Amazon Echo(Alexa)向け音楽配信サービスの比較~邦楽歌手100組比較や無料利用法まで紹介~

Sponsored Links

(2019/07/14 Apple Musicへの対応に合わせて内容更新)
 

AmazonのAIスピーカー「Amazon Echo(アマゾンエコー)」とそのAI「Alexa(アレクサ)」、これらを利用する際に重要になるのが、「どの音楽サービスを使うか」です。なぜなら、月額料金が発生するためランニングコストそのものになるからですね。

アマゾンエコーでは豊富な選択肢から音楽サービスを選択可能、無料お試し利用することも可能です。ということで今回は、アマゾンエコー(アレクサ)で利用できる音楽サービスを比較・紹介していきまっす。
 

Amazon Echo(Alexa)向け音楽配信サービス一覧

echo_s

さっそく利用可能なサービスを比較・一覧してみましょう。

サービス名 Prime Music Amazon Music
Unlimited
Spotify AWA
イメージ
提供元 Amazon Amazon Spotify AWA
曲数 100万曲 6,500万曲以上 4000万曲以上 5,500万曲以上
月額 500円
(プライム料金)
980円
プライム会員780円
Echoプラン380円
980円
無料不可
960円
無料可
楽曲
ダウンロード
可能 可能 可能 可能
無料トライアル 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月 3ヶ月
主な特徴 ・プライムサービス利用可 ・プライム割引
・専用Echoプラン
・ユーザー数世界No.1
・無料プランあり
(Alexaからは不可)
・無料プランあり
・Alexaで無料試聴

 

サービス名 dヒッツ うたパス Apple Music
イメージ
提供元 NTT docomo
(レコチョク連携)
au(KDDI) Apple
曲数 550万曲以上 500万曲以上 5,000万曲以上
月額 540円 324円 980円
学割有り
楽曲
ダウンロード
一部可能
(myヒッツ)
不可 可能
無料トライアル 1ヶ月 1ヶ月 1ヶ月
主な特徴 ・邦楽対応率が高い ・邦楽対応率が高い
・カラオケ割引等の特典
・iPhoneから使いやすい

各サービス、単純に料金と楽曲数が比例するだけではなく、大きな特徴や様々な月額料金プランが付属していますね。各サービスの特徴を以下で見ていきましょう。

 

Alexa(Amazon Echo)におすすめの音楽サービス

おすすめ①:「Amazon Music Unlimited」

Amazon Echo(Alexa)で最もおすすめの音楽サービスは、間違いなく「Amazon Music Unlimited」です。

当然ですが、やはりAmazonサービスである「Amazon Music Unlimited」が他より頭ひとつ抜けてAlexaから使いやすくなっています

例えば好きなアーティストの新曲情報を通知してくれるフォロー機能や、画面付きのEcho端末からも操作しやすくなっていたり、歌詞もしっかり表示されたりと、かなりEcho(Alexa端末)での利用にサービスが最適化されています

音楽サービスの内容自体も、プライム会員なら月額780円、さらに年間払なら650円相当、Echoプランなら380円、など他社数千万曲級サービスよりかなり安価に利用する選択肢があります

その上配信楽曲数は、公表数字で見る限り圧倒的な数でナンバーワン

時折99円で数ヶ月使えるセールや、Echoと同時で無料利用可能なキャンペーンもあるので、かなりお得。

なにか大きなこだわりがない限りは、基本的にAmazon Music Unlimitedを選択しておいて間違いなし、です。

Amazon Music Unlimitedについては、以下で別途まとめています。あわせて参照ください。

 

1ヶ月体験が可能、いつでも解約も可能です。

 

おすすめ②:「dヒッツ」

「dヒッツ」は、NTT docomoが提供する音楽サービスですが、誰でも利用することが可能です。

日本オリコンチャート(2016)のアーティストカバー率No.1を謳っており、特に邦楽の人気楽曲対応度は最も高いながら、540円という安価な価格が魅力のサービスです。

実際、安室奈美恵、サザンオールスターズ、星野源など、なかなか他のサービスが対応してないアーティストも聴き放題に含まれています。

安価な分、プレイリスト(プログラム)再生型となっており、基本は曲名を指定しての再生ができません

ただし、「myヒッツ」という毎月増える一定数のお気に入り曲登録機能があるので、そちらを使うと任意の曲や自作プレイリストを聴くことが可能となります。その枠であればEchoからも楽曲指定可能です。

ということで、使いにくい部分はあるものの回避策もあり、何より邦楽の豊富さと安さが魅力のサービスです。dヒッツにしかいないアーティスト(JPOP)を楽しむならおすすめのサービスです。

dヒッツについては以下で別途まとめています。

 

同様に1ヶ月程度お試しも可能ですので、独特な使用感は試してみるのが良いかと思います。

 

その他の音楽サービスの特徴の簡易まとめ

Prime Music

「Prime Music」はアマゾンプライム会員が受けられるサービスのうちの一つです。つまりプライム会員になるだけで使えます

プライム会員は、アマゾンの配送料金やお急ぎ便などのサービス、人気のアニメ・ドラマ・映画が見放題のプライムビデオ、一部の本や雑誌が読み放題のPrime Reading、などなどお得な特典が受けられるサービスです。これらが月額325円という破格のお得なサービスです。1つでも使いそうなサービスがあればまず入っていて損はないです。

 

ということで、Prime Musicは、月額325円で、様々な付加サービスまで受けられる、お得度がかなり高いサービスです。楽曲数は他サービスに劣りますが、豊富なプレイリストがあり、ジャンルや気分でざっくりと音楽を聴く分には十分なクオリティでしょう。機能としては下記のAmazon Music Unlimitedと基本変わりません。

対応楽曲に関しては、料金の割に洋楽が豊富ですが、邦楽は弱い印象ですね。1ヶ月体験で、音楽内容も他サービスも体験してみるのがおすすめです。

 

 

うたパス

「うたパス」は、KDDIが提供する音楽サービスで、Amazon Echoではauユーザーのみが利用可能となっています。AppleIDによる契約形態もあるのですが、Echoでの利用ができません。

最大の特徴は、安価な料金と邦楽の充実さです。有料音楽サービスでは最安です(Prime Musicより1円安い!笑)。それでいながら、邦楽はかなり充実しており、最新楽曲の配信も比較的早いようです。しかし、安さの分機能の制限は強く、楽曲は用意されたプレイリストのシャッフル再生のみで、楽曲指定で聴くことができないのが辛いですね。

うたパスは、サービス契約特典に、火曜日にカラオケが安くなる特典や、ライブ先行受付や招待など、少し特殊な特典がついてくるのが面白いです。カラオケは1,200円引きになるようなので、火曜にカラオケ出来る方はこれだけで簡単に元がとれてしまいます笑。

ということで、好きに楽曲を聴けないのが辛いものの、破格の安さと邦楽の豊富さ、様々な別特典が魅力のサービスですね。auユーザー限定ではありますが、ざっくりJPOPを安く聴きたい!なんて人におすすめのサービスかと思います。

うたパスついては以下で別途まとめています。

また同様に一ヶ月お試しも可能ですので、使用感は試してみるのが良いかと思います。

 

AWA

「AWA」は、日本企業サイバーエージェントとエイベックスによるサービスで、非常に機能が豊富で使い勝手が良い音楽サービスです。

最大の特徴は、アカウント不要の無料でも利用可能な点ですね。無料版では、各曲90秒程度のハイライト再生のみが可能となります。フル楽曲を聴くには、960円の月額契約が必要となります。

プレイリストをユーザーが作成して公開することが可能で、豊富かつユニークなプレイリストが利用可能となります。

ただし、Amazon Echoから利用する場合には、デフォルト音楽サービスに設定できず、アーティスト指定の再生もできないなど、他のサービスに比べてAmazon Echo利用時の機能性に劣っている部分があります。最新曲やJPOP等をざっくりとBGMとして聴く分には問題ないでしょう。

以下でAWAの詳細な紹介しています。

AWAは以前は無料体験期間は1ヶ月でしたが、現在3ヶ月の無料体験が可能となっています。非常にお得ですのでせっかくならフル機能で試してみると良いかと思います。

 

参考:対応邦楽アーティストを比較一覧

以上のようなサービスの特徴に加え、重要要素な要素となるのが「対応アーティスト・対応楽曲」ですよね。

ここでは特に利用者が多く、サービス間で差もある邦楽対応アーティストを比較一覧しましょう。Amazon Musicは上位のMusic Unlimitedに絞って比較していきます。

一曲でもいいので本人オリジナル楽曲が配信されている場合「o」とします。他のアーティストとのコラボ(featuring)扱いのものや、オルゴール曲、カバー曲は含みません。

アーティスト Amazon
Music
Unlimited
dヒッツ うたパス AWA
19 o o o o
10-FEET o o o o
AAA o o o o
AI o o o o
AKB48 o o o o
Aimer o o o o
ASIAN KUNG-FU GENERATION o o o o
B’z x x x x
BIGBANG o o o o
BOYS AND MEN o o o o
BTS(防弾少年団) o o o o
BUMP OF CHICKEN x x x x
Chara o o o o
DREAMS COME TRUE o o o o
E-girls o o o o
EXILE o o o o
EXO o o o o
Flower o o o o
GENERATIONS from EXILE TRIBE o o o o
GLAY o o o o
アーティスト Amazon
Music
Unlimited
dヒッツ うたパス AWA
GReeeeN o o o o
HAWAIIAN6 o o o o
HKT48 o o o o
Hey!Say!JUMP x x x x
Hi-STANDARD x x x x
JUDY AND MARY o o o o
JUJU o o o o
JY o o o o
KAT-TUN x x x x
Kinki Kids x x x x
Kis-My-Ft2 x x x x
L’Arc~en~Ciel’ x o o x
May.J o o o o
Mr.Children o o o o
NEWS x x x x
NMB48 o o o o
ONE OK ROCK o o o o
Perfume o o o o
RADIO FISH o o o o
RADWIMPS o o o o
アーティスト Amazon
Music
Unlimited
dヒッツ うたパス AWA
SEKAI NO OWARI o o o o
SKE48 o o o o
SMAP x x x x
Sexy Zone x x x x
Superfly o o o o
THE BLUE HEARTS x o o x
THE YELLOW MONKEY o o o x
TWICE o o o o
V6 x x x x
YUKI o o o o
YUI o o o o
X JAPAN o o o o
back number x x x x
miwa o o o o
μ’s(ミューズ) x o x x
いきものがかり o o o o
きゃりーぱみゅぱみゅ o o o o
ももいろクローバーZ(無印含む) o o o o
ゆず o o o o
エレファントカシマシ o o o o
アーティスト Amazon
Music
Unlimited
dヒッツ うたパス AWA
ケツメイシ o o o o
ゲスの極み乙女。 o o o o
コブクロ x o o x
サカナクション o o o o
サザンオールスターズ x o o x
ジャニーズWEST x x x x
スピッツ o o o o
ポルノグラフィティ x o o x
モーニング娘。 x o o x
レミオロメン x o o x
ワルキューレ x o o x
藍井エイル o o o o
安室奈美恵 x o o x
絢香 o o o o
x x x x
家入レオ o o o o
宇多田ヒカル o o o o
大塚愛 o o o o
関ジャニ∞ x x x x
桐谷健太(浦島太郎) o o o o
アーティスト Amazon
Music
Unlimited
dヒッツ うたパス AWA
桑田佳祐 x o o x
欅坂46 o o o o
倖田來未 o o o o
三代目 J Soul Brothers
from EXILE TRIBE
o o o o
高橋優 o o o x
手嶌 葵 o o o o
中島みゆき x o o x
長渕剛 o o o o
西野 カナ o o o o
乃木坂46 o o o o
秦 基博 o o o o
浜崎あゆみ o o o o
一青窈 o o o o
氷川きよし o o o o
平井堅 x o o x
藤原さくら o o o o
福山雅治 o o o o
星野 源 x o o x
美空ひばり o o o o
矢沢永吉 o o o o
アーティスト Amazon
Music
Unlimited
dヒッツ うたパス AWA
合計対応数(100組中) 71組 85組 84組 69組

太字がサービス間で差があるアーティストです。
※多くのアーティストは「o」がついていれば多くの楽曲が利用可能ですが、アーティストによっては、最新曲等は聴けない、逆に最新曲等しか対応していない、というものもあるので注意です。

 

結果としては、dヒッツが最も対応数が多く(85組/100組)、ついでほぼ同率でうたパス(84/100組)、そして少し離れてAWA(69/100組)、ほぼ同程度でAmazon Music Unlimited(68/100組)となりました。

つまり、邦楽アーティストに関しては「dヒッツ」、「うたパス」が非常に強いです。今回挙げたアーティストでいうと、Amazon Music UnlimitedやAWAのみで聴けるアーティストはおらず、アーティスト対応度合いでいえばdヒッツ、うたパスが完全に上位となっています。
 

特に多くの人に影響しそうなところだと、

  • サザンオールスターズ
  • 安室奈美恵
  • 星野源

この辺のアーティストの対応に差がある点は大きいでしょうか。
 

基本的な傾向として、現在だとAmazon Musicは洋楽が強く、dヒッツ・うたパスは邦楽に強いようです。邦楽に関してはサービスの対応楽曲数とは真逆の結果を生んでいるのが面白いですね。

ということで、邦楽をたくさん聴く方は、サービスの対応楽曲数だけでなく、上記のような具体的な対応アーティストも考慮に入れて利用サービスを選ぶと良いと思います。

まとめ

ということで、Amazon Echoから利用可能な音楽配信サービスを見てきました。

おすすめで挙げたとおり、基本的には機能的にも、コスト的にも「Amazon Music Unlimited」がおすすめです。

アレクサからの音声操作の使い勝手も最も良いでしょう。

邦楽へのこだわり等がある場合は、対応アーティストを調べて「dヒッツ」も選択肢にしてみると良いかと思います。

各サービスは無料体験があるので、これらをとりあえず使ってみるだけでも数ヶ月無料でアレクサで音楽再生も可能です。

使用感も確かめられるのでそれぞれお試ししてみるのもおすすめです。

 

Alexaの使い勝手や音楽再生コマンドに関しては以下でまとめています。合わせて参照ください。

いじょうでっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました