レバテックフリーランスのサイトに当サイトが紹介されました!

【2023年】Flutterの本「人気・高評価のおすすめ15冊」

こちらでは、モバイルアプリ開発からデスクトップアプリ開発やWebも含めた幅広いクロスプラットフォーム開発が可能なフレームワーク、「Flutter」に関する本をまとめています。

 

 

  1. Flutterの本 人気ランキング/10冊詳細
    1. スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ①: シンプルなアプリを作ってみよう
    2. 動かして学ぶ!Flutter開発入門
    3. 動かして学ぶ!Flutter開発入門
    4. マルチプラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter 3入門
    5. はじめてのFlutter入門: iOS/Androidアプリ開発の⼀歩を踏み出そう!
    6. ゼロから学ぶFlutterアプリ開発
    7. スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ②: 様々なパッケージを使ってみよう
    8. スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ③: Firebaseでログインやデータ保存機能を使...
    9. 基礎から学ぶ Flutter
    10. 7.Flutter(フラッター)とDart(ダート):モバイルアプリの作成を始める: ステップバイステップのガイドで、モ...
  2. Flutterの本 最新・高評価のおすすめの5冊
    1. ゼロから学ぶFlutterアプリ開発
    2. スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ①: シンプルなアプリを作ってみよう
    3. マルチプラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter 3入門
    4. スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ③: Firebaseでログインやデータ保存機能を使...
    5. スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ②: 様々なパッケージを使ってみよう
  3. Flutterの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」
  4. Flutterの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」
  5. 関連:Android、iOS開発アプリ開発の本
 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Flutterの本 人気ランキング/10冊詳細

以下が「Flutterの本」人気ランキングと人気の10冊詳細です。

ランキングはAmazonの書籍売上ランキングに基づき毎日更新されています。

(2024/04/19 12:04 更新)
Rank製品価格
1
300円
2
動かして学ぶ!Flutter開発入門
発売日 2023/05/17
掛内 一章 (翔泳社)
総合評価
(3.5)
4,180円
(+251pt)
2,090円
4,180円
3
動かして学ぶ!Flutter開発入門
発売日 2023/05/17
掛内 一章 (翔泳社)
総合評価
(3.7)
4,180円
(+251pt)
2,090円
4,180円
4
マルチプラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter 3入門...
発売日 2022/11/22
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.9)
3,300円
2,673円
2,970円
5
980円
6
ゼロから学ぶFlutterアプリ開発
発売日 2023/12/23
藤川 慶 (技術評論社)
総合評価
(5)
2,860円
(+172pt)
2,803円
(+169pt)
2,860円
7
300円
8
300円
9
基礎から学ぶ Flutter
発売日 2019/12/25
石井 幸次 (シーアンドアール研究所)
総合評価
(3.5)
4,048円
(+243pt)
3,643円
3,643円
4,048円
10
980円
 

スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ①: シンプルなアプリを作ってみよう

本書は、モバイルアプリ開発について、iOSアプリもAndroidアプリも使える言語Flutterを用いて実際にアプリ作成をしながら学ぶことができる書籍です。
まずはアプリが簡単に作れるということを理解していただくために、シンプルなアプリを2個作成します。
本書を通じてモバイルアプリ作成に興味を持っていただくきっかけになることを目指しています。

本書は特に、
・モバイルアプリを作ってみたい方
・普段使っているアプリがどのように作られているか知りたい方
・Flutterのことは聞いたことあるけど何から始めたらいいのかわからない方
にお薦めです。

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この分野、高い書物が多い中、Unlimitedで気軽に読めてありがたい。
内容も図が多くわかりやすかったです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

動かして学ぶ!Flutter開発入門

動かして学ぶ!Flutter開発入門
(著)掛内 一章
発売日 2023/05/17
総合評価
(3.5)
(2024/04/19 12:04時点)
Flutter入門の決定版!
丁寧な解説でサンプルを動かしながら
基礎から応用まで網羅して学べる

【本書の背景】
Flutterはオープンソースのモバイルアプリケーション向け開発フレームワークです。Android/iOS/Web/デスクトップに対応したアプリを開発でき、多彩なUIの作成や、ネイティブアプリに負けない高速な動作が可能など開発者にとって魅力的な機能を備えています。

【本書の概要】
サンプルを動かしながら開発環境の構築やFlutterの特徴的な機能を利用したアプリ開発手法を学べます。主に以下の内容を学べます。

・Widgetの使い方と画面の構築や更新の手法を解説
・スマートフォンの機能の利用方法やバックエンドサーバ「Firebase」との連携方法を解説
・アプリのリリース方法を解説
・Flutterの便利な仕組みとその活用方法や、デザインパターンを紹介
・開発に役に立つWebサービスの紹介

なお本書はエンジニアのための情報共有コミュニティ「Zenn」で公開されている大人気の「Flutter実践入門」を元にした書籍です。

【対象読者】
・Flutterを初めて利用するエンジニア
・Flutterでアプリを作ってみたい方、どのようなことができるのかを知りたい方
・Flutter開発のスキルアップをしたい方
・Flutterの業務開発を検討している方

【本書のポイント】
・基本機能や便利な機能の実装方法がわかる
・Firebaseとの連携やアプリのリリース方法がわかる
・デザインパターンや開発に役に立つWebサービスの利用など応用的な手法がわかる

【目次】
Chapter1 Flutterの概要
Chapter2 Flutterアプリ開発の基本
Chapter3 スマートフォン機能の活用
Chapter4 Firebaseとの連携
Chapter5 アプリのリリース
Chapter6 Flutterの仕組みの活用
Chapter7 デザインパターン
Chapter8 開発に役立つWebサービス

【著者プロフィール】
掛内 一章(かけうち・かずあき)
岩手大学大学院 工学研究科 電気電子・情報システム工学専攻を修了後に、NTTコムウェア株式会社に入社。入社以来、システム開発/技術支援/新規ビジネスの企画/エンジニア育成などの様々な経験を経て、現在はフルスタックのテックリードとして、組織的なアジャイル開発を牽引中。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
元々zennの無料版(現在は有料に移行)を読ませて頂いていたので、お布施兼手元に置いておきたいという理由で購入しました。
zennのモノと中身はほとんど同じですが、さすがに本書の方がビジュアル的に読み易いモノとなっています。

他の入門書でRiverpodやProviderの項目が無かったことに驚いたのですが、本書には当然あって安心。
flutterの環境構築からアプリリリースまでの一連の流れを学ぶ入門書が欲しい場合、現状はこれ一択かなと個人的に思います。

まぁzennの事を考えると少し高額ですが・・・ (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

動かして学ぶ!Flutter開発入門

動かして学ぶ!Flutter開発入門
(著)掛内 一章
発売日 2023/05/17
総合評価
(3.7)
(2024/04/19 12:04時点)
Flutter入門の決定版!
丁寧な解説でサンプルを動かしながら
基礎から応用まで網羅して学べる

【本書の背景】
Flutterはオープンソースのモバイルアプリケーション向け開発フレームワークです。Android/iOS/Web/デスクトップに対応したアプリを開発でき、多彩なUIの作成や、ネイティブアプリに負けない高速な動作が可能など開発者にとって魅力的な機能を備えています。

【本書の概要】
サンプルを動かしながら開発環境の構築やFlutterの特徴的な機能を利用したアプリ開発手法を学べます。主に以下の内容を学べます。

・Widgetの使い方と画面の構築や更新の手法を解説
・スマートフォンの機能の利用方法やバックエンドサーバ「Firebase」との連携方法を解説
・アプリのリリース方法を解説
・Flutterの便利な仕組みとその活用方法や、デザインパターンを紹介
・開発に役に立つWebサービスの紹介

なお本書はエンジニアのための情報共有コミュニティ「Zenn」で公開されている大人気の「Flutter実践入門」を元にした書籍です。

【対象読者】
・Flutterを初めて利用するエンジニア
・Flutterでアプリを作ってみたい方、どのようなことができるのかを知りたい方
・Flutter開発のスキルアップをしたい方
・Flutterの業務開発を検討している方

