Sponsored Link

Amazon Echoとは?特徴と他社AIスピーカーとの違いを紹介!

※2017/11/28 実使用した上で更新

Amazon製のAIスピーカー「Echo(エコー)」とはいったいどんなものなのか。こちらではAmazon Echoの特徴や他社製品との違いをまとめています。

Sponsored Link

Amazon Echoとは

echo_s

Amazon Echoはアマゾンが製造しているAIスピーカー(スマートスピーカー)製品です。アマゾン製ののAIアシスタント「Alexa」が搭載されており、話しかけるだけで様々なことが可能です。「Echo」のスペックは以下です。

項目 内容
製品名 Echo(エコー)
メーカー Amazon
AIアシスタント Alexa(アレクサ)
価格 11,980円
発売日 日本 2017年11月15日から順次
無線規格 802.11a/b/g/n(2.4GHz/5GHz) Wi-Fi
スピーカー 2.5インチウーファー
0.6インチツイーター
マイク 7個搭載
日本提携企業
(Skills提供)
NTTドコモ, クックパッド,
KDDI, 積水ハウス,
ソフトバンク, NHK,
JR東日本, 三菱UFJ,
ヤフー, リクルート
他多数

Amazon Echoには複数の機種があります。Echoを含む各機種の概要は以下です。

echo_all

  • 音質が下がるが安価で小さい「Echo Dot」
  • 最もスタンダードな「Echo」
  • スマートホームハブ機能搭載の「Echo Plus」
  • モニター付き安価な「Echo Spot」(日本販売なし)
  • モニター付きで最上位版「Echo Show」(日本販売なし)

各機種ごとの詳細な違いはこちら「Amazon Echoのおすすめ機種はどれ?各種類との違いを比較」でまとめてますので、興味があればぜひ読んでみてください。謎の単語「スマートホームハブ機能」などについても解説しています。

Amazon Echoは何ができる?

AIスピーカーということで、話しかけるとAI「Alexa」が何かしら応答をしてくれます。その応答の中でも機能的な「できること」をあげると以下のようなものです。

  • 音楽配信サービスで音楽再生
  • 天気予報を聞く
  • ニュースを聞く
  • 様々な質問に答える
  • スケジュール管理
  • アラーム・タイマー
  • Amazon Primeでのショッピング
  • スマートホーム連携(家電操作)
  • 本の読み上げ(日本未対応)
  • Fire TV連動の動画コントロール(日本未対応)
  • メッセージ送信・読み上げ(日本未対応)
  • スキル(他社製アプリ)でできることはさらに広がる

このように、様々なことに対応してくれるんですね。
AIスピーカーの主な用途は音楽再生や天気予報やニュースを聞いたりといった、日常的に行っていることを「声だけ」で可能にし、より手軽に簡単に実行できるようになることです。Amazon Echoでは、さらに、Prime会員サービスや本の読み上げなど、Amazonサービスにひもづいた付加価値も加わっているんですね。

Amazon Echoでできることの詳細は語ると長くなりますので、以下に別途まとめていますので、よろしければご覧ください。

Amazon Echoの特徴・他社製品との違い

AIスピーカーはAmazonだけじゃなく、GoogleやLINEからも発売されています。ここからはそれら製品も踏まえたAmazon Echoの特徴や強みをご紹介していきます。

AIスピーカーの先駆者である

Amazon Echoはこの「AIスピーカー」という製品の先駆け製品です。アメリカでは2014年から発売され既に発売から3年以上経過しています。そのため、AIスピーカー市場を牽引しており、世界シェアも最も多く現在70%程度といわれています。同様に、AIスピーカー技術も牽引しており、モニター付き製品や、スマートホームハブ機能搭載などの、さらに高機能な機種を揃えているのはAmazon Echoシリーズだけです。

Amazonのサービスとの連動が強力

prime_video_s

prime_music

audible

アマゾンといえば、ネット通販を代表として、Kindle本やFire TVなど様々なサービスで有名ですね。それらのAmazonサービスと連動できるのがEchoの大きな特徴です。
特に大きな連携要素は以下の4点です。

  • Prime Video, Prime Music等のPrimeサービス利用
  • Amazon Music Unlimitedをお得に利用
  • Amazonショッピング(現状買い物リストのみ)の連動
  • Kindle、Audibleの本読み上げ(予定)

やはりAmazon Prime(アマゾン・プライム)会員との連携が強力です。音声利用可能なサービスが豊富です。ほぼプライム会員前提で使うといっても過言ではないほどできることの幅に違いができます。
また、元々アマゾンは本の販売から始まった企業。本周りのサービスも充実していますね。本の音読は音声を扱うAIスピーカーとマッチした良いサービスですね。
Amazon Music Unlimitedとのお得な連携については以下のコストパフォーマンス項目で紹介します。

プライム会員サービスと本、というアマゾンの強力なサービスがそのまま活かせるのがEchoの最大の強み・特徴であるといえます

コストパフォーマンスに優れる

アマゾンの基本戦略である低価格提供がEchoでも同様に効いています。
Echo本体は他社同性能モデルと比較しても2~3,000円程度安めの価格設定がされています。Echoではさらに、ここからプライム会員の場合2~4,000円程度割引が実施されます。割引は期間限定で行われていますが、今後も頻繁に行われるでしょう。

また、AIスピーカーは音楽配信サービスと同時に利用することが多いですが、Amazonが提供する本格音楽配信サービス「Amazon Music Unlimited」を「Echoからの利用に限定するプラン」により月額380円で利用可能です。利用シーン限定により、他社サービスと比較して格安の月額モデルが提供されています。

このように、Amazon Echoは他社と比較して、導入コスト、月額維持コスト、ともに低額で提供されています

音楽月額料金の詳細や比較をこちらで紹介しています。

スキル(他社アプリ)が250個以上!拡張性が高い

alexa_skill

Echoに搭載しているAI「Alexa」には、他社が拡張できる仕組みとしてスキル(Skills)という仕組みが既に整っています。日本版のスキルは発売時点で250個以上提供予定、英語版で利用可能なアプリは、なんと2万個を超えました
日本語版はこれからより発展していくことになりますが、英語版が発展しているということは同様に発展しやすいことを意味します。基盤が整っていること、収益化の仕組みもあること、英語版のアプリをそのまま日本語にすればそれだけで既に豊富にできる、などが理由ですね。

スマホが、便利なスマホアプリの有無によっても便利さが変わるように、AIスピーカーも拡張部分の発展性が便利さを変えます。現時点で最も拡張性が期待できるのはAmazon Echoといえるでしょう。

音声認識・音声を届ける品質向上の取り組み

echo_mic

Echo本体の特徴として、音声認識向上のためにハードウェアに力をいれており、7つのマイクを搭載して、雑音や距離があっても精確に声を聞き取る工夫がなされている、という点があります。7つのマイクは、他社スマートスピーカーと比較しても最大です。
また、Beamforming技術という特定方向に音声を届けることを強化する技術も採用されており、Echoが発した答えが聞き取りやすい工夫もされています。
実際かなり小さい声や、雑音下でもかなりの精度で音声検出・認識します。

こういったハードウェアレベルから工夫は、ネットワークアップデートでは対応できない物理的なものです。Echoには根本から音声認識関係の工夫がされているのです。

豊富な本体バリエーションと外部音声出力

echo_types

冒頭でも紹介したとおり、Amazon Echoシリーズには様々な機種が存在し、用途や金額に合わせて購入するモデルを選ぶことができます
またそれを可能としているのが、外部音声出力機能を全ての機種が備えている、ということです。たとえ安価でスピーカー性能が低い製品でも、手持ちのスピーカーでカバーすることが可能です。3.5mmオーディオプラグ出力と、Bluetoothスピーカー出力が可能です。

「安価でお試し、実用時は手持ちのスピーカーを利用する」
「スピーカーも良いスタンダードなモデルを利用する」
「スマートホーム連携しやすさも追加する」

など、様々な選択肢があります。また複数のEcho端末はリンクして、リモート操作なども可能なので、各部屋に合わせてモデルを選ぶことも可能。そういった幅広い選び方ができるのもEchoシリーズの大きな魅力ですね。

まとめ

以上、Amazon Echo(アマゾンエコー)とは何なのか、何ができるのかや特徴を見てきました。

特徴項目で挙げたとおり、他社にない明確な強みがAmazon Echoには存在します。さすがAIスピーカーの先行者、他社の追随を許さない工夫が凝らされています。
GoogleやLINEのAIスピーカーも独自の技術や国内連携を強化することで強みを見出す工夫をしていますが、このジャンルの先行者であり、今やサービス業者としても世界最大クラスとなったアマゾンのAIスピーカーはちょっと頭一つ抜けている感は否めませんね。

他社のAIスピーカーとの比較やより詳細な紹介は別途まとめていので気になったらぜひ見てみてくださいね。

また、先にも述べましたが、Amazon EchoはAmaozn Prime会員でこそ真価を発揮できる製品です。AIスピーカー利用時は、音楽定額サービスを利用することが多いですが、Prime会員費用はそれと比較しても安価でそのままPrime Musicが使えるお得なサービスだと思います。合わせて利用を考慮してみると良いと思います。

アマゾンプライムは1ヶ月無料体験可能、いつでも退会も可能です。
公式:Prime無料体験はこちら
また、Amazon Music Unlimitedも1ヶ月無料体験可能です。
公式:Amazon Music Unlimited

Amazon Echoに関して、いじょうでっす。