【2021年最新】インパクトドライバー「人気・高評価のおすすめ20製品」

DIY・工作にかかせない工具「インパクトドライバー」。

こちらでは強力なビス止めが可能となる「インパクトドライバー」の人気・おすすめ製品を紹介していきます。

Contents

インパクトドライバー 人気・売れ筋の10製品詳細

以下が「インパクトドライバー」人気・売れ筋の10製品詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(4.6)
総評価数 1077件
2
(4.6)
総評価数 124件
3
(4.2)
総評価数 682件
4
(4.3)
総評価数 1275件
5
(4.4)
総評価数 682件
6
マキタ インパクトドライバTD149(18V)ライム トルク165Nm バッテリ等別売 TD149DZL...
発売日 2015/09/10
通常 19,100円
現在 13,780円
5,320円(28%)OFF!!
(4.3)
総評価数 359件
7
マキタ インパクトドライバTD171(18V)赤 トルク180Nm バッテリ等別売 TD171DZAR...
発売日 2018/01/30
通常 25,520円
現在 22,920円
2,600円(10%)OFF!!
(4.6)
総評価数 1712件
8
(4.5)
総評価数 805件
9
(4.6)
総評価数 260件
10
(4.3)
総評価数 546件
 

マキタ ペン型インパクトドライバTD022(7.2V)白 トルク25Nm 1.5...

  • ネジ締め能力:小ねじ(M3~M8)、ボルト(M3~M8)、高力ボルト(M3~M6)、コーススレッド(22~45mm)
  • 最大締付けトルク:25N・m
  • 回転数:0~2,450回転/分
  • 打撃数:0~3,000回/分
  • 本機寸法(折り曲げ時):長さ227×幅42×高さ144mm
  • 本機寸法(ストレート時):長さ282×幅42×高さ52mm
  • 質量:0.55kg(バッテリー含む)
  • 標準付属品:+ビット(2-45)
  • 1充電当たりの作業量(目安)木ネジ(ラワン):Φ3.1×25mm 約320本、Φ4.1×45mm 約65本
  • カラー:白

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
小ねじの締め付け緩めにはこの道具が一番最適だと感じています。
この部分に関しては大は小を兼ねる事はありません。
そして何よりバッテリーも当初の1Aの物から1.5Aとなり使用時間も長くなって
非常に使いやすくなりました。
何よりこの機種で一番重宝しているのはM3、M4あたりのタップ加工でしょう。
タッパーを使えば良いと思うのですが、最近はこれを持ち出す事が非常に多いです。
インパクトでタップの刃先を進めてくれるので回転力が手に伝わる事もなく
嫌なタップ折れも無く非常に快適にタップを切る事が出来るのは使い勝手の点で非常に有り難いです。
M5以上のタップはもっぱら18Vのタイプで行いますが、こちらも簡単に快適に加工が出来ますね。
そんな用途だけの為に購入しても損はない製品です。
私はこのドライバの前身であるTD020から使っていますが、バッテリーも新しくなったとは言え
旧機種にも問題無く使える点も非常に助かっています。
大きさも使い勝手も最高の製品だと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
18Vのインパクトを長らく愛用。DIY以外にもタイヤ交換時、ナットを取り外す際にこれを使うことで作業時間短縮、労力の軽減ができてすごく重宝してました。
が、家具の組み立てや家電の修理などに使うにはネジ頭をなめてしまうなどトルク調整が難しく、大きくて重いところが使いにくく感じてました。それに加齢とともに体力が落ちてきていることを実感していることもあり、思い切ってこのペン型を追加購入。
やっぱり便利です。軽量コンパクトで老体には使いやすい。それに黒色のボディが引き締まった感じでかっこ良く、まさに男のツール。買って良かった。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

HiKOKI(ハイコーキ) 第2世代36Vインパクトドライバ アグレッシブグリーン

  • 【Amazon.co.jp限定】の初回修理保証付き仕様!
  • 標準付属品:蓄電池(BSL36A18)×1個、充電器、ケース、初回修理保証書、取扱説明書
  • 使いやすさを追求!業界最速・最短・最軽量を実現!(2020年9月現在国内電動工具メーカーにおいて)(当社調べ)(36Vインパクトドライバ)
  • アンビルと軸受けの精度を向上させビット振れを低減!しっかり保持するからビットへのパワー伝達が向上!
  • 用途で選べる多彩なモード!デリケートな作業から重負荷作業まで対応!低速でも止まらない!微調整がしっかりでき、機体との一体感が向上!
  • 別売りBluetooth蓄電池(BSL36A18B、BSL36B18B)とアプリを使い自分好みのモードを作成できる!
  • 最大トルク 200N・m。最適なトルクでビットやビスの破断を抑制!
  • 無負荷回転数:0~3,700min-1 無負荷打撃数:0~4,100min-1(モードにより左記範囲内で最大回転数と最大打撃数が設定されます。)
  • 本体寸法(全長×高さ×センタハイト):116×241×29mm(BSL36A18装着時)【業界最短ヘッド長:114mm】(※2020年9月現在国内電動工具メーカーにおいて)(当社調べ)(36Vインパクトドライバ)
  • 業界最軽量質量:1.59kg(※2020年9月現在国内電動工具メーカーにおいて)(当社調べ)(36Vインパクトドライバ)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
あや〜凄い
インパクトドライバーの進化
ハイコーキ旧日立工機、ハイコーキのインパクトドライバー購入の理由は実家のカーポートと波板のやり変え使用するのに購入です。
商品のセット内容も説明通りセット内容物は
インパクトドライバー本体マルチボルトバッテリー蓄電池2個、急速充電器1個、電池カバー2個、ハイコーキインパクト収納ケース、本体取扱説明書、急速充電器取扱説明書、マルチボルトバッテリー蓄電池の取扱説明書、マルチボルトバッテリー蓄電池の2年保証書2枚、付属のドライバビットてな感じで大満足
私のフレアレッドはamazonでは品切れのようで
人気みたいで他のカラーバリエーションならまだ在庫あるみたいで凄くオススメです。
追記、マルチボルトバッテリーBluetooth対応のマルチボルトバッテリー蓄電池が届き次第、感想を述べさせて頂きます。有難う御座います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
造作大工です。
マキタ、パナ、ポッシュ、マックスのインパクトドライバーを使ってきました。日立のインパクトドライバーを借りて使ったとき自分とフィーリングが合ったので今回は日立を購入しました。
36v2.5A充電池をセットしてもあまり重くなくヘッドもマキタ並みに小さいしパワーも充分、使いやすいです。
ただ購入前によく調べてなかったのですが36v製品にはマルチボルトバッテリーしか使えないことが不満です。従来の18vは使えないんですね。
ただマルチボルトのバッテリーを持っていると36v製品、18v製品の両方にバッテリーを挿せるので日立党の人には良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイリスオーヤマ 電動ドライバー インパクトドライバー コードレス 充電式 18V

  • 商品サイズ(cm)(充電池含む):幅約18.2×奥行約7.5×高さ約23.2 質量(充電池含む):約1.6kg
  • 定格電圧:dc 18v 充電池:リチウムイオン二次電池
  • ビットチャック:6角軸(2面幅6.35mm)無負荷回転数:0-2700min-1
  • 打撃数:0-3500min-1 締め付けトルク(最大):160n・m
  • 付属品/充電式リチウムイオン電池:dbl1820/充電器:dblc18:ビットセット(10種)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
机を作るために購入しました。
大工さんだった祖父から貰ったマキタ製のインパクトドライバが壊れたので、新調です。

現場で使うような高くてしっかりしたものと比べると力不足ですが、DIYなら問題なく使えます。

火花が出るため危険とのレビューもありますが、マキタ製のものも内部で火花は出ます。
ガスが充満した部屋なら確かに危ないかもしれませんが、これを使用する前に匂いで気が付くでしょう。

使用感としては前述の通り、力が若干弱いですが、木の板にネジを打つには十分です。
先にドリルで下穴を開けておくととてもスムーズです。
また、インパクトが発動したときの音がかなり大きいです。夜に使用するのは控えたほうがいいかもしれません。
バッテリーが小さくて軽いので本体は持ちやすいですが、長時間使うと疲れます。

このクオリティーで、この値段で買えるのは本当にコスパが良いのでおすすめです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
コードレス式にしてよかったです。
コンパクトで軽く、グリップも握りやすいので作業がしやすかったです。
バッテリーの充電時間も一時間未満で、特に不満はありません。
パワーもあるので個人で使うには十分な商品だと思います。

◇追記◇
父と1日かけて、縁台を作ってみました。

始めはパワー(トルク)を心配してましたが「結構やるじゃん!」と言ってました。いつも使っている14Vのインパクトはトルク有りすぎでコーススレッド(ネジ)の頭がナメテしまう事があるのですが、これは使いやすいと。

また、軽いので持っていても手が疲れなかったです。
これは約1㎏で、普段使っている物より500g軽く、グリップが細身で握りやすかったです。

使った材料は2X4用輸入材にコーススレッド65mm20本、51mm86本の合計106本。1回の充電で余裕で使えました♪ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

KIMO コードレスインパクトドライバー 20V インパクトドライバー 充電式 無段変速・正逆転両用

  • 最大トルク:300N・m、無負荷回転数:弱モード→0~1600min-1、中モード→0~2100min-1、強モード→0~2800min-1、打撃数:弱モード→0~2100min-1、中モード→0~2600min-1、強モード→0~3300min-1。締付能力:ボルト:M6~M14・[小ねじ]4~8mm。六角軸二面幅:6.35mm。強力な回転&打撃&締め付けです。【ご注意:市場標準ビットを使用してください。または、ビットを正しく挿入してください】
  • ブラシレスモーター採用、高出力+高耐久実現:ブラシレスモーター採用とギア比の最適化でクラス最大トルク、コンパクト化が実現できます! 作業スピード大幅アップ、操作性向上、作業性向上の20Vコードレスインパクトドライバーです。回転数フィードバック制御機能付き、低速域でのトルク(回転数)低下を抑制することで、安定した作業が行えます。
  • 充電式・コードレス:充電式のコードレス設計なので、場所を選ばず、様々な場所で大活躍できます。トリガースイッチを押し、ワンタッチで回転力を調整できます。さらに、無段変速、正/逆転切り替え、手元LEDライト等、必要な機能を余す事無く発揮できます!専用ケースでバッテリーや充電器、各種ビットを一気に収め、持ち運び便利です。日曜大工、本格DIYを極めます。
  • 無段変速・正逆転両用:「回転+打撃」でパワフルインパクト機構、無段変速インパクトドライバです。正逆転レバーの位置を調整することで、ビットの回転方向を切り替えできます。ネジを締め付けるだけでなく、ネジを緩めることも可能です。(ご注意:不意な始動で、ケガの恐れがありますので、使用しない時、正逆転切り替えレバーを中間の位置にしておいてください。)【ご注意:ご使用前に、必要に応じて本体両側の正逆転切り替えレバーを押してください。】
  • LEDライト搭載で暗い場所でも:LEDライトを搭載しております。トリガーを押してドライバー先端のLEDライトが点灯します。手元をしっかり照らしてくれるので、昼夜を問わず作業が可能です。コードレス充電式で持ち運びにも便利&ビットの取り付けもカンタン!女性やご年配の方にも使いやすい親切設計です。日曜大工や家具の組立て、自転車の整備などDIYに必要なビットがおおよそ揃った軽量&コンパクト&便利なインパクトドライバーセットです。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
タイトル通り、ずっと気になっていた商品です。DIYにはインパクトドライバーは欠かせませんが、マキタなどの有名メーカーなどは、値段が1万5千円前後からであったためすぐに購入するには至りませんでした。そのため電動ドライバーで何とか作業をしていましたが、パワーのなさや締め付けの強いネジなどには負けてしまい作業に支障が出ていました。本商品は価格が1万円以下、電源は20Vそしてパワーが300Nとありえない値なのに他のインパクトドライバーよりも価格が安いんです 笑。
 
 300Nに関しては色んなところを調べましたが、インパクトドライバーでこの値はこの商品以外にありません。30Nはインパクトレンチなどに相当する値です。そのためパワーに関しては半信半疑で信用しておりませんでした。またさくらのレビューが多いと他サイトで記載されていることや、アマゾン以外では無名のメーカーなのにスペックと価格が不釣り合いすぎて購入しようか悩んでおりました。
 
 そんな中でタイムセールで7900円で販売されており、思わずすぐに購入しました。このぐらいの値段であれば、少々は妥協できるかなと思ったからです。購入しての感想は、パワーが凄いです。これが300Nかと言われるとわかりませんが、ネジ締めやネジを緩める際はゆっくりと開始しないと勢い余ってとんでもないことになります 笑。 今のところ購入して後悔はないです。

 残念な点はバッテリーをした状態で収納できません。そのため改善を期待したいです。少しの改善でユーザー満足度が格段に上がるため、ぜひ検討をお願いします。まだ使用して1日であるため、星3としております。今後の使い心地から再度レビューしたいと思います。タイムセール時の購入は買いかと思われるため、購入を検討している方は参考にしていただけると幸いです。

追記1:
 購入してから大活躍で、洗車用のスポンジを取り付けて車磨きにも使用。1時間ほどは使用できます。充電も2時間ほど経つと終わっています。タイムセールで購入して大正解です。長期的に使用して耐久性はどうか、またレビューしたいと思います。星3つから星4つに上げています。

追記2:
 サポートへ連絡すると保証期間が15ヶ月に延長します。また、レビュー投稿したことを証明すると交換用バッテリーを1個無料でいただけます。これはとんでもないですね。交換用バッテリーは1つ3980円のため、付属のバッテリー1個と新たに1個いただけるとそれだけで8000円相当です。タイムセールで安く購入しているため、単純計算で本体はタダの計算。とんでもないけど、物は使えます。
 
 またサポートも丁寧で何か聞きたいことがあればきちんと返答していただけます。全てにおいて破格であるため、このメーカーが好きになりました 笑 本品のバッテリーと互換性のある製品をもっと出して欲しいですね。そうすれば、家庭内がKIMO製品で溢れていると思います。今のところ価格に対するコスパは最強のため、文句なしの星5です(星4から1つ上げています。)

追記3:
 購入してから4ヶ月が経過しました。久しぶりに使用すると本体が異常に熱くなり使用ができなくなりました。サポートに連絡するとバッテリーが少ない状態だとそういう症状が出るため、フル充電にして使用してください、と回答がありました。指示通りに行いましたが、同様の症状は改善せず。再度サポートに連絡し対応していただきました。値段が破格ですが、対応はピカイチです。本当に買って良かったと思える商品です。タイムセールで見かけたら間違いなく”買い”の商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 まずは商品レビューです。商品開封直後のレビューです。
 まずは、「短所」です。
第一印象は、トリガーを引いた反応が遅いです。ブラシレスは初めてですが、所有するマキタの「14.4V M697DSX Amazonで購入」より、明らかに反応がリニアではありません。そこに違和感を感じるのは否めませんが、DIYでは十分でしょう。
 次は「長所」です。
 ヘッド部が小さい。ブラシレスの特徴ですが、今のマキタより1cmは余裕でコンパクトになっています。この差が意外と大きい。トルクもマキタの倍あるので、グイグイ食い込んでいきます。パワーはなかなかの物ですね!。ただし付属のビットはあくまでサービスなので、専用品を使うことをお薦めします。もちろん日曜大工程度であれば十分です。
 1枚目画像は、試しに90mmのコーススレッドを打ってみました。問題なく打てます。次に2枚目画像は8mm径の太いビスを打ちました。これも問題なく打てましたし、ほっとくと木部に皿部分が、木にグイグイ食い込むほどのパワーです。すごいですね。
 またバッテリーの充電時間も早いので、DIYなら予備バッテリーなしでもいけると思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マキタ インパクトドライバMTD001(ライト型14.4Vバッテリ使用) 1.5...

  • さらなるパワーと小型化を追求。リチウムインライトバッテリ採用
  • 小型・軽量 143mm/1.2kg 従来機より7mm小型化。
  • 小型・軽量・高出力、4極モータ
  • 無段変速スイッチ付
  • LEDライト付
  • 直流14.4V、スライド式Li-ionライトバッテリ仕様、バッテリ2本(1.5Ah)・充電器付※ライトバッテリ専用。他シリーズのバッテリ充電器は使用できません。
  • チャック方式:ビットスリーブ式
  • 最大締付けトルク:145N・m、回転数:0~2,700[回転/分]、打撃数:0~3,000[回/分]
  • 締め付け能力:22~125mm(コーススレッド)
  • 1充電あたりの作業量(目安):ネジ締め約130本[φ4.3×65mm](BL1415G使用時)、質量:1.2kg

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
とてもいいです、重心が高すぎず低すぎず、回転に手を持っていかれづらいので使いやすいです。
ノックさえさせなければ夜間でも使えるくらい静かですし、充分なパワーがあります。今度はタイヤ交換に使用してみようと思います。
バッテリーのもちはまだわかりませんが、一時間ほど緩締しても衰えはありませんでした。

安いのはいいんですけど、互換性が少ないのでそこが問題なくらいですが、概ね満足です。

追記:21ミリのソケットを使ってタイヤ交換に使用しました。1年ほど前に足でクロスレンチを使って締めたナットと、110Nm程度で締めたばかりのナット、両方が取れました。少しやって取れないならブレーカーバー使えばいいくらいなので満足しています。

追記2:購入してから一年半経ちますがパワーの衰えや故障ありません。当方北海道なのですが、バッテリーを冷やしすぎると再充電までに時間かかりますので、なるべく常温で保管した方が良いです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
念願だったマキタのインパクトドライバー
早速充電後車スタッドレスタイヤ交換をしてみましたが、ホイールナットウが緩みませんでした!やっぱりこのトルクサイズではムリなんだなーって諦めました。が、2台目の車も一応使ってみました すると簡単には緩めることができました なんだったんだろうと考えたら1台目の車は前に自分で手締めしたもので心配なのでついつい必要上の締め付けをしたせいでした 2台目はタイヤ屋さんの締め付けトルクだったので簡単には緩めることがでいました 締め付けるときも何となく心配なので手締めしてみましたがほぼしまりませんでした 続けて3、4台目一気にタイヤ交換ができました 12月に交換して3月までにホイールナットウの緩みはありませんでした。
朝から晩まで仕事で締め付けできるかは分かりませんが 1つのバッテリーで続けて車4台のタイヤ交換ができたので本当に満足の商品です!。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マキタ インパクトドライバTD149(18V)ライム トルク165Nm バッテリ等別売

  • 本体のみ

↓全て表示↑少なく表示
 
Users Voice
マキタのインパクトドライバーはこれが3台目です。
1代目はもう忘れましたが、2台目はTD137DZB(14.4V)でした。
色々機能付いているのですが、正直あまり必要ないんです(汗)
こちらはトリガーの微調整で無段変速できます、使いづらいという事は全くありません。
LEDライトは必ず点灯しますが、点灯して困る事は普通ありませんよね。
ちなみに、私はBL1860Bで使っていますが、BL1460Bでも使用出来ました。
マキタショップに問い合わせたところ、トルクはそれなりに落ちるものの、本体に悪影響は無いとのこと。
14.4バッテリー側にはちょっと負荷があるのでオススメ出来ないと言われました。
困った!という場合に助かる事があるかも?
ただし、本体14.4Vに対してバッテリー18Vは本体に悪影響ありとのこと、ご注意を。
ケースはマキタ マックパック タイプ1 A-60501+マキタ スポンジ内材 50mm A-60604がオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
昔買った電動ドライバーがパワー不足で買い替えました。マキタの掃除機や芝刈り機に流用出来るので高い電池や充電器は要らないのでとても安上がり、日曜大工程度なので一番安いの、しかも新古品箱無しを一万円ちょっとで購入、これが驚愕のパワー!軽くて小さくて、しかもインパクト、面白くなって、ソケットレンチを付けてエランのホイルナットを緩めてみました。凄い!カッカッと一瞬で緩み、又、締め付けられました。余りのパワーにスタッドボルトがネがジ切れるかと思った程!
電池ドライバーがここまで進化しているとは!今まで小馬鹿にしていた電池、見直しました。変な例えですが、テスラが売れるの分かる気がしてきました❗️
これは絶対、買い!です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
マキタ インパクトドライバTD149(18V)ライム トルク165Nm バッテリ等別売 TD149DZL
発売日 2015/09/10
通常 19,100円
現在 13,780円
5,320円(28%)OFF!!

  

マキタ インパクトドライバTD171(18V)赤 トルク180Nm バッテリ等別売

  • 作業性を追求! 使いやすさの頂点へ。
  • ビット振れ低減「ゼロブレ」:軸受け部にダブル・ボールベアリングを新採用しビットが振れにくく、ハードな締付けにも強い!
  • より多くの作業をアシスト、「楽らく4モード」[木材モード・ボルトモード・テスク(厚板)モード・テスク(薄板)モード]+打撃モード4段階切替。合計8モードでパワー、スピード優先の締付けから小ネジ等の繊細な締付けまで対応。
  • モードメモリー機能搭載でよく使うモードを1つ登録可能。「打撃モード切替え手元ボタン」でグリップを握ったまま打撃モードを切替え可能。
  • 左右2灯LEDライト付で視認性が向上
  • 直流18V、スライド式Li-ionバッテリ仕様、バッテリ・充電器別売
  • チャック方式:ビットスリーブ式
  • 最大締付けトルク:180N・m、回転数:0~3,600[回転/分]、打撃数:0~3,800[回/分]、締め付け能力:125mm(コーススレッド)、1充電あたりの作業量(目安):約550本[木ネジφ5.4×90mm](BL1860B使用時)
  • 質量:1.5kg(BL1860B装着時)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
今は、妻と2人で年金で生活していますが、この工具を手にしたらまた、以前の様に仕事をしたくなりました。まぁ、それが実感です。上記のように、ケースも工夫されていてインパクト取り出しとは別に小道具(ドリルチャック、ビット、ドリル切り)など収納小箱が有りとても便利です。インパクト本体はもちろん18Vですから高回転域から低速まで自由自在です。以前14Vのインパクトを持っていたのですが、今回購入の18Vインパクトは、まず音が静かでドリルチャックを付けて回しても14Vに比べたら半分くらいでしょうか、静かに感じました。普通、個人が所有するので有れば多分この工具の能力の半分も使わないと私は思いますよ。バリバリ働き職人、仕事人の道具ですので私も、宝のもちぐされのない様、大切にして使用したいと思います。因みに以前、長期間、建具、建築の仕事経験はあるのでカタログは見なくても使用は出来ます 。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
これまでインパクトドライバーは値段が高く、自分のような素人が使うものではないと思い、P社のドリルドライバーだけでしのいできました。しかし、90mmなどの長いビスを打ち込むとき安物のドリルでは最後まで打ち込みできず、途中から手回しのラチェットドライバーなどでねじ込んでいました。

今回、思い切って18V仕様のこの商品を買ってみて、あまりの違いにがく然としました。単にインパクトの機能があるというだけでなく、同じドリルビットをセットしても刃先がぜんぜんブレない。抜くときの逆回転は正回転より回転が早く抜きやすい。よって、ちょっとした浅い下穴開けでも、ラクに、早く、きれいに作業できます。

でもまあ、値段もすごすぎますね。
日曜大工用途だとバッテリーの予備はなくても大丈夫です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
マキタ インパクトドライバTD171(18V)赤 トルク180Nm バッテリ等別売 TD171DZAR
発売日 2018/01/30
通常 25,520円
現在 22,920円
2,600円(10%)OFF!!

  

マキタ(Makita) 充電式インパクトドライバ 10.8V 青 (本体のみ/バ...

  • 最大締付けトルク:90N・m(918kgf・cm)
  • ネジ締め能力(mm):小ネジM4~M8・ボルトM5~M12・コーススレッド22~90・高力ボルトM5~M10
  • 回転数(min-1)[回転/分]:0~2400
  • 打撃数(min-1)[回/分]:0~3000
  • 1充電あたりの作業量(目安)/ネジ締め:木ネジφ3.8×45mm約170本・木ネジφ4.3×65mm約90本・小ネジM8×16mm約550本
  • 標準付属品:+ビット2-65・ホルスタ(DZは除く)
  • 色:青

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
DIY歴5年程度。
電気ドリル、ドライバー系では3台目。
脚立に乗ってのビス止めのため軽量を念頭に購入。

これまでは”ビス止めができれば良い”程度の考えで、ホームセンターの
安い機種を使っていましたが、今回は奮発して当商品を購入。

これまでの機種に比べて、軸のブレがほとんどないことにびっくり。
小型なのにパワーは十分。軽くて高所作業も疲れない・・・。
DIYでの利用上、ドライバー・ドリル両方の用途で、全く問題なし。

おまけに、”ちょっと最近軸がぶれてきたかな?!”と地元のマキタ
支店に持ち込めば、”特段の異常は認められませんでしたが、念のため
軸受け部分を交換しておきましたよ。”と、丁寧な説明と、感動するくらいの対応。

最近では、生産コストの安い国のメーカーなど、同じ内容の道具でも安いものが手に入るように
なりましたが、ある程度の値段には意味があると、心より実感しました。

Li-ionバッテリーのため、DIYの用途でありがちな、バッテリー切れ前での充電といった使い方でも
バッテリーの学習効果による使用時間の低下もなく、2本バッテリーがあれば、これまで
充電による作業中断により困ったということはありません。

現在では、主力機として活躍しております。
下穴あけ→ビス止めといった作業を繰り返す場合は、2本ドライバーがあった方が
効率が良いのでその際は、既にある電動ドリルドライバーと併用して使ってます。

DIYでも数年以上利用予定なら、間違いなくお勧めです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
気に入ったトコ⇒バツグンに良く働く。気に入らないトコ⇒無し。
力強く良く動く、昔の物と違い小型になり性能はアップしている、素晴らしい。
レビュウーではないが以下に記述することを、お暇なら諸氏も参考までに読んでほしい。
齢78才、元大工の棟梁。インパクトドライバーを40年ぶりに買った。年寄りで引退しているが職人に定年はない。時々仕事らしき事をする、当然電動工具も必要とする、が、前々から予兆はあったがヤハリで突然インパクトドライバーが動かなくなった、それも2台とも、直ぐAmazonを覗きインパクトドライバーを検索すると、ナンだ ¥11.000台で有った、安い、明日は来る、早い、デ直ぐ注文した。其のアト何気なくレビューを見る、三番目位に【インパクトではないのでご注意を】とある、ナニ?、大変だ、どうしよう、Amazonカスタマーに電話して聞いてみた、【インパクトと書いてなければ普通の充電ドライバーです】、御尤も、安いと思った【どうしたらイイでしょうか?】と恐る恐る聞いた、【注文を取消しますから改めてインパクトを注文してください】と極めて冷静、心配することはない、アッと言う間に注文履歴から消えた、デ、今度は良く確かめインパクトドライバーを注文した、¥14.000円也、明日は来る、イヤ、流石はAmazonカスタマー、見事な采配、立派なモンだ。感心した。と同時に安心した。機械には慣れているがパソコンには慣れていない、イヤー便利なもんだ、しかしネット通販は速攻性がある半面こんな間違いもスルと言う教訓、届いた本品は10vだが14vに劣らない働きをする、Amazonさん有難う、感謝感激。・・・。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マキタ インパクトドライバTD161(14.4V)茶 トルク175Nm バッテリ等別売

  • 作業性を追求! 使いやすさの頂点へ。
  • ビット振れ低減「ゼロブレ」:軸受け部にダブル・ボールベアリングを新採用しビットが振れにくく、ハードな締付けにも強い!
  • より多くの作業をアシスト、「楽らく4モード」[木材モード・ボルトモード・テスク(厚板)モード・テスク(薄板)モード]+打撃モード4段階切替。合計8モードでパワー、スピード優先の締付けから小ネジ等の繊細な締付けまで対応。
  • モードメモリー機能搭載でよく使うモードを1つ登録可能。「打撃モード切替え手元ボタン」でグリップを握ったまま打撃モードを切替え可能。
  • 左右2灯LEDライト付で視認性が向上
  • 直流14.4V、スライド式Li-ionバッテリ仕様、バッテリ・充電器別売
  • チャック方式:ビットスリーブ式
  • 最大締付けトルク:175N・m、回転数:0~3,400[回転/分]、打撃数:0~3,600[回/分]、締め付け能力:125mm(コーススレッド)、1充電あたりの作業量(目安):約430本[木ネジφ5.4×90mm](BL1460B使用時)
  • 質量:1.4kg(BL1460B装着時)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
木製カーポートにコンパネで壁を付けるために購入。初インパクト。13枚のコンパネを600本近いコースレッドで固定したが、苦もなく作業が進みました。しかも全てに下穴を開けた。問題なし。バッテリーは高いので、デジカメ同様に中華バッテリーをチョイス。別メーカーの製品を2つ買ったが支障なく作動。コードレス工具の余りの快適さに、ミニ生垣バリカンも購入したところ、こちらも最高。
ただ、最近はマキタも18Vをメインに考えている様なので、欲しかったレシプロソーは18V仕様のみ。で、こちらは18V仕様を購入。1000円位高いだけなので、18V仕様で揃えた方が良いかも。マキタは所有欲も満たしてくれますw (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
バッテリー14.4v共有ということで136にこの161を本体のみ追加
さらに本体がコンパクトになり扱いやすいです。
コンパクトになった分重さは感じますが、不快ではないです。
コンパネ部分に『楽らくボタン』がふえましたが、バッテリー残量表示が代わりに無くなったのが残念です。
(手持ちのバッテリー自体には残量表示がないので)
握りボタンでの強弱で慣れてきたので楽らくボタンには戸惑いそうですが、そのうち慣れるのかな?
あと136からライトがふたつに増えました。
インパクト大好きなので大切に使っていきます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

リョービ(Ryobi) インパクトドライバー CID-1130 最大締付トルク1...

  • ネジ締め能力:小ネジM4~M8、普通ボルトM5~M14、高力ボルトM5~M12
  • 最大締付トルク:115N・m
  • 回転数:0~2,500min-1
  • 打撃数:0~3,100min-1
  • 電源:単相100V
  • 電流:2.0A
  • 消費電力:180W
  • 付属品:+ドライバビット(No.2×65mm)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コードレスと迷ったが、コードタイプを購入。

会社ではコードレスを使用しているが、自宅用なので使いたい時にバッテリーがないと充電する時間がもったいない。
バッテリーは消耗品で、互換バッテリーであっても、結構な値段。

コードが付いている方が安く買えるし、充電の心配がなくて良かった。

カーテンレールを付ける時に延長コードが引っ掛かり、ほどこうと振り回したら、ドリル刃で天井の壁紙を傷つけてしまった。

室内でも室外でも電工リールなどで電源をとることはできるし、何本もネジを締めるような時はインパクトの有難みを感じる。

赤と黒のカラーリングも、アクティブな印象で個人的には気に入っている。

どのインパクトにも言える話だが本体の大きさで狭い場所で使えないことがあるが、色んなビットやアダプターが販売されているので、それらを組み合わせたら、さらに快適に使えると思う。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
個人的意見なので、参考程度になればよい程度のレビューです。

良いところ。
●軽い!重要ですよ!
●お手軽価格!
●トリガーの塩梅で肌締め程度から過剰トルクまでお好みで!

悪いところ。
●ブレーキがついてない。余韻でまわります。
●インパクトの打撃が「うわ!壊れる?!」と思うほど強烈な音。
 の割にはふつーのインパクトです。

どうにでもなるところ。
●コードが短い…かな?延長コードで対応できるので問題ないような気がします。

うちに来た個体にはドライバビットがついていませんでしたが
もともと付属の物は使う気がなかったので、個人的にはどうでもいいです。
消耗品なので、予備は買っておいたほうがいいと思います。

まったり日曜大工には十分な能力じゃないでしょうか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

インパクトドライバー 新型・高評価のおすすめの5製品詳細

以下が「インパクトドライバー」新型・高評価のおすすめの5製品詳細です。

(2021/04/23 更新)
 

インパクトドライバー 充電式 コードレス SnapFresh 20V 最大トルク150N・m

  • 【最大トルク150N・m&高能率】SnapFreshコードレスインパクトドライバーは、高能率の強力モーターを備え、衝撃を与えながら力強くビスやネジなどを締付けられます。①最大締付けトルク:150N・m ②最大回転数:2200[回転/分] ③最大打撃数:3,000[回/分] ④締付能力小ねじ:4~8mm/ボルト:M5~M12⑤六角軸二面幅:6.35mm。
  • 【安定した回転軸&無段変速機能】軸受部にダブルボールベアリングを搭載したことで、ビットが振れず、安定してスムーズに回転するので、きれいに打つことができます。また、SnapFresh コードレスインパクトドライバーには、無段変速スイッチを搭載しており、押す力加減により、2200rpm回転まで無段階に回転数を変更し、回転速度を調節できます。
  • 【ワンボタンで正逆転切替&安全ロック】SnapFresh コードレスインパクトドライバーは、正逆転ボタンを左/右へ調整することでビットの回転方向を切り替えることができます。ネジを締め付けるだけでなく、緩めることも可能です。また、このボタンを真ん中にすることで、安全ロックが効くので、安全性にも優れております。*1年間保証付きなので、不具合が出た場合、お気軽にご連絡ください。
  • 【コードレス&多用途】コードレス充電式なので、コンセントがないところでも自由に使え、コードが邪魔になることもございません。また、急速充電器がついており、付属の2000mAh大容量バッテリーをたった1時間でフル充電できます。使い勝手がよいので、日曜大工や家具の組立て、自転車や車の整備など様々なシーンで大活躍します。また、軽量で持ち運びに便利なので、女性でも気軽にご利用いただけます。
  • 【LED付き&ビット装着簡単】SnapFreshコードレスインパクトドライバーには、LEDライトが搭載されています。スイッチを押すと、LEDライトが点灯し、視認性が良くなるので、夜間や暗所での作業が快適になります。また、ビットやソケットを簡単に取り付けできます。スリープを引いてビットやソケットを挿し込むだけで装着できます。さらに、ハンドルはゴム製の持ち手なので、とても握りやすくて、長時間の作業でも疲れにくく楽しく作業がはかどります。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
まず最初に、最近レビューに添付した写真が思い通りに並ばないので、写真の左上に連番を打ちました。
もし順番が変わってしまってたら、連番通りに頭の中で、並べ替えて見てください。

ドリルドライバーは電圧違いのものを3台持っているのですが、インパクトドライバーの購入は今回が初めてです。
購入にあたって選択の条件決めから行いました。
(1)価格はいくらをターゲットにするか。
(2)バッテリーの電圧は何ボルトを選択するか。
(3)ブラシレスタイプにするかブラシ有タイプにするか。
(1)価格は、サイフの中身と相談になるのですが、今回は年末に色々と買い物をしてしまったので、ちょっと渋めの1万円以下。(2)バッテリーの電圧は、これまで使っていた電動ドライバーが、12Vタイプと6Vタイプで、今回はそれ以上のパワーがほしいことから20V前後と言うことにすんなり決まりました。
問題は(3)です。ブラシレスとブラシ有にはそれぞれメリットとデメリットがあるようなので、ネットで情報を集めてみました。ブラシレスの長所は、接点が無い為接点が摩耗の摩耗と言う寿命に対する懸念材料が少ない、音も比較的静か、接点が無いので火花が見えない等、短所は、モーターを回転させる為の回路が必要でその分コスト高になる、防水構造がしっかりしていないと、屋外の使用で故障する恐れがある等でした。一方、ブラシ有の長所は、構造が簡単で製品コストを低く抑えられる、昔から使われていた方式の為、信頼性が高い等、短所は、動作時に接点付近に火花が発生する、排気口がある為音が比較的大きい等です。
以上から、金に糸目を付けないのであれば、選択肢は必然的に「ブラシレス」を選ぶことになります。ところが今回は(1)で「1万円以下」と言う足かせをかけていますので、価格の制約をどう考えるかと言う判断が必要になります。1万円前後の商品はちょうどブラシの有りと無との混在している領域です。同じ価格帯でコスト高なブラシレスを実現するには、「利益を度外視した価格設定をしている」か「必要な信頼性を犠牲にしてローコストな部品を採用したり、回路等を省略している」等が考えられますが、中華系のメーカーでは残念ながら後者が圧倒的に多いようです。
それと、「私の用途がDIYでブラシが消耗するまで使うことは無い。」、「12Vのドリルドライバーの接点の火花はまったく気にならないので20Vになっても大差ないだろう。」と言う考察を加味すると(3)の答えは必然的に「ブラシ有」となりました。
上述の条件を元にAmazonのタイムセールやクーポン付き商品から選んだのが本製品でした。
本製品が届いてまずチェックしたのが、対応ビットのタイプでした。と言うのも、他社の格安インパクトドライバーのレビューの中に「US規格のビットしか取り付かずに困った。」と言うレポートを読んだことがあったからでした。どうもインパクトドライバーの差し込み口タイプにはUS規格(9mm)のタイプと国内主流規格(13mm)のタイプの物があり、US規格のビットを国内で手に入れるのは難しいらしいのです。100円ショップで購入したビットを取り付けてみると、ちゃんとロックされました。(もしロックされない場合はUS規格の差し込み口の可能性が高く、その場合に購入する用にAmazonで売られている数少ないUS規格のビットをお気に入りに入れていたほどです。)(写真④左)
次にチェックしたのが、ブラシの箇所の火花です。本製品の後方にはスリットが開けられており、そこからブラシの部分が良く見えます。駆動スイッチを引くとモーターが勢いよく回り、ブラシの部分で火花かパチパチ飛びますが、驚くほど大きくはありません。(12Vのそれと全く差がないのです)これなら十分想定内です。(写真④右)
心配な点が払拭されたので、続いて外観チェック。本体のサイズと重量を12Vドリルドライバーと比較してみました。
インパクトドライバーは横方向の長さが短いイメージがあったのですが、実際にはドリルドライバーとほとんど差がありません。一方、縦方向の寸法はドリルドライバーより15mm長いことが分かりました。縦横のバランスから上述のイメージが生まれたようです。(写真⑤)
重量の方は本製品の方が、500g(50%)ほど重い結果でした。バッテリーの重さは200gほど本製品が重かったので残りの300gは本体側が重いと言うことになります。
やはり、約500gの重量差は大きく、手で持ち比べてみると本製品の方がかなり重く感じます。ただグリップを握った時の取りまわしは本製品の方が扱いやすく感じるのは、重量バランスが良いせいでしょう。本製品の方は、バッテリーを下にして立てても自立することからも重量バランスの良さを感じます。(写真⑥)
実際に動作させる前に、バッテリーを充電します。充電器はしっかりした構造で、接続部は斜めに傾斜がある為、バッテリーを片手で持ってもスムーズにセットが出来ます。充電中は充電器の赤色LEDが点灯し、バッテリーの充電レベルを示すLEDが左から順に点灯して行きます。充電が完了すると、充電器の赤色LEDが消灯し、その隣の緑色LEDが点灯します。その時バッテリーのLEDは全て消灯しています。(写真⑦)
続いて実際にドリル性能を確認します。厚さ20mmのパイン集成材を2枚重ねて30mmの木ねじと40mmの木ねじを打ち込んでみます。ビットの取り付けはスリーブの外側を前に引き出しながらビットを挿入し、スリーブを放すことでスリーブが元の位置に戻ってロックされますので、ビットに木ねじを付けて木材に打ち込みます。
最初はスイッチの引き代を少し遠慮気味に引き、木材にネジの先端が入り込んだところで引き代を深くまで引くと、ネジにストレスがかかり出すあたりから、「ガガガガ」と言う振動が加わりそのまま一気に根本まで木ねじは打ち込まれました。この感覚は、トルクコントロールの付いた電動ドライバーとは全く違う新鮮な感覚です。ねじ込まれたねじ山は木材の表面より少し進んでめり込んだ状態で止まっておりパワーの強さが感じられます。(写真8左)
本製品にも、電動ドライバーの定番である手元を照らすLEDライトが付いており、スイッチを軽く引いた状態ではモーターが動作する前にライトだけが点灯します。ある程度離れた位置からでも、目的の場所を認識出来る明るさがあります。ただ、近づけると当たり前の話ですが、目的の場所は照射範囲の外側にずれていきます。ドライバーを回転させる段階では目的の場所は照射範囲のギリギリ内側となります。まあそれでも暗がりで十分作業はできました。(写真⑧右)
本製品には、布製のソフト収納ケースが付属しています。
「ハードケース」を希望する方も多いかもしれませんが、私はこれまでに購入した電動ドライバーのハードケースについてあまり良い印象を持っていません。
一番気に入らないには、本体と付属品に特化した内部構造です。ブロー成型した内部構造は、収納場所が決められており、そこにはめ込むだけで、収納するものをしっかりホールドしてくれますが、そこに余裕度が少ない(悪く言えば融通がきかない)ことが多いのです。例えば、よく使う短いビットを付けたまま収納したくても、たいていの専用ケースはそれを許してくれません。中には、バッテリーすら装着したままでは収納出来ないものさえあるのです。
本製品の収納袋は、本体と付属品を袋に設けられたベルトで固定する仕様になっています。その為、スペースに余裕が在り、ビットやバッテリーを装着したままで収納することが出来ます。(写真⑨)
この点は大きなメリットで、私は高く評価しています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 購入した理由として、同じメーカーのブロワーを購入して、それがよかったということと
バッテリーが共用できるとのことだったので、それならばと本製品をチョイス
(ちなみにバッテリーについては、メーカーに確認したところ、そこそこ早い返事がきて教えてくれました。)

さくっと使用したので、その時に感じた良い点等について
良い点としては
・バッテリーが共用できるので便利
・動作、パワー良好
・収納ケース付き
・バッテリー付きならぎり自立する

といったところです。逆にイマイチだったというところは、
コードレスのインパクトとしては当然なのですが、そこそこの重量があることです。
実際に使用したのは、机と棚の組み立て時にですが、ねじ回しがかなり楽なのであり
組み立て場所を選ばないコードレスなので、作業としてはかなり楽になりました。
ケース付きなので、にわかDIYの私としては、収納にこまわらず助かる感じでした。
ちなみにセット内容は下記の通りでした。

セット内容
・SnapFresh BBT-POB04本体
・バッテリー[20V 2A]
・充電器[バッテリー専用充電器]
・ビット 6種
・ソケット 4種
・収納ケース[セミハード]
・説明書[日本語表記]

動作音は最大で 90bBA でした。端的な騒音としても、そこまで大きくないので
動作音としてはまずまず良好かと思います。

欲を言えば、ケースはハードのものに、予備バッテリー付きだと最高ではありますが、
価格を考えれば、これくらいが個人的には妥当かと思います。
国内有名メーカー品と比べるとどうしても見劣りなどしますが、価格面を考慮すると上々かと思います。
個人的には満足のいく内容かと思います。あとはどれくらい保つか?というとこですが、そこは経過監視かとおもいます。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

HiKOKI(ハイコーキ) 第2世代36Vインパクトドライバ アグレッシブグリーン

  • 【Amazon.co.jp限定】の初回修理保証付き仕様!
  • 標準付属品:蓄電池(BSL36A18)×1個、充電器、ケース、初回修理保証書、取扱説明書
  • 使いやすさを追求!業界最速・最短・最軽量を実現!(2020年9月現在国内電動工具メーカーにおいて)(当社調べ)(36Vインパクトドライバ)
  • アンビルと軸受けの精度を向上させビット振れを低減!しっかり保持するからビットへのパワー伝達が向上!
  • 用途で選べる多彩なモード!デリケートな作業から重負荷作業まで対応!低速でも止まらない!微調整がしっかりでき、機体との一体感が向上!
  • 別売りBluetooth蓄電池(BSL36A18B、BSL36B18B)とアプリを使い自分好みのモードを作成できる!
  • 最大トルク 200N・m。最適なトルクでビットやビスの破断を抑制!
  • 無負荷回転数:0~3,700min-1 無負荷打撃数:0~4,100min-1(モードにより左記範囲内で最大回転数と最大打撃数が設定されます。)
  • 本体寸法(全長×高さ×センタハイト):116×241×29mm(BSL36A18装着時)【業界最短ヘッド長:114mm】(※2020年9月現在国内電動工具メーカーにおいて)(当社調べ)(36Vインパクトドライバ)
  • 業界最軽量質量:1.59kg(※2020年9月現在国内電動工具メーカーにおいて)(当社調べ)(36Vインパクトドライバ)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
あや〜凄い
インパクトドライバーの進化
ハイコーキ旧日立工機、ハイコーキのインパクトドライバー購入の理由は実家のカーポートと波板のやり変え使用するのに購入です。
商品のセット内容も説明通りセット内容物は
インパクトドライバー本体マルチボルトバッテリー蓄電池2個、急速充電器1個、電池カバー2個、ハイコーキインパクト収納ケース、本体取扱説明書、急速充電器取扱説明書、マルチボルトバッテリー蓄電池の取扱説明書、マルチボルトバッテリー蓄電池の2年保証書2枚、付属のドライバビットてな感じで大満足
私のフレアレッドはamazonでは品切れのようで
人気みたいで他のカラーバリエーションならまだ在庫あるみたいで凄くオススメです。
追記、マルチボルトバッテリーBluetooth対応のマルチボルトバッテリー蓄電池が届き次第、感想を述べさせて頂きます。有難う御座います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
造作大工です。
マキタ、パナ、ポッシュ、マックスのインパクトドライバーを使ってきました。日立のインパクトドライバーを借りて使ったとき自分とフィーリングが合ったので今回は日立を購入しました。
36v2.5A充電池をセットしてもあまり重くなくヘッドもマキタ並みに小さいしパワーも充分、使いやすいです。
ただ購入前によく調べてなかったのですが36v製品にはマルチボルトバッテリーしか使えないことが不満です。従来の18vは使えないんですね。
ただマルチボルトのバッテリーを持っていると36v製品、18v製品の両方にバッテリーを挿せるので日立党の人には良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

インパクトドライバー HYCHIKA 18V 電動ドライバー 充電式 最大締付トルク160N・m

  • 【強力回転打撃&軽量】18V充電式インパクトドライバー、最大トルク:160N・m、打撃数:0~3000BPM、無段変速、無負荷回転数:2200RPM、急速充電器付き、2000mAhリチウムイオンバッテリー。回転と打撃で強力な締め付けて、大型家具の組み立てます。収納、持ち運びに便利な保護ハードケース付き、携帯用軽くて便利、日曜大工や住まいのメンテナンス作業に最適、様々な場所で大活躍にします。
  • 【高耐力スーツケース&持ち易い】多種の付属品が各種のネジ締めることができます、作業時の安定性に優れています。高級高耐力の特級のオーダーメイドのスーツケースが、インパクトドライバーを完全に保護できます、多種の付属品を収納する、持ち易い、さらに100KGの重量も耐えます。
  • 【正逆転&無段変速】クィックチェンジ式クランプ部、脱落防止設計があり、磁石クランプより頑丈で寿命も長いです。 正転・逆転・締め・緩めモードはワンボタンで切り替えられます。ボタンが中間位置にある場合はロックモードであり、誤起動を防ぎ、安全を守ってくれます。
  • 【LEDライト&快適なハンドル】LED自動照明機能。スイッチを押しドライバーを起動させると、LEDも点灯します。スイッチより手を離すと、LEDも自動に消灯します。夜間や、狭くて深いコーナ部での作業も楽にできるようになります。ラバーハンドルに高級感のあるエッチングパターンは滑り防止の当時に気持ちいい体感をあげられます。
  • 【梱包内容&二年保証】 1.インパクトドライバー 2.急速充電器 3.2000mAhリチウムイオンバッテリー 4.六角ソケット×4(8-10-12-14mm) 5.50mmビット×10(SL3/SL4/SL5/PH1/PH2/PH2/PH3/PZ1/PZ2/PZ3) 6.日本語取扱説明書。二年保証があります、どうぞお気軽にお問い合わせください、速やかに対応させていただきます。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
仕事で工具を使っているのですが、一度故障して仕事の進みが悪くなったことが一度あったのですが流石に有名メーカーの工具を2つ持つのは予算的に厳しいということで諦めていました。
ただ、知り合いからアマゾンで有名メーカーより安く工具があると言われて、一度見てみようと思って国内ではないからどうなのかな?と思いながら使ってみましたがパワー使い勝手共に申し分なく使えました。
ただ、長期にわたって使用するのは信用できるものでないと使えないので、試しに少しの間しか使っていなかったのですが、体感は今使っているものと遜色なく使えていると思います。
メインで使っていないので、もしかしたら後に違和感や不具合など感じるところはあるかもしれませんが、工具をよく使う人は代用品として、趣味で使うならこれくらいでもいいのではないかな?と思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
[良いところ]
・複数バッテリーが有ると交代で充電チャージしながら使用出来るので作業効率が下がらなくて良いです。また、完全放電の使用を繰り返すとバッテリー寿命が著しく短くなってしまうので複数バッテリーをローテーションして使用する事をお勧めします。
・残量確認ボタンがバッテリー毎に付いているので使用中バッテリー切れの低減が出来ると感じました。
・バッテリーの重さは391[g] でした。
[気になったところ]
・商品到着時は満充電の状態では有りませんでした。作業前には事前に専用充電器で満充電にして持ち出すと良いと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

マキタ インパクトドライバ40VmaxTD001紫 トルク220Nm バッテリ等別売

  • 金物ビスをクラス最速締め付け(2019年10月現在、国内向け充電式インパクトドライバにおいて。マキタ調べ)。クラス最強220N・m(2019年10月現在、国内向け充電式インパクトドライバにおいて。マキタ調べ。)。
  • バッテリ最大出力1,150W[BL4025(2.5A)、マキタ基準による]
  • 先端部強化、アンビル剛性約25%アップ(マキタ18V機比)。新ワンタッチビット装着。不意のビット抜け低減。ビット振れ低減。
  • 楽らく6モード(木材/テクス用「厚板」/テクス用「薄板」/ボルト1/ボルト2/ボルト3)
  • 防じん・防水保護等級IP56を適合(IP表示はIEC国際規格により規定される電気機器への粉じんや水の侵入に対する保護等級を表します。)。防じん・防水プラスチックケースIP65を適合(小物入れ収納部除く、別販売品)(IP表示はIEC国際規格により規定される電気機器への粉じんや水の侵入に対する保護等級を表します。)
  • 打撃モード4段階切替
    打撃モード切替手元ボタン(モードメモリー機能付)
  • 左右2灯LEDライト付。36V(40Vmax)、スライド式Li-ionバッテリ仕様
  • 最大締付けトルク: 220N・m。回転数:最速0〜3,700/強0〜3,200/中0〜2,100/弱0〜1,100[回転/分]。打撃数:最速0〜4,400/強0〜3,600/中0〜2,600/弱0〜1,100[回/分]。1充電作業量(目安/ BL4025使用時/ネジ締め):木ネジφ5.4×90mm 約460本/金物ビスφ6.0×120mm 約150本
  • 本体のみ/バッテリ・充電器・ケース別売
  • 本機寸法:長さ120×幅86×高さ245mm。質量: 1.6kg(BL4025含む)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
マキタ10.8VシリーズDF030DWXを持っていましたが、50mm以上のコースレットには非力感があるためアップグレードを検討。
自動車のホイル外しにエアーインパクトを使ってましたホースの準備が面倒なので電動バッテリー式を検討。
トルク220Nmに引かれて購入しましたが大正解です。
他のレビューで自動車のホイルが緩まない書き込みが有りましたが
規定トルクに締まっていれば簡単に外すことが出来ました。
1日使用しましたがDIYレベルではバッテリーが減らないので
充電の手間が不要です。
40Vのラインナップが少ないのが残念ですがこれからに期待です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
仕事用として購入。
会社のインパクトは日立製で随分旧式物でパワーもなく
(壊れているが)ベニヤ板箱組するにも時間が掛かっていた。
最新のインパクトの能力が知りたく自分用で購入した。
バッテリー大きいため、思ってたよりかは重いです。
しかし一切、パワーぶそくを感じないので作業が
楽です。
決して安い買い物ではありませんので、購入検討
されている方はよく考えて決めた方がいいですね (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

18v 充電式インパクトドライバー マキタ18Vバッテリー対応 (本体のみ)

  • LEDライトを搭載、コードレス充電式で持ち運びにも便利&ビットの取り付けもカンタン。
  • 最大トルク:200N・m、無段変速・正逆転両用。締付能力:小ねじ 4~8mm、ボルト:M6~M14。
  • 正/逆回転切替スイッチ:必要に応じて回転方向の切り替えが可能です。
  • 多功能建設現場、メンテナンス、大工仕事などに適しています。
  • インパクトドライバー、マキタ18Vバッテリー対応

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
パネルの表記が違ってる
Lが高速モード Mが低速モード Hがボルトモード(逆転がチョイ回し) Dirは逆転時点灯 電源マークみたいなのはモードの切り替え

まだ数回しか使ってませんが力はマキタの14.4Vより強く18Vより弱い感じでした
マキタと比べると回転がバタついている(スムーズに回ってる感がない)感じを受けました
耐久がどの程度あるかわかりませんが初心者が使うには安くていいと思います (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ゆっくり動かす事が出来ないのですがパワーは申し分ありません (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
   

インパクトドライバー 最新の低価格(安い)の5製品詳細

以下が「インパクトドライバー」最新の低価格(安い)の5製品詳細です。

(2021/04/23 更新)
Rank製品評価
1
(3.7)
総評価数 65件
2
(3.7)
総評価数 17件
3
SK11 インパクトドライバー ビット4本付き NO.1000
発売日 2010/03/30
通常 2,280円
現在 2,280円
(4.5)
総評価数 40件
4
(4.4)
総評価数 48件
5
(4.2)
総評価数 46件
 

アネックス(ANEX) インパクトドライバー ミニ 差込角6.35mm No.1...

  • セット内容:ミニインパクトドライバー、ビットホルダー、ビット(+2×30)
  • 本体全長:123mm
  • 本体重量:240g

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
水栓を止めているステンレスビス(六角3mm穴)に使用しました。
ビス自体が固着しており、新品の六角レンチを使用しましたが、予想以上に固く、数時間格闘した結果ビス穴が潰れて、全く引っ掛かりが無くなり回せない状態になってしまいました。
そこで、この商品と別売りのアネックス(ANEX) 六角ネジとりビット H3mm AK-22NH-3を購入しチャレンジしてみました。
初めにビットのみを力を入れて押し込んでみると、引っ掛かり感が出来て、そのまま動かさず金槌で軽く3~4回叩き、更に力を入れて2回ほど叩き、そのままの状態で本商品を装着し普通に2回ほど叩き、力いっぱい押し付けながらゆっくり回すとスルッとまわり取れました。
初めに引っ掛かり感が出来たけど、そこで動かさずガッチリ叩いて、思いっきり食い込ませたのが良かったかと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
世の中にこんなに便利なものがあるなんて!
30年近く使って、ローラーが片減りして動きの悪い雨戸の戸車を交換しようと、雨戸の下を見た。
戸車のねじは、溝が見えないくらいに錆びていて、普通のドライバーでは全く歯が立たなかった。
アマゾンでこの商品と、滑り止めのチューブを合わせて購入。
本当にこんなもので回るのかと、半信半疑でしたが、指図通りに作業すると、何と!!あっさりとねじは回りました。
実に簡単なもので、作業が終わってもまだ、本当か?と思うほどでした。
決して高価な商品ではありませんが、実に役立つモノでした。
次に使う機会がいつ来るのか、もしかしたら、1回しか出番はないのか、ともおもいますが、兎も角これが無ければいかんともしがたいというときに便利な道具です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アネックス(ANEX) インパクトドライバー ネジ取り スリム M2~4 No....

  • セット内容:ミニインパクトドライバー、対辺6.35mmビットホルダー、ネジとりビットスリム(M2~4対応)、ドライバービット(+2×30)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
ミディブライスというドールのヘッドに付いているネジが外せず、たくさんグリグリした結果、ネジ穴はなめまくりプラスの原型がなくなってしまっていました。
なんとしても外したくて、こちらの工具を購入。
時間や少々の失敗はありましたが無事ネジを外すことができました!
ヘッドのネジを入れる窪み?はたくさん傷が付いたりしてしまいましたが、顔面自体にはなんの問題もありません。
ハンマーも持っていなかったのですが、硬いもので上からガンガン叩く感じで新たな穴を作り、インパクトドライバーを使わずに外しました。
ドールのヘッドを守るためな下に毛布を敷いて行いました。
ネジが取れて大変嬉しいです。とても感謝しております! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
勝手口のシリンダーキーを交換中、シリンダーの蓋を押さえているプラスネジが固くてハズれなかった。何度も無理やり回すうちに段々ネジ山がなめてきたので焦ってきて、コレを見つけて注文した。翌日配達されてきたので、早速叩いた。叩いた。3,4回叩くと動いた。新しく購入したシリンダーが無駄にならなくて済んだ。この商品はまた今後も役に立つこともあると思うので、一本あると心強い。
因みに今回はネジ山が少し残っていたのでネジ取りビットは使わなかった。あと、ビットの交換方法が分からず悩んだが、ただ引っこ抜けばいいのだということに気づくのにしばし時間がかかったのは自分だけだろうか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SK11 インパクトドライバー ビット4本付き NO.1000

  • 最大トルク約4.5kg
  • 付属ビット:+2×36mm・+3×36mm・-8×36mm・-10×36mm
  • 材質:クロームバナジウム鋼
  • 用途:ネジの締め付け・緩め作業

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
車のブレーキローターの取り外しのため購入しました。
私の持っている安い工具で、SK11の名前があったので、競合品があったのですが、これを選びました。

前日にローターの皿ネジにCRCをかけて浸透させておきます。
さて、分解です。
インパクトドライバーに+のビットをつけて、回転方向を確認します。
この商品には、RとLが書かれており、回す方法がよくわかって、増し締めしてしまったなんて、失敗もなさそうですね。
肝心の作業ですが、インパクトドライバーをネジに直角に当てて、でっかいメタルハンマー(かなづちではないよ)で、ガツン!と一発やったら緩みました。目的達成です。(皿ネジの溝が甘くなったので、作業の都度、交換した方が良いですね)
インパクト部が傘状になっているので、間違って手を叩く心配も少ないのかな、とも思いました。
そんなに、頻繁に使う工具ではありませんが、確実に使える工具があるのは、何かと安心です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
舐めてしまっていたバイクのヘックスボルトを外すために購入。
ボルトの頭にリューターで切込みを入れて、このドライバーで叩いたところ、一発で動きました。
バーナーで炙って見たり、ネジザウルスとか色々試してましたがダメだったネジです。
購入の決め手は、このセットはマイナスのビットが大小入っていたこと。
大きいマイナスビットだとボルトの頭にしっかりかかると思い、これを選びました。
ケースはチープですが、グリップ部も良い感じで、使いやすかった。
ソケット部は12.7ミリですが、アダプターを使えばなんでも使えるでしょう。
金額も安くて、助かりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
SK11 インパクトドライバー ビット4本付き NO.1000
発売日 2010/03/30
通常 2,280円
現在 2,280円

  

アネックス(ANEX) インパクトドライバー 差込角9.5mm ビット6本組 ケース付

  • セット内容:インパクトドライバー本体/対辺6.35mm・対辺8mmビットホルダー、対辺6.35mm六角軸/+2×125・-6×125、対辺8mm六角軸/+2×36・+3×36、-8×36・-10×36
  • 材質:ビット/クローム・モリブデン・バナジウム鋼、ハンドル/炭素鋼、合金鋼
  • 用途:ネジの増し締め、ゆるめ始めに、なめたネジ、錆びたネジ、固着したネジなどの取り外しに

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
スズキZZのクランクカバーを止めているねじが、+のミニネジで、見事にネジが固着していました。
+ドライバーでラチェットレンチみたいに使える物がありましたが、見事にネジをなめてしまいました。
こちらのショックドライバーと、普通の500円ぐらいで売っている金づちで2~3回叩いたら、簡単に固着したネジが、
すべて外れました。これは、いい商品です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ドアクローザーの取り換え時、ねじがつぶれ取り外しができず困っていたところ、ドライバーにつけ取り出す方法を試したが更につぶれてダメで、最後の手段と思いこれを試したところ、何回か打ち付けているうちになんと回るではないか、結果取り外しができドアクローザーを交換することができました。どんなつぶれたねじでも取れる「自信」みたいなものを持ちました。感謝。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示

  

アネックス(ANEX) インパクトドライバー ネジ取り ビット7本組 ケース付 ...

  • セット内容:ミニインパクトドライバー本体、対辺6.35mmビットホルダー、ネジとりビット(M3~6対応)、ネジとりビットスリム(M2~4対応)、六角ネジとりビット(H1.5・2.0・2.5・3.0・4.0用)、収納ケース
  • 材質:ショートビット/クローム・モリブデン・バナジウム鋼、ネジとりビット/クローム・モリブデン・バナジウム鋼、TPE、ハンドル/炭素鋼、合金鋼、TPE
  • 用途:なめたネジの取り外しに

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
六角穴付き皿ボルトは焼き入れされているのでナメてしまうと手を焼きます。 でもこれを使ったので一発で緩めることができました。 セット買いすると高価ですが、それだけの価値はありました。
乗用車のステアリング交換時に6本ある皿ボルトが全て固着。 正しいサイズの有名メーカー製の六角レンチでもナメてしまいました。 六角穴付き皿ボルトでは途中で「まずいな、ナメるな・・・」と思ってもどうすることも出来ません。ネットでこのツールを知り購入。 CRC556吹き付けてからこのツールを使用したところ、簡単に取れました。
注意点があるとすれば、これはハンマーで叩くインパクトドライバーなので叩かれる側に相当な衝撃が伝わります。 その衝撃で壊れる可能性がある箇所では使用出来ません。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
完全に舐めてレンチでは空回りしてしまう六角穴付き皿ボルトを外す為に今回購入しました。
最初は初期の舐めかけたネジ用かなと思っていましたが、使ってみてビックリ!
完全に舐めてネジの頭を飛ばすか、ドリルで掘るかの末期でもしっかりと食い付き外せる様です。
部品自体への傷が躊躇われる物だった為、とてもありがたい製品です。
また到着も早い為、作業の止まる時間が少なく済みました。
皆さまのご参考になればと思います。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
       

関連工具:「電動ドリルドライバー」「丸ノコ」「サンダー」の人気製品

以下では、他にもDIY工作等に必要となる工具「電動ドリルドライバー」「丸ノコ」「サンダー」を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:DIYテクニックを本で学習

以下では、DIYのテクニックなどを取り扱ったDIY本を紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました