Sponsored Link

Amazon Echo Dotの効果的な使い方 ~Echoとの違いとは?~

Amazon Echo(アマゾンエコー)シリーズの中でも最も安価で手の出しやすいEcho Dot(エコードット)。音質が低いなどの気になる点がありますが、それを補って余りある様々な使い方が可能な製品です。

こちらでは、Echo Dotoはどういった使い方ができるのか、Echoとの違いを踏まえて見ていきます。

Sponsored Link

Echo DotとEchoとの違い

echo_dot_s

安価版のEcho Dotと、標準モデルのEchoとの違いは以下です。

  • 価格
  • 大きさ
  • スピーカー性能
  • 電源方式
  • カラーバリエーション

Echo DotとEchoでできること自体は基本的に変わりません
AIアシスタントAlexaの性能に差はありませんし、Amazon Echoの特徴である集音性能の高さを実現するマイクの数も変わりません。機能面の差はほぼないといっていいでしょう。

以下で変わる項目を比較してみましょう。

項目 Echo Dot Echo
価格
(税込み)
5,980円 11,980円
大きさ 32mm x 84mm 148mm x 88mm
スピーカー 0.6インチ 2.5インチウーファー
0.6インチツイーター
Dolbyデュアル
電源方式 マイクロUSB(9W) 電源アダプタ(21W)
カラーバリエーション 黒、白 2色
追加着せ替え5色
黒、白、グレー系 3色
着せ替えも同じ3色


簡単にいえば、Echo DotはEchoに比べて安くて、小さくて、スピーカーがしょぼい、ということです。それに加えて、電源がUSB式なのでモバイル性も高く、着せ替えカバーが多いので家具等に合わせた配置が可能、という感じですね。

トータルしてEcho以上に導入しやすくも、機能性は高い、良デバイスですね。実際アメリカでもEcho以上に、このEcho Dotが最も販売台数の多いスマートスピーカーとなっています。

Amazon Echo Dotの効果的な使い方

上述した特徴を踏まえて、Echo Dotの効果的な使い所を見ていきましょう。

単体で使う

もちろん、単体で使っても問題ありません。
AIアシスタント「Alexa(アレクサ)」は、Echoと同様のフル機能で利用可能です。音楽を聴くのはもちろん、ニュースを聞いたり、天気予報を聞いたり、アラームをかけたり、質問したり。

こういったハンズフリー音声操作による利便性が6千円ほどで生活に付加できるのは、単純に悪くない話でしょう。

既存スピーカーにつなげて使う

Echo Dotの大きな特徴が、安い分スピーカー音質が低いということです。
ですが、Echo Dotは、3.5mmオーディオ出力端子を備えており、ケーブル一本で手持ちのスピーカーを利用することが可能なのです。
同様に、Bluetooth音声出力機能も備えているため、Bluetoothスピーカーの利用も標準で可能です。

つまり、Echo Dotは自由に既存スピーカーを利用することが可能なのです
そもそも良い性能のスピーカーをもっているのであれば、Echo Dotと既存スピーカーの組み合わせの方が、Echo以上に良い環境にもなりえます。

Echo Dotは安さによるデメリット「スピーカー性能の低さ」を簡単に補うことが可能なのです。

各部屋用のサテライト端末として使う

Echoは各部屋ごとなどに、複数台あっても有効的な使い方が可能になる予定です。

日本では提供予定段階ですが、Echoにはグループ機能というものがあり、Echoデバイスをグループに登録して、グループ単位で音楽の操作やスマートホームデバイス操作などが可能です。
複数の子供部屋においたEcho Dotを、子供部屋グループとして作成すれば、子供部屋で一斉に音楽をかけたり、電気をつけたりして、朝起こすことなどもできますね。

複数のEchoがあれば、家全体で便利にできる。そんな環境を、手頃な価格で容易に導入する使い方も良いと思います。音質は上記の通りあとからいくらでもカバーが効きますからね。

グループ機能が、早期に日本で対応されるのを期待です。

外に持ち歩いて使う

電源供給方式がマイクロUSB(9W)ということで、モバイルバッテリーや車などから電源を取ることが可能でしょう。
ということで、外や車で簡易的なスピーカー端末として使ってしまうのも実用的です。

バーベキューやドライブ中などに、少し音質は落ちますが様々な音楽を聴くことができて、さらには、天気予報や、多くのスキルでゲームやカラオケなどもできてしまう。こんな使い方も悪くないと思います。

Google Home Miniとの比較

echo_dot_vs_google_home_mini

ライバル製品筆頭なのが、「Google Home Mini」ですね。Google製の安価版スマートスピーカーです。
AmazonとGoogleのAIアシスタントは、それぞれ多少のできることなどに違いがありますが、日々お互いにアップデートしており追従していっている状態です。今後も互いに更新されていくでしょう。

AIアシスタントとは対照的に、アップデート出来ないのが端末ハードウェア機能です。そこでAmazon Echo DotとGoogle Home Miniの違いとして大きいのが

  • 音声出力端子を備え付けているかどうか
  • Bluetooth出力が可能かどうか

ということです。

上述してきたとおり、「Amazon Echo dot」はオーディオ出力端子やBluetooth出力機能を備えているため、自由に既存スピーカーが利用可能です。
対して「Google Home Mini」は、オーディオ出力端子もなく、Bluetooth出力も不可能です。可能なのは、「Chormecast Audio」(またはChromecastでも可)を使った出力です。Google Home Miniは外部スピーカーを使うのに別売り製品が必要なのが辛いところですね。

Amazon EchoとGoogle Homeでできることに多少の違いはありますが、ベースとなるハードウェアに注目すると現状Amazon Echo Dotのほうが機能的でおすすめですね。

まとめ

以上Amaozn Echo Dotの特徴をEchoやGoogle Home Miniと比較しながら、使い所を紹介してきました。
なんといっても安価で導入しやすいのが魅力のEcho Dot。気になる音質も簡単にカバー可能ということで、AIスピーカーのお試しとしても、その後の本格利用も可能な良デバイスだと思います。ぜひお試しください。

Amazon Echoシリーズでどういったことができるのかは、以下で詳しく紹介しています。あわせて御覧ください。

いじょうでっす。

Comment

  1. […] ついに日本上陸 「Amazon Echo Dot」をセットアップしてみた(ITmedia PC USER) Amazon Echo Dotの効果的な使い方 ~Echoとの違いとは?~(Techs Life さん) 我が家にAmazon Echo dot がやってきた!! 自腹体験レポートいくよ(More Access! […]