Sponsored Link

読書効率アップ!Amazonの「Audible」で耳で読書を楽しもう

Audible(オーディブル)ご存知でしょうか。これ、すごくいいんです。「耳で読書する習慣」は、隙間時間活用が重要となる現代にあった効率的な読書方法だと思います。おすすめです。

こちらではAmazonのオーