【2021年】Blender本「人気20冊と新書/高評価/おすすめの9冊」

無料で使える3DCG作成(DCC)ツール「Blender(ブレンダー)」。

無料とは思えないほど機能が豊富で、モデリングからスケルタルアニメーション作成まで、3DCG作成に必要な一通りのことが可能です。

3Dゲームの自作や、最近だとVTuberなどむけの自キャラなど、3DCGを手元で試してみたい方には今必携のツールともいえるでしょう。

こちらでは、そんなフリーの3DCG作成(DCC)ツールの王道「Blender」の人気・おすすめ本を紹介していきまっす。

 

発売したての新書をピックアップ
技術書は情報の鮮度も重要、人気ランキングの前に新しい書籍もチェックしておきましょう。




 

 

 

Kindle Unlimited 1ヶ月無料

kindle_unlimited_sale
 
  • 1ヶ月無料で読み放題
  • 1ヶ月以内でも解約可能
  • 解約後も1ヶ月まで利用可


 

Blender本「人気ランキング 20冊」

Blenderの今売れ筋本を人気ランキングで一覧したのが以下。

ランキングは日々更新されていますので、最新の人気が反映されています。

 

(2021/10/25 12:12 更新)
Rank製品価格
1
入門Blender2.9 ~ゼロから始める3D制作~
発売日 2020/09/01
シゲユキ, 伊丹 (秀和システム)
総合評価
2,970円
2,970円
2,970円
2
BlenderユーザーのためのPython入門
発売日 2021/06/22
大西 武 (シーアンドアール研究所)
総合評価
3,762円
3,386円
3,386円
3,762円
3
4,180円
3,762円
4,180円
4,180円
4
Blender 2.9 3DCG モデリング・マスター
発売日 2021/05/21
Benjamin (ソーテック社)
総合評価
3,278円
3,278円
3,278円
3,278円
5
Blender 3DCG モデリング・マスター
発売日 2016/11/18
Benjamin (ソーテック社)
総合評価
4,710円
3,080円
3,080円
1,980円
6
3,058円
2,905円
3,058円
3,058円
7
Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック
発売日 2020/01/24
Benjamin (ソーテック社)
総合評価
4,378円
4,159円
4,378円
4,378円
8
作りながら楽しく覚える Blender 2.83LTS 準拠&2.9 対応
発売日 2020/10/30
大河原 浩一 (ラトルズ)
総合評価
3,000円
2,700円
2,999円
2,999円
9
Blender 3Dキャラクター メイキング・テクニック
発売日 2015/12/19
Benjamin (ソーテック社)
総合評価
3,520円
3,344円
3,520円
3,520円
10
2,948円
2,948円
2,948円
2,948円
11
新 ブレンダーからはじめよう! ~無料でできる3Dアニメーション...
発売日 2021/03/22
原田 大輔 (技術評論社)
総合評価
2,728円
2,728円
2,728円
2,728円
12
Blenderアドオン・ガイド (I/O BOOKS)
発売日 2021/06/28
山崎 聡 (工学社)
1,540円
1,540円
1,540円
13
Blender標準テクニック ローポリキャラクター制作で学ぶ3DCG
発売日 2017/01/25
友 (エムディエヌコーポレーション)
総合評価
5,680円
3,520円
3,520円
3,648円
14
現場ですぐに使える!Blender逆引き大全300の極意 Blender2.8対応...
発売日 2019/11/29
薬師寺国安 (秀和システム)
総合評価
3,080円
2,772円
2,772円
3,080円
15
はじめよう! 作りながら楽しく覚える Blender(リフロー版)
発売日 2017/06/29
大河原 浩一 (ラトルズ)
総合評価
3,025円
2,722円
3,025円
1,382円
16
2,750円
2,475円
2,475円
2,750円
17
1,199円
2,772円
2,772円
2,668円
18
2,530円
2,530円
2,530円
19
やわらか3DCG教室 Blender
発売日 2019/01/31
akiki (ビー・エヌ・エヌ新社)
総合評価
2,750円
2,475円
2,475円
2,750円
20
Blender 2.7 モデリング・ブック
発売日 2014/09/27
大河原 浩一 (マイナビ)
総合評価
521円
3,828円
1,925円

 

以降でおすすめ・注目の本をピックアップしていきまっす。

ちなみに、Kindle版のある本ならサンプル送信で試し読み可能。大概目次まで見れるので、内容の概要もつかめるので、サンプル試読おすすめです。

 

Blenderの今人気の参考書の 3冊

「入門Blender2.9 ~ゼロから始める3D制作~」

入門Blender2.9 ~ゼロから始める3D制作~
(著)シゲユキ, 伊丹
発売日 2020/09/01
総合評価
(2021/10/25 12:12時点)
はじめて3Dを始める人に最適なブレンダー2.8をインストールから丁寧に解説した入門書です。Blenderの各機能を実践的に解説しているので初学者がBlenderを使えるようになる最適な入門書です。
 
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
目次
1章 3Dの基礎知識とBlender環境の構築
1-1 3D
1-2 基礎知識
1-3 Blenderの概要
1-4 ダウンロードとインストール
2章 Blenderの概要説明
2-1 Blenderの起動
2-2 画面構成
2-3 基本操作
3章 メッシュモデリングの基本
3-1 メッシュ(ポリゴン)によるモデリング
3-2 グラスを作る
3-3 テーブルセットを作る
4章 カーブモデリング
4-1 カーブとサーフェス
4-2 カッティングボードの制作
5章 スカルプトモデリング
5-1 スカルプトモデリングスカルプトモデリング
5-2「スカルプトモデリング」の実際
6章 マテリアルとテクスチャ
6-1 マテリアル
6-2 カッティングボードに色を付ける
6-3 カッティングボードにテクスチャを貼る
6-4 ノード
6-5 UVの作成と編集
6-6 ミルクパックのUV編集
7章 アニメーション
7-1 アニメーションのワークスペース
7-2 ボール移動アニメーション
7-3 車を走らせる
8章 アーマチュア
8-1 アーマチュアって?
8-2 ストローにアーマチュアを設定する
8-3 キャラクターにアーマチュアを設置する
9章 カメラ、ライト、そしてレンダリング
9-1 カメラ
9-2 ライト
9-3 レンダリング

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
まあまあの本です。ありがとうございました。本だけでは覚えられないし実戦で覚えるしかないです。基本は初歩は本で学ぶのもいいかと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
初心者に優しい本です。 blenderを始めたい人にぴったりだと思います。 blenderの使い方をある程度理解している人は別の本がいいかも。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Blenderの入門にちょうどよかったです。 変化の激しいソフトにおいて最新の情報が載っているのは少ないので有難いです。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元Amazon)

 
著者略歴

著:伊丹 シゲユキ
イラストレーター業を機にテレビゲームの企画、シナリオ、設定デザインを行う。アナログとデジタルにおける広告、創作知識を有し初期よりコンピューターにおける一貫した制作作業を行う。インターネットの普及とともにWEBサービスの企画やデザイン、制作作業を業務としながら各種講師業も継続。
専門はイラストレーション、3D、動画、WEB、ゲーム、アプリ企画制作等々。


↓全て表示↑少なく表示

  

「BlenderユーザーのためのPython入門」

BlenderユーザーのためのPython入門
(著)大西 武
発売日 2021/06/22
総合評価
(2021/10/25 12:05時点)
本書はBlender上でプログラミング言語Pythonをスクリプティングして、プログラムでオブジェクトを作成したり編集したりアニメーションしたりする方法を解説しています。
Pythonは世界で最も人気のあるプログラミング言語の1つで、たくさんのプログラマーがいて、参考サイトや入門書が多数存在します。ただ、BlenderユーザーでPythonもできる人は多くはないかもしれません。そこで本書では作例を見ながら、新たなPythonの文法が出てくるたびに文法も解説しています。そのため、無理なくスクリプトを書くことができます。
最近ではUnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンが無料でも使えるようになり、低レイヤーからプログラミングしていかなくても比較的容易に3Dゲームが作れてしまいます。ただし、3DCGを描くのは依然として大変なままです。
そこで無料のBlenderは3DCGを描くのに大変強力な武器になるでしょう。さらにPythonでスクリプトも書けたらそのBlenderをより効率的に作業することができます。たとえば、本書の作例の1つだと、ランダムに移動した地面の頂点の位置に木を複製して簡単に林を作ることができます。
本書のターゲットはBlenderユーザー全員です。すべてのBlenderユーザーがPythonを書けるようになることを願います。

CHAPTER 01 BlenderとPythonについて
CHAPTER 02 Blenderのインストールについて
CHAPTER 03 さまざまなデータの表示について
CHAPTER 04 データの作成や編集について
CHAPTER 05 シンプルな実践的スクリプト
CHAPTER 06 パネルやダイアログなどのUI
CHAPTER 07 毛の生成UI
CHAPTER 08 MQOファイルの書き出し
CHAPTER 09 MQOファイルの読み込み
CHAPTER 10 モジュール化

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
01 BlenderとPythonについて
02 Blenderのインストールについて
03 さまざまなデータの表示について
04 データの作成や編集について
05 シンプルな実践的スクリプト
06 パネルやダイアログなどのUI
07 毛の生成UI
08 MQOファイルの書き出し
09 MQOファイルの読み込み
10 モジュール化

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:大西 武
大西 武(おおにし たけし)
1975年香川県生まれ。
大阪大学経済学部経営学科中退。
(株)カーコンサルタント大西で役員を務める。
コンピュータ書20冊以上や一般書を商業出版。
ドコモ「MEDIAS W アプリ開発コンテスト」グランプリや、Microsoft「Windows Vistaソフトウェアコンテスト」大賞など、全国区のコンテストに20回以上入賞するクリエイター。
オリジナルの間違い探し「3Dクイズ」が全国放送のTVで約10回出題されたり、「デジスタ」や「誰でもピカソ」でも自作作品が放送される。
長い間使っていないものもあるがプログラミング言語を約20言語使える。
3DCG・2DCG・手描きで絵を描いたり、ギター・ピアノ・ウクレレで演奏作詞作曲したりするのが趣味。


↓全て表示↑少なく表示

  

「Blenderで作るキャラクターモデリング入門実践ガイド (Compass Booksシリーズ)」

キャラクターモデリングをしてみたい! という人のための入門&実践テクニック

Blenderでキャラクターを作り、動かしてみよう!

本書は「かわいいキャラクターを作る! 」を目標に、モデリングからUVマッピング、アーマチュアの作成、表情の作成、Cyclesによるレンダリングまで丁寧に解説しています。
UV展開やテクスチャの描き込みなど、「悩みどころ」もきっちりコツを解説。
最終章ではUnityと連携してUV展開やVRMやVRChatで動かす方法も解説しています。
本書学習用のモデル素材と動画教材も用意!

 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
Chapter1 Blenderのおさらい 基本的な情報と小物のモデリング
Chapter2 頭部のモデリング
Chapter3 体のモデリング
Chapter4 スキニング
Chapter5 UV展開
Chapter6 マテリアルとテクスチャ
Chapter7 表情の作成
Chapter8 Blenderで撮影する
Chapter9 Unityとの連携
Users Voice
Blenderを独学中ですが すごくわかりやすくまとめられていて 良いと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:緋子
緋子(Hinoko)
バーチャル魔女、3Dキャラクターモデラー。2018年から活動を行い、YouTubeやTwitterでキャラクターモデリングについての解説やTipsを発信している。
YouTube「 ひのちゃんねる/hinochannel」のBlenderキャラモデリング解説動画「美少女錬成講座」が代表作。


  

Blenderの発売したての注目の新書 3冊

「Blenderアドオン・ガイド (I/O BOOKS)」

Blenderアドオン・ガイド (I/O BOOKS)
(著)山崎 聡
発売日 2021/06/28
(2021/10/25 12:12時点)
 
目次
第1章 予備知識
インストールと日本語表示の設定
「内部アドオン」の使用方法
「外部アドオン」の使用方法
「サイドバー」の表示と使い方
「最後の操作を調整」パネルの使用方法
「情報エディタ」の表示方法
「コンソール・ウィンドウ」の表示方法
追加された特別なオブジェクトの階層ごとの削除方法
トラブルシューティング
凡例
第2章 インターフェイス
Collection Manager
MeasureIt
Add Camera Rigs
Stored Views
3D Viewport Pie Menus
Node Wrangler
Node Presets
Amaranth Toolset
Align Tools
Copy Attribute Menu
第3章 モデリング
Add Mesh Extra Objects
Edit Mesh Tools
Bolt Factory
Loop Tools
Snap Utilities Line
Auto Mirror
Bool Tool
Carver
Destructive Extrude
Box Cutter
Curve Tools
Add Curve Extra Objects
Bsurfaces GPL Edition
Archipack
Real Snow
ANT Landscape
Ivy Generator
Sapling Tree Gen
第4章 質感・照明
Sun Position
Dynamic Sky
Tri-Lighting
Eevee Toon
Magic UV
TexTools
第5章 その他のアドオン
Rigify
Blender Kit

↓全て表示↑少なく表示

  

「BlenderユーザーのためのPython入門」

BlenderユーザーのためのPython入門
(著)大西 武
発売日 2021/06/22
総合評価
(2021/10/25 12:05時点)
本書はBlender上でプログラミング言語Pythonをスクリプティングして、プログラムでオブジェクトを作成したり編集したりアニメーションしたりする方法を解説しています。
Pythonは世界で最も人気のあるプログラミング言語の1つで、たくさんのプログラマーがいて、参考サイトや入門書が多数存在します。ただ、BlenderユーザーでPythonもできる人は多くはないかもしれません。そこで本書では作例を見ながら、新たなPythonの文法が出てくるたびに文法も解説しています。そのため、無理なくスクリプトを書くことができます。
最近ではUnityやUnreal Engineなどのゲームエンジンが無料でも使えるようになり、低レイヤーからプログラミングしていかなくても比較的容易に3Dゲームが作れてしまいます。ただし、3DCGを描くのは依然として大変なままです。
そこで無料のBlenderは3DCGを描くのに大変強力な武器になるでしょう。さらにPythonでスクリプトも書けたらそのBlenderをより効率的に作業することができます。たとえば、本書の作例の1つだと、ランダムに移動した地面の頂点の位置に木を複製して簡単に林を作ることができます。
本書のターゲットはBlenderユーザー全員です。すべてのBlenderユーザーがPythonを書けるようになることを願います。

CHAPTER 01 BlenderとPythonについて
CHAPTER 02 Blenderのインストールについて
CHAPTER 03 さまざまなデータの表示について
CHAPTER 04 データの作成や編集について
CHAPTER 05 シンプルな実践的スクリプト
CHAPTER 06 パネルやダイアログなどのUI
CHAPTER 07 毛の生成UI
CHAPTER 08 MQOファイルの書き出し
CHAPTER 09 MQOファイルの読み込み
CHAPTER 10 モジュール化

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
01 BlenderとPythonについて
02 Blenderのインストールについて
03 さまざまなデータの表示について
04 データの作成や編集について
05 シンプルな実践的スクリプト
06 パネルやダイアログなどのUI
07 毛の生成UI
08 MQOファイルの書き出し
09 MQOファイルの読み込み
10 モジュール化

↓全て表示↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:大西 武
大西 武(おおにし たけし)
1975年香川県生まれ。
大阪大学経済学部経営学科中退。
(株)カーコンサルタント大西で役員を務める。
コンピュータ書20冊以上や一般書を商業出版。
ドコモ「MEDIAS W アプリ開発コンテスト」グランプリや、Microsoft「Windows Vistaソフトウェアコンテスト」大賞など、全国区のコンテストに20回以上入賞するクリエイター。
オリジナルの間違い探し「3Dクイズ」が全国放送のTVで約10回出題されたり、「デジスタ」や「誰でもピカソ」でも自作作品が放送される。
長い間使っていないものもあるがプログラミング言語を約20言語使える。
3DCG・2DCG・手描きで絵を描いたり、ギター・ピアノ・ウクレレで演奏作詞作曲したりするのが趣味。


↓全て表示↑少なく表示

  

「Blender 2.9 3DCG モデリング・マスター」

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


仮想3D空間でモデル(物体)の形状を造り上げていく「モデリング(Modeling)」は、3DCG制作において基本的に最初の工程となります。
Blenderに限らず、初心者の方が3DCG制作について学習する場合も、モデリングは必須の項目です。

モデリングは、覚える機能や実践で身に付けることなど、学習内容が他の作業工程と比べても非常にボリュームがあり、3DCG制作の学習を始めて間もなく、モデリングの段階で断念してしまう方も多く見られます。

本書は、より多くの方にモデリングをスムーズにマスターしていただくために、最初は単純な形状からモデリングを開始し、段階を踏んで徐々に複雑な形状に挑戦していく構成になっています。さらに、実際にモデリングを行うなかで、Blenderに搭載されている各種の機能を紹介しています。

また、一冊の中で複数のモチーフをモデリングしていくことで、造り上げていく喜びや達成感を実感することができ、学習するモチベーションも高まります。

解説で使用したBlenderファイルなどは、ダウンロードで入手できます。モデリングの一連のプロセスを段階的に保存した複数のBlenderファイルになっており、途中の段階から内容を確認することができるため、復習など繰り返し学習する際にも便利です。

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
PART 1 Blenderの基礎知識
PART 2 モデリング入門編
PART 3 モデリング初級編
PART 4 モデリング中級編
PART 5 モデリング応用編
PART 6 スカルプトモデリング
Users Voice
Blenderのモデリングに関して、UI、操作性が大きく変わったver2.8以降の本が欲しかったので購入。 ローポリは、ある程度分かったが、スカルプトはあの分量では必要ないのでは・・・ (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
Benjamin(BENJAMIN)
1975年生まれ。デザイン事務所、企業内デザイナーを経て、2003年にフリーランスとして独立。ポスターやパンフレットなど紙媒体のデザインの他、Webサイトのアートディレクションおよびデザイン、イラスト制作に従事。最近では、3DCGを活用してのグラフィック・Webデザインも行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

高評価で人気も高いおすすめの3冊

「Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック」

Blender 2.8 3DCG スーパーテクニック
(著)Benjamin
発売日 2020/01/24
総合評価
(2021/10/25 12:12時点)
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。
また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。
お使いの端末で無料サンプルをお試しいただいた上でのご購入をお願いいたします。


完全無料!
オープンソース3DCGソフトのあらゆる機能を徹底解説。

各種ツールの操作方法からモデリング、キャラクター・アニメーション、レンダリングや新機能まで、サンプルファイルを使ってマスターしよう!

本書は、モデリングからアニメーション、映像編集までこなせるオープンソース統合3DCGソフトウェア「Blender」を使用して、3DCG制作の一連の工程を解説するガイドブックです。

本書は主にversion 2.80を使用して解説しています。
Blenderはオープンソースソフトウェアということもあり、世界中のプログラマによって日々改良が加えられています。
一般的なソフトウェアでは考えられないほど非常に高い頻度でバージョンアップが行われ、次々に新たな機能が搭載されていきます。
そのため、バージョンによってインターフェイスや操作方法などが多少異なる場合があります。
特に初心者など操作にまだ慣れていない方は、解説で使用したバージョンと同じBlenderを使用して、本書を読み進めていただくことをおすすめします。

映画やゲームなどありとあらゆる場面で活用され身近になった3DCGですが、制作となるとまだまだ個人レベルでは購入するには難しく、非常に高価なソフトウェアが主流です。
その点Blenderは、オープンソースソフトウェアのため、無償で利用することができプロを目指す学生の方や趣味として3DCG制作に挑戦してみたい方など、気軽に試すことができます。
オープンソースソフトウェアだからといって機能面でも何ら支障はなく、本格的かつ商用のハイエンドクラスと肩を並べるほどの高機能といえるでしょう。
そのため、海外の大手ゲーム開発会社や国内のアニメ制作会社などからも支持されています。

高機能なBlenderには、当然ながら数多くの優れた機能が搭載されており、Blenderひとつあれば、プロ顔負けの作品を制作することももちろん可能です。
しかしその分、学習する機能や操作方法なども膨大な量となります。
制作工程も形状を作り上げていくモデリングだけでなく、画像を貼り付けるテクスチャマッピング、ライティングやカメラ、構図などの設定が必要となるレンダリングなど初心者にとっては、ハードな内容であることには間違いありません。
本書では、そんな3DCG制作の学習を始めて間もない初心者の方でも、無理なくBlenderをマスターしていただくために、必要最低限の機能に絞って解説しています。
いきなり大作を造り上げるのではなく、比較的単純な形状のモデリングや初歩的なアニメーション制作など制作の一連の流れをまず理解していただき、達成感や造る喜びを実感することで学習するモチベーションを高めていただきたいと思います。
そんな皆様のモノづくりに対しての意欲や情熱、こだわりに、Blenderは必ず応えてくれるはずです。

解説で使用したBlenderファイルやテクスチャ画像などは、ダウンロードで入手できます。
本書の解説と併せてご参照いただければ、より理解を深めていただけることと思います。

本書が、Blenderを使った3DCG制作へ挑戦する足掛かりとなり、一人でも多くの方のお役に立てれば幸いです。

本書「はじめに」より

↓全て表示↑少なく表示
 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
PART 1 Blenderの基礎知識
SECTION 1.1 Blenderとは
SECTION 1.2 Blenderの導入
SECTION 1.3 Blenderの基本操作
SECTION 1.4 視点変更のトレーニング
SECTION 1.5 簡単!Blender超入門
PART 2 モデリング
SECTION 2.1 モデリングの基礎知識
SECTION 2.2 実践!はじめてのモデリング(1) 『ワイングラス』を作る
SECTION 2.3 実践!はじめてのモデリング(2) 『剣』を作る
SECTION 2.4 実践!はじめてのモデリング(3) 『トランペット』を作る
PART 3 マテリアル
SECTION 3.1 マテリアルの基礎知識
SECTION 3.2 マテリアルノード
PART 4 テクスチャ
SECTION 4.1 テクスチャの基礎知識
SECTION 4.2 UVマッピング
SECTION 4.3 テクスチャペイント
PART 5 レンダリング
SECTION 5.1 ライティング
SECTION 5.2 カメラ
SECTION 5.3 ワールド
SECTION 5.4 レンダリング
SECTION 5.5 Scene(シーン)構造
SECTION 5.6 コンポジット
PART 6 キャラクター・セットアップ
SECTION 6.1 アーマチュア(骨格)の作成
SECTION 6.2 アーマチュアの関連付け
SECTION 6.3 ポーズモード
SECTION 6.4 シェイプキー
PART 7 アニメーション
SECTION 7.1 アニメーションの基礎知識
SECTION 7.2 アニメーションの設定
SECTION 7.3 キャラクター・アニメーション
SECTION 7.4 アニメーションの書き出し
PART 8 その他の機能
SECTION 8.1 グリースペンシル
SECTION 8.2 スカルプト

↓全て表示↑少なく表示
Users Voice
内容自体は、良書と思います。こちらも、私の個人的理由で、急ぎのプライオリティが低買ったので、ざっと見て、少しだけ試したのですが、余り使用頻度が無かったです。内容自体は、本当に使う方なら良書です! (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
Blender初心者です。入門用に購入しました。使っていてわからないことがあるときに参照する辞書的な使い方を主にしています。疑問に思ったことは大体この本の中で解決できるので助かってます。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
特に問題なく無事へ送られてきました。中身は非常に細かく詳しく書かれておりこれから勉強していきたいと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴
Benjamin(BENJAMIN)
1975年生まれ。デザイン事務所、企業内デザイナーを経て、2003年にフリーランスとして独立。ポスターやパンフレットなど紙媒体のデザインの他、Webサイトのアートディレクションおよびデザイン、イラスト制作に従事。最近では、3DCGを活用してのグラフィック・Webデザインも行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

  

「Blenderで作るキャラクターモデリング入門実践ガイド (Compass Booksシリーズ)」

キャラクターモデリングをしてみたい! という人のための入門&実践テクニック

Blenderでキャラクターを作り、動かしてみよう!

本書は「かわいいキャラクターを作る! 」を目標に、モデリングからUVマッピング、アーマチュアの作成、表情の作成、Cyclesによるレンダリングまで丁寧に解説しています。
UV展開やテクスチャの描き込みなど、「悩みどころ」もきっちりコツを解説。
最終章ではUnityと連携してUV展開やVRMやVRChatで動かす方法も解説しています。
本書学習用のモデル素材と動画教材も用意!

 
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
目次
Chapter1 Blenderのおさらい 基本的な情報と小物のモデリング
Chapter2 頭部のモデリング
Chapter3 体のモデリング
Chapter4 スキニング
Chapter5 UV展開
Chapter6 マテリアルとテクスチャ
Chapter7 表情の作成
Chapter8 Blenderで撮影する
Chapter9 Unityとの連携
Users Voice
Blenderを独学中ですが すごくわかりやすくまとめられていて 良いと思います。 (参考:YahooShopping)

↓全て表示 ↑少なく表示
内容サンプル

(引用元楽天Books)

 
著者略歴

著:緋子
緋子(Hinoko)
バーチャル魔女、3Dキャラクターモデラー。2018年から活動を行い、YouTubeやTwitterでキャラクターモデリングについての解説やTipsを発信している。
YouTube「 ひのちゃんねる/hinochannel」のBlenderキャラモデリング解説動画「美少女錬成講座」が代表作。


  

「無料ではじめるBlender CGアニメーションテクニック ~3DCGの構造と動かし方がしっかりわかる【Blender ...」

(概要)

本書は,キャラクターを動かすことを通じて,「ペアレント」「タイムライン」「ボーン」はじめ,3DCGアニメ制作には欠かすことのできない知識,その構造についてゲームのステージをクリアするように学びます。
1ステージずつ,楽しみながらどんどん動かしていきましょう。
アニメーションにより現実的な表現を加える「エフェクト」の扱い方,「モデリング」のテクニックや「レンダリング」のコツも紹介。「ああしたい,こうしたい」のヒントをたくさん詰めこみました。
最新技術を活用して,ショートムービーを作ったり,アニメーションするスタンプを作ったり,だれかに喜んでもらえるようなアニメーション作りを一緒に楽しみましょう!


(こんな方におすすめ)

・CGアニメーションを作りたい人

・キャラクターを動かしたい人


(目次)

SET UP 画面操作を確認しよう

  • 1 Blenderのインストール

  • 2 Blenderの基本操作

  • STAGE1 ペアレントのアニメーション

  • STAGE1-1 移動/回転/縮小

  • STAGE1-2 キーフレームアニメーション

  • STAGE1-3 ペアレント

  • STAGE1-4 原点の設定

  • STAGE1-5 ペアレントを用いた歩行アニメーション

  • STAGE2 タイムラインとグラフ

  • STAGE2-1 タイムラインでキーフレームの複製・編集

  • STAGE2-2 タイムラインでアニメーション付きオブジェクトの複製

  • STAGE2-3 グラフエディターで動きにメリハリをつける

  • STAGE3 ボーンとウェイト

  • STAGE3-1 ボーンでオブジェクトを曲げる

  • STAGE3-2 IKですべらない足を作る

  • STAGE3-3 ボーンとIKのアニメーション

  • BONUSSTAGE おもしろいテクニック

  • STAGE-1 Bボーンでやわらかく曲げる

  • STAGE-2 ストレッチで伸縮させる

  • STAGE-3 シェイプキーで表情をつくる

  • STAGE4 パーティクルと物理演算

  • STAGE4-1 パーティクル

  • STAGE4-2 物理演算

  • EXTRASTAGE

  • 1 モデリングしてみよう

  • 2 レンダーエンジンの種類と設定を覚えよう

  • ↓全て表示↑少なく表示
     
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    目次
    はじめに
    LESSONファイルの使い方
    ■■SET UP 画面操作を確認しよう
    ■1 Blenderのインストール
    Blender をインストールして起動する
    Blender を日本語UIに変更する
    ■2 Blenderの基本操作
    Blenderの基本操作を学ぶ
    ■■STAGE1 ペアレントのアニメーション
    ■STAGE1-1 移動/回転/縮小
    LESSON-1  移動ツールを使って花を完成させる
    LESSON-2 回転ツールを使って花を完成させる
    LESSON-3 拡大縮小ツールを使って花を完成させる
      *COLUMN 移動/回転/拡大縮小の、ちょっと詳しい使い方
     ★CHALLENGE 雪だるまを組み立てる
    ■STAGE1-2 キーフレームアニメーション
    LESSON-4 ドアを開閉するアニメーション
     ★CHALLENGE 扉を開く
    ■STAGE1-3 ペアレント
    LESSON-5 卓上ライトのペアライト
    LESSON-6 箱くまのペアレント
     ★CHALLENGE 箱うしのペアレント
    ■STAGE1-4 原点の設定
    LESSON-7 箱くまの原点を設定する
     ★CHALLENGE 箱うしの原点移動
    ■STAGE1-5 ペアレントを用いた歩行アニメーション
    LESSON-8 箱くまの歩行アニメーションを作る
     ★CHALLENGE 箱うしの歩行アニメーションを作る
    ■■STAGE2 タイムラインとグラフ
    ■STAGE2-1 タイムラインでキーフレームの複製・編集
    LESSON-9  タイムラインで箱くまドライビング
     ★CHALLENGE タイムラインで箱うしドライビング
    ■STAGE2-2 タイムラインでアニメーション付きオブジェクトの複製
    LESSON-10 タイムラインで箱くまもぐらたたき
     ★CHALLENGE タイムラインで箱うしウェーブ
    ■STAGE2-3 グラフエディターで動きにメリハリをつける
    LESSON-11 グラフエディターでアヒルジャンプ
     ★CHALLENGE グラフエディターでアヒルジャンプ完全版
    ■■STAGE3 ボーンとウェイト
    ■STAGE3-1 ボーンでオブジェクトを曲げる
    LESSON-12 ボーンの基本操作
    LESSON-13 ウェイトペイントで修正する
    LESSON-14 人型キャラクターにボーンを入れる
     ★CHALLENGE キャラクターのボーン設定
    ■STAGE3-2 IKですべらない足を作る
    LESSON-15 キャラクターのボーンにIK設定を行う
     ★CHALLENGE キャラクターのIK設定
    ■STAGE3-3 ボーンとIKのアニメーション
    LESSON-16 IKを使用した歩行アニメーションを作る
     ★CHALLENGE IKアニメーション
    ■■BONUSSTAGE おもしろいテクニック
    STAGE-1 Bボーンでやわらかく曲げる
    STAGE-2 ストレッチで伸縮させる
    STAGE-3 シェイプキーで表情をつくる
    ■■STAGE4 パーティクルと物理演算
    ■STAGE4-1 パーティクル
    LESSON-17 パーティクルを発生させる
    LESSON-18 フォースフィールドとコリジョン
     ★CHALLENGE パーティクルアニメーションの応用
    ■STAGE4-2 物理演算
    LESSON-19 物理演算「リジッドボディ」
    LESSON-20 物理演算「クロス」
    LESSON-21 物理演算「ソフトボディ」
    LESSON-22 物理演算「煙」
      *COLUMN 「適応ドメイン」の使い方
    LESSON-23 物理演算「流体」
    LESSON-24 物理演算「ダイナミックペイント」
     ★CHALLENGE 物理演算アニメーション
    ■■EXTRASTAGE
    ■1 モデリングしてみよう
    Blender2.8でのモデリング
    ■2 レンダーエンジンの種類と設定を覚えよう
    Cycles
    Eevee
    Workbench
    INDEX

    ↓全て表示↑少なく表示
    内容サンプル

    (引用元Amazon)

     
    著者略歴

    著:大澤 龍一
    CGデザイナー/専門学校非常勤講師。ゲームモデルやCG映像の制作など請けながら、個人製作も愉しむ。公募では、2003年のクリスマスデジタルアートグランプリ、2015年の北海道デジタルアニメコンテスト・キタアニ、それぞれグランプリ受賞。著書に『無料ではじめるBlender  CGイラストテクニック』(小社刊)がある。


      

    Blender本「Kindle Unlmited 読み放題 人気ランキング」

    「Kindle Unlimited」は、Amazonの定額本読み放題サービス。

    実はそこにBlenderの本もそこそこあるんです。すなわち、定額で何冊も学習することも可能

    Kindle Unlimitedの主な特徴としては、おおよそ以下の通り。

    • 雑誌がかなり充実
    • 豊富なKindle個人出版本がほとんど読み放題
    • 最近は出版社単行本も対応増加

    個人的には雑誌が、IT系(CG WORLD等)、ガジェット系(Get Navi等)、ゲーム(ファミ通等)、など見たい雑誌が幅広く読めるのが大きな魅力。2冊以上読みたいものがあるだけで確実にお得です。

    また、30日無料体験も可能なので、体験期間を利用して無料で学習してみるのもお得な学習法です。

    以下がKindle Unlimited対応のBlender関係の本人気ランキングです。

    (2021/10/10 12:15 更新)
    Rank製品価格
    1
    699円
    2
    1,250円
    3
    699円
    4
    500円
    5
    799円
    6
    299円
    7
    499円
    8
    399円
    9
    399円
    10
    299円

     

    おまけ:本より高コスパ?「Udemy Blenderおすすめ講座」

    UdemyではBlenderを基礎から応用までトータルで学べる学習講座があります。

    こちらが、セール時には2千円程度で購入可能で、講座によっては本よりコスパよく学習が可能です。

    講座は、買い切り型ながら更新あり、質問可能、30日間返金も可能、という本以上の手厚いサポートがあるのが魅力。

    以下の表が、Blenderの学習講座例。セールの場合、かなりおすすめなのでぜひトライしてみください。

    Udemyについては、以下のページでも詳しく紹介しているので覗いてみてください。

    人気
    Rank
    学習コース評価
    1
    (4.4)
    総評価数 173件
    2
    (4.3)
    総評価数 321件
    3
    (4.1)
    総評価数 44件
    4
    (4.4)
    総評価数 651件
    5
    (4.1)
    総評価数 46件

     

    関連:Maya、Photoshopの書籍

    以下では、プロの現場のスタンダードDCCツールMayaや、2D画像編集の定番Photoshopの書籍も紹介しています。合わせて参照ください。

    関連:最新おすすめのKindle端末

    以下では最新のKindle端末について比較、おすすめ紹介しています、合わせてのぞいて見てください。

    いじょうでっす。

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました