【2021年最新】薄型ロボット掃除機「人気・高評価のおすすめ20製品」

家事の負担を節約して、自分の時間を作るのに有効なロボット掃除機。

こちらでは中でも、ソファやテレビ台下の掃除も対応しやすい「薄型ロボット掃除機」の人気・おすすめ製品を紹介していきます。

Contents

薄型ロボット掃除機 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「薄型ロボット掃除機」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.5)
総評価数 3037件
2
(4.5)
総評価数 2661件
3
(4.5)
総評価数 676件
4
(4.5)
総評価数 467件
5
(4.5)
総評価数 865件
6
(4.3)
総評価数 381件
7
(4.6)
総評価数 169件
8
(4.1)
総評価数 436件
9
(3.8)
総評価数 37件
10
(4.3)
総評価数 400件
 

Anker Eufy RoboVac 11S (ロボット掃除機)【BoostIQ搭載

  • 進化したRoboVac:RoboVacシリーズ史上最薄 (約7cm) モデルです。ベッドやソファの下など手の届きにくい場所もしっかりと掃除することができます。
  • パワフルな吸引力:前モデルのRoboVac 11に対して吸引力が約30%向上し、パワフルな吸引力で部屋の隅々まできれいにできます。また稼働音は電子レンジと同程度である約55dBなので、昼夜問わず稼働音を気にせずご使用いただけます。
  • 独自技術BoostIQテクノロジーによる効率的な掃除:カーペットやフローリングなどの床面の違いを判別し、吸引力の調整を自動で行います。
  • 5つの掃除モードを搭載:部屋全体を満遍なくきれいにする「自動モード」、特定箇所を集中的に行う「スポットモード」、壁周辺を確実に掃除する「エッジモード」、一つの部屋に集中的にきれいにする「シングルルームモード」、リモコンによる手動操作「マニュアルモード」から部屋に適した掃除方法が選択できます。スケジュール設定も可能です。
  • プレミアムデザイン:傷が付きにくい強化ガラスカバーを上面に採用。シンプルかつ品質感のあるデザインにより、どんな部屋にも馴染みます。
  • 衝突&落下防止センサーの搭載:壁や家具などの障害物との衝突を回避する赤外線センサー、階段や玄関からの落下を防止するセンサーの搭載により、安心してご使用いただけます。
  • パッケージ内容:Eufy RoboVac 11S、専用リモコン (単4形電池を2本同梱) 、充電ステーション、ACアダプタ、清掃ツール、交換用高性能フィルター、 サイドブラシ (x4) 、ケーブル留め (x5)、取扱説明書、クイックスタートガイド、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、条件付きで+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Eufy Robovac 11(旧モデル)との比較

大幅な変更点はないが、細かなアップデートされており、現行モデルに満足している方でも買い替えをオススメできるモデルになっている。

外観
・旧モデルから少し角張ったフォルムに変化
・電源ボタンの位置が変更
  旧モデル:側面
  現モデル 背面

リモコン(写真4枚目、左が旧モデル、右が新モデル)
 ・ボタン配置の変更はあるが、内容は一緒
 ・新モデルはタイマー時間も表示されるようになっている

サイズ
  新旧ともに同サイズ
  厚みも一緒

ブラシ(写真5枚目、青ブラシ:新モデル)
 ・新旧に互換性なし
 ・端部が形状変更されており、取り外ししやすい
 ・ベアリングにもホコリが入りづらい形状に変更

動作
 ・旧モデル 壁にぶつかり気味
 ・新モデル 壁にぶつからない
  段差に強いのは同様だと思われる

他で所有するIFIFE V3s と同じような動きをするが段差、パワーはこちらのほうが上だと思う (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ルンバがほしいと前々から購入を考えていた(2,3年前から)が、
全然値段が下がらないため現実的な値段の本商品を購入。
他の種類との比較ではなく、私が望んだ要件を満たしているか?の
視点でレビューをする。(1LDKで使用)

音:
静音設計とうたっているが全然静音ではない。
通常時のファファーという音、段差を掃除するときのガガガという音、
狭いところでのギュギュゴゴゴという音、全てそれなりにうるさい。
ドライヤーよりうるさくはないかな?というレベル。

空間認識力:
それなり。ベッドの下のホコリを一掃してくれるのはグッド。
影になっているところを段差と勘違いするのか、明るい部屋で
影になるベッド下に入り込まずそのままUターンすることが多い。
黒いカーペットも同じくUターンし、その先に行かないことが多いため、
見ているとヤキモキする。
同じところをぐるぐると掃除して全然きれいにならない箇所がある。

掃除能力:
まだまだ改善の余地あり。洗面所の床は特に苦手のようで、
通り過ぎたあとにも髪が残りっぱなしのことが多い。
ダストボックスには毎回それなりのゴミが溜まっているため、
きれいにしてくれているのはわかるのだが。

メンテナンス:
本体は大きすぎず、おもすぎず、ダストボックスも掃除しやすい。
ドックへの帰還率もそれなり(だいたい4/3は戻っている)。
故障もなく使い方も簡単でわかりやすい。
回転するブラシ部分が1ヶ月程度でヘタっている気がするが、値段相応か。

全体的に、こんなものか、まだまだ人の代わりにはならないな、といったところ。
レビューが高かったため期待も大きかったが実物はそれほどではなかった。
ちょくちょく部屋の掃除をする人間とっては物足りないと思う。この時点の評価は★2
全然掃除をしない人にはとても良い相棒かもしれない。(ただし床にものが多いとなんの価値もなくなる)

もっと高い機種では、上の不満点がすべて解消するのだろうか。
とはいえ、最新のルンバ最上位機種は値段が10万を超える。とても現実的な値段ではない。

2019/11/30追記:
片側のサイドブラシ(回転する羽)のモーターがヘタったらしく、正常に回転しなくなった。
正しくは、カーペットなどの負荷の高い箇所で負ける(動かなくなる)くらい回転が弱くなった。
保証期間内のため、Ankerの公式サイトから問い合わせ中。回答がきたらこちらに載せたいと思います。

2019/12/08追記:
翌営業日にAnkerよりメールで代替機を送る旨がきて、3営業日で到着。まんま新しいものが来た形です。
このスピード感はとても安心できます。
新しいものはバージョンアップがあったのか、明らかに動作音が静かになっています。
動きもこころなしかバックを多用するようになり賢くなっているように感じます。
古いものは送り返してほしいとのことで、修理して戻ってくるのかこのまま代替機が居座るのか。
最終的な結果が出たらまた更新します。

2019/12/15追記:
古いものをAnkerに送り返してからまったく連絡なし。このまま新しいものを使ってね、ということになりそうです。
なんというかすごく得した気分。
大きな企業だとこういうところがしっかりしてて、ストレスにならないのがいいですね。
トータルで考えたとき、値段以上の価値を提供していると思うので評価を★4に変更しました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E20 ロボット掃除機 2500Pa 強力吸引 超薄型 畳 静音 自動充電

  • 「最大2500Paの吸引力&150分間連続稼働」Kyvol ロボット掃除機は最大2500Paのパワフルな吸引力で最長150分間連続で稼働することが可能です。また、自動モード、エージモード、スポットの3つのお掃除モードがあります。細かなホコリやゴミ、ペットの毛などを残さず綺麗に掃除ができます。
  • 「優れたデザイン」約7cmの超薄型で、Kyvol ロボット掃除機は手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます。
  • 「多機能モデル」Kyvol掃除ロボットに静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、タイマー機能、乗り越え機能などの機能を搭載。カーペットとフローリングなどの床面の違いを判別し、より強い吸引力が必要な場面で、自動的に吸引力を上げます。畳の部屋でも心配なく使用できます。
  • 「掃除範囲の制限が可能」境界線テープを置くことで、進入禁止場所を判断し、掃除したいエリアを制限できます。
  • 「操作簡単」アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。(日本語のマニュアルと日本語によるサポートにも対応しております。ダストボックス上部のツマミから開けます。 ゴミを取り出したり、水洗いする際は、ゴミケースの後ろ側のロックを解除してからケースを開けてください。)ご注意、1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不能)。 2. Alexa操作に関してクイックガイド(ページ61~62)をご参照ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ルンバe5からの買い替え
去年購入したルンバe5だが、直進しなくなり、修理に出すと、保証期間内だが車輪のアームが折れてるから有償修理になると!修理代18000円!!別に踏んづけたりしたわけでもないのに。。。。。
修理対応に腹が立ち、買い替えることに。

となると、2万円以下でWi-Fiついてて、100分以上の稼働時間がある機種に絞って選定。
最終的にWi-Fiはないが、アンカーのRoboVac 11Sが19000円で、ネームバリュー的にも安心ですごく迷ったが、この機種のバッテリー容量とWi-Fiに惹かれてE20に決定。

中華ロボット掃除機だと17000円から23000円くらいでWi-Fi付きの機種がたくさんあったが、E20を選んだ決め手がバッテリー容量。ほかの機種は大体2500~2800mAhで、E20は3200mAhだったので。
(少ないじゃんと思う人はスマホを想像してると思うが、電圧がそもそも違うからスマホと単純比較はできない。スマホは3.7V、E20は14.4V 電力換算すると4倍くらい変わってくるので)

【基本性能】
ルンバとあまり差はなし。動画より、赤外線センサーにより、壁際モード時以外はカーテンにすら反応してくれる。
ただ、赤外線なので反射率が低い黒い家具にはバンバーで接触して反転する。それはルンバも同様。
赤外線センサーは本体周囲の180度以上と、裏面に設置されていて、反転動作もスムーズ。階段ももちろん落ちない。
あと、動作のロジック的には最初は適当に動いて、その後部屋の四隅を確かめるように少しづつバンパーで当てて四隅と並行して進み、角のごみを取りに行くような制御となっている。
1LDKの間取りで、寝室、リビング、キッチン、ダイニング、廊下それぞれドア開けていればまんべんなく掃除してる感じだった。ほんとロボット掃除機の制御ロジックってすごいと思う。
癖はあって、充電ドックから見て左側を過剰に掃除してる感じはする。
後、ドック周辺の掃除も疎かになってる。

写真4枚目より、フィルターのおかげか、かなり細かいホコリもキャッチできてる。
充電ドックへの帰還も問題ない。今のところ1週間2日に1回のペースでスケジュール掃除させてるが、充電ドックに帰還できなかったのは1回のみ(クローゼットちょい開け部分に侵入して力尽きてた)
電池性能だが、40分くらい弱吸い込み設定で掃除させてもバッテリーバーが2/3くらいだったので、100分以上は持ちそう。スマホアプリから稼働時間とバッテリー残量確認できる。

【スマホアプリ】
添付してる写真の通り。掃除スケジュール設定がスマホのアラームライクで直感的。
電池残量の確認や、吸い込みレベルの設定(3段階)を選べたりと便利。
ただ、メルアド登録しないと使えないポイントは改善してほしいかな。

【総評】
ルンバe5からの買い替えだが不満はない。むしろ、5万も出してルンバかったのを後悔。E20はクーポン使えば18000円で買えるので半額以下で同じ機能と、まぁ文句なしかなと。
あと、充電電力は13Wくらいだった。ただ、CVCC充電してると思うので、この値だけで電気代は予測できない。バッテリー電圧が14.4Vで3200mAhなので、バッテリー容量は46Wh。チャージャーの高率を85%と仮定すると、必要電力は55Wh 1回2円くらいの電気代。掃除機に比べたら圧倒的に電気代やすい。600Wの掃除機だと、30分掃除したら10円なので。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
届いて手にした瞬間の感想はフェイスがカッコいい!
ガラスっぽいフェイスが美しいです。

決め手は口コミ。アマゾンの星4つ以上のレビューを色々見て決めました。
当初はルンバの購入を検討していましたが、
このお掃除ロボットは欲しい機能
① 外出先から起動可能
② ダストボックスが洗える
③ 家具下に入れる
④ 玄関の段差を感知する
⑤ コルクマットの段差を超えれる
をすべて兼ね備えているのに低価格。
19800円でも安いのに3000円クーポンが出ていたので、
さらにお安く手に入れることが出来ました。

お店の対応も早いです。金曜の夜にオーダーして日曜の午前中に到着。
きちんとした冊子のマニュアル以外にすぐに読めるように簡単マニュアルも1枚入っています。
簡単に取り付け、充電、運転が出来ました。簡単にアプリも入れられます。

30分程、試運転してみての感想は吸引力がすごい。
30分かけただけで、足の感触がさらさらに。
ダストボックスにかなりのホコリと髪の毛が。

子供がいるので、すぐに床が汚れる家庭です。
なおかつ音対策でフローリング一面コルクマットを敷いています。
コルクマットはダイソンと相性が悪いので、掃除機がかけにくくて悩みの種だったので、
お掃除ロボットのおかげでストレスフリーになりそうです。

玄関の段差は落ちずにきちんと進路変更していました。
フローリングとコルクマットの段差もなんなくクリア。
ソファやテレビ台の下は侵入可能。さすがです。

家を出る前にすべてのコードやいすを上にあげて、準備万端に。

この価格でこの機能、かなりおススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E31 ロボット掃除機 水拭き 拭き掃除 両用 3000Pa マッピング機能

  • 【2-in-1 吸引・水拭き両用】Kyvol ロボット掃除機は最大3000Paのパワフルな吸引力で最長150分間連続で掃除だけでなく、硬い床の⽔拭きが可能なモッピングモードも搭載しています。環境や目的に合わせてモードを使い分けることで、あなたの家の床をピカピカに保ちます。(モッピングモードの水量調整はスマホで簡単にコントロールできます。)
  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができる掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【多機能モデル】静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、タイマー機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、Kyvol 床拭きロボットは進入禁止場所を判断し、掃除したいエリアを制限できます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型で、Kyvol 拭き掃除ロボットは手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます。
  • 【操作簡単】アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。(日本語のマニュアルと日本語によるサポートにも対応しております。[よくある質問] KYVOL ロボット掃除機について、ご質問がございましたら、商品の詳細ページ → 在庫状況の下に表示される「販売元」をクリック → 「質問する」ボタンをクリックして質問することが可能です。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
同シリーズのE20の調子が良かったのでE31を追加購入。
(海外でE31が販売されていたが、国内での販売が未定であった為メーカーへ問い合わせた所、9月下旬とのことで、発売確認し即購入。)

■E20とE31の違い
E20との主な違いは下記。
1.水拭き可能
2.掃除箇所がスマホで確認可能(マッピング)
3.吸引力 2500Pa(E20)、3000Pa(E31)
4.ランダム走行(E20)、ジグザグ清掃(E31)
特に1,2に惹かれて購入。

■マッピング機能
E20でもバッテリー限界まで掃除したあと、充電箇所へはだいたい戻れていたが、たまに扇風機などに乗り上げてしまうこともあった。
どの程度掃除されてたかを確認したかったり、複数部屋を掃除させていたのでそもそも全体に行き届いているのか確認したく、マッピング機能ありのこちらを購入
(E30でもマッピング可能だが水拭きは無し)
マッピング機能試してみると、どの程度掃除できているのかわかるのでとても楽しいです。

■水拭き
よく他社製のレビューで水拭き機能のコメントを見ると、水を出しすぎでびしょびしょになるというのが多くあったので、
似たようなものだろうと思っていたが、個人的にはちょうど良い感じだった。(あと若干少なくても良いかと思うが許容範囲)
写真添付。3枚目の中央から左側が未清掃で、右側が水拭き箇所。(水量の条件をスマホで変更可能だが、デフォルトのレベル1で確認。3まで設定可能)
あと、てっきり水拭き時はゴミの吸い込みはしないものと思ったが、吸い込み掃除も可能。
但し、ダストボックスが水拭き専用のを使い、E20のようにダストボックス開けてどさっと捨てるみたいなことが出来ないので、ゴミを取り出すのが少々手間。
おそらく普段はノーマルダストボックスでの吸い掃除で、たまに水拭きという運用にすると思う。

■所感
E20との価格差を考えると、よっぽど水拭きしたい方でなければE20でもいいかなという感じ。
これまでいろいろな廉価版ロボット掃除機を使ってきたが、この価格でこの出来は素晴らしいと思う。満足。

(10/31更新)
・E20が2000PA→2500PAに仕様変更を確認
・使用後数日で落下検知センサーエラーが出て不良品かと思ったが、裏面センサー部を拭き取ると問題は起きなくなった。(2週間に1度くらいの頻度で発生するが正常動作の範疇)
・アプリが他画面に繊維した後、サイドkyvolアプリに戻ると落ちるが、現状特段の支障はなし
・水拭きは便利できれいになるが水の注入を度々やるのが手間なので使用頻度は低(月2程度)。マッピングはそこそこ使用。清掃範囲を確認できるので安心する。
・古いロボ掃除機だと充電に戻れないことが高頻度であったが、問題なし。古いロボ掃除機では日差しの強い位置に充電器があると、(赤外線で位置確認しているため)正確に充電器の位置を把握できず戻れないということもあったが、本製品ではこの点は全く問題なし。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
家事に時間をかけるなら、他のことに時間を使いたいと思いスマート家電の物欲が高まっていたところ、ルンバより安くて評判が良いこの機種を見つけたので購入。

・吸引力
皆様レビューしている通り、めちゃくちゃとれる。初のロボット掃除機なので他機種との比較はできないが、昨日掃除した部屋にまだこんなに埃があったのか!?と驚いた。

・トラブルなど
職業柄、床に直おきして壁に立てかけている機材があり、何度かそれに引っかかって抜け出せなくなっていた。これに関しては予想できていたため、磁気テープで進入禁止にしようか検討中。

結構駆動力が強く、壁など認識できた異物に対してはゆっくり近づいていくが、パイプ椅子の脚などは認識しないことが多く、勢いそのままにぶつかっていくことがある。
特に問題はないが、本体色白を買ったので汚れやキズが目立つのではないかと心配ではある。

あと、壁に立てかけていた折りたたみ式の踏み台に突進して倒してしまったこともあった。

結構力が強いので、不安定で倒れる可能性のあるものを床に直おきしている場合、対策が必要。

・カーペット
フローリングにクッションフロアマットを敷いているが、斜めに侵入するとブラシ部分がマットの下に潜り込んでうまく乗れないことがあった。
はがせる両面テープでマットを床に貼り付けることで対処。

・段差の乗り越えなど
公称通り1.5cm以上の高さは乗り越えられなさそう。
我が家の場合、部屋の境界の段差が2cmあり、その段差に沿わすようにテレビ線のケーブルカバーを伸ばしているのだが、ケーブルカバーがあればそれを伝って隣の部屋に入れる。
しかし何も施していない隣の部屋からは戻ってこられなかった。
少しの対策で複数の部屋を一度に掃除してくれそうなので、現在対策を検討中。

・水ぶき
レベル1でもまあまあ濡れる。我慢できないほどではないが乾くのに15分くらいはかかると思う。でも、キッチンなどペタペタしがちな床が気持ちよく歩けるようになるので、やはり水ぶき付きのE31を買って良かったと思う。

・スマートスピーカーとの連携
スマートスピーカーはこれから買うので、わからない。

・総括
地面を這って掃除するロボット掃除機の特性上、床にモノを置かないことやカーペット、段差を工夫するなど、便利に使うにはある程度の対策が必要。

しかし一度それをしてしまえば、面倒な家事が半永久的に1つ減ると思えばなんてことはない。自分で掃除するより圧倒的にきれいになるし。
あと、見ていてかわいい。ペットが増えたような感覚になり我が家ではミミちゃんと名付けかわいがっている。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Anker Eufy RoboVac 15C(ロボット掃除機)【BoostIQ搭...

  • 便利なアプリ機能:EufyHomeアプリをお使いいただくと、掃除の開始・終了のコントロールやスケジュール設定、モード変更等をスマートフォンから簡単に行えます。こまめな掃除が必要なペットの毛などもスケジュール設定により定期的にお掃除することが可能です。(※掃除のスケジュール設定はEufyHomeアプリを使用した場合にのみ利用できます。)
  • 独自技術BoostIQテクノロジーによる効率的な掃除:カーペットやフローリングなどの床面の違いを判別し、吸引力の調整を自動で行います。
  • 大容量のリチウムイオンバッテリー搭載:パワフルな吸引力のまま、最大約100分間 (*1) 連続で稼働することができます。
  • 5つの掃除モードを搭載:部屋全体を満遍なくきれいにする「自動モード」、特定箇所を集中的に行う「スポットモード」、壁周辺を確実に掃除する「エッジモード」、一つの部屋を集中的にきれいにする「シングルルームモード」、リモコンによる手動操作「マニュアルモード」から部屋に適した掃除方法が選択できます。スケジュール設定も可能です。
  • 充実の機能:傷が付きにくい強化ガラスカバー、障害物との衝突を回避するための赤外線センサーおよび落下を回避するための落下防止機能を搭載。また、本体の充電残量が少なくなると自動で充電ステーションへ戻り充電を開始します。
  • パッケージ内容:Eufy RoboVac 15C、専用リモコン (単4形電池を2本同梱) 、充電ステーション、ACアダプタ、清掃ツール、交換用高性能フィルター、サイドブラシ (x4) 、ケーブル留め (x5) 、取扱説明書、クイックスタートガイド、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、条件付きで+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
我が家では2年ほど前に購入したシャープのココロボv95aを稼働させています。
保証が切れた直後に駆動輪の不具合が出始めて、最近は足があまり良くないようですが喋りながら頑張っています。
さて、アンカーの新型、ミドルクラスモデルですね。ネット接続可能で、アプリでスケジュール管理が出来るのはやっぱり便利。
早速お掃除させたのですが、あまりの静かさに驚愕しました!ココロボはあんなに爆音なのに、コイツの静音性ときたら何なのだ!?
あまりに大人しいので最初は吸引していないのでは?と思ったほどです
動きもキビキビ!ココロボはぶつかりそうになると、ちょっと止まってから方向転換するのですが、この子は即!方向転換!!即方向転換!
あまりに動きが機敏で二度驚きました!
そしてゴミの取れる量!この子の2日前にココロボに掃除してもらったのですが、ココロボの2倍から3倍近いゴミを吸って来ました!
あんなに静かなのに…
取れるゴミの量で3度びっくりですよマジで
ココロボの半額だぞこの子
そんでこの薄さと静音性、掃除力ときたら…
もう正直コスパ良すぎますよホント
国産の馬鹿高いロボット掃除機を買う理由ってあんの?ってカンジです
ロボット掃除機としての基本的な要求スペックは間違いなく全て満たしています。これより高級な機種としては、毎度ゴミ捨てしなくていいアイツとか、マッピングで凄く広い部屋とか複数の部屋を掃除できるアイツなどでしょう
それらの機能を必要としていない人にとっては、間違いなくコイツがファーストチョイスになるでしょう!
ここまで絶賛して来ましたが、欠点もあります。
本体の素材が問題なのかわかりませんが、掃除していくと、バンパー部分に埃が付着していきます。わりと遠目でもはっきりわかるほどです。その状態で他の家具などにぶつかると、その家具に埃をつけちゃいます
バンパー部分を静電気付着しにくい素材に出来なかったのかなぁ?それとも静電気防止スプレーとかすれば良くなるのかな?
その点を考慮しても素晴らしい性能!
初めてロボット掃除機を買った時よりも感動は大きいと思います! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ロボット掃除機を初導入しました。

我が家はマンションで、大掛かりな掃除の頻度は減らし、代わりにほぼ毎日フローリングワイパーで掃除してます。

この負担を軽減したくて導入しました。
結果から言えば、コスパ考慮で満足しています。

高級機のように超音波やカメラセンサーは搭載していないので、コンコン、いろんな物に接触しながら掃除してます。
そんなものだと思えば可愛らしいです。

お掃除マップがないので実態は不明ですが、テーブルの下とかは掃除ムラがでてるような気がします。
他にも角とか苦手のようですが、特性が分かっていれば、人がそこを補えば良いので我が家の運用では問題なしです。
掃除機の高さが低いので、ウチの家具の下に滑り込んでくれるのは、ポイント高いです。

動作音は…まぁ、そこまで気にならないですね。寝静まった無人のリビングで稼働してますから。

ロボット掃除機に共通の事だと思いますが、ゴミをためるスペースが小さいのでゴミ捨ては少し課題ですね。
捨てるのは結構簡単だし水洗いもできますが、水洗いすると水滴が拭き取りにくい場所に残ります。
乾かさないと臭いとかでそうですし、ゴミ捨てが簡単だといいかなぁ。
丸洗いして、サッと乾かしたい… (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2800Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Google home、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
3年前に購入したロボット掃除機、ILIFE V3s proから買い換えました。
結論としては大満足です。

元々使っていたV3s自体も、2万円以下の低価格ながら十分活躍していてお気に入りでしたが、wifiに対応していないのと、ダストボックスが小さくてすぐホコリでいっぱいになってしまうのが不満と言えば不満でした。
そういった観点から、本品E30とV3sを比較してみます。

(1)外観
ほんの少しだけE30の方が大きいです。好みにもよるでしょうが、E30は黒くてスタイリッシュです。

(2)ダストボックス
V3sは上がパカッと開いて取り出すタイプ。
E30は後ろから引き出すタイプ。
これ!地味に嬉しいです。一般的に、ステーションは棚の下などに設置することが多いのではないでしょうか。見映え的に。
しかしその場合、V3sでは本体を棚の外まで引き出さないとダストボックスを取り出せません。しかしE30ならその必要がなく、一工程少なくて済みます。
容量はV3sで300ml、E30なら600ml。2倍です。

(3)ブラシ構成
V3sはサイドブラシが2つ、吸い込み口にブラシはありません。E30はサイドブラシが1つ、吸い込み口にブラシが付いています。
部屋の隅はサイドブラシでないと掃除できないのでV3sの方が優れているように思えますが、実際に動かしてみた感じではE30もキレイに掃除できています。片方しかないことを踏まえたアルゴリズムで動いているのかと思います。

ソファの下もスイスイ入っていきますし、多少の段差は乗り越える。落ちるような段差は回避してくれる。基本動作は何も問題なしです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プライムデーで買いました。

1〜2センチの段差もガンガン超えていく割に5センチの段差は検知して落ちない賢い子。我が家は伝統的な日本家屋なので座敷と板の間の段差があります。持ち上げて各部屋に移動させますが、そんなに重くない。ゴミも落ちてこない。(パラパラ落ちるメーカーもあります)音も我慢できる程度には静か。建具を閉めて隣の部屋にいると全然気にならないレベル。

吸引力については犬の毛、髪の毛、ほこりもがっつり取れており、前日掃除機をかけたのにゴミ受けには灰色の物体がモフモフ鎮座していました。もはや人間が掃除機を使うことに意味を見出せません。仕上げにブラーバでもかけてあげれば輝くような床が見られます。これで毎日掃除しないくせに撒き散らされる洗面所の髪の毛にイライラせずに済みます。ありがとうkyvol

私は日本製家電以外のアプリは使いませんので、アプリの使い勝手は分からず。故にきちんとマッピング出来ているのか疑問です。動きを観察するとブラーバのように規則的に動いてはないようです。いきなり斜めに動いたり端を掃除したり。仕上がりは素晴らしいので取るに足らないことですが。フリンジのついた玄関マットは巻き込むので掃除前にどかしてあげるのが面倒なくらいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Anker Eufy RoboVac G10 Hybrid(ロボット掃除機)【ス...

  • スマート・ダイナミック・ナビゲーション:ジャイロセンサーと加速度センサーを搭載することにより、Eufyのエントリーモデルに搭載されているナビゲーションシステムと比べて効率的に動くことができ、短時間で掃除を行うことができます。
  • ハイブリッド設計:吸引による掃除だけでなく、硬い床の⽔拭きが可能なモッピングモードを搭載しています。環境や⽬的に合わせて2つのモードを使い分けることで、床をくまなくきれいに掃除します。
  • 便利なWi-Fi機能:EufyHomeアプリをお使いいただくと、掃除の開始・終了のコントロールやスケジュール設定、モード変更等をスマートフォンから簡単に行えます。(※掃除のスケジュール設定はEufyHomeアプリを使用した場合にのみ利用できます。)
  • 薄型設計ながらパワフル:約7cmの薄型設計のためベッドやソファーの下など手の届きにくい場所でも簡単に掃除をすることができます。またエントリーモデルのRoboVac 11Sと比較して約1.5倍の最大2000Paの強力な吸引力で部屋の隅々までしっかりと掃除します。
  • パッケージ内容:Eufy RoboVac G10 Hybrid、充電ステーション、電源アダプタ、清掃ブラシ、交換用フィルター、サイドブラシ(×4)、水タンク、モッピングクロス(×2)、防水パッド、フィルターエレメント(×4)、ケーブル結束バンド(×5)、取扱説明書、クイックスタートガイド、最大24ヶ月保証 (※正規販売店からの注文に限り18ヶ月保証の対象となり、条件付きで+6ヶ月の延長保証が付きます。詳細は「出品者のコメント」をご確認ください。注文番号が保証書の代わりとなります。)、カスタマーサポート

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
iRobotのWi-Fi対応ミドルレンジモデルを使用していますので比較評価になります。
本機種は価格が半額にもかかわらず、モップ機能を搭載しており高さ(厚さ)も低いので潜り込みなどが容易になっています。
iRobotはブラシが1個に対し本機種は2個。吸引力という点では多少劣るかもしれませんが、集塵されたゴミを見ると、埃や毛などの繊維状のごみがほとんどだったのに対し、本機種は砂粒のような粒上のゴミも集塵される割合が高いと感じます。(吸引の仕方の違い?)
騒音に関しては圧倒的で、集塵時のパワーを最大にしてもiRobotよりもかなり静か。これなら我慢できます。
iRobotはミドルレンジということもあり衝突を繰り返してランダム走行しますが、本機種はスタートしてからジグザグに走行するので掃除漏れがありません。(ホームベース正面方向の直線で動くので、部屋に対して斜めに置くと走行も斜めになる)
衝突も静かで、かなりの確率で衝突前に回避するかソフトな当たり方をします。iRobotは2階の掃除時に1階でも音が聞こえましたが本機は聞こえません。これなら夜間でも使えそうです。
Google AssistantとAlexaにも対応しているのでIoT系もiRobotと遜色ありません。

気になったところ
・iRobotと比べると動作がゆっくりで時間がかかる気がする
・iRobotと比べるとラグやカーペットに弱い(本体が軽いから?)
・ダストボックスが大きな面で開くので大きなゴミ箱じゃないと苦労する
・マップ作成機能や動作履歴表示などはない(消耗品寿命表示はある)
・色(ブラック)が選べると良かった (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
2階建ての戸建てで、2階用に Anker Eufy RoboVac L70 Hybrid (以降, L70) を使っていましたが、1階用にこの機種 (以降, G10) を買い足しました。
ですので、 L70 との比較が多いレビューです。

## TL;DR;
• G10 はこの価格帯にしてはかなりコスパ良いので、あまりお金かけたくないという方はこの機種がおすすめ
• マップ機能が素晴らしいので、お子様がいる・ペットを飼っている・その他絶対に立ち入らせたくない場所がある方は L70 がおすすめ

## 2階に L70, 1階にG10 を選択した理由
落下防止センサーだけでは階段からの転落リスクがあると考え、マッピング機能がある L70 を2階に購入しました。
L70 では立ち入り禁止設定しているため階段に近づきすらしないので、この判断は概ね正しかったと思っています。
G10 は「とりあえず行ってから決める」という行動指針のようで、転落の不安が少しあります。(ただ、土間等に落ちたことはまだないので、十分な転落防止機能は持っていそうです。)

## 清掃の性能について
L70 はとても賢く、マップに基づいて掃除をするためとても効率的に稼働します。
G10 は L70 に比べて賢さが足りず、同じ箇所を何度も掃除することがありますが、逆にそれが吸引力の低さを補っているように感じます。
L70 はローラーブラシなので髪の毛が絡むのが難点ですが、1度通った箇所は概ね綺麗になります。
G10 は回転するブラシ(毛?)+吸引のみなので、清掃の性能は低く感じます。

## モッピング機能について
前述の通り、 L70 はマップに基づいて清掃してくれるため、付属タンクの容量の水で十分に綺麗にしてくれます。
G10 は何度も同じ場所を清掃する関係上、最後に通ったエリアでは水がなくなってしまい、清掃性能が落ちます。
また L70 は水分量の調整ができたり、モップモード時のみの立ち入り禁止区画を設定できたりなど、モッピングしてくれている感が強いです。
G10 は掃除機の後ろに濡れたモップをつけて引きずっているだけという印象です。

## メンテナンスについて
どちらの機種も、ダストボックスとフィルターは水洗い可能かつ、大きく開口するので捨てやすいです。
L70 はダストボックスとモップ用の水タンクが一体化していて、G10は分離されています。
これは一長一短なので、どちらでも良いのではと感じました。

また、ブラシは、 L70 のローラーブラシは2, 3回の清掃ごとに絡んだ髪の毛を切る必要があります。専用のカッターが付属しているのであまり不便は感じませんでしたが、確実に手間です。
G10 のブラシは今のところ髪の毛は絡んでいませんが、5回程度の使用でへたれて始めているので、先行きが不安です。

## その他
G10 は帰還性能が低く、ドックがある場所へ一直線に帰ろうとして苦労している多々あります。
見ているともどかしいですが、放置していいるとちゃんと帰っているので今のところ帰還失敗したことはないです。
L70 はスマートにおうちに帰ります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ロボット 掃除機 お掃除ロボット 1800Pa 強力吸引 OKP K2自動掃除機

  • ➤【3年間メーカー保証】:OKPロボットそうじ機のご購入日から36ヶ月間の製品技術サービスがあります。万が一、掃除機 ロボットは初期不良や故障などが発生した場合は、お気軽にお問い合わせください。
  • ➤【狭いところもラクラクお掃除できるコンパクトサイズ】:日本の家屋に最適化した小型設計ロボット掃除機。お掃除ロボットの直径28cm、高さ7.6cmのコンパクトボディで、ダイニングテーブルやイスの脚の間、ソファやベッドの下や、家具の間といった狭いスペースもスイスイお掃除。お部屋のゴミ、毛、微細なホコリまでしっかり吸い込んで綺麗に。
  • ➤【進化したFree Move2.0技術】:OKP ロボット 掃除 機はアップグレードされたFreeMove2.0技術により、狭い所と段差がある場所に自力で脱出でき、コードに巻き込まれるのを防ぎ、詰まっている可能性のある領域を検出し、掃除ルートを自動的に調整するのに役立ちます。ロボットクリーナーは自動掃除、自動充電、衝突防止・落下防止センサー、予約機能が搭載されます。
  • ➤【強力吸引力と多彩な清掃モード】:OKPロボット掃除機は3段階吸引力を搭載し、最大1800Paの驚きの吸引力でフローリングや和室などあらゆる床材に最適します。食べこぼし、ホコリ、髪の毛、ペットの毛、微細なゴミまでしっかりと吸い込めます。掃除ロボは自動モード・エッジモード・スポット・弓形走行の4種類の清掃モードがあり、使い分けることで様々な場所に対応可能。
  • ➤【計画式掃除&効率アップ掃除ロボット】:自動掃除機はセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、走行する際の誤差を大幅に減少させました。不規則な動きと違い、弓型走行は同じ場所を繰り返して掃除しなく、逃す所がなく部屋全体を掃除します。また、重複清掃を避けるため、時間や電力の節約になります。
  • ➤【毛髪、ペットの毛に効果を発揮】:ロボットクリーナーは吸い込み口タイプなので、髪の毛の絡まりを防ぎます。ブラシに絡まった毛を掃除する手間が省けるので、ペットのいるご家庭や、髪の長い女性の家庭では、吸い込み口タイプのロボットそうじ機がお勧めです。
  • ➤【高品質バッテリー&長時間稼動】:ロボットクリーナーは高品質な三元系リチウム電池を使用することで、電池の性能が40%向上し、使用中の安定性・安全性はもちろん、電池の寿命がさらに延びます。掃除機は満充電状態で静音モードは約100分間の連続掃除、100-120㎡の広い面積まで掃除可能。※初めて充電する場合は、少なくとも六時間以上充電するようにしてください。
  • ➤【Wifi対応・スマホ対応】:お掃除ロボットにWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「OKP life」から本体の操作が可能です。OKPアプリと自動掃除機をWi-Fi でつなげば、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に行えます。Amazon Alexa、Google Assistantによる音声制御にも対応します。※ご注意:1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不可)。
  • ➤【簡単自動掃除】:掃除ロボット本体にワンタッチで起動でき(本体の電源ボタンまたはリモコンの電源ボタンを押して)、オートモードで自動掃除してくれます。簡単なボタン操作で、機械に弱い方、子供、初心者、老人までも気楽に使えます。
  • ➤【お手入れ楽々ロボットそうじ機】:ロボットそうじ機は大容量500mlのダストボックス搭載で、ゴミを捨てる頻度が大幅に減ります。ダストボックスは丸ごと水洗いできるので、いつも清潔な状態を保てます。 掃除ロボからの取り外しも、お手入れも簡単です。掃除ロボットのサイドブラシは着脱式で取り外ししやすくなっています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ルンバが欲しく購入を検討していたのですが、予算的に厳しくこちらの商品を購入しました。

正直この程度の値段でここまでのパフォーマンスがあるとは驚きました。

センサー類がしっかりと機能しているということで、真っ暗闇の洋室でもしっかりと働いてくれてます。段差から落ちることもないです。椅子の間も上手にくぐり抜けていきます。
掃除終了後は自分で充電スタンドに戻ってくれます。これは地味に嬉しい機能です。今や当たり前なのかもしれませんが笑

Wi-Fi接続も簡単で専用のアプリを入れて、スマホでも操作可能です。(専用のリモコンもついてます)
アプリ上では掃除で動いた部分をリアルタイムで把握でき、バッテリーの残量などが表示されてます。
自宅外から操作することはないですが、他の部屋から操作することができるので便利だなぁと使ってて思います。

吸引力はそれなりです。我が家ではダイソンのハンディをメインで使ってますが比べるのは酷です。布団とか網戸を掃除するわけではないですし、日々の簡単な床掃除、ホコリや髪の毛を掃除してくれるコロコロの代替品ぐらいのイメージでしたら大満足という感じです。音は全然静かです。吸引力に対してまぁこんなもんだなよなぁって感じです。

ゴミ取りがめっちゃ楽なのが嬉しいです。フタをパカって開けて、ダストボックスを取り外してゴミ捨てて終わり!シンプルで楽です。この単純構造が最高です。

久しぶりに買ってよかったな〜と思えた商品なのでレビューしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
【追記】
あまりの便利さに追加購入しました。1階と2階に1台ずつ配置です。
先に購入した分はこの3週間、毎日稼働中です。午前と午後、1日2回使うこともありますが、2回目もダストボックスにはしっかりホコリが溜まります。
これまでは掃除機をかけた後にさらにフローリングワイパーで目に見えない微細なホコリを拭き取っていて、4LDK全室がフローリングなので床掃除に結構な時間を費やしていましたが、このロボット掃除機導入後はこの手間が完全に省けました。掃除時間が大幅に短縮できたのにフローリングは常にピカピカで最高に気持ちがいい!
カスタマーサービスの方も大変親切な応対で本当に良いお買い物をしました。

初ロボット掃除機です。クーポンで大変お安く購入できました。他の方のレビューがとても良かったのと、吸込み口が手入れの大変なローラータイプではなかったのが決め手となりました。
思っていた以上に高性能です!
在宅時にずーっと動作を見ていましたが(一生懸命掃除している姿が本当に可愛くて、見ていて飽きないです。笑)、ドアを開けておくと1階のほぼ全ての床を満遍なくクリーニングしてくれているのがわかりました。吸引力も申し分なく大満足です。
アプリで外出先からも起動できるのも便利ですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【5.7cm超薄型】ECOVACS(エコバックス)DEEBOT OZMO Slim11

  • 【要注意!あんしん延長保証】1年間メーカー保証にプラスしてECOVACS直営店限定【1年延長保証】。「この商品は、ECOVACSが販売し、Amazon.co.jpが発送します。」と表示される商品が対象です。2020年3月20日からの購入分が適用になります。
  • 【超薄&軽量設計】DEEBOTシリーズの中で最も薄型として、サイズは310mm×310mm×57mmで、約2.5kgです。通常の掃除機ではお掃除できなかった狭い隙間までお掃除出来ます。
  • 【受賞】ゴミの吸引と本格水拭きを同時に可能エントリモデル。床についた足裏の細菌を99.26除去。
  • 【OZMOモップシステム】独特の技術で水拭きと吸引掃除を同時に出来ます。更に、水量の制御や本体の起動と停止に合わせてモップシステムを自動で開閉出来ます。
  • 【Alexa&スマホ対応】Amazon Echoと連携して、声だけで簡単に清掃開始・終了・充電ドックに戻して充電まで行えます。ECOVACS アプリとつなげば、清掃モードの変更やタイマー設定などを簡単に操作することが出来ます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ロボット掃除機を使いこなせるか不安だったのと、
専業主婦なのに掃除まで自分でしなくなるのはどうかと思っていたので
今まで買わずにいましたが・・・後悔です!
もっと早く買っておけば!!
まずロボット掃除機の特徴として、床にものがあると巻き込んだり止まったりしてしまうので、
まず散らからない部屋になります。ついつい床に置いてしまうものを断捨離したり、整理したり。
それだけでもかなりスッキリします。1度キレイにするとリセットするのも簡単です。

さてこの機種のいいところですが、まずコンパクトさ。
ソファーの下も入るし、床と棚板の薄い隙間にドックを設置できました。
床に置くと本体+ドッグの厚みで意外と場所をとるし、踏んで壊してしまいそうでこわいんです。
メインブラシがないので、メンテナンスが楽。
我が家はフローリングと畳なので、ブラシはなくても全く問題ないです。
アプリで操作出来て楽しい。
何分、何平米掃除したかがわかります。
すぐに接続が切れてしまうのが難点ですが、モチベーションが上がります。

あんまりだな、と思うのは、水ぶき機能です。
期待しすぎたのかもしれませんが、拭くというより撫でる感じ。
ブラーバのように同じところを何度もふいたりせず、掃除機の速さでスーっと走るだけなので、
パットもほとんど汚れていません。
水ぶきの後、自分でからぶきするとからぶきの雑巾はものすごく汚れます。
床材が無垢なので、頻度は1週間に1回程度でよさそうです。

総じて、本当に買っていいものでした。
自分で掃除機をかけたら一瞬ですむかもしれませんが、強制的に床に物を置かなくなるというのがポイントかな。
きれいにしたいけどやる気が出ないという方にはぜひぜひオススメしたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
長年使用してきたルンバですが、充電池の寿命が短くなってきたためAlexa対応のロボット掃除機を購入しました。
ルンバは高さが9.2cmと高く、ソファーや家具の下に入り込めずクイックルワイパーで追加掃除をしていましたが
本機は半分にはやや足りませんが5.7cmと非常にスリムボディーで掃除できなかった狭い範囲でも掃除が可能です。
ここ数年でロボット掃除機は進化は非常に早くスマホで充電量の確認、スケジュール設定に対応しています。タンクに入っている水量や掃除した面積もスマホで確認でき素晴らしいの一言です。
中でも感心したのは段差の乗り越え性能と衝突防止センサーです。
ラグや厚めのマットでもガンガン乗り越えますし、衝突防止センサーのおかげで
家具に接触する直前で方向転換が可能で、家具への傷付きを最小限に留めてくれます。掃除経路については規則
正しく動作するので無駄なく効率の良い掃除が可能です。ランダムに動く掃除機は拭き残しによるムラが
目立っていただけにこの点は大きく評価したい点です。
残念だったのは補修部品です。アマゾンで補修部品を購入することができますがスペアパーツが付属していないため
万が一故障時は追加購入する必要があります。この点を除けば大満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

モーソー ロボット掃除機1800Pa 強力吸引 自動充電 超薄型 衝突防止 120分間

  • ✅【1800Pa超強力吸引力】90%以上のロボット掃除機より強い1800Paの吸引力は何のゴミもきれいに吸い取ってくれます。具体的な部屋により使用時間や動作音を考えながら強弱モードの切替もできて省エネルギーです。

  • ✅【あなたの気持ちを考えるアナウンサー提示機能】スマートな掃除機といっても、たまにも予想以外の問題があります。モーソーMT710は最先端のアナウンサー技術を採用して、掃除状態・問題があればその対応策を報告します。楽々簡単に使えます。

  • ✅【アプリ・リモコン対応】Wifiさえあればアプリでのコントロールができます。外出する時も、家にいなくても、掃除機を駆動することができます。リモコンの場合は、簡単のようにデザインされるから、ボタン一つ二つ押すだけで便利な生活がもらえます。

  • ✅【障害・段差検知システム】業界最先端の赤外線センサーを採用して、障害物との衝突を回避し、段差からの落下を防止します。長く使うことができます。障害物乗り越え能力が備えて、カーペットなどを手で移動する必要はありません。薄型デザインで、家具の下もきれいに掃除してくれます。

  • ✅【自動充電・多用途掃除モード】業界最先端の赤外線センサーを採用して、障害物との衝突を回避し、段差からの落下を防止します。長く使うことができます。障害物乗り越え能力が備えて、カーペットなどを手で移動する必要はありません。薄型デザインで、家具の下もきれいに掃除してくれます。


↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ロボット掃除機3代目!メチャクチャいいです!8万円のルンバも知っていますが、価格の安さと性能、アフターケアなど考えてもこちらの方が好きです。「お掃除は任せてください♡」と流暢に話してくれます。アプリもGooglePlayからDLできて、掃除した箇所が確認できます。すごない?自動充電なのにこの価格!有り得ん!最高オブ最高。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
・吸引力:現時点で、しっかりと埃を吸い取ってくれている
・本体厚さ:ソファの下まで入ってくれている
・障害物避け:椅子の足など、避けながら進んでいた
・リモコン操作:基本的に使わないが、あったら尚良という感じ
・ゴミ処理:そこまで手間がかからない (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ILIFE アイライフ A4e ロボット掃除機 カーペットを強力掃除 エレクトロウォール付き

  • 【エレクトローウォール】エレクトロウォールを掃除させたくないエリアの前方に置き、A4eを進入させないエリアを設定することが可能です。
  • 【カーペット対応】ダブルV式の硬毛メインブラシは、微細なゴミを効果的に取り除き、カーペットなどの材質に対してはより深くきれいにします。
  • 【5つの掃除モード】自動モード、スポットモード、MAXモード、エッジモード、ミニルームモード、五つの掃除モードが備え、異なる環境にニーズにより対応できます。
  • 【薄型デザイン】本体僅か76mmの厚さ、家具の下など手が届かない場所を自由に進出ができ、隅々まで漏れないように掃除します。
  • 【3段階濾過ダストボックス】ダストボックスは初級フィルタ、スポンジ、高効率フィルタの3段階濾過システムが備え、空気中のマイクロ粒子を効果的に分離します。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
買って良かったです。現状では順調に稼働しています。

(動機)
今現在住んでいるのはクイックルワイパーと掃除機掛けでもせいぜい15分程度でしょうが、共働きでもあり毎日の積み重ねとなると大きいなと感じて購入。

(検討)
ルンバをはじめ多数の類似品が販売されている中で、
・手頃な価格設定
・スケジュール設定
・スマホから操作可能
・消耗品の入手
を比較した中で、Amazonでクーポンも利用でき、20000円を切っていたので、最終的にこちらの商品に決定しました。

ソファの下に充電ドックを置き、そこを起点として平日は毎日掃除をしてくれています。
段差のない2LDKということもあり、全フロアをくまなく。
ニトリで購入したラバー(?)のキッチンマット(段差1センチ程度?)をうまく乗り越えられるか気にしていましたが、難なくクリア。
玄関から落ちるのでは‥っと不安に思っていましたが、見事に回避。

腰をかがめてベッドの下やソファの下を掃除しなくて済みます。

(2019/01/20) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
A7を買ったあとV8Sを購入しました。A7はレビューも少なく、デザイン的にはA6の方が良く、値引きも少ないため正直不安を払拭できない注文でしたが、センターブラシがなく吸引のみでホコリを吸い取るV8Sよりフローリングでもゴム状のセンターブラシ併用のA7は圧倒的にV8Sよりホコリは多く集めます。しかもV8Sよりずっと静かな稼動音でテレビの音量も個人的には上げないでOKです。もちろんV8Sの拭き掃除が魅力で追加購入し、それはそれで気にいっていますが、ゴミを集める能力と静かさはV8Sとしか比較はできませんが非常に秀逸で、なぜかアマゾンで常に4000円引き、年末のセールでは17000円くらいで購入しましたが、申し訳ないくらい満足しています、大き目のダストボックスは2階の掃除で2室3台分のベッドの掃除ではダストボックスから溢れ出すほどのホコリが取れました。水拭きが不要ならばぜひおすすめしたいです。見た目も高級機種のV8Sよりも個人的には高級に見えます。あまりにいい子なので我が家では黒兵衛と名付け、ペットとなりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

薄型ロボット掃除機 新型・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「薄型ロボット掃除機」新型・高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
 

ロボット 掃除機 お掃除ロボット 1800Pa 強力吸引 OKP K2自動掃除機

  • ➤【3年間メーカー保証】:OKPロボットそうじ機のご購入日から36ヶ月間の製品技術サービスがあります。万が一、掃除機 ロボットは初期不良や故障などが発生した場合は、お気軽にお問い合わせください。
  • ➤【狭いところもラクラクお掃除できるコンパクトサイズ】:日本の家屋に最適化した小型設計ロボット掃除機。お掃除ロボットの直径28cm、高さ7.6cmのコンパクトボディで、ダイニングテーブルやイスの脚の間、ソファやベッドの下や、家具の間といった狭いスペースもスイスイお掃除。お部屋のゴミ、毛、微細なホコリまでしっかり吸い込んで綺麗に。
  • ➤【進化したFree Move2.0技術】:OKP ロボット 掃除 機はアップグレードされたFreeMove2.0技術により、狭い所と段差がある場所に自力で脱出でき、コードに巻き込まれるのを防ぎ、詰まっている可能性のある領域を検出し、掃除ルートを自動的に調整するのに役立ちます。ロボットクリーナーは自動掃除、自動充電、衝突防止・落下防止センサー、予約機能が搭載されます。
  • ➤【強力吸引力と多彩な清掃モード】:OKPロボット掃除機は3段階吸引力を搭載し、最大1800Paの驚きの吸引力でフローリングや和室などあらゆる床材に最適します。食べこぼし、ホコリ、髪の毛、ペットの毛、微細なゴミまでしっかりと吸い込めます。掃除ロボは自動モード・エッジモード・スポット・弓形走行の4種類の清掃モードがあり、使い分けることで様々な場所に対応可能。
  • ➤【計画式掃除&効率アップ掃除ロボット】:自動掃除機はセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、走行する際の誤差を大幅に減少させました。不規則な動きと違い、弓型走行は同じ場所を繰り返して掃除しなく、逃す所がなく部屋全体を掃除します。また、重複清掃を避けるため、時間や電力の節約になります。
  • ➤【毛髪、ペットの毛に効果を発揮】:ロボットクリーナーは吸い込み口タイプなので、髪の毛の絡まりを防ぎます。ブラシに絡まった毛を掃除する手間が省けるので、ペットのいるご家庭や、髪の長い女性の家庭では、吸い込み口タイプのロボットそうじ機がお勧めです。
  • ➤【高品質バッテリー&長時間稼動】:ロボットクリーナーは高品質な三元系リチウム電池を使用することで、電池の性能が40%向上し、使用中の安定性・安全性はもちろん、電池の寿命がさらに延びます。掃除機は満充電状態で静音モードは約100分間の連続掃除、100-120㎡の広い面積まで掃除可能。※初めて充電する場合は、少なくとも六時間以上充電するようにしてください。
  • ➤【Wifi対応・スマホ対応】:お掃除ロボットにWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「OKP life」から本体の操作が可能です。OKPアプリと自動掃除機をWi-Fi でつなげば、清掃モードの変更、タイマー設定などを簡単に行えます。Amazon Alexa、Google Assistantによる音声制御にも対応します。※ご注意:1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不可)。
  • ➤【簡単自動掃除】:掃除ロボット本体にワンタッチで起動でき(本体の電源ボタンまたはリモコンの電源ボタンを押して)、オートモードで自動掃除してくれます。簡単なボタン操作で、機械に弱い方、子供、初心者、老人までも気楽に使えます。
  • ➤【お手入れ楽々ロボットそうじ機】:ロボットそうじ機は大容量500mlのダストボックス搭載で、ゴミを捨てる頻度が大幅に減ります。ダストボックスは丸ごと水洗いできるので、いつも清潔な状態を保てます。 掃除ロボからの取り外しも、お手入れも簡単です。掃除ロボットのサイドブラシは着脱式で取り外ししやすくなっています。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ルンバが欲しく購入を検討していたのですが、予算的に厳しくこちらの商品を購入しました。

正直この程度の値段でここまでのパフォーマンスがあるとは驚きました。

センサー類がしっかりと機能しているということで、真っ暗闇の洋室でもしっかりと働いてくれてます。段差から落ちることもないです。椅子の間も上手にくぐり抜けていきます。
掃除終了後は自分で充電スタンドに戻ってくれます。これは地味に嬉しい機能です。今や当たり前なのかもしれませんが笑

Wi-Fi接続も簡単で専用のアプリを入れて、スマホでも操作可能です。(専用のリモコンもついてます)
アプリ上では掃除で動いた部分をリアルタイムで把握でき、バッテリーの残量などが表示されてます。
自宅外から操作することはないですが、他の部屋から操作することができるので便利だなぁと使ってて思います。

吸引力はそれなりです。我が家ではダイソンのハンディをメインで使ってますが比べるのは酷です。布団とか網戸を掃除するわけではないですし、日々の簡単な床掃除、ホコリや髪の毛を掃除してくれるコロコロの代替品ぐらいのイメージでしたら大満足という感じです。音は全然静かです。吸引力に対してまぁこんなもんだなよなぁって感じです。

ゴミ取りがめっちゃ楽なのが嬉しいです。フタをパカって開けて、ダストボックスを取り外してゴミ捨てて終わり!シンプルで楽です。この単純構造が最高です。

久しぶりに買ってよかったな〜と思えた商品なのでレビューしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
【追記】
あまりの便利さに追加購入しました。1階と2階に1台ずつ配置です。
先に購入した分はこの3週間、毎日稼働中です。午前と午後、1日2回使うこともありますが、2回目もダストボックスにはしっかりホコリが溜まります。
これまでは掃除機をかけた後にさらにフローリングワイパーで目に見えない微細なホコリを拭き取っていて、4LDK全室がフローリングなので床掃除に結構な時間を費やしていましたが、このロボット掃除機導入後はこの手間が完全に省けました。掃除時間が大幅に短縮できたのにフローリングは常にピカピカで最高に気持ちがいい!
カスタマーサービスの方も大変親切な応対で本当に良いお買い物をしました。

初ロボット掃除機です。クーポンで大変お安く購入できました。他の方のレビューがとても良かったのと、吸込み口が手入れの大変なローラータイプではなかったのが決め手となりました。
思っていた以上に高性能です!
在宅時にずーっと動作を見ていましたが(一生懸命掃除している姿が本当に可愛くて、見ていて飽きないです。笑)、ドアを開けておくと1階のほぼ全ての床を満遍なくクリーニングしてくれているのがわかりました。吸引力も申し分なく大満足です。
アプリで外出先からも起動できるのも便利ですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

UPERCT ロボット掃除機 2200Pa 強力吸引 自動充電 WiFi対応 遠隔操作

  • 【強力清掃&高性能フィルター】2段階の吸引力調整が可能で、MAXモードは通常吸引の2倍、最大2200Paまで吸引力を高め、フローリング上のごく微細なホコリや、カーペットの起毛に溜まったゴミなどを徹底的にキレイにします。また、空気清浄機にも使われるHEPAフィルターを搭載、ごみと一緒に吸引した、ホコリ、花粉、ダニ、ペットの抜け毛、カビなども、ダストボックスに取り付けられたフィルターでブロックし、きれいな排気でお掃除します。
  • 【安心・便利な4つの機能】①自動充電:バッテリーの残量が少なくなると、自動で充電台に戻ります。掃除途中で止まってしまう心配がありません。②段差乗り越え機能:15mmまでの段差を乗り越えることができ、ラグやカーペット上もしっかり掃除できます。③落下防止機能:約8cm以上の段差がある場合は、落下防止センサーで検知して、落下を防ぎます。お出かけ中も安心してお掃除を任せられます。④衝突を防ぐ走行センサー:赤外線で障害物を検知し、衝突を防ぎます。走行センサーで検知できないときはバンパーで接触して感知します。壁や家具に傷をつけません。
  • 【多彩なモード搭載&静音設計】ジャイロセンサーを搭載しており、部屋全体を一列ずつ往復しながら規則正しく効率的に清掃する直進清掃モード(オートモード)。ランダム清掃と比べ2分の1の時間で部屋の隅々まで清掃します。その他、壁際を重点的に清掃する「壁際モード」と、一定の箇所を重点的に清掃できる「集中モード」への変更も可能です。本製品の清掃音は55dBと静音設計で、お子様がお昼寝中やテレワーク中でも清掃音を気にすることなく掃除を任せることができます。
  • 【大容量バッテリー&簡単お手入れ】3200mAhの大容量バッテリーを搭載しており、フル充電で最長150分の稼働が可能です。600mlの大容量ダストボックスなので、面倒なゴミ捨ての回数を減らすことができます。手を汚さずにワンタッチで溜まったゴミ捨てが可能です。また、ダストボックスとフィルターは水洗いが可能で清潔に保つことができます。髪の毛などが絡まりやすいメインブラシは、両端のベアリングが取り外せて簡単にお掃除ができます。
  • 【リモコン付き&アプリ対応】専用リモコン付き、離れたところから手軽に操作。家に居ても、外出先からでも、アプリを使って清掃の開始、また現在の清掃状況をアプリのマップ上でリアルタイムに確認ができ(リアルタイムレポート)、すべての操作を手元で行えます。また、Google HomeやAlexaと連携して、声だけでコントロール。話しかけるだけで、簡単に操作することができます。本製品はご購入日から12ヶ月間の保証が付いています。 万が一、初期不良や故障などが発生した場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。保証期間での不良が発生したら新品交換できます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
お掃除ロボット初めて購入しました。
来客が多くまめに掃除したいのですが、腰痛持ちで掃除が苦痛でした。
他の用事をしている間に丁寧に掃除してくれるので、とても助かります。
家具にぶつかることもなく操作音も静かで、人の手でやるより優しいのに、取れる埃の量がしっかりあって驚きました。
アプリを入れてスマホから操作できる上、Alexa EchoShow5で声による操作も可能です。
取扱説明書にアレクサとのデバイスの仕方が載っていなくて、商品名と同じ名前のスキルがなかったのでアマゾンさんに相談しました。
すぐに調べてくださり無事に使えるようになりました。
「EchoShow5」のアプリより「SMART LIFE」というスキルを選ぶと声での操作ができるようになります。
リモコン、リモコン用電池、換えのブラシ2個、換えのフィルター1個もついて水拭きもできて、このお値段はかなりお得だと思います。
高価なものとの違いは分かりませんが、性能も十分だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
10年ものの、ルンバがとうとう動かなくなてしまったので、買い換えです。同じメーカーの買い替えも考えましたが、半分以下だったので、試しにということでこちらに決めました。オートモードで部屋の中を縦方向にすき間なく掃除していくので、やり残しがないように思います。ドアのレール部分の段差、カーペットの段差はスムーズに乗り越えていきます。うちは玄関もバリアフリーなので、ほっとくと玄関まで掃除してくれちゃいますが、椅子やテーブルの脚にガンガンなることなく、避けているのでセンサーもしっかりしてるなと思います。アプリが使いやすく、タイマー予約や掃除スタートができるので、帰る時間に合わせて掃除しておけるのが使いやすいです。掃除機能、お手入れ用のツール、付属品のスペアも付属していて全体的に満足な買い替えになりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【国内正規代理店】 Dreame ロボット掃除機 D9 吸引 水拭き両用 3000Paの強力吸引

  • Dreame ロボット掃除機 D9【国内正規代理店品】、高等技術を搭載する新しいロボット掃除機は、圧倒的な実力を誇ります:3000pa強力吸引|スマートマッピングップ機能|高精度マッピング機能|SLAMアリコリズム運用|抗菌モップ|1台2役|床/カーペット自動識別|20㎜段差まで乗り越える|最大150分稼働時間|270ml水タンク搭載|騒音対策完備|13種類センサー搭載●LDSレーザーナビゲーションシステムはSLAMアルゴリズムと組み合わさることで、リアルタイムでの高精度マッピング機能、障害物自動回避機能を実現。より効率的な掃除が可能です。●SLAMアルゴリズムを用いた技術に着目することにより、リアルタイムでロボット掃除機の位置を計算し室内の地図も作成。それにより、最適なルートで掃除を行います。
  • カスタマイズ清掃:高精度マッピング機能があり、標準モードでは自動でエリアを識別できます。●自動再開機能:清掃途中で充電が少なくなったら、自動で充電ステーションに戻り、充電を行います。充電完了後、自動で掃除を再開。留守中の清掃も安心して任せられます。●マルチフロアマッピング機能:一戸建てにも複数フロアのマップを記憶、より高効率で清掃可能。ファームウェアのアップデート:常に最新のファームウェアをご利用いただけるように、ファームウェアのアップデートを継続的に提供していきます。
  • 1台2役 吸引+拭き掃除タイプで、ご要望に合わせた掃除を提供します。●3000pa強力吸引システム、こまごまとした場合、すみずみまで掃除できます。●BMSインテリジェントバッテリー管理システム:5200mAhリチウム電池+BMS搭載で、リチウムバッテリーの長寿命を実現します。一回の充電で、連続稼働時間が150分。一戸建ての家でも掃除が気軽にできます。
  • カーペット自動識別:カーペットを自動検出し、自動的に吸引力をアップ。カーペットの掃除も徹底的におこないます。●抗菌モップ:99.9%除菌・抗菌効果。●衝突防止、落下防止:13種類のセンサーを搭載。リアルタイムで室内環境を検知し、障害物を回避しながら掃除を行います。
  • 静音掃除のために施された騒音対策:デザインや使用材質を最適化したことによって、強い吸引力を保ちながら、稼働音を気にすることなく清掃を行えます。●アプリ連携により、外出先でも掃除の予約が簡単に行えます。運転モードも手軽に選択でき、効率的に掃除ができます。●話しかけるだけで掃除開始。Alexaと連携することで、声だけで簡単に操作ができます。●20mmの段差を乗り越える:引き戸のレール、ラグ、マット、カーペット等も楽々乗り越え掃除をします。●取り外し可能なメインブラシ:ラシについた、髪の毛や糸くずなども簡単に掃除可能。●HEPAフィルター水洗い可能なため、便利に清潔を保てる。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
初めてロボット掃除機を使ったので他製品との比較は分かりません。
またまだ使用開始してから一週間足らずのレビューです。
本商品は何処にもレビューも無かったので不安でしたがカタログスペック(吸引力、動作時間等)が他社より良い上にデザインも良くその割に安いので購入は賭けでしたが、結果的にとても良い買い物が出来ました。
この価格帯では通常付いてない自動マッピング機能も付いていますが、部屋の形状、家具類等障害物を高感度に認識して高精度なマップを作成してくれていると思います。
センサーも優秀なのかものにぶつかる前に速度が遅くなり本体でタッチしながら隙間無く掃除するような感じです。ガッツンガッツンぶつかりながら掃除するのをイメージしていました。
絨毯などは自動認識して吸引力が上がってくれるのですが、通常の掃除機で掃除するよりも綺麗に仕上がってると思います。
拭き掃除も可能です。
本体から操作も出来ますが基本は専用アプリによるスマホからの設定と操作です。
作成されたスマホ上のマップにロボットが掃除した軌跡が表示されるのですが、最初は掃除にムラがあるような感じでしたが、数回使ったら学習をしたのか、とても緻密なルートを構築して掃除してくれるようになりました。人がてきとうにやるよりきちんと掃除してくれてると思います。
作動音もとても静かだと思います。
スマホ上から掃除禁止区域や仮想壁を設定することも可能ですし部屋を分けて部屋ごとに或いは一定区域ごとに掃除することも、スケジュール実行をさせることも可能です。もちろん外出先からロボットのコントロールや動作状況をリアルタイムに監視することが可能です(今では当たり前の機能でしょうが、、)。
Alexaとも連動するようですがまだ試してませんので分かりません。
コード類に絡まったり何処かに挟まって動けなくなったりすることもありませんでした。うちは比較的片付いてる方だと思うのでそのせいなのかこいつの性能の良さなのかは分かりません。
難点は説明書もアプリも日本語なのですが、とんちんかんな翻訳なので、意味不明なところが多いです。何となく分かるところがほとんどですが、試行錯誤が必要なところがあります。
なお、ロボットの音声も最初は英語ですが日本語に設定することも可能です。音声はきちんとした日本語でした。
何にせよ、毎日の家事のうちの1つがこれでほぼ無くなるのですから、凄いですね。
しかも手が届かない家具類の下まで掃除してますし。
こんなに技術が進歩していたとは。。最初はあまり期待はしていませんでした。どうせ掃除はムラだらけであっちこっちにぶつかって傷付けたり、途中で何処かにはまって動けなくなってり、位置が分からなくなって戻ってこなくなってりするんだろうと思ってましたが、全くそんなことなく誰も家に居なくてもちゃんと綺麗に家中掃除して自分で充電器に戻っていきます。
こんなのがたった数万円で手に入るなんて、驚きです。

以下はその後、1ヶ月半経過しての評価です。
故障や不具合なく変わらずにきんちんと掃除しています。お陰で毎日楽チンに綺麗です。
Alexaとの連動も出来ました。声で起動が可能になりました。スマホ探さしてアプリ起動せずよくなったので少し便利になったかな程度ですが。
充電体へも毎回迷わずにきちんと帰っていきます。
たまに水拭き機能も使ってます。こちらもなかなか便利です。拭いたあとにきゅっきゅっと鳴ってスッキリした感じがあります。
長く使っていきたいと思いますが、一点気になるのがメーカーの公式ページにも消耗品のパーツ販売についての情報がないことです。フィルターやモップは買えるのだろうか?? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
思ったより吸引力は素晴らしいと思います。
私は猫ちゃんを育てていますが毎朝これを回すと結構な毛と髪の毛が箱に入っていてしっかりと掃除しているなと感じてますね。
さらに水拭きもできるため普通のロボット掃除機より綺麗に掃除しているなと思います。

個人的にロボット掃除機はあくまでサブ掃除機で部屋をきちんと掃除するためには普通の掃除機も併用して使った方がいいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E20 ロボット掃除機 2500Pa 強力吸引 超薄型 畳 静音 自動充電

  • 「最大2500Paの吸引力&150分間連続稼働」Kyvol ロボット掃除機は最大2500Paのパワフルな吸引力で最長150分間連続で稼働することが可能です。また、自動モード、エージモード、スポットの3つのお掃除モードがあります。細かなホコリやゴミ、ペットの毛などを残さず綺麗に掃除ができます。
  • 「優れたデザイン」約7cmの超薄型で、Kyvol ロボット掃除機は手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます。
  • 「多機能モデル」Kyvol掃除ロボットに静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、タイマー機能、乗り越え機能などの機能を搭載。カーペットとフローリングなどの床面の違いを判別し、より強い吸引力が必要な場面で、自動的に吸引力を上げます。畳の部屋でも心配なく使用できます。
  • 「掃除範囲の制限が可能」境界線テープを置くことで、進入禁止場所を判断し、掃除したいエリアを制限できます。
  • 「操作簡単」アプリやリモコン、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。購入後、安心してすぐに使えます。(日本語のマニュアルと日本語によるサポートにも対応しております。ダストボックス上部のツマミから開けます。 ゴミを取り出したり、水洗いする際は、ゴミケースの後ろ側のロックを解除してからケースを開けてください。)ご注意、1. WiFiは2.4GHzに対応できます。(5GHzには対応不能)。 2. Alexa操作に関してクイックガイド(ページ61~62)をご参照ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 ルンバe5からの買い替え
去年購入したルンバe5だが、直進しなくなり、修理に出すと、保証期間内だが車輪のアームが折れてるから有償修理になると!修理代18000円!!別に踏んづけたりしたわけでもないのに。。。。。
修理対応に腹が立ち、買い替えることに。

となると、2万円以下でWi-Fiついてて、100分以上の稼働時間がある機種に絞って選定。
最終的にWi-Fiはないが、アンカーのRoboVac 11Sが19000円で、ネームバリュー的にも安心ですごく迷ったが、この機種のバッテリー容量とWi-Fiに惹かれてE20に決定。

中華ロボット掃除機だと17000円から23000円くらいでWi-Fi付きの機種がたくさんあったが、E20を選んだ決め手がバッテリー容量。ほかの機種は大体2500~2800mAhで、E20は3200mAhだったので。
(少ないじゃんと思う人はスマホを想像してると思うが、電圧がそもそも違うからスマホと単純比較はできない。スマホは3.7V、E20は14.4V 電力換算すると4倍くらい変わってくるので)

【基本性能】
ルンバとあまり差はなし。動画より、赤外線センサーにより、壁際モード時以外はカーテンにすら反応してくれる。
ただ、赤外線なので反射率が低い黒い家具にはバンバーで接触して反転する。それはルンバも同様。
赤外線センサーは本体周囲の180度以上と、裏面に設置されていて、反転動作もスムーズ。階段ももちろん落ちない。
あと、動作のロジック的には最初は適当に動いて、その後部屋の四隅を確かめるように少しづつバンパーで当てて四隅と並行して進み、角のごみを取りに行くような制御となっている。
1LDKの間取りで、寝室、リビング、キッチン、ダイニング、廊下それぞれドア開けていればまんべんなく掃除してる感じだった。ほんとロボット掃除機の制御ロジックってすごいと思う。
癖はあって、充電ドックから見て左側を過剰に掃除してる感じはする。
後、ドック周辺の掃除も疎かになってる。

写真4枚目より、フィルターのおかげか、かなり細かいホコリもキャッチできてる。
充電ドックへの帰還も問題ない。今のところ1週間2日に1回のペースでスケジュール掃除させてるが、充電ドックに帰還できなかったのは1回のみ(クローゼットちょい開け部分に侵入して力尽きてた)
電池性能だが、40分くらい弱吸い込み設定で掃除させてもバッテリーバーが2/3くらいだったので、100分以上は持ちそう。スマホアプリから稼働時間とバッテリー残量確認できる。

【スマホアプリ】
添付してる写真の通り。掃除スケジュール設定がスマホのアラームライクで直感的。
電池残量の確認や、吸い込みレベルの設定(3段階)を選べたりと便利。
ただ、メルアド登録しないと使えないポイントは改善してほしいかな。

【総評】
ルンバe5からの買い替えだが不満はない。むしろ、5万も出してルンバかったのを後悔。E20はクーポン使えば18000円で買えるので半額以下で同じ機能と、まぁ文句なしかなと。
あと、充電電力は13Wくらいだった。ただ、CVCC充電してると思うので、この値だけで電気代は予測できない。バッテリー電圧が14.4Vで3200mAhなので、バッテリー容量は46Wh。チャージャーの高率を85%と仮定すると、必要電力は55Wh 1回2円くらいの電気代。掃除機に比べたら圧倒的に電気代やすい。600Wの掃除機だと、30分掃除したら10円なので。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
届いて手にした瞬間の感想はフェイスがカッコいい!
ガラスっぽいフェイスが美しいです。

決め手は口コミ。アマゾンの星4つ以上のレビューを色々見て決めました。
当初はルンバの購入を検討していましたが、
このお掃除ロボットは欲しい機能
① 外出先から起動可能
② ダストボックスが洗える
③ 家具下に入れる
④ 玄関の段差を感知する
⑤ コルクマットの段差を超えれる
をすべて兼ね備えているのに低価格。
19800円でも安いのに3000円クーポンが出ていたので、
さらにお安く手に入れることが出来ました。

お店の対応も早いです。金曜の夜にオーダーして日曜の午前中に到着。
きちんとした冊子のマニュアル以外にすぐに読めるように簡単マニュアルも1枚入っています。
簡単に取り付け、充電、運転が出来ました。簡単にアプリも入れられます。

30分程、試運転してみての感想は吸引力がすごい。
30分かけただけで、足の感触がさらさらに。
ダストボックスにかなりのホコリと髪の毛が。

子供がいるので、すぐに床が汚れる家庭です。
なおかつ音対策でフローリング一面コルクマットを敷いています。
コルクマットはダイソンと相性が悪いので、掃除機がかけにくくて悩みの種だったので、
お掃除ロボットのおかげでストレスフリーになりそうです。

玄関の段差は落ちずにきちんと進路変更していました。
フローリングとコルクマットの段差もなんなくクリア。
ソファやテレビ台の下は侵入可能。さすがです。

家を出る前にすべてのコードやいすを上にあげて、準備万端に。

この価格でこの機能、かなりおススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Kyvol E30 ロボット掃除機 2800Pa 強力吸引 弓形働く マッピング機能

  • 【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができるお掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます。そして、マッピング機能付きで、スマホアプリでリアルタイムに掃除の状況が確認できます。
  • 【驚きの吸引力&150分間連続稼動】Kyvol ロボット掃除機は最大2800Paの吸引力でパワフルなだけでなく、フローリングやカーペット・畳など、それぞれの床環境に適した吸引力に自動調整できる賢い機能が付きます。3200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用し、約150分間の連続使用ができます。自動帰還機能が付いているので、掃除の途中での充電切れの心配がありません。
  • 【多機能モデル】Kyvol 自動掃除ロボットには静音モード、衝突防止・落下防止センサー、自動充電、予約機能、乗り越え機能など便利な機能が搭載されています。境界線テープを置くことで、掃除したいエリアを制限できます。逆に、掃除したくない場所をテープで掃除の対象エリアから除くこともできます。
  • 【薄型設計&大容量ダストボックス】約7cmの超薄型掃除ロボットで、ホコリが溜まりやすく掃除がしにくい、ソファやベッド、家具の下に入り込み、しっかりゴミを吸引してくれます。大容量600mlのダストボックス搭載で、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗いが可能なので衛生的です。
  • 【スマホ対応】掃除機本体にWi-Fi機能を搭載しているのでスマホアプリ「Kyvol」から本体の操作が可能です。掃除の開始・一時停止・終了をスケジュール設定できます。さらにモード変更を含む、全ての操作に対応しています。リモコン、Google home、Alexaで簡単にリモートコントロールできます。何か気になることがあれば、お気軽に出品者にお問合せください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
3年前に購入したロボット掃除機、ILIFE V3s proから買い換えました。
結論としては大満足です。

元々使っていたV3s自体も、2万円以下の低価格ながら十分活躍していてお気に入りでしたが、wifiに対応していないのと、ダストボックスが小さくてすぐホコリでいっぱいになってしまうのが不満と言えば不満でした。
そういった観点から、本品E30とV3sを比較してみます。

(1)外観
ほんの少しだけE30の方が大きいです。好みにもよるでしょうが、E30は黒くてスタイリッシュです。

(2)ダストボックス
V3sは上がパカッと開いて取り出すタイプ。
E30は後ろから引き出すタイプ。
これ!地味に嬉しいです。一般的に、ステーションは棚の下などに設置することが多いのではないでしょうか。見映え的に。
しかしその場合、V3sでは本体を棚の外まで引き出さないとダストボックスを取り出せません。しかしE30ならその必要がなく、一工程少なくて済みます。
容量はV3sで300ml、E30なら600ml。2倍です。

(3)ブラシ構成
V3sはサイドブラシが2つ、吸い込み口にブラシはありません。E30はサイドブラシが1つ、吸い込み口にブラシが付いています。
部屋の隅はサイドブラシでないと掃除できないのでV3sの方が優れているように思えますが、実際に動かしてみた感じではE30もキレイに掃除できています。片方しかないことを踏まえたアルゴリズムで動いているのかと思います。

ソファの下もスイスイ入っていきますし、多少の段差は乗り越える。落ちるような段差は回避してくれる。基本動作は何も問題なしです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プライムデーで買いました。

1〜2センチの段差もガンガン超えていく割に5センチの段差は検知して落ちない賢い子。我が家は伝統的な日本家屋なので座敷と板の間の段差があります。持ち上げて各部屋に移動させますが、そんなに重くない。ゴミも落ちてこない。(パラパラ落ちるメーカーもあります)音も我慢できる程度には静か。建具を閉めて隣の部屋にいると全然気にならないレベル。

吸引力については犬の毛、髪の毛、ほこりもがっつり取れており、前日掃除機をかけたのにゴミ受けには灰色の物体がモフモフ鎮座していました。もはや人間が掃除機を使うことに意味を見出せません。仕上げにブラーバでもかけてあげれば輝くような床が見られます。これで毎日掃除しないくせに撒き散らされる洗面所の髪の毛にイライラせずに済みます。ありがとうkyvol

私は日本製家電以外のアプリは使いませんので、アプリの使い勝手は分からず。故にきちんとマッピング出来ているのか疑問です。動きを観察するとブラーバのように規則的に動いてはないようです。いきなり斜めに動いたり端を掃除したり。仕上がりは素晴らしいので取るに足らないことですが。フリンジのついた玄関マットは巻き込むので掃除前にどかしてあげるのが面倒なくらいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

薄型ロボット掃除機 最新の低価格(安い)の5製品詳細

以下が「薄型ロボット掃除機」最新の低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.5)
総評価数 49件
2
S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05SM
発売日 2017/08/18
通常 8,980円
現在 8,980円
(3.5)
総評価数 4件
3
(4.6)
総評価数 47件
4
S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05PW
発売日 2017/08/18
通常 9,999円
現在 9,999円
(3.3)
総評価数 4件
5
(3.2)
総評価数 63件
 

ロボットクリーナー ロボット掃除機 2000Pa 強力吸引 水拭き小型、薄型、モ...

  • ?【驚きの効率&衝突防止】ジャイロセンサーを搭載することにより、自動的に規則正しい往復移動ができ、不規則な動きと比べて効率的に動くことができます。その為短時間で掃除を行うことができる掃除ロボットです。また、衝突防止機能付きで、掃除の効率が良く、家具や掃除機本体の衝突を防ぐことができます
  • ? 【薄型設計&大容量ダストボックス】約4cmの超薄型で、 拭き掃除ロボットは手の届かない狭い場所もしっかりと掃除することができます。大容量600mLのダストボックスにより、たくさんのゴミやホコリを集めることができます。ダストボックスは、水洗い可能なので清潔感も保てます。さらに、高性能フィルターでダニやカビ、アレルギー物質を取り除いた排気により、生活環境もクリーンに保ちます
  • ?【便利なデザインは両手を解放します】2400mAhの大容量バッテリーを搭載した約4cmの超薄型タイプで、フル充電後最大70分まで動作します。 大容量のダストボックスですので、面倒なゴミ処理量を減らすことができます。 溜まったゴミは、手を汚さずにワンタッチで処理できます。 また、ダストボックスやフィルターは水洗いで清潔に保つことができます。 髪の毛が絡みやすいメインブラシは、両端のベアリングを外せば簡単に掃除できます
  • ?【2000Pa超吸力&死角なし&ドラッグ&ドロップ】2000Paの吸引力で床の細かいホコリやカーペットのふわふわゴミを徹底的に洗浄します。 また、ゴミと一緒に引き寄せられるホコリ、花粉、ダニ、ペットの毛、カビなどを引き寄せる空気清浄機フィルターを搭載し、ダストボックスに取り付けて排気をきれいにします。雑巾の入れ替えが可能で、家のゴミだけでなく、床を引きずることもできます。水が汚れていたら掃除ができません。雑巾を使ってもいいです
  • ?【多重清掃☺一年間延長保証】本体前部に二つのサイドブラシがあり、絨毯・たたみの隙間に入り込んだゴミもしっかりかき上げ、徹底的に取り除きます。吸引したゴミはフィルター綿・フィルターネットでろ過され、ダストボックスに集積されます。この一台で部屋のホコリ・抜け毛・花粉などが全部なくなります。また、一年間の保証期間がございますので、安全安心でご購入いただけます

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
期待し始めたら、壊れました。想定内ですが。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05SM

S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05SM
エスキュービズムエレクトリック
発売日 2017/08/18
(3.5)

  • 厚さわずか3cmのロボット掃除機
  • 充電時間/駆動時間: 約3時間/約1.5時間
  • 対応床: 種類: フローリング
  • 面積: 40m2(約24畳)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ペットの毛埃良く取ってくれます、狭い所は最高ですね、ただ3回目の充電で充電できなくなってしまいました、ストアに連絡しました所、新しい物と取り替えてくれるとの事でした、対応もよく安心いたしました、早く来ると良いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
定価1万円弱のようですが、何故かシルバーが1点だけ新品4980円で恐る恐る購入しました。外箱にやや角凹みありましたが、それ以外問題ありませんでした。人気のないカラーだったからでしょうか?

寝室、リビング&脱衣所、廊下と3回動かしてみましたが、ブラシに絡まるぐらいの長い毛は苦手なようです。一度絡まって回転しなくなりましたが、ブラシを外して毛を取り除いたら動きました。毛ゴミはダストボックスには入らず、ブラシで巻取られるのみです。

吸引力は通りがかったホコリは確実に取っていますが、ブラシで口元に持ってこれたゴミしか吸込めません。逆に言えば落ちてるビニール袋などを吸い込んで止まるというエラーはありません。ダストボックスに入るのはふわふわとしたホコリのみです。

本体が軽くゆっくりだし力もないのでそこらへんのものを押し退けて変なところに行き自滅するということはありません。動きのアルゴリズムは素人には謎です。同じ角を何度も攻めたかと思えばいきなりものすごくバックしたり…
力尽きるまで稼働させれば、8畳程度の寝室が全体的にきれいになりました。

お手入れは毎回必須です。前述したブラシの毛取りとダストボックスのごみ捨てです。ダストボックスがかなり小さいので一回でほぼ満タンになります。

スペックはけして高くないですが、値段相応かそれ以上だと思います。ルンバ等とは比較しないほうが良いでしょう。普段あまり掃除しない人が掃除を始めるきっかけにするには良い商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05SM
発売日 2017/08/18
通常 8,980円
現在 8,980円

  

UPERCT ロボット掃除機 2200Pa 強力吸引 自動充電 WiFi対応 遠隔操作

  • 【強力清掃&高性能フィルター】2段階の吸引力調整が可能で、MAXモードは通常吸引の2倍、最大2200Paまで吸引力を高め、フローリング上のごく微細なホコリや、カーペットの起毛に溜まったゴミなどを徹底的にキレイにします。また、空気清浄機にも使われるHEPAフィルターを搭載、ごみと一緒に吸引した、ホコリ、花粉、ダニ、ペットの抜け毛、カビなども、ダストボックスに取り付けられたフィルターでブロックし、きれいな排気でお掃除します。
  • 【安心・便利な4つの機能】①自動充電:バッテリーの残量が少なくなると、自動で充電台に戻ります。掃除途中で止まってしまう心配がありません。②段差乗り越え機能:15mmまでの段差を乗り越えることができ、ラグやカーペット上もしっかり掃除できます。③落下防止機能:約8cm以上の段差がある場合は、落下防止センサーで検知して、落下を防ぎます。お出かけ中も安心してお掃除を任せられます。④衝突を防ぐ走行センサー:赤外線で障害物を検知し、衝突を防ぎます。走行センサーで検知できないときはバンパーで接触して感知します。壁や家具に傷をつけません。
  • 【多彩なモード搭載&静音設計】ジャイロセンサーを搭載しており、部屋全体を一列ずつ往復しながら規則正しく効率的に清掃する直進清掃モード(オートモード)。ランダム清掃と比べ2分の1の時間で部屋の隅々まで清掃します。その他、壁際を重点的に清掃する「壁際モード」と、一定の箇所を重点的に清掃できる「集中モード」への変更も可能です。本製品の清掃音は55dBと静音設計で、お子様がお昼寝中やテレワーク中でも清掃音を気にすることなく掃除を任せることができます。
  • 【大容量バッテリー&簡単お手入れ】3200mAhの大容量バッテリーを搭載しており、フル充電で最長150分の稼働が可能です。600mlの大容量ダストボックスなので、面倒なゴミ捨ての回数を減らすことができます。手を汚さずにワンタッチで溜まったゴミ捨てが可能です。また、ダストボックスとフィルターは水洗いが可能で清潔に保つことができます。髪の毛などが絡まりやすいメインブラシは、両端のベアリングが取り外せて簡単にお掃除ができます。
  • 【リモコン付き&アプリ対応】専用リモコン付き、離れたところから手軽に操作。家に居ても、外出先からでも、アプリを使って清掃の開始、また現在の清掃状況をアプリのマップ上でリアルタイムに確認ができ(リアルタイムレポート)、すべての操作を手元で行えます。また、Google HomeやAlexaと連携して、声だけでコントロール。話しかけるだけで、簡単に操作することができます。本製品はご購入日から12ヶ月間の保証が付いています。 万が一、初期不良や故障などが発生した場合は、どうぞお気軽にお問い合わせください。保証期間での不良が発生したら新品交換できます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
お掃除ロボット初めて購入しました。
来客が多くまめに掃除したいのですが、腰痛持ちで掃除が苦痛でした。
他の用事をしている間に丁寧に掃除してくれるので、とても助かります。
家具にぶつかることもなく操作音も静かで、人の手でやるより優しいのに、取れる埃の量がしっかりあって驚きました。
アプリを入れてスマホから操作できる上、Alexa EchoShow5で声による操作も可能です。
取扱説明書にアレクサとのデバイスの仕方が載っていなくて、商品名と同じ名前のスキルがなかったのでアマゾンさんに相談しました。
すぐに調べてくださり無事に使えるようになりました。
「EchoShow5」のアプリより「SMART LIFE」というスキルを選ぶと声での操作ができるようになります。
リモコン、リモコン用電池、換えのブラシ2個、換えのフィルター1個もついて水拭きもできて、このお値段はかなりお得だと思います。
高価なものとの違いは分かりませんが、性能も十分だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
10年ものの、ルンバがとうとう動かなくなてしまったので、買い換えです。同じメーカーの買い替えも考えましたが、半分以下だったので、試しにということでこちらに決めました。オートモードで部屋の中を縦方向にすき間なく掃除していくので、やり残しがないように思います。ドアのレール部分の段差、カーペットの段差はスムーズに乗り越えていきます。うちは玄関もバリアフリーなので、ほっとくと玄関まで掃除してくれちゃいますが、椅子やテーブルの脚にガンガンなることなく、避けているのでセンサーもしっかりしてるなと思います。アプリが使いやすく、タイマー予約や掃除スタートができるので、帰る時間に合わせて掃除しておけるのが使いやすいです。掃除機能、お手入れ用のツール、付属品のスペアも付属していて全体的に満足な買い替えになりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05PW

S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05PW
エスキュービズムエレクトリック
発売日 2017/08/18
(3.3)

  • 厚さわずか3cmのロボット掃除機
  • 充電時間/駆動時間: 約3時間/約1.5時間
  • 対応床: 種類: フローリング
  • 面積: 40m2(約24畳)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
見たくもなかったソファー裏、タンスの隙間が、何度かゴミがいっぱいになりましたが
きれいになりました!

吸引力はそこまでないので、埃程度ですが十分です。
この薄さ他にはないですが、若干の高さがあるところで止まったり
目を離すと前後の動きを永遠に繰り返したりしましたので星は3にしました。

耐久性はそこそこあると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
オモチャ並の性能です。取り柄は薄さだけです。
ゴミタンクはかなり小さく、回転モップはゴミを吸い取るどころか周りに弾き飛ばし
走行性能は悪く、段差は薄手のカーペットすら乗り越えられず、移動ルートに知性のかけらもありません。
3m2ほどのスペースで動かしてみましたが、20分ほど動かしても掃除されないスペースが数カ所できました。
他のランダム移動のロボット掃除機と比べ、設計/プログラムした人が移動に関して本当に何も考えていないのだと思います。
この製品の掃除は気持ち程度で期待しすぎない方がいいです。雑誌の付録レベルと思って下さい。

追記:
購入から3ヶ月。もう故障しました。充電ケーブルを指すと音がなりますが、
電源ボタンを押しても反応しません。本当に最低の端末でした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
S-cubism 超薄型床用ロボット掃除機 SCC-R05PW
発売日 2017/08/18
通常 9,999円
現在 9,999円

  

ECOVACS 超薄型 床用お掃除ロボット 自動充電式 タイマー付 DEEBOT

  • サイズ:300×300×57.5(受光部含み60)mm
  • 本体重量:2.2kg
  • 電源:AC100 50/60Hz
  • 消費電力:20W
  • 保証期間:1年間
  • 付属品:本体、説明書、オートステーション、サイドブラシ×4、ダストフィルター
  • 吸気フィルター:ダストフィルター
  • ダストボックス容量:0.3L
  • 連続稼働時間:90分

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
吸引力はあんまり強くなく、段差のある所や狭い所(ソファーの下等)によく行きたがります(笑)。バッテリーはまぁ、狭い部屋の中を掃除する分には十分ですし、勝手に掃除してくれるから最初の1台目にしては十分かな、と。あと、私が買った時より随分値段が上がってるみたいなので、得した感はあります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
毎日しっかり吸ってくれてます!
約10カ月でバッテリー劣化し稼働時間が極端に短くなり、交換バッテリーが5,000円以上していたので自己責任で充電池に交換しました。
全く問題なく毎日働いてくれてます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
       

関連:Alexaから音声操作可能なロボット掃除機

以下では、Alexaから音声操作で気軽にお掃除開始や中断が可能なロボット掃除機をまとめています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:水拭き・床拭き対応のロボット掃除機

また、以下では、水拭き(床拭き)対応のロボット掃除機をまとめています、合わせてのぞいて見てください。

 

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました