【動画で学習】UdemyのGo言語 人気/おすすめ講座【セールでお得】

こちらでは、UdemyのGo言語講座を、おすすめ、セール情報とともに紹介していきまっす。

Udemy講座の特徴

udemy

具体的な講座を見る前に、Udemyについてざっと整理しておきましょう。

Udemyは動画ベースの学習サービス、以下のような特徴があります。

Udemyの特徴

  • 買い切り型で継続コストがない
  • その上、内容更新あり、質問可能
  • スマホ対応、流し聴き学習も可能
  • 30日間返金が可能
  • セールで頻繁に80%以上割引

なんといっても、買い切り型なので購入後は継続コスト等が一切不要なのが安心。

その上で、講座の内容がアップデートされたり、質問も可能なので、買い切りなのに利用できるサポートが手厚いです。

講座の内容も10時間以上に登るものも多く、1本で基礎から応用まで学習可能

ユーザー評価や、動画プレビューあり、さらには30日間の返金保証もあるので、まず失敗しない購入が可能

購入時に絶対に抑えておきたいのがセール。毎回80~90%OFFの割引されます。

基本月1回は必ずセールが開催されているので、そこで購入するようにしましょう。また、新規ユーザーは1本目は大概セール価格で購入可能です。

 

UdemyのGo言語講座一覧(セール情報付き)

以下が今Udemyで学習できるGo言語の主な講座(日本語のもの)です。

セール価格情報も載せています。上述したとおりUdemyのセールは大きいので逃さずゲットしてください。

学習コース評価
(4.5)
総評価数 1442件
現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo入門 + ドローンプログラミング...
発売日 2019/03/25
受講者 1,178人
通常 12,600円
新規 1,610円
(4.6)
総評価数 113件
【Go言語】基礎文法からweb開発まで攻略コース
発売日 2018/03/09
受講者 557人
通常 18,000円
新規 1,610円
(2.9)
総評価数 92件
【5日でマスター】超速で学ぶ Go言語 入門
発売日 2017/12/12
受講者 280人
通常 6,000円
新規 1,610円
(3.3)
総評価数 44件
Go 言語で簡単なコマンドラインツールを作ろう
発売日 2018/03/27
受講者 36人
通常 2,400円
新規 1,680円
(2.5)
総評価数 6件

 

UdemyのGo言語おすすめ講座 3選

以下がおすすめの講座です。

以下の講座は、Go言語の基礎学習から、応用・実用まで内容網羅。

1本でかなり幅広い内容を学習できるので、非常にコスパの高いGo言語学習が可能です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo入門 + 応用でビットコインのシストレFintechアプリの開発

現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo入門 + 応用でビットコインのシストレFintechアプリの開発
発売日 2018/09/29
(4.5)

15 total hours
現役シリコンバレーエンジニアの15時間のGo講座 〜 シリコンバレーで流行り出したGoを入門から習得し、応用で次世代Fintechアプリを開発する。Bitcoin以外の株やFXにも使えるシステムトレーディング分析方法を教授。

このコースでは、Goの基礎である入門コースを一通り終えた後に、次世代のFintech(金融+テクノロジー)のアプリケーションとしてビットコインを自動でシステムトレードを行うアプリを開発します。

多くの言語の良い部分を取りれたGoは、コードを実行する際のパフォーマンスも良く、近年急速にライブラリも充実して来ており、シリコンバレーで多くの企業が取り入れ始めました。日本では、ドキュメントも少なく、Go言語を使う機会があまりないかもしれませんが、世界のトップ企業はすでに使い始めているため、技術レベルで世界から遅れないように今からGo始めると良いかと思います。

私はアメリカで2006年から働き始め、12年立ちましたが、その頃からPythonを先取りして習得していたため、現在のビックデータ産業のトップ企業でもPython言語のシニアエンジニアとして働くことができております。Goに関しても仕事で使っておりますが、Goの良さを感じ、次世代の開発でGoエンジニアが必ず重宝される時代がくると強く感じております。

次世代の技術では、AI、人工知能、ロケット、ロボットなどが注目されているようですが、Fintechビジネスもシリコンバレーでは拡大しております。株式市場は人生最大の発明と言われるように、今後もなくなることはなく存続していき、それに付随したFintech技術はこれからも伸びていくものと予想されます。

エンジニアのキャリアアップには、ただ目の前にあるスキルに飛ぶつくのではなく、次世代にくる産業や技術を先取りしてスキルを向上させることが重要になってくることかと思います。その辺りのお話も無料で見れる紹介ビデオでお話ししておりますので、シリコンバレーのトップ産業にご興味ある方はぜひ覗いてみてください。

本コースが皆様の今後のご活躍にお役に立てるようなコースとなれば幸いです。皆様の成功をお祈りしております!


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
コードの書き方等が実践的で非常に参考になります。 boolean変数でis_xx等、リーダブルコードに記載されているようなお手本となる書き方です。 GOを学ぶだけではなく、コードの書き方も学べるのである程度プログラミングができる人には非常におすすめです。 そして、複数の言語は使ったことはないけど、C++やC#等、ポインタやスレッドを意識した開発をされた方にもおすすめです。 しかし、初学者の方は、GO自体が多少難しい言語ではあるので、pythonやphp等を先に学習されてからの方がよいかもしれません。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • なぜGoとFintechなのか
    • 講義を受講する前に
  2. 環境設定
    • MacにGoの開発環境を設定する
    • WindowsにGoの開発環境を設定する
    • 基本編のソースコード
  3. 定義
    • Hello World
    • import
    • 変数宣言
    • const
    • 数値型
    • 文字列型
    • 論理値型
    • 型変換
    • 配列
    • スライス
    • スライスのmakeとcap
    • map
    • バイト型
    • 関数
    • クロージャー
    • 可変長引数
    • 演習
    • 解答例
  4. ステートメント
    • if文
    • for文
    • range
    • switch文
    • defer
    • log
    • エラーハンドリング
    • panicとrecover
    • 演習
    • 解答例
  5. ポインタ
    • ポインタ
    • newとmakeの違い
    • struct
    • 演習
    • 解答例
  6. Structオリエンテッド
    • メソッドとポインタレシーバーと値レシーバー
    • コンストラクタ
    • Embedded
    • non-structのメソッド
    • インターフェースとダックタイピング
    • タイプアサーションとswitch type文
    • Stringer
    • カスタムエラー
    • 演習
    • 解答例
  7. Goroutine
    • goroutineとsync.WaitGroup
    • channel
    • Buffered Channels
    • channelのrangeとclose
    • producerとconsumer
    • fan-out fan-in
    • channelとselect
    • Default Selection と for break
    • sync.Mutex
    • 演習
    • 解答例
  8. パッケージ
    • package
    • PublicとPrivate
    • testing
    • gofmt
    • サードパーティーのpackageのインストール
    • godoc
  9. 便利な標準パッケージ
    • 応用編に行く前に
    • time
    • regex
    • Sort
    • iota
    • context
    • ioutil
  10. ネットワーク関連でよく使われるライブラリ
    • http
    • json.UnmarshalとMarshalとエンコード
    • hmacでAPI認証
  11. サードパーティーのパッケージ
    • Semaphore
    • iniでConfigの設定ファイルを読み込む
    • talibで株価分析をする
    • pubnubでBitcoinの価格をリアルタイムに取得する
    • JSON-RPC 2.0 over WebSocketでBitcoinの価格をリアルタイムに取得する
  12. データーベース
    • sqliteをインストールする際の手順の確認
    • Macにbrewとsqlite3とgccとgo-sqlite3をインストールする
    • Windowsにsqliteとgccとgo-sqlite3をインストールする
    • データベース操作
  13. Web Applicationを作成する
    • Web Applications 1 - ioutil
    • Web Applications 2 - http.ListenAndServer
    • Web Applications 3 - templateとhttp.ResponseWriterとhttp.Request
    • Web Applications 4 - http.Redirect
    • Web Applications 5 - templateのキャッシュとハンドラー
  14. アプリケーション開発の事前準備
    • アプリケーション開発の前に
    • ソースコードのダウンロード
    • 仮想通貨とは
    • Bitflyer Lightning のご紹介
    • アプリのconfigの設定
    • アプリのロギングの設定をする
  15. Bitcoinを取り扱うAPIの実装
    • Bitflyer Lighting APIに関して
    • Bitflyer API認証とGetBalance APIの作成
    • Ticker APIでBitcoinのデーターを取得する
    • PubnubでTickerをリアルタイムで取得する
    • JSON-RPC 2.0 over WebSocketでTickerをリアルタイムで取得する
    • 実際にBitcoinを売買するAPIを作成する
  16. データーベースとBitcoin情報の保存
    • データーベーススキーマを作成する
    • リアルタイムでとってきたキャンドルスティックの情報をデーターベースに書き込む
    • webサーバーを立ち上げてGoogle Candle Stick Chartsを表示する
    • データーフレームの作成からデーターをCandle Stickのチャートに表示する
    • データーフーレムのCandle Stick情報を返すAPIを作成する
  17. WEBインターフェースの作成
    • jQueryのクイックスタート
    • Ajaxで非同期にCandle stick情報をバックエンドから取得する
    • Combo ChartとChart Rnage Filterでキャンドルスティックを切り替える
  18. インディケーターの実装
    • テクニカル分析の真実
    • 単純移動平均線とは
    • SMAのアルゴリズムを理解する
    • 指数平滑移動平均線とは
    • EMAのアルゴリズムを理解する
    • ボリンジャーバンドとは
    • BBandsのアルゴリズムを理解する
    • 一目均衡表とは
    • Ichimoku Cloudのアルゴリズムを理解する
    • Volumeを表示する
    • RSIとは
    • RSIのアルゴリズムを理解する
    • MACDとは
    • MACDのアルゴリズムを理解する
    • ヒストリカルボラティリティとは
  19. バックテストによる分析
    • トレーディングアルゴリズムの概要
    • イベントモデルを作成する
    • イベントを表示する
    • バックテスト等のコンフィグ設定を追加する
    • EMAのゴールデンクロスとデットクロスの最適化とバックテスト
    • ボリンジャーバンドの最適化とバックテスト
    • 一目均衡表のバックテスト
    • MACDの最適化とバックテスト
    • RSIの最適化とバックテスト
    • 相場にマッチするインディケーターを選出する
  20. 自動売買システムトレーディングの実装
    • AIモデルを作成する
    • 自動で売買するアルゴリズムの作成
    • AIモデルとAPIを使ってシステムトレードの売買を自動化する
  21. 自動売買システムトレーディングアプリの注意点
    • 分足で利益を出しにくい理由
    • アルゴリズムの改善点とコードの改善点
  22. 最後に
    • ボーナスレクチャー: その他Udemyコースの講師特別割引価格クーポンのご紹介
 
Preview Video
   

現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo入門 + ドローンプログラミング

現役シリコンバレーエンジニアが教えるGo入門 + ドローンプログラミング
発売日 2019/03/25
(4.6)

11 total hours
Gobotを使ったドローン遠隔操作、OpenCVの顔認識、自動追跡、WEBフレームワークを使ったWEBカメラ実装あり。ロボット技術に触れることで次世代の世界の技術に出遅れないようにしよう。

皆さんもご存知かもしれませんが、現在はロボットの技術が非常に発展してきております。私もIT産業のトップであるシリコンバレーで12年間働いていて感じることですが、テスラーの自動運転やAIロボットなど今まで人間が行ってきたことをロボットなどに置き換えようとする流れは今後も長く続くことかと思います。

そこで今回は、トーイドローンという室内で飛ばせる小さなおもちゃのようなドローンを使って、以下学んでいこうと思います。

  • Gobotを使ったドローン操作

  • GoCVを使ったカメラでの顔認識

  • WebフレームワークとWEBカメラ

  • 追跡する自動運転

  • スマホシェイクのドローンゲーム

もちろんこちらのドローンはトーイドローンなので、高度なロボットという難しいものではなく、Goに慣れながら、簡易的に室内などでドローンを動かしてみようというレベルになっております。日本でもお子さんのプログラミング教育にも注目されてきておりますが、このコースで習ったドローンブログラミングをお子さんに教えてあげるのも良いかと思います。

それでは、次世代のロボット技術に世界から出遅れないよう、ドローンで一緒にプログラミングを習得していきましょう。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
ドローンプログラミング+Golangの入門として、十分に学べる内容になっています。内容を詳細に説明していて、とても分かりやすいです。ただ、プログラミング初級者には理解が難しい箇所が数点あるので、そこは独学でギャップを埋める必要があると感じました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • なぜGoとドローンプログラミングなのか
    • 本講義で必要なもの
    • 講義を受講する前の注意事項
    • コースご受講の前の事前知識に関して
  2. Go入門(オプショナル)定義
    • MacにGoの開発環境を設定する
    • WindowsにGoの開発環境を設定する
    • 基本編のソースコードのダウンロード
    • Hello World
    • Import
    • 変数宣言
    • const
    • 数値型
    • 文字列型
    • 論理値型
    • 型変換
    • 配列
    • スライス
    • スライスのMakeとCap
    • map
    • バイト型
    • 関数
    • クロージャー
    • 可変長引数
    • 演習
    • 解答例
  3. ステートメント
    • if文
    • for文
    • range
    • switch文
    • defer
    • log
    • エラーハンドリング
    • panicとrecover
    • 演習
    • 解答例
  4. ポインタ
    • ポインタ
    • newとmakeの違い
    • struct
    • 演習
    • 解答例
  5. Structオリエンテッド
    • メソッドとポインタレシーバーと値レシーバー
    • コンストラクタ
    • Embedded
    • non-structのメソッド
    • インターフェースとダックタイピング
    • タイプアサーションとswitch type文
    • Stringer
    • カスタムエラー
    • 演習
    • 解答例
  6. Goroutine
    • goroutineとsync.WaitGroup
    • channel
    • Buffered Channels
    • channelのrangeとclose
    • producerとconsumer
    • fan-out fan-in
    • channelとselect
    • Default Selection と for break
    • sync.Mutex
    • 演習
    • 解答例
  7. パッケージ
    • package
    • Publicとprivate
    • testing
    • gofmt
    • サードパーティーのpackageのインストール
    • godoc
  8. 便利なパッケージ
    • regex
    • context
    • ioutil
    • json.UnmarashalとMarshalとエンコード
    • Semaphore
    • iniでConfigの設定ファイルを読み込む
  9. Web Applicationを作成する
    • Web Applications 1 - ioutil
    • Web Applications 2 - http.ListenAndServer
    • Web Applications 3 - templateとhttp.ResponseWriterとhttp.Request
    • Web Applications 4 - http.Redirect
    • Web Applications 5 - templateのキャッシュとハンドラー
  10. アプリを使ったドローン操作
    • まずはアプリでドローンを操作する
    • スクラッチのようなブロックプログラミングでトレーニング
    • スクラッチでドローンゲーム
  11. 本講義で扱うソースコード
    • ソースコードのダウンロード
  12. GoCVで顔認識やWEBカメラの実装を学ぶ
    • MacにOpenCVをインストール
    • WindowsにOpenCVをインストールする
    • Hello Video
    • Face Detect
    • Mjpeg Streamer
  13. Gobotを使ったドローンの遠隔操作
    • 7.TelloのドキュメントとSDKの確認
    • まずはドローンをUDP接続して飛ばしてみる
    • gobotoとは
    • パケットを解析してgobotの中身を理解する
    • ドローンを前後左右に移動させる
    • 上昇下降と時計回り反時計回りをさせる
    • ドローンをFlipさせる
  14. ドローンアプリのフレームワークの作成
    • ドローンモデルの作成
    • LoggingとConfigの設定
    • ドローンを巡回させる
    • Webサーバーの設定
    • jQueryとjQueryモバイル
    • トップページの作成
    • Layoutのテンプレートを使う
    • Controllerのページの作成
    • JsonでAPIを実装する
    • ドローンをWEBのUIからTakeoffとLandをさせる
    • ドローンをWEB UIから移動のコントロールする
    • ドローンをWEB UIからスピードのコントロールをする
    • ドローンをWEB UIからフリップさせる
    • ドローンのBounceとThrow Takeoff
  15. 顔認識追跡とWEBカメラ
    • WEB UIから巡回させる
    • ドローンからビデオデータを取得する
    • WEBカメラを実装する
    • ドローンから顔認識をする
    • 顔認識をしてドローンを追跡する実装方法の説明
    • ドローンで顔追跡をする
    • スナップショットをとる
  16. スマートフォンを使ったドローンゲーム
    • Shake Gameの概要
    • Courseのモデルを作成する
    • APIを使ってドローンをコースで走らせる
    • コースをフロントエンドで表示する
    • スマートフォンのシェイクイベントを取得する
    • スマホてシェイクゲームを実行する
    • 改善点
  17. 最後に
    • ボーナスレクチャー
 
Preview Video
   

【Go言語】基礎文法からweb開発まで攻略コース

【Go言語】基礎文法からweb開発まで攻略コース
発売日 2018/03/09
(2.9)

10 total hours
未経験でも安心!インストールからWebアプリケーション作成までを網羅してGo言語をマスターしよう!普段の仕事に使えるツールもGo言語で作成できます!

このコースでは、プログラミング初心者がインストールから始まり、Go言語を習得するためのコースとなっています。


Go言語は、Googleが開発したコンパイラ言語です。

日本のプログラミング言語別の年収中央値ランキングでも1位,2位を争う将来の需要が高い言語です。

速く動き、シンプルな書き方で見やすいことが特徴です。

また、同時に処理を複数行う「並列処理」も特徴として挙げられます。


本コースは、こんな方たちにオススメです。

  • これからプログラミングを始めてみたい方

  • これから仕事でGo言語を使うかもしれない方

  • 一度Go言語を学んで挫折してしまった方

  • 処理が速い言語を試してみたい方

  • WindowsでもMacでもLinuxでも動くプログラムを作りたい方

※Web開発初心者向けのです。実務経験豊富なエンジニアの方にとっては、物足りない可能性がありますので、ご注意ください。


また、下記のような実務をGo言語でプログラミングできるスキルが習得できます。

  • 営業でエクセルデータを操作する

  • Webページのaタグなどの中身を取得する

  • サムネイル画像などを作るため画像のリサイズをよくする

  • QRコードを作成する



学習環境について

  • パソコン(Mac または Windows)が必要。

  • レクチャーの動画ではMacを使用します。Windows環境での学習については補足がないため注意してください。

  • Webブラウザ Google ChromeとテキストエディタAtomを使います。MacでもWindowsでもOKです。

  • GitHubは利用しますが、アカウントはなくても学習が進められます。


↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
Goを楽しんで学べました。ありがとうございました。 (参考:Udemy)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
レクチャー内容
  1. はじめに
    • コース紹介
  2. GOを開発できる環境にしよう
    • GOをインストールする
    • エディタをインストールする
    • エディタにパッケージをインストールする
    • Terminal-Plusのエラーの修正
  3. GOについて知ろう
    • 3章についての説明
    • GOで開発するための環境を設定する
    • Hello Worldと表示させるプログラムを作る
    • A Tour of Goについて
    • GOのPackageの使い方を学ぼう
    • プログラムの変数varについて学ぼう
    • 数字intや文字stringなどを使うための基本的な型を学ぼう
    • 定数constについて学ぼう
    • 関数functionについて学ぼう
    • 繰り返し文forについて学ぼう
    • 条件分岐ifについて学ぼう
    • 遅延処理deferについて学ぼう
    • ポインタpointerと構造体structについて学ぼう
    • 配列ArrayとSliceについて学ぼう
    • 配列ArrayとSliceについて学ぼう2
    • Rangeについて学ぼう
    • Mapsについて学ぼう
    • クロージャclosureについて学ぼう
    • メソッドMethodについて学ぼう
    • インターフェイスinterfaceについて学ぼう
    • アサーションについて学ぼう
    • エラーErrorについて学ぼう
    • ioパッケージについて学ぼう
    • imagesパッケージについて学ぼう
    • goroutineについて学ぼう
    • channelについて学ぼう
    • 二分探索木 goroutiesの演習 part1
    • 二分探索木 goroutiesの演習 part2
    • sync排他制御を学ぼう
    • webクローラーの演習問題
  4. webアプリケーションを作ろう
    • 4章についての説明
    • インターネットとHTTPについて
    • Hello Worldをブラウザで表示させる
    • コードの解説
    • 好きな文字をブラウザに表示させる(URIでパラメータ取得)
    • Wikiを作成する(全体概要)
    • wikiのデータ構造とメソッドの作成
    • main関数でメソッドの実行テストをする
    • httpパッケージでページ表示
    • 編集ページを作成する
    • htmlファイルを作成する
    • 存在しないページの時の対処方法
    • 編集したページを保存する
    • エラーハンドリングをする
    • init関数で初期化する
    • 入力チェックを正規表現する関数を作成する
    • 入力チェックの確認とログ出力を作成する
    • クロージャーを作成する
    • Top画面を作成する
    • テキストファイルを全て読み取る
    • レイアウトを整える
  5. 仕事で使えそうなプラグインを利用してみる
    • 5章についての説明
    • 画像のリサイズの方法
    • QRコードの作り方
    • サイトの情報を読み取る方法
    • エクセルで保存する方法(レクチャー61の続き)
    • コマンドラインツールの作り方 part1
    • コマンドラインツールの作り方 part2
    

関連:Go言語を本でも学ぼう

UdemyのGo言語講座は上述したとおり、Go言語の基礎構文からWebアプリ開発実用まで、幅広く学べる非常にパフォーマンスの高い学習法。

ただ、リファレンスとしては動画だと見返しづらい側面もありますので、書籍も併用しながら学習すると良いかと思います。

Go言語の参考書は以下で紹介しています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました