Sponsored Link

【11/16迄】Kindle技術書セール(IT/専門書フェア)のおすすめの本紹介

Kindle本、技術書セールしています!

ということで、せっかく技術書ですし結構数もあるので、ざーっとなめて、プログラミング、ゲーム、WEB、AI周りで僕が良さそうと思ったおすすめ本をご紹介していきます。

すべて50%OFF以上のお得なセールです。中には77%OFFなんてものもあります。

Sponsored Link

Contents

プログラミング系

プリンシプル オブ プログラミング 3年目までに身につけたい 一生役立つ101の原理原則

プログラミングの原則、よいコードを書く上で指針となる前提・原則・思想がつまった本。この機に購入しました。

【電子合本版】Code Complete 第2版 完全なプログラミングを目指して

こちらでも紹介している、コーディングのお作法から設計・実装概念まで学べる良書の上下合本版。通常書籍だと、上下に分かれて、1冊6,000円、2冊で12,000円が合わせて5,400円でお得です。個人的に上巻の方が圧倒的に重要なので、上巻だけならさらに安く買えるのでそれでもいいかもしれません。

プログラムはなぜ動くのか 第2版  知っておきたいプログラムの基礎知識

こちらでも紹介している、低レベルなプログラム挙動を理解するのに役立つ良書です。古いですが、普遍的な内容で今でも低レベルな言語を扱うプログラマな必読でしょう。

コンピュータはなぜ動くのか 知っておきたいハードウエア&ソフトウエアの基礎知識

上記の「プログラムはなぜ動くのか」同様低レベルなプログラム動作の理解に役立つ良書です。よりコンピュータアーキテクチャに近い内容です。

オブジェクト指向でなぜつくるのか 第2版

オブジェクト指向の意義を改めて学習できそうな本。めっちゃ暇だったら読みたい・・かな。

コンピュータの構成と設計 第5版

こちらでも紹介しているコンピュータアーキテクチャ、プロセッサ命令など低レベルな要素が学べます。組み込みや低レベル理解しておきたい人は読んでおきたいですね。

C#実践開発手法 デザインパターンとSOLID原則によるアジャイルなコーディング

C#をしっかり学ぶ意欲があればこの機にこちらで。デザインパターンも学べそうですね。

熱血! アセンブラ入門

アセンブラのかなり突っ込んだ内容が学べそうです。低レベルやるなら一冊もっておきたいところ。

ゲーム開発系

ゲームアプリの数学 Unityで学ぶ基礎からシェーダーまで

所持本です。こちらでも紹介してます。数学はもちろん、スプライン補間などの内容も学べて良いですよ。

3Dゲームをおもしろくする技術 実例から解き明かすゲームメカニクス・レベルデザイン・カメラのノウハウ

所持本です。 ゲームの面白さとはなんなのか、どういった要素で面白く感じさせているのか、が具体的なタイトルを例に解説されています。最近の各種手法を学んだり、なんとなく触っていたゲームがどういったメカニズムで作られているか学べます。特段新しいことをいっているわけではないですが、特に若手のゲームデザイナーなら読んで損なしでしょう。

WEB系

沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘

SEOの基礎や、文章の書き方含めてかなり参考になります。あまり他の書籍にのってないような、心理学からのアプローチがとても面白いですね。かなり著名な本で、ブログアクセスを本気で考えている人は必読な本ですね。

沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

上記の前身の本です。上記の本同様評判が高い名著のようです。

WordPressユーザーのためのPHP入門 はじめから、ていねいに。[第2版]

所持本で、僕がWordpressフレームワークの基礎を学んだ本です。Wordpressをテーマの機能レベルにしばられずにカスタマイズできる人になりたいなら、第一歩として最適な本ではないでしょうか。Wordpressのテンプレートをどういじり、どう差し込めば何を変えられるのか、重要なポイントが平易に語られています。おすすめです。

いちばんやさしいPHPの教本 第2版 人気講師が教える実践Webプログラミング 「いちばんやさしい教本」シリーズ

PHPの初学ならこちらも良さそうです。

Webデザインの新しい教科書 改訂新版 基礎から覚える、深く理解できる

目次を見る限りWebサイトとはなんなのか、HTML、CSSとはなんなのか、という基礎から解説してくれている、Webの基礎から理解できる本のようです。一から勉強したい人に良さそうですね。

エンジニアのための理論でわかるデザイン入門 ThinkIT Books

デザインというものを、感覚やセンスにのみ依存するものではなく、理論的にかっこよく作れることが分かる本です。色味のバランスなど、知っておきたい「デザインの理論」が知れるおすすめ本です。今後は、エンジニアにもデザインセンス(理論)が備わっていた方が、Webフロントエンドなどの仕事の効率は間違いなく良くなるでしょう。僕はこの機に購入しました。

プロが教えるレスポンシブWebデザイン 現場のメソッド レイアウト・UIのマルチデバイス対応手法

Webページデザインをモダンな、任意のマルチカラムレイアウトやタイルレイアウト、各種ギミックなど、実用的なWebデザイン手法がのっている本です。ちょっと独自のデザインのWebサイトを作りはじめたいならかなり参考になるのではないかと思います。一押しです。

Web制作者のためのIllustrator&ベクターデータの教科書 マルチデバイス時代に知っておくべき新・グラフィック作成術 Web制作者のための教科書シリーズ

絵を描くのに参考になりそうです。ベクターデータ使いこなせれば、キレイな絵がかけそうですし。

AI系

人工知能は人間を超えるか (角川EPUB選書)

2016年ビジネス書大賞、審査員特別賞を受賞した話題作でしたね。これからますます重要となるAIの基礎、未来を学習しておきましょう。

というかとにかく安い!なんと77%オフの351円。

エンジニアのためのAI入門

所持本です。AIの歴史の概略から、現在活躍している各会社でのAI実用例が学べます。AI活用のための入門できます。最近出たばかりの本でお買い得です。

おわり

開催期間は11/16までですので、気になる本があったら忘れずに購入しておきましょう。

開催ページ:【50%OFF以上】 IT/専門書フェア

いじょうでっす。

Sponsored Link

フォローする