がほしいでしょう?コンピューターで映画見る時、家庭パーティー時、もっと大きい音量、もっと良い音がほしいでしょう?全部満足にさせます。360°立体3 Dサラウンド音を実現できる。
  • 【LEDタッチ操作】 鋭敏なタッチボタンは面白いタッチ体験をさしあげます。指先で軽く触るだけで、簡単迅速に歌曲を切り替えたり、音量調整したりまた発着信できます。
  • 【Bluetooth 5.0技術】最先端のBluetoothチップ 技術を使用、高速接続することができますが、接続時間は3秒もかかりませんです。そして、最後に使用したデバイスに自動的に再接続できます。接続スピードが大幅にアップ、素晴らしい節電効果があります。また、バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認が可能です。
  • 【長い再生時間】1200mAh大容量リチウムイオンバッテリー内蔵と業界最先端の電力管理技術により、12-15時間連続再生(約300曲)が可能。ビジネス会議、出張、キャンプ、旅行などに適用。USBデバイスから充電できます、利便性が高い。わずか2~3時間で充電完成できます。
  • 【幅広い互換性】Bluetoothだけでなく、micro SDカードやAUXモードにも対応、マイクを搭載して、ハンズフリー通話ができます。【Amazon配送無料,30日以内の返金・返品保証付き,36ヶ月保証、カスタマーサポート】

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
シニアで電子機器に不慣れな者には、英語のみの取説に困惑。日本語の取説がほしい。
大きさは、甘味の大判焼きの2割増しサイズ。
音は屋外のバーベQでも十分楽しめる音量。
マイクロSDのメモリーで録音音楽を聴けばスマホの通信容量も減らない。
難点・マイクロSDの挿入部分の不具合で「SDを指で押さえれば音楽が
流れるが、指を離すと音楽が止まる(テープで押固定で使用)」。
上記の理由で返品交換を希望中。
この価格で、ブルーツースが普通の音量(大音量では音割れ)で
十分に楽しめるおトク感(安いラジカセより良い音質)。
付属品は、専用充電ケーブルとミニピンプラグコード。
フル充電で⑩時間は再生できるらしい。
スマホの内蔵スピーカーの倍ほどの音量が楽しめる。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 今まで、スマホのスピーカーで音楽を聞いていたけど、音質と音量が物足りないないので、安くてコンパクトなこのスピーカーを購入しました。

 Bluetoothなので、接続は簡単です。スマホのスピーカーと比べて、音質と音量の違いは実感できます。手に持っていても音はスマホよりいいですが、硬いテーブルの上などに置くと、音が響いて、さらに音が良くなるようです。

アプリで操作しなくても、このスピーカーのボタンで次の曲に変えられるのは便利です。他のアプリを使いながら、簡単に曲を変えられます。

 値段で考えたら、ひとりで音楽を楽しむのには、このくらいのスピーカーで充分です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Bluetooth スピーカー ブルートゥーススピーカー ワイヤレススピーカー IPX5」

  • 【コンパクトサイズ】直径75mm、高さ88mm、重量220gとのコンパクトなデザインで、更に本体色に合ったストラップを付属しているため、室内だけでなく、スケボー、自転車、山登り、キャンプ等の戸外活動にも大活躍!
  • 【安定した接続】Bluetooth5.0で完全ワイヤレスを実現、iPhone、iPad、Androidなどに接続が可能です。安定性にすぐれ、スマホにより有効距離は20m可能、最適距離は10m以内となります。一度接続すると、次回は電源を入れるだけて自動的に接続します。Micro SD(TF)カード対応、再生モード+1。
  • 【防水仕様】IPX5相当の優れた防水性能により、お風呂、キッチン、又は海、プール等で音楽を楽しめます。
  • 【TWS対応搭載】True Wireless Stereoとはスマートフォン1台に対して2台のスピーカーにBluetooth接続が出来る機能の事を指します。2台のスピーカーに接続することにより最高の臨場感 ・大迫力・大音量で音楽を楽しめます。(TWS設置方法も2つのスピーカーの電源をONにして片方の電源ボタンを2回連続で押すだけなのでとても簡単♪)
  • 【メーカー1年保証】ご購入日から12ヶ月以内に限り、スピーカー本体に問題が発生した場合は無料交換、無料修理などをご提供します。製品について不明な点がありましたら、お問い合わせください。連絡方法:[注文履歴] - [出品者に連絡する]※1-12時間以内に専門のスタッフがご対応させていただきます。(日本語/英語可)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
早速お風呂で使わせてもらった.
防水仕様は助かる.
これからはお風呂の時間が有効に使えるね.
SonyのWalkmanと繋げてるが,間違いなく音質は付属のスピーカーより良かった….
Sony付属のスピーカーはおまけみたいなもんだけどね.スピーカーだけの値段っていくらになるかな?
Bluetoothでの接続でも音途切れもないし(まあまだ4,5時間しか使ってないけど)
サイズ小さいけどしっかり低音も出てるかな?(正直音楽はそれほど違いが分からないのでかなり適当な評価)
本体だけでもプレーヤー機能あるのも良いね.
コスパにするとかなりお得感ある.
多分もう1個買って2台接続することになると思う. (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
小さくてどこでも使えるスピーカーが欲しかったので色々探してた所、こちらが良さそうだったのでレビューしました。評判の良かったので即ポチ。

さて軽く使ってみた感想。まず何故か梱包がやたら丁寧でした。サイズ感は手のひらサイズって感じですね。

音質がとにかくいい感じです。このサイズですが、低音がかなり強く、それでいて全体のバランスが壊れない配分です。TWS機能もついてますので、複数個買うのも全然アリだと思いました。お風呂みたいな密閉空間で使うとかなり臨場感があり、楽しめますよ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

「Anker Soundcore Icon Mini Bluetoothスピーカー」

  • レジャーのお供に:持ち運びやすいポケットサイズのため、屋内はもちろん、キャンプやビーチ、音楽フェスの休憩中等いつでもどこでもお気に入りの音楽を楽しむことができます。付属のリストストラップを付ければ、リュックやテント、ビーチチェア等に掛けてご使用になれます。
  • コンパクトながら大音量:前モデルの「Anker SoundCore Sport」と比較し、約20%のコンパクト化を実現。スマートフォンとほぼ同じ軽量&マウスほどのコンパクトサイズながら、迫力ある大音量を響かせます。
  • 完全防水&防塵仕様:水に沈めても音楽再生が可能なIP67に対応。雨やほこり、泥、雪等を気にすることなく、アウトドアやお風呂場等で気軽にご使用いただけます(水洗いも可能)。また衝撃にも強く、背面には傷がつきにくく汚れにくいラバー素材を採用しています。
  • 最大8時間の長時間再生:わずか3時間ほどの本体充電で、最大8時間の音楽再生が可能です。バッテリー残量はペアリング中のiPhoneやiPadからも確認できます(※iOS 6以上の機器のみ対応)。
  • パッケージ内容:Soundcore Icon Mini 、Micro USBケーブル、リストストラップ、クイックスタートガイド、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、Anker会員には+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート ※参考価格又は価格に表示されているセール価格との比較対照価格は、最近相当期間にわたって販売されていた価格です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Sound core sportsから使ってましたが、ステレオで聴けるとのことで、本コミュニティに質問しましたが返答なく、冒険で2台買いました。
とはいえ1台3000円なので失敗してもプレゼントできるし良いやと思いました。

サイズ感はSportsよりも薄くなり、ポケットにも入り、とにかく持ちやすいのが良い。

小さくなった分、音量を心配しましたが、以前と変わらず大音量で音質も向上してると感じました。

軽キャンピングカーを自作したのですが車のステレオでは不満だったので購入しました。

求めていた機能であるステレオで2台を接続して使用しています。
iPhoneでの初期ペアリングは少し戸惑いましたが2台のペアリングボタン3秒長押しで無事ペアリング完了。
次回以降は自動でペアリングされますので問題なし。

心配していたのは、車で聴くのに、いちいち電源を2台とも入れるのが、かなり面倒なのではと言う事。

実際使ってみた感想は、そんなに面倒に感じませんでした。
理由として、電源ボタンが押しやすくなったから。
写真のように、ダイソーで買ったマジックテープをスピーカー裏に貼って、座席後ろの車の柱に固定していますが、電源ボタンが以前より押しやすくなったので、ポチっ、ポチっと手軽に2台始動出来ます。

以前は、電源ボタン他全てのボタンが埋め込まれていて、押し込む必要がありました。
今回のは押すのが気持ち良く、プチっとした凸ボタンで快適に電源を押せます。

Sportsも、icon miniも小さいので、どこにでも持ち運べて場所を選ばないのが良い。
邪道ですがマジックテープを貼ると、どこにでも固定でき便利。
Netflixを観る際も、車内でステレオで大音量で聴きましたが、迫力あって良い。
1台でも充分ですが、2台あるともっと良い。

軽キャンピングの旅がごきげんです。
Ankerの進化にはいつも驚かされます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
Sound core sport からの買い替え。

Sport は2年以上使いました。
屋外や風呂など、場所を選ばず使えるのが便利でした。

Sport からiconに変えて一番最初に思ったのは、厚み。うすくなったことでなんとかポケットinできる。iconでは形状もさらに丸みを帯び、角部分に向けてテーパードしたことでよりコンパクトになった印象です。

全体の質感も向上しています。しっとりした質感です。

そして、本体のボタンが押しやすくなりました。柔らかくなったのとsport より押してる感があります。

ペアリングもはやい。

肝心の音質ですが、確実に向上しているとおもいます。

ハイ、ローの潰れは少なく無理している感じがそんなになく、とても聴きやすくなりました。こもってる感じが明らかに少なくなったというか。

もちろんこの小ささゆえ広がり感はありませんが、音質の向上は確実にしています。

同サイズのものをほとんど聴いたことがなきので、sport とiconの単純な比較のみの感想です。

悪い点は、立てた場合の安定感のなさ。
本体が丸みを帯びたので座りが悪いんです。
これ、けっこう重要だと思うので、簡易な台などおまけ程度のが付属したら嬉しいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

コメント

タイトルとURLをコピーしました