【本書のポイント】
・基本機能や便利な機能の実装方法がわかる
・Firebaseとの連携やアプリのリリース方法がわかる
・デザインパターンや開発に役に立つWebサービスの利用など応用的な手法がわかる

【目次】
Chapter1 Flutterの概要
Chapter2 Flutterアプリ開発の基本
Chapter3 スマートフォン機能の活用
Chapter4 Firebaseとの連携
Chapter5 アプリのリリース
Chapter6 Flutterの仕組みの活用
Chapter7 デザインパターン
Chapter8 開発に役立つWebサービス

【著者プロフィール】
掛内 一章(かけうち・かずあき)
岩手大学大学院 工学研究科 電気電子・情報システム工学専攻を修了後に、NTTコムウェア株式会社に入社。入社以来、システム開発/技術支援/新規ビジネスの企画/エンジニア育成などの様々な経験を経て、現在はフルスタックのテックリードとして、組織的なアジャイル開発を牽引中。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
元々zennの無料版(現在は有料に移行)を読ませて頂いていたので、お布施兼手元に置いておきたいという理由で購入しました。
zennのモノと中身はほとんど同じですが、さすがに本書の方がビジュアル的に読み易いモノとなっています。

他の入門書でRiverpodやProviderの項目が無かったことに驚いたのですが、本書には当然あって安心。
flutterの環境構築からアプリリリースまでの一連の流れを学ぶ入門書が欲しい場合、現状はこれ一択かなと個人的に思います。

まぁzennの事を考えると少し高額ですが・・・ (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

マルチプラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter 3入門

クロス開発フレームワークFlutterの解説書。1つのコードでiOS、Android、Windows、macOS、Linux、Webのアプリが作成できる。開発効率が高くDart言語による高速なコードも特徴。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ちょうどFlutterとFirebaseを使ったアプリ開発を着手していた為、大変参考になりました。
開発環境構築から始まり、最新バージョンのFlutter3について丁寧に解説され、巻末にはDartの説明もありますので初心者でも順を追って進めていけばサンプル程度のアプリ開発は可能です。
JavaやSwiftやC#やPythonなど近代的オブジェクト指向言語を使ったシステム開発経験者であれば、Dart解説は軽く確認程度で、すぐにでも実践レベルのFlutterでのモバイル・アプリ開発が可能になると思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

はじめてのFlutter入門: iOS/Androidアプリ開発の⼀歩を踏み出そう!

はじめてのFlutter入門: iOS/Androidアプリ開発の⼀歩を踏み出そう!
(著)千葉直樹
発売日 2021/09/01
総合評価
(3.3)
(2024/04/19 12:00時点)
他のプログラミング言語を使っていて、はじめてFlutterで開発する方に向けた入門書です。

Flutterのチュートリアルや、Dart言語の習得として公式の「A tour of the Dart language」をもとに、実行可能なコードを紹介しています。
最新のDart 2.15で追加された内容も盛り込んでいます。

テストの書き方もありますので、一通りの開発手法を学ぶことができます。

最後にはTipsとして開発を加速させる便利なテクニックを紹介しています。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
最近Flutterでアプリ開発をはじめたので入門書を探していました。

本書は、まったくの初心者向けではなく、他の言語で経験があって基本的なことは理解している人向けです。

内容としては環境構築やDart言語の基礎といった一般的な入門書の内容はしっかりカバーしています。それ以外にもriverpodやflutter_hooksなどに気になる技術をTodoアプリというわかりやすい題材で解説していて、個人開発者としては参考になる実践的な内容になっていました。

個人的には、おすすめの静的解析のルールやストア公開時のTipsなど、実際にアプリを開発してみないとわからないことにも触れられている点に好感が持てました。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

ゼロから学ぶFlutterアプリ開発

ゼロから学ぶFlutterアプリ開発
(著)藤川 慶
発売日 2023/12/23
総合評価
(5)
(2024/04/19 12:04時点)
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
プログラミング初心者でもFlutterを使ったアプリ開発の手掛かりになり良さそうな1冊です。Flutterを学ぶ意義・他にもフレームワークがある中での位置付け・環境構築(WindowsよりもMacの方がやりやすいです)など丁寧に書かれています。Flutter自体は馴染み深いカウンターアプリの解説から始まり画面遷移やフォントの設定、フォーカスなどいきなりUIを作りながら学べます。その後、他の書籍ではおまけ程度に書かれがちなDartも変数とは何か?のレベル感から解説されます。Dartの公式ドキュメントは英語かつ非常に簡潔なので、初心者にとってハードルが高そうですがこの書籍であれば易しく丁寧に学べると思います。最後にじゃんけんアプリを作り、解説が終わります。ただ、実用的なアプリを作るとなると多くの場合にこの1冊では足りず更なるステップアップも必要です。

他の言語に慣れている方もFlutterについて易しく学べますが、もしも英語が得意だったり機械翻訳でドキュメントを読んだりできる場合にはこの書籍は不要かもしれません。Flutterの公式ドキュメントはとても読みやすい英語で書かれており、内容も充実しています。

とても易しいので反対に手慣れた開発者の方にはあまり勧められないです。が、Flutterのアプリ開発を見てスマートフォン向けアプリを作ってみたいとプログラミングに興味を持った方へ紹介してみたい1冊です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ②: 様々なパッケージを使ってみよう

*本書で作成したコードは一部GitHubで公開中です!TwitterかLINEでお問合せください!

本書は、モバイルアプリ開発について、iOSアプリもAndroidアプリも使える言語Flutterを用いて実際にアプリ作成をしながら学ぶことができる「Flutter実践入門編」シリーズの第2巻です。
第二巻ではFlutterでよく使われるパッケージの使い方を通して、アプリ開発の自由度を高めていきます。
本書を通じてモバイルアプリ作成に興味を持っていただくきっかけになることを目指しています。

本書は特に、
・モバイルアプリを作ってみたい方
・普段使っているアプリがどのように作られているか知りたい方
・Flutterのことは聞いたことあるけど何から始めたらいいのかわからない方
にお薦めです。

*個人で作成した書籍です。分かりやすく説明するよう心がけておりますが、どうしてもバージョンの違いなどによりエラーが生じる可能性、また説明が不十分でない箇所があります。その際はお気軽に本書巻末に記載されているLINEやメールアドレスからご質問ください。喜んでお答えいたします。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
スマホで動くアプリは動くのは当たり前です。
ゼロから始めるのは難しいです。
わかりやすく書いて欲しいです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ③: Firebaseでログインやデータ保存機能を使...

本書は、モバイルアプリ開発について、iOSアプリもAndroidアプリも使える言語Flutterを用いて実際にアプリ作成をしながら学ぶことができる「Flutter実践入門編」シリーズの第3巻です。
第3巻ではFirebaseを使用したオンラインデータ保存機能やログイン機能の説明を通して、より実用的なアプリ開発を行なっていきます。
本書を通じてモバイルアプリ作成に興味を持っていただくきっかけになることを目指しています。

本書は特に、
・モバイルアプリを作ってみたい方
・普段使っているアプリがどのように作られているか知りたい方
・Flutterのことは聞いたことあるけど何から始めたらいいのかわからない方
にお薦めです。

*個人で作成した書籍です。分かりやすく説明するよう心がけておりますが、どうしてもバージョンの違いなどによりエラーが生じる可能性、また説明が不十分でない箇所があります。その際はお気軽に本書巻末に記載されているLINEやメールアドレスからご質問ください。喜んでお答えいたします。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
4冊目が早く見たいです (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

基礎から学ぶ Flutter

基礎から学ぶ Flutter
(著)石井 幸次
発売日 2019/12/25
総合評価
(3.5)
(2024/04/19 12:04時点)
本書は、Googleが開発したUIツールキット「Flutter」について、基本からの応用まで丁寧に解説した1冊です。
本書の構成は次の通りです。

■目次
CHAPTER 01スタートガイド
CHAPTER 02Dart
CHAPTER 03ウィジェット
CHAPTER 04Material ComponentsとiOS-Style
CHAPTER 05ライブラリ
CHAPTER 06Flutterの内部構造
CHAPTER 07アーキテクチャ
CHAPTER 08テスト
CHAPTER 09パフォーマンスチューニング
APPENDIXアセット


CHAPTER 01では導入方法と画面遷移の基本的な実装を学びます。
CHAPTER 02ではDart言語の特徴を掴むことで自在に言語を操れるようになるはずです。
CHAPTER 03とCHAPTER 04を学べば、作成したい画面を作れるようになるでしょう。
機能が足りなければ、CHAPTER 05で、ライブラりを探したり、自作することもできます。
Flutterをもう少し詳しく知りたければ、CHAPTER 06を読むとよいでしょう。CHAPTER 06は、説明が難しくわかりにくいかもしれませんが、Flutter初級を抜け出すには必要な知識です。
そして、業務で実践的に使いたい場合は、CHAPTER07からCHAPTER 09が役立つはずです。


■序文より抜粋
本書を手にとった理由はさまざまあると思います。
・iOSアプリを運営してきて、そろそろAndroid版も作りたい。
・Android開発者はいるけど、iOS開発者がいない。
・開発コスト/運用コストを抑えたい。
・なんだか流行ってきたのでどんなものか知りたい。
・他のマルチプラットフォームを使ってるけど、より良いものを探している。
・Flutterで開発してきたけど、もっと深く知りたい。

これらは、本書を読まなくてもFlutterの継続的利用とその公式サイトを読み込めば間違いないく解決できます。Flutterを使ったり、公式サイトを読んでいくと「Googleの本気」を感じるはずです。Google以外のOSSも含め、Flutterほど公式ページが充実しているのは少ないのではないでしょうか。また、公式でYouTubeを使っての解説もたくさんしています。
本書は、それらの公式の情報と筆者の2年ほどの業務経験(+OSS活動)を合わせて構成しています。本書を読むことで基本から中級の知識の重要な箇所を理解できるようにしているつもりです。本書をきっかけとして、公式に触れることで理解が深まることを目的としています。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
01 スタートガイド
02 Dart
03 ウィジェット
04 Material ComponentsとiOS-Style
05 ライブラリ
06 Flutterの内部構造
07 アーキテクチャ
08 テスト
09 パフォーマンスチューニング
APPENDIX アセット

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
かなり詳細に書かれていて辞書として使えます。 ただしdartについては最低限の内容です。もう少しアプリ開発に踏み込んだサンプルがあればいいと思いました。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
flutterやdart周りについての日本語教材はまだまだ少ないので、とても助かりました。 導入からしっかり書かれています。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Flutterは今後伸びてきそうな言語だと感じ、勉強するために購入。 本書はFlutterの特徴やwidgetの機能などを網羅的に解説している。一度サンプルで何かしら簡易的なアプリを作成した後に本書を読む、という流れを個人的にはオススメしたい。 (参考:honto)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴
石井幸次(イシイコウジ)
プログラマー。フレームワーク戦国時代のサーバーサイドJavaからキャリアをスタート。その後、複数の言語を経験。直近はiOS/Androidアプリを作成することが多い。現在は、株式会社ニューズピックスに所属(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
基礎から学ぶ Flutter
発売日 2019/12/25
(2024/04/19 12:04時点)

  

7.Flutter(フラッター)とDart(ダート):モバイルアプリの作成を始める: ステップバイステップのガイドで、モ...

 
   

Flutterの本 最新・高評価のおすすめの5冊

以下が「Flutterの本」最新・高評価のおすすめの5冊詳細です。

(2024/04/19 12:04 更新)
 

ゼロから学ぶFlutterアプリ開発

ゼロから学ぶFlutterアプリ開発
(著)藤川 慶
発売日 2023/12/23
総合評価
(5)
(2024/04/19 12:04時点)
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
プログラミング初心者でもFlutterを使ったアプリ開発の手掛かりになり良さそうな1冊です。Flutterを学ぶ意義・他にもフレームワークがある中での位置付け・環境構築(WindowsよりもMacの方がやりやすいです)など丁寧に書かれています。Flutter自体は馴染み深いカウンターアプリの解説から始まり画面遷移やフォントの設定、フォーカスなどいきなりUIを作りながら学べます。その後、他の書籍ではおまけ程度に書かれがちなDartも変数とは何か?のレベル感から解説されます。Dartの公式ドキュメントは英語かつ非常に簡潔なので、初心者にとってハードルが高そうですがこの書籍であれば易しく丁寧に学べると思います。最後にじゃんけんアプリを作り、解説が終わります。ただ、実用的なアプリを作るとなると多くの場合にこの1冊では足りず更なるステップアップも必要です。

他の言語に慣れている方もFlutterについて易しく学べますが、もしも英語が得意だったり機械翻訳でドキュメントを読んだりできる場合にはこの書籍は不要かもしれません。Flutterの公式ドキュメントはとても読みやすい英語で書かれており、内容も充実しています。

とても易しいので反対に手慣れた開発者の方にはあまり勧められないです。が、Flutterのアプリ開発を見てスマートフォン向けアプリを作ってみたいとプログラミングに興味を持った方へ紹介してみたい1冊です。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ①: シンプルなアプリを作ってみよう

本書は、モバイルアプリ開発について、iOSアプリもAndroidアプリも使える言語Flutterを用いて実際にアプリ作成をしながら学ぶことができる書籍です。
まずはアプリが簡単に作れるということを理解していただくために、シンプルなアプリを2個作成します。
本書を通じてモバイルアプリ作成に興味を持っていただくきっかけになることを目指しています。

本書は特に、
・モバイルアプリを作ってみたい方
・普段使っているアプリがどのように作られているか知りたい方
・Flutterのことは聞いたことあるけど何から始めたらいいのかわからない方
にお薦めです。

 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
この分野、高い書物が多い中、Unlimitedで気軽に読めてありがたい。
内容も図が多くわかりやすかったです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

マルチプラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter 3入門

クロス開発フレームワークFlutterの解説書。1つのコードでiOS、Android、Windows、macOS、Linux、Webのアプリが作成できる。開発効率が高くDart言語による高速なコードも特徴。

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
ちょうどFlutterとFirebaseを使ったアプリ開発を着手していた為、大変参考になりました。
開発環境構築から始まり、最新バージョンのFlutter3について丁寧に解説され、巻末にはDartの説明もありますので初心者でも順を追って進めていけばサンプル程度のアプリ開発は可能です。
JavaやSwiftやC#やPythonなど近代的オブジェクト指向言語を使ったシステム開発経験者であれば、Dart解説は軽く確認程度で、すぐにでも実践レベルのFlutterでのモバイル・アプリ開発が可能になると思います。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ③: Firebaseでログインやデータ保存機能を使...

本書は、モバイルアプリ開発について、iOSアプリもAndroidアプリも使える言語Flutterを用いて実際にアプリ作成をしながら学ぶことができる「Flutter実践入門編」シリーズの第3巻です。
第3巻ではFirebaseを使用したオンラインデータ保存機能やログイン機能の説明を通して、より実用的なアプリ開発を行なっていきます。
本書を通じてモバイルアプリ作成に興味を持っていただくきっかけになることを目指しています。

本書は特に、
・モバイルアプリを作ってみたい方
・普段使っているアプリがどのように作られているか知りたい方
・Flutterのことは聞いたことあるけど何から始めたらいいのかわからない方
にお薦めです。

*個人で作成した書籍です。分かりやすく説明するよう心がけておりますが、どうしてもバージョンの違いなどによりエラーが生じる可能性、また説明が不十分でない箇所があります。その際はお気軽に本書巻末に記載されているLINEやメールアドレスからご質問ください。喜んでお答えいたします。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
4冊目が早く見たいです (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
  

スマホで動くアプリを作ろう!ゼロから始めるFlutter実践入門編 ②: 様々なパッケージを使ってみよう

*本書で作成したコードは一部GitHubで公開中です!TwitterかLINEでお問合せください!

本書は、モバイルアプリ開発について、iOSアプリもAndroidアプリも使える言語Flutterを用いて実際にアプリ作成をしながら学ぶことができる「Flutter実践入門編」シリーズの第2巻です。
第二巻ではFlutterでよく使われるパッケージの使い方を通して、アプリ開発の自由度を高めていきます。
本書を通じてモバイルアプリ作成に興味を持っていただくきっかけになることを目指しています。

本書は特に、
・モバイルアプリを作ってみたい方
・普段使っているアプリがどのように作られているか知りたい方
・Flutterのことは聞いたことあるけど何から始めたらいいのかわからない方
にお薦めです。

*個人で作成した書籍です。分かりやすく説明するよう心がけておりますが、どうしてもバージョンの違いなどによりエラーが生じる可能性、また説明が不十分でない箇所があります。その際はお気軽に本書巻末に記載されているLINEやメールアドレスからご質問ください。喜んでお答えいたします。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
Users Voice
スマホで動くアプリは動くのは当たり前です。
ゼロから始めるのは難しいです。
わかりやすく書いて欲しいです。 (参考:楽天)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
   

Flutterの本「新書一覧(2021年、2022年刊行)」

IT技術・プログラミング言語は、最新情報のキャッチアップも非常に重要、すなわち新書は要チェック

ということで、2020年以降に発売したFlutterの本の新書一覧(発売日の新しい順)が以下です。

(2024/04/19 12:04 更新)
製品価格
Flutterで作る モバイルアプリ開発入門
発売日 2024/12/13
片岡夏輝 (シーアンドアール研究所)
3,751円
3,751円
ゼロから学ぶFlutterアプリ開発
発売日 2023/12/23
藤川 慶 (技術評論社)
総合評価
(5)
2,860円
(+172pt)
2,803円
(+169pt)
2,860円
OpenCVとFlutter 2つ合わせてマルチプラットフォームアプリを作ろう! 技術の泉シリーズ...
発売日 2023/12/22
梶川 敬文 (インプレス NextPublishing)
総合評価
(3)
1,782円
980円
980円
動かして学ぶ!Flutter開発入門
発売日 2023/05/17
掛内 一章 (翔泳社)
総合評価
(3.5)
4,180円
(+251pt)
2,090円
4,180円
動かして学ぶ!Flutter開発入門
発売日 2023/05/17
掛内 一章 (翔泳社)
総合評価
(3.7)
4,180円
(+251pt)
2,090円
4,180円
マルチプラットフォーム対応 最新フレームワーク Flutter 3入門...
発売日 2022/11/22
掌田津耶乃 (秀和システム)
総合評価
(3.9)
3,300円
2,673円
2,970円
300円
2,178円
 

Flutterの本「Kindle Unlimited 読み放題 人気本ランキング」

「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

最近はKindle Unlimitedで読める本もどんどん増えており、雑誌、ビジネス書、実用書などは充実のラインナップ。

以下がKindle Unlimitedで読み放題となるFlutterの本の一覧です。

30日無料体験も可能なので、読みたい本があれば体験期間で無料で読むことも可能です。

(2024/04/19 12:04 更新)
Rank製品価格
1
300円
2
980円
3
300円
4
300円
5
980円
6
多分1週間くらいでできるFlutter入門 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))...
発売日 2021/11/05
吉岡 捺己 (インプレス NextPublishing)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(3.2)
1,782円
7
2,178円
8
1,782円
9
実践FlutterとFirebaseを使ったアプリ開発 (技術の泉シリーズ(NextPublishing))...
発売日 2021/09/03
岡花 智貴 (インプレス NextPublishing)
Kindle Unlimited対象
総合評価
(2.6)
1,782円
10
1,782円
 

関連:Android、iOS開発アプリ開発の本

以下ではAndroidアプリ開発、iOSアプリ開発関連の本をそれぞれまとめています、合わせてのぞいて見てください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました