【2021年最新】ポータブルSSD 500GB(512GB)の「人気/安いおすすめの20製品」

こちらでは、PCデータ容量の拡張や、持ち運び・他の環境でのデータ利用などに便利なポータブルSSDを紹介。

数年前はSSDは高級品でしたが、技術発展とともに単価も低下、今や大容量サイズでもかなり安価に購入が可能となっています。

こちらでは、ポータブルSSDの中でも比較的安価な500GB(480GB~512GB)サイズのものを、人気とともに紹介していきます。

Contents

   

500GB ポータブルSSD 人気BEST20

以下が「ポータブルSSD 500GB」今人気の製品ランキングです。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 5067件
2
(4.5)
総評価数 1419件
3
(4.6)
総評価数 1856件
4
(4.5)
総評価数 813件
5
(4.4)
総評価数 1464件
6
(4.5)
総評価数 945件
7
(4.5)
総評価数 1260件
8
(4.3)
総評価数 31件
9
(4.3)
総評価数 65件
10
(4.4)
総評価数 1464件
11
(4.4)
総評価数 58件
12
I-O DATA ポータブルSSD 500GB 耐衝撃 軽量 PS4/PS4 Pro/Mac対応 USB3.1(Gen1) SSPH-UA5...
発売日 2020/07/01
通常 7,180円
現在 6,625円
555円(8%)OFF!!
(4.5)
総評価数 1068件
13
BUFFALO SSD(480GB) ブラック SSD-PG480U3-BA
発売日 2019/01/30
通常 5,727円
現在 5,727円
(4.2)
総評価数 16件
14
(4)
総評価数 39件
15
(4.2)
総評価数 607件
16
ADATA 外付SSD 480GB SV620H ブラック ASV620H-480GC31-CTIEC
発売日 2021/02/12
通常 6,200円
現在 6,200円
(4)
総評価数 71件
17
(3.9)
総評価数 167件
18
(4.5)
総評価数 2117件
19
(3.9)
総評価数 339件
20
(4.3)
総評価数 100件

 

500GB ポータブルSSD 人気5製品

以下がポータブルSSD(500GB)の人気5製品の詳細です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 5067件
2
(4.5)
総評価数 1419件
3
(4.6)
総評価数 1856件
4
(4.5)
総評価数 813件
5
(4.4)
総評価数 1464件

BUFFALO USB3.1Gen1 ポータブルSSD 480GB 日本製 PS...

  • 【容量】480GB
  • 【接続規格】USB3.1(Gen1)/3.0/2.0
  • 【本体寸法(幅×高さ×奥行)】75×11.5×117mm 【本体質量】約100g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB3.1(Gen1)ケーブル(50cm)、取扱説明書(保証書)
  • 【保証期間】1年間
  • 【対応するパソコン】USB 3.1(Gen1)/3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac
  • CPU: Intel Core i7 3770K 3.50GHz

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
SSDそのものの仕様や性能は他のレビュアーの方が書かれておりますので、自分は主にPS4での用途の事を。
試したゲームはモンスターハンターワールドで、当方PS4slim、500GB。
メニュー画面からキャラクターを選択した後に大体一分半程度のロード時間が入ると思いますが、それが16秒で終わります。

もう一度言います。一分半→16秒です。

ここまで明確にロードが改善するとは思っていませんでした。その他の場面でロードを挟むような状況でも即座にロードが完了します。
このSSDの過去のモデルだと付属のケーブルの仕様が古く満足に速度が出ないという報告もありましたが、このモデルだとケーブルの方も新しく買い足す必要はありません。
このSSDを購入し、ケーブルでPS4を繋ぎ、SSDの中にロード時間短縮をしたいゲームのデータを移動するだけです。本当に簡単なんです。
他にケースとSSDを別途購入し装着するタイプのもありますが、よくわからなければコチラを購入した方が失敗しないかと思われます。

一つだけ注意点なのですが、PS4は仕様上250GB以下の容量のSSDを使用することが出来ません。こちらのモデルだと最低容量のものが240GB、つまりギリギリPS4で使用出来ませんので、一つ上の480GBのものを必ず購入しましょう。
価格もフルプライスのゲーム一本分とリーズナブルですので、この機会に購入してはどうでしょうか。自分は非常に満足の行く買い物だったと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
iMac 21.5 late2012 8GB  内蔵HDDがかなり遅くなって来たので外付け起動用に購入。 

数年前に保証内で内蔵HDD交換したのですが、その時と同じように起動、動作の全てが使いものにならないほど遅くなり、フリーズすることもしばしば。 fastaidで修復して多少マシになってもすぐにだめ。なのでので今回は外付けSSDに。 

結果は大変満足。 タイムマシンからの復元なので不要ファイル等もそのままの状態でも、起動、動作共に見違えました。
SSDの評価を見ていつかは変えようと思っていましたが、もっと早くに使っていればと後悔するほどの感動です。

内蔵交換も考えていましたが、私には充分過ぎます。 音に関してはファンが無いのであたりまえですが、発熱も現状では全く問題なし。 金額も1TBで2万そこそこ。 コストパフォーマンスも非常に高いと思います。

  (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

バッファロー SSD 外付け 480GB 超小型 コンパクト ポータブル PS4...

  • 【仕事効率アップ】 最大約430MB/sの高速なファイル転送。外付けHDDよりも約3.6倍速く、重いファイルもサクサク動く※。バスパワー駆動で、PCにさすだけ。電源不要。持ち運びにも便利な小型サイズ
  • 【PS4を楽しむ】ゲームを保存するだけで、PS4やPS4 Proのロード時間を約4分の1まで短縮できる外付けSSD※。ケースやケーブルの別購入は不要で、届いた日からストレスフリーなゲーム体験
  • 【データの保護と保証】セキュリティソフトウェアによる暗号化で情報を保護※。購入から1年間の保証つき。故障予測ソフトウェアやデータ復旧サービス利用でトラブルへの対応も安心※
  • 【動作環境とインターフェイス】Windows、Mac、PS5/PS4対応。USB( USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0)、Type-A、Type-Cの3パターンで接続可能
  • 【付属品】USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0ケーブル(Micro-B to Type-A、30cm)、USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0変換アダプター(Type-A to Type-C)、取扱説明書(保証書)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
この製品は、非常にコンパクトでフォーマットをexFATで行うとipadでもWindowsでも両方で了できます。
TYP-CのアダプタタはMac・ipad proで使えて、windowsではUSB3.1で接続、外付けHDDもexFATでフォーマット
したらTranscendの1TBがつながりました。これで大きい動画や写真、重要書類も移動簡単になりました。
今は、快適。iCloudを使うことがほとんどなくなりました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
子供の写真を保存していたHDDのバックアップ用に購入しました。HDDからのコピーも十分早かったです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SanDisk PortableSSD 500GB 【PS4 メーカー動作確認済】

  • 読出し速度最大550MB/秒 で写真やビデオを超高速に保存、編集、管理
  • IP55の防滴性と防塵性を備え、様々な状況下でデータを保護
  • 最大2メートルの落下に耐える衝撃と振動に強い高耐久モデル
  • コンパクトなデザインでUSB3.1 Gen2の超高速転送に対応
  • 信頼の3年間限定保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PCと常にセットで持ち歩きたいため、なるべく小型軽量で安定性のある実用的な製品を探して本製品に辿り使いました。

実際に商品が届いて中を見てみると、端から端まで16.5cmの両端USB Type-Cのケーブルが付属しています。ケーブルはかなり硬く無理矢理曲げると断線しそうで、せいぜい緩やかに180度向きを変えるのが限度です。なお、開封した時点で180度の跡がついています。これを真っ直ぐにすることは苦なく出来ます。
形状は、可能な限り小さく軽くして欲しかったと思いますが、十分小さく軽い上に、大きな穴の空いたデザインも実用的でもありそうですし、嫌いでは無いので良いと思っています。

USB Type-CをType-Aに変換するアダプタが付属していますが、これは無駄に大きくも無く、ケーブルタイプでも無い最小限の大きさになっており、気に入りました。
ただし、付属のUSBケーブルと変換アダプタとで凸凹の形で噛み合うようになっているため、他社のUSB Type-Cケーブルでの流用は出来ないかもしれません。
ただこれは、他社品で使えないように嫌がらせで付けている凸凹ではなく、両面使用可能なType-Cケーブルを片面仕様のType-Aの変換コネクタに接続するに当たり、信号品質維持の為に向きを固定する為に付けているものだと思われいます。本来はUSB3.0以降は延長すると信号品質が維持できないため規格では禁止されていますので、このような工夫をして信号品質を維持しているのかと思います。

SSD本体は、丸い穴が並んでいる面は、カチカチのプラスチックのような感触です。
側面と反対側は説明しづらいのですが、ふにゅふにゅしたような、まとわりつくような感触で私はあまり好きではありません。埃も付きやすいです。

使用時の発熱ですが、連続してベンチ―マークを取ったり、1TBくらいのデータを一気に書き込んだり、読み込んだりしてもほんのり暖かくなる程度でした。熱くなるというレビューが多いですが、他のNVMe(PCIe)のSSDやUSBメモリの発熱に比べれば気にするほどでは無く、気にせず使えるレベルだと思っています。

速度についてはベンチマークをいくつかとってみました。
使用したPCは Latitude 5290 2-in-1 (2018年モデル) です。

まず、本製品は exFAT の アロケーションユニットサイズが 1024kB(1MB) でフォーマットされています。exFATでフォーマットされているのはMacでも使えるようにだと思いますが、アロケーションユニットサイズが1MBというのは大きすぎますね。速度を出すためかとも思ったのですが・・・・
私はMacは使わないので、よりセキュリティや安定性のあるNTFSでの使用を考え、NTFSのアロケーションユニットサイズ 32kB と 4kB とで比較しましたが、結論は画像を見ていただけば分かりますが、予想に反して元のexFAT 1024kBとほとんど速度差はありませんでした。

アロケーションユニットサイズが大きすぎると、小さいファイルを多く扱う際に無駄が発生し、容量がすぐにいっぱいになってしまいます。
少なくともUSB3.0では速度差が無いですし、他の方のレビューのベンチマークのUSB3.1と比較してもシーケンシャルの読み書きで100MB/sの差があるものの、ランダム読み書きでは大きな差はなさそうです。
アロケーションユニットサイズは、それぞれ標準のexFATなら256kB、NTFSなら4kBで良いのでは無いかと思います。
フォーマットはMacを使う方はexFATが良いと思いますが、Windowsのみの方はセキュリティや安定性により優れるNTFSが良いと思います。
私はNTFS 4kBにしましたが、問題なく使えています。

PC内蔵のUSB3.0ポート(Type-C, Type-A)と、USB3.0 Hub経由との比較もしました。Hub経由だと少し遅くなっているものの、あまり気にするレベルでも無いかと思い、最初はHub経由で使用していたのですが、大きなファイルのコピーをするときに頻繁に速度がめちゃくちゃ低下し、さらには止まってしまう現象が発生しました。同じファイルをコピーするときは毎回同じところで速度低下や止まったります。Hubのキャッシュ容量などのせいなのかもしれません。本製品をPCのUSBポートに直結したら、一切発生しなくなりました。
exFAT でも NTFS でも同じように発生したので、フォーマットの問題では無いと思います。
私が使用したHubは正確にはドッキングステーションで、Plugable UD-ULTCDL というものです。
他の方のレビューにも止まってしまうというレビューがありますが、もしかするとHub経由だったとすると同じ問題かもしれません。

最後に、HDDとの速度差を参考までにベンチマークしてみました。さすがに段違いですね。

本製品はUSB3.1(Gen2)対応で読み込み速度550MB/sということですが、私がベンチマークとったのはUSB3.1(Gen1)(=USB3.0)なので、シーケンシャル読み書きはそこまで届いていませんが、他の方のUSB3.1のベンチマークと比べるとランダム読み書きは遜色ないようです。

私は早くからPCのDISKはSSDを使っていたので、この製品で速度に感動するようなことはありませんでしたが、SDカードやUSBメモリのように遅くてイライラすることもなく、内蔵SATAのSSDと同等に安定・快適に、そして安心して使えています。
常時持ち歩いて使用しているので、HDDと違い、落としても簡単には壊れないという点も良いですね。

国内メーカーを応援している私としては、SanDiskのSSDということで、東芝と協業しているFlashメモリを使用しているところもお気に入りです。

大きな不満はありませんが、あえてマイナスポイントを上げるのなら、本体の感触がちょっと気持ち悪かったのと、3年保証なのだから付属のデータ復旧ソフトの有効期限も1年では無く3年にしてくれれば良いのに、という2点でしょうか。

(2019/08/13 追記)
一週間程度、毎日仕事で10時間以上使用しての感想です。
やはり発熱は大したことありません。会社にいある間、長いときは10時間以上接続しっぱなしですが、一番熱いところでも、ほんのり暖かいというよりは少し熱め、というレベルです。まったく気にする必要の無いレベルかと思います。

また、毎日PCと一緒にカバンに入れて持ち歩いていますが、樹脂とシリコンっぽいケースが意外に良いです。
金属ケースだと放熱には優れるかもしれませんが、そもそも放熱を気にするほど温度が上がっていませんし、金属だとカバンに入れるときは自分自身や周囲の物やカバンに傷がつかないか気になってしまい、緩衝材や袋に入れたくなると思います。
しかし、この商品のソフトなシリコンっぽいケースは感触が気持ち悪いと書きましたが、通常さっと持つ分には気にならないし、このソフト感が周囲の物やカバンに傷を付ける心配がなく、自分自身にも傷が付きにくそうで、精神衛生上とても言い方向に作用しています。
穴模様のある硬いプラの部分は早速こすったような傷が付いてしまいましたが・・・。カバンの中で付いてしまったようです。

なお、アイドル(接続してるけど読み書きしていない)状態での消費電流は290~320mAの間をうろうろしていました。USBコネクタに挿入する簡易電流計での測定ですが。

読み書きの速度も内臓SSDと遜色なく使えており、特に不具合は感じていません。
USBケーブルが短いので、SSD本体を机の上の置きたいところにピタッと配置できないというのはありますが、まぁ気になる人は別途USBケーブルを用意すればいい話でしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4(初期型)用に500GBを購入しました。

内蔵HDDのゲーム容量を管理するのがそろそろ限界で換装すべきか考えましたが、とても手間がかかり、SATA2.0という制約もあります。

それより規格上高速な USB3.0接続のSSDを追加ストレージとすることにしました。

内蔵HDDと合わせ、1TBという形になりゲーム保存容量の拡大と、SSDによる高速化の目的を達成できて満足です。
それにSSHDよりは効果があったかなと思っています。

欠点は2つしかないUSB3.0端子を常時使用してしまうこと と 外見上の問題でしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Samsung T5 500GB USB 3.1 Gen2 外付け SSD (ポータブル

  • 最大転送速度 : 540MB/秒
  • インターフェース : USB 3.1 Gen 2、下位互換
  • セキュリティ : パスワードロック(任意設定)、AES 256bitハードウェア暗号化
  • 使用用途 : PC(個人用、ビジネス)、PS4(PS4動作確認済み※ITGM調べ)
  • 互換性 : Windows 7以降、Mac OS X 10.9以降、Android 4.4(KitKat)以降のVer対応

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
MacBook Pro(13inch,2016)にてUSB3.1接続で使用しています。

読み込み、書き込み、共にとても安定しています。
添付したAJA System Testのグラフを見ていただいても安定感が伝わると思います。
速度も500MB/sくらい出ているので大満足です。

ただケース付きで購入する場合には1つ気をつけることがあります。
HDDのみでケースに入れたところ、ぶかぶかすぎて使えない!となりました。
これは何かおかしいと思い、商品ページの写真をもう一度確認してみると
HDDの梱包に使われていた固定トレイを使用することがわかりました。

固定トレイを使用すれば問題なくしっかりと収納できます。
危なくトレイを捨てるとこでした。捨てる前に気づいてよかった。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
軽くて耐久性もあるので、ケーブルつなげっぱで無造作に置いてます。
外付けSSDなだけあって、頑丈だしホコリも入りにくいので、変に気にせず、
そのままつけっぱにできるのがいい。
内蔵+外付けケースはどうしてもホコリやケーブルの差し入れが不安なので、、、

※※追記※※
容量不足に伴い、1TBを購入
箱に開けられた形跡?があり不審に思ったので、
サポートに問い合わせたところ国内正規品でない事が判明。

販売元が『この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。』となっているか確認した方がいいです
因みに『SUPPLIES NETWORK』という所から買ったものが偽物でした (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO USB3.2Gen2 ポータブルSSD 480GB 名刺サイズ ...

  • PS5/PS4メーカー動作確認済
  • 【容量】480GB
  • 【対応】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0端子(Type-AまたはType-C)搭載のWindowsパソコン、Mac
  • 【接続規格】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 【サイズ】(幅×高さ×奥行):50×10.9×95mm 【質量】約52g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0ケーブル(C to C,30cm)、USB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0/2.0 変換アダプター(C to A)、取扱説明書(保証書)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
これヤバい…空箱かモックが届いたかもしれん…と思うレベルで軽い(物理的)です。ちょっと焦ったで…。
Win10で使用のレビューが激少なな上、あってもなんだか悪いレビューが多々見受けられたので心配だなぁと思いつつ、でもUSB3.2Gen2で比較的安くてよさげなのはこれだしPS4で使えてWin10でだめとか意味わからんしな!とやや怖々購入。
接続はType-C同士。ケーブルType-A用しか入っとらん!?と思ったら先端引っこ抜くとType-Cが出てきました。
早速90GBくらいPCから移動してみました。正直PC内蔵HDDからの移動ごときでめっちゃはえええとかは感じなかったのですが、よかった変に遅くないってのと、SSDだからHDDより耐久度高いやろ(適当)と言う感覚でこの製品、個人的には好ましいです。ちなみに箱から出して即誤って軽く放り投げてしまいましたがみまもり合図とかいう故障状況判定ソフトでは正常完璧なAランクでしたので間違って投げても問題ないでしょう(※個人の意見です)
肝心の実速度とりあえずはかってみたので載せときます。

Win10で不具合無し&なぜかウイルスデバイスとか仰ってるレビューがあったので念のためMalwarebytesで一発スキャンしてみましたが異常無し。ちゃんと普通の外付けSSDですた。
何か自分でファイルつっこんだ後にスキャンしたとすればそれが原因の可能性は無きにしも非ずですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ミニマルにみえますが、裏全体にステッカーで保証、データ普及センターアナウンス、シリアル番号、QRコードが2つついています。こんなダサいのみたことない。しかも剥がせる感じではなくしっかりと整形されてそこに埋め込みで貼ってあります。商品写真に入れるべきだなぁ。剥がすと保証外とおもいますのでそこを理解して使う必要が
携帯するひとがそれで嬉しいと思いますか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

500GB ポータブルSSD 最新・高評価のおすすめ5製品

以下がポータブルSSD(500GB)の最新かつ、評価も高い、おすすめ5製品です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.7)
総評価数 1136件
2
(4.6)
総評価数 1856件
3
(4.6)
総評価数 1210件
4
(4.6)
総評価数 1168件
5
(4.6)
総評価数 20件

Seagate One Touch SSD 500GB 黒 外付 ポータブル PS4対応

  • "データ復旧サービス(Rescue)3年付で万一の備えも安心 ※テレビ録画データは復旧対象外となります"
  • 顧客満足度95%のサービス、送料負担なし、復元データはパスワード付きで送付なのでセキュリティも安心
  • 使い方は簡単!メーカーサポート 0120-993-280 月曜日-金曜日 午前9時〜午後6時にお電話を
  • PS5/PS4動作確認済み
  • 最高400MB/秒の転送速度で、保存した動画のノートPCへのダイレクト再生、写真のスムーズなスクロール、外出先でのコンテンツのバックアップに最適
  • "ファブリック仕上げ・軽量・小型で持ち運びに便利な外付けSSD クレジットカード・サイズ(商品サイズ 75 x 55.5 x 10mm) 【付属品】USB 3.0ケーブル 20㎝ WindowsとMac対応( Type-Cアダプタは別売りです)"
  • Mylio Createの1年間の無料サブスクリプションとAdobe Creative Cloud Photographyプランの2ヶ月間の無料メンバーシップで、写真を編集、管理、共有できます(一部の国ではご利用になれません)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
MacBook Pro 13inch を買ってMacbook Air並みにコンパクトになったので喜んでいましたが、バックアップも外出時に行いたくて、コンパクトなこの商品を買いました。ちっちゃくていいですね。USB Hubなんかと一体型のSSDとかないかな。。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
値段と容量のバランスが良く、リーズナブルだと思う。
速さも表示通り。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SanDisk PortableSSD 500GB 【PS4 メーカー動作確認済】

  • 読出し速度最大550MB/秒 で写真やビデオを超高速に保存、編集、管理
  • IP55の防滴性と防塵性を備え、様々な状況下でデータを保護
  • 最大2メートルの落下に耐える衝撃と振動に強い高耐久モデル
  • コンパクトなデザインでUSB3.1 Gen2の超高速転送に対応
  • 信頼の3年間限定保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PCと常にセットで持ち歩きたいため、なるべく小型軽量で安定性のある実用的な製品を探して本製品に辿り使いました。

実際に商品が届いて中を見てみると、端から端まで16.5cmの両端USB Type-Cのケーブルが付属しています。ケーブルはかなり硬く無理矢理曲げると断線しそうで、せいぜい緩やかに180度向きを変えるのが限度です。なお、開封した時点で180度の跡がついています。これを真っ直ぐにすることは苦なく出来ます。
形状は、可能な限り小さく軽くして欲しかったと思いますが、十分小さく軽い上に、大きな穴の空いたデザインも実用的でもありそうですし、嫌いでは無いので良いと思っています。

USB Type-CをType-Aに変換するアダプタが付属していますが、これは無駄に大きくも無く、ケーブルタイプでも無い最小限の大きさになっており、気に入りました。
ただし、付属のUSBケーブルと変換アダプタとで凸凹の形で噛み合うようになっているため、他社のUSB Type-Cケーブルでの流用は出来ないかもしれません。
ただこれは、他社品で使えないように嫌がらせで付けている凸凹ではなく、両面使用可能なType-Cケーブルを片面仕様のType-Aの変換コネクタに接続するに当たり、信号品質維持の為に向きを固定する為に付けているものだと思われいます。本来はUSB3.0以降は延長すると信号品質が維持できないため規格では禁止されていますので、このような工夫をして信号品質を維持しているのかと思います。

SSD本体は、丸い穴が並んでいる面は、カチカチのプラスチックのような感触です。
側面と反対側は説明しづらいのですが、ふにゅふにゅしたような、まとわりつくような感触で私はあまり好きではありません。埃も付きやすいです。

使用時の発熱ですが、連続してベンチ―マークを取ったり、1TBくらいのデータを一気に書き込んだり、読み込んだりしてもほんのり暖かくなる程度でした。熱くなるというレビューが多いですが、他のNVMe(PCIe)のSSDやUSBメモリの発熱に比べれば気にするほどでは無く、気にせず使えるレベルだと思っています。

速度についてはベンチマークをいくつかとってみました。
使用したPCは Latitude 5290 2-in-1 (2018年モデル) です。

まず、本製品は exFAT の アロケーションユニットサイズが 1024kB(1MB) でフォーマットされています。exFATでフォーマットされているのはMacでも使えるようにだと思いますが、アロケーションユニットサイズが1MBというのは大きすぎますね。速度を出すためかとも思ったのですが・・・・
私はMacは使わないので、よりセキュリティや安定性のあるNTFSでの使用を考え、NTFSのアロケーションユニットサイズ 32kB と 4kB とで比較しましたが、結論は画像を見ていただけば分かりますが、予想に反して元のexFAT 1024kBとほとんど速度差はありませんでした。

アロケーションユニットサイズが大きすぎると、小さいファイルを多く扱う際に無駄が発生し、容量がすぐにいっぱいになってしまいます。
少なくともUSB3.0では速度差が無いですし、他の方のレビューのベンチマークのUSB3.1と比較してもシーケンシャルの読み書きで100MB/sの差があるものの、ランダム読み書きでは大きな差はなさそうです。
アロケーションユニットサイズは、それぞれ標準のexFATなら256kB、NTFSなら4kBで良いのでは無いかと思います。
フォーマットはMacを使う方はexFATが良いと思いますが、Windowsのみの方はセキュリティや安定性により優れるNTFSが良いと思います。
私はNTFS 4kBにしましたが、問題なく使えています。

PC内蔵のUSB3.0ポート(Type-C, Type-A)と、USB3.0 Hub経由との比較もしました。Hub経由だと少し遅くなっているものの、あまり気にするレベルでも無いかと思い、最初はHub経由で使用していたのですが、大きなファイルのコピーをするときに頻繁に速度がめちゃくちゃ低下し、さらには止まってしまう現象が発生しました。同じファイルをコピーするときは毎回同じところで速度低下や止まったります。Hubのキャッシュ容量などのせいなのかもしれません。本製品をPCのUSBポートに直結したら、一切発生しなくなりました。
exFAT でも NTFS でも同じように発生したので、フォーマットの問題では無いと思います。
私が使用したHubは正確にはドッキングステーションで、Plugable UD-ULTCDL というものです。
他の方のレビューにも止まってしまうというレビューがありますが、もしかするとHub経由だったとすると同じ問題かもしれません。

最後に、HDDとの速度差を参考までにベンチマークしてみました。さすがに段違いですね。

本製品はUSB3.1(Gen2)対応で読み込み速度550MB/sということですが、私がベンチマークとったのはUSB3.1(Gen1)(=USB3.0)なので、シーケンシャル読み書きはそこまで届いていませんが、他の方のUSB3.1のベンチマークと比べるとランダム読み書きは遜色ないようです。

私は早くからPCのDISKはSSDを使っていたので、この製品で速度に感動するようなことはありませんでしたが、SDカードやUSBメモリのように遅くてイライラすることもなく、内蔵SATAのSSDと同等に安定・快適に、そして安心して使えています。
常時持ち歩いて使用しているので、HDDと違い、落としても簡単には壊れないという点も良いですね。

国内メーカーを応援している私としては、SanDiskのSSDということで、東芝と協業しているFlashメモリを使用しているところもお気に入りです。

大きな不満はありませんが、あえてマイナスポイントを上げるのなら、本体の感触がちょっと気持ち悪かったのと、3年保証なのだから付属のデータ復旧ソフトの有効期限も1年では無く3年にしてくれれば良いのに、という2点でしょうか。

(2019/08/13 追記)
一週間程度、毎日仕事で10時間以上使用しての感想です。
やはり発熱は大したことありません。会社にいある間、長いときは10時間以上接続しっぱなしですが、一番熱いところでも、ほんのり暖かいというよりは少し熱め、というレベルです。まったく気にする必要の無いレベルかと思います。

また、毎日PCと一緒にカバンに入れて持ち歩いていますが、樹脂とシリコンっぽいケースが意外に良いです。
金属ケースだと放熱には優れるかもしれませんが、そもそも放熱を気にするほど温度が上がっていませんし、金属だとカバンに入れるときは自分自身や周囲の物やカバンに傷がつかないか気になってしまい、緩衝材や袋に入れたくなると思います。
しかし、この商品のソフトなシリコンっぽいケースは感触が気持ち悪いと書きましたが、通常さっと持つ分には気にならないし、このソフト感が周囲の物やカバンに傷を付ける心配がなく、自分自身にも傷が付きにくそうで、精神衛生上とても言い方向に作用しています。
穴模様のある硬いプラの部分は早速こすったような傷が付いてしまいましたが・・・。カバンの中で付いてしまったようです。

なお、アイドル(接続してるけど読み書きしていない)状態での消費電流は290~320mAの間をうろうろしていました。USBコネクタに挿入する簡易電流計での測定ですが。

読み書きの速度も内臓SSDと遜色なく使えており、特に不具合は感じていません。
USBケーブルが短いので、SSD本体を机の上の置きたいところにピタッと配置できないというのはありますが、まぁ気になる人は別途USBケーブルを用意すればいい話でしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4(初期型)用に500GBを購入しました。

内蔵HDDのゲーム容量を管理するのがそろそろ限界で換装すべきか考えましたが、とても手間がかかり、SATA2.0という制約もあります。

それより規格上高速な USB3.0接続のSSDを追加ストレージとすることにしました。

内蔵HDDと合わせ、1TBという形になりゲーム保存容量の拡大と、SSDによる高速化の目的を達成できて満足です。
それにSSHDよりは効果があったかなと思っています。

欠点は2つしかないUSB3.0端子を常時使用してしまうこと と 外見上の問題でしょう。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

Seagate One Touch SSD 500GB 迷彩グレー 外付 PS4対応

  • Seagate One Touch SSD 迷彩グレー 500GB 日本正規代理店品 ご購入前安心コールサポート有 3年製品保証 STJE500404
  • One Touch SSDスペシャル・エディションは軽量・小型の外付けSSDで、4色の迷彩カラーから選べます
  • PS4動作確認済み
  • 最高400MB/秒の転送速度で、保存した動画のノートPCへのダイレクト再生、写真のスムーズなスクロール、外出先でのコンテンツのバックアップに最適
  • クレジットカード・サイズ(商品サイズ 75 x 55.5 x 10mm)
  • WindowsとMac対応( Type-Cアダプタは別売りです)
  • 製品3年保証付
  • ご購入前・安心メーカーサポート 0120-993-280 月曜日-金曜日 午前9時〜午後6時
  • 【付属品】USB 3.0ケーブル 20㎝
  • Mylio Createの1年間の無料サブスクリプションとAdobe Creative Cloud Photographyプランの2ヶ月間の無料メンバーシップで、写真を編集、管理、共有できます(一部の国ではご利用になれません)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

Seagate One Touch SSD 500GB 迷彩赤 外付 PS4 ポータブル

  • Seagate One Touch SSD 迷彩赤 500GB 日本正規代理店品 ご購入前安心コールサポート有 3年製品保証 STJE500405
  • One Touch SSDスペシャル・エディションは軽量・小型の外付けSSDで、4色の迷彩カラーから選べます
  • PS4動作確認済み
  • 最高400MB/秒の転送速度で、保存した動画のノートPCへのダイレクト再生、写真のスムーズなスクロール、外出先でのコンテンツのバックアップに最適
  • クレジットカード・サイズ(商品サイズ 75 x 55.5 x 10mm)
  • WindowsとMac対応( Type-Cアダプタは別売りです)
  • 製品3年保証付
  • ご購入前・安心メーカーサポート 0120-993-280 月曜日-金曜日 午前9時〜午後6時
  • 【付属品】USB 3.0ケーブル 20㎝
  • Mylio Createの1年間の無料サブスクリプションとAdobe Creative Cloud Photographyプランの2ヶ月間の無料メンバーシップで、写真を編集、管理、共有できます(一部の国ではご利用になれません)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
コンパクトで持ち運びに便利!不満なし!
僕は気にならないけど、付属のケーブルが短いです。中指の先から手首くらいの長さです。デスクトップとかだと少し浮くけど、しっかり挿さってるので抜けることはないけど、気になる方はケーブルを探してもいいかも! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
MacBook Pro 13inch を買ってMacbook Air並みにコンパクトになったので喜んでいましたが、バックアップも外出時に行いたくて、コンパクトなこの商品を買いました。ちっちゃくていいですね。USB Hubなんかと一体型のSSDとかないかな。。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイ・オー・データ機器 SSPH-UA480NV USB3.1 Gen1(USB...

  • 容量:480GB
  • 動作環境:USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0いずれかのポートを装備した機種
  • ※ USB 3.1 Gen 1(USB 3.0)/USB 2.0いずれかのインターフェイス商品を装備した機種を含む。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS4の有名な狩りのゲームをする為に購入したのですがこれは本当に素晴らしい!
ロード時間なども今までの半分以下だし
取り付けもめっちゃ簡単!
悩んでいるなら絶対に買うべし! (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS4のために購入。以前HDDを使用していましたが、格段に早くなりました。
とてもお勧めです。モンハンライフとくに、リセマラをする方にはお勧めです、 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

500GB ポータブルSSD 最安の5製品

以下がポータブルSSD(500GB)の低価格(安い)5製品です。コストを抑えるならこちらがおすすめです。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.1)
総評価数 46件
2
(4.4)
総評価数 34件
3
BUFFALO SSD(480GB) ホワイト SSD-PG480U3-WA
発売日 2019/01/30
通常 6,640円
現在 5,577円
1,063円(16%)OFF!!
(4.4)
総評価数 2件
4
BUFFALO SSD(480GB) ブラック SSD-PG480U3-BA
発売日 2019/01/30
通常 5,727円
現在 5,727円
(4.2)
総評価数 16件
5
(4.4)
総評価数 5067件

TCSUNBOW 外付SSD 500GB エクストリーム ポータブル 読出し速度

  • *写真、ビデオ、ファイル用の高速ストレージ
  • * TCSUNBOW rapid ssdでデータ転送速度を向上させる
  • * 368 /342MB /秒の超高速読み書き速度
  • *ミュートショックと振動防止、外出先での使用に適したライフスタイル
  • *無料テクニカルサポートで3年間のメーカー保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
タイムセールにて50個限定の際に購入、その為か他の方とは違いちゃんと箱に入って注文の翌日に届きました。
説明書などなく保証に関しては不明ですが、
3年保証という事なのでいざという時はAmazonカスタマーに連絡すればいいかなと思い特に気にはしておりません。

初期状態ですとmacでは使用できなかったので、詳しくはないのですが、フォーマットを行って形式を変更すれば使用できました。

パソコン初心者ですが、詳しい事はよくわからないので色々調べればちゃんと使用する事ができました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
TV録画の外付として使用
LG UH7700ですが、他の大抵の商品も大丈夫でしょう。
USB3.0(TV側)-usb-C(本体側)に15cmくらいのケーブルで接続
本体も小型です。5×10cmくらいでしょうか。
フォーマットせずそのままUSBにさしてそのまま認識しました。
録画も普通にできました。
利用し始めたばかりですので、耐久性はわかりませんが保証もついています

7000円以下で500GBのssdで高速かつそれなりの大容量で録画環境を手に入れられて大満足です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

HIJIAO シリコン保護カバー Samsung T7 Touch ポータブル SSD

  • 特別デザイン:Samsung T7 Touch Portable SSD 500GB/1TB /2TB 外付けソリッドステートドライブ用に設計されています。
  • 詳細: メッシュ設計は、ハードディスクの放熱に役立ちます。 ハンドストラップとフィンガーバックルは非常に丈夫で、キーリングやバックパックに簡単に接続できます。
  • 素材:高品質のシリコン、柔軟性、傷がつきにくく、T7 の保護に優れています。
  • 耐久性:ハンドストラップに接続されたシリコン穴で、壊れやすい心配はありません。
  • パッケージ:シリコンカバー1個。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
 
  

BUFFALO SSD(480GB) ホワイト SSD-PG480U3-WA

BUFFALO SSD(480GB) ホワイト SSD-PG480U3-WA
BUFFALO
発売日 2019/01/30
(4.4)

\1,063円(16%)OFF セール中/
  • 容量:480GB
  • 対応するパソコン:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A/Type-C端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac
  • 対応するデジタル家電:PlayStation®4/PlayStation®4 Pro ※120GB、240GBモデルは非対応です。
  • サイズ:2.5

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
性能に文句は無いがUSBの接触があまり良く無いのか少しでも手が当たったりすると正常に外されませんでした、データの修復を行います」となるので触れないように気をつけましょう (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
BUFFALO SSD(480GB) ホワイト SSD-PG480U3-WA
発売日 2019/01/30
通常 6,640円
現在 5,577円
1,063円(16%)OFF!!

  

BUFFALO SSD(480GB) ブラック SSD-PG480U3-BA

  • 容量:480GB
  • 対応するパソコン:USB3.1(Gen1)/USB3.0/2.0 Type-A/Type-C端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac
  • 対応するデジタル家電:PlayStation®4/PlayStation®4 Pro ※120GB、240GBモデルは非対応です。
  • サイズ:2.5

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
取説の量が凄くて、フリーソフトでクローンして、外部起動したが、上手くいかず、
フォーマットして、buffaloの説明書通りにやったら、上手く行った。外部SSD起動からで、
こんなに早くなるとは思わなかった。但し、ブート起動とかバイオスの知識が無いと難しいかも。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
非常にコンパクトで設定も簡単でした。
読み込みも計測したわけではないですが体感的にも速度アップを感じました。
ケーブルは付属のものを使いました。
特別な知識も要らないので手軽さを求めるならオススメです。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
BUFFALO SSD(480GB) ブラック SSD-PG480U3-BA
発売日 2019/01/30
通常 5,727円
現在 5,727円

  

BUFFALO USB3.1Gen1 ポータブルSSD 480GB 日本製 PS...

  • 【容量】480GB
  • 【接続規格】USB3.1(Gen1)/3.0/2.0
  • 【本体寸法(幅×高さ×奥行)】75×11.5×117mm 【本体質量】約100g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB3.1(Gen1)ケーブル(50cm)、取扱説明書(保証書)
  • 【保証期間】1年間
  • 【対応するパソコン】USB 3.1(Gen1)/3.0/2.0 Type-A端子を搭載するWindowsパソコンおよびMac
  • CPU: Intel Core i7 3770K 3.50GHz

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
SSDそのものの仕様や性能は他のレビュアーの方が書かれておりますので、自分は主にPS4での用途の事を。
試したゲームはモンスターハンターワールドで、当方PS4slim、500GB。
メニュー画面からキャラクターを選択した後に大体一分半程度のロード時間が入ると思いますが、それが16秒で終わります。

もう一度言います。一分半→16秒です。

ここまで明確にロードが改善するとは思っていませんでした。その他の場面でロードを挟むような状況でも即座にロードが完了します。
このSSDの過去のモデルだと付属のケーブルの仕様が古く満足に速度が出ないという報告もありましたが、このモデルだとケーブルの方も新しく買い足す必要はありません。
このSSDを購入し、ケーブルでPS4を繋ぎ、SSDの中にロード時間短縮をしたいゲームのデータを移動するだけです。本当に簡単なんです。
他にケースとSSDを別途購入し装着するタイプのもありますが、よくわからなければコチラを購入した方が失敗しないかと思われます。

一つだけ注意点なのですが、PS4は仕様上250GB以下の容量のSSDを使用することが出来ません。こちらのモデルだと最低容量のものが240GB、つまりギリギリPS4で使用出来ませんので、一つ上の480GBのものを必ず購入しましょう。
価格もフルプライスのゲーム一本分とリーズナブルですので、この機会に購入してはどうでしょうか。自分は非常に満足の行く買い物だったと思っています。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
iMac 21.5 late2012 8GB  内蔵HDDがかなり遅くなって来たので外付け起動用に購入。 

数年前に保証内で内蔵HDD交換したのですが、その時と同じように起動、動作の全てが使いものにならないほど遅くなり、フリーズすることもしばしば。 fastaidで修復して多少マシになってもすぐにだめ。なのでので今回は外付けSSDに。 

結果は大変満足。 タイムマシンからの復元なので不要ファイル等もそのままの状態でも、起動、動作共に見違えました。
SSDの評価を見ていつかは変えようと思っていましたが、もっと早くに使っていればと後悔するほどの感動です。

内蔵交換も考えていましたが、私には充分過ぎます。 音に関してはファンが無いのであたりまえですが、発熱も現状では全く問題なし。 金額も1TBで2万そこそこ。 コストパフォーマンスも非常に高いと思います。

  (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

   

500GB ポータブルSSD USB3.2搭載モデル

以下が高速転送が可能なUSB3.2対応ポータブルSSD(500GB)の製品です。

(2021/05/18 更新)
Rank製品評価
1
(4.4)
総評価数 1464件
2
(4.4)
総評価数 1464件
3
(4.4)
総評価数 58件
4
(4.3)
総評価数 149件
5
(4.5)
総評価数 88件

BUFFALO USB3.2Gen2 ポータブルSSD 480GB 名刺サイズ ...

  • PS5/PS4メーカー動作確認済
  • 【容量】480GB
  • 【対応】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0端子(Type-AまたはType-C)搭載のWindowsパソコン、Mac
  • 【接続規格】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 【サイズ】(幅×高さ×奥行):50×10.9×95mm 【質量】約52g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0ケーブル(C to C,30cm)、USB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0/2.0 変換アダプター(C to A)、取扱説明書(保証書)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
これヤバい…空箱かモックが届いたかもしれん…と思うレベルで軽い(物理的)です。ちょっと焦ったで…。
Win10で使用のレビューが激少なな上、あってもなんだか悪いレビューが多々見受けられたので心配だなぁと思いつつ、でもUSB3.2Gen2で比較的安くてよさげなのはこれだしPS4で使えてWin10でだめとか意味わからんしな!とやや怖々購入。
接続はType-C同士。ケーブルType-A用しか入っとらん!?と思ったら先端引っこ抜くとType-Cが出てきました。
早速90GBくらいPCから移動してみました。正直PC内蔵HDDからの移動ごときでめっちゃはえええとかは感じなかったのですが、よかった変に遅くないってのと、SSDだからHDDより耐久度高いやろ(適当)と言う感覚でこの製品、個人的には好ましいです。ちなみに箱から出して即誤って軽く放り投げてしまいましたがみまもり合図とかいう故障状況判定ソフトでは正常完璧なAランクでしたので間違って投げても問題ないでしょう(※個人の意見です)
肝心の実速度とりあえずはかってみたので載せときます。

Win10で不具合無し&なぜかウイルスデバイスとか仰ってるレビューがあったので念のためMalwarebytesで一発スキャンしてみましたが異常無し。ちゃんと普通の外付けSSDですた。
何か自分でファイルつっこんだ後にスキャンしたとすればそれが原因の可能性は無きにしも非ずですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ミニマルにみえますが、裏全体にステッカーで保証、データ普及センターアナウンス、シリアル番号、QRコードが2つついています。こんなダサいのみたことない。しかも剥がせる感じではなくしっかりと整形されてそこに埋め込みで貼ってあります。商品写真に入れるべきだなぁ。剥がすと保証外とおもいますのでそこを理解して使う必要が
携帯するひとがそれで嬉しいと思いますか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

BUFFALO USB3.2Gen2 ポータブルSSD 480GB 名刺サイズ ...

  • PS5/PS4メーカー動作確認済
  • 【容量】480GB
  • 【対応】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0端子(Type-AまたはType-C)搭載のWindowsパソコン、Mac
  • 【接続規格】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0
  • 【サイズ】(幅×高さ×奥行): 50×10.9×95mm 【質量】約52g(ケーブル含まず)
  • 【付属品】USB 3.2(Gen 2)/3.2(Gen 1)/3.1(Gen 2)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0ケーブル(C to C, 30cm)、USB3.2(Gen1)/3.1(Gen1)/3.0/2.0 変換アダプター(C to A)、取扱説明書(保証書)

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
これヤバい…空箱かモックが届いたかもしれん…と思うレベルで軽い(物理的)です。ちょっと焦ったで…。
Win10で使用のレビューが激少なな上、あってもなんだか悪いレビューが多々見受けられたので心配だなぁと思いつつ、でもUSB3.2Gen2で比較的安くてよさげなのはこれだしPS4で使えてWin10でだめとか意味わからんしな!とやや怖々購入。
接続はType-C同士。ケーブルType-A用しか入っとらん!?と思ったら先端引っこ抜くとType-Cが出てきました。
早速90GBくらいPCから移動してみました。正直PC内蔵HDDからの移動ごときでめっちゃはえええとかは感じなかったのですが、よかった変に遅くないってのと、SSDだからHDDより耐久度高いやろ(適当)と言う感覚でこの製品、個人的には好ましいです。ちなみに箱から出して即誤って軽く放り投げてしまいましたがみまもり合図とかいう故障状況判定ソフトでは正常完璧なAランクでしたので間違って投げても問題ないでしょう(※個人の意見です)
肝心の実速度とりあえずはかってみたので載せときます。

Win10で不具合無し&なぜかウイルスデバイスとか仰ってるレビューがあったので念のためMalwarebytesで一発スキャンしてみましたが異常無し。ちゃんと普通の外付けSSDですた。
何か自分でファイルつっこんだ後にスキャンしたとすればそれが原因の可能性は無きにしも非ずですね。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
ミニマルにみえますが、裏全体にステッカーで保証、データ普及センターアナウンス、シリアル番号、QRコードが2つついています。こんなダサいのみたことない。しかも剥がせる感じではなくしっかりと整形されてそこに埋め込みで貼ってあります。商品写真に入れるべきだなぁ。剥がすと保証外とおもいますのでそこを理解して使う必要が
携帯するひとがそれで嬉しいと思いますか? (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

キオクシア(KIOXIA) SSD 外付け 480GB USB3.2 Gen2 ...

  • 【パソコンのデータ保存に】 最大約550MB/sの高速なファイル転送。バックアップや拡張ストレージとして様々な作業をこれまで以上に素早く完了できます。
  • 【ゲームのロード時間を改善】ゲームのインストール先として使用することでゲームデータのロード時間を改善します。
  • 【耐衝撃で持ち運び便利】最大2.0mの落下試験にも耐える軽量アルミ筐体を採用。更に米国規格MIL-STD準拠で安心して持ち運びができます。
  • 【大事なデータを守る】SSD Utilityソフトに対応、パスワード保護機能でお客様のデータを守ります。
  • 【データの保護と保証】購入から3年間の保証つき。万が一のデータトラブルの備えに、バッファローデータ復旧サービス対応。

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
旧東芝のキオクシアの外付けSSD。今まで使っていた外付けSSDから乗り換え。
M1 MacBook Airのタイムマシーンバックアップとして利用しています。前使っていたSSDはたまにMacが認識しなくなり接続をし直したりする必要があったのですが、これは常時認識しており安定しています。想像以上に小さく薄く軽い。iPhone12miniの2/3くらいの大きさ。処理速度は速いと思います。満足できます。ケーブルはUSB(USB 3.2(Gen 2)/USB 3.2(Gen 1)/3.1(Gen 1)/3.0/2.0)、Type-A、Type-C の二種類がついており便利です。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
小さく軽くてパソコン周りの自由度が大きくなった。HDDに比べ俄然スピードが速い。
箱と本体にmade in Chinaと記載があり日本製ではないです。KIOXIAなのですが、製品裏面に販売元と製品サポートはバッファローと書いてありました。
付属のケーブルは2種あってどちらもしっかりしたもの。
コスパもいい。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

SanDisk SSD 外付け 480GB USB3.2Gen2 読出最大520MB/秒

  • 最大読出し速度520MB/秒で写真や動画を高速にバックアップ、編集、管理
  • USB Type-Aケーブル同梱、WindowsとMacの両方に対応
  • 持ち運びに便利なコンパクトサイズで、2mの落下に耐える高耐久モデル
  • キーホルダーやフックに掛けられるラバーハングタブ
  • ファイル暗号化ソフト「サンディスク セキュアアクセス」付

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
アウトレットで18500円、とても安く購入できました。
速度に不満を持っている方もいるようですが、私はこの速度で大満足です。
何を求めるかだと思いますね。
大量データのバックアップや、デジカメの写真データの外部メモリへの退避などでは自分はこの速度で退避できれば十分です。
HDDと比較すれば驚くほど小型、軽量で耐久性もあります。
これを使用してしまうとHDDには戻れない。
添付した測定データはUSB3.2Gen1接続です。(それでも高速だと思います) (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
外付けSSDとしては速度は遅めな機種かもしれませんが、接続する機種がM1チップ搭載のMacBook AirでそもそもUSB3.2接続の転送速度がそこまで大きくないので、手頃な価格で1TBを入手できるこの機種はベストだと思っています。
サイズはものすごく小さくて、AirPods Proと並べると1.5倍前後くらいのサイズなのでポケットにいつでも入れておけるサイズで良い感じです。

とにかくSanDiskブランドのSSDを安価に使いたい人向けな機種という位置付けでしょうか。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

アイ・オー・データ ポータブルSSD 480GB 静音 耐衝撃 軽量 PS4 PS5対応

  • 対応OS:mac_os
  • [特長]ps4のゲームをps5へお引越し ps5でゲームをプレイできるssd
  • [対応os]win10/8.1 macos 10.14~10.15/11.0
  • [サイズ/重量]約46(w)×72(d)×11(h)mm/約34g
  • [付属品]usb3.2 gen2(usb3.1)ケーブル type-c to standard a 約30cm/取説/ssdスタンド
  • [その他]1年保証

↓全て表示↑少なく表示
 
 
Users Voice
PS5での動作確認取れていないSSDは購入はお勧めしません。実際、WIN Mac PS4と表記された、サ○ディスク製のSSDを購入して使用した所、相性問題なのかPS5でフォーマットできず、返品しました。

この製品はパッケージにもPS5対応と印刷された(シールでなく)最新の製品なので、安心して使えると思います。

PS5と並べても、ミニチュアのPS5っぽくて可愛いらしいです。

接続は、SSD本体上部のCポートから、PS5背面のAポートに接続します。

他社製品とかでは、1000MB/sを謳ってる物でも、Aポートに繋ぐとUSB3.2 Gen2がGen1接続になったりしますが、この製品は表記を見る限りGen2のままみたいです。 

SSDは基本繋ぎっぱの製品ですし、全面のCポート使うのが嫌な人はこれで十分でしょう。結局どんな早い製品でも背面Aポートを使用500MB/s前後で頭打ちです。

迷ったらコレ (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
PS5の使用できる容量は約670GBと
少ないので拡張ストレージとして購入。
PS4では1TBでギリギリだったので容量不足に。
拡張ストレージは必須ですね。

PS5のゲームは内臓SSDにしか保存できない為、
引き続きPS4のゲームをする場合、
内臓SSDに保存してしまうとその分圧迫し
将来、PS5のゲームが入らないという事態に。
なので、
PS4のゲームは拡張SSD(HDD)へ
PS5のゲームは内臓SSDへ保存。

商品に関しては
超小型で台座クッションも付いていて
縦置きもできます。
容量は960GBですが使用できるのは880GB程度。
PS5との動作が確認されていて
PS5用の説明書も付いているので安心して使えます。
個人的にBuffalo製品はあまり相性がよくないので
I-O DATA製にしました。 (参考:Amazon)

↓全て表示 ↑少なく表示
 
  

 

関連:より大容量の「1TB SSD」

以下では、より高価ですが容量も多く便利な1TBモデルや、他のサイズのものも紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

 

関連:大容量バックアップ向け「外付けHDDの人気製品」

以下ではSSDよりも、容量単価が安く大容量データ保存向きの外付けHDDを紹介しています。合わせて検討してみてください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました