【2021年最新】大容量(3L以上)の電気圧力鍋「人気・高評価のおすすめ20製品」

時短調理から、柔らか調理、おまかせ調理など、幅広い活用ができる、今注目の調理家電「電気圧力鍋(インスタントポット)」。

こちらでは、中でも大容量タイプ(満水容量3リットル以上)の「電気圧力鍋」の人気・おすすめ製品を紹介していきます。

Contents

大容量(3L以上)の電気圧力鍋 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「大容量(3L以上)の電気圧力鍋」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.3)
総評価数 499件
2
(4.4)
総評価数 380件
3
(4.3)
総評価数 501件
4
(3.9)
総評価数 399件
5
(4.3)
総評価数 328件
6
(0)
総評価数 0件
7
(4.5)
総評価数 179件
8
(4.2)
総評価数 263件
9
(4.1)
総評価数 206件
10
(4.1)
総評価数 245件
 

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 4.0L 自動メニュー90種類 2WAYタイプ グリル鍋

  • 商品サイズ(cm):幅約32×奥行約33.4×高さ約23.2
  • 電源:AC100V(50/60Hz)
  • 消費電力:1000W
  • 炊飯容量:白米 6合、玄米 4合
  • 付属品:白米用計量カップ(1合)、蒸しプレート、電源コードセット、レシピブック、ガラスふた

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
居酒屋メニューにあった低温調理した鶏レバーをどうしても食べたくて、低温調理のために購入しました。4リットルの黒のモデルを、プライムデーで2万円程度で購入しました。
もちろん低温調理だけでなく、冬場は家族や友人と鍋料理を食べたり、付属のレシピブックに載っているよだれ鶏や煮物なども作りました。
少し高価な買い物になるため、購入しようか迷いましたが、使い勝手がよくとても満足しています。おすすめできる商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
サイズが2種類ありますが、大きいサイズを選んだほうが良いです。
たとえ一人暮らしであってもです。
サイズ感は実物を見るのが一番ですが、
amazon で買う人の大多数は実物は見ないでしょう。
そんな人の為にサイズ感を知る方法として、炊飯器があればその内釜の大きさをイメージすると良いと思います。
小さい方は3合炊き、大きい方は6合炊きです。
3合炊きの内釜が小さいと感じる人は、大きいサイズを買った方が良いです。
なお圧力鍋を使う場合、鍋の8割程度までしか使えないので、
そのことも考慮に入れて選んで下さい。
ちなみに、蒸調理なども出来ますが、
その場合大きいサイズでも窮屈に感じます。

また、自動メニュー数の違いがありますが、
自動メニューはモード(圧力鍋、蒸し調理など)と時間がプリセットされているだけです。
時間に関しては、具材の量や品種の違いによって増減したりするので、
結局は手動でセットする事が多くなります。自動メニューはいらないと思います。
つまり、付属のガラス蓋が要らないならば、安い方で十分です。
どうしてもガラス蓋が欲しいなら、ホームセンター等で単体で購入する手段もあります。

これで米を炊く場合、標準設定だと硬めに炊きあがります。
個人的には硬めが好きですが、それでも硬めに感じます。
ふっくら柔らかめが好きな方は、水の量や時間の調整が必要です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

パナソニック 電気圧力鍋 3L(満水容量3L/調理容量2L) 圧力/低温/無水/煮込/自動調理

  • 本体サイズ(幅×奥行×高さ):27.8×29.2×27.0cm
  • 付属品:計量カップ,おたま,蒸し板
  • 圧力調理で時短&手軽な本格調理。
  • 素材本来の栄養とうまみをいかす「無水調理」&「ヘルシースープ」コース搭載。
  • キッチンに馴染むコンパクトサイズ。
  • コード長さ:1.0m
  • 容量:約3.0(満水容量)L、約2.0(調理容量)L

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
今まであまり聞いたことが無いメーカーの電気圧力鍋を使っていたが、そろそろ新調しようとちょっとだけ奮発して家電量販店で購入させていただきました。

使用感としては、前に使っていた電気圧力鍋とは次元が違うほど良いです。
おそらく、電気圧力鍋のなかでもかなりのハイグレードなクオリティだと思うほどすごい。
豚の角煮からデザートのプリンなど、意外とシンプルな色々な料理を作れます。
これ一台で令和乗り越えられそうなレベルで何でもできるという感じです。

総評としては、色々な料理ができるのはもちろんですが、パワーがすごい一台だと思います。満足! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自動調理は材料投入だけでほぼ出来上がるので、あとはどれくらい煮込むかを調整しています。(角煮は圧力調理だけではあっさりでしたので10分煮込みをしたら家族に喜ばれました)
無水カレーは材料目いっぱいになりましたが、しっかり圧力がかかる時間を25分程度にしたらしっかり煮込めていました。その後に市販カレールーを混ぜて完成です。
電気圧力鍋は音も静かで、大きさも手ごろですので、妻の料理に1品加えることができました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ティファール 電気圧力鍋 ラクラ・クッカー コンパクト ブラック CY3508J...

  • サイズ:幅26×奥行28.5×高さ28.3cm
  • 本体重量:4.18kg
  • 調理モード:10種類
  • 容量:3L(2~4人分)
  • 12時間までの予約調理、保温(24時間)、再加熱(3分)が可能
  • 圧力(高圧):70kPa

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
大容量なのに予想してたより本体も鍋も軽く扱いやすく、丸くて綺麗なデザインなので大きさもあまり感じなかった。取説もとても丁寧でわかりやすかった。ただし予熱時間が思ってたより長かったので、ガスよりも時短してるようには感じなかった。何よりも1番良かったことは、スタートしたら完成まで全く火を気にしなくていいこと。それが最高に楽!とても気に入りました。さすがティファールさん!

☆追記 何回かレシピを作ってみての感想

レシピ表に出てくる材料を全部入れてスタートする料理だけではないので、料理をあまりしない人は気をつけて下さい。例えば予熱して焼き目をつけてから調味料を入れて圧力調理をする肉料理や、水・酒・醤油・みりんなど先に煮立たせて味噌を入れ、そのあとに鯖を入れてから圧力調理をする鯖の味噌煮など色々なパターンがあるので、基本的な料理知識もないと勘違いしてあわてることになります。材料を入れてスイッチ1回だけのレシピは簡単ですが、工程のあるレシピは画面のナビゲーションだけでは少しわかりにくいものがあります。CLUB T-falサイトにあるクックフォーミーのレシピ検索で予習してから調理するといいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
クックフォーミー かヘルシオ、どちらにするかかなり悩んだ結果、クックフォーミー で大正解でした。我が家は四人家族の男の子2人。私は専業主婦なので、作り始めから終わりまでの時間がいかに短いかが1番の購入ポイントでした。ヘルシオは朝セットにして夜帰宅したら出来上がり。これも捨てがたい選択でしたが、調理時間は通常の料理法より時間がかかるとのことで、諦めました。2人から4人分の料理が出来るとのことで独身者や共働き世帯には魅力的だと思います。クックフォーミー のレシピはメイン料理がオススメです。ガッツリ系やお洒落な洋風レシピが沢山有ります。そして、レシピ本が汚れてしまう事がなく、本体のパネルで調理出来てしまうので本を見ながら探す手間がありません。時間を買う、手間を省く、簡単操作などシンプルライフ&ミニマルライフを重視されてる方にはかなりオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 3.0L 12種類自動メニュー搭載 予約調理対応 ホワイト

  • 商品サイズ(cm):幅約29.3×奥行約27.6×高さ約28.4
  • 電源: AC100V(50/60Hz共用)
  • 定格消費電力: 700W
  • 付属品: ・白米用計量カップ(1合) 原料樹脂:ポリプロピレン、耐熱温度: 120℃、容量: 180ml
  • 炊飯容量: 3合●最高圧力: 70kPa●調理容量:約2.0L●満水容量: 3.0L●電源コード:約1.0m●自動メニュー: 12種類●手動メニュー:圧力調理/温度調理/無水調理
  • 本体重量(kg):3.7

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
もともと、ホットクックが欲しかったのですが、あんなに高いのは買えないので、この電気圧力鍋と同じくアイリスオーヤマのスロークッカーを買いました。たった3000円弱で煮込み料理限定といえど、ほったらかし料理ができるスロークッカーで大満足していたのですが、スロークッカーは実作業の時短にはなるのですが、調理時間の時短にはならないという弱点があり、これを克服できるものはないかと考え、この製品を入手しました。
これまたアイリスオーヤマの特製なのか、スロークッカーの時と同様で、付属の説明書に載ってるレシピが少ないです。
そこら辺を省いて、物自体に特化して、値段を下げるという戦略だと思うのですが、そこから辺が利用者を選ぶというか、私はスロークッカーをしばらく使ってから、こっちの製品に入ってるので、だいぶ経験値があるのですが、
そうじゃない人が、いきなりこの製品を買うと、人によっていは説明書にあんまり書いてないから、「カレー以外、何が作れるんだ」ってなってしまうかもしれません。
そんな人向けに、書くとおくと、スロークッカーと同じことが言えますが、炊飯器系のレシピ本や、タイトルに「煮込」とつく本、タイトルに「スープ」とつく本が使えます。
これらをみて、なにを作るのか考えるのが楽しみすぎます。
材料切って、時間設定すれば、あとは何もしなくていいホットクック的な調理ができるので、普通の調理に比べたら、火の面倒をみることがないところが大変楽なので、その分、あれをつくってみたい、これを作ってみたいと、いろいろ作ってみたく、レシピ本を見るのが、とても楽しいです。
製品が来て驚いたのが、自動メニューの場合、数字で選択するのですが、1番が炊飯で、それも圧力機能ではなく、普通の圧で調理するやつです。
基本は炊飯器で、それに温度管理機能と圧力鍋機能が付いたという発想なのでしょうね。
個別の機能をみると、自動設定メニューモード以外には手動設定モードで圧力鍋のモードと通常圧の温度設定のモードと無水料理モードがあります。
圧力鍋機能は、圧をかける時間を設定すると、それに30~40分たした時間が全体料理時間として、自動設定されるので、思ったより時間がかかるのが、難点ですが、さばの味噌煮が、自分は40分間圧をかけましたが、骨までやわらかく食べれたのには感動しました。まぁ、これはスロークッカーでも同じことが長時間かけてできはしますが。
温度設定のモードを一番よく使ってます。100度設定で通常の鍋としてつかったり、95度の設定で沸騰一歩手前でスロークッカー的に使ったりしてますが、便利なのが、60度あるいは65度設定での鳥ハムづくりと温泉玉子作りが捗り、らくちんで楽しすぎます。
豚のチャーシューを低温調理的に作りたいのですが、世の中に出回っているレシピは63度というものが多いようで、5度単位刻みのこの製品でどうやるか試行錯誤中です、60度2時間でやったら、1,2か所、生っぽいところがあったので、そこを切り落として、食べました。おいしかったのですが、安全なのか微妙で、いま、いろいろ試行錯誤中です。
無水料理モードは、説明書にまったくレシピが載っておらず、無水料理モードがどんなモードなのかの説明もないので、まったく使えていません。ここは非常に残念なところです。せめてどんな動作をするモードなのかを書いてもらえば、自分で使い道を考えるのに。無水料理というものを検索すると、定圧定温調理ということなので、圧力鍋モードほど圧力をかけないまでも、なるべく湯気を逃さず、沸騰してから、弱火に切り替えるというモードなのだろうと推測しますが、これも図書館で無水料理の鍋もレシピ本でも借りてきてから、今後、試行錯誤してみたいと思います。
この製品が来てから、料理を考えるのも楽しいですし、スイッチ入れてから、出かけられるのも、めちゃくちゃ楽ですし、それ以外にもこの製品が来たことで、ガスコンロが1つ空いたというのも、意外なメリットでした。
おかげで、普段べちゃっとしがちなチャーハンを家族全員分を2つのフライパンで半量づつ同時に調理してぱらっと仕上げるというバカみたいな贅沢な使い方もできたりしました。
生活の幅が広がるので、この製品とてもおすすめです。
あとは、温度設定モードの温度設定が1度刻みだったらなぁとは思いますが、チャーシュー以外は不便してないので、概ね満足してます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
直ぐに、届きました。さっそく、ご飯を、炊きました、お米か、一粒づつはっきりしていて、もっちりして、甘みもアリ、大変美味しく、頂きました、買って良かったです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【国内正規輸入品】マルチ電気圧力鍋 Instant Pot(インスタントポット)

  • 3リットル
  • 本体サイズ(幅×奥行×高さ):29cm×25.5cm×28.5cm/本体重量:3.7kg
  • アメリカのAmazonプライムデーで10万台売れた電気圧力鍋が遂に日本上陸
  • 1台7役 簡単操作のマルチクッカー / 日本語パネル
  • 圧力/煮込む/炒める/蒸す/炊飯/スロークック/ヨーグルトメーカーがこれ1台で
  • ディスプレイには「10種の自動調理プログラム」と「調理方法」を記憶するメモリー機能搭載
  • 食材を入れてパネルから使いたいボタンを押すだけ。ほったらかしで時短調理を実現
  • 日本語の取扱説明書と100種類のレシピブック付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
電気式ではないものの、すでに持っている圧力鍋。今更必要?そう思って、購入を踏みとどまっていましたが、「セットしたらほったらかしできる」、「加圧中の音が静か」という口コミから、タイムセールという後押しで購入しました。

結論からいうと、買って良かった。
犬の散歩中に料理が出来る。セットしたら見張っていなくて良い。音も口コミどおり、一般的な圧力鍋とは違って音が静か。怖くない。

電気圧力鍋を使ったレシピを探すほど、ハマっています。
もうしばらく使ってみて、このまま出番がなさそうなら、ガス式の圧力鍋を処分しよう。
炊飯器は・・・個人的には不要だけど、家族が臭い移りを気にするようなら、保留かな。

某有名テレビショッピングの電気圧力鍋と迷いましたが、あちらは炒め調理時間が3分しか使えず、何度もボタンを押さなければならないのが面倒そうだったので、その手間が不要なこちらにして、良かったとつくづく思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
留守がちにすることが多いので、不在時に調理できて、帰宅すると出来上がってすぐに食べられるのは最高に幸せです。大きさも炊飯器より小さく、煮込みからスープまで汎用性があり、本当に買ってよかったと思う一品です。
以前に国産の電気調理器を買ったことあるのですが、凝った作りの割に各部品が中国製のせいか、水漏れや電子部品部のエラーで速攻で返品しました。これは、単純で頑丈で長く使えそうです。Amazonには置いていないのですが、テフロン加工の内がまをその内購入しようと思います。お米は美味しく炊けません。カレーを作るとしばらくニオイが取れません。難点はそれくらいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【国内正規輸入品】マルチ電気圧力鍋 Instant Pot 1台9役 Duo SV

  • 1台9役のマルチ電気圧力鍋
  • 炒める機能付
  • 低温調理(スーヴィー)機能付き
  • 25〜210℃の温度幅
  • 消費電力: 1000.0 watts
  • 発売年: 2020

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

【国内正規輸入品】マルチ電気圧力鍋 Instant Pot(インスタントポット)

  • 本体サイズ(cm):35×32×31
  • 本体重量(kg):
  • アメリカのAmazonサイバーマンデーで最も売れた電気圧力鍋が遂に日本登場
  • 1台9役 簡単操作のマルチクッカー
  • 日本語パネル / LCDディスプレイで調理進行を表示
  • 日本語の取扱説明書と100種類のレシピブック付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
アメリカで人気の万能調理器、らしいです。Amazonでも直輸入品を見かけたことがあります。
満を持して日本でも発売ということみたいですが、満を持している間に類似品がすでに日本でも発売されてしまったり…。

届いて驚いたのは、でかっ!てことですが、6リットルだったらそりゃそうですね。さすがはアメリカンサイズ(更に上の8リットルもあるようです)。
日本の一般的な家庭なら一番小さい3リットルが丁度いいかも。
電源ケーブルにはデスクトップPC用で使うようなものが付属しています。
デザインは質実剛健な感じで可もなく不可もなしといった感じですが、パネルデザインはちょっとダサいかなぁ。
操作はボタンで行いますが、広い液晶画面が付いているので使いやすいです。
内釜は無塗装のステンレス。
フッ素加工よりも使い勝手は落ちるけど、経年でフッ素がダメになる心配はないし、金属ヘラなんかも使えるので「あり」だと思います。
ちなみに、スプーンとしゃもじも付属しています。レシピブックや蒸し台も。

機能面では、9in1とあるように、圧力調理、低温調理、スロークック、発酵、炊飯、そして炒めることまでできるので、調理がほとんどこれだけで完結するという感じです。
炒め調理をする機会は比較的多いわりに、この機能がある電気圧力鍋って少ないようです。
圧力調理でも、圧力の調整ができ玄人向きです。
時短に関して言えば、高圧にもできるので、電気圧力鍋としては比較的短い時間で調理できますが、そうは言っても加圧→圧力→減圧で、結構時間は掛かります。
調理中、気にかけておく必要がない=ほかのことができるという意味では時短ですが。

ちょっと困るかなと思うのは、置き場所です。
台の上ならOKですが棚などでは使いにくそう。それ自体が大きいこともありますが、湯気が出たり、炒めるときにも狭いとやりにくいので。
調理によっては湯気もでるので換気扇か窓がそばにあるとベターです。
あと内釜や蓋を洗うときには少々苦労します。単純にでかいので。

使い勝手に関しては、例えばアイリスオーヤマがほぼ同じ機能で(圧力を調整することはできませんが)細かく温度設定などもできるので、そちらのほうが使いやすいと感じる人もいるかも知れません。
設定温度を自分で考えるのは面倒くさい、という人には、こちらのほうが向いていそうです。
また、6リットルというサイズは国内メーカーではたぶんないと思うので、大家族やお客さんが多い家庭などで大きなものが必要な場合にはいいでしょう。
いずれにしても、これだけ何でもできて2万円を切るというのはお買い得感があります。
ほったらかせるのも便利ですし、ガスコンロの出番も確実に減りました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
重量約6.7キログラム、ほぼ円筒形で高さ320ミリ×直径330ミリほど。

圧力調理はもちろんのこと、肉料理、スープ、炊飯、おかゆ、豆料理、蒸し料理、スロークック(おでんや鶏ハム)、ヨーグルト、野菜料理、メインディッシュ的料理、ご飯もの(リゾットなど)、デザートまで作れる、万能型の電気圧力釜です。ガスによる加熱ではなく電気式ですので、火を使う際のリスクを気にしなくても済むのがありがたいところ。もっとも内圧放出をする時をはじめ、正しい使い方をしないと火傷の危険性がありますので、説明書をよく読んでから使うようにしないといけません。

調理プログラムには多様な調理法が用意されていますので、主食のご飯からスープ、煮物、そして炒め物や蒸し物まで自由自在。普通の炊飯器を流用して蒸し料理を作るという裏技的な料理法が流行っていますが、この釜ならば裏技ではなく正規技として、炊飯もできるし煮物もできる次第。オーブンレンジと同じ感覚で、ケーキなども作れるので、料理の幅が広がります。

下ごしらえなどは必要ですが、基本的に釜を作動させたら指定した時間が経過するまでは放置でよく、時間が経ったら完成という電子レンジのような調理法のものがほとんどですので、単に圧力釜としての調理時間の短縮だけでなく、調理時間中は手をかける必要が無いのも大いに時間の有効活用に役立つことでしょう。

付属のレシピ本には多様な料理が盛りだくさん。圧力釜でこんなものまで作れるのかと驚かされます。調理そのものは釜にお任せですので、正しい材料と量、切り方などの下ごしらえさえできれば、書かれてある通りの料理がさくりとできあがることでしょう。なおレシピにある料理の中には、別売りのガラス蓋(今品用ならば6.0リットル向けのISP3005)が必要なものもありますので、合わせて調達しておいた方が無難かと。

商品説明では世帯での料理の時短を大いにうたっていますが、一つの調理器具で多様な使い方ができるとの観点では、電子レンジ同様に一人暮らしにおいても頼りになる存在だと思います。一方で、一人暮らしには容量6.0リットルは大きいかな、というのも正直なところ。同シリーズで半分のサイズの容量3.0リットルのものも出ているので、考えどころではあります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

コイズミ マイコン電気圧力鍋 2.0L 6種類自動メニュー ワンタッチ 55品搭載レシピブック付き

  • ”はじめての圧力鍋”でもマイコン&5段階圧力で「簡単・時短」本格煮込み。
  • 満水容量3.0L、コンパクトで大容量!
  • 本体サイズ:幅27.5×奥行31×高さ27.5cm
  • 本体重量:3.9kg
  • 自動メニュー:6つ(角煮、肉じゃが、おでん、炊飯、玄米、カレー)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
某テレビで紹介されてた商品で気になったのでAmazonで商品調査→機能的にも十分な上想像してたより安価→即購入。

衝動買いに近い購入でしたが、実際使ってみると「便利」「時短」「美味しい」の三拍子で今まで使ってこなかったのが悔やまれる程の便利家電でした。

よくテレビのグルメ番組で「6時間煮込んでトロトロの豚の角煮・叉焼」とかのフレーズを聞きますが、この電気圧力鍋を使うと「6時間も煮込んでバカじゃぁねーの」と鼻で笑うような感じになりますよw

角煮や筑前煮のような根菜煮込み料理も圧力変えると15分程度で6時間以上煮込んだような仕上がりになります。

また、調理に掛かる時間が短いので電気代も掛からず、ガスじゃないので換気扇を回す必要も無く目を離しても安全で、湯気も殆ど出ないのでキッチンに匂いが充満することも無い。

まさに良い事尽くめの調理家電で生活サイクル自体が変わりますよ~ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
電気圧力鍋コイズミKSC-4501で小豆を煮る。
材料は、小豆250g、砂糖230g、塩ひとつまみ。
レシピには調理時間は圧力調理は10分+8分とあるのだが、
実際には蒸気圧力が設定まで上昇するまでの時間と、
調理後に保温で圧力が下がる時間がかかる。
つまり時短ではない。

この鍋で小豆の調理をすると1時間以上かかるから、
普通の圧力鍋&ガス火のほうが早くできる。
しかしほっとける気楽さが、この圧力鍋の良いところだ。

自動メニュー以外に、手動で圧力を5段階に設定して時間を自由に設定しスタートすれば良いので、調理の自由度もある。
蒸気音の静音化とか、蒸気のツユ受けなども便利で楽。
電源コードも磁石付きで取り扱いが楽。
鍋もフッ素加工で洗いやすい。
この鍋に合わせた樹脂製お玉も使いやすい。
コイズミの前のモデルよりも若干容量が増え3リットル、調理容量は2リットルまで可能だ。

さて肝心の小豆の味は、いつもどおりに美味しいのでOKだ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【シロカ公式ストア限定】シロカ 電気圧力鍋 SP-4D151 ホワイト [大容量...

 
 
Users Voice
以前製造終了商品を愛用していました。2度の内蓋つけ忘れ浸水を経験し、2度目で修理せず泣く泣く廃棄となりました。
今回は4リットルと容量が多いタイプといくつか改良された様だったので、再購入に踏み切りました。
いやー買い直して良かったです。大きくなったので家族四人分、本気の一品が放置で作れるのこれ魅力です。
圧力の時間は少ないも準備、ピンの上がるで、終了しピンの下がるまで、と全体としてはガスコンロと同じくらいかかります。
張り付かずに表示とピンさえ確認出来れば、ほっと置けるので安心です。
パッキンの緩みチェック・内蓋のセットももう忘れません。壊したくないから(^o^;)
メニュー的に無水カレーは絶品です。セロリ人参トマトじゃがいもも2歳の娘はペロリ。肉はどちらがと言うとシットリではなくホロホロとなります。
煮豚もバラとロースで比べてみましたが、ロースは時間多めだとよりホロホロ崩れ。バラの時間通りが家族の好みでした。
カレー、肉じゃが、おでん煮物類、自己流ひじき、どれも失敗ありません。
温め直しもできて、帰りの遅い家族にもスイッチ1つで温め直してもらっています。
もう壊さないように愛用して行かないと…メニューのバリエーションも広げるのも楽しみの1つです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
初めて圧力鍋を購入しました。直火で使うタイプは火加減などが難しそうだったので電気で使えるこちらのタイプを選びました。
まず箱を開けたときの第一印象は「おしゃれ」でした。見た目に惹かれたことも購入のポイントだったのですが、思った通りのデザイン性の良さでした。見た目が良いので、キッチンに並んでいてもおしゃれでいいと思います。
届いたその日にさっそく豚の角煮を作りました。材料を切って鍋に入れてボタンを押すだけ!!なんて簡単なのかと感動しました。
下準備から圧を下げる?まで1時間ちょいくらいでしょうか。そのあと食事まで少し時間が空いても保温機能のおかげで温かなまま食卓に出すことができました。
お味はというと、肉は箸でさわるとホロっとほぐれるくらい柔らかく、味もしっかりしみていました。また、一緒に煮た大根も何時間も煮込んだかのような味のしみ具合&柔らかさ。子供も喜んで食べていました。
付属のレシピ本に出ている料理もどれもおいしそうなので、まずはこの本の料理をどんどん作ってみたいと思います。
普段なかなか料理に時間をかけることができないので、これがあれば日々の料理がとても楽になりそうです。なんでもっと早く買わなかったのかとも思いますが、その分これからたくさん活躍させたいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ティファール マルチクッカー クックフォーミー 6.0L CY7011JP

  • サイズ(約):幅38×奥行35×高さ32.5cm
  • 電源:100V 50/60Hz
  • 消費電力:1200W
  • 保証期間:1年
  • 付属品:中カゴ(蒸し料理用)、炊飯用計量カップ、クイックスタートガイド
  • 容量:6L、コード長さ:約1.5m
  • 本体重量(kg):6.5

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
   

大容量(3L以上)の電気圧力鍋 新型・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「大容量(3L以上)の電気圧力鍋」新型・高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.5)
総評価数 179件
2
(4.4)
総評価数 380件
3
(4.3)
総評価数 501件
4
(4.3)
総評価数 499件
5
(4.3)
総評価数 328件
 

【国内正規輸入品】マルチ電気圧力鍋 Instant Pot(インスタントポット)

  • 本体サイズ(cm):35×32×31
  • 本体重量(kg):
  • アメリカのAmazonサイバーマンデーで最も売れた電気圧力鍋が遂に日本登場
  • 1台9役 簡単操作のマルチクッカー
  • 日本語パネル / LCDディスプレイで調理進行を表示
  • 日本語の取扱説明書と100種類のレシピブック付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
アメリカで人気の万能調理器、らしいです。Amazonでも直輸入品を見かけたことがあります。
満を持して日本でも発売ということみたいですが、満を持している間に類似品がすでに日本でも発売されてしまったり…。

届いて驚いたのは、でかっ!てことですが、6リットルだったらそりゃそうですね。さすがはアメリカンサイズ(更に上の8リットルもあるようです)。
日本の一般的な家庭なら一番小さい3リットルが丁度いいかも。
電源ケーブルにはデスクトップPC用で使うようなものが付属しています。
デザインは質実剛健な感じで可もなく不可もなしといった感じですが、パネルデザインはちょっとダサいかなぁ。
操作はボタンで行いますが、広い液晶画面が付いているので使いやすいです。
内釜は無塗装のステンレス。
フッ素加工よりも使い勝手は落ちるけど、経年でフッ素がダメになる心配はないし、金属ヘラなんかも使えるので「あり」だと思います。
ちなみに、スプーンとしゃもじも付属しています。レシピブックや蒸し台も。

機能面では、9in1とあるように、圧力調理、低温調理、スロークック、発酵、炊飯、そして炒めることまでできるので、調理がほとんどこれだけで完結するという感じです。
炒め調理をする機会は比較的多いわりに、この機能がある電気圧力鍋って少ないようです。
圧力調理でも、圧力の調整ができ玄人向きです。
時短に関して言えば、高圧にもできるので、電気圧力鍋としては比較的短い時間で調理できますが、そうは言っても加圧→圧力→減圧で、結構時間は掛かります。
調理中、気にかけておく必要がない=ほかのことができるという意味では時短ですが。

ちょっと困るかなと思うのは、置き場所です。
台の上ならOKですが棚などでは使いにくそう。それ自体が大きいこともありますが、湯気が出たり、炒めるときにも狭いとやりにくいので。
調理によっては湯気もでるので換気扇か窓がそばにあるとベターです。
あと内釜や蓋を洗うときには少々苦労します。単純にでかいので。

使い勝手に関しては、例えばアイリスオーヤマがほぼ同じ機能で(圧力を調整することはできませんが)細かく温度設定などもできるので、そちらのほうが使いやすいと感じる人もいるかも知れません。
設定温度を自分で考えるのは面倒くさい、という人には、こちらのほうが向いていそうです。
また、6リットルというサイズは国内メーカーではたぶんないと思うので、大家族やお客さんが多い家庭などで大きなものが必要な場合にはいいでしょう。
いずれにしても、これだけ何でもできて2万円を切るというのはお買い得感があります。
ほったらかせるのも便利ですし、ガスコンロの出番も確実に減りました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
重量約6.7キログラム、ほぼ円筒形で高さ320ミリ×直径330ミリほど。

圧力調理はもちろんのこと、肉料理、スープ、炊飯、おかゆ、豆料理、蒸し料理、スロークック(おでんや鶏ハム)、ヨーグルト、野菜料理、メインディッシュ的料理、ご飯もの(リゾットなど)、デザートまで作れる、万能型の電気圧力釜です。ガスによる加熱ではなく電気式ですので、火を使う際のリスクを気にしなくても済むのがありがたいところ。もっとも内圧放出をする時をはじめ、正しい使い方をしないと火傷の危険性がありますので、説明書をよく読んでから使うようにしないといけません。

調理プログラムには多様な調理法が用意されていますので、主食のご飯からスープ、煮物、そして炒め物や蒸し物まで自由自在。普通の炊飯器を流用して蒸し料理を作るという裏技的な料理法が流行っていますが、この釜ならば裏技ではなく正規技として、炊飯もできるし煮物もできる次第。オーブンレンジと同じ感覚で、ケーキなども作れるので、料理の幅が広がります。

下ごしらえなどは必要ですが、基本的に釜を作動させたら指定した時間が経過するまでは放置でよく、時間が経ったら完成という電子レンジのような調理法のものがほとんどですので、単に圧力釜としての調理時間の短縮だけでなく、調理時間中は手をかける必要が無いのも大いに時間の有効活用に役立つことでしょう。

付属のレシピ本には多様な料理が盛りだくさん。圧力釜でこんなものまで作れるのかと驚かされます。調理そのものは釜にお任せですので、正しい材料と量、切り方などの下ごしらえさえできれば、書かれてある通りの料理がさくりとできあがることでしょう。なおレシピにある料理の中には、別売りのガラス蓋(今品用ならば6.0リットル向けのISP3005)が必要なものもありますので、合わせて調達しておいた方が無難かと。

商品説明では世帯での料理の時短を大いにうたっていますが、一つの調理器具で多様な使い方ができるとの観点では、電子レンジ同様に一人暮らしにおいても頼りになる存在だと思います。一方で、一人暮らしには容量6.0リットルは大きいかな、というのも正直なところ。同シリーズで半分のサイズの容量3.0リットルのものも出ているので、考えどころではあります。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

パナソニック 電気圧力鍋 3L(満水容量3L/調理容量2L) 圧力/低温/無水/煮込/自動調理

  • 本体サイズ(幅×奥行×高さ):27.8×29.2×27.0cm
  • 付属品:計量カップ,おたま,蒸し板
  • 圧力調理で時短&手軽な本格調理。
  • 素材本来の栄養とうまみをいかす「無水調理」&「ヘルシースープ」コース搭載。
  • キッチンに馴染むコンパクトサイズ。
  • コード長さ:1.0m
  • 容量:約3.0(満水容量)L、約2.0(調理容量)L

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
今まであまり聞いたことが無いメーカーの電気圧力鍋を使っていたが、そろそろ新調しようとちょっとだけ奮発して家電量販店で購入させていただきました。

使用感としては、前に使っていた電気圧力鍋とは次元が違うほど良いです。
おそらく、電気圧力鍋のなかでもかなりのハイグレードなクオリティだと思うほどすごい。
豚の角煮からデザートのプリンなど、意外とシンプルな色々な料理を作れます。
これ一台で令和乗り越えられそうなレベルで何でもできるという感じです。

総評としては、色々な料理ができるのはもちろんですが、パワーがすごい一台だと思います。満足! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
自動調理は材料投入だけでほぼ出来上がるので、あとはどれくらい煮込むかを調整しています。(角煮は圧力調理だけではあっさりでしたので10分煮込みをしたら家族に喜ばれました)
無水カレーは材料目いっぱいになりましたが、しっかり圧力がかかる時間を25分程度にしたらしっかり煮込めていました。その後に市販カレールーを混ぜて完成です。
電気圧力鍋は音も静かで、大きさも手ごろですので、妻の料理に1品加えることができました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ティファール 電気圧力鍋 ラクラ・クッカー コンパクト ブラック CY3508J...

  • サイズ:幅26×奥行28.5×高さ28.3cm
  • 本体重量:4.18kg
  • 調理モード:10種類
  • 容量:3L(2~4人分)
  • 12時間までの予約調理、保温(24時間)、再加熱(3分)が可能
  • 圧力(高圧):70kPa

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
大容量なのに予想してたより本体も鍋も軽く扱いやすく、丸くて綺麗なデザインなので大きさもあまり感じなかった。取説もとても丁寧でわかりやすかった。ただし予熱時間が思ってたより長かったので、ガスよりも時短してるようには感じなかった。何よりも1番良かったことは、スタートしたら完成まで全く火を気にしなくていいこと。それが最高に楽!とても気に入りました。さすがティファールさん!

☆追記 何回かレシピを作ってみての感想

レシピ表に出てくる材料を全部入れてスタートする料理だけではないので、料理をあまりしない人は気をつけて下さい。例えば予熱して焼き目をつけてから調味料を入れて圧力調理をする肉料理や、水・酒・醤油・みりんなど先に煮立たせて味噌を入れ、そのあとに鯖を入れてから圧力調理をする鯖の味噌煮など色々なパターンがあるので、基本的な料理知識もないと勘違いしてあわてることになります。材料を入れてスイッチ1回だけのレシピは簡単ですが、工程のあるレシピは画面のナビゲーションだけでは少しわかりにくいものがあります。CLUB T-falサイトにあるクックフォーミーのレシピ検索で予習してから調理するといいと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
クックフォーミー かヘルシオ、どちらにするかかなり悩んだ結果、クックフォーミー で大正解でした。我が家は四人家族の男の子2人。私は専業主婦なので、作り始めから終わりまでの時間がいかに短いかが1番の購入ポイントでした。ヘルシオは朝セットにして夜帰宅したら出来上がり。これも捨てがたい選択でしたが、調理時間は通常の料理法より時間がかかるとのことで、諦めました。2人から4人分の料理が出来るとのことで独身者や共働き世帯には魅力的だと思います。クックフォーミー のレシピはメイン料理がオススメです。ガッツリ系やお洒落な洋風レシピが沢山有ります。そして、レシピ本が汚れてしまう事がなく、本体のパネルで調理出来てしまうので本を見ながら探す手間がありません。時間を買う、手間を省く、簡単操作などシンプルライフ&ミニマルライフを重視されてる方にはかなりオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 4.0L 自動メニュー90種類 2WAYタイプ グリル鍋

  • 商品サイズ(cm):幅約32×奥行約33.4×高さ約23.2
  • 電源:AC100V(50/60Hz)
  • 消費電力:1000W
  • 炊飯容量:白米 6合、玄米 4合
  • 付属品:白米用計量カップ(1合)、蒸しプレート、電源コードセット、レシピブック、ガラスふた

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
居酒屋メニューにあった低温調理した鶏レバーをどうしても食べたくて、低温調理のために購入しました。4リットルの黒のモデルを、プライムデーで2万円程度で購入しました。
もちろん低温調理だけでなく、冬場は家族や友人と鍋料理を食べたり、付属のレシピブックに載っているよだれ鶏や煮物なども作りました。
少し高価な買い物になるため、購入しようか迷いましたが、使い勝手がよくとても満足しています。おすすめできる商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
サイズが2種類ありますが、大きいサイズを選んだほうが良いです。
たとえ一人暮らしであってもです。
サイズ感は実物を見るのが一番ですが、
amazon で買う人の大多数は実物は見ないでしょう。
そんな人の為にサイズ感を知る方法として、炊飯器があればその内釜の大きさをイメージすると良いと思います。
小さい方は3合炊き、大きい方は6合炊きです。
3合炊きの内釜が小さいと感じる人は、大きいサイズを買った方が良いです。
なお圧力鍋を使う場合、鍋の8割程度までしか使えないので、
そのことも考慮に入れて選んで下さい。
ちなみに、蒸調理なども出来ますが、
その場合大きいサイズでも窮屈に感じます。

また、自動メニュー数の違いがありますが、
自動メニューはモード(圧力鍋、蒸し調理など)と時間がプリセットされているだけです。
時間に関しては、具材の量や品種の違いによって増減したりするので、
結局は手動でセットする事が多くなります。自動メニューはいらないと思います。
つまり、付属のガラス蓋が要らないならば、安い方で十分です。
どうしてもガラス蓋が欲しいなら、ホームセンター等で単体で購入する手段もあります。

これで米を炊く場合、標準設定だと硬めに炊きあがります。
個人的には硬めが好きですが、それでも硬めに感じます。
ふっくら柔らかめが好きな方は、水の量や時間の調整が必要です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

【国内正規輸入品】マルチ電気圧力鍋 Instant Pot(インスタントポット)

  • 3リットル
  • 本体サイズ(幅×奥行×高さ):29cm×25.5cm×28.5cm/本体重量:3.7kg
  • アメリカのAmazonプライムデーで10万台売れた電気圧力鍋が遂に日本上陸
  • 1台7役 簡単操作のマルチクッカー / 日本語パネル
  • 圧力/煮込む/炒める/蒸す/炊飯/スロークック/ヨーグルトメーカーがこれ1台で
  • ディスプレイには「10種の自動調理プログラム」と「調理方法」を記憶するメモリー機能搭載
  • 食材を入れてパネルから使いたいボタンを押すだけ。ほったらかしで時短調理を実現
  • 日本語の取扱説明書と100種類のレシピブック付き

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
電気式ではないものの、すでに持っている圧力鍋。今更必要?そう思って、購入を踏みとどまっていましたが、「セットしたらほったらかしできる」、「加圧中の音が静か」という口コミから、タイムセールという後押しで購入しました。

結論からいうと、買って良かった。
犬の散歩中に料理が出来る。セットしたら見張っていなくて良い。音も口コミどおり、一般的な圧力鍋とは違って音が静か。怖くない。

電気圧力鍋を使ったレシピを探すほど、ハマっています。
もうしばらく使ってみて、このまま出番がなさそうなら、ガス式の圧力鍋を処分しよう。
炊飯器は・・・個人的には不要だけど、家族が臭い移りを気にするようなら、保留かな。

某有名テレビショッピングの電気圧力鍋と迷いましたが、あちらは炒め調理時間が3分しか使えず、何度もボタンを押さなければならないのが面倒そうだったので、その手間が不要なこちらにして、良かったとつくづく思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
留守がちにすることが多いので、不在時に調理できて、帰宅すると出来上がってすぐに食べられるのは最高に幸せです。大きさも炊飯器より小さく、煮込みからスープまで汎用性があり、本当に買ってよかったと思う一品です。
以前に国産の電気調理器を買ったことあるのですが、凝った作りの割に各部品が中国製のせいか、水漏れや電子部品部のエラーで速攻で返品しました。これは、単純で頑丈で長く使えそうです。Amazonには置いていないのですが、テフロン加工の内がまをその内購入しようと思います。お米は美味しく炊けません。カレーを作るとしばらくニオイが取れません。難点はそれくらいです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

大容量(3L以上)の電気圧力鍋 最新の低価格(安い)の5製品詳細

以下が「大容量(3L以上)の電気圧力鍋」最新の低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/04/23 更新)
 

MOOSOO(モーソー) MP30 電気圧力鍋 3.0L 14種類自動メニュー ...

  • 【簡単3STEPで時短調理】MOOSOO電気圧力鍋MP30は、簡単3STEPで毎日のご飯が時短で完成!その間に別の家事や仕事ができます。料理初心者の方も美味しい料理がたくさん作れます。電気を使うため、火事の危険性や焦がす心配がなく、安全に料理することができます。一人暮らしの方や主婦の方など、幅広い方におすすめします。
  • 【14種類の自動メニュー搭載】本格料理が楽しめる、1台14役のコンパクトなMOOSOO電気圧力鍋MP30!肉・豆・野菜料理からスイーツなどまで、普段の料理から本格調理まで、豊富なメニューをボタン1つで簡単に作れる。ほったらかしで時短調理を実現。これ1台あれば、いろいろな料理を作ることができる。
  • 【圧力・予約設定対応&保温・記憶機能付き】 圧力と予約時間が設定できるので、お好きな料理をお好きな時間に出来るので楽しめます。調理が終わった後、自動的に保温状態になるので、できあがった料理を温かいまま保温できる。ディスプレイには「調理方法」を記憶するメモリー機能搭載。食材を入れてパネルから使いたいボタンを押すだけ。
  • 【簡単お手入れ】電気圧力鍋には欠かせないお掃除も、分解できるから、隅々までお手入れが可能、キレイに保てます。外した蓋が本体のスリットにさして立てられるのはすごく便利!パッキンも簡単に外せて丸洗いできます。本体はウエットティッシュで拭けますので、ほとんど汚れてません。
  • 【安心のご利用・1年間メーカー保証】電源プラグが外せるので、お手入れの際も収納時もらくらく。内鍋はフッ素加工がされていますので、汚れがつきにくいです。また、自動シャットダウン保護機能が内蔵され、安全にご使用できます。❤1年間メーカー保証 (※ご注文日から2ヶ月以内にMOOSOO会員になると、更に12ヶ月の延長保証が付きます。詳細はご購入いただいた販売店のアフターサービスにご確認ください。店舗詳細ページの「質問する」の所でお問合わせ頂ければ、速やかに対応させていただきます。 )

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
高齢の母へのプレゼントに、火を使わずに調理できるこちらを購入。1台で14役の調理ができ、とてもコンパクトなので置き場所にも困らず本格的な料理もメニューボタン1つで簡単に作れます。高齢なので操作が心配でしたが、簡単なのですぐに覚えてもらえ、ほったらかしで調理完了なところも気に入ってくれたのでうちにも購入しようかと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
思った以上よかったです!早速豚足作りました、普段1時間ぐらいかかりますがこの鍋で35分で柔らかく出来上がり、鍋の大きさもちょうど良く簡単に料理できて洗い物も少ないので楽です!これから色々作ってみたいと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイリスオーヤマ 電気圧力鍋 3.0L 12種類自動メニュー搭載 予約調理対応 ホワイト

  • 商品サイズ(cm):幅約29.3×奥行約27.6×高さ約28.4
  • 電源: AC100V(50/60Hz共用)
  • 定格消費電力: 700W
  • 付属品: ・白米用計量カップ(1合) 原料樹脂:ポリプロピレン、耐熱温度: 120℃、容量: 180ml
  • 炊飯容量: 3合●最高圧力: 70kPa●調理容量:約2.0L●満水容量: 3.0L●電源コード:約1.0m●自動メニュー: 12種類●手動メニュー:圧力調理/温度調理/無水調理
  • 本体重量(kg):3.7

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
もともと、ホットクックが欲しかったのですが、あんなに高いのは買えないので、この電気圧力鍋と同じくアイリスオーヤマのスロークッカーを買いました。たった3000円弱で煮込み料理限定といえど、ほったらかし料理ができるスロークッカーで大満足していたのですが、スロークッカーは実作業の時短にはなるのですが、調理時間の時短にはならないという弱点があり、これを克服できるものはないかと考え、この製品を入手しました。
これまたアイリスオーヤマの特製なのか、スロークッカーの時と同様で、付属の説明書に載ってるレシピが少ないです。
そこら辺を省いて、物自体に特化して、値段を下げるという戦略だと思うのですが、そこから辺が利用者を選ぶというか、私はスロークッカーをしばらく使ってから、こっちの製品に入ってるので、だいぶ経験値があるのですが、
そうじゃない人が、いきなりこの製品を買うと、人によっていは説明書にあんまり書いてないから、「カレー以外、何が作れるんだ」ってなってしまうかもしれません。
そんな人向けに、書くとおくと、スロークッカーと同じことが言えますが、炊飯器系のレシピ本や、タイトルに「煮込」とつく本、タイトルに「スープ」とつく本が使えます。
これらをみて、なにを作るのか考えるのが楽しみすぎます。
材料切って、時間設定すれば、あとは何もしなくていいホットクック的な調理ができるので、普通の調理に比べたら、火の面倒をみることがないところが大変楽なので、その分、あれをつくってみたい、これを作ってみたいと、いろいろ作ってみたく、レシピ本を見るのが、とても楽しいです。
製品が来て驚いたのが、自動メニューの場合、数字で選択するのですが、1番が炊飯で、それも圧力機能ではなく、普通の圧で調理するやつです。
基本は炊飯器で、それに温度管理機能と圧力鍋機能が付いたという発想なのでしょうね。
個別の機能をみると、自動設定メニューモード以外には手動設定モードで圧力鍋のモードと通常圧の温度設定のモードと無水料理モードがあります。
圧力鍋機能は、圧をかける時間を設定すると、それに30~40分たした時間が全体料理時間として、自動設定されるので、思ったより時間がかかるのが、難点ですが、さばの味噌煮が、自分は40分間圧をかけましたが、骨までやわらかく食べれたのには感動しました。まぁ、これはスロークッカーでも同じことが長時間かけてできはしますが。
温度設定のモードを一番よく使ってます。100度設定で通常の鍋としてつかったり、95度の設定で沸騰一歩手前でスロークッカー的に使ったりしてますが、便利なのが、60度あるいは65度設定での鳥ハムづくりと温泉玉子作りが捗り、らくちんで楽しすぎます。
豚のチャーシューを低温調理的に作りたいのですが、世の中に出回っているレシピは63度というものが多いようで、5度単位刻みのこの製品でどうやるか試行錯誤中です、60度2時間でやったら、1,2か所、生っぽいところがあったので、そこを切り落として、食べました。おいしかったのですが、安全なのか微妙で、いま、いろいろ試行錯誤中です。
無水料理モードは、説明書にまったくレシピが載っておらず、無水料理モードがどんなモードなのかの説明もないので、まったく使えていません。ここは非常に残念なところです。せめてどんな動作をするモードなのかを書いてもらえば、自分で使い道を考えるのに。無水料理というものを検索すると、定圧定温調理ということなので、圧力鍋モードほど圧力をかけないまでも、なるべく湯気を逃さず、沸騰してから、弱火に切り替えるというモードなのだろうと推測しますが、これも図書館で無水料理の鍋もレシピ本でも借りてきてから、今後、試行錯誤してみたいと思います。
この製品が来てから、料理を考えるのも楽しいですし、スイッチ入れてから、出かけられるのも、めちゃくちゃ楽ですし、それ以外にもこの製品が来たことで、ガスコンロが1つ空いたというのも、意外なメリットでした。
おかげで、普段べちゃっとしがちなチャーハンを家族全員分を2つのフライパンで半量づつ同時に調理してぱらっと仕上げるというバカみたいな贅沢な使い方もできたりしました。
生活の幅が広がるので、この製品とてもおすすめです。
あとは、温度設定モードの温度設定が1度刻みだったらなぁとは思いますが、チャーシュー以外は不便してないので、概ね満足してます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
直ぐに、届きました。さっそく、ご飯を、炊きました、お米か、一粒づつはっきりしていて、もっちりして、甘みもアリ、大変美味しく、頂きました、買って良かったです! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

屋外の圧力調理器4Lアルミキャンプポット高高度利用可能な圧力調理器爆発鍋爆発鍋、...

  • □ハイグレードクラックアルミ合金材料、耐摩耗性、耐摩耗性、均一な熱伝導、屋外、ピクニックなどの活動に使用されます。
  • □左安全弁の設計、安全で効率的で高品質の食品、一流のスープとシチュー効果、新鮮な食材の完璧な保存、人生の美しさを楽しむ
  • □シーリングリングは高品質のシリコーンゴム製で、衛生的で安全で耐久性があります。製品は安全で信頼性があり、フライパンの危険性はありません。
  • □口の真円度を確保し、口の硬さを高め、衝突防止能力を向上させるためのネッキングプロセスを採用
  • □作動圧力が効果的に増加し、調理時間は同様の圧力調理器と比較して3分の1だけ減少します。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

コイズミ マイコン電気圧力鍋 2.0L 6種類自動メニュー ワンタッチ 55品搭載レシピブック付き

  • ”はじめての圧力鍋”でもマイコン&5段階圧力で「簡単・時短」本格煮込み。
  • 満水容量3.0L、コンパクトで大容量!
  • 本体サイズ:幅27.5×奥行31×高さ27.5cm
  • 本体重量:3.9kg
  • 自動メニュー:6つ(角煮、肉じゃが、おでん、炊飯、玄米、カレー)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
某テレビで紹介されてた商品で気になったのでAmazonで商品調査→機能的にも十分な上想像してたより安価→即購入。

衝動買いに近い購入でしたが、実際使ってみると「便利」「時短」「美味しい」の三拍子で今まで使ってこなかったのが悔やまれる程の便利家電でした。

よくテレビのグルメ番組で「6時間煮込んでトロトロの豚の角煮・叉焼」とかのフレーズを聞きますが、この電気圧力鍋を使うと「6時間も煮込んでバカじゃぁねーの」と鼻で笑うような感じになりますよw

角煮や筑前煮のような根菜煮込み料理も圧力変えると15分程度で6時間以上煮込んだような仕上がりになります。

また、調理に掛かる時間が短いので電気代も掛からず、ガスじゃないので換気扇を回す必要も無く目を離しても安全で、湯気も殆ど出ないのでキッチンに匂いが充満することも無い。

まさに良い事尽くめの調理家電で生活サイクル自体が変わりますよ~ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
電気圧力鍋コイズミKSC-4501で小豆を煮る。
材料は、小豆250g、砂糖230g、塩ひとつまみ。
レシピには調理時間は圧力調理は10分+8分とあるのだが、
実際には蒸気圧力が設定まで上昇するまでの時間と、
調理後に保温で圧力が下がる時間がかかる。
つまり時短ではない。

この鍋で小豆の調理をすると1時間以上かかるから、
普通の圧力鍋&ガス火のほうが早くできる。
しかしほっとける気楽さが、この圧力鍋の良いところだ。

自動メニュー以外に、手動で圧力を5段階に設定して時間を自由に設定しスタートすれば良いので、調理の自由度もある。
蒸気音の静音化とか、蒸気のツユ受けなども便利で楽。
電源コードも磁石付きで取り扱いが楽。
鍋もフッ素加工で洗いやすい。
この鍋に合わせた樹脂製お玉も使いやすい。
コイズミの前のモデルよりも若干容量が増え3リットル、調理容量は2リットルまで可能だ。

さて肝心の小豆の味は、いつもどおりに美味しいのでOKだ。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

ワンダーシェフ 家庭用マイコン電気圧力鍋 3L 【浜田陽子クッキングブック付き】

  • サイズ:約幅30.4×奥行27×高さ27.8cm
  • 電源:AC100V 50/60Hz
  • 消費電力:750W
  • 保証期間:1年間
  • セット内容・付属品:本体、取扱説明書、クッキングブック、掃除ピン、しゃもじ、おたま、計量カップ
  • 作動圧力:70kPa
  • 本体重量(kg):3.7

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
       

関連:コンパクトタイプ(1-2L)の電気圧力鍋

以下ではコンパクトタイプ(1~2リットル程)の電気圧力鍋についてもまとめています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:エッグスチーマー(ゆで卵器)の人気製品

以下では、ゆで卵専用ですが、より安価に楽ちん調理できる「エッグスチーマー」の人気製品もまとめています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました