【2020年最新】PS4 レースゲームの人気・おすすめ作品一覧

こちらでは、PlayStation4(PS4)で遊べるレースゲームの全一覧と、人気作品の紹介をしていきます。

 

新作ソフトをピックアップ





 

   

PS4「レースゲーム」人気ソフト一覧

以下がPS4で人気のレースゲーム一覧です。

(2020/11/30 更新)
Rank製品評価
1
ザ クルー2
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2018/06/29
通常      5,045円
パッケージ版    5,045円
(3.8)
総評価数 249件
2
Need for Speed Heat
エレクトロニック・アーツ
発売日 2019/11/08
通常      6,427円
パッケージ版    6,427円
(4.3)
総評価数 226件
3
ニード・フォー・スピード ペイバック
エレクトロニック・アーツ
発売日 2017/11/10
通常      4,098円
パッケージ版    4,098円
(4.1)
総評価数 200件
4
ニード・フォー・スピード
エレクトロニック・アーツ
発売日 2015/11/12
通常      8,580円
パッケージ版    1,471円
(3.9)
総評価数 196件
5
F1 2019
Game Source Entertainment
発売日 2019/09/19
通常      5,449円
パッケージ版    5,449円
(4.4)
総評価数 137件
6
Project CARS 2
バンダイナムコエンターテインメント
発売日 2017/09/21
通常      7,920円
パッケージ版    4,130円
(3.7)
総評価数 137件
7
クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!
セガゲームス
発売日 2019/08/01
通常      5,390円
パッケージ版    3,645円
(4)
総評価数 105件
8
アセットコルサ アルティメット・エディション
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2018/09/27
通常      4,880円
パッケージ版    4,880円
(4.1)
総評価数 85件
9
DRIVECLUB VR
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日 2016/11/17
通常      7,380円
パッケージ版    6,800円
(3.5)
総評価数 84件
10
DiRT Rally 2.0(ダートラリー2.0)
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2019/04/18
通常      6,714円
パッケージ版    6,370円
(4.1)
総評価数 74件
11
RIDE3 (ライド3)
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2019/02/28
通常      4,280円
パッケージ版    4,280円
(3.6)
総評価数 73件
12
F1 2016
ユービーアイソフト
発売日 2016/09/08
通常      3,580円
パッケージ版    3,580円
(4.2)
総評価数 68件
13
F1 2017
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2017/09/14
通常      3,380円
パッケージ版    3,250円
(4)
総評価数 67件
14
F1 2015
ユービーアイソフト
発売日 2015/07/30
通常      8,778円
パッケージ版    3,480円
(3.5)
総評価数 66件
15
F1™ 2018
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2018/09/20
通常      3,148円
パッケージ版    2,250円
(4.3)
総評価数 65件
16
EA BEST HITS ニード・フォー・スピード
エレクトロニック・アーツ
発売日 2016/06/23
通常      10,800円
パッケージ版    9,980円
(4)
総評価数 59件
17
WRC 8
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2020/02/06
通常      5,480円
パッケージ版    5,480円
(3.6)
総評価数 52件
18
DiRT 4™
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2017/07/27
通常      3,591円
パッケージ版    3,591円
(3.5)
総評価数 49件
19
ユービーアイ・ザ・ベスト ザ クルー2
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2020/03/12
通常      3,278円
パッケージ版    2,600円
(3.7)
総評価数 47件
20
トライアルズ フュージョン
ユービーアイ ソフト
発売日 2014/05/29
通常      4,378円
パッケージ版    781円
(3.7)
総評価数 47件
21
Burnout Paradise Remastered
エレクトロニック・アーツ
発売日 2018/03/16
通常      1,297円
パッケージ版    1,297円
(4)
総評価数 42件
22
神田川JET GIRLS
マーベラス
発売日 2020/01/16
通常      2,680円
パッケージ版    2,680円
(3.9)
総評価数 41件
23
チームソニックレーシング
セガゲームス
発売日 2019/05/21
通常      3,100円
パッケージ版    3,100円
(3.4)
総評価数 40件
24
ザ クルー アルティメットエディション
ユービーアイソフト
発売日 2016/12/01
通常      6,578円
パッケージ版    2,680円
(3.6)
総評価数 38件
25
EA BEST HITS ニード・フォー・スピード ペイバック
エレクトロニック・アーツ
発売日 2018/12/20
通常      3,309円
パッケージ版    3,309円
(3.9)
総評価数 28件
26
MotoGP 15
インターグロー
発売日 2015/10/01
通常      2,300円
パッケージ版    2,300円
(3.8)
総評価数 28件
27
MXGP3 - The Official Motocross Videogame
インターグロー
発売日 2017/07/20
通常      2,200円
パッケージ版    2,200円
(3.6)
総評価数 28件
28
トライアルズ ライジング 【エクスパンションパス( DLC1 + DLC2 + 追加アイテム )同梱】...
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2019/02/28
通常      5,280円
パッケージ版    2,370円
(3.9)
総評価数 26件
29
カーズ3 勝利への道
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
発売日 2017/07/20
通常      3,300円
パッケージ版    3,300円
(4.2)
総評価数 25件
30
MXGP2 – The Official Motocross Videogame
インターグロー
発売日 2016/06/09
通常      1,371円
パッケージ版    949円
(3.7)
総評価数 25件
31
トラックマニア ターボ
ユービーアイソフト
発売日 2016/03/24
通常      1,580円
パッケージ版    430円
(3.4)
総評価数 18件
32
(4.3)
総評価数 16件
33
FlatOut 4: Total Insanity
インターグロー
発売日 2017/08/31
通常      1,400円
パッケージ版    1,400円
(3.1)
総評価数 16件
34
TT Isle of Man (マン島TTレース) :Ride on the Edge
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2018/04/19
通常      4,980円
パッケージ版    4,980円
(3.7)
総評価数 15件
35
スーパー・ストリート: The Game
ケムコ
発売日 2019/11/14
通常      1,978円
パッケージ版    1,978円
(2.8)
総評価数 15件
36
Gravel (グラベル)
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2018/04/19
通常      3,350円
パッケージ版    3,010円
(3.2)
総評価数 14件
37
Monster Energy Supercross - The Official Videogame
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2018/03/22
通常      1,880円
パッケージ版    1,880円
(3.6)
総評価数 11件
38
V-Rally 4
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2019/04/11
通常      3,398円
パッケージ版    3,398円
(3.4)
総評価数 10件
39
MotoGP 17
インターグロー
発売日 2017/09/28
通常      2,778円
パッケージ版    1,880円
(4.2)
総評価数 8件
40
オーバーパス
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2020/07/09
通常      3,550円
パッケージ版    3,550円
(2.8)
総評価数 4件
41
ATV ドリフト アンド トリックス
3goo
発売日 2018/01/18
通常      4,378円
パッケージ版    980円
(2.4)
総評価数 4件
42
マンティス・バーン・レーシング
フライハイワークス
発売日 2018/12/06
通常      950円
パッケージ版    950円
(3.7)
総評価数 2件
43
アセットコルサ コンペティツィオーネ
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2020/09/24
通常      7,128円
パッケージ版    5,390円
(0)
総評価数 0件
44
スノーランナー
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2020/09/10
通常      7,480円
パッケージ版    6,029円
(0)
総評価数 0件
45
RIDE 4(ライド4)
EXNOA
発売日 2020/11/26
通常      8,778円
パッケージ版    7,037円
(0)
総評価数 0件
46
Project CARS 3
バンダイナムコエンターテインメント
発売日 2020/09/10
通常      8,360円
パッケージ版    4,181円
(0)
総評価数 0件
47
F1 2020 F1 Seventy Edition
Game Source Entertainment
発売日 2020/09/24
通常      6,845円
パッケージ版    6,845円
(0)
総評価数 0件
48
F1 2020 Deluxe Schumacher Edition
Game Source Entertainment
発売日 2020/09/24
通常      8,671円
パッケージ版    8,671円
(0)
総評価数 0件
49
MotoGP 20
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2020/08/27
通常      5,730円
パッケージ版    5,730円
(0)
総評価数 0件

PS4「レースゲーム」の人気・おすすめソフト20作品

以下がPS4で人気・おすすめのレースゲーム20作品の詳細です。

ザ クルー2

ザ クルー2
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2018/06/29
レース
CERO B(12歳以上対象)
(3.8)

アメリカ全土を駆け抜けろ

オープンワールドレーシング「ザ クルー」の続編が「陸」「海」「空」すべてに舞台を広げて登場

車、バイク、ボート、飛行機、これら全てのモータースポーツに特化して作られたアメリカが舞台の巨大なプレイグラウンドが登場。

オープンワールドで再現された北アメリカで、世界中のプレイヤーと思うがままにレースやドライブを楽しめる「ザ クルー」。

その最新作が、ついに登場する。

本作ではレースの舞台が「陸」「海」「空」の3つに広がり、飛行機で大空を自由に飛び回ったり、雄大な大河をモーターボートで疾走することも可能になった。3種類の乗り物はボタン1つでシームレスに乗り換えられるので、レースの疾走感を失うことなく、多彩な操作感を楽しめるだろう。

ビジュアルも一新。昼夜や天候、周囲の交通量や野生生物などを盛り込んで、さらにリアルさを増している。

レースの舞台は「陸」「海」「空」へ
ボタン一つで切り替えてレースが可能!
車、バイクに加え、飛行機やボートを収録
豊富なチャレンジとイベント
多彩なマシン

「ザ クルー2」では数多くのマシンを選択可能。

車、バイク、ボート、飛行機でオープンワールドを支配しろ!




バイク


ボート


飛行機

多種多様なミッションが待つ

レースやタイムアタックから、モンスタートラック競技、曲芸飛行まで…。広大な北アメリカでは、さまざまな場面で「ミッション」が待っている。クリアすると、報酬を得られるとともに「フォロワーレベル」が上がり、それに応じて新たなミッションがアンロックされるのだ。クリアしたミッションの成績はアップロードされ、世界中のプレイヤーと競い合うことができる。

スタイルの異なる4つのファミリーに挑め

本ゲームの世界には4つの「ファミリー」が存在し、各ファミリーに所属する人々とかかわっていく中で、異なるストーリーが展開されていく。ファミリーのカルチャーを学んだり、ライバルと競い合う中で、プレイヤーは自分に合ったレーススタイルを身に着けることができるだろう。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
レース難しいし、挙動もどうかと思うし、風景もそれほどリアルでもないけど、面白い
ニードフォースピードペイバックをトロコンして、他のレースゲームがしたくなったのでGTスポーツその他と迷いましたが、ドライブもしたかったので、こちらを購入しました。
NFSよりもグリップはあるような感じですけど、滑り始めると制御するのが難しい挙動ですね。
ドリフトカーはNFSの方が操作はしやすいです。
船レースはとにかく難しいです
ライバルの後ろを航行すると波によって全然スピードが上がらなくて、ショートカットも頻繁にしてくるので、地道にパーツ集めしてマシンレベルを上げないと勝てません。
あとやはりコースがわかりにくい
ですが、ドライブゲームとしては最高ですし、パーツ集めも長く遊べる要素かなと思ってます。
NFSと比べてマップも広く車内視点があるので、どちらかと言えばこちらの方が自分にあってるかもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
きたお!!!ライト関連改善されたぜー。夜がウザくて売ったけどかいもどすぜぇ。lol (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ザ クルー2
発売日 2018/06/29
通常 5,045円
現在 5,045円

  

Need for Speed Heat

Need for Speed Heat
エレクトロニック・アーツ
発売日 2019/11/08
レース
CERO B(12歳以上対象)
(4.3)

昼も夜も大騒ぎ。
暗闇を味方にして、光を追いかける

Speedhunters Showdownに参加し、レース、ドリフト、オフロードイベントで報酬をかけて競い合おう。

そして夜はアンダーグラウンドのレースに参加し、街で自分の名を上げよう。

自分を表現しよう

自分のマシンをカスタマイズすれば、思う通りのドライバーになれる。独自のスタイルを貫き、知名度を上げよう。

熱いビートを刻め

日中にパームシティをパトロール中の警官を煽りたいなら派手なことをしなくてはいけない。でも、日が暮れると、ルールが変わる。悪党タスクフォースがレーサーたちの車を狙うために姿を現す。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
NFS(ニードフォースピード)は2015、ペイバックをやってました。2015は楽しかったけど、ペイバックは面白くなかった(Amazonレビューも星1にしました)ので、今作買うか迷いましたが購入→買ってよかった。久しぶりに時間を忘れて愛車をカスタマイズしたり、レースしたりしました。ストーリーもクリアしました。

今作をやってNFSの制作陣はちゃんとプレイヤーの声を聞いていて、前作の反省点などをしっかり活かし、いいゲームに仕上げようしているんだなと感じた。
それに加えて昼と夜に切り替えるという新しい発想も素晴らしいと思いました。昼はお金を稼げるし、夜は経験値を稼げるから、どっちも満遍なくプレイしなくていけないような仕組みも、ゲームとして花まるですね。
1週間以上かけてこのゲームをプレイしながら、いい所と悪い所をメモしていたのでそれを言いますね。

いい所

・オフラインでもオンラインでもできる
・画質がいい、前作より綺麗に感じました
・ドラッグレースがない。まっすぐ走るだけのつまらなかったレースイベントをしなくて済むのは嬉しい
・昼間のレース、ドリフト等のイベントには、一般車両や警察の邪魔が入らず、ストレスフリーで楽しめる
・コースのチェックポイントがわかりやすい
・レースやドリフト等のイベントがたくさんある
・スピード感、爽快感がすごい。めちゃくちゃスピード出してる時はジェットコースターに乗ってるみたいで楽しいし、ドリフトも気持ちいい
・前作(2015、ペイバック)の嫌な所が無くなっている。車をパワーアップする時のガチャ要素、車の事故ムービー、180SXやFDといった一部車両のフラフラ走る謎の挙動、これら全部なくなりました。
・昼と夜が選べる、ガレージから外へ出る時に選べます。昼から夜に時間を進めることは出来るけど、逆はできないです
・マップがいい。街が綺麗、峠もある。前作は砂漠ばっかりだったけど今作はマップもそれなりに広くていいと思いました
・前作のパッケージがナンバープレートとして使える(これはもしかしたら持っていた人限定かもしれない)2015が好きだったので、これは嬉しかった
・車が多い、特に外車が多いですね。ポルシェが多く感じました。日本からは今作からランエボXや涙目インプも参加してるけど、トヨタが撤退したので日本車は少なめです。
・ノーマルでやりましたが難易度が丁度いい。ペイバックはイージーでも難しく感じたので前より良くなってると思いました。
・カスタマイズが素晴らしい。言わずもがなこれは今までもずっとそうでしたが、さらにパワーアップしてエキゾーストサウンドや、ニトロの色、アンダーネオン(車の下の光るヤツ)も付けられます
・ターボ等を変えることによってシフトアップの時の音も変わるけど、それがかっこいい
・ストーリーがよかった。話は好きです、出てきたキャラも好きです、でも少し短かったように感じる

わるい所
・マニュアルが操作しにくい。R2アクセルL2ブレーキに対してシフトチェンジがR1とL1で行う、個人的にはやりにくいと思った。操作方法切り替えもできないので、オートでやりました
・2015のようなマシンのセッティングがなくて、ダウンフォースとステアの感度しかない。車の挙動は既存のサスペンションやタイヤを組み合わせて行います
・ホイールレイズがない。レイズのステッカーデカールもなくなってました、レイズとNFSの間に何かあったのかな?
・レースのチェックポイントがガバガバ。オフロードのセッティングにしてショートカットしまくりが流行る未来が見えた
・感覚だけどドリフト走行が遅く感じる、ドリフトしてる時のあからさまな減速感、特に峠で。ドリフトが気持ちいいゲームだったのに早く走るためにグリップしなきゃいけなくて残念
・オンラインでレース募集について、人が来ても来なくても50秒待たされてる。そもそも人が滅多に来ない。知り合いでもいないと、オンラインで他プレイヤーとレースなんてほぼ無理かもな〜2015みたいにオンラインレース専門のサーバーを用意して欲しい。というかそもそもなんで用意してないのか理解不能理解不能。
・夜のレースは一般車両や警察がいる、警察はレースしてたらいつの間にか逃げ切れてたなんてよくあるからまだいいけど、どこにでも必ずいる一般車両はかなり邪魔。heatレベルが上がると一般車両も増えてる気がする。レースのイベント中じゃなければ昼間もいるので、1人でドライブも楽しめない。クリア後はのんびりドライブしようと思ったけどそんな気も失せました。今作から車のメカニカルダメージも追加されて体力が0になるとクラッシュするので一般車両はもう少し少なくしてくれてもよかったと思いました
・パッケージにある黄色い車、ポルスター1って言うんですけど、その車と同じ仕様にできないんですよね、ウィングがなかった。後で追加されるのか…不明ですがとにかく残念でした

ここまで読んでくれてありがとうございます、色々書いたけど、昼夜切り替え、Heatシステムは当たっててすごくいいし、ペイバックよりは確実に良くなってます。
今後のNFSは、アップデートで車を追加したり、オンラインが賑わうイベントサーバーを用意してくれると嬉しいですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ニードフォースピードシリーズは全てプレイ済み。
ペイバックより画質は少し向上した感じ。
視点は相変わらずコクピット視点は無く、ボンネット上か後方視点。
なんとなく前作に比べると昼間のコースが見えにくい(先がわかりにくい)気がする。

ストーリーは主人公をプリセットされた10人くらいのキャラクターから選んで、無名ドライバーから成り上がっていく王道ストーリー。
私は全身タトゥーを入れた女性にしました。

昼は公式レース、夜はバトルで金と経験値を稼ぐ。
警察はけっこうしつこいです。
もし、警察に頻繁に捕まってしまう場合は、昼のレースでお金を貯めて車をグレードアップし(昼のレースは警察が出てきません)、警察から逃げるときに使えるジャンプポイントをドライブしながら覚えておくと良いですよ。

初回購入特典で、ソフトケース内にドレスアップ済みエボ10のダウンロードコードがついてます。
ゲーム開始時に、毎度オンラインとソロプレイを選べます。そこはソロ派の私としてはとても嬉しい部分。
難易度も選べます。

個人的には今のところ満足しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Youtube PV
Need for Speed Heat
発売日 2019/11/08
通常 6,427円
現在 6,427円

  

ニード・フォー・スピード ペイバック

ニード・フォー・スピード ペイバック
エレクトロニック・アーツ
発売日 2017/11/10
レース
CERO B(12歳以上対象)
(4.1)

  • 世界屈指の人気ゲーム「ニード・フォー・スピード」が帰って来た。新しいアクションドライブ超大作「ニード・フォー・スピード ペイバック」で復讐劇を繰り広げよう。フォーチュン峡谷の裏社会を舞台に、裏切りによって仲間クルーとの分裂を経験したあなたは、街のカジノや犯罪、警察を牛耳る悪の巨大組織、ハウスを倒し復讐を遂げるために再結集を果たすことに。この腐敗したギャンブラーの楽園では、高額な配当が常にハウスの手に渡ります。 「レーサー」の異名を持つタイラー、「ショーマン」のマックと「ホイールマン」のジェスを操って、刺激的かつ多彩なイベントの数々に挑戦しましょう。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
他のレースゲーム、レーシングシュミレーションも好きで買っていますが、ストーリー性がありゲームを進める上での目標があるので個人的には好きです。もう少しボリュームがあればもっと良いと思うのですが思ったより早く終わってしまいます。警察との追いかけっこが醍醐味だと思うのですが今作はそれも少なく残念です。アンダーカバーやライバルズが好きだったので次作に期待します。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ガチャ以外いつものNFSです。モスト、アンダーカバー寄りですね。モスト、アンダーカバーなんかは、みんなでフリーラン出来なかったので、違和感ありません。モストは360でやりましたが、皆でドライブはテストドライブでやっていましたね!(古いですね)NFSらしいゲームですね!買って良かった! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ニード・フォー・スピード ペイバック
発売日 2017/11/10
通常 4,098円
現在 4,098円

  

ニード・フォー・スピード

ニード・フォー・スピード
エレクトロニック・アーツ
発売日 2015/11/12
レース
CERO B(12歳以上対象)
(3.9)

今夜は派手にキメるぜ

発売20周年を迎えるNFSが完全リブート(再立ち上げ)


業界を牽引するグラフィックスで描く、アンダーグラウンド・カーカルチャー

実写とインゲームシーンの切り替えが分からない程の驚異的なグラフィックスで描かれるのは、LAをモデルにした、夜のウェストコーストのアンダーグラウンドな世界。かつてないレベルの広さを持つシームレスなオープンワールドを舞台に、警察対ストリートレーサーのバトルが展開。日本人2名を含む、現実のカーカルチャーのカリスマ5人もストーリーに登場。


5つの異なるプレイ方法

今作では勝利条件の異なる5種類のプレイモードを用意。「スピード」、「スタイル」、「ビルド」、「クルー」、そして「アウトロー」のモードをプレイ可能。いくつものストーリーシナリオが交錯する中、自分の方法で名声を高め、ストリートのカリスマを目指せ。


性能も外見も、奥深いカスタマイズが可能に

本物のストリートレーシングカルチャーを届けるべく、カーライフ・コミュニティー"Speedhunters"と共に、登場するマシンとアフターマーケットのブランドを厳選。

ボンネットやフェンダー、ヘッドライト、サイドミラー、タイヤのサイズ、リムやホイールなど、カスタマイズできる範囲は極めて広く、自由度の高さは圧倒的。実在のアフターパーツも多数登場。更にハンドルさばきのスタイル(ドリフトかグリップか)や、ハンドルの効き(ルーズか、タイトか)など様々なパフォーマンスのチューニングも可能に。君だけの独創的なマシンを創ろう。

ギャラリー


BMW M2

Nissan GT-R Premium

Acura RSX-S

Larry Chen

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
楽しいです?
ライバルズとは違いONの人にぶつけて壊す楽しさはなくなりましたが、レースに集中できてgood❗
たまに体当たりしてくる人いますけど(笑)
個人的に○
マシンを細かくいじれる。
雨の路面のテカリ具合がチョーカッコいい。
ワイルドスピードっぽくていい。
ドリフト時のカメラワークがカッコいい。

個人的に△
夜 夕方?しかない?作り込まれた町並みを明るい時間にみてみたかった⤵
今のところ、アストン ブガッティ マセラティ などが見当たらない(見落としてたらスミマセン)

総括 楽しいです⤴買って損はしないと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
楽しみにしていたので、内容やってみて最高でした。グラフィック最高です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ニード・フォー・スピード
発売日 2015/11/12
通常 8,580円
現在 1,471円
7,109円(83%)OFF!!

  

F1 2019

F1 2019
Game Source Entertainment
発売日 2019/09/19
レース
CERO A(全年齢対象)
(4.4)

F1公式のレーシングゲームシリーズ最新作!

CodemastersとF1に参戦している各チームとの綿密な連携による開発体制で、毎年進化を遂げている『F1™オフィシャルゲーム』シリーズの最新作『F1™ 2019』が、いよいよPS4のパッケージ版として登場。

『F1™ 2019』では、より、リアルに!グラフィックを大幅改善!

プレイヤーの体験を、よりリアルに感じてもらうため、グラフィックの表現も大幅に改善。

実写さながらの映像でプレイすることができ、F1ドライバーが見ている風景を体験することが可能です。

ゲーム紹介


◆ 2019年仕様車両が早くも登場!

開発元のCodemastersが、F1に参戦している各チームより詳細な資料の提供を受け、実車に限りなく近いF1マシンのデザインを再現!

本作では、2019年レギュレーションのF1マシンを駆ることが可能な上、実戦と同様に空気を味方に付けたテクニックを駆使することも可能なカーレースシミュレータとなっています。

また、レースの戦略上、非常に重要な各チームのパドッグ内なども忠実にされており、F1世界選手権を思う存分堪能することができます。


◆ キャリアモードにFIA-F2選手権が追加!

トップドライバーになるための体験ができるキャリアモードにF2選手権が新たに追加されました。

前作では、メディアへの対応など、ドライバー個人の資質がキャリア形成に大きく影響しました。本作では、「F2-2018」が収録されており、F1ドライバーになるための登竜門であるF2選手権で、強力なライバル達に立ち向かっていかなければなりません。


◆ 完全オリジナル設計のレースカーが登場!

F1のテクニカルチームと共同で設計された、本作オリジナル設計の2019年仕様車両は、プレイヤーの好みによりカスタマイズ可能!

カスタマイズ可能なリバリー(カラーリング、デカール)は、スタンダードが3色、プレミアムが4色です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
今シーズン版も安定のクオリティで安心して購入を進められる本作( ^ω^)買わないと年を越せません
今作からの新要素としてF2チャンピオンシップを追体験できるようになっております。
F2の成績に応じて契約時のチームの反応が変わるとのことですが、正直分かりませんでしたw
前作と同様成績如何に関わらず全チームと交渉可能ですので、好きなチームで走ればよろしいかと(^_^;)

画質やサウンドは更に向上し、今シーズンの新品タイヤのテカり具合も再現されております!
ゲームモードは2018にレジェンド系とF2が追加された以外はほぼ同等なので、ボリュームは充分です(`・ω・')
ヘルメットやスーツ、マルチプレイ用のマシンは課金すれば色々と弄れます(無課金でも種類はありますがw)
レジェンドDLCを購入するとスーツやメット、マシンカラーもセナ仕様やプロスト仕様に変えることもできます

また今回シーズン途中でのドライバー移籍も発生します。
私の場合はメルセデスで進め、鈴鹿まで来た段階で登場していなかったボッタスがマクラーレンへ
ノリスがレーシングポイントへ移籍し、ストロール坊ちゃんが解雇されましたwww

総じて毎シーズン本シリーズを購入されているファンの方には安心してオススメできます( ^ω^)
勿論F1ファンで本シリーズ未経験の方にもオススメできますよー( '∀` )長く楽しめますぜ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
F1のレースゲームは ファミコンの頃から遊んでます♪
16・17・18・19 と 出る度に確実に良くなってますね。
グラフィックも進化
リプレイ機能も進化
アバターの数も増えた♪でも相変わらず表情は硬いけどw
オンライン関連の機能が充実し ゲームイベントやF1関連の情報が観れます♪
オリジナルマシンで走れる♪

設定も色々と 自分好みに変更出来ますし
レースゲーム玄人さんから素人さんまで遊べる良作です!! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
F1 2019
発売日 2019/09/19
通常 5,449円
現在 5,449円

  

Project CARS 2

Project CARS 2
バンダイナムコエンターテインメント
発売日 2017/09/21
レース・シミュレーター
CERO A(全年齢対象)
(3.7)

全世界累計出荷本数200万本以上の大ヒットリアル・レース・シミュレーションシリーズの最新版「Project CARS 2」はゲームを超えた本物のプロドライバー体験を提供。


世界中が熱する “プロドライバー” 体験


好きな車で好きなコースを好きな季節や時間で走れる。


オフラインやオンラインなど様々なモードを収録。


GTシリーズ、ラリークロスなど幅広いレースをじっくり楽しめる。

リアルタイムに “環境変化”を再現


環境変化に合わせて路面状況もリアルタイムに変化。


氷、泥、ダートなど様々な環境でレースを味わえる。


時間の変化や季節に応じた天候状況を忠実に再現。

“本物”へのあくなき挑戦


最先端の技術により生み出された圧倒的なビジュアル。


180台以上の車種と60以上のコースを収録。


著名なプロレーサーが調整し、磨き上げた走行が味わえる。

【早期購入特典】日本車4種が手に入るプロダクトコード

■Nissan 280 ZX IMSA GTX

■Nissan Skyline GT-R R32 Group A

■Honda 2&4 Concept

■Honda Civic Type R (Euro spec)

内容・仕様は予告なく変更になる場合がございます。
特典の数には限りがございます。なくなり次第終了となりますので、予めご了承ください。
本特典は初回生産分のみの特典となります。
ダウンロードコードを利用いただくには、インターネット接続環境が必要となります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まずパッドでの操作はほぼ不可能に近いでしょう。ハンコンを買ってからプレイすることをおすすめします。パッドだとハンドルの操作がかなりタイトなので素早いステアリング操作ができません。ハンコンでやると操作がとてつもなくらくちんになります。私はハンコンなのでいつも楽しませてもらってます。車のジャンルは主にレースカーが多いです。グランツーリスモとは違いレースカーがほとんどを締めています。乗用車に乗りたいのならグランツーリスモをおすすめします。ただ、グランツーリスモよりもスピード感がかなりあります。スピードを求めるならこちらの商品をおすすめします。あと、カメラオプションがあるので自分の好きな視野に変更できます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
頭文字Dの影響を受け初レーシングゲームで購入。毎日峠コースでタイムアタックをしています。最初から全車種がそろっているため色々な車でトライできます。初ハンコンでスラストマスターt80 を導入してからさらにゲームに没入。峠を攻めるスリルにハマっています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Project CARS 2
発売日 2017/09/21
通常 7,920円
現在 4,130円
3,790円(48%)OFF!!

  

クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!

クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!
セガゲームス
発売日 2019/08/01
アクション・レース
CERO A(全年齢対象)
(4)

  • クラッシュ・バンディクーがカートでレースで大爆走! !
  • 世界を騒がす人気者クラッシュ・バンディクーが、今度はハンドル握ってレースバトルで大暴走! シリーズの人気キャラも新キャラクターも、ドライバーとして選べるキャラはどれも癖の強い個性派揃い。更には車やキャラクターのカスタマイズも可能。もちろんオンラインを使った対戦に加え,オフラインでの対戦もできる! さぁ君もクラッシュ達とレースに勝利して地球を救おう! ?

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
最初はただの移植か何かかと思っていましたが、実際は違いました。
かなりのパワーアップです。ステージのグラフィックはとても綺麗になっていて走りごたえがありますし、キャラクターもカートもかなりの量があります。
敵のAIも賢くなっているため難易度がかなり上がっていました。昔は意味もなくおっかけミサイルを打っていた敵が、今じゃ自分の手元に置いといて抜かれたら即打ってくる殺戮マシーンのようです。
ショートカットは昔のままでそのまま使えます。これは本当にありがたく、ここにショートカットあったなぁ!と思いながら使いました。まあ腕前は落ちていたのですぐに落下しましたけどね。

他の方も言ってますが、PS1時代のクラッシュバンディクーレーシングをやっていないと難易度の高さに挫折してしまうかもしれません。やっている身としては懐かしさがあるので苦にはなりませんが、懐かしさがないと難しい操作性などに苦しむと思います。
ですが基本はターボターバーターベストです!ドリフトしてターボ駆使すれば何とかなります!落ちないように気を付けて!
とってもお勧めできるソフトなのでぜひやってみてください。

おはなしモードをクリアしたので追記します!
過去にこのゲームをやったことないけど気になる・・・!けど難易度が・・・。と思ってる人には、難易度「やさしい」がとってもお勧めです!
敵のスピードはかなり遅めにしてあり、ターボターバーターベストの練習にはもってこいです。コースを覚えるいい難易度で、ショートカットを探すのにもお勧めできます。
逆に「むずかしい」は本当に難しくて笑っちゃいました。敵のスピードが半端なく早いです。え?私今300キロくらいの重り抱えて走ってるの?何そのドラテク???ってくらい置いてけぼりになります。
ふつうの難易度を走り切ってしまった人にはぜひやってほしい難易度です!もう殺戮マシーンとかのレベルではなく、平気でカートを破壊しにきてます。これはレースなのか・・・?

ちょっと難易度で悩んでいるのでしたら買ってみてほしいです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初代のレーシングがかなり好きでリメイクされないかなぁと前々から思っていましたがやっとその時が来ました。もちろん即購入。
セーブ画面で空きファイルのところに「あいてるよ」と書いてあり、開始早々クラッシュバンディクーのエモさを感じました(語彙力)

ターボターバーターベストのコンボの爽快感は昔とかわりなく、ぶっちぎりで1位を独走するのは本当に気持ちがいいですね。
若干ドリフトの操作感が違う気もしますが慣れでなんとかなるレベルでしょう。
初代と大きく変わったのはカートのカスタム要素でしょうか。パーツ、ペイントが豊富で組み合わせは無限大です。カスタムといっても見た目が変わるだけですので、基本性能はキャラごとの4種類くらいの差しかありません。しかし逆を言えば性能を気にせずこだわりのカートデザインができるということです。個人的にはこれはアリかなと思います。

ひとつ惜しいなと思う点はパプパプの「パァプゥパプゥ~」とか「ホワァァァ!」みたいなボイスが聞けなくなってしまったことですかね。ほとんどのキャラは声優さんが変わってしまっていると思うのでパプパプに限った話ではありませんが…

いろいろと書きましたが総じて満足です。
今年のお盆休みは友達を呼んでワイワイ楽しみたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
Youtube PV
クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!
発売日 2019/08/01
通常 5,390円
現在 3,645円
1,745円(32%)OFF!!

  

アセットコルサ アルティメット・エディション

アセットコルサ アルティメット・エディション
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2018/09/27
レース
CERO A(全年齢対象)
(4.1)

  • 国内未発売のレースシミュレーションが満を持して上陸!
  • 海外で2014年に発売されたリアルスタイルレースシミュレーター『Assetto Corsa』に10種類以上の追加コンテンツを収録した完全版。国内未発売だったタイトルが、最新モデルからクラシックカー、170以上の車種と、全16種のコースを収録した大ボリュームで遂に上陸!

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PC版未プレイなので比較レビューはできません。悪しからず。

オンライン化してしまったグランツーリスモ(以下「GT」)から逃げて来ました。(笑)

【リアル志向の操作感】
ステアリング・コントローラー使用せず、
オートマ・アシストonで走行するライトユーザーです。
PS3以前のGTと同程度の操作感かなと思いました。
(PS4GTは未プレイなので比較不可。悪しからず。)
「追記」
・GTよりも路面の凹凸を拾う気がします。
・ハイパワー車はGT以上に操作がシビアです。

【操作ボタン変更可能】
「R2」で「スロットル」
「L2」で「ブレーキ」
がデフォルトですが、「×○ボタン」をそれぞれ「スロットル」「ブレーキ」に変更することが可能です。

「ステアリング」は「左スティック」(「右スティック」に変更も可能)。
前方に倒してから左右に半円を描くことで、思った以上に安定した操作ができました。
PS4GTにあるコントローラーを傾けてステアリング代わりにするような操作法はありません。

【日本車少なし・「鈴鹿・富士」なし】
ホンダ・スバル・三菱車種がなし。
鈴鹿サーキットや富士スピードウェイも収録されていません。

【オフライン画面分割対戦プレイなし】
オフラインでの画面分割対戦はできません。
・上のグレードにレベルアップしながら進む「キャリア」。
・350種類くらいの「スペシャルイベント」。
・「チャンピオンシップ」
プレイヤーは主にこの3つを遊ぶことになります。
スペシャルイベントにはドリフトやF1名勝負の再現などが含まれています。
(オールドF1ファンには懐かしい。フェラーリ321Tなんて涙もの。ファミコンの「ファミリーサーキット」に喜んでいた頃が夢のよう…)
GTに比べると淡々と走るゲームの印象を受けました。

【初心者お断り?】
GTの「ライセンスモード」に当たるものがないので、ドライブシミュレーター初挑戦の方には、本作はあまりオススメできません。
GTの「ライセンスモード」は名物コーナーの攻略法を扱っていて、知らず知らずのうちにそのサーキットのタイムを縮める方法を覚えられるのですが、本作にはそれがない。
リプレイもGTの方がタイム短縮研究にずっと親切。
タイムを削る方法を既に知っている人向けのゲームです。

【む、むずっ…】
イージーモードで始めた初戦。
楽勝だろうとタカを括っていたら、ボロ負けでした。(笑)

その後コースを走り込み、タイムを縮めるラインを見つけて、何とか1位確保。

速度計をチラ見しながらコーナーに入れるくらいに走り慣れないとタイム短縮は難しいです。

【結論】
GTの方が、ずっと親切・丁寧なゲーム。
(ここで言うGTはPS3以前のもの。繰り返しますがPS4のGTは未プレイなので)

オンライン化したGTがイヤで、その代替品としてならばアリ。

レースの勝ち負けよりも、「今上手くコーナーを曲がれた」ことに喜びを感じたり、タイムが縮まらなくてもコースアウトせずにクリーンにサーキットを周回できたことを喜ぶ変態野郎にはピッタリのゲーム。

自分はそういう変態野郎なので、このゲーム大好きです。(笑)
星5つ。

長文失礼しました。
お付き合いいただきありがとうございます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
プロジェクトカーズ2と比べて 挙動とハンコンのフィードバックがかなり好みです。 リアルで乗ってるnbロードスター基準だと こっちのがかなり近い。路面の凹凸からくるふわふわ感とか、タイヤがスライドした時の車体の質量感とか、スライドの収束とか、スピンまでの質感とか、アンダーの出方とか、運転してるだけで楽しい。

RX7とNA、ND、ハチロク、スープラあたりがあるので個人的にはまあ満足です。欲を言えばもっと欲しいけどw

タイム縮めるのもいいし、ただ挙動を感じながらドライビングを磨く、それだけで楽しいのは実車と同じですね。この感じが味わえるとは、部屋の中で。

FFBついてるハンコンあって、そもそも運転するのが好き、という方は是非
それ以外なら、、、 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
アセットコルサ アルティメット・エディション
発売日 2018/09/27
通常 4,880円
現在 4,880円

  

DRIVECLUB VR

DRIVECLUB VR
ソニー・インタラクティブエンタテインメント
発売日 2016/11/17
レース
CERO A(全年齢対象)
(3.5)

PlayStation VRが実現する 今までにない超リアルレース体験
世界の超高級マシンで白熱のレースバトルが楽しめる『DRIVE CLUB』がPS VRで更なる進化を遂げる

コックピット視点で今までにないリアルなレース体験ができるのはもちろんのこと、3Dオーディオが実現するリアルな音響、各マシンをさまざまなアングルから見ることができる鑑賞モード、新たに追加された市街コースなど、VR版ならではのスペシャルな『DRIVE CLUB』を体験しよう。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
他のVR機器は持っていないので比較は出来ませんが、絵はとても綺麗だと思います。
私はこのソフトに関しては、VR酔いは全く出ませんでした。
グランツーリスモのように実車の挙動は求めておらず、ひたすら走る楽しみを求めたゲームです。
楽しさという点では、こちらを選ぶのが正解かもしれません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PSVRでプレイすると臨場感が凄い! レースゲームの概念が変わります。 モーションセンサーにも対応してるので、プレイし安いです。 ただ日本車は無さそうな…。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
DRIVECLUB VR
発売日 2016/11/17
通常 7,380円
現在 6,800円
580円(8%)OFF!!

  

DiRT Rally 2.0(ダートラリー2.0)

DiRT Rally 2.0(ダートラリー2.0)
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2019/04/18
レース
CERO A(全年齢対象)
(4.1)

FIA世界ラリークロス選手権公式ゲーム

『ダートラリー2.0』では、FIA世界ラリークロス選手権の会場となった8つの公式サーキットが登場。

バルセロナ、モンタレグレ、メテ、ロエアック、トロワリヴィエール、ヘル、ヘリェス、シルバーストン…名ドライバーたちが激戦を繰り広げたサーキットで優勝を目指そう。

FEATURES


リアルなレース体験

ハンドリング、コースのデグラデーション、路面調整、タイヤ選択などの要素を改善。

シリーズ史上最もリアルなオフロード体験を実現。


チューニング

ドライブスタイルやレース環境に合わせて、マシンを自分好みにチューニング。マシンの損傷はセットアップの調整でダメージを緩和できる。過酷なレースに挑むためには、各パーツのアップグレードが欠かせない。


世界各地でのラリー

ニュージーランド、アルゼンチン、スペイン、ポーランド、オーストラリア、アメリカなど、各国のコースを走破しよう。

多彩なモードを搭載

オフラインでは、1人のドライバーとなって自分のチームを作る「キャリアモード」を実装。チームのメンバーと協力してレースに勝利し、サービスエリアの設備やガレージを充実させよう。

オンラインでは、世界中のプレイヤーとデイリーチャレンジ、ウィークリーチャレンジ、マンスリーチャレンジに挑み、ワールドランキングで競い合える。

さまざまなモードを堪能し、『ダートラリー2.0』を遊び尽くそう。

新旧50種類以上のオフロードマシンを収録


Audi Quattro S1 E1

VW Golf Mk1 GTI

Ford Fiesta RX

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
amazonから昨日届いて、今日もうレース漬けです(笑)
前作は日本発売なしだったので、amazonさんで購入しましたが、グラフィックが更に向上してます。ただ、
自分の初見では、グラフィックが良くなった反面、車のボディの反射が多過ぎて背景から若干浮いてる印象を受けました。綺麗な箱庭にピカピカのミニチュアラリーカーが走ってるような。
まぁ、そんなこともプレイすれば全く気にならなくなります。
このシリーズはまず音がいい!
心地よいエンジン音でレースの世界に没頭出来ます。
前作より操作しやすくなった感じですが、逆を言うと、とてもストイックだった前作に比べて若干万人向けに調整したような印象を受けました。
前作は一昔前のゲームかと思わせるくらい簡素なオープニングから昔のゲームかと思わせるような選択画面。しかし、プレイするとなんだこれ!と思わせるくらいシビアでリアリティのある臨場感と操作性でした。マニアから言わせればそっちの方がいいのかもしれませんが、人を選ぶゲームというか難し過ぎました。
今回は、オープニングからムービーもあり、選択画面もカラフルになってます。オマケに難易度調整もあります。(前作もあったかもしれないけれど、全部英語だったので分からなかった)
若干万人向けに調整されてるとはいえ、実車感は他ゲームの群を抜いていると思います。

他のゲームだとスタート時の旧車を早く終えて、クレジット貯めて早く最新の車を運転したい!などという余計なストレスありましたが、
このゲームは寧ろ旧車を運転してる方が面白い!と思わせてくれます。
(逆を言えば、自分に最新の車を運転する技術がないのかもしれませんが)
そういう部分で、製作者のこだわりを感じる逸品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PC版の前作「DiRT Rally」と、日本でも発売した「DiRT 4」をプレイ済みです。

「DiRT 4」では少しカジュアル向けのレース仕様が用意されていましたが、今作はリアルなラリー体験だけを追求した作品になっています。とにかく1つ1つのステージの走行がとても難しいです。

ダート路面だけでも乾燥した道、雨で濡れた道、各国ステージの気温の差でも走行感覚が全然違ってきます。更にアスファルトなどの全く違った路面が走行途中に入り乱れたりもするので、その度にハンドリングを調整しなければなりません。
そのような難しい環境下の路面を1つのステージで5~10分掛けて走行するので、最大限に集中力を保ってプレイすることがとても重要になります。

このようにとにかく難しいレースゲームですが、その難しいコースを何度も繰り返しプレイし、1つのミスせずに完走出来た時の達成感はとても充実したものになります。走行中に感じる緊張感も堪りません。

簡単にドリフト走行やUターンが出来るカジュアルなレースゲームが好きな人には向かないと思いますが、リアルな車の走りを体験し、難しいコースを必死に頑張って完走することが好きな人には是非プレイしてみて欲しい作品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
DiRT Rally 2.0(ダートラリー2.0)
発売日 2019/04/18
通常 6,714円
現在 6,370円
344円(5%)OFF!!

  

RIDE3 (ライド3)

RIDE3 (ライド3)
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2019/02/28
レース
CERO A(全年齢対象)
(3.6)

  • これぞバイクシミュレーターの最高峰!!
  • 実在のバイクでさまざまなレースを楽しめるリアルライディングシミュレーター『RIDE (ライド) 』シリーズ最新作が遂に登場!230種類以上もの実名メーカーのバイクと500種類のカスタムパーツを使って、世界中のレースコースに挑戦できる!

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
バイク好きなのでバイクゲームを一通りプレイしましたが、最終的に本作に落ち着きました。
実際に存在する車両の購入シミュレーターとして活用できます(笑)

ただし、ちょっと難しいです~! 特にタイムアタックは全然無理です(笑)
ここらへんは、萎えない心か相応のテクニックが必要なのでしょう。
ある程度キャリアモードをクリアするのは、青い線をなぞる走り方でなんとかできます。(もちろんvery easy)

雨の日にバイクに乗れないけど、エンジン音の禁断症状になりたくない方はどうぞプレイしてみてください(笑) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
北米版を290時間遊んでのレビューです。

バイクの音や挙動に関しては特に文句はありません。MXGPなどのマイルストーン製バイクゲームはこれまでエンジンサウンドが酷く、MXGPでは音で走行リズムを取れないくらいでした。しかし本作ではそれが見事に解消されていて、特に2ストのスポーツは最高です。ネイキッドの太い音も見事です。トンネル内や壁際では音が反響しとても気持ちいいです。
挙動に関してはアシストの有無を自由に選択することができ、使用するアシストを少なくすればするほど各モードにて貰える報酬が増えるというシステムになっています。僕は1番アシストが少ないタイプでプレイしていますが、コーナーイン時の無理なブレーキングからのハイサイドの出方やリアブレーキを使ったドリフトの動きがとても自然です。バイク毎のコーナーリング性能差もよく出ており簡単でも難しくもない、自然な動きが楽しめます。ちょっとフロントブレーキに優しすぎる気がしますが…コーナー進入で結構フロントブレーキを引きずってもコケません。

リバリーエディタでバイクのカラーを自由に作ることが出来ますが、これに関してはいくつか不備・・・と言うか不満があります。
まず本作のリバリーエディタはオンラインに接続していないと一切使用できないようになっており、ユーザーの作成したリバリーはオンライン上にクラウド保存されるようになっています。つまり、回線の調子によって読み込みが長くなり(良くてもそこそこ長い)やきもきします。作成したリバリーをオンラインシェアする事も出来ますが、この仕様のため「自分用に作ったリバリーなのにシェアしないと使えない」という状態でなんとなく嫌な感じです(笑)
またエディタはいわゆる「図形や文字などを貼って行く」方式となっており、バイク1台につき1000枚まで貼ることが出来ます。単純な図形やアルファベットの他、本作収録のパーツメーカーの公式ステッカーも用意されています。バイクメーカーのステッカーはそのバイクのメーカーの物のみ貼ることが出来ます。この縛りが無かったら面白かったかもしれませんがまあ、しょうがないですね(笑)
ステッカーを貼るときにフロントフェイスとフロントフェンダーなどの境目が曖昧で、フェイスだけ色を変えるために四角形などのステッカーを貼るときに煩わしいです。ステッカー面積から見れば1枚貼れば済みそうなのにフェンダーにステッカーが掛かってしまう、といった事態がとても起こりやすいのも問題です。他にも燃料タンクに貼ったステッカーのはみ出し部分がかなり離れたところに顔を出したりもするので注意が必要です。
それと、カラーの表面仕上げを選べるのは良いのですが(艶ありFRP・艶消しメタリックなど4種類)部位別やステッカー別に指定できないのも残念でした。
また、アルファベット系のステッカーに小文字が全く無いのも非常に残念です。レースバイクのスポンサーステッカーってほとんどが小文字混じりなんですよね…。

オンラインは機能らしい機能が全く無く「一応オンラインレースは出来ますよ」状態で残念な出来になっています。賑やかし要員としてAIが入れられるのはいいのですが・・・。
以下気になる点を列挙します。

・フリー走行と予選が皆無。いきなり決勝が始まる。
・オンライン部屋で使用するバイクのクラス&コース&天候は投票制。それぞれランダムで提示される4つの候補のいずれかへ票を投じるシステムで設定自由度が著しく低いです。250ccとリッターバイクが一緒に走ったりは出来ません。複数クラス混合レースは一切出来ない。
・他のレースゲームと比べてラグい。
サーバーが貧弱なのか付き合いの長いフレンドと一緒に遊んでいても他のタイトルでは体験した事の無い不具合に遭遇しました。なんと僕だけ「シフトダウンが出来無く」なりました(追記:2月現在、オンラインではバグでL1ボタンが機能しないためです)。
また、本作では通過中のコーナーの名前がミニマップ下に表示されるという機能があるのですが、オンラインでは表示されたり表示されなかったりコロコロ変わります。これらの不具合はオンライン特有のものでシングルプレイでは出ません。

それから本作の売り文句として「コレクト、カスタマイズ、レース」という標語がありジャケットにも書かれていますが、皆さんこの標語をどう受け取るでしょうか?僕は「バイクを集めて楽しもう!バイクをカスタムして楽しもう!バイクでレースして楽しもう!」だと思っていたんですが、今作のゲームデザインから言ってこれは違っていました。正しくは「レースするためにバイクを集め、レースで勝つためにバイクをカスタムし、レースで勝て!」です。レース、レース、レース。ペケジェイやCBが泣きますよ。

バイクのカスタマイズについては、車種が多いので仕方ないにしろもう少しドレスアップパーツが欲しかったです。公式HPでは見本としてKTMのドレスアップ例が掲載されていますが、実際にはあのようにフロントフォークやカウルを交換できるマシンは実はありません。あれは市販車をレースマシンにしてしまう「レーシングモディファイ」という要素で、市販車状態のままカウルを弄れるわけではありません。モディファイはごく一部のマシンのみ用意されています。
ブレーキオイルタンクやスプロケット、メーター、ライト類、ハンドルバー、ウィンドスクリーンも交換できません。ライディングスピリッツのようにライトレス化やライト高輝度化なども出来ません(ミラー・ウインカー・ナンバープレートの撤去は可能)。もちろんスポーツモデルのストファイ化など出来ません。普遍的にパーツが多いのはミラーとグリップ、ホイールだけです(ホイールはスポーティーなものばかりですのでネイキッド好きにはとても納得できません)。
チェーン・ホイール・ブレーキキャリパー・トリプルプレートは自由にカラーを変更することが出来ます(要パーツ交換)が、ストックパーツはカラー変更できないのも残念です。
カスタマイズは10年以上前のライディングスピリッツ2の足元にも及ばない状態です。あっちの方が収録車種多いのに、です。
カスタマイズ系で誉められる点と言えば電動バイクにも馬力UPチューンが用意されていることくらいですかね。かと思えばビモータのテージシリーズはサス交換が出来なかったりしますが。いくら特殊な足回りでもゲームなんだからなんとでも出来たと思うのですが。どうせ交換しても見た目が変わるわけでも無いですし。マフラーが一切交換できない車種も散見されます。アグスタの片側3本出しやKTMのカウル内蔵式は交換できるのに意味不明です。

キャリアモードは非常に簡素な作りで「はい、このレースやってね。はい、クリアしたら次はこのコースでこのタイム出してね。はい次。」と言った感じで監督からアドバイスを貰ったり表彰式があったりするなどの凝った演出はありません。バイクゲームではありませんがアセットコルサを想起させられました。お金稼ぎ時にサクサク進むのは良いんですが、無味乾燥としています。これに関しては演出を邪魔に思う人もいるので一概に悪い点とも言えないかも知れませんね。

キャリアモードの難易度は非常に不安定です。まず、序盤のレースと終盤にアンロックされるレースには難易度の差はありません。そして、たとえ同じイベントであっても使用するコースによって極端に難易度が異なります。AIは公道コースでは非常に速く、使用するバイクも含めてプレイヤーが本気で取り組まなければまず勝てません。しかしイモラ・デイトナ(オーバール)・ニュル北などでは逆に極端に遅く、難易度のバランスが滅茶苦茶です。テネリフェでのレースで毎回ギリギリの勝利ばかりの僕ですが、ニュル北では一転、2lapのレースで2位に30秒差を付けて勝つなんてザラです。耐久レースも酷く全車周回遅れにしました。別に僕は上手くありません。難易度が不安定過ぎます。
かと思えばタイムアタックのイベントは鬼のような難しさで、僕を含む普通かそれ以下の腕のプレイヤーにはまずクリア出来ないと思われるすさまじいタイムが設定されています。これのせいでアンロック出来ない車両が一杯です。同じイベント内の他のレースは楽勝なんですけどね。

オンオフ限らずAIライダーは最悪の出来で、絶対にラインやブレーキングポイントをずらさないためしょっちゅう接触されます。ヘヤピンで極限までバイクを倒している時に真横から突撃されたり斜め後ろから足払いされるなど日常茶飯事です。おまけにコース毎・イベント毎の速さが極端に異なります(AIの難易度設定や難易度自動調節機能に関係無く)。ザ・スネークやガルダレイク、マン島などの公道コースでは難易度最低でもバカっ速いのにイモラやキャドウェルパークではこちらが2LAP中に2回転倒しても余裕で勝てたりします(笑)
まあ、このおかげで絶好のお金稼ぎポイントができてる訳ですが・・・。バイクやパーツの値段は控えめなのでそこは良心的ですね。
有料の「賞金が2倍になるDLC」を適用すれば1番最初のレースでも7800クレジット以上貰えます(MVアグスタやドゥカティのフラッグシップモデルの値段がだいたい28000~35000クレジットくらい。国産のリッタースーパースポーツはもう少し安い)。

キャリアモードの難易度は先述のAIの件や、ただ暗いだけのナイトレース、平気でレギュレーション違反するAI車両などの意地悪な設定のせいで理不尽に高いです。その上他に遊びでのあるモードも無いため、キャリアを終わらせるor難し過ぎて詰まるとやることが無くなります。ニュル北のタイムアタックイベント、ゴールドタイムを6分40秒に設定した開発スタッフは4輪ゲームと勘違いしてるのでしょうか?スリック履いたゾンダRより速いタイムですよ?
また、かなりの数のマシンが特定のイベントを完全制覇(イベント内の全てのレース・タイムアタックで1位を取る)しないとアンロックされないようになっており、高難易度に阻まれてほとんどのプレイヤーにはバイクコンプリートは不可能と思われます。ジャケットに写っているパニガーレV4やカワサキのモンスター、H2などは非常に取得困難ですのでお覚悟を。

キャリアが駄目ならば、とセッティングを詰めようにも今作のセッティングは弄ることによるメリットよりデメリットがはるかに多いため、デフォルト設定がもっともよい状態です。極一部の車両のギア比をほんの少し調整するのが関の山です。
クイックモードでAIとレースするにしても相変わらずAIは馬鹿なのでやる気が起きません。

たま~にアプデが来ても内容は毎回「しょうもないバグ取り×20項目くらい」という体たらく。要するにマイナスのものをゼロに近づけているだけです。もはやRide3がアプデで化ける可能性は皆無でしょう。

【追記】
一応シミュレーターを名乗っている本作ですが、一部のリアルサーキットの寸法やコース幅はバイクに合わせてかなりアレンジされており、実物とかけ離れた状態になっています。特に酷いのはイモラとニュル北で、これらはもはや「それっぽい何か」になれ果てています。両コースともコース幅が異常に広いです。

・イモラ
ちゃんとレーザースキャンしているPcars2やアセットコルサと比較すると明らかに広過ぎる。第2セクターの「登りながら右・右」の所など完全に別物です。ホームストレートは1.5倍くらいコース幅を広げてるんじゃ無いでしょうか?最終の左シケインも酷い。実物は導入路とどっこいどっこいの狭さなのにRide3だとサイドバイサイド出来るくらい広いです。

・ニュル北
全体的に全くギャップが無くマシンがほとんど跳ねません。昨日開業したコースなのかと思うぐらい滑らかな路面になっていてニュル北感は薄いです。Ride3におけるニュル北のワールドレコード(R1クラス=リッターSSのレースマシン)は6分を切りそうな勢いですが、そんな異常事態もコースがこんな出来では当然でしょう。現実のニュル北における2輪のコースレコードは7分10秒です(YZF-R1)。

他のコースはここまでアレンジしているようには感じませんが、実際はどうなのでしょうね。結局レーザースキャンやフォトグラメトリーを利用してゲームに収録しているのはガルダ湖などの極一部だけなのかもしれませんね。あくまで推測ですが・・・。

【追記2(2019年5月)】
プレイ時間330時間突破しました。
現在もごくまれにアップデートが来ていますが、バグ取りと同時に新たなバグも毎回追加される始末で収拾がついていません。個人差があるようですが、当方の場合リバリーエディタ内にて100%の再現率でアプリケーションエラーが発生する為、オリジナルリバリーの作成は全くもって不可能となりました。
また、「オンラインでL1ボタンが全く反応しない」という、レースゲームにおいては致命的なバグが発売後半年経とうかという現在に置いても修正されていません。
その他目立つバグとしては、「フォトモードに入るとライダーの腕が手長猿のごとき異様な長さになる(特にネイキッド乗車時は酷い)」、「カスタマイズモードにおいて、外見に関わるカスタムを施すたびにタイヤがピクピク痙攣する」、「マン島で転倒すると高確率(僕の体感で40%くらいですかね?)でレース復帰不可能になる」といった現象が起きます。これらは全て最近追加されたバグであり、開発スタジオの技量が稚拙であると言わざるを得ません。
酷いと思いませんか?フォトモードもリバリーエディタも現状ではまともに機能しないわけで、ただでさえ少ない本作の面白みが更に削がれている現状です。クソみたいなキャリアモードを下手をすればリワインドまで駆使し、1台だけアホみたいに速いAIを転倒させるなどして四苦八苦して進め、やっとの事で車両をアンロックするわけです。しかし、

「やったー!955iのネイキッド入手!さあリバリー弄るぞ!→はい、アプリケーションエラー」
「しょうがない、メーカー純正色でフォトでも撮るか→手長猿が乗車してますがよろしいですか?」

こうなって激しく萎えるわけです。

直近のアプデでサーバーへの接続安定性が改善されましたがいまだに重いししょっちゅう接続エラーを吐きます。ダウンロード済のリバリーを自車に反映するのにいちいち3分も4分もかかる始末です。まともな通信環境やサーバーを用意出来ないのなら、常時オンライン接続必須になどするなと言いたいです。
キャリアモードの難易度にもメスが入りましたが相変わらず鬼のような難しさで、僕のような平凡なプレイヤーには手も足も出ません。未だに90台近いマシンがロックされたままです。絶望的です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
RIDE3 (ライド3)
発売日 2019/02/28
通常 4,280円
現在 4,280円

  

F1 2016

F1 2016
ユービーアイソフト
発売日 2016/09/08
レース
CERO A(全年齢対象)
(4.2)

F1 2016の覇者となれ

2016 FIAフォーミュラ1の唯一の公式ライセンスゲームであるF1 2016は、シリーズ史上最もリアルにF1の世界を体感することができる、究極の進化を遂げたF1ゲーム。

2016年度の最新データを収録した本作では、F1ではお馴染みのスター選手やサーキットはもちろん、各チームのマシン設定や細かなルールまで綿密に再現されており、公式ゲームならではの本物のF1の世界を体験することができる。


大人気のキャリアモードが大きな進化を遂げ復活

「キャリアモード」ではプレイヤーはプロのF1レーサーとなり、ルーキーからチャンピオンに至るまでのレーサーとしてのキャリアを、自身で築き上げていく。ランクの低いチームからキャリアを始めてコツコツと実績を築き上げるか、トップチームと契約を結び厳しい条件をくぐり抜けながらチャンピオンを目指すか、全てはプレイヤーの選択に委ねられる。最大10シーズンにおよぶ激戦を戦い抜くのだ。


緻密に再現されたF1シーンをリアルに感じろ

実際のサーキットのロケーション環境の忠実な再現はもちろん、天候によるトラックの変化、雨や土埃、ダメージによる車の損傷と走行への影響など、レースそのものを五感で体験できる。ファン待望のセーフティカ―復活やシリーズ初のバーチャルセーフティカーの登場。本作で新しく導入されたフォーメーションラップ、R&Dの充実など、システムや演出がシリーズで最も進化し、ドラマティックなプレイが可能となっている。


初心者にも充実したチュートリアルを用意

初めてのプレイヤーでも安心して遊べるF1の基礎的な情報や、プレイ方法まで丁寧な解説を日本語で提供。さらに初心者でもプレイし易いアシスト機能を追加。本番レース前に練習を行う練習セッションやタイヤテスト等も充実している。


オンラインマルチプレイで世界中の強者と腕を競え

マルチプレイの人数は、本物同様の最大22人でプレイ可能に。練習、予選、決勝と続くレース・ウィークエンドをワールドワイドサーバーで世界中のライバル達と競い合おう。

1年間のチャンピオンシップシーズンをフルで遊べ、「ドロップイン」で他プレイヤーのセッションへの乱入もできる。

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
キャリアモードではマシンのアップデートなどでマシンの成長が顕著に分かるので、そういった点ではかなり楽しめます。また、前作ではなかった天気予報システムが復活し、マルチファンクションディスプレイでドライブ中にも細かくマシンを弄れるようになりました。
一方でAIの運転がかなり荒くなり、こちらが進路をかなり尊重してあげないといけない点が残念でした。全体としてはかなりの良作だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
今回は間違いなく買いです

各チームタイヤの戦略の違いとか、、、細かい所良く出来てます
リプレイ機能も良し
やってみたらわかります!CPUが馬鹿じゃない笑、、、モナコのスタート第1コーナーまで上手くクリアするのがポール以外は難関かも?笑個人的にアゼルバイジャン面白い♪ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
F1 2016
発売日 2016/09/08
通常 3,580円
現在 3,580円

  

F1 2017

F1 2017
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2017/09/14
レース
CERO A(全年齢対象)
(4)

 
 
Users Voice
あまりに素晴らしい出来で、久々に興奮です。
PS3版で2010~2013までは遊んでいました。
その後、このシリーズはご無沙汰していました。
久しぶりになるのとPS4版は未体験なのでまず、体験版の2016と、この2017をダウンロード。
2016も悪くはなかったです。
マシンのレギュも違って、車幅の違う時代を楽しむのも悪くはありません。
体験版での2016はメニューの動作が少し気に入らないというか、設定が思ったようにできず、なところがあり不便に感じたところが少しありました。
が2017は設定も不便に感じるところがなく、その時点から印象が◎。
本編の走行部分は両作共に良さそうでしたが、2017にはフォトモードのようなものまであったし、最新だし、ということで2017を購入。

ステアリングコントローラーではなく、標準パッドで遊ぶ緩いプレイですが、実に楽しい!
上手い人の動画や、ゲーム中の『タイムトライアル』での速い人のゴーストデータをダウンロードすると、加速時や減速時のギアチェンジでだいぶ差が付いているので、マニュアルギア操作の方が速く走れるようです。
しかしそれ以外は標準パッドでも十分ですし、標準パッドの操作でまるでF1ドライバー気分で走れるこのゲームは貴重です。
LRボタンにブレーキアクセルを設定された標準設定が良いと思います。
(□ボタンと×ボタンの設定だとPS4はアナログではなく、オンオフしかないので、雑な操作にしかなりません。)
F1マシンの動きも2011の頃くらいまでは不自然なラインになることが多々あって、リアルなゲームとまでは思えませんでしたが、2012あたりから挙動もよくなってきています。
今回の2017はさらに数段階、洗練されたように感じます。
リアル志向で高難易度を求める人には、数値で設定するライバルの設定をめいっぱい上げれば良いと思いますし、私のように標準パッドで緩くプレイする人には30~60くらいで、トラクションコントロールやライン表示などのアシストをいずれもONにすれば、それなりに勝ったり負けたりで楽しめるかと思います。
インスタントリプレイを頻繁に活用すれば、ミスプレイも、戻してなかったことにできますし(タイムトライアルモードではそのアタックは無効になります)、緩く遊ぶ人にはその瞬間瞬間でふざけたプレイをめいっぱい楽しんでから、元に戻すのも可能です。
その瞬間をフォトモードで残すのも良いでしょう(笑)
PS1のFormula One シリーズの頃には
こんなに綺麗な映像で、TV中継のようなカメラアングルでただただ観て楽しむこともできて、
標準パッドでもまるで本当のF1のようなラインどりで、実物に似たようなタイムで走れて、COM車もそれぞれの動きをするゲームが楽しめるようになるとは思いませんでした。
昔は不自然なコーナリングスピードとストレートスピードのアンバランス、そして車の動きとしては本来あり得ないラインどり、COM車のペースもめちゃくちゃ等が当たり前でしたが。
実例を書きますと、シルバーストーンで序盤が雨のレースになったのですが、ストロールがピットイン直前に(スピードリミットの看板の直前でタイヤをロックして、ピットロード入り口で滑った状態でコースオフして)壁に接触したり、さらにハミルトンが他より1ストップ多かったので、「あれ?」と思ってリプレイでチェックするとタイヤがバースト!タイヤ交換が無駄に1回発生、等のアクシデントも起きたりします。
淡々と一定速度で走っているだけではないようで、まさか自分の操作した車以外を、リプレイでチェックしてみてる楽しみまであるとは思っていませんでした。

キャリアモードもよくできているそうですが、私は体験版でプレイしたキリで、本商品はチャンピオンシップやタイムトライアル、イベント、グランプリで遊んでいます。

F1 2013のようにクラシックコースもあれば鬼に金棒なんですけど、それは贅沢でしょうか?
かつてアイルトン・セナが他界したコースではありますが、レイアウトとしてはイモラのコース等が好きなので、このF1 2017でも走ってみたかったです。
今作での収録は無理でも、今後に期待したいところです。
F1 2018も楽しみになってきたのですが、HALOが付いたマシンの映像に馴染めるかが少し不安かな。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
前作2016でほぼ完成された感があったので劇的にパワーアップしたといった感じではないですが、細かいところがブラッシュアップされていて安定の完成度です。
クラシックマシンやショートコースの追加、夜のモナコを走行できたりして良いと思います。
ただ現在のところ、リプレイ時に路面に埃が舞うエフェクトが不自然にチラチラするときがあるのでアップデートで改善して欲しいです。
そしてひとつ残念なのは、2017年度のF1スケジュールにドイツのホッケンハイムが無いので仕方ないのですが、やはり収録されていませんでした。2016と比べて唯一の残念な点です。せめてクイックレースやタイムアタックだけでも走行できたら良かったのですが。(自分が気づかないだけで実は収録されているのでしたら誰か教えて下さい^^;)
出来が良いのでF1ファンならプレイする価値ありだと思います。

追記
とりあえず1シーズン終了したので感じた事を少々。
グラフィックが少しだけ良くなっているのも良いのですが、マシン開発の方向性やパーツの劣化に燃費と、それらの要素がレース中に結構影響してくるので走り方が前作までと結構変わりました。
前作ではコーナーギリギリでのブレーキングですっ飛ばしてましたが、今作ではパーツの劣化を考え必要以上に縁石を使わないようにしたり、上位チームに勝つため搭載燃料を少なめにしてエコ走行したり、でも抑えすぎると追い付けないからリッチモード(燃費増)にしたい・・けどパーツ劣化してるし・・といった具合に考えながら走るのが新鮮です。
マクラーレンで始め、簡単すぎない難易度設定にして、なるべくアシストは使わないでプレイしてますがかなり楽しいです。

最後に、バージョン1.09でリプレイ中の煙のチラチラと、セーフティーカー導入時の後続車がオーバーテイクしようとしてくる現象が修正されてました。(現在の最新は1.10) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
F1 2017
発売日 2017/09/14
通常 3,380円
現在 3,250円
130円(4%)OFF!!

  

F1 2015

F1 2015
ユービーアイソフト
発売日 2015/07/30
レース
CERO A(全年齢対象)
(3.5)

 
 
Users Voice
安く買えたので久しぶりにF1ゲームを購入しました。2015のタイトルですが2014シリーズも選べてお得です。さらに初心者向けの簡単に運転できる設定からムリだーっと叫びそうになるマシンの挙動、コントロールがシビアな設定までいろいろ選べます。私はハンドルコントローラがないと…と感じたので後で追加購入しました。面白いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
私はf1 2017を先に買ったのですが、こっちの方がアクセルワークが難しい気がします。画質は劣るのですが動きが結構滑らかです。(自分はパッド)やりにくさは感じないです。それになぜかf1 2014年のシーズンも入っているためお得な感じかしました。f1好きな人は買ってみてはいかがでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
F1 2015
発売日 2015/07/30
通常 8,778円
現在 3,480円
5,298円(60%)OFF!!

  

F1™ 2018

F1™ 2018
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2018/09/20
レース
CERO A(全年齢対象)
(4.3)

  • トップを飾れ
  • F1唯一の公式ゲームが今年も登場!
  • 2018フォーミュラワンワールドチャンピオンシップ公式マシン、ドライバー、サーキットを全て収録。
  • 「スポーツマン」か「ショーマン」か、理想のキャリアを追求せよーメディア対応の結果によって左右されるキャリアパス。自分のチームをトップチームになるまで育て上げるか、エージェントを通じてライバルチームを狙うか。すべては自分の手の中にある。
  • 往年のクラシックマシンが台数を増やして再登場! 性能やハンドリングも当時のものを完全再現!

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
2010からやりつづけ2014でF1がダウンサイジングターボになったためエンジン音に迫力がなくなり2015以降がPS4となっていたので保留していました。
満を侍してPS4とまず2016を購入。2014はよくわからないところでホイールスピンしたりシフトダウン音が小さいなどの不満点が改良されていましたがまだエンジン音が物足りませんでした。
数日後に2018がアマゾンから届き、さっそくやってみるとエンジン音が違う!
V8時代の甲高い音ではないけどエンジン音が素晴らしいです。
特にフェラーリはターボなのにやや高めのエンジン音でテンションが上がりました。
そして何よりステアのフィードバック。ハンコンはT150でかえてないのにステアからのインフォメーションがそれまでのとちがいました。
特に鈴鹿のヘアピン。過去作はなかなかいいポイントがせまくすごく神経をつかいましたがパーシャルがある感じですごくやりやすくなりました。
本作から頭部保護装置のHaloがつきましたがこれも意外と外観とコックピット視点からでは違い、運転してみるとすごくいい。余計な視界を遮ってくれて集中しやすく感じ、支柱も気にならないです。むしろHaloなしでアンテナがあった時の方がアンテナの先端が気になってきてダメでしたw
グランプリモードなどAIも進化してます。カマ掘られてリタイヤが減りました。あとバトルでもAI引かないので楽しめます。レジェンドの上のアルティメットは鬼畜です。アルティメットMAX110は鈴鹿でウイリアムズで1分27秒台です(汗)
https://www.youtube.com/watch?v=G_UCTeknnGc
システムについてはかなり整理されロード時間も短く、タイムトライアル中のマシン、コースチェンジなどもショートカットがあってやりやすいです
ただMFD(マルチファンクションディスプレイ)は走ってる最中に操作しづらし、みづらし。前を見てる状態で右下の小さい文字を読んで切り替え、タイヤ温度や損傷などは別ページだから切り替えて、、、なんてこと走りながらやってるとミスります。ハンコン側にもっとボタンがあればいいのにと思うくらい機能詰め込みすぎです

リプレイで他のマシン(特にAI)の視点でみられるのもいいです。AIがちょろまかしたりしてないか確認できます(してませんでした)

2011,2013が好きでしたが過去のF1マシンも本作ではクラシックモードで使えます。1998マクラーレンやF2002、アロンソのチャンピオンマシンもあります。2万回転の懐かしのF1サウンドがテンションあがります。でもライコネンのマクラーレンもいれてほしかった。
次作までにやり尽くせないと思うくらい詰め込まれててやり倒すのたいへんです。間違いなく神作です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
オリジナルキャラ・チームとの契約・3回のフリー走行でマシンのパーツ、耐久度の開発が復活!

2018年から変わった外見・回生エネルギー・ERSシステム・色々とチーム名やエンジンの組み合わせが変わっていたり、新コースが2つも登場していたりと、「F1 2010」で好きだったシーズン中のチーム移籍が可能になったりと、やりこみ要素が満載の作品となってます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
F1™ 2018
発売日 2018/09/20
通常 3,148円
現在 2,250円
898円(29%)OFF!!

  

EA BEST HITS ニード・フォー・スピード

EA BEST HITS ニード・フォー・スピード
エレクトロニック・アーツ
発売日 2016/06/23
レース
CERO B(12歳以上対象)
(4)

  • 発売20周年を迎える「ニード・フォー・スピード」最新作がお得なBEST版に!
  • 「ニード・フォー・スピード」の最新作が登場! 世界を代表するマシンに乗り込み、広大な都市、ベンチュラ・ベイを舞台にアクセル全開で走り出せ。あなたの評判に影響を受け、物語は変化する。憧れのマシンと共に成長し、レーシング界の伝説となれ。今作の魅力のひとつは、異なる5通りのプレイスタイル。何度でもプレイしよう。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
自動車関係のソフトが好きでPS4を購入。しかし、グランツーリスモがあまり面白くなくてがっかり。
そんな時、ベスト版で安くなった子のソフトのうわさを聞いて購入して見ました。
とても面白くてはまりました。他のシリーズも購入したいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
普通に新品で届き 動作もちゃんとできているので大丈夫です‼︎ 楽しくプレイさせていただいています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
EA BEST HITS ニード・フォー・スピード
発売日 2016/06/23
通常 10,800円
現在 9,980円
820円(8%)OFF!!

  

WRC 8

WRC 8
オーイズミ・アミュージオ
発売日 2020/02/06
レース
CERO A(全年齢対象)
(3.6)

  • 世界ラリー選手権の公式ゲーム、2年ぶりに新作登場!
  • 2020年の日本開催も決定した、世界一厳しい自動車レースとも言われているWRC(世界ラリー選手権)。本作は国際自動車連盟(FIA)から公式ライセンスを獲得していることで有名なゲームシリーズ。天候に合わせてマシンのコンディションを調整し、メカニックや広報を雇ってリアルなマネジメント経験をすることも可能だ。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
このシリーズをプレイするのは今回が初めてで、購入のきっかけは、メーカーがリアルを体験できると謳っていたからだ。

さて、クイックゲームで各国のコースを走ってみた。
各国にはターマック、グラベル、スノー色々ある。
コースの中にはジムカーナ的なコースもあるので、サイドを引いて360ターンしたりできるので非常に楽しい。
天候もリアルに変化し、路面に雨、雪等がトラップの様に待ち受ける。
まれに前走車が刺さっていたり、ひっくり返っている時があるが、こういう演出も面白い。私はその車に突っ込みました(笑)。
雨や嵐の中をドライブしてみるだけでも、その映像美の迫力と視界が悪い中での運転の難しさを体験できる。

各国の路面を走ってみた感想を言うと、全体的にグリップが高いかなというのが印象だ。
自分はよくPCのシムゲーム、名作リチャードバーンズラリー(RBR)と色々なラリーゲームを比較をしてきた。
このWRC8はRBRほど滑らないが、車の動き、操縦性、グリップ感など、素性はRBRにとても似ていて思った通りの動きをしてくれるので操縦が楽しい。

さらにRBRと同じくブレーキのコントロール性が良いので、コーナーのアプローチ時、ブレーキの強弱でフェイントやブレーキングドリフト状態で飛び込んだり、自由自在の操縦性がよかった。

シーケンシャルシフトがあれば、サイドブレーキボタンを引く方に割当できるので、タイトコーナー等でサイドターンできる。

車両のサスペンションやデフも細かく調整できるので、自分好みの車の動きにできる。
難しいのはデフの加減で、コントロール性はこれで決まってくる。

ハンコンのFFBも良い。
車の荷重が前後左右したサスペンションの動きやグリップ感、ブレーキ感は素晴らしい。
ただ一つ気になるのが、今T300RS GTEを使っているが、車種によってはフロントはしっかりした手応えがあるのだが、リアのサスペンションがふわふわした感じに思える。セッティング次第でしっかり感が出るので問題はないけど…。

逆に、今回初めてWRCシリーズをプレイして感じた要望・不満をいくつか言わせてもらう。

・車種が少ない。
 DLCでもいいので、1990年〜2000年代の日本車を含め、名車を出して欲しい。
・モンテカルロで、もっと雪やアイスバーンの路面があったら嬉しい。
・リアルという意味で重要なのは、土や浮き砂利だった路面をタイヤがかく表現がまだまだ。
15年以上前のRBRが名作と言われる理由の1つに、この表現がとてもリアルなんだ。
次作ではこの辺が進化してくれたら嬉しい。
・コ・ドライバーが日本語選べないし、ヒアリングが苦手なこともありちょっと聞き取りにくい。
音声のボリュームもない。
それで、ナビマークを信じてコーナーに飛び込んでいくと、かなりきつくてコースアウトすることがあるのでペースノートが信用できない。ラリーをする上ではもっと精度を上げてほしい。
・水たまりに関して、ある程度スピードが乗ってる状態で飛び込むととんでもない方向に飛ばされ、コースアウトするのが不満。
いくらいい走りをしても、これ一発で終わってしまう。
ちょっと現実離れした挙動に思えてならない。
・セッティングを保存する数が少ない。
ある時から「名前を付けて保存」がグレーになり押せなくなる。
JWRCなんかは全部同じ車種なので、どれを選んでもセッティングは共通で話にならない。
次作は全てのカテゴリー、全ての車種で全コース分保存できるようにしてくれよ。
・JWRCのターマックではもうちょい固い方向に調整幅を増やしてほしいな。

最後に
本作の挙動に関しては、大嫌いなアーケード的な挙動を感じず、自然な動きに上手く作ってあると思う。
中には難しいと思う人もいるかもしれないが、アーケード寄りのラリーゲームとは明らかに違う本格ラリーゲームになっているのは間違いない。
まあ、ちょっと不満なところもあるが、久々に楽しいラリーゲームで、メーカーが言うリアルは満足できる仕上がりになっていた。
バグと水溜まりの挙動がなければオススメしたいゲームだ。もちろんハンコンで。

バグに関して
パッチが出てバグが直ったと思ったのだが、キャリアを進めていくと、またいきなりエラーで終わってしまった。
その後再起動したら先に進めたので、とりあえず様子見しているが、初めて買ったシリーズがこの状態とは残念すぎる。
評価★4個なのはもちろんバグのせいだ。
しかし、個人的に内容はRBRに継ぐ16年ぶりの名作であると思っている。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
グラフィックとインターフェイスが良くなっています。また天候変化も導入されゲームとしては進化しました。しかしSIMとしては大きな変化はないようです。もともとWRC7でも接地感が素直過ぎる印象はありました。

 グラフィックは良くなったのですが車の挙動や感覚がよりリアルになったというよりも動体視力訓練に近い印象があり、それはゲームとしてはいいのですがリアルを意識するなら Dirt Rally 2.0 の方が優れているように思います。ちなみにグラフィックで雨天の時トンネル内でも雨が降っているというバグ? があるようです。 

 天候変化によってグリップが劇的に変わる感じはせず、むしろ視界が悪くなるという意味でのシミュレーションになっているようです。それはそれでいいのですが。キャリアモードでスタッフの職種に「理学療法士」が入ってるのがちょっと笑えましたが、サーキットじゃなくてラリーだと相当体にもきそうですしね。

 全般的にイメージトレーニングというより娯楽側に振れています。そのつもりでやるならいいのではないでしょうか。娯楽としては最低というレビューがありますが、official gameでそもそもラリーに関心ある人対象だろうから、車やラリーへの関心を度外視して"ゲーマー一般"にとっては娯楽として最低と言ってもあまり意味がないことだと思います。
  (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
WRC 8
発売日 2020/02/06
通常 5,480円
現在 5,480円

  

DiRT 4™

DiRT 4™
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2017/07/27
レース
CERO A(全年齢対象)
(3.5)

 
Users Voice
まだ当然、遊びつくしてませんが、現段階の感想を書きます。PS4パッドでプレイ。
良い点
 ・アクセル全開で公道のターマック、グラベルを走るのは最高に爽快。やはりこんなぐにゃぐにゃの狭いワインディングを縫うように走り抜ける充実感はラリーで無いと楽しめません。全開ドリフトもたのしー。グラベル、ターマックで横滑り、タイヤが空転する感じがとてもよく表現出来てると思います。
 ・エンジン音良し、他にもミスファイアリングやタービンの吹き替えし音、ブレーキ音等、なんか色んな音がしてリアルです(笑)
 ・操作性良し、路面とのグリップ感、マシンの重量感をしっかり感じ取れる。パッドの振動も路面に追従していて良い
 ・リプレイがかっこ良く、車のモデリングもいい。ゲームのグラフィックもここまで来たかと感じ取れると思います。フロントバンパー開口部からラジエーターファンが回ってるのが見えた時は、ここまで再現するか(笑)と思った。
 ・マシンのカラーリングをカスタマイズできる
 ・ローカライズされてるのはやはり良い
 ・前作は最初はミニクーパー等で頑張らないといけなかったが、今回はかなり早くグループA等に乗れる
 ・パッドでプレイしてもかなり面白いが、本当にハンコンが欲しくなる
 ・ラリーカー以外で走るランドラッシュなども面白く、モードが豊富。
 ・前作、DirtRallyを楽しめた人はリアル設定を選べば、同じ感覚でプレイできると思います。カジュアル設定はまだプレイしてないのでわかりません。後、2003WRCチャンピオンのペターソルベルグが開発テストもしていたみたいで、選手としてとても好きだったので購入しました。元WRCドライバーがテストしていますし、挙動関係は確かだと思います。
悪い点というか気になった点はひとつだけ、コドラの声が日本語しかなく、英語を選べない事です。やはり雰囲気は英語の方がいいので・・・(8/3追記、英語使うコドラ雇えば英語になるらしいです。失礼しました)
前作は本当に素晴らしい出来でしたが、今作は今作でまた違った素晴らしさがあります。
9/10追記
 一応一通りプレイしたので、追加レビューです。マシンのエンジン音ですが、基本的にどの車種もかなりの再現度ですが、おそらく好きな方も多いデルタS4の音が、よく動画で見る音と大分違いまして、あの独特の音でなく普通の音になってしまってるのは非常に残念でした。ですがインプ1995、メトロ、RS200、クワトロ、フォーカス2007辺りは、もう実車そのままの音でファンにはたまらなく、空吹かししてるだけで楽しいです。
 登場車種とモデリングに関してですが、今作はストラトスが追加されたので良かったです。WRカー規定のインプ2001ですが、前作と同じ丸目仕様なので、2004以降の角目(個人的にはこっちの方が好み)もしくは、ハッチバック仕様のが見たかったです。デルタHFのターマック仕様で前輪にカバーがついているのは、ファンもニヤリの仕様でした。WRカーはランサーWRC、SX4、プジョー307、シュコダファビア等々、現在のひとつ前のハイパワー時代のモデルがもっとあれば良かったです。グループAはトヨタセリカ、カローラもほしい所でした。初回特典にヒュンダイではなく、その辺りをいれて欲しかった。
 オンライン対戦のプロツアーに関してですが、人が居な過ぎて全然マッチングしないのは残念です。しかしコミュニティーイベントでは、気軽に他の人とタイムアタック勝負が出来るのは良いです。(オンラインタイムアタックでクリアタイムが2秒?とかのチートっぽい人が数名いますが・・・)
 コースに関して、フリープレイで自動的にコースを生成してくれるのは長く楽しめます。ジャンピングスポットは少なかったのでもっといれて欲しかったです。今作もスウェーデンでスノーバンクを利用したコーナリングをやろうと思えばできます。ランドラッシュ、ラリークロスのコースは比較的単純で慣れればアクセル全開流しっぱなしでコーナーを抜けられて、これがとても気持ちいいです。
 以上、今作は結構なボリュームで一通りプレイするだけで、たぶん50時間以上は余裕で楽しめると思いますし、奥が深いのでまだまだやり込めそうでした。
9/16 追記
 久しぶりに前作DirtRallyもプレイしていますが、ラリーコースは自動生成は無く固定ですが、それでも前作の方がはるかに良いですね。フィンランドの連続ジャンプやドイツの連続直角ジャンクション等がきちんと再現されています。Dirt4のコースも長く楽しめて悪くないんですが、こういったWRCらしい国の特徴が無くなってしまっています。
 路面との接地感はDirt4の方が良いと思いました。グラフィックはアスファルトの表現が少し違いがありますが、どっちも良いです。リプレイのカメラワーク等もどっちも甲乙つけがたいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
※WRCや車には詳しく無いです
※PS4 Proを使ってます

■GOOD■
〇まず驚いたのはグラフィックの美しさ。
マシンの動きもヌルヌル動いて驚くばかり。
〇ゲーム寄りの操作とリアル寄りの操作、二通りの操作で遊べるのが素晴らしい。
ゲーム寄りの操作にするとカーブで曲がり易く、カーブでも他のラリーゲームより
強気に攻め込める。
〇マシンのデザインが格好良く、マシンの艶々感も良い感じです。
〇ぶつかるとマシンが壊れるのが分かる。
〇オリジナルキャラクターは男性ドライバーと女性ドライバーを選べる。
〇コ・ドライバーの発言が、WRC7よりも指示の言い方に種類が多い。
例として「don't cut」の言い方も控えめに言う時と強く言う時が有る。
更に「見た目はボロボロだが機械的な性能は問題無いだろう。」や
「パンクした!!」や「妥当な順位だ。次はもっと上を目指そう。」等と言ってくれる。
〇雨が降るとゴール地点に居るマーシャル?と呼ばれる人が合羽を着てる。(通常はフードを脱いでる)
〇様々な天候と時間帯、環境。
晴れてても路面がビチャビチャに濡れてる状態だと走った感じが違って良いし、
濡れた路面に光が反射してキラキラして綺麗。
〇自動コース作成システム。
コースの長さ、難易度、天候、時間帯を決めるだけで自動で
コースを作成してくれる。
〇フリーレースやキャリアとは別に、箱庭で自由に走行の練習が出来る
モードが有り、水溜まり、坂、ジャンプ台、狭い通路等、様々な条件が
揃ったDiRTアカデミーで思う存分 走る事が出来る。
〇色々なアンロック要素。
〇ディーラーで車を購入する際、中古車等も売ってて安く買える事が有る。
〇ローディングは そんなに長く無い。(PS Pro使用)
〇難易度をレーサー(イージー)にしても、後々CPUが強くなり、
簡単に一位が獲れなくなる。
しかし一方的にならないと言う意味では良いと思う。
〇泥道を走ると泥がこびり付き、雪道を走ると雪が付き、
砂道を走ると細かい砂が付き、水の上を走ると画面いっぱいに
水滴が付く。
〇かなり高低差の有るコースも有る。
〇様々な路面で走れる喜び。

■BAD■
×濃霧ステージでは前方が極端に見難い。
×グラフィックはラリーゲームの中ではトップクラスだが、
コースデザインが地味に感じる。
WRC7と比べると面白味が無い感じ。
×SEはWRC7の方が良い。
×チームは要らないと思った。
せっかく良い順位でゴールしても
チームに支払う お金を結構 持って
行かれるのが腑に落ちない。
そこまでリアルにしなくてもと思った。
WRC7みたいに実在するチームを出してくれれば
それで良かったのに。

■感想■
個人的な評価として・・・

コースデザイン
DiRT4 < WRC7

ゲーム中の緊張感
DiRT4 < WRC7

効果音
DiRT4 < WRC7

グラフィック/マシンの動きの綺麗さ
DiRT4 > WRC7

モードの豊富さ
DiRT4 > WRC7

遊び易さ
DiRT4 > WRC7

ローディング(読み込み)
DiRT4 > WRC7

とにかくDiRT4はグラフィックが凄過ぎる。
ラリー系のレースゲームでココまでヌルヌル
動くとは思いませんでした。
雪埃や砂埃が大きく舞っても動きがヌルヌル。
リアル寄りとゲーム寄りの操作で自分好みの
プレイが可能なので、リアル寄りは苦手だと
言う人はゲーム寄りに設定して遊ぶと良いと
思いまし、初心者でも簡単に操作が出来ると
思います。
コース自動 作成システムで短いコース、長いコースも
作れますし、キャンペーンの他、フリーレースモードでも
気軽に遊べるのでソロ・シングルでも十分に楽しめます。

オーイズミ・アミュージオのラリーゲームにハマり、
別のメーカーのラリーゲームも遊びたいと思い購入。
UbiSoftのDiRT4も好きになりました。
遊び易いので初心者でラリーゲームの購入を考えてるのなら
まずはDiRT4がオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
DiRT 4™
発売日 2017/07/27
通常 3,591円
現在 3,591円

  

ユービーアイ・ザ・ベスト ザ クルー2

ユービーアイ・ザ・ベスト ザ クルー2
ユービーアイソフト株式会社
発売日 2020/03/12
レース
CERO B(12歳以上対象)
(3.7)

  • 本ソフトは2018年6月29日に発売された『ザ クルー2』の新価格版となります。
  • 本ソフトはオンライン専用タイトルです。本ソフトをプレイ頂くにはインターネット接続環境、およびPlayStation Networkアカウント(無料)が必要です。
  • オンラインマルチプレイのご利用には、インターネット接続環境及び、PlayStation Plus(有料)への加入が必要です。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コロナ騒動による外出自粛のため、自宅で楽しめるゲームとして購入。

本格的にレースを楽しむようなゲームではなく、雰囲気を含めて車を運転することの楽しさを売りにしたゲーム。
マップも広大で、全ての道を走りきるのは結構時間がかかりそう。

ハンコンはG29を使用してます。
他のレビューですかすかで使えないというレビューがありますが、オプションの設定で調整可能です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
思ってたよりも面白い。
ただ、最近のアップデート後時々画面が止まることが多々ある。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
ユービーアイ・ザ・ベスト ザ クルー2
発売日 2020/03/12
通常 3,278円
現在 2,600円
678円(21%)OFF!!

  

トライアルズ フュージョン

トライアルズ フュージョン
ユービーアイ ソフト
発売日 2014/05/29
レース
CERO B(12歳以上対象)
(3.7)

  • 初回生産版のみ限定プロダクトコード付き!有効期限2016年5月31日

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
転倒しないようにバイクでゴールまで駆け抜ける横スクロール型のアクションです。
失敗してもついついリトライしてしまう中毒性があり、気に入ってしまいました。

操作はアクセル、ブレーキ、リーン(前後の体重移動)のみなので非常に簡単です。
全く同じシステムのゲームはスマホ黎明期にもアプリとして流行りましたが、
それとの違いは、圧倒的な画面の迫力と、コースの作成・共有が可能な点です。

SF風なコースから大自然の中を走り抜けるコースなどバリエーションが豊富で、
背景のみでなくコース自体もダイナミックに動いたりと、見た目に飽きません。
コースが動いたとしてもあくまでも横スクロールであり、ハンドル操作は一切不要です。
これはよく割りきられたシステムで洗練された印象を受けます。

失敗せず走ることのみを繰り返し追求するゲーム性ですが、それを邪魔するものは一切ありません。
例えばリトライ時のローディングは一切無く、そのリトライする操作自体も
ポーズメニューなどを介す必要が無く、ワンボタンです。
リトライにリトライを繰り返し、イライラし始める一歩手前まで好きなだけ遊んで、少し休んだらまた遊びたくなる。
ゲームはこういった作りであるべき、とすら感じさせます。

マイナス点を挙げるとすれば、グラフィックは少し中途半端です。
爆発のエフェクトの安っぽさや、遠景に描画されるオブジェクトの少なさは、気になる人は気になると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
↑Amazonで購入しました
このゲームはオンライン要素を除けば、
レースに勝つためのものではなくて、走りきるものです
ゲーム後半からはレースというより難解なアクションパズルという印象を受けました
強い意志か才能を持たなければ骨の髄まで遊び通す事は不可能だと思います
そんなドヤ顔で語る自分は本編をクリアできずに終わりましたw
それなのになぜ満足しているか

このゲームにはコースを作成するエディットモードがあります
「ゲームを作って遊ぶ」こういったゲームは遊び手と作り手がいて
初めて成り立つゲームだと思うんですね
作りたい人も遊びたい人も、もちろんその両方が満足できてこそのゲーム
このゲームでは、自分はコースを作りたい側の人間でした
スーパークロスモードにすると4人までの対戦が可能です
自分の作ったコースを子供達と遊んで
楽しいと言われた時の爽快感たるや素晴らしいものがあるのですよ

もちろん「素人が趣味で作ったコース」と「プロが仕事で作ったコース」の
歴然たる差はありますが、子供にとっては「難関コース=楽しい」ではないので
緩く簡単なコースに多少のギミックを入れる程度なんですけど
この達成感はかなりの努力が必要なのを知っているので尚更
それを手軽に味わえる
プレイする時も、コースを作る時も、
あーでもないこうでもないと色々試行錯誤しながら遊べる至高のゲームです (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
トライアルズ フュージョン
発売日 2014/05/29
通常 4,378円
現在 781円
3,597円(82%)OFF!!

      

関連:PS4の人気ソフト・新作ソフト

以下では、プレイステーション4の人気ソフト・新作ソフトも一覧で紹介しています。合わせて覗いてみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました