【2021最新】PS4におすすめの「2.5インチ内蔵SSD 人気・おすすめ 20製品」

こちらでは、PS4に換装可能な2.5インチ内蔵SSDを紹介。

PS4ゲームは、保存先をHDDからSSDに変更することで爆速ロード、快適なゲームプレイが可能となります。

ちょっと手間でもこれだけは絶対やったほうがいいカスタマイズです、以下で容量別の人気製品を紹介していきます。
 

ちなみに、内蔵ストレージ換装がハードルが高い場合、外付けSSDでも問題ありません。以下で外付けポータブルSSDも紹介しているのでそちらも検討してみてください。

Contents

   

PS4換装対応「2.5インチSSD」人気 BEST20

以下が全容量サイズを統合した「2.5インチ内蔵SSD売れ筋人気ランキング」です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 4534件
2
(4.5)
総評価数 753件
3
SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 500GB SATA3.0 / PS4 メーカー動作確認済 / S...
発売日 2018/12/07
通常 13,603円
現在 6,779円
6,824円(50%)OFF!!
(4.6)
総評価数 11005件
4
(4.6)
総評価数 11005件
5
(4.4)
総評価数 3813件
6
Samsung 860 EVO 500GB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E500B/EC 国内正規保証品
発売日 2018/02/02
通常 10,479円
現在 10,479円
(4.6)
総評価数 3198件
7
(4.6)
総評価数 171件
8
(4.4)
総評価数 3665件
9
Transcend 32GB SSD 2.5インチ IDE 3年保証 TS32GPSD330
発売日 2019/05/01
通常 7,537円
現在 7,537円
(4.1)
総評価数 312件
10
(4.4)
総評価数 3813件
11
(0)
総評価数 0件
12
(0)
総評価数 0件
13
Western Digital SSD 500GB WD Blue PC PS4 2.5インチ 内蔵SSD WDS500G2B0A-EC 【...
発売日 2019/06/23
通常 7,122円
現在 6,574円
548円(8%)OFF!!
(4.5)
総評価数 1060件
14
Samsung 860 EVO 250GB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E250B/EC 国内正規保証品
発売日 2018/02/02
通常 4,990円
現在 4,580円
410円(8%)OFF!!
(4.6)
総評価数 3198件
15
(4.5)
総評価数 1060件
16
(4.5)
総評価数 208件
17
(4.5)
総評価数 1060件
18
(4.5)
総評価数 361件
19
(4.6)
総評価数 11005件
20
(0)
総評価数 0件

 

おすすめ:PS4対応「2.5インチSSD 1TB」の人気5製品

以下がPS4にも換装可能な2.5インチの内蔵SSD「1TBサイズ」の人気5製品です。

以下では他の容量モデルも紹介していますが、2020年現在は容量単価で見ると1TBモデルがコストパフォーマンスがよく、もっともおすすめのサイズ帯です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 11005件
2
(4.4)
総評価数 3813件
3
(4.5)
総評価数 1060件
4
(4.4)
総評価数 13971件
5
(4.6)
総評価数 774件

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 1TB

  • 容量: 1TB インターフェース:SATA3.0 (6Gbit/秒)
  • シーケンシャル読出し速度 : 最大560MB/秒、シーケンシャル書込み速度 : 最大530MB/秒
  • ランダム読出し速度 : 最大95K IOPS、ランダム書込み速度 : 最大84K IOPS
  • 耐久性:400TBW
  • 耐衝撃性 : 1,500G@0.5msec(half sine)
  • メーカー保証対象は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示されている商品のみとなります。 Amazon.co.jp以外の出品者あるいは事業者様が販売する商品に関しましては、メーカー保証の対象外となりますので、販売元の出品者または事業者様にお問い合わせください。
  • 動作温度 : 0°C~70°C 保存温度:-55°C~85°C

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4ProをSSDに換装する為、購入。
私が購入した時は16,400円でした。
(2019/03 時点では約15,800円)
徐々に下がってきてますね。
1つ前のモデルのレビューは
2000件を越えていましたが
最新型のコチラは数件だったので
ちゃんと動くのか等、心配でしたが
問題なく動作しています。

容量ですが、
私は全てダウンロード版なので1TB。
APEX、FORTNITE、FFXIV、PSO2など
オンライン専用ゲームや
MHW、KH3、SEKIROなどのゲームも複数DLしていますが
500GBを少し越えるくらいです。
パッケージ版をお持ちの方や、
複数のゲームを同時期にしなければ
500GBでも十分かと思います。

モンスターハンターワールドで
検証したところ
ロード時間がかなり高速化されました。

モンスターハンターワールドの場合
SSDにすると、
ロード画面では右下に
読み込みバーが表示されますよね?
あれが4~5割くらい進んだら
すぐバーがMAXになりロードが終わります。
(普通は最後までゆっくり進んで終わる)

例えば、
・クエストをクリアし集会所に戻ってきて
自分が猫飯を食べ終わった頃に、
やっと他のハンターが
帰ってくるくらいです。
猫飯分の時間くらい早いですね。

・誰かが受注したクエストにすぐ参加すると
受注した人より早くロードが完了し、
出発可能な状態になります。

勿論、ログインや拠点での
工房エリアや流通エリアの移動も
早くなります。

他のゲームでも明らかに違いますね。
換装手順も簡単なのでオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
500GB HDDブートドライブ(Windows10)を、このSSDに交換しました。
作業は全体で1時間もかからなかったです。

(1)「ディスクの管理」でHDDのプロパティ「パーテションのスタイル」を確認。(私の場合MBR)
(2)シャットダウンしてSSDを装着。
(3)ログオンしてSSDをフォーマット、ドライブレターは適当に。(HDDがMBRなので同じMBRで)
(4)「EaseUS Todo Backup(無料)」をインストール
(5)「クローン」のメニューでHDDからSSDにクローン作成。
(6)再起動後、BIOSメニューでSSDを最初の起動ドライブに設定。
(7)ログオンして問題がなければHDDをフォーマット※してファイル置き場に。(心配ならばそのまま取っておくのもあり)


「EaseUS Partition Master Free」で旧OSやリカバリ領域のパーテションを削除できる。
SSDのドライブレターが自動的にCになっているのでSSDとHDDの間違いに注意。

体感で10倍くらい早くなったと思います。

(参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Crucial クルーシャル SSD 1TB(1000GB) BX500 SATA3

  • 商品:Crucial SSD BX500 内蔵型SSD 2.5インチ 7mm
  • 容量: 1TB(1000GB) 型番:CT1000BX500SSD1保証: JNHショップ国内 3年保証
  • 仕様: シーケンシャル読み取り: 540MB/秒 , シーケンシャル書き込み: 500MB/秒
  • ンターフェース: SATA 6.0Gb/s
  • ※開始前に、SSDの容量が古いハードディスクドライブの容量より大きいことを確認してください。そうしない と、データの複製(クローン)に失敗してしまいます。 ※SSDを初めて使用する前に初期化する必要がありますが、お使いのパソコンにより、SSDのセットアップを行う必要がない場合もあります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
240GBです。古めのCore i7 2600K & Win10 PC のシステムドライブに追加しました。よく使うアプリ・データもSSDに移動したので目に見えて快適になりました。HDDのカリカリ音がしなくなったことも大きいかと思います。
Acronis True Image for CrucialでCドライブをSSDに移行しようとしましたが、なかなかうまくゆかずフリーソフトで移行しました。
19/1/1訂正。
移行当初はCrystalDiskMark5.5の測定で、4KRead/Writeが18MB/s程度しか出ていませんでした。
古いPCだからと考えていましたが、「SSDから最高の性能を引き出す!4Kアライメントについての説明」のwebを見つけ確認したところアライメントがずれていることがわかりました。クローンソフトで移行すると元のHDDの設定を引き継いでいたためでした。やむなくSSD全体をWindowsで初期化してクリーンインストールするとスペックどうりの速度になりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
レッツノートSX2のHDDを、本製品240GBにのせかえました。使ったクローンソフトは、Acronis True Image for Crucial (無料で使えます)をダウンロードして使いました。クローン作りは、非常に簡単です。クローンの元(HDD)に、クローン先(SSD)と指定して、実行するだけです。10分程度で終わりました。あとは、HDDをPC本体から引き出して差し替えるだけです。SX2はHDDの載せ替えがきわめて簡単です。このメーカーのSSDはMXも使いましたが、単価が安いこちらの方が、のせかえたあとの反応がいいように感じます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Western Digital SSD 1TB WD Blue PC PS4 2.5インチ

  • 【インターフェース】SATA III 6 Gb/s
  • 【フォームファクター】2.5インチ/7mmケース入り
  • 【シーケンシャル(MB/秒)】読み取り 最大560、書き込み 530
  • 【4KBランダム(IOPS)】読み取り 最大95,000、書き込み 84,000
  • 【耐久性(TBW)】400
  • 【MTTF(=平均故障間隔)】最大175万時間 *この数字は社内テストの結果に基づきます。
  • 【保証期間】5年
  • WDS100T2B0AとWDS100T2B0A-ECは同一商品であり、予めご了承ください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
使用しているSSDが容量不足となったため、より大容量の代替品を探し求めて辿り着いたのがこちらです。

商品選別に際しては、メーカー・容量・スロット規格(SATAかNVMeか)など、様々な要素でかなり悩みましたが、結果としてこの商品を選んで良かったと感じています。
非常によく売れているというこの商品ですが、品質面で妥協したくない私は可能な限り競合製品も調べてみました。
・・・が、結局この商品が最有力候補の一つとして残ってしまうわけです。
具体的にレビューしてみましょう。

【 SanDiskのアレと比べてどうなの? 】-------
この商品を通販サイトなどで調べていると、高確率でSanDisk製の某SSDが出てくると思いますが、ズバリ中身は本製品が使用されており、概ね同一性能を持っていると言っても良い様ですね。
なので、後は実勢価格やSanDiskならではのプラスα部分をどう評価するのかという点になります。

個人的には実勢価格・商品構成・性能共に、どちらを買っても良いという結論になり、最終的には純正品を購入するに至りました。

【 Greenとの比較 】-------
ご存じWDのストレージは用途や性能によってブランド分け(色分け)されており、2.5インチSSDに関してはBlueとGreenが有ります。
やたらと種類が多いHDDよりは選択肢が少なくて選びやすいですが、容量のバリエーションや流通量、そして性能などを見る限り、特に問題が無ければBlueの本製品で良いでしょう。

【 NVMeとSATA 】-------
SSDには主にSATA(2.5インチ)とM.2(NVMeなど)という規格が主流ですが、後者はより高速だがいかんせん非常にお高い。 でも性能も捨てがたい・・・
ということで、本製品と「WD_BLACK SN750 NVMe SSD」で悩んだのですが、結局価格には勝てずに本製品を購入。

結果としては、一般的な用途であれば本製品で全く問題有りません。
そりゃ(マザーボードが対応していれば)NVMe仕様の物を選んだ方が確実に高速ですが、SATA仕様の物でも十分に高速であり、OSもアプリケーションも実に素早く起動・動作してくれます。

特にHDDとの比較では圧倒的に高速で、OS起動時の速さには感動するでしょう。
金に糸目を付けずに速度を追求する必要でも無ければ、SATA仕様の本製品で十分満足出来ると思います。

【 実際に使用してみて 】-------
PCに組み込んで約1000時間ほど使用してみましたが、現在の所全く問題有りません。
SSDの特性上、元々動作音は無いに等しいので実に静かですし、CrystalDiskInfoによると、温度は平均で26~28度程で安定しています。

重いアプリケーションを長時間動作させた場合で30度行くかどうかですね。
同じWD製のHDD(4TB・5400rpm)と比較して5~8度程も温度が低く、実に優秀です。

【 Acronis® True Image™ WD Editionに関して 】-------
WD製のストレージを購入すると、「Acronis® True Image™ WD Edition」というディスククローンソフトが付属します。(WDのサイトからダウンロードする形式。)
元々一般販売されている商品の機能限定版ですが、クローンソフトとしては十分高機能に使用できる物です。

あらかじめ本ソフトをダウンロードしておき、かつPCにWD製のストレージを接続しているとそれを認識して使用可能になるという仕組みなのですが、ここに注意点が一つ。

自作PCなどに直接組み込んで使用する際は問題無いのですが、(SATAケースなど)USB等に変換して外付けストレージとして接続するような場合、WD製ストレージとして認識してくれない場合が有るのです。

USB変換機などを使って接続した場合、SSDではなく変換機のコントローラーをアプリケーションが識別・認識してしまうらしく、結果として「WD製のストレージが接続されていない」と判断してしまう様ですね。
問題無く認識できる場合も有るようですが、残念ながら私は駄目で、結局他のクローンソフトを用意する羽目になりました。

PCの引っ越しやHDDからSSDへの換装の際(特にノートPCとか)で変換機を使用する事が多いと思いますが、そのような場合はWD製のストレージとして認識してくれない可能性が有るという事に注意が必要です。

【 総評 】-------
この商品に関する評価を纏めますと・・・

・SanDiskの物とはほぼ同じ性能
・NVMeじゃなくても速さは十分
・低発熱で動作も安定している
・起動ドライブ&アプリ用として使用するなら、容量的に余裕がある1TBモデルがベスト
・SATAケースを使用する場合、同梱のクローンソフトが認識しない可能性有り
・5年補償を受けるために、WDのサイトから商品の登録をしよう

こんな感じです。
個人的にはコストパフォーマンスの良さに大満足しております。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
以前新PC組むに当たり、データ用ストレージはこのWD Blue 3D 1TBにしました。
全く問題なく動き、このたびもう1TB増やそうと思いプライムセールで衝撃の超特価になっていたので即購入。
こちらは型番の最後に「EC」とついており、Amazonでも以前のページと別になっていますが、どうも全く同じもののようで、公式の管理ソフトであるWestern Digital SSD Dashboardから確認しても、同じ型番となっておりました。
大手製でも安めのSSDは内部構造が異なるため3年保証のものが多いですが、こちらは5年保証の頑丈な頼れるやつです。おすすめできます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Crucial SSD 内蔵2.5インチ SATA接続 BX500 シリーズ 1TB

  • エントリーモデルSSD 簡単なインストールのためのツール付き
  • 簡単なインストールのためのツール付き
  • 起動時間を短縮
  • より速くファイルを読み込む
  • システムのレスポンス向上

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
 なるべく予算を抑えたい。
でも安心も担保したい。
その回答として、有名どころの格安SSD。
ようやく出てきましたね。
120GBはライトユーザー向けにオファーがあるので安心感と割安感のベストバランスなモデルの発売を期待しておりました。

仕様はやはり格安SSDのソレ。
コントローラはSM2258XTなのでDRAMキャッシュレスですね。
速度は計測していませんが比較的周波数の低いi3ノート(4005U@1.7GHz)でも十分に快適でストレスはありません。
もちろんのことながらHDDとは雲泥の差です。
総書き込みが40TBWと少しすくなめなので寿命が気がかりではありますが実際のところライトに使っていればそうそう上限に達することはないでしょう。
そもそもハードに使うヒトは120GB/DRAMキャッシュレスは選ばない気がします…
システムと少しのアプリケーションをSSDに、500GB〜1TBのHDDをサブストレージとするお手軽システム(主にノート)はなかなか好評です。
Windows10のクリーンインストールであればアップデートを繰り返してもそうそう120GBは食いつぶさないのではないかと。

なかなか面白いことに、この製品のレビューは『パッケージが…』とか『クローンソフトが…』というものが多いです。クローンソフトは付属品みたいなものなので悪評はいただけないトコロですが…
私の場合、クリーンインストールかクローンして回復させるので問題はありませんでした。

容量は少ないですが、お値段もお手頃。
有名メーカーの安心感という付加価値。
ライトユーザーの方にオススメしたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
良く分からないメーカーのものは避けて、これを選びました。
Crucialなら安心できるかな、というのと、レビューとスペック、それと価格も十分に安いですね。
まだ通電していませんが、先ずは開封して気になったので...

商品ページの写真を見て完全にアルミ筐体だと思い込んでいましたが、プラスチックですよね、これ。
他の怪しい商品ですらアルミ筐体でしたので、意外でした。
発熱が少なければいいのですが...

傷(黒い部分)が酷いなあと思いながら、拡大鏡で見てみましたが、シボが完全に消えていまして、傷ではなく、成形時に何かあったのかな?と。

(追記)
ベンチマークの結果を貼っておきます。
まずまずいいスコアが出ていますが、やはり温度が気になります。
簡単に50度を突破します...が、冷えるのも早いですね。どうなんでしょう?
因みに同じ環境で、このSSDが56度、Samsung850が44度、Kingston_SA400S37120Gが37度です。
排熱の悪いノートに入れるのはちょっと気が引けます。

(追記)
専用アプリの使用感で気になったので追記です。

オーバープロビジョニングですが、「最後に操作したパーテーション」の最後尾に領域を確保します。
最初これが理解できずに、アプリがが勝手に最後尾の小さなOEM領域に設定しようとしてエラーになりました。
システムパーテーションの後方に設定するにはこのパーテーションに対して一旦、何かしらの操作を加える必要があるみたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SanDisk 内蔵SSD 2.5インチ / 1TB / SSD Ultra 3D

  • 容量 : 1TB インターフェース : SATAリビジョン3.0(6 Gbit/秒)
  • シーケンシャル読出し速度 : 最大560MB/秒、シーケンシャル書込み速度 : 最大530MB/秒
  • ランダム読出し速度 : 最大95K IOPS、ランダム書込み速度 : 最大84K IOPS
  • 安心の5年限定保証
  • 使いやすいサンディスクSSD診断ソフトウェア(SSDダッシュボード)により、ドライブのステータスをモニター
  • 発熱や動作音が少なく、商品電力も低減
  • 耐衝撃性 : 1,500G@0.5msec(half sine)
  • 動作温度 : 0°C~70°C 保存温度:-55°C~85°C
  • 外形寸法:W100.50 × H69.85 × D7.00mm
  • 対応HDDサイズ2.5インチ

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ps4ストレス削減運動のための先行投資です。
ssdはインテル、サムスン、クルーシャルと買いましたが、正直一番長く使用しているのはサムスンの840proの500ギガで5年くらい経っているし、クルーシャルの500ギガをゲーミングpcのために使用していますがやはり早いしこちらは店舗で勧められて買いましたが早いっす。

初の1テラで何処の物を買うか悩んでおりましたが、とあるユーチューバーの方のps4換装を見てこちらのメーカーのssdを購入する気になりました。
今日換装しての感想ですが、やはり早いです。一日何回もあるロード時間を短縮することができたことを体感できました。数秒くらいのときもありますがw

今のところ満足です。
耐久性が一番ほしいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
2個購入しASUS Z370-G GAMINGでRAID0で使用Win10の立ち上がり速さに感激していたところ、使用開始3日め電源投入でいきなり起動ディスクが見つからないとのメッセージが表示され、UEFI BIOS画面が表示され、BIOSでディスクポートを調べたところディスク1個が認識されず初期不良と思られので取り外し他のPCに繋ぎチェックし不良を確認。即AMAZONに交換の要求しました。すぐにメールで交換についてのメッセージが届き翌日の午前中に交換品が届きました。素早い対応に大感激です。その後順調に動作しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

PS4対応「2.5インチSSD 500GB」の人気5製品

以下がPS4にも換装可能な2.5インチの内蔵SSD「500GBサイズ」の人気5製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 500GB SATA3.0 / PS4 メーカー動作確認済 / S...
発売日 2018/12/07
通常 13,603円
現在 6,779円
6,824円(50%)OFF!!
(4.6)
総評価数 11005件
2
Samsung 860 EVO 500GB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E500B/EC 国内正規保証品
発売日 2018/02/02
通常 10,479円
現在 10,479円
(4.6)
総評価数 3198件
3
(4.6)
総評価数 171件
4
(4.4)
総評価数 3665件
5
(0)
総評価数 0件

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 500GB

  • 容量:500GB インターフェース:SATA3.0 (6Gbit/秒)
  • シーケンシャル読出し速度 : 最大560MB/秒、シーケンシャル書込み速度 : 最大530MB/秒
  • ランダム読出し速度 : 最大95K IOPS、ランダム書込み速度 : 最大84K IOPS
  • 耐久性:100TBW
  • 耐衝撃性 : 1,500G@0.5msec(half sine)
  • メーカー保証対象は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示されている商品のみとなります。 Amazon.co.jp以外の出品者あるいは事業者様が販売する商品に関しましては、メーカー保証の対象外となりますので、販売元の出品者または事業者様にお問い合わせください。
  • 動作温度 : 0°C~70°C 保存温度:-55°C~85°C

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4ProをSSDに換装する為、購入。
私が購入した時は16,400円でした。
(2019/03 時点では約15,800円)
徐々に下がってきてますね。
1つ前のモデルのレビューは
2000件を越えていましたが
最新型のコチラは数件だったので
ちゃんと動くのか等、心配でしたが
問題なく動作しています。

容量ですが、
私は全てダウンロード版なので1TB。
APEX、FORTNITE、FFXIV、PSO2など
オンライン専用ゲームや
MHW、KH3、SEKIROなどのゲームも複数DLしていますが
500GBを少し越えるくらいです。
パッケージ版をお持ちの方や、
複数のゲームを同時期にしなければ
500GBでも十分かと思います。

モンスターハンターワールドで
検証したところ
ロード時間がかなり高速化されました。

モンスターハンターワールドの場合
SSDにすると、
ロード画面では右下に
読み込みバーが表示されますよね?
あれが4~5割くらい進んだら
すぐバーがMAXになりロードが終わります。
(普通は最後までゆっくり進んで終わる)

例えば、
・クエストをクリアし集会所に戻ってきて
自分が猫飯を食べ終わった頃に、
やっと他のハンターが
帰ってくるくらいです。
猫飯分の時間くらい早いですね。

・誰かが受注したクエストにすぐ参加すると
受注した人より早くロードが完了し、
出発可能な状態になります。

勿論、ログインや拠点での
工房エリアや流通エリアの移動も
早くなります。

他のゲームでも明らかに違いますね。
換装手順も簡単なのでオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
500GB HDDブートドライブ(Windows10)を、このSSDに交換しました。
作業は全体で1時間もかからなかったです。

(1)「ディスクの管理」でHDDのプロパティ「パーテションのスタイル」を確認。(私の場合MBR)
(2)シャットダウンしてSSDを装着。
(3)ログオンしてSSDをフォーマット、ドライブレターは適当に。(HDDがMBRなので同じMBRで)
(4)「EaseUS Todo Backup(無料)」をインストール
(5)「クローン」のメニューでHDDからSSDにクローン作成。
(6)再起動後、BIOSメニューでSSDを最初の起動ドライブに設定。
(7)ログオンして問題がなければHDDをフォーマット※してファイル置き場に。(心配ならばそのまま取っておくのもあり)


「EaseUS Partition Master Free」で旧OSやリカバリ領域のパーテションを削除できる。
SSDのドライブレターが自動的にCになっているのでSSDとHDDの間違いに注意。

体感で10倍くらい早くなったと思います。

(参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Samsung 860 EVO 500GB SATA 2.5" 内蔵 SSD M...

  • 最大転送速度 : 読み出し 550MB/秒 書き込み 520MB/秒
  • SATA 6Gb/s, 3Gb/s,1.5Gb/s (互換性あり)
  • 2.5インチ
  • 容量 : 500GB
  • 使用用途 : PC (個人用/ビジネス/ゲーミング) PS4 (動作確認済み※ITGM調べ)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Lenovo G570(ノートPC)のHDDをSSD化するために本品を購入しました。
値段としては、もっと安い商品がありましたが、
Samsung を選んだのは、クローニングソフトが付いていること、かつ簡単そうであったためです。
実際に、すんなりと更新ができましたし、速度にも満足しています。

【速度について】
写真のとおりで、読み込み564MB/s、書き込み468MB/sでした。書き込みがカタログ値よりやや
低いようですが、古い機種なのでこんなものかと。

【SSDへの移行】
クローニングソフトは、Samsung のホームページからダウンロードしました。
えっ、というくらい簡単なソフトでした。
2.5インチの外付けケースを購入して、クローニングして、HDDと入れ替えて、
完了でした。更新後にWindowsやMSofficeのライセンス認証が求められること
もありませんでした。

ただし、Lenovoがブート用のパーティションを持っており、クローニング時にこちらを
可視化する必要がありました。メーカーごとアレコレありそうですので、事前によく調べ
たほうが良さそうです。

【ユーティリティーソフト】
Samsung のホームページからダウンロードしました。簡単です。

【操作感】
Windows7の起動 1分程度→数十秒
MS office起動 30秒程度→10秒程度
シャットダウンもかなり時間短縮され、キビキビ動くようになりました。
第二世代のCore i5でもまだまだ頑張れそうです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
-Samsung SSD 500GB 860EVO-
自分のPCはi5-4世代、HDDも7200rpm-SataⅢの起動50秒程度でまあまあ早い部類ではあると思う。
SSDは必要ないかなと思っていたときに、Amazonのブラックマンデーで安かったので購入。
ネット上にあるFreeのクローンソフトは、クローンの部分が有料になっていたりbootが入らなかったり、bootを組み込むための操作が分かりづらく、かなりの時間が無駄に過ぎ、有料にするしか無いか?と諦めていました。

「Samsung_Data_Migration_Setup」があることを知りDL。
HDDケースに入れたSSDをUSBに差し込み、ソフト上でターゲット認識したら1クリックで開始。
クローンに2時間30分程かかりましたが 問題なく起動しました。
起動は20秒程度で、立ち上がるまで20秒ぐらいかかっていた重系のソフトも5秒ほどで立ち上がるようになり、待ち時間が短縮され快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Samsung 860 EVO 500GB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E500B/EC 国内正規保証品
発売日 2018/02/02
通常 10,479円
現在 10,479円

  

キオクシア(KIOXIA) 内蔵2.5型SSD PS4動作確認済み 480GB EXCERIA

  • 【シーケンシャル速度】読み込み:最大555MB/s、書き込み:最大540MB/s
  • 【4KBランダム速度】読み込み:最大82K IOPS、書き込み:最大88K IOPS
  • 【インターフェース/フォームファクター】SATA3.0/2.5型 高さ7mm
  • 【保証期間】3年間※ただし、SSD Utilityマネージメントソフトウエアで「残り寿命の割合」がゼロになった場合はその時点で保証期間は終了となります
  • 【特徴】①国内メーカーであるKIOXIA独自の国産BiCS FLASH搭載。信頼性向上と低消費電力化を実現 ②添付のSSD UtilityでSSDのステータスなどが確認可能 ③2.5型HDDからの換装向け

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
母親が利用しているノートPC(NEC、LAVIE Direct NS、PC-GN17CJSD6)を借りた際にWindowsや各ソフトの立ち上がりの遅さが気になったため、母への7月の誕生日プレゼントとして、HDDからSSDへの換装とメモリ増設を行いました。

SSDは、販売実績がありレビューが充実しているCrucialのMX500かBX500辺りを購入しようと考えていましたが、Webニュースにて旧東芝メモリのキオクシアから、個人向けSSDがAmazon経由でバッファローから販売されると聞き、その中でエントリーモデルの「EXCERIA SATA SSDシリーズ」がちょうど用途に合っていて、値段も上記の製品とほとんど変わらなかったため、旧東芝メモリの性能を確かめてみたいと思い、購入しました。

HDDからSSDへの換装は未経験でしたが、SATA USB変換アダプタに繋ぐとすぐに認識され、フォーマットでき、フリーソフトの「EaseUS Todo Backup」を利用してクローンを作成し、問題なく換装を行うことができました。

結果、Windowsの立ち上がりは圧倒的に早くなり、ブラウザ等各ソフトの立ち上がりや動作も早くなり、母親に渡したところ大変驚いて、喜んでもらえたので、耐久性の面はまだわかりませんが、非常に満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
東芝が開発したNAND型フラッシュメモリですが、これまでメーカーオリジナルのコンシューマ用SSDは発売されていませんでした。東芝メモリからキオクシアになり、初めて販売された待望のSSDです。
10年以上前のノートPC(Acer TimelineX)のHDDを換装したところ、とにかく高速で本当に驚きました。HDD時代は起動に1分半、落ち着くまでさらに数分を要していましたが、換装後は起動15秒でもたつくこともなく動くようになりました。普通にネットやYoutubeを見る限りでは、最新のNVMeSSD搭載のPCと体感での速度差はほとんどありません。

なお、PCがSATA 6Gb/sに対応していないので、おそらくSSDよりもPCがボトルネックとなっているため参考にはなりませんが、Crystal Disk Markの結果も投稿します。

せっかく日本人が開発したNAND型フラッシュメモリなので、国産メーカーに頑張ってほしいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Crucial クルーシャル SSD 480GB BX500 SATA3 内蔵2.5インチ

  • 商品:Crucial SSD BX500 内蔵型SSD 2.5インチ 7mm
  • 容量: 480GB 、 型番:CT480BX500SSD1 保証: JNHショップ国内 3年保証
  • 仕様: シーケンシャル読み取り: 540MB/秒 , シーケンシャル書き込み: 500MB/秒
  • インターフェース: SATA 6.0Gb/s
  • ※開始前に、SSDの容量が古いハードディスクドライブの容量より大きいことを確認してください。そうしない と、データの複製(クローン)に失敗してしまいます。 ※SSDを初めて使用する前に初期化する必要がありますが、お使いのパソコンにより、SSDのセットアップを行う必要がない場合もあります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Transcend 業務用/産業用 組込向けSSD 512GB 2.5"SATA

  • 原産国:台湾
  • ■Amazon.co.jp以外で購入された商品につきましては日本国内保証対象外となります。
  • ■製品仕様インターフェース(コネクタ) = SATA III 6Gb/s フォームファクタ = 2.5 inch サイズ = 100mm × 69.85mm × 6.8mm 搭載NANDフラッシュ = 2D MLC 容量 128GB/256GB/512GB/1TB
  • 最大読出し/書込み速度 = 読出し: 570MB/s, 書込み: 470MB/s 動作電圧 5V±5% 消費電力(最大) 3.46W 動作環境温度 -0℃ ~ 70℃ 保管温度 -40℃ ~ 85℃ 湿度 0%~95% 耐振動(動作時) 5.0 G (最大振幅), 5 Hz ~ 800 Hz (周波数)
  • メモリ製品を使用する組込機器は多岐に渡り、使用条件や環境も様々であるため、トランセンドは全ての機器との互換性や安定動作を保証することができません。特定の仕様に関して不明なことがあれば事前に弊社ホームページにてご確認ください

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

PS4対応「2.5インチSSD 2TB」の人気5製品

以下がPS4にも換装可能な2.5インチの内蔵SSD「2TBサイズ」の人気5製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
(4.6)
総評価数 11005件
2
(4.3)
総評価数 46件
3
(4.4)
総評価数 35119件
4
(4.6)
総評価数 61件
5
(4.5)
総評価数 361件

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD / SSD Ultra 3D 2TB

  • 容量:2TB インターフェース:SATA3.0 (6Gbit/秒)
  • シーケンシャル読出し速度 : 最大560MB/秒、シーケンシャル書込み速度 : 最大530MB/秒
  • ランダム読出し速度 : 最大95K IOPS、ランダム書込み速度 : 最大84K IOPS
  • 耐久性:500TB 耐衝撃性 : 1,500G@0.5msec(half sine)
  • メーカー保証対象は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示されている商品のみとなります。 Amazon.co.jp以外の出品者あるいは事業者様が販売する商品に関しましては、メーカー保証の対象外となりますので、販売元の出品者または事業者様にお問い合わせください。
  • 動作温度 : 0°C~70°C 保存温度:-55°C~85°C

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4ProをSSDに換装する為、購入。
私が購入した時は16,400円でした。
(2019/03 時点では約15,800円)
徐々に下がってきてますね。
1つ前のモデルのレビューは
2000件を越えていましたが
最新型のコチラは数件だったので
ちゃんと動くのか等、心配でしたが
問題なく動作しています。

容量ですが、
私は全てダウンロード版なので1TB。
APEX、FORTNITE、FFXIV、PSO2など
オンライン専用ゲームや
MHW、KH3、SEKIROなどのゲームも複数DLしていますが
500GBを少し越えるくらいです。
パッケージ版をお持ちの方や、
複数のゲームを同時期にしなければ
500GBでも十分かと思います。

モンスターハンターワールドで
検証したところ
ロード時間がかなり高速化されました。

モンスターハンターワールドの場合
SSDにすると、
ロード画面では右下に
読み込みバーが表示されますよね?
あれが4~5割くらい進んだら
すぐバーがMAXになりロードが終わります。
(普通は最後までゆっくり進んで終わる)

例えば、
・クエストをクリアし集会所に戻ってきて
自分が猫飯を食べ終わった頃に、
やっと他のハンターが
帰ってくるくらいです。
猫飯分の時間くらい早いですね。

・誰かが受注したクエストにすぐ参加すると
受注した人より早くロードが完了し、
出発可能な状態になります。

勿論、ログインや拠点での
工房エリアや流通エリアの移動も
早くなります。

他のゲームでも明らかに違いますね。
換装手順も簡単なのでオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
500GB HDDブートドライブ(Windows10)を、このSSDに交換しました。
作業は全体で1時間もかからなかったです。

(1)「ディスクの管理」でHDDのプロパティ「パーテションのスタイル」を確認。(私の場合MBR)
(2)シャットダウンしてSSDを装着。
(3)ログオンしてSSDをフォーマット、ドライブレターは適当に。(HDDがMBRなので同じMBRで)
(4)「EaseUS Todo Backup(無料)」をインストール
(5)「クローン」のメニューでHDDからSSDにクローン作成。
(6)再起動後、BIOSメニューでSSDを最初の起動ドライブに設定。
(7)ログオンして問題がなければHDDをフォーマット※してファイル置き場に。(心配ならばそのまま取っておくのもあり)


「EaseUS Partition Master Free」で旧OSやリカバリ領域のパーテションを削除できる。
SSDのドライブレターが自動的にCになっているのでSSDとHDDの間違いに注意。

体感で10倍くらい早くなったと思います。

(参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Western Digital SSD 2TB WD Green 2.5インチ 内蔵SSD

  • 【インターフェース】SATA III 6 Gb/s
  • 【フォームファクター】2.5インチ/7mmケース入り
  • 【シーケンシャル(MB/秒)】読み取り 最大 : 545

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
OSを入れてCrystal Diskmarkで速度を測ったところ、商品ページに書いてある「読み取り 最大 : 545」まではいかなかったのですが、450くらいはでてました。

次にDドライブにして測ったところ商品ページの「読み取り 最大 : 545」以上出ててカナリコスパがいいです。

また、NVMeでは無いし、低消費電力版のキャッシュなしなのが良いのか、アイドリング時の発熱は35度前後、ベンチマーク中はこの蒸し暑い時期にベンチマークソフトで激しく読み書きしまくってマックス41度と安定してます。(2020/07/19現在)

ちなみにヒートシンクはつけてません。

PCケースは格安のVersa H26でファンは最初からついてた2基のみです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ノートPC Inspiron15(AM DE2、メモリ4G->8G済)のSSD化をするために
SSDを探していたのですが、本製品を購入する決め手として、
・Western Digital の廉価版としては最新版であったことと
・Acronicsソフトがバンドル(ネットからダウンロード)している
ことでした。
たまたまあったUSBリムーバブルハードディスクケースがあったので、追加購入なく
ディスクのクローン化ができ、SSD化後、頻繁にあるOSのアップグレードやPC起動が
そこそこ早くなったので、購入してよかったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD/SSD Plus 2TB/ SATA3.0

  • SSDプラスシリーズ 2TB
  • 高速の読出し/書込み性能。最大読出し速度:545MB/秒、最大書込み速度 : 450MB/秒
  • 使いやすいサンディスクSSDっ診断ソフトウェアにより、ドライブのステータスをモニター
  • 発熱や動作音が少なく、消費電力も低減
  • メーカー保証対象は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示されている商品のみとなります。 Amazon.co.jp以外の出品者あるいは事業者様が販売する商品に関しましては、メーカー保証の対象外となりますので、販売元の出品者または事業者様にお問い合わせください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
以前使用していた東芝のQ300がお亡くなりになりましたので、急遽購入。
このSSDは以前は国内仕向のJモデルばっか購入していましたが、
今回はただ仕向違いで少々安いGモデルを購入。
メイド・イン・マレーシアになってますが、メーカーのSanDiskは愛知県四日市市に本拠を置いているので
設計・開発は国内とみてまぁ間違いないでしょう。つまり国内ブランドです。
そういった意味の安心感は大いに期待できるので安定感は☆5つ。
以前購入したJモデルも一切異常がないので裏付けとしては十分でしょう。
また、14インチ以下のノートパソコンにSSDを入れると取り回しが劇的に向上するので、
数字で体感できる以上の感動を覚えます。それがいまや国内メーカーでさえ3000円台で手に入るのですから
お買い得感は文句なしの☆5つ。
私はゲームはしないので可も不可もつけられないので☆3つ。
安価なビジネスノートに組み合わせるなら、最高のビジネスパートナーになるでしょうね。
ただ、あの東芝純正ですら故障したのですから、定期的なバックアップは心がけて臨みましょうね。
ここからは個人的な想いですが、
あえて国内生産でどこぞのPCメーカーのうたい文句をまねて
MADE IN AICHIを大々的にアピールしたら、もっとブランドイメージが高まって、
購買層を広げることができると思いますね。
SanDiskさん、がんばってください。今後も良品を出し続けてくれることを期待します。
今後の一部のモデルで鉄板モデルと称されることも期待します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
SSDについて読み込み、書き込みのスピードで判断されている方をよく見かけますが、
私の場合、やはり読み込みの機会がずっと多いように思います。
そこで、書き込みの多少のスピードのなさは気にかけませんでした。
読み込みが多い私には、このSSDは快調です。

このサイトでも海外のレビューの引用がありますが、私は個人的に英米他のそれこそ多数の
この製品のレビューを参照し、安定した製品であることを確信して購入しました。
(そうしたレビューを見ると、一年以上まえのものも結構ありましたので、多少は
「型落ち」感はあるのですが、しかし、そのことは以前からずっと多くの人に
そして現在も使われているという証拠と思いました。)

こちらは販売会社の1年保証です。国内「正規版」は3年保証という差がありますが、
2,3年も経つと、リーズナブルな価格でもさらに性能のよいものが出てくるでしょうから、
その程度の期間が過ぎれば自然買い替えとなると思うので、3年保証にはこだわりませんでした。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Western Digital SSD 2TB WD Red SA500 NAS

  • 【インターフェース】SATA III 6 Gb/s
  • 【 フォームファクター】2.5インチ/7mmケース入り
  • 【シーケンシャル(MB/秒)】読み取り 最大560、書き込み 530
  • 【4KBランダム(IOPS)】読み取り 最大95,000、書き込み 85,000
  • 【耐久性(TBW)】1300
  • 【MTTF(=平均故障間隔)】最大200万時間 *この数字は社内テストの結果に基づきます。
  • 【保証期間】5年

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Acerのnoteに入っていたSeagate(2014年china製)がセクタ不良を起こしブルー画面に突入。これを機にssdに換装を決めました。外付けhddが全てRedシリーズで長年問題なく稼動してるので迷わずこちらのRed(Malaysia製)にしました。元がセクタ不良なのでクローンを作るわけにはいかずusbドライブのリカバリーバックアップから工場出荷状態に戻すところからの作業です。バックアップ作ってなかったのでブルー画面発生にドキドキしながら無事作成。Bootメニューもいじくって何とか初期状態のwindows8.1に。Windows10の無償アップグレード期間が終了してることに気付いて落ち込みましたが過去、無償アップグレード期間中にアップグレードしてれば可能だという情報を得てまたドキドキしながら無事最新OSへ。換装終了です。ホコリの溜まったファンや基盤も掃除でき一石二鳥です。発熱もhddよりはるかに少なく、なんといっても起動が30秒〜1分(以前は5分以上)と高速になってモチベーションが上がります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
7年近く使用してきたノートPC E440 CPU:i7 4702MQ メモリー:16GB、ストレージ: HDD 1TBが、起動に約8分程度かかってきたので、SSDに換装し高速化を図った。種々SSDを調べたが、本製品が性能も良くNAS用の高信頼性・高耐久性がある仕様であったのと価格もリーズナブルであったので購入し換装した。結果、性能は仕様どおりであり、起動が8分から1分弱へ短縮する効果が得られた、他のソフト起動でも実感でモッタリからキビキビした高速化がはかられた。移行・管理ソフトも揃っていて、極めてスムーズに移行できた。これだけのものがこの価格でしかも容易に移行できたので大いに満足している。これで後5年はこのPCで頑張るつもりである。同等レベルのSSD検討の際に、特に高信頼・高耐久性・安定性にこだわるばあいは、有力候補としても良いだろう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Crucial クルーシャル SSD 2TB MX500 SATA3 内蔵2.5インチ

  • Crucial SSD MX500 内蔵型SSD 2.5インチ 7mm
  • 容量: 2TB 、 型番:CT2000MX500SSD1
  • 速度: シーケンシャル読み取り:560MB/s 、シーケンシャル書き込み:510MB/s、 4KBランダム読み書き:95K / 90K IOPS
  • インターフェース: SATA 6.0Gb/s、 保証: ご購入履歴とシリアル番号に基づいてJNHショップ国内 3年保証
  • ※開始前に、SSDの容量が古いハードディスクドライブの容量より大きいことをお勧めしておりま。 ※SSDを初めて使用する前に初期化する必要がありますが、お使いのパソコンにより、SSDのセットアップを行う必要がない場合もあります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

 

   

PS4対応「2.5インチSSD 4TB」の人気製品

以下がPS4にも換装可能な2.5インチの内蔵SSD「4TBサイズ」の人気製品です。

(2021/02/26 更新)
売筋
Rank
製品評価
1
SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD/SSD Ultra 3D 4TB SATA3.0 / PS4 メーカー動作確認済 / SDSSD...
発売日 2020/09/25
通常 83,642円
現在 50,298円
33,344円(40%)OFF!!
(4.5)
総評価数 5147件
2
Samsung 860 QVO 4TB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76Q4T0B/EC 国内正規保証品
発売日 2019/03/01
通常 49,980円
現在 49,980円
(4.5)
総評価数 1092件
3
Samsung 860 EVO4TB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E4T0B/EC 国内正規保証品
発売日 2018/02/02
通常 売り切れ
現在 売り切れ
(4.6)
総評価数 3198件
4
(0)
総評価数 0件
5
WESTERN DIGITAL WD Blue SSD SATA6Gb/s 4TB 2.5inch 3DNAND WDS400T2B0A
発売日 2019/07/24
通常 52,800円
現在 52,800円
(4.6)
総評価数 77件

SanDisk 内蔵 2.5インチ SSD/SSD Ultra 3D 4TB SATA3.0

  • 大容量4TBのサンディスク ウルトラ3D SSD
  • 高速の読出し/書込み性能。最大読出し速度:560MB/秒、最大書込み速度 : 530MB/秒
  • サンディスク 3D NANDを搭載
  • 使いやすいサンディスクSSDっ診断ソフトウェアにより、ドライブのステータスをモニター
  • メーカー保証対象は、「この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。」と表示されている商品のみとなります。 Amazon.co.jp以外の出品者あるいは事業者様が販売する商品に関しましては、メーカー保証の対象外となりますので、販売元の出品者または事業者様にお問い合わせください。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Samsung 860 QVO 4TB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76Q4T0B/EC

  • 最大転送速度 : 読み出し 550MB/秒、書き込み 520MB/秒
  • SATA 6Gb/s, 3Gb/s,1.5Gb/s (互換性あり)
  • 2.5インチ
  • 容量 : 4TB
  • 使用用途 : PC (個人用/ビジネス/ゲーミング) PS4 (動作確認済み※ITGM調べ)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Samsung 860 SSD QVO 4TBが基礎的な各種ベンチマークでは既存のSATA SSD同様にSATA3.0の規格上限を満たす理想的なスコアでした。実用性能においても重要な利用例の1つであるPCゲームロード時間では、同社のメインストリーム向けSATA SSDである860 EVOシリーズとほぼ同等の速度を発揮しました。

同製品には4bitマルチセルであるQLC型の64層3D NANDが採用されていますが、3bitマルチセルのTLC型SSDと同様の特徴が大容量書き込み時に現れており、4TBモデルでは仕様値で72GB、実効80GB程度のSLCキャッシュ容量を超える連続した大容量な書き込みアクセスでは書き込み速度が理想的な520MB/sから160MB/sまで大幅に急落しました。
「Samsung 860 SSD QVO 4TB」のSLCキャッシュ容量は動的に変化する仕組みになっていますが、4TBモデルであればストレージを半分埋めた状態でも実効80GBのSLCキャッシュが使用できるので、一般ユースで超過するシーンはほとんどないと思います。

価格面については、Samsung 860 SSD QVOの1TBモデルと2TBモデルは現在主流なTLC型NANDを採用した同社・他社製品と差が小さく(一方で書き込み耐性が低く、書き込み速度の低下も大きいので)、正直言って魅力に欠けるという感想です。
しかしながら最大容量となる4TBモデル「Samsung 860 SSD QVO 4TB」は、そもそも容量4TBのSATA SSDをコンシューマー向けでリリースしているのがSamsungの1社のみという状況もあり、かつ860 EVO 4TBよりも2万円近く安価(3月現在)なので、コストパフォーマンスにおいて非常に魅力的に映ります。

2019年現在の最新高画質PCゲームはタイトル1つで50GB前後は当たり前、ものによっては100GBを超えてくるので、ほんの1,2年前はこれだけあれば十分と考えられた2TBのSSDですら、多数のゲームを1つのストレージにまとめると容量不足に直面する可能性が高いですが、その2倍の容量を誇る「Samsung 860 SSD QVO 4TB」ならPCゲーム100GB超時代でも容量不足の心配は無用です。
マルチビットセルゆえの書き込み耐性の低さは少々気になるものの、PCゲームのインストール先であれば読み出しアクセスメインになるので、低容量単価のメリットを活かせるPCゲームのインストール用ストレージとして非常にオススメなSSDです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初期型のPS4でHDD容量に余裕がなくなってきた折、ちょうどファームウェアで外付けストレージに対応したということで (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Samsung 860 QVO 4TB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76Q4T0B/EC 国内正規保証品
発売日 2019/03/01
通常 49,980円
現在 49,980円

  

Samsung 860 EVO4TB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E4T0B/EC

  • 最大転送速度 : 読み出し 550MB/秒 書き込み 520MB/秒
  • SATA 6Gb/s, 3Gb/s,1.5Gb/s (互換性あり)
  • 2.5インチ
  • 容量 : 4TB
  • 使用用途 : PC (個人用/ビジネス/ゲーミング) PS4 (動作確認済み※ITGM調べ)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
Lenovo G570(ノートPC)のHDDをSSD化するために本品を購入しました。
値段としては、もっと安い商品がありましたが、
Samsung を選んだのは、クローニングソフトが付いていること、かつ簡単そうであったためです。
実際に、すんなりと更新ができましたし、速度にも満足しています。

【速度について】
写真のとおりで、読み込み564MB/s、書き込み468MB/sでした。書き込みがカタログ値よりやや
低いようですが、古い機種なのでこんなものかと。

【SSDへの移行】
クローニングソフトは、Samsung のホームページからダウンロードしました。
えっ、というくらい簡単なソフトでした。
2.5インチの外付けケースを購入して、クローニングして、HDDと入れ替えて、
完了でした。更新後にWindowsやMSofficeのライセンス認証が求められること
もありませんでした。

ただし、Lenovoがブート用のパーティションを持っており、クローニング時にこちらを
可視化する必要がありました。メーカーごとアレコレありそうですので、事前によく調べ
たほうが良さそうです。

【ユーティリティーソフト】
Samsung のホームページからダウンロードしました。簡単です。

【操作感】
Windows7の起動 1分程度→数十秒
MS office起動 30秒程度→10秒程度
シャットダウンもかなり時間短縮され、キビキビ動くようになりました。
第二世代のCore i5でもまだまだ頑張れそうです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
-Samsung SSD 500GB 860EVO-
自分のPCはi5-4世代、HDDも7200rpm-SataⅢの起動50秒程度でまあまあ早い部類ではあると思う。
SSDは必要ないかなと思っていたときに、Amazonのブラックマンデーで安かったので購入。
ネット上にあるFreeのクローンソフトは、クローンの部分が有料になっていたりbootが入らなかったり、bootを組み込むための操作が分かりづらく、かなりの時間が無駄に過ぎ、有料にするしか無いか?と諦めていました。

「Samsung_Data_Migration_Setup」があることを知りDL。
HDDケースに入れたSSDをUSBに差し込み、ソフト上でターゲット認識したら1クリックで開始。
クローンに2時間30分程かかりましたが 問題なく起動しました。
起動は20秒程度で、立ち上がるまで20秒ぐらいかかっていた重系のソフトも5秒ほどで立ち上がるようになり、待ち時間が短縮され快適です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Samsung 860 EVO4TB SATA 2.5" 内蔵 SSD MZ-76E4T0B/EC 国内正規保証品
発売日 2018/02/02
通常 売り切れ
現在 売り切れ

  

SAMSUNG MZ-76E4T0B/IT [4TB/SSD] 860 EVO/SATA

  • 容量 4TB
  • インターフェース(転送速度:規格値) SATA 3.0(6Gbps) ※SATA 2.0(3Gbps)およびSATA 1.0(1.5Gbps)互換
  • NANDフラッシュ Samsung V-NAND 3bit MLC
  • コントローラ Samsung MJX コントローラ
  • 保証期間 5年間(*5) (*5) 製品保証は、期間(5年間)もしくはTBW(Total Byte Written=総書込みバイト量)しきい値に達するまでの、いずれか短い期間までとなります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

WESTERN DIGITAL WD Blue SSD SATA6Gb/s 4TB

  • 0718037868127

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
WESTERN DIGITAL WD Blue SSD SATA6Gb/s 4TB 2.5inch 3DNAND WDS400T2B0A
発売日 2019/07/24
通常 52,800円
現在 52,800円

  

 

関連:PS4の人気/おすすめのゲームソフト一覧

以下ではPS4の今人気のソフト・おすすめソフトを紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:外付けSSD、外付けHDDで拡張

冒頭でも紹介しましたが、PS4のストレージ拡張は外付けポータブルSSDでも可能。

追加の容量拡張にも最適です、以下で紹介しているので合わせてのぞいて見てください。

また、起動頻度が低いゲームなどはより低コストでストレージ拡張できる外付けHDDを利用するのも手です。

容量いっぱいで消した場合の入れ直しが回避できますね。以下で同様に紹介しています。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました