Sponsored Link

Google Homeでスマートホーム化 ~対応製品や赤外線家電操作について~

日本でもだいぶ認知されてきたスマートスピーカー製品「Google Home(グーグルホーム)」。Google Homeでは、話しかけるだけで様々なことが可能ですが、その中でも「音声で家電操作したい!」なんて期待をしている人も多いですよね。

しかし具体的には現在どんな機器の操作が可能なんでしょう。ということで、こちらではGoogle Homeから操作できる家電やスマートデバイスを紹介していきまっす。

Sponsored Link

Google Home(Googleアシスタント)によるスマートホーム化概要

google_home

Google Homeは、このページを見ている方ならご存知だと思いますが、Google製のスマートスピーカーですね。一声かければ、音楽を聴いたり、様々な情報を得たりすることができます。

そんなGoogle Homeの1つの大きな役割として期待されているのが、スマートホームハブ(ホームゲートウェイ)としての用途。つまり、「家電を始めとする、様々なネットワークでつながった機器(IoT機器)を、声で操作する起点となる役割」です。

実際にはGoogle Homeに搭載されているAI「Googleアシスタント」が各種IoT機器とつながり操作可能としますので、Google HomeにかぎらずGoogleアシスタントが搭載されている製品が、スマートホームハブとなりえます

日本では欧米よりスマートホーム化の流れが遅く、対応製品が少ないのが現状ですが、これから対応製品が増えていくことは明らかで、既に対応している製品もいくつか出てきています。

以下で、現状使える・予定されているGoogle Homeを経由したスマートホーム(家電操作)製品を見ていきましょう。

テレビや再生動画の操作

Chromecast(クロームキャスト)

Chromecastは、Google製の動画ストリーミング再生デバイスです。TVに接続することでネットワークにつながり、各種動画サービスの再生が可能となります。こちら↓。

Chromecastを使うことで、動画再生はもちろん、以下の様なことが可能となります。

  • テレビ電源操作
  • YoutubeやNetflixなど動画サービスの再生・操作
  • Google Photosの写真などの表示

テレビ電源操作は、HDMI連携によるもので、赤外線リモコンのような細かな操作はできませんが、テレビ電源をオン・オフしたり、HDMI出力に合わせて入力切替を行うことが可能です。
(※この操作を行うには、テレビ側で「HDMIによる操作許可」のような設定が必要となります。)

Google Homeからは、「〇〇の動画流して」というだけで、テレビ電源オン、入力切替、動画再生まで行ってくれるので、各動画を見るのが手軽になること間違いなしです。

Google Homeから操作する際の具体的な音声操作例は以下のようなものとなります。

できること 音声操作例
Youtube動画再生
(デフォルト)
「かわいい犬の動画再生して」
「マリオオデッセイの動画流して」
「ヒカキンの動画再生して」
Netflix動画再生 「Netflixでウォーキング・デッド再生して」
「Netflixで化物語再生して」
「Netflixで進撃の巨人再生して」
動画再生中操作 「30秒早送りして」
「一時停止して」
「次の話にして」
「一つ前の話にして」
「止めて」
GooglePhotosの写真表示 「写真見せて」
「札幌の写真見せて」
「(人物名)の写真見せて」

動画は、上記のようにYoutubeなら「ヒカキン」のような固有名詞も認識しますし、「次の動画」などでチャンネル内の動画操作も可能です。

Netflixでは、動画を停止して、別の動画等を再生しても、同じ作品を再生すればしっかり続きから再生してくれます。ドラマやアニメが、一声でいつでも気軽に続きから再生&停止が可能なのが魅力的ですね。

Google Photosは無料で使える写真保存クラウドストレージで、小さければ動画も保存できる便利なサービスです。写真のバックアップついでに、この機に使ってみて、Google Homeから手軽に写真を見てみるのもいいかもしれませんね。

ChromecastはGoogle Homeでテレビ周りのスマートホーム化を進めるなら是非導入したい一品です。以下でも詳しく紹介しています。

スマートライト(照明)

スマートホーム製品としてまず挙げられるライト(照明)。Google Homeも対応しています。

海外販売製品を含めると対応製品は幾つかありますが、こちらでは日本で正規販売している製品に絞って紹介していきます。

Philips Hue照明

スマートライトの代表格、Philips Hue(フィリップス・ヒュー)のライトです。

Philips Hueは様々なライトを取り扱っており、上記のホワイトグラデーション製品は、白系や暖色系の通常利用照明系の色の調整に対応しています。

他にもカラフルな色に変化出来る製品↓もあります。

色調変更や、明るさ調整までGoogle Home経由の音声操作が可能です。ライトとしては割高なのがネックですが、スマートホーム感覚がもっとも感じやすい製品ですね。

スマートプラグ(スマートコンセント)

プラグ通電をオンオフ制御することで、様々な電気機器のオンオフが制御可能となります。

例えば、こたつ、間接照明、扇風機、スピーカーなどなど、通電と同時に起動が可能な電化製品のオンオフが音声制御可能となります。

スマートプラグは、海外メーカー物が多く、3ピンプラグであることが多いです。日本は電源タップが2ピン用であることが多いので注意しましょう。必要であれば3ピン→2ピン変換機を購入しましょう。

Aitmexcnスマートプラグ スマートコンセント

ボク自身Google Homeと連携して利用しているスマートプラグです。解説書が英語なのが難点ですが、あまり難しい内容ではないのでさほど問題にはならないかと思います。

Google Homeから電源オンオフはもちろん、タイマーをかけてオン・オフや、スケジュール設定(特定時間でオン・オフ)も可能です。各電化製品の待機電力節約向けなどにも有用でしょう。

ボクは間接照明に利用しており、ベッドライトなんて名前をつけて、

「OKグーグル、ベッドライトつけて/消して」

で寝る前の照明操作が音声で操作可能になっています。

他のスマートプラグ

他にも、スマートプラグ製品は発売されていますが、ほぼできることは変わりません。利用するスマホアプリも基本的には同じ「Smart Life」というアプリに統一されているようです。形や価格で選ぶと良いと思います。

赤外線家電操作(スマートリモコン)

赤外線家電操作との連携も可能です。

が、現状公式に対応している製品はありません。IFTTTといった手法を経由するか、今後公式対応予定とされている製品待つかが選択肢となります。

Nature Remo

nature_remo

Nature Remoはクラウドファンディングによる製品で、元はIRKitと呼ばれていた「赤外線操作を可能とするキット」の後継製品です。

そんな経緯もあって、現在も販売はメーカーサイトのみで、購入から手に入れるまで一定期間を要する状態が続いています。

Nature RemoとGoogle HomeはIFTTTで連携します。Google Homeが公式に対応しているわけではありません。ただ、現状Google Homeで赤外線家電操作するには、IFTTT経由含めて、このNature Remoしかない※です。

(※RaspberryPiなどの組み込みプログラム機器を使えば可能ですが、一般消費者には敷居が高いので除外します。)

IFTTTは、Webサービス同士を連携させてくれる外部サービスで、Googleアシスタントと、Nature RemoともにIFTTT対応されていいるため、連携が可能となるのですね。

IFTTTについて詳しくは以下をご覧ください。

ということで、公式対応ではないので、少しだけ設定も複雑にはなりますが、その分できることの柔軟性が高いのがNature Remoによる赤外線家電操作となります。

スマート家電コントローラ RS-WFIREX3(今後対応予定)

日本のメーカー、ラトックシステムのスマートリモコンです。

あらゆる赤外線リモコンをスマホから操作可能とできます。また、温度計や、湿度計などもついており、室内環境をみながら操作も可能となるすぐれものです。

Google Homeに対応することは発表済みで、Google Home向けアプリもすでに用意されています。近日中に対応されるでしょう。

ちなみに、Amazon Echoには既に対応しており、実際に使ったレビューもあります。

スマート家電コントローラリモコン Magic Cube(今後対応予定)

こちらはグローバルに展開しているスマートリモコン製品となります。こちらもAmazon Echoと連携して実際に使用しています。

日本の多くの赤外線家電プリセットにも対応済みで使用感に問題はないでしょう。HomeMateアプリは、多くのIoT家電製品に対応したアプリとなっているので、統合して管理が可能となるでしょう。

上記の「スマート家電コントローラ」と比較すると、温度計や湿度計などのセンサーが内蔵されていませんが、その分少し安価となっています。
外観はこちらのほうがスタイリッシュで、家にマッチさせやすいと思います。

Google Homeには近日対応予定とされています。

掃除機

ルンバ

ご存知、お掃除ロボットルンバです。
基本的にWifi搭載モデルが対応しており、ルンバ900シリーズ、890、690が利用可能なようです。

自動お掃除してくれるだけで便利なルンバですが、その起動も声でいつでも気軽にできれば、さらに便利なこと間違いないでしょう。

まとめ

以上Google Homeで操作可能なスマートホーム製品の紹介でした。

いざ挙げてみると、まだまだ対応背品は少ないことを改めて認識しましたね。現状だとAmazon Echoのほうが、赤外線家電操作製品や、スマートロックなどにも対応しており幅広いです。
Google Homeの普及ふくめ、日本のスマートホーム化はこれからに期待ですね。

また、Google Home単体でもできることはたくさんあります。それからAmazon Echo向けではありますが、赤外線家電操作についてもまとめているので、合わせてご覧ください。

以上でっす。