AmazonサイバーマンデーでAmazon Echoのある生活をお得に始めよう ~セール価格と周辺注目商品の紹介~

Sponsored Links

Amazon最大級のセール「Cyber Monday(サイバーマンデー)」が 12/7 18:00 ~ 12/11 1:59(AM) で開催中です。

サイバーマンデーではAmazon Echo(アマゾンエコー)等がセール対象となることが事前に発表済み、Echoと連携できる家電製品等もセールが見込まれます。

すなわち、Amazon Echoの導入、そしてその周りも強化してスマートホーム化をすすめる最大のチャンスといえます。

このお得な機会を逃さずに、生活の利便性向上や効率的な環境を構築して、時間の節約や生活の質向上を図ってみてはいかがでしょうか。

 

以下が現時点でわかっている要点です。

忙しい人のための要点まとめ

 

以降でAmazon Echoを代表とする注目品を現在価格のセール情報付きで一挙紹介していきまっす。

 

注目製品一覧 (現セール価格付)

まずは、とにもかくにも気になるのは「注目製品がどれだけ安くなってるか」ですよね。

ということで、本記事で取り上げている注目品一覧を、リアルタイムで取得したセール情報(現在価格)付きで一覧したのが以下。

各項目から、Amazonや記事の紹介項目に飛べるので、ざっと眺めて気になる製品をチェックしてみてください。期間中も日によってセール品が変わったりするので、時折チェックするといいかもしれません。

Amazon Echo各種 + Alexa対応スマートスピーカー

イメージ 製品名(リンク) Amazon価格(税込)

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

 

Alexaの機能を堪能したいなら、Echo Spot(5,000円OFF)がおすすめ。1万円以下でディスプレイ付きのAlexa操作は間違いなくお買い得。値引きも過去最大級。

音楽用途がメインになりそうなら、Echo(5,000円オフ)がおすすめ。単体でも音楽再生に十分な全方位タワー型スピーカー機。こちらも過去最大級の値引き。

とにかく安くAlexaを試すなら、Echo Dot(第3世代)がおすすめ。2018/10/30に発売したばかりの新モデルが46%オフは大きい。

 

スマートリモコン(赤外線リモコンハブ)

Echoと連携して、赤外線機器が音声操作可能となる製品です。スマートホーム化に最もおすすめな機器。

イメージ 製品名(リンク) Amazon価格(税込)

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

 

様々な赤外線リモコン家電を操作できちゃうスマートリモコンは、ぜひともEchoと一緒に導入したいおすすめ品。

スマート家電コントローラ、Nature Remo Mini、eRemoteはどれも使い勝手は良くおすすめ。

特にeRemote、eRemote Miniが値引率も、最終的な価格も安くおすすめ。Alexaからマクロ操作も実行できるなど、連携性も高い。

 

その他のAlexa周辺機器

イメージ 製品名(リンク) Amazon価格(税込)

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

Amazon売り場へ
記事項目へ
通常 取得中…
現在 取得中…

 

この12月からEchoから音声操作連携ができるFire TV Stickはぜひ一緒に導入したい製品。ただし4K向け新型は新規販売があるので注意。

 

それでは、以下でセールとEchoの概要と、各製品を詳細に見ていきましょう。
 

「Amazon サイバーマンデー」と「Amazon Echo」の概要

Amazon サイバーマンデー(Cyber Monday)セールとは

サイバーマンデーは、アメリカでオンラインショップ等がホリデーシーズン(年末)セールが開始されることが多い月曜日を指す、セールイベントの呼称です。

オンラインショップがメインなので「サイバー」、セールシーズン開始の月曜日で「マンデー」というわけですね。

日本のAmazonのサイバーマンデーセールはアメリカのホリデーシーズンとはずれており、12/7(金) 18:00 ~ 12/11(火) 1:59(AM)までとなっています。月曜日に始まるわけじゃないので注意しましょう笑。

サイバーマンデーセールの注目ポイントは以下のとおりです。

  • 一年の中で最大のセールイベント期間
  • 期間中ずっと安いものと、数量限定のタイムセール商品がある
  • Amazonプライム会員はタイムセールに30分早く参加できる
  • プライム会員でなくてもセールではある

サイバーマンデーはお得かつ年末セールの意味合いもあって、世界中で爆売れするイベントです。すでにセール開催済みの他国では、Amazon Echoなども品切れ続出なほどの売れ行きとなりました(参考:ホリデーシーズンでAmazon Echoファミリーが爆売れ!一部の国では在庫切れに)。

Amazonセールでの注目点は、全体セールとは別にタイムセールがあって、それら超お得品はプライム会員が有利ということ。

プライム会員は後述もしていますが、非常にお得なサービスですので、セールをお得に利用するためにもできればプライム会員で参加したいところです。

 

Amazon Echo(アマゾンエコー)の超簡単概要

アマゾンエコーはCM等でもおなじみ、話しかけるだけで様々なことが可能としてくれるスマートスピーカーですね。

話しかけるだけでできる、代表的なことが以下です。

  • 音楽再生
  • スマートホーム制御(家電の制御)
  • Kindle本等の朗読
  • 好みのニュースを聴く
  • 天気予報を聴く
  • スケジュール管理・確認
  • 子供の遊び相手
  • 英語学習

音楽、天気、家電操作なんかはご存知の方も多いと思いますが、他にも本の朗読、子供の遊び相手なんかも可能なんですね。

そして、まさにこの12月からは、Amazonプライムビデオの音声操作対応も始まります。「ウォーキング・デッドを再生して」の一言でいつでも続きからビデオ再生可能です(要Fire TV)。

声での操作は、機器に近づく距離という概念をなくし、機器を操作するという手間をなくす、効率的な手法。非常に便利なこと間違い無しです。

その中心となるAmazon Echoが大セールとなるなら、この機に手に入れるっきゃない、というわけですね。
 

Amazon Echoのさらなる詳細な魅力は、別途しっっかりと紹介しているので、お時間のあるときに合わせて参照ください。

 

セールもAmazon Echoもプライム会員で利用しよう

上述の通り、セールではプライム会員がお得なチャンスがあります。

そして、プライム会員だとEchoで音声操作できるプライムビデオも見放題。他にも音楽聴き放題などもあります。

こういった使い放題系サービスや他特典も含まれながら、月額400円(まとめ払いなら325円)で利用可能という、破格のお得なサービスがAmazonプライムです。

ぼく自身も、月額会員の類は慎重に検討してよっぽどじゃないと入らないたちですが、こればっかりはどう考えてもお得なので文句なく継続利用しています。

他にも購入時のポイントや、送料無料など、Amazon利用者、特にこれからAmazon Echoを使う人ならあるとないとでは、使い勝手が大きく変わるのでぜひプライム会員で利用しましょう。

そしてプライム会員は初回1ヶ月無料体験が可能で、体験中でもプライムデーは利用できます。まだの人はこの機に試してみると良いかと思います。

 

プライム会員の魅力については以下で詳しく紹介しています。

 

サイバーマンデーで狙う「Amazon Echo」と「周辺機器・サービス」

ということで、実際にサイバーマンデーで購入を狙うAmazon Echoをはじめとした製品たちを見ていきましょう。

Amazon Echo(アマゾンエコー)

最もスタンダードなタイプ、「Amazon Echo(アマゾンエコー)」。

音声AIアシスタント「Alexa」による便利機能はもちろん、スピーカー性能自体もよく、強いこだわりがない限り家で音楽を楽しむに十分なスピーカーです。便利機能から音楽もしっかり楽しみたい人向けの製品です。

定価は税込11,980円。過去のセール具合から考えると、3,000円以上安くなるのが期待できるでしょう。
 

Echo Dot(エコードット) 第3世代(Newモデル)

Amazon Echoシリーズの安価タイプ機種で手軽に導入できる製品「Echo Dot(エコードット)」。

「第3世代」の名の通り、すでに2度モデルチェンジ済み。第3世代となったのはつい先日の2018年10月30日のこと。

今回のモデルチェンジでは、特に音質向上が大きな点で、第2世代では単体で聴くのはかなり厳しかった音質が改善。ちょっとした音楽再生なら単体でも十分なレベルとなりました。

音楽再生向けとしてしっかり音質を期待するならやはり「Echo」のほうがおすすめですが、Alexaへのエントリー機としてや、サブ機として増設するのに最適な機種と言えるでしょう。

本家アメリカのサイバーマンデーでAmazon全体で最も売れたのもこの「Echo Dot」とのこと。お見逃しなくゲットください。

定価は税込5,980円。過去のセール具合から見ても、2,000円以上安くなるのは間違いなく期待できるでしょう。

 

Echo Dot(エコードット) 第2世代

こちらは上記の「Echo Dot(第3世代)」の1つ前の「Echo Dot(第2世代)」です。

1つ前の型となり、第3世代Echo Dotの項目で挙げたとおり音質が第3世代と比べて劣ります

しかしながらメリットとなる特徴も備えています。それが以下。

  • MicroUSB電源なので、車や外出先でモバイルバッテリー等で利用可能
  • 音声認識(マイク)性能は高く、Alexa利用性能は十分
  • オーディオ出力やBluetooth出力で音質カバーは可能
  • スマートスピーカー全体で最安値級の価格

最大の特徴が、MicroUSB電源で稼働すること。新Echo Dot含め、これ以外のEchoはすべて専用ACアダプタ給電となります。

つまり、車からの給電や、モバイルバッテリー等で気軽に使える機種はこれだけなんです。

それをわかってか、ただの在庫なのか、新型がでてもAmazonでは第2世代の販売がしっかり継続されています。

特徴の通り、第3世代(新型)に劣るのは基本は音質のみで、Alexaの利用性能(音声認識性能)は全く劣りません。外部スピーカー利用で音質のカバーも可能

用途によっては、むしろこちらを選択する人も多くいるであろう機種です。ボクも新型も買ったもののこちらもモバイル系用途として残しています。

こちらで使い方も紹介しています。

 

Echo Plus (エコープラス) 第2世代 + ランプ

2018/10/30に発売したばかりの最上位のスピーカーモデル(ディスプレイなし)型のEcho。

スタンダードな「Echo」に、スマートホーム関係の機能強化や音質強化が図られた製品。Echoとの具体的な違いは以下となります。

  • スマートホームハブ内蔵
  • 温度計内蔵
  • スピーカー性能が高い(音質が良い)

スマートホームハブは、現状だと付属の「Philips Hue ライト」を導入する際の「ブリッジ」という製品が既に内蔵されたもの、と考えるのが一番わかりやすいです。このセットのみで、「ライトつけて/消して」「ライト明るくして」が可能です。

スマートホームハブのより詳細な解説は以下を参照ください。

Echo Plusにはさらに温度計が内蔵、室温の確認はもちろん、今後エアコンの操作と連動したり、スマートホームスキルなどで温度に合わせた自動調整などの機能が期待できるでしょう。

音質もしっかり向上するので、長く使う将来性も見越してEchoより断然おすすめの製品となります。

 

Echo Plus(エコープラス) 第1世代 + ランプ

スマートホームハブ機能搭載、スピーカーもさらに上位の「Echo Plus(エコープラス)」、それにPhilips Hueのライトがセットとなった製品です。 (スマートホームハブについては上記の第2世代Echo Plusの項目を参照ください。)

Echo Plusも第1世代の文字の通り、最近次のモデルの第2世代が発売となりました。第2世代では、温度計の内臓や音質がさらに向上しています。

ただ、新Echo Plusには及ばずとも、現Echoよりも音質がよく、機能性も高いため第1世代も十分魅力的、むしろEchoよりも安価に買えるのであれば超オトクなチャンスといえるでしょう。

すでにセール中で、今後は生産されるかはあやしい製品ですので、在庫があるうちにゲットしましょう。
 

Echo Spot(エコースポット)

上記Echoなどと大きく異なるのが、タッチスクリーンがついて視覚的な情報取得や、タッチ操作が可能ということ。今後さらに大画面の「Echo Show」も発売となります。

スクリーンがあることで、音声だけでは伝わりにくいことも写真や動画で確認が可能。タッチ操作では、ときに音声を聞き取れなかったり、最後まで聞くのが煩わしいときにサッと操作が可能

といったように、タッチスクリーンにより大幅に利便性がアップしたEcho機種です。

ただし、その分スピーカー性能は少し低いこと(特に低音部)に注意が必要です。音楽用途であれば、やはり「Echo」以上の機種が理想です。

トータルでは、価格以上の高い機能・利便性がある製品なことは間違いないです。スマートディスプレイ製品は、まさにこれから盛り上がっていく最先端機器とも言えます。この機に導入してみてはいかがでしょう。

以下で詳しく紹介しています。

定価は14,980円。過去のセール具合から見ても、3,000円以上安くなるのは間違いなく期待できるでしょう。
 

ONKYO スマートスピーカー P3

ONKYO(オンキョー)のAlexa搭載スマートスピーカーです。

なんといっても特徴は音質がいいこと。音響メーカーのスピーカーだけあるといったところですね。

他にも、2台でステレオ再生できたり、DLNAクライアント機能(NASのメディアファイル再生等)の機能も搭載されており、Echoにはない音楽機能を利用することが可能です。

ただし、純正品であるAmazon Echo機種と比べると、音声認識マイク性能が劣っていたり、ウェイクワードのAlexa以外のワードへ変更ができないといった制限があるのが難点

基本的な使い勝手はEcho各機種のほうが上なのは間違いなく、音質や付帯的な音楽機能を求める方に向いた製品といえるでしょう。
 

スマートリモコン「スマート家電コントローラ」「Nature Remo」「eRemote」等

Amazon Echo(Alexa)を導入した場合にやりたいのが、やはりスマートホーム制御。つまり声で家電操作です。

既存の赤外線リモコン家電を、声で操作可能にしてくれるのがこのスマートリモコン製品です。基本としてテレビ、エアコン、照明に対応、他の赤外線リモコン機器も設定次第で利用可能です。

例えば↓こんな感じの操作が可能。

  • 「暖房つけて/消して」
  • 「テレビを日テレにして」
  • 「ライト明るくして/暗くして」

スマートリモコン製品はいくつか販売されており、細かい違いは以下で紹介しています。

 

中でも、操作性が良く、現在売れ筋の製品が以下の3つです。

 

これらの製品は日々アップデートされ、最近もAlexaからテレビリモコンのメディア再生・停止・早送りなど幅広い操作が音声操作可能となり、日々使い勝手が向上しています。

いくつも製品がでているスマートリモコンはすでに一部セールにもなっていますが、サイバーマンデーでさらに安くなるか、現セールが継続されることは確実でしょう。

Amazon Echo導入したらぜひとも家電の音声操作環境も導入して一歩先ゆく生活を始めてみましょう笑。

各製品は以下でレビューもしています。

 

TP-Link Kasa スマート LED ランプ

ネットワーク関連機器メーカーとして有名な「TP-Link」のスマートライトです。

上側の製品が単色の明るさ調整のみ、下側製品がマルチカラーにも対応の製品となります。

有名なPhilips Hueのライトと違い、Wifi内蔵型で別機器(ハブ)が不要、余計なコストやデバイス配置がいりません

TP-Linkからは他にもスマートプラグやルーターなどもAlexa連携可能製品として販売されており、合わせて使う場合、スマホアプリやアカウント等を統一して管理できるので非常にスマートなのも魅力です。

TP-Link製品は、セット販売やセール対象になりやすく、特定日限定ということもあるので要チェックです。

 

TP-Link WiFi スマートプラグ

 

同様に、TP-Linkから日本向けの2ピンプラグで機能性の高い製品です。

Amazon Echoから音声操作はもちろん、スケジュール実行や外出先からコントロールも可能、さらにはランダムオンオフ機能も搭載。長期留守中などにランダムに照明をオンにして人が居る装いも可能とのこと。

高い機能性の分、スマートプラグにしては価格が若干高めとなっています。そういった製品こそセールが狙い目ですね。

スマートライト製品同様に、TP-Link製品でまとめてアプリやアカウント管理ができてスマートな管理ができるのも大きな魅力です。

 

ルンバ アイロボット ロボット掃除機

ご存知ロボット掃除機の「ルンバ」。Wifi搭載モデルの型番の 691、891、961、980 がAlexaからの音声操作に対応しています。

音声操作であれば、ふと部屋が汚いと思ったときに「ルンバで掃除して」、掃除音がうるさいと思ったら「ルンバで掃除を中断して」、など状況に合わせてより気軽に操作可能

ただでさえ便利なお掃除ロボットですが、Alexa対応ならさらに手軽かつ便利に掃除ができるようになるでしょう。

比較的な安価な「ルンバ691」がセールになる見込み。ルンバはAmazonセールではタイムセール品として安くなることも多いのでタイミングを見逃さないようにしましょう。

 

スマートロック「Qrio Smart Lock」「セサミ スマートロック」

スマートロックは、Alexaと連携して施錠や状況確認も可能ですが、それ以上に鍵を持ち歩く必要をなくす快適さが魅力の製品です。

基本はスマホと連動して鍵の制御を可能とし、鍵を持ち歩かずとも、家から離れたら自動で施錠や、遠隔地から鍵がかかっているかなどの確認も可能となります。

代表的なスマートロックには以下の2つの製品があります。

「Qrio Smart Lock(キュリオスマートロック)」

Qrioは2018年7月に新型↑がでたばかり。旧型↓はすでにお得にゲット可能です。

 

「セサミ スマートロック」

↑セサミスマートロックは、Qrioよりもより安価に導入可能なスマートロック製品となっています。

 
 

各製品はそれぞれ、本体の他に、ネットワークへ接続するためのHub(アクセスポイント)が必要なのでご注意ください。販売ページにて、それぞれセット製品での販売があります。
 

Amazon Music Unlimited(アマゾンミュージックアンリミテッド)

こちらは製品ではなく、Amazonの定額音楽配信サービスです。

4,000万曲以上が聴き放題、最近では「Mr.Children」や「松任谷由実」なども対応されJ-POPもどんどん豊富になっています。

Amazon Echoからは、「ミスチルの曲かけて」だけでゆずプレイリストが流れるので、本当に音楽が気軽に聴けちゃいます。Amazon Echoを導入する場合一緒に利用するのがおすすめです。

そして、こちらの音楽配信サービスがなんと、3ヶ月で99円です。一ヶ月33円。とにかく安い

本来月額980円程度のサービス。アホみたいにお得です笑。解約もいつでもできるので、これだけはこの機を逃さずに入っておきましょう。(3000円以上お得)。

ちなみに、このセールはサイバーマンデー向けのものではあるものの、既に開始されています。サイバーマンデーと同時に終了します。

関連リンクAmazon Music Unlimited
 

Amazon Music Unlimitedの詳細は以下でもまとめています。

 

Amazon Kindle Unlimited(キンドルアンリミテッド)

こちらも製品ではなく、本の読み放題サービスです。

さすがに人気の新書等は入ってないものの、多くの有名本、雑誌等が読み放題になるサービス

ただ通常の月額980円で、新書がない本を毎月しっかり使うかは微妙・・

と二の足を踏む微妙な位置づけでしたが(少なくとも僕にとっては。)、なんと今回は2ヶ月99円です。1ヶ月50円、とにかく安い

であればとりあえずいっとくでしょう笑。一ヶ月50円、古本漁るよりもよっぽど安いです笑。

Kindle Unlimitedの本も同様にAmazon Echoでの本の読み上げが可能、Amazon Echoと一緒に耳で読書をはかどらせてみてはいかがでしょうか。

関連リンクKindle Unlimited
 

Fire TV Stick

テレビに挿すだけで、プライムビデオやHulu、Netflixなどが大画面テレビで視聴可能とするのが「Fire TV Stick」です。

2018年12月頃よりAmazon Echoと連携して、動画(確実なのはプライムビデオ)の音声操作が可能となります。

これにより「ウォーキングデッドの続き再生して」など、気軽な一言でドラマなどを見ている続きから再生可能となります。「進撃の巨人」といった面倒なワードをサクッと音声で指定してアクセスできるのも非常に便利です。

今こそAmazon Echoとともに使い始めるベストタイミングといえるでしょう。

ただし、このタイミングに合わせて4K等にも対応した上位版の「Fire TV Stick 4K」が発売となります。こちらはサイバーマンデー後の12月12日発売予定。

上記の非4K版でもAlexaとの連携は可能ですので、4K等の性能よりコスパにこだわるのであれば今回がまさに絶好のチャンスといえるでしょう。

定価は4,980円。Amazonセールでは毎回1,500円ほど安くなっており、今回は新機種もでるので2,000円程度の値引きが期待できるでしょう。

 

上述の通り、プライム会員になるだけで見放題となるプライムビデオ↓の利用と合わせて使うのがおすすめです。

Fire Tablet 各種

コストパフォーマンスにすぐれることでも有名なAmazonのFire HDタブレット各種です。

アメリカではAlexaの利用が可能となっており、液晶付きのEchoさながらの操作が可能とのこと。今後日本でもAlexaが使えるようになるか要チェックな製品です。

8インチの「Fire HD 8」が2018/10/04からの発売にかかわらず、大きくセールになっているのは非常にお買い得。漫画や文庫サイズの本を読むにはベストなサイズ感ですね。

動画等を楽しむのであれば、10インチの「Fire HD 10」がおすすめです。以下で紹介もしています。

 

「Jabra Elite 65t」Alexaが使えるイヤホン

Amazon Echoで使いだすと、音声操作の便利さ、Alexaでできることの多さが実感してきます。

そこで、注目なのが、外でもアレクサをスムーズに使い、スマホを見ずとも様々な情報が取得できるスマートイヤホン

中でも、完全ワイヤレス型で、高音質、通信も安定のおすすめイヤホンが「Jabra Elite 65t」です。

下側製品の「Jabra Elite Active 65t」モデルは、運動時利用を想定してフィット感や汗などへの防水性能が強化された製品です。

以下で詳しく紹介しています。

 

間違いなく一押しのイヤホン。プライムデーセールでもセールされたので、今回も期待したいところです。

 

サイバーマンデーまとめ

以上、Amazon Echoのサイバーマンデーセールへ期待とその周辺の紹介記事でした。タイムセールものも多いので、会場を除いてみたり、本記事冒頭のセール価格一覧表を活用ください。

 

冒頭にも述べたとおり、型落ち品も多いセールですが、Amazon純正品は間違いなくお得なセールの機会です。いずれ買いそうなものはこの機会にお見逃しなく手に入れておきましょう。(特にアマゾンエコー)。

いじょうでっす。

コメント