【2020最新】ポータブル/外付けSSD 容量別人気25製品

こちらでは、PCデータ容量の拡張や、持ち運び・他の環境でのデータ利用などに便利な外付けSSDを紹介。

数年前はSSDは高級品でしたが、技術発展とともに単価も低下、今や大容量サイズでもかなり安価に購入が可能となっています。

こちらでは、外付けSSDを容量別の人気製品とともに紹介していきます。

Contents

「250GB」外付けSSD 人気の5製品

以下が「250GB」の外付けSSD、人気の5製品です。

250GBの外付けSSDについて、以下で最新・高評価製品や安価なものなども詳細に紹介しています。

(2020/10/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
SSD-PM240U3A-R(レッド) 外付SSD 240GB USB3.1接続 耐衝撃
発売日 2019/12/11
通常 4,800円
現在 4,800円
(0)
総評価数 0件
2
(0)
総評価数 0件
3
(4.5)
総評価数 4191件
4
(4.5)
総評価数 13件
5
(4.3)
総評価数 49件

SSD-PM240U3A-R(レッド) 外付SSD 240GB USB3.1接続

  • 容量:240GB
  • 対応情報:対応OSなどの対応情報は、メーカーHP「対応情報ページ」からご確認ください。
  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1

↓全て表示↑少なく表示
 
SSD-PM240U3A-R(レッド) 外付SSD 240GB USB3.1接続 耐衝撃
発売日 2019/12/11
通常 4,800円
現在 4,800円

  

BUFFALO USB3.2(Gen1) 超小型ポータブルSSD(250GB) モスブルー

  • 対応するパソコン:USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0端子(Type-AまたはType-C)搭載のWindowsパソコン、Mac
  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1
  • 端子形状:Micro-B

↓全て表示↑少なく表示
 
  

BUFFALO USB3.1Gen1 ポータブルSSD 240GB 日本製 耐衝...

  • 【容量】240GB(PS4非対応)
  • 【接続規格】USB3.1(Gen1)/3.0/2.0
  • 【OS】mac_os 、Windows_10
  • 【本体寸法(幅×高さ×奥行)】75×11.5×117mm 【本体質量】約100g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB3.1(Gen1)ケーブル(50cm)、取扱説明書(保証書)
  • 【保証期間】1年間

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
SSDそのものの仕様や性能は他のレビュアーの方が書かれておりますので、自分は主にPS4での用途の事を。
試したゲームはモンスターハンターワールドで、当方PS4slim、500GB。
メニュー画面からキャラクターを選択した後に大体一分半程度のロード時間が入ると思いますが、それが16秒で終わります。

もう一度言います。一分半→16秒です。

ここまで明確にロードが改善するとは思っていませんでした。その他の場面でロードを挟むような状況でも即座にロードが完了します。
このSSDの過去のモデルだと付属のケーブルの仕様が古く満足に速度が出ないという報告もありましたが、このモデルだとケーブルの方も新しく買い足す必要はありません。
このSSDを購入し、ケーブルでPS4を繋ぎ、SSDの中にロード時間短縮をしたいゲームのデータを移動するだけです。本当に簡単なんです。
他にケースとSSDを別途購入し装着するタイプのもありますが、よくわからなければコチラを購入した方が失敗しないかと思われます。

一つだけ注意点なのですが、PS4は仕様上250GB以下の容量のSSDを使用することが出来ません。こちらのモデルだと最低容量のものが240GB、つまりギリギリPS4で使用出来ませんので、一つ上の480GBのものを必ず購入しましょう。
価格もフルプライスのゲーム一本分とリーズナブルですので、この機会に購入してはどうでしょうか。自分は非常に満足の行く買い物だったと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
iMac 21.5 late2012 8GB  内蔵HDDがかなり遅くなって来たので外付け起動用に購入。 

数年前に保証内で内蔵HDD交換したのですが、その時と同じように起動、動作の全てが使いものにならないほど遅くなり、フリーズすることもしばしば。 fastaidで修復して多少マシになってもすぐにだめ。なのでので今回は外付けSSDに。 

結果は大変満足。 タイムマシンからの復元なので不要ファイル等もそのままの状態でも、起動、動作共に見違えました。
SSDの評価を見ていつかは変えようと思っていましたが、もっと早くに使っていればと後悔するほどの感動です。

内蔵交換も考えていましたが、私には充分過ぎます。 音に関してはファンが無いのであたりまえですが、発熱も現状では全く問題なし。 金額も1TBで2万そこそこ。 コストパフォーマンスも非常に高いと思います。

  (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

KEXIN ポータブルSSD 250GB USB3.1 Gen2 外付SSD ミニSSD

  • 1. 超薄型ポータブルSSD:このポータブルSSDのサイズは64.5x27.9x9.9mmで重量はわずか23gで、非常に軽量でコンパクトなので、ポケットや財布にデータを簡単に持ち運ぶことができます。
  • 2. 高速伝送:このUSB 3.1の外付けSSDから提供された書き込み速度と読み取り速度が200 MB/sと400 MB/sに達し、数秒で大型ファイルを高速で転送できます。 USB 3.0およびUSB 2.0と互換性があります。
  • 3. 幅広い互換性:1本のUSBA to Cケーブル(30 cm)を付属します。a型のポートを持つすべてのコンピュータと接続できます。PS 4、Windows、Mac、Android、Linuxシステムなどに対応しています。ノートパソコンやスマートフォンのUSB Cポートにも対応しています。*注:USB Cポート以外の機器は、対応するケーブルを別途購入する必要があります。
  • 4. 高品質&優れた性能:頑丈のアルミニウム合金を採用した薄型で、軽量な外付けSSDはSSDカーネルを保護し、放熱が速く、スタイリッシュなデザインで携帯に便利です。家庭、オフィス、ビジネスにとても適しています。
  • 5. パッケージ&保証:1*250GBポータブルSSD 1*USB Type-A to C ケーブル(30cm)。24 ヶ月の保証期限、弊社の製品に対して何かご質問やご提案がありましたら、ぜひお問い合わせください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 この商品を購入したきっかけは
地方ロケに行った時の荷物を減らすことです
出先で編集をする時もあります
そんな時は、SSDで作業をした方が楽なんですが
大き目のSSDしか持っていなかったので
コンパクトで容量少なめのSSDが欲しかったので
この商品にしました
コピー時間も動画をご覧いただければわかると思いますが
快適に作業が出来ています。

良品 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
動画編集で今まで外付けHDDを使っていましたが
このSSDにして作業が高速化しました。
250GBと1TB を比較してみました。
レビュー動画掲載しましたのでよかったらYOUTUBEで見て下さい。
「えつのすけ」と検索してもらったら出てきます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO USB3.1(Gen2)対応 ポータブルSSD 250GB ブラック

  • USB3.1(Gen2)対応 ポータブルSSD 250GB ブラック
  • 【容量】250GB
  • 【接続規格】USB3.1(Gen2/Gen1)/3.0/2.0
  • 【本体寸法(幅×高さ×奥行)】103×9.8×31.5mm【本体質量】約40g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB3.1(Gen2/Gen1)ケーブル(Type-C to Type-C、30cm)、USB3.1(Gen1)ケーブル(Type-C to Type-A、30cm)、取扱説明書(保証書)
  • 【保証期間】1年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
私は1TBと500GBかな?の2つを使ってますが、最初に500GBの方を購入し、全く振動などを加えていないにもかかわらず、良く勝手に抜き差ししたように一瞬接続が外れ、またコンマ1秒くらいで再接続されるような挙動がありました。

この個体固有の不具合なのかなと思いながら、改めて1TBをAmazonで購入
こちらも同じ挙動に笑
しかも2つ同時に接続している場合は同じタイミングで抜き差し挙動が起こります。
個体ではなくこの商品の特性なのだとわかりましたが、外付けSSDやHDDを使用中に抜き差しするのは故障の原因になり得ると思うので、そういった意味では保存媒体としては星⭐️くらいしかあげられません。

ただ2つ目も購入してしまっているのは、故障して中のデータが見れなくなる危険性よりも、そのコンパクトさ・携帯性に魅力を感じるからです!

接続の甘さ以外は星⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初めてのポータブルSSDなので参考程度にどうぞ。
この中に1TBもはいるのか?と思えるほど小さく、非常にコンパクトで使いやすいです。読み込み・転送速度は全く問題ないです。使用中は高温になるときがあります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

「500GB」外付けSSD 人気の5製品

以下が「500GB」の外付けSSD、人気の5製品です。

500GBの外付けSSDについて、以下で最新・高評価製品や安価なものなども詳細に紹介しています。

(2020/10/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(3.9)
総評価数 21件
2
(4.8)
総評価数 14件
3
(4.5)
総評価数 19件
4
(0)
総評価数 0件
5
(0)
総評価数 0件

I/Oデータ USB3.1(Gen1)対応 外付けポータブルSSD 480GB(スモーキーブラック)

  • タイプ:SSD
  • インターフェイス:USB 3.1 Gen 1/USB 2.0
  • 容量:480
  • 単位:GB
  • ポイント1:ハードディスクより小さく、速いSSD

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
テスラのモデル3パフォーマンス2020年モデルで起動を確認しました
ネットカフェのWindowsパソコンに繋ぎ形式をexFATに設定→TeslaCamという名前のフォルダを作成でダッシュカム+セントリーモードの録画を確認できました (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ローディングが長く続ける事が出来なかったゲームを快適に遊ぶ事ができて、ありがたいかぎりです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

I/Oデータ USB3.1(Gen1)対応 外付けポータブルSSD 480GB(ワインレッド)

  • タイプ:SSD
  • インターフェイス:USB 3.1 Gen 1/USB 2.0
  • 容量:480
  • 単位:GB
  • ポイント1:ハードディスクより小さく、速いSSD

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
受け取り後、即デスクトップPCデータを持ち歩いてます。軽量で快速便利です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイ・オー・データ機器 SSPH-UA480NV USB3.1 Gen1(USB...

  • 容量:480GB
  • 動作環境:USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0いずれかのポートを装備した機種
  • ※ USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0いずれかのインターフェイス商品を装備した機種を含む。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4の有名な狩りのゲームをする為に購入したのですがこれは本当に素晴らしい!
ロード時間なども今までの半分以下だし
取り付けもめっちゃ簡単!
悩んでいるなら絶対に買うべし! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4のために購入。以前HDDを使用していましたが、格段に早くなりました。
とてもお勧めです。モンハンライフとくに、リセマラをする方にはお勧めです、 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

バッファロー SSD-PGM480U3-W USB3.2(Gen2) ポータブルSSD

  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1
  • 端子形状:USB 3.2(Gen 2) Cコネクター

↓全て表示↑少なく表示
 
 
  

バッファロー SSD-PGM480U3-B USB3.2(Gen2) ポータブルSSD

  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1
  • 端子形状:USB 3.2(Gen 2) Cコネクター

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

「1TB」外付けSSD 人気の5製品

以下が「1TB」の外付けSSD、人気の5製品です。

1TBの外付けSSDについて、以下で最新・高評価製品や安価なものなども詳細に紹介しています。

(2020/10/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.5)
総評価数 4196件
2
(4.6)
総評価数 356件
3
(4.6)
総評価数 1325件
4
(0)
総評価数 0件
5
(4.9)
総評価数 9件

BUFFALO USB3.1Gen1 ポータブルSSD 1TB 日本製 PS4(メーカー動作確認済)

  • HDDより速い・強いSSD USB3.1(Gen1) & 耐振動・耐衝撃
  • 【容量】1TB
  • 【対応機種】USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac、PS4、対応OS:Windows 10/8.1/7、Mac OS X 10.11以降
  • 【接続規格】USB3.1(Gen1)/3.0/2.0
  • 電源:USBバスパワー
  • 【サイズ】(幅×高さ×奥行):75×11.5×117mm、質量:約100g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB3.1(Gen1)ケーブル(50cm)、取扱説明書(保証書)
  • 【保証期間】1年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
SSDそのものの仕様や性能は他のレビュアーの方が書かれておりますので、自分は主にPS4での用途の事を。
試したゲームはモンスターハンターワールドで、当方PS4slim、500GB。
メニュー画面からキャラクターを選択した後に大体一分半程度のロード時間が入ると思いますが、それが16秒で終わります。

もう一度言います。一分半→16秒です。

ここまで明確にロードが改善するとは思っていませんでした。その他の場面でロードを挟むような状況でも即座にロードが完了します。
このSSDの過去のモデルだと付属のケーブルの仕様が古く満足に速度が出ないという報告もありましたが、このモデルだとケーブルの方も新しく買い足す必要はありません。
このSSDを購入し、ケーブルでPS4を繋ぎ、SSDの中にロード時間短縮をしたいゲームのデータを移動するだけです。本当に簡単なんです。
他にケースとSSDを別途購入し装着するタイプのもありますが、よくわからなければコチラを購入した方が失敗しないかと思われます。

一つだけ注意点なのですが、PS4は仕様上250GB以下の容量のSSDを使用することが出来ません。こちらのモデルだと最低容量のものが240GB、つまりギリギリPS4で使用出来ませんので、一つ上の480GBのものを必ず購入しましょう。
価格もフルプライスのゲーム一本分とリーズナブルですので、この機会に購入してはどうでしょうか。自分は非常に満足の行く買い物だったと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
iMac 21.5 late2012 8GB  内蔵HDDがかなり遅くなって来たので外付け起動用に購入。 

数年前に保証内で内蔵HDD交換したのですが、その時と同じように起動、動作の全てが使いものにならないほど遅くなり、フリーズすることもしばしば。 fastaidで修復して多少マシになってもすぐにだめ。なのでので今回は外付けSSDに。 

結果は大変満足。 タイムマシンからの復元なので不要ファイル等もそのままの状態でも、起動、動作共に見違えました。
SSDの評価を見ていつかは変えようと思っていましたが、もっと早くに使っていればと後悔するほどの感動です。

内蔵交換も考えていましたが、私には充分過ぎます。 音に関してはファンが無いのであたりまえですが、発熱も現状では全く問題なし。 金額も1TBで2万そこそこ。 コストパフォーマンスも非常に高いと思います。

  (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

バッファロー SSD 外付け 960GB 超小型 コンパクト ポータブル PS4...

  • 【仕事効率アップ】 最大約430MB/sの高速なファイル転送。外付けHDDよりも約3.6倍速く、重いファイルもサクサク動く※。バスパワー駆動で、PCにさすだけ。電源不要。持ち運びにも便利な小型サイズ
  • 【PS4を楽しむ】ゲームを保存するだけで、PS4やPS4 Proのロード時間を約4分の1まで短縮できる外付けSSD※。ケースやケーブルの別購入は不要で、届いた日からストレスフリーなゲーム体験
  • 【データの保護と保証】セキュリティソフトウェアによる暗号化で情報を保護※。購入から1年間の保証つき。故障予測ソフトウェアやデータ復旧サービス利用でトラブルへの対応も安心※
  • 【動作環境とインターフェイス】Windows、Mac、PS4対応。USB( USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0)、Type-A、Type-Cの3パターンで接続可能
  • 【付属品】USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0ケーブル(Micro-B to Type-A、30cm)、USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0変換アダプター(Type-A to Type-C)、取扱説明書(保証書)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この製品は、非常にコンパクトでフォーマットをexFATで行うとipadでもWindowsでも両方で了できます。
TYP-CのアダプタタはMac・ipad proで使えて、windowsではUSB3.1で接続、外付けHDDもexFATでフォーマット
したらTranscendの1TBがつながりました。これで大きい動画や写真、重要書類も移動簡単になりました。
今は、快適。iCloudを使うことがほとんどなくなりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
子供の写真を保存していたHDDのバックアップ用に購入しました。HDDからのコピーも十分早かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SanDisk PortableSSD 1TB 【PS4 メーカー動作確認済】 USB3.1

  • 読出し速度最大550MB/秒 で写真やビデオを超高速に保存、編集、管理
  • IP55の防滴性と防塵性を備え、様々な状況下でデータを保護
  • 最大2メートルの落下に耐える衝撃と振動に強い高耐久モデル
  • コンパクトなデザインでUSB3.1 Gen2の超高速転送に対応
  • 信頼の3年間限定保証
  • Windows10、Windows8.1、Windows7、Mac OS High Sierra、Sierra、Mac OS X EI Capitan
  • USBインターフェース: USB Type-C/USB Type-Aポート、USB3.1(Gen2/ Gen1)、USB 3.0/2.0ポート
  • 高画質の写真や動画に最適、サンディスク エクストリーム ポータブルSSD

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PCと常にセットで持ち歩きたいため、なるべく小型軽量で安定性のある実用的な製品を探して本製品に辿り使いました。

実際に商品が届いて中を見てみると、端から端まで16.5cmの両端USB Type-Cのケーブルが付属しています。ケーブルはかなり硬く無理矢理曲げると断線しそうで、せいぜい緩やかに180度向きを変えるのが限度です。なお、開封した時点で180度の跡がついています。これを真っ直ぐにすることは苦なく出来ます。
形状は、可能な限り小さく軽くして欲しかったと思いますが、十分小さく軽い上に、大きな穴の空いたデザインも実用的でもありそうですし、嫌いでは無いので良いと思っています。

USB Type-CをType-Aに変換するアダプタが付属していますが、これは無駄に大きくも無く、ケーブルタイプでも無い最小限の大きさになっており、気に入りました。
ただし、付属のUSBケーブルと変換アダプタとで凸凹の形で噛み合うようになっているため、他社のUSB Type-Cケーブルでの流用は出来ないかもしれません。
ただこれは、他社品で使えないように嫌がらせで付けている凸凹ではなく、両面使用可能なType-Cケーブルを片面仕様のType-Aの変換コネクタに接続するに当たり、信号品質維持の為に向きを固定する為に付けているものだと思われいます。本来はUSB3.0以降は延長すると信号品質が維持できないため規格では禁止されていますので、このような工夫をして信号品質を維持しているのかと思います。

SSD本体は、丸い穴が並んでいる面は、カチカチのプラスチックのような感触です。
側面と反対側は説明しづらいのですが、ふにゅふにゅしたような、まとわりつくような感触で私はあまり好きではありません。埃も付きやすいです。

使用時の発熱ですが、連続してベンチ―マークを取ったり、1TBくらいのデータを一気に書き込んだり、読み込んだりしてもほんのり暖かくなる程度でした。熱くなるというレビューが多いですが、他のNVMe(PCIe)のSSDやUSBメモリの発熱に比べれば気にするほどでは無く、気にせず使えるレベルだと思っています。

速度についてはベンチマークをいくつかとってみました。
使用したPCは Latitude 5290 2-in-1 (2018年モデル) です。

まず、本製品は exFAT の アロケーションユニットサイズが 1024kB(1MB) でフォーマットされています。exFATでフォーマットされているのはMacでも使えるようにだと思いますが、アロケーションユニットサイズが1MBというのは大きすぎますね。速度を出すためかとも思ったのですが・・・・
私はMacは使わないので、よりセキュリティや安定性のあるNTFSでの使用を考え、NTFSのアロケーションユニットサイズ 32kB と 4kB とで比較しましたが、結論は画像を見ていただけば分かりますが、予想に反して元のexFAT 1024kBとほとんど速度差はありませんでした。

アロケーションユニットサイズが大きすぎると、小さいファイルを多く扱う際に無駄が発生し、容量がすぐにいっぱいになってしまいます。
少なくともUSB3.0では速度差が無いですし、他の方のレビューのベンチマークのUSB3.1と比較してもシーケンシャルの読み書きで100MB/sの差があるものの、ランダム読み書きでは大きな差はなさそうです。
アロケーションユニットサイズは、それぞれ標準のexFATなら256kB、NTFSなら4kBで良いのでは無いかと思います。
フォーマットはMacを使う方はexFATが良いと思いますが、Windowsのみの方はセキュリティや安定性により優れるNTFSが良いと思います。
私はNTFS 4kBにしましたが、問題なく使えています。

PC内蔵のUSB3.0ポート(Type-C, Type-A)と、USB3.0 Hub経由との比較もしました。Hub経由だと少し遅くなっているものの、あまり気にするレベルでも無いかと思い、最初はHub経由で使用していたのですが、大きなファイルのコピーをするときに頻繁に速度がめちゃくちゃ低下し、さらには止まってしまう現象が発生しました。同じファイルをコピーするときは毎回同じところで速度低下や止まったります。Hubのキャッシュ容量などのせいなのかもしれません。本製品をPCのUSBポートに直結したら、一切発生しなくなりました。
exFAT でも NTFS でも同じように発生したので、フォーマットの問題では無いと思います。
私が使用したHubは正確にはドッキングステーションで、Plugable UD-ULTCDL というものです。
他の方のレビューにも止まってしまうというレビューがありますが、もしかするとHub経由だったとすると同じ問題かもしれません。

最後に、HDDとの速度差を参考までにベンチマークしてみました。さすがに段違いですね。

本製品はUSB3.1(Gen2)対応で読み込み速度550MB/sということですが、私がベンチマークとったのはUSB3.1(Gen1)(=USB3.0)なので、シーケンシャル読み書きはそこまで届いていませんが、他の方のUSB3.1のベンチマークと比べるとランダム読み書きは遜色ないようです。

私は早くからPCのDISKはSSDを使っていたので、この製品で速度に感動するようなことはありませんでしたが、SDカードやUSBメモリのように遅くてイライラすることもなく、内蔵SATAのSSDと同等に安定・快適に、そして安心して使えています。
常時持ち歩いて使用しているので、HDDと違い、落としても簡単には壊れないという点も良いですね。

国内メーカーを応援している私としては、SanDiskのSSDということで、東芝と協業しているFlashメモリを使用しているところもお気に入りです。

大きな不満はありませんが、あえてマイナスポイントを上げるのなら、本体の感触がちょっと気持ち悪かったのと、3年保証なのだから付属のデータ復旧ソフトの有効期限も1年では無く3年にしてくれれば良いのに、という2点でしょうか。

(2019/08/13 追記)
一週間程度、毎日仕事で10時間以上使用しての感想です。
やはり発熱は大したことありません。会社にいある間、長いときは10時間以上接続しっぱなしですが、一番熱いところでも、ほんのり暖かいというよりは少し熱め、というレベルです。まったく気にする必要の無いレベルかと思います。

また、毎日PCと一緒にカバンに入れて持ち歩いていますが、樹脂とシリコンっぽいケースが意外に良いです。
金属ケースだと放熱には優れるかもしれませんが、そもそも放熱を気にするほど温度が上がっていませんし、金属だとカバンに入れるときは自分自身や周囲の物やカバンに傷がつかないか気になってしまい、緩衝材や袋に入れたくなると思います。
しかし、この商品のソフトなシリコンっぽいケースは感触が気持ち悪いと書きましたが、通常さっと持つ分には気にならないし、このソフト感が周囲の物やカバンに傷を付ける心配がなく、自分自身にも傷が付きにくそうで、精神衛生上とても言い方向に作用しています。
穴模様のある硬いプラの部分は早速こすったような傷が付いてしまいましたが・・・。カバンの中で付いてしまったようです。

なお、アイドル(接続してるけど読み書きしていない)状態での消費電流は290~320mAの間をうろうろしていました。USBコネクタに挿入する簡易電流計での測定ですが。

読み書きの速度も内臓SSDと遜色なく使えており、特に不具合は感じていません。
USBケーブルが短いので、SSD本体を机の上の置きたいところにピタッと配置できないというのはありますが、まぁ気になる人は別途USBケーブルを用意すればいい話でしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4(初期型)用に500GBを購入しました。

内蔵HDDのゲーム容量を管理するのがそろそろ限界で換装すべきか考えましたが、とても手間がかかり、SATA2.0という制約もあります。

それより規格上高速な USB3.0接続のSSDを追加ストレージとすることにしました。

内蔵HDDと合わせ、1TBという形になりゲーム保存容量の拡大と、SSDによる高速化の目的を達成できて満足です。
それにSSHDよりは効果があったかなと思っています。

欠点は2つしかないUSB3.0端子を常時使用してしまうこと と 外見上の問題でしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

バッファロー SSD-PGM960U3-B USB3.2(Gen2) ポータブルSSD

  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1
  • 端子形状:USB 3.2(Gen 2) Cコネクター

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

アイ・オー・データ機器 SSPH-UA960NV USB3.1 Gen1(USB...

  • 容量:960GB
  • 動作環境:USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0いずれかのポートを装備した機種
  • ※ USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0いずれかのインターフェイス商品を装備した機種を含む。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4Pro用に購入しました。
MHWのIB発売後、そのロードの遅さに耐えかねての経緯となります。
非常に小さい上、軽いのでノートパソコンの外部ドライブとしての設計は伊達じゃないと思います。小さすぎて回して遊びそうになるくらいです。後カッコイイです。

結果として、ソフト起動からプレイデータ読み込み、拠点で操作可能になるまでの時間は半分ほどになったのではないかと思います。
クエスト受注後のスタートもそこそこ早くなりました。
それ以外のゲームについてはあまり実感がないですが(ロックマンコレクションなどばかりのため)、目的は達成しているので無駄とは思っていません。

本体は基本スタンバイで使っていますが、本品を設置してからスタンバイ復帰に数秒かかるようになりました。
起動データを移しているので当たり前かもしれないです。
また、同様のバッファロー製品よりも若干高値かもしれません。
PS5も発表された為、どの程度使い込むかにもよりますが、互換性が担保されているならそのまま使い回すことも考えています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
コンパクトで置き場所に困らない (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

「2TB」外付けSSD 人気の5製品

以下が「2TB」の外付けSSD、人気の5製品です。

2TBの外付けSSDについて、以下で最新・高評価製品や安価なものなども詳細に紹介しています。

(2020/10/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(0)
総評価数 0件
2
(0)
総評価数 0件
3
(0)
総評価数 0件
4
(0)
総評価数 0件
5
(4.3)
総評価数 1551件

バッファロー SSD-PGM1.9U3-B USB3.2(Gen2) ポータブルSSD

  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1
  • 端子形状:USB 3.2(Gen 2) Cコネクター

↓全て表示↑少なく表示
 
 
  

バッファロー SSD-PG1.9U3-BA USB3.1(Gen.1)対応 ポータブルSSD

  • 容量:1.9TB
  • 対応機種:USB 3.1(Gen1)/3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac
  • 対応OS:macOS 10.12以降、macOS X、Windows 10、Windows 10(Sモード)、Windows 7、Windows 8.1
  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.1(Gen1)/3.0/2.0

↓全て表示↑少なく表示
 
 
  

バッファロー SSD-PGM1.9U3-W USB3.2(Gen2) ポータブルSSD

  • セキュリティー:SecureLock Mobile2(暗号化:AES 256bitソフトウェア方式)
  • インターフェース:USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 端子数:1
  • 端子形状:USB 3.2(Gen 2) Cコネクター

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

アイ・オー・データ機器 WDBA3S0020BBK-JESN WD_Black P50

  • 容量:2TB
  • 対応機種:Playstation®4、Playstation®4 Pro、Xbox One®
  • 対応OS:Windows 10/Windows 8.1、macOS 10.11以降
  • インターフェイス:USB 3.2 Gen 2×2ポート
  • 電源:USBポートより給電

↓全て表示↑少なく表示
 
  

WESTERNDIGITAL WD ポータブルSSD 2TB USB3.0 イエロー

  • 容量:2TB、PlayStation4 メーカー動作確認済
  • 対応OS (Windows):Windows 10、Windows 8.1の各オペレーティングシステム、対応OS (Mac):Mojave、High Sierra、またはSierra ※タイムマシンを利用する場合は再フォーマットが必要です。
  • 接続規格/ドライブフォーマット形式:USB 3.0 (USB 2.0)
  • 内容物:本体、 クイックインストールガイド
  • メーカー保証期間:3年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4(初代)の増設用に購入しました。
こちらの製品はSSDから直接コードが生えているのでコード基部に無駄なコネクタがなく
コネクタの出っ張りとかコネクタの隙間の埃とかそういうのが気にならないので非常にGoodです!
PS4に取り付けそのままPS4の上におくための最短長は確保されているので収まりもよいです。

もちろんモンハンなどの読み込み速度も速くなったのでクエスト受けてから出発するまでの時間が非常に
短時間で済み、協力プレイ時もお待たせしなくて済みます。

ゲーム用途だけでなく、本体も非常に軽くケーブルも本体に収納出来て携帯性もよく
形状もシルエットで見ると飛び出しのない四角い箱状になるので携帯性がよいので
PCでの運用のためにもう一つ買おうかななんて思っています。
ゴムダンパーもついてるので衝撃にも安心ですからね (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
最近まではデータを持ち運ぶのには主にUSBメモリ、容量が大きいときはポータブルHDDを使用していたが、SSDの価格も下がってきたので今回はポータブルのSSDを購入してみた。
最初パッケージを開けたときにポータブルHDDと同程度の物を予想していたら、あまりのコンパクトさと軽さに唖然とした。こんなに軽くて小さくてしかも1TB!もうHDDには戻れない。今後もっと低価格化が進むだろうし、大容量のSSDが出たら1万円弱のゾーンの製品を買い繋いでいこうと思う。
1つ気になったのは、他の人のレビューを読むと、確かにケーブルが外れない仕様なのでケーブルが断線したらと考えると少し怖い。自宅のデスクトップには外付けHDDを使用しているので、そちらにバックアップを定期的にとる必要がありそうだ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

関連:大容量保存向け「外付けHDD」

以下では読み取り・転送速度は落ちますが、単価安く大容量の保存が可能な外付けHDDも紹介しています。合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました