【2022年】ブロックチェーンの本「人気・高評価のおすすめの15冊」

こちらでは、ブロックチェーンに関する人気・高評価のおすすめ本を紹介していきます。

 

 

  1. ブロックチェーンの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来
    2. 最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン
    3. いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
    4. いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み 「いちばんやさしい教本」シリーズ
    5. ブロックチェーンプログラミングのためのコンピュータサイエンスがわかる本
    6. 図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書
    7. 未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス
    8. Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書
    9. Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門 (KS情報科学専門書)
    10. ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
  2. ブロックチェーンの本 最新・高評価のおすすめの5冊
    1. ブロックチェーンでできる30のこと
    2. あなたの会社もブロックチェーンを始めませんか?
    3. 最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン
    4. ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
    5. 図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書
  3. ブロックチェーンの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  4. ブロックチェーンの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. おまけ:本より高コスパ?「Udemy ブロックチェーンおすすめ講座」
  6. 関連:「NFT」「Web3.0/メタバース」関連の本

ブロックチェーンの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「ブロックチェーンの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

(2022/08/18 10:33 更新)
Rank製品価格
1
1,980円
1,881円
(+297pt)
3,500円
1,900円
1,980円
2
最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン
発売日 2021/12/23
大塚雄介 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
1,760円
880円
3,200円
1,760円
1,760円
3
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
発売日 2017/03/28
大塚雄介 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
1,242円
825円
3,300円
1,650円
198円
4
2,035円
(+200pt)
1,643円
1,826円
2,035円
5
ブロックチェーンプログラミングのためのコンピュータサイエンスがわかる本...
発売日 2019/03/18
石川 聡彦, 永尾 修一, 中川 聡 (KADOKAWA)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
2,750円
1,362円
1,375円
2,750円
6
図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書...
発売日 2019/09/02
コンセンサス・ベイス株式会社 (技術評論社)
総合評価
(4.1)
2,178円
(+210pt)
2,069円
2,178円
2,178円
7
未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス
発売日 2018/10/30
森川 夢佑斗 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.9)
1,650円
1,568円
1,650円
515円
8
Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書...
発売日 2019/11/11
株式会社FLOC (翔泳社)
総合評価
(3.5)
2,948円
1,474円
2,948円
2,948円
9
3,300円
(+330pt)
3,300円
(+1001pt)
3,300円
3,300円
10
ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
発売日 2021/09/24
山崎重一郎, 安土茂亨, 金子雄介, 長田繁幸 (講談社)
総合評価
(4.2)
3,960円
(+119pt)
3,960円
(+1201pt)
3,960円
3,960円
11
WHY BLOCKCHAIN なぜ、ブロックチェーンなのか?
発売日 2019/07/12
坪井 大輔 (翔泳社)
総合評価
(4)
1,760円
(+170pt)
1,584円
1,760円
1,760円
12
ブロックチェーンでできる30のこと
発売日 2021/10/20
瀧澤龍哉 (幻冬舎*)
総合評価
(4.5)
1,430円
(+140pt)
1,144円
1,144円
1,430円
13
ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか...
発売日 2016/12/02
ドン・タプスコット, アレックス・タプスコット (ダイヤモンド社)
総合評価
(4)
2,326円
(+186pt)
2,138円
2,376円
2,640円
14
10,496円
3,029円
3,366円
2,748円
15
あなたの会社もブロックチェーンを始めませんか?
発売日 2020/07/31
(中央経済社)
総合評価
(4.4)
3,080円
2,926円
3,080円
3,080円
16
ブロックチェーン実践入門 ビットコインからイーサリアム、DApp開発まで...
発売日 2020/10/19
Bikramaditya Singhal, Gautam Dhameja, Priyansu Sekhar Panda (オーム社)
総合評価
(3.7)
4,950円
(+149pt)
4,703円
4,950円
3,872円
17
ビットコインとブロックチェーン
発売日 2017/06/01
アンドレアス・M・アントノプロス (NTT出版)
総合評価
(4.6)
4,070円
(+122pt)
3,056円
3,056円
2,117円
18
コンサイス版ビットコインとブロックチェーン
発売日 2018/05/29
アンドレアス・M・アントノプロス, 鳩貝淳一郎, 今井崇也 (NTT出版)
総合評価
(4.2)
2,589円
1,359円
1,430円
1,430円
19
マンガでわかるブロックチェーンのトリセツ
発売日 2020/07/01
森一弥, 佐倉イサミ (小学館)
総合評価
(3.9)
1,430円
(+140pt)
900円
901円
1,430円
20
891円
990円
990円
 

NFTの教科書 ビジネス・ブロックチェーン・法律・会計まで デジタルデータが資産になる未来

ツイート、VRアート、ゲーム内コンテンツなど、
なぜ、デジタルデータが資産となり、取り引きされるようになったのか

アート、国内外ゲーム、メタバース、スポーツ、トレーディングカード、ファッション、音楽、テクノロジー、法律、会計。NFT(Non-Fungible Token=ノン・ファンジブル・トークン)の各ジャンルで活躍する28人の執筆者が最前線を解説。NFTに興味をもつすべての方を対象とし、ビジネスや技術といった社会実態から法律・会計・税務上の取扱いなどの制度面に至るまでを幅広くカバーした総合的なテキストブック!

■第1章 NFTビジネスの全体像
【NFTの現状】天羽健介(日本暗号資産ビジネス協会 NFT部会長)
【NFTの概況とマーケットプレイス】中島裕貴(コインチェック)
【NFT×アート】高長徳(スマートアプリ)
【NFT×メタバース】福永尚爾(BeyondConcept)
【NFT×国内ゲーム】小澤孝太(CryptoGames)
【NFT×海外ゲーム】セバスチャン・ボルジェ(The Sandbox)
【NFT×スポーツ】アレクサンドル・ドレフュス・元木佑輔(Chiliz)
【NFT×トレーディングカード】奥秋淳(coinbook)
【NFT×ファッション】平手宏志朗(Joyfa)
【NFT×音楽】神名秀紀(KLEIO)
【NFT×海外発NFT特化型ブロックチェーン】ミカエル・ナイーム・北原健(Dapper Labs)
【NFT×日本発NFT特化型ブロックチェーン】吉田世博(HashPort)
【NFTの技術的課題】善方淳(コインチェック)

■第2章 NFTの法律と会計
【NFTの法律関係】増田雅史・古市啓(森・濱田松本法律事務所)
【NFTの金融規制】長瀨威志・小牧俊(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)
【その他の法的諸問題】斎藤創・浅野真平・今成和樹(創・佐藤法律事務所)
【NFTの会計と税務】小笠原啓祐(監査法人トーマツ)・藤井行紀(デロイト トーマツ税理士法人)

■第3章 NFTの未来
【NFTと無形資産】神本侑季 (N.Avenue / CoinDesk Japan)
【NFTの市場づくり】関口慶太(日本経済新聞社)
【世界とNFT】ヤット・シュウ(Animoca Brands)
【NFTの展望】國光宏尚(Thirdverse / FiNANCiE )

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
■第1章 NFTビジネスの全体像
【NFTの現状】天羽健介(日本暗号資産ビジネス協会 NFT部会長)
【NFTの概況とマーケットプレイス】中島裕貴(コインチェック)
【NFT×アート】高長徳(SBINFT)
【NFT×メタバース】福永尚爾(BeyondConcept)
【NFT×国内ゲーム】小澤孝太(CryptoGames)
【NFT×海外ゲーム】セバスチャン・ボルジェ(The Sandbox)
【NFT×スポーツ】アレクサンドル・ドレフュス・元木佑輔(Chiliz)
【NFT×トレーディングカード】奥秋淳(coinbook)
【NFT×ファッション】平手宏志朗(Joyfa)
【NFT×音楽】神名秀紀(KLEIO)
【NFT×海外発NFT特化型ブロックチェーン】ミカエル・ナイーム・北原健(Dapper Labs)
【NFT×日本発NFT特化型ブロックチェーン】吉田世博(HashPort)
【NFTの技術的課題】善方淳(コインチェック)
■第2章 NFTの法律と会計
【NFTの法律関係】増田雅史・古市啓(森・濱田松本法律事務所)
【NFTの金融規制】長瀨威志・小牧俊(アンダーソン・毛利・友常法律事務所)
【その他の法的諸問題】斎藤創・浅野真平・今成和樹(創・佐藤法律事務所)
【NFTの会計と税務】小笠原啓祐(監査法人トーマツ)・藤井行紀(デロイト トーマツ税理士法人)
■第3章 NFTの未来
【NFTと無形資産】神本侑季 (N.Avenue / CoinDesk Japan)
【NFTの市場づくり】関口慶太(日本経済新聞社)
【世界とNFT】ヤット・シュウ(Animoca Brands)
【NFTの展望】國光宏尚(Thirdverse / FiNANCiE )

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
最近耳にするようになった「NFT」ですが、それが何なのかいまいち分からず、本書を読んでみました。
本書はオムニバス形式で、様々な専門家が自身の専門分野からのNFTを語っており、勉強になります。
ただ、そういう形式なので、一本筋の通った「教科書」というより、自分の気になるテーマからつまんで読める「ガイドブック」的な本です。
共同編集代表の増田氏は、ブロックチェーンが大きな話題になる2017年以前から関わっており、ブロックチェーンやNFTの日本における第一人者といってよい方でしょう。
ページ数300以上の密度の濃い本ですが、NFTについて包括的に勉強できる一冊です。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
NFTとはNon-Fungbule Token(ノン・ファンジブル・トークン)鑑定書と証明書が付いたデジタル資産。ブロックチェーン、NFTアートとアートNFTの違い。現状だとNFTアートはイーサリアムでないと買えない。資産価値を高めるために煽ってバブルになってるけど適正価格に落ち着いたらブームは去るのだろうか、分からないけど。OPENSeaも初めて知りました。法律関係、会計も事細かに説明されてる良書。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
ブロックチェーンは、以前から注目はしていたが、2021年に入って急にNFT (Non-Fungible Token)への注目が上がっている。2018年にCryptoKittiesが一時流行したけれどもEthereumの処理能力の問題などもあって、下火になった印象もあったので少し驚いている。本書にもあるようにNBA Top Shotでトレーディングカードの素地や巨大なスポーツビジネス市場をベースとした米国で火が付いたのだろうか。2022年2月のSuperBowlではチケットがpolygon NFT化されているという。また、引退を表明したNFLのGOATの呼び声高いTom BradyがNFTのベンチャの創業者でもあるという。OpenSeaなどの市場が出てきたNFTアートがこの後に広がっていくのかどうかが試金石になっていくのだろう。
本書ではブロックチェーンの技術的な部分はやや薄いが、ビジネスや法務・財務関連の情報はカバーできていると思う。複数の執筆陣による共著だが、将来像も固まりきっていない現時点ではこういう形がまだよいのかもしれない。あくまでトークンであり、デジタルアート自体がブロックチェーン化されているわけでもなく、バブルな気配もあるが、ビットコインなどの暗号資産も一定の価値をキープしていることからしばらくはホットな市場になるのではないだろうか。中央管理的なものではないクラウドゲームやメタバースが大きく流行すれば、そこでの活用でさらに華が咲くかもしれない。
たくさんの本を比較したわけではないが、NFTを少し勉強したいと思う向きにはお薦めかもしれない。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:天羽健介
大学卒業後、商社を経て2007年株式会社リクルート入社。新規事業開発を経験後、2018年コインチェック株式会社入社。主に新規事業開発や暗号資産の上場関連業務、業界団体などとの渉外を担当する部門の責任者を務め国内暗号資産取扱数No.1を牽引。2020年5月より執行役員に就任。現在はNFTやIEOなど新規事業の開発や暗号資産の上場関連業務などを行う新規事業開発部門に加え、顧客対応部門を担当。2021年2月コインチェックテクノロジーズ株式会社の代表取締役に就任。日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会長。
著:増田雅史
弁護士・ニューヨーク州弁護士(森・濱田松本法律事務所)。スタンフォード大学ロースクール卒。理系から転じて弁護士となり、IT・デジタル関連のあらゆる法的問題を一貫して手掛け、業種を問わず数多くの案件に関与。特にゲーム及びウェブサービスへの豊富なアドバイスの経験を有する。経済産業省メディア・コンテンツ課での勤務経験、金融庁におけるブロックチェーン関連法制の立案経験をもとに、コンテンツ分野・ブロックチェーン分野の双方に通じる。The Best Lawyers in Japan 2022にFintech Practice、Information Technology Lawの2分野で選出。NFTについては、ブロックチェーンゲーム草創期である2017年末からアドバイスを開始。ブログ記事「NFTの法的論点」は、法実務に関する論考としては異例の公開日3000PVを記録。ブロックチェーン推進協会(BCCC)アドバイザー、日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会 法律顧問。


↓全て表示↑少なく表示

  

最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

時価総額1兆ドル突破!
いま再び盛り上がる仮想通貨の技術で世の中はどう変わるのか?
10万部ベストセラー全面改訂版
これからの投資、金融、経済、社会を語るうえで、絶対におさえておきたい情報をこの1冊に集約!

・ビットコインとは?
・ブロックチェーンとは?
・NFTとは?

話題に上がったとき、あなたは、説明できるでしょうか?

これらの名称をニュースなどで目や耳にしない日はないほど、世の中に浸透し認知は広がりました。
ですが、どれだけの人が、それらの内情を理解しているかというと、現実、それほど多くないように思われます。
とはいえ、「知っていて当然」の空気をまとい交わされるこれらの名称を、いまさら誰かに聞くのはなかなかむずかしいでしょう。

自分で調べてみても、情報が多すぎて、何が正しくて何が正しくないのかさえ判断できず、よくわからなかったという声も少なくありません。

さらに、日々刻々と進化し続けるテクノロジーにより、暗号資産、いわゆる、仮想通貨をめぐる状況は、いま、めまぐるしく変化しています。
数年前に得た知識なら、一度ブラッシュアップする必要があるのです。

投資を考えている人にはもちろん、ビジネスパーソンの基礎知識として、
これからの金融、経済、社会を語るうえで、絶対におさえておきたい情報をこの1冊にまとめました。

ぜひ入門書として読んでいただければと思っています。

さあ、時代の波に、一緒に乗っていきましょう。
【目次】
プロローグ いますぐ始めるビットコイン入門
PART1 ビットコインって何なの?
PART2 ビットコインの仕組みはどうなっているの?
PART3 仮想通貨はどこまで安全なの?
PART4 ブロックチェーンの進化と広がり
PART5 イーサリアムが切り開く未来
エピローグ 新たな「デジタル経済圏」を創造する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン

ビットコイン、ブロックチェーン、フィンテックの「?」に答えます。

・ビットコインはどうやって手に入れるの?
・投資対象としてはどうなの?
・コピーや改ざんされる心配はないの?
・ブロックチェーンってどんな技術?
・フィンテックが実現する未来とは?
・次はどんなサービスが登場する?

これでわからなければ、ごめんなさい!
基本の仕組みの解説から最新トピックまでを体系的に解説。
数あるビットコインやブロックチェーンの解説書の中でも、一番わかりやすい入門書です。

ビットコイン・ブームが起きています。
2017年2月時点でビットコインの時価総額は169億ドル。57億ドルだった1年前の約3倍にまで膨らんでいます。また、ビットコインのユーザー数も、2017年2月時点で1186万人と、580万人だった前年のおよそ倍と、拡大の一途をたどっています。

このように世界中から熱い視線が注がれているビットコインですが、はたしてそれがどんなものなのか、よくわからないという人が多いのが現状です。ビットコインは仮想通貨(バーチャルカレンシー)といわれますが、バーチャルなだけに、手に取って触ることができないため、それがどんなものか、意外と知られていないようです。

ビットコインは、ブロックチェーンという新技術によって生まれた「仮想通貨」であり、0と1で表される「デジタル通貨」であり、高度な暗号セキュリティに守られた「暗号通貨」であり、特定の国に属さない「国際通貨」であり、分散型ネットワークに支えられた「民主的な通貨」でもあるという、きわめて複雑な特徴を持っています。

しかし一方で、使い方はごく簡単。専用アプリを使えば、すぐに始めることができます。そして実際に使ってみれば、直感的に「ああ、こういうことか」とわかるはずです。

本書は、デジタル時代に新しく生まれたビットコインと、それを支えるブロックチェーン、さらに大きなフィンテック(フィナンシャルテクノロジーの略)の広がりについて、みなさんに身近に感じてもらうことを目的に書かれました。そのため、三つの同心円の内側(ビットコイン)から外側(フィンテック)に向けて、順番に解説していきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1 ビットコインって何なの?(ビットコインは現金とどう違うの?
ビットコインはクレジットカードとどう違うの? ほか)
2 ビットコインの仕組みはどうなっているの?(バーチャルなお金にどうして価値が生じるの?
ビットコインは誰がつくっているの? ほか)
3 ビットコインの安全性や法整備はどうなっているの?(ビットコインがコピーや改ざんされる心配はないの?
ビットコインが盗まれる心配はないの? ほか)
4 仮想通貨とブロックチェーンはどこまで広がるの?(仮想通貨にはどんな種類があるの?
ナンバー2の仮想通貨「イーサリアム」の特徴は? ほか)
5 フィンテックが実現する未来とは?(フィンテックっていったい何なの?
次にどんなサービスが登場するかは予測できる? ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
いったいいつ本は発送されるのでしょうか? (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
本の解説をされているYouTuberの方が紹介されていて、興味を持ち、かつ中古で安かったため購入しました。価格を考えたら綺麗な状態で届きましたので、いい買い物だったと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
迅速な対応ありがとうございました。また機会があればよろしくお願いします (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
大塚雄介(オオツカユウスケ)
コインチェック株式会社共同創業者兼COO(最高執行責任者)。1980年群馬県生まれ。早稲田大学大学院修了、物理学修士号取得。リクルートから分社独立した株式会社ネクスウェイでB2B向けITソリューションの営業・事業戦略・開発設計を経験の後、レジュプレス株式会社創業(2017年4月よりコインチェック株式会社に社名変更)。現在、取締役COOを務める。日本最大規模の仮想通貨交換取引所Coincheckならびに、ビットコイン決済サービスcoincheck paymentを運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓全て表示↑少なく表示

  

いちばんやさしいブロックチェーンの教本 人気講師が教えるビットコインを支える仕組み 「いちばんやさしい教本」シリーズ

「ブロックチェーン」について、よく目にするもののきちんと説明できる人は少ないのではないでしょうか。本書はブロックチェーンの実装案件で国内トップレベルの実績を持つカレンシーポート株式会社の杉井靖典氏が、ブロックチェーンの仕組みや成り立ちを一から丁寧に解説しています。ブロックチェーンを支える「暗号技術」や「分散ネットワーク」、価値の保持者を特定する「ウォレット」、取引を記録する「トランザクション」、契約執行を可能にする「スマートコントラクト」など、難しい概念や機能を、平易な言葉と豊富な図版で解説しています。これからブロックチェーンを学びたい人が最初に読むのに最適です。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ブロックチェーンプログラミングのためのコンピュータサイエンスがわかる本

ブロックチェーンプログラミングのためのコンピュータサイエンスがわかる本
(著)石川 聡彦, 永尾 修一, 中川 聡
発売日 2019/03/18
総合評価
(3.5)
(2022/08/18 10:33時点)
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

会員登録数25000人(2019年2月時点)を超える、日本最大級の先端技術のラーニングサービス「Aidemy」
ディープラーニング、自然言語処理、ブロックチェーンなど、いま話題の技術を学べる「Aidemy」から、
ブロックチェーンを理解するための参考書が登場!

■本書の特長
・ブロックチェーンの理解に必要とされるコンピュータサイエンスの基礎知識を、体系立てて復習できる
・BitcoinやEthereumの基礎となっている技術を学び、どういう仕組みで動いているかを理解できる

■本書の対象読者
・これからブロックチェーンを使った開発を行いたいが、コンピュータの基礎(低レイヤー)や、コンピュータの仕組みを改めて復習したい方。
・Bitcoin(BTC)やEther(ETH)などの暗号通貨に興味があり、その仕組みと技術をしっかり理解したい方。

■本書の内容
●CHAPTER1 コンピュータ基礎
データ構造とアルゴリズム、CPUの仕組みなどを扱う。

●CHAPTER2 暗号とセキュリティ
共通鍵暗号、公開鍵暗号、ハッシュ関数、デジタル署名などを扱う。

●CHAPTER3 ネットワーク
プロトコル、HTTP通信、Websocket、P2P通信などを学ぶ。

●CHAPTER4 ブロックチェーン応用(Bitcoin編)
Bitcoinを題材に、ブロックチェーンの仕組みを学ぶ。

●CHAPTER5 ブロックチェーン応用(Ethereum編)
Ethereumを活用したアプリケーションの開発を学ぶ。スマートコントラクトを用いたアプリの仕組みを理解する。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
CHAPTER1 コンピュータ基礎
CHAPTER2 暗号とセキュリティ
CHAPTER3 ネットワーク
CHAPTER4 ブロックチェーン応用(Bitcoin編)
CHAPTER5 ブロックチェーン応用(Ethereum編)
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:石川 聡彦
株式会社アイデミー代表取締役CEO。1992年生まれ。東京大学工学部卒。研究・実務でデータ解析に従事した経験を活かし、2017年より、先端技術を学べるオンライン学習サービス「Aidemy」をリリース。「Aidemy」は会員登録ユーザー数2万人以上,100万回以上の演習回数を記録。2018年より、ブロックチェーンの講座も提供する。さらに、早稲田大学リーディング理工学博士プログラムでは、AIプログラミング実践授業の講師も担当。著書に『人工知能プログラミングのための数学がわかる本』(KADOKAWA)など。
著:永尾 修一
Pand.ai 所属のソフトウェアエンジニア。東京大学工学部卒。2012年に東京大学に入学し,在学中はラクロスにひたすら打ち込む。工学部に進学してそこでプログラミングに興味を持ち始める。大学院に進学するもスタートアップにのめり込み1 年後に中退し,FinTech のスタートアップであるAnyPay 株式会社にソフトウェアエンジニアとして入社。2017 年からブロックチェーンに関心が高まり,ブロックチェーン関連の新規事業に従事。その後,Pand.aiに移り,現在は機械学習プロジェクトを推進中。
著:中川 聡
株式会社アイデミー技術顧問。日本電子専門学校講師。1980年代に顧客教育インストラクタ(汎用コンピュータ)としてキャリアをスタート。その後,日本電子専門学校でマルチメディアコンテンツ制作,DTP,Linuxサーバ構築,TCP/IP,Webサイト構築,iOSアプリ制作の指導経験を積む。エンジニア・デザイナーのキャリアデザイン支援をライフワークとする。
著書に『プログラミングの世界へようこそ』(マイナビ出版)など。


↓全て表示↑少なく表示

  

図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書

図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書
(著)コンセンサス・ベイス株式会社
発売日 2019/09/02
総合評価
(4.1)
(2022/08/18 10:33時点)
ブロックチェーンの基礎技術と最新状況がわかる!

本書は、ブロックチェーンの基本やしくみ、開発手法やツールなどを一通り学ぶことのできる図解入門書です。ブロックチェーンの基礎技術としては、最も普及しているビットコインブロックチェーンや、スマートコントラクトのプラットフォームとして注目されるイーサリアムなどを題材に解説を行い、現在のブロックチェーンの技術的課題や最新動向もしっかりフォローします。エンジニア1年生、フィンテック業界への転職・就職を目指す人、ブロックチェーンを導入したい企業の担当者に向け、豊富なイラストや具体的な資料を用いてわかりやすく解説します。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 ブロックチェーンの基礎知識
01 ブロックチェーンとは何か
02 ブロックチェーンの特徴
03 ブロックチェーンの歴史
04 プライベートチェーン
05 パブリック・プライベートチェーンの開発方法の違い
06 ブロックチェーンの活用事例
第2章 ビットコインブロックチェーンの仕組み
01 ビットコインの動作
02 P2P ネットワーク
~中央管理者のない分散環境のメリット
03 トランザクション
~取引履歴によって通貨を表現
04 ブロック
~取引が記録されたデータの塊
05 ビットコインマイニング
~ビットコインに価値が生まれる理由
06 コンセンサスとフォーク
~ P2Pにおける合意形成の仕組み
07 マイニングプールとクラウドマイニング
08 オーファンブロック
~チェーンから外れた孤立ブロック
09 フルノードと軽量クライアント
第3章 ビットコインブロックチェーンを支えるコア技術
01 ビットコインネットワーク
02 トランザクションとブロックの伝播
03 メモリープールとペンディングトランザクション
04 公開鍵暗号方式
~分散環境でセキュリティを担保するコア技術
05 デジタル署名
~データが改ざんされていないことを保証する
06 ハッシュ関数
~元のデータを再現できない特徴を活用
07 ビザンチン将軍問題
~偽の情報伝達の問題と対策
08 reorg
~チェーンを正当な状態に再編成
09 データベースとしてのブロックチェーン
10 電子マネーと仮想通貨は何が違うのか
第4章 ブロックチェーンを支える周辺技術
01 ホットウォレットとコールドウォレット
02 マルチシグ
~複数の署名でセキュリティ向上
03 UTXO とアカウントモデル
~残高管理の仕組みとメリット・デメリット
04 PoW(Proof of Work)
~ビットコインのセキュリティを高める仕組み
05 PoS(Proof of Stake)
06 BFT
~合意形成を行う仕組み
07 サイドチェーン
~ブロックチェーンの機能を拡張する技術
第5章 スマートコントラクトとDApps
01 スマートコントラクトとは
~分散ネットワーク上での契約締結・自動執行
02 分散アプリケーションとDAppsブラウザー
03 イーサリアムとEnterprise Ethereum
04 EOS
05 Hyperledger FabricとCorda
06 オラクル
~現実世界の情報をブロックチェーンに提供
07 スマートコントラクトの応用例
第6章 ブロックチェーンの技術的課題
01 スケーラビリティ
~チェーンの負担と拡張性の問題
02 Lightning Network
~ビットコインのスケーラビリティを解決する技術
03 Raiden NetworkとPlasma
~Ethereumのスケーラビリティを解決する技術
04 CasperとSharding
05 匿名性
~取引履歴をすべて追跡できる問題
06 51%攻撃
~計算能力の過半を支配することによる弊害
07 シビルアタック
~多数決による合意の危険性
08 Block Withholding Attack
~最長チェーンを隠して不正取引をもくろむ
09 Nothing at Stake
~「何も賭けていない」ことによる問題
第7章 ブロックチェーンの最新動向
01 クロスチェーン
~相互運用性を実現する最新技術
02 ブロックチェーンゲーム
~ゲーム分野へのブロックチェーン応用
03 ステーブルコイン
~価格を安定させ、利便性を高めた通貨
04 ICOとSTO
~仮想通貨発行による資金調達
05 トークンエコノミー
~トークンを介した新たな経済圏の創出

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス

未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス
(著)森川 夢佑斗
発売日 2018/10/30
総合評価
(3.9)
(2022/08/18 10:33時点)
この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

〈電子書籍版に関する注意事項〉
本書は固定レイアウト型の電子書籍です。リフロー型と異なりビューア機能が制限されるほか、端末によって見え方が異なりますので、ご購入前にお使いの端末にて「無料サンプル」をお試しください。

【すべてのビジネスパーソン、必読! 考え方と仕組み、基幹技術とその進化、ビジネス活用分野、もたらされる未来までを総ざらい!】

「ブロックチェーン」という言葉を聞いたことがない方はいないと思います。ところが「ブロックチェーンとはどういった技術ですか?」という問いに、スパッと答えられる方は少ないかもしれません。なぜなら、ブロックチェーン技術には以下の3つの困った点があるからです。

第1に、ブロックチェーンは技術革新がめざましく、状況が目まぐるしく変化してきたという点です。ビットコインとともにブロックチェーン技術が誕生してからたった10年の間に、この技術は試行錯誤をくり返し、多種多様で複雑な技術体系となりつつあります。

第2に、目に見えるモノや実際に使えるサービスとしての体感が欠けている点です。実態として実用に耐えうるレベルに近づいたのはここ数年のことであるにもかかわらず、投機の対象として黎明期から人々の期待を集め取引が繰り返されてきたことで、本来あるべきはずの「技術に触れる体験」がごっそり抜け落ちています。

第3に、ブロックチェーン技術全般を視覚的に表現することが難しい点です。ブロックチェーンは暗号技術と経済モデルを組み合わせた仕組みのため、数式や文章で表現することはできてもビジュアルイメージに落とし込むことは困難です。また、ありとあらゆる業界のさまざまなプレイヤーを巻き込んでいくブロックチェーンのエコシステムは、どうしても複雑になってしまいがちです。

本書では、この3つのポイントに注力して、みなさんと「ブロックチェーンの直感的イメージ」を共有していきたいと思います。PART1で技術全体の進化と変遷をたどりながら、PART2で具体的な事例をもとに、金融業界、不動産業界、動産業界、製造・小売・物流業界、メディア・広告業界、音楽・コンテンツ業界、娯楽・ゲーム業界、医療・福祉業界、人材採用業界、エネルギー業界、官公庁、気象・環境業界、シェアリング業界、派遣業界でのユースケースを解説します。そしてPART3では、AIや生体認証、VR、ドローン、IoTなどの新しい技術を絡めながら、ブロックチェーンで変化する個人の行動や組織、経済圏、価値観、社会と人々の関係性など、今後の未来を予測していきます。全編を通じてモデル図を多用することで、ブロックチェーンを用いたビジネスモデルを可視化していきます。

近い未来には、ほぼすべての業界とかかわりを持つことになるであろう「ブロックチェーン」の、その「本当のところ」を掴んでください。

〈本書のおもな内容〉
■PART1 ブロックチェーンと仮想通貨の今
■PART2 応用されるブロックチェーン
■PART3 ブロックチェーンがもたらす未来

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Pythonで動かして学ぶ!あたらしいブロックチェーンの教科書

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

Solidityプログラミング ブロックチェーン・スマートコントラクト開発入門 (KS情報科学専門書)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 ブロックチェーン,イーサリアム,スマートコントラクト入門
第2章 イーサリアム,solidityのインストール
第3章 Solidity入門
第4章 グローバル変数と関数
第5章 式と制御構造 
第6章 スマートコントラクトの作成
第7章 関数,修飾子,fallback
第8章 例外,イベント,ロギング
第9章 Truffleの基礎と単体テスト
第10章 コントラクトのデバッグ

↓全て表示↑少なく表示
著者略歴

著:Ritesh Modi
Ritesh Modi  Microsoft Corporationシニアテクノロジーエバンジェリスト
他訳:花村 直親
花村直親  ITエンジニア・コンサルタントとしてブロックチェーンデータ分析プラットフォーム開発,暗号通貨監査などの経験を持つ。スタートアップ創業などを経て現在はブロックチェーンとデータを軸に複数社の事業立ち上げに携わっている。
他訳:松本 拓也
松本拓也  国内系コンサルティングファームを複数社経て,onplanetz株式会社を創業。データサイエンティストとして,機械学習のPoC開発を多数経験。現在はonplanetz株式会社でCTOとして企業向けの機械学習導入支援と並行して,ブロックチェーンの最新動向の調査及び開発を行っている。


↓全て表示↑少なく表示

  

ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)

ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
(著)山崎重一郎, 安土茂亨, 金子雄介, 長田繁幸
発売日 2021/09/24
総合評価
(4.2)
(2022/08/18 10:33時点)
ブロックチェーンの決定版教科書! 基礎から実践まで、豊富なイラストでよくわかる。学生からSE、エンジニアまでブロックチェーンを学びたい全ての人のためのテキスト。
トラストレスとは? 分権とは? コンセンサスとは? 知っているようできちんと知らないキーワードがしっかりわかる。最新の暗号技術、匿名化技術、ゲーム理論、分散処理技術の基礎知識と合わせながら学ぶことができる。
大学の講義や企業の技術者教育に用いることができるよう、15章立てで構成。章末の演習問題付き。本文カラー。

〔 目 次 〕
Chapter 1 ブロックチェーン技術の原点
Chapter 2 ブロックチェーンの概要
Chapter 3 スマートコントラクトと分散台帳
Chapter 4 ブロックチェーンを構成する暗号技術の基礎
Chapter 5 ビットコインのシステム構成と仕組み
Chapter 6 ビットコインの仕組みの詳細
Chapter 7 P2Pネットワーク
Chapter 8 さまざまなノード実装
Chapter 9 トークンの表現と利用
Chapter 10 ブロックチェーンのスケーラビリティ
Chapter 11 暗号技術とスマートコントラクト
Chapter 12 ブロックチェーンと匿名化技術
Chapter 13 ブロックチェーンを利用したシステム構成
Chapter 14 ブロックチェーン特有のリスク
Chapter 15 ブロックチェーンのビジネスへの導入
付録 数学的基礎

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter 1 ブロックチェーン技術の原点
Chapter 2 ブロックチェーンの概要
Chapter 3 スマートコントラクトと分散台帳
Chapter 4 ブロックチェーンを構成する暗号技術の基礎
Chapter 5 ビットコインのシステム構成と仕組み
Chapter 6 ビットコインの仕組みの詳細
Chapter 7 P2Pネットワーク
Chapter 8 さまざまなノード実装
Chapter 9 トークンの表現と利用
Chapter 10 ブロックチェーンのスケーラビリティ
Chapter 11 暗号技術とスマートコントラクト
Chapter 12 ブロックチェーンと匿名化技術
Chapter 13 ブロックチェーンを利用したシステム構成
Chapter 14 ブロックチェーン特有のリスク
Chapter 15 ブロックチェーンのビジネスへの導入
付録 数学的基礎

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

他著:山崎 重一郎
近畿大学産業理工学部 情報学科 教授
他著:安土 茂亨
株式会社chaintope 取締役CTO
他著:金子 雄介
株式会社日本総合研究所 先端技術ラボ


   

ブロックチェーンの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「ブロックチェーンの本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2022/08/18 10:33 更新)
Rank製品価格
1
ブロックチェーンでできる30のこと
発売日 2021/10/20
瀧澤龍哉 (幻冬舎*)
総合評価
(4.5)
1,430円
(+140pt)
1,144円
1,144円
1,430円
2
あなたの会社もブロックチェーンを始めませんか?
発売日 2020/07/31
(中央経済社)
総合評価
(4.4)
3,080円
2,926円
3,080円
3,080円
3
最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン
発売日 2021/12/23
大塚雄介 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
1,760円
880円
3,200円
1,760円
1,760円
4
ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
発売日 2021/09/24
山崎重一郎, 安土茂亨, 金子雄介, 長田繁幸 (講談社)
総合評価
(4.2)
3,960円
(+119pt)
3,960円
(+1201pt)
3,960円
3,960円
5
図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書...
発売日 2019/09/02
コンセンサス・ベイス株式会社 (技術評論社)
総合評価
(4.1)
2,178円
(+210pt)
2,069円
2,178円
2,178円
 

ブロックチェーンでできる30のこと

ブロックチェーンでできる30のこと
(著)瀧澤龍哉
発売日 2021/10/20
総合評価
(4.5)
(2022/08/18 10:33時点)
新時代を生き抜くために知っておくべき基礎知識とは?
生活を便利に変えるテクノロジーとその仕組み、さらにはその活用方法まで「業界の革命児」が丁寧に解説。
ブロックチェーンを「活用」できれば見える世界が変わってくる!
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
自己紹介(駆け出し起業家時代
私とビットコインとの出会い ほか)
ブロックチェーンって何?(ブロックチェーンの始まり
ブロックチェーンの歴史はまだ浅い ほか)
第1章 電子上取引やプラットフォーム(仮想通貨
地域通貨 ほか)
第2章 電子上での証明や管理(学位証明
本人確認、身分証明 ほか)
第3章 アート、商品等(アート作品の流通・評価
著作権保護 ほか)

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
全事例に図も載っていて、分かりやすかったです。 説明自体もその分野のことを知らなくても分かるように書かれていたと思います。 ただ、30事例しかないのでもう少しそれぞれボリュームがあっても良かったかなと思いました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
子供の勉強のために買いましたが、内容が分かりやすく自分でも読んでみたくなる内容でした。ブロックチェーンを始めたい方にはお勧めです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
わかりやすくて読みやすいです。 深く知ろうとするなら専門書を買えばいいです。 その前の入門編としては良かったです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
瀧澤龍哉(タキザワタツヤ)
1993年1月21日生まれ。日本の実業家、投資家。日本語と英語のバイリンガルで、海外ならびにアーティスト活動の際はTJayの名称で活動。Theotex Group HD株式会社会長、Platinum Egg株式会社取締役会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

あなたの会社もブロックチェーンを始めませんか?

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

ブロックチェーン・ビジネスの最前線に立つコンサルタント等が、自らが推進する国内外のプロジェクトの詳細や知見を盛り込んだ決定版。実際に活用される17の事例を紹介!
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン

時価総額1兆ドル突破!
いま再び盛り上がる仮想通貨の技術で世の中はどう変わるのか?
10万部ベストセラー全面改訂版
これからの投資、金融、経済、社会を語るうえで、絶対におさえておきたい情報をこの1冊に集約!

・ビットコインとは?
・ブロックチェーンとは?
・NFTとは?

話題に上がったとき、あなたは、説明できるでしょうか?

これらの名称をニュースなどで目や耳にしない日はないほど、世の中に浸透し認知は広がりました。
ですが、どれだけの人が、それらの内情を理解しているかというと、現実、それほど多くないように思われます。
とはいえ、「知っていて当然」の空気をまとい交わされるこれらの名称を、いまさら誰かに聞くのはなかなかむずかしいでしょう。

自分で調べてみても、情報が多すぎて、何が正しくて何が正しくないのかさえ判断できず、よくわからなかったという声も少なくありません。

さらに、日々刻々と進化し続けるテクノロジーにより、暗号資産、いわゆる、仮想通貨をめぐる状況は、いま、めまぐるしく変化しています。
数年前に得た知識なら、一度ブラッシュアップする必要があるのです。

投資を考えている人にはもちろん、ビジネスパーソンの基礎知識として、
これからの金融、経済、社会を語るうえで、絶対におさえておきたい情報をこの1冊にまとめました。

ぜひ入門書として読んでいただければと思っています。

さあ、時代の波に、一緒に乗っていきましょう。
【目次】
プロローグ いますぐ始めるビットコイン入門
PART1 ビットコインって何なの?
PART2 ビットコインの仕組みはどうなっているの?
PART3 仮想通貨はどこまで安全なの?
PART4 ブロックチェーンの進化と広がり
PART5 イーサリアムが切り開く未来
エピローグ 新たな「デジタル経済圏」を創造する

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)

ブロックチェーン技術概論 理論と実践 (KS情報科学専門書)
(著)山崎重一郎, 安土茂亨, 金子雄介, 長田繁幸
発売日 2021/09/24
総合評価
(4.2)
(2022/08/18 10:33時点)
ブロックチェーンの決定版教科書! 基礎から実践まで、豊富なイラストでよくわかる。学生からSE、エンジニアまでブロックチェーンを学びたい全ての人のためのテキスト。
トラストレスとは? 分権とは? コンセンサスとは? 知っているようできちんと知らないキーワードがしっかりわかる。最新の暗号技術、匿名化技術、ゲーム理論、分散処理技術の基礎知識と合わせながら学ぶことができる。
大学の講義や企業の技術者教育に用いることができるよう、15章立てで構成。章末の演習問題付き。本文カラー。

〔 目 次 〕
Chapter 1 ブロックチェーン技術の原点
Chapter 2 ブロックチェーンの概要
Chapter 3 スマートコントラクトと分散台帳
Chapter 4 ブロックチェーンを構成する暗号技術の基礎
Chapter 5 ビットコインのシステム構成と仕組み
Chapter 6 ビットコインの仕組みの詳細
Chapter 7 P2Pネットワーク
Chapter 8 さまざまなノード実装
Chapter 9 トークンの表現と利用
Chapter 10 ブロックチェーンのスケーラビリティ
Chapter 11 暗号技術とスマートコントラクト
Chapter 12 ブロックチェーンと匿名化技術
Chapter 13 ブロックチェーンを利用したシステム構成
Chapter 14 ブロックチェーン特有のリスク
Chapter 15 ブロックチェーンのビジネスへの導入
付録 数学的基礎

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
Chapter 1 ブロックチェーン技術の原点
Chapter 2 ブロックチェーンの概要
Chapter 3 スマートコントラクトと分散台帳
Chapter 4 ブロックチェーンを構成する暗号技術の基礎
Chapter 5 ビットコインのシステム構成と仕組み
Chapter 6 ビットコインの仕組みの詳細
Chapter 7 P2Pネットワーク
Chapter 8 さまざまなノード実装
Chapter 9 トークンの表現と利用
Chapter 10 ブロックチェーンのスケーラビリティ
Chapter 11 暗号技術とスマートコントラクト
Chapter 12 ブロックチェーンと匿名化技術
Chapter 13 ブロックチェーンを利用したシステム構成
Chapter 14 ブロックチェーン特有のリスク
Chapter 15 ブロックチェーンのビジネスへの導入
付録 数学的基礎

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

他著:山崎 重一郎
近畿大学産業理工学部 情報学科 教授
他著:安土 茂亨
株式会社chaintope 取締役CTO
他著:金子 雄介
株式会社日本総合研究所 先端技術ラボ


  

図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書

図解即戦力 ブロックチェーンのしくみと開発がこれ1冊でしっかりわかる教科書
(著)コンセンサス・ベイス株式会社
発売日 2019/09/02
総合評価
(4.1)
(2022/08/18 10:33時点)
ブロックチェーンの基礎技術と最新状況がわかる!

本書は、ブロックチェーンの基本やしくみ、開発手法やツールなどを一通り学ぶことのできる図解入門書です。ブロックチェーンの基礎技術としては、最も普及しているビットコインブロックチェーンや、スマートコントラクトのプラットフォームとして注目されるイーサリアムなどを題材に解説を行い、現在のブロックチェーンの技術的課題や最新動向もしっかりフォローします。エンジニア1年生、フィンテック業界への転職・就職を目指す人、ブロックチェーンを導入したい企業の担当者に向け、豊富なイラストや具体的な資料を用いてわかりやすく解説します。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
第1章 ブロックチェーンの基礎知識
01 ブロックチェーンとは何か
02 ブロックチェーンの特徴
03 ブロックチェーンの歴史
04 プライベートチェーン
05 パブリック・プライベートチェーンの開発方法の違い
06 ブロックチェーンの活用事例
第2章 ビットコインブロックチェーンの仕組み
01 ビットコインの動作
02 P2P ネットワーク
~中央管理者のない分散環境のメリット
03 トランザクション
~取引履歴によって通貨を表現
04 ブロック
~取引が記録されたデータの塊
05 ビットコインマイニング
~ビットコインに価値が生まれる理由
06 コンセンサスとフォーク
~ P2Pにおける合意形成の仕組み
07 マイニングプールとクラウドマイニング
08 オーファンブロック
~チェーンから外れた孤立ブロック
09 フルノードと軽量クライアント
第3章 ビットコインブロックチェーンを支えるコア技術
01 ビットコインネットワーク
02 トランザクションとブロックの伝播
03 メモリープールとペンディングトランザクション
04 公開鍵暗号方式
~分散環境でセキュリティを担保するコア技術
05 デジタル署名
~データが改ざんされていないことを保証する
06 ハッシュ関数
~元のデータを再現できない特徴を活用
07 ビザンチン将軍問題
~偽の情報伝達の問題と対策
08 reorg
~チェーンを正当な状態に再編成
09 データベースとしてのブロックチェーン
10 電子マネーと仮想通貨は何が違うのか
第4章 ブロックチェーンを支える周辺技術
01 ホットウォレットとコールドウォレット
02 マルチシグ
~複数の署名でセキュリティ向上
03 UTXO とアカウントモデル
~残高管理の仕組みとメリット・デメリット
04 PoW(Proof of Work)
~ビットコインのセキュリティを高める仕組み
05 PoS(Proof of Stake)
06 BFT
~合意形成を行う仕組み
07 サイドチェーン
~ブロックチェーンの機能を拡張する技術
第5章 スマートコントラクトとDApps
01 スマートコントラクトとは
~分散ネットワーク上での契約締結・自動執行
02 分散アプリケーションとDAppsブラウザー
03 イーサリアムとEnterprise Ethereum
04 EOS
05 Hyperledger FabricとCorda
06 オラクル
~現実世界の情報をブロックチェーンに提供
07 スマートコントラクトの応用例
第6章 ブロックチェーンの技術的課題
01 スケーラビリティ
~チェーンの負担と拡張性の問題
02 Lightning Network
~ビットコインのスケーラビリティを解決する技術
03 Raiden NetworkとPlasma
~Ethereumのスケーラビリティを解決する技術
04 CasperとSharding
05 匿名性
~取引履歴をすべて追跡できる問題
06 51%攻撃
~計算能力の過半を支配することによる弊害
07 シビルアタック
~多数決による合意の危険性
08 Block Withholding Attack
~最長チェーンを隠して不正取引をもくろむ
09 Nothing at Stake
~「何も賭けていない」ことによる問題
第7章 ブロックチェーンの最新動向
01 クロスチェーン
~相互運用性を実現する最新技術
02 ブロックチェーンゲーム
~ゲーム分野へのブロックチェーン応用
03 ステーブルコイン
~価格を安定させ、利便性を高めた通貨
04 ICOとSTO
~仮想通貨発行による資金調達
05 トークンエコノミー
~トークンを介した新たな経済圏の創出

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

ブロックチェーンの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

以下がブロックチェーンの本の新書(2021年,2022年発売)の一覧(発売日の新しい順)です。

(2022/08/18 10:33 更新)
製品価格
580円
498円
入門 Web3とブロックチェーン (PHPビジネス新書)
発売日 2022/07/16
山本 康正 (PHP研究所)
総合評価
(3.5)
792円
1,250円
600円
600円
600円
600円
600円
600円
 

ブロックチェーンの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるブロックチェーンの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2022/08/18 10:33 更新)
Rank製品価格
1
最新 いまさら聞けないビットコインとブロックチェーン
発売日 2021/12/23
大塚雄介 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(4.3)
1,760円
880円
3,200円
1,760円
1,760円
2
いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン
発売日 2017/03/28
大塚雄介 (ディスカヴァー・トゥエンティワン)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.8)
1,242円
825円
3,300円
1,650円
198円
3
2,035円
(+200pt)
1,643円
1,826円
2,035円
4
ブロックチェーンプログラミングのためのコンピュータサイエンスがわかる本...
発売日 2019/03/18
石川 聡彦, 永尾 修一, 中川 聡 (KADOKAWA)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.5)
2,750円
1,362円
1,375円
2,750円
5
580円
6
未来IT図解 これからのブロックチェーンビジネス
発売日 2018/10/30
森川 夢佑斗 (エムディエヌコーポレーション(MdN))
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.9)
1,650円
1,568円
1,650円
515円
7
498円
8
1,250円
9
398円
10
320円
 

おまけ:本より高コスパ?「Udemy ブロックチェーンおすすめ講座」

Udemyではブロックチェーンを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

以下の表が、ブロックチェーンの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

人気
Rank
学習コース評価
1
(4.6)
総評価数 704件
2
(4)
総評価数 4550件
3
(4.2)
総評価数 2047件
4
はじめてのブロックチェーン
発売日 2019/04/01
受講者 8,896人
無料講座
(4.3)
総評価数 1885件
5
(4.3)
総評価数 1119件

 

関連:「NFT」「Web3.0/メタバース」関連の本

以下では、同様に「NFT」「Web3.0/メタバース」に関する本も紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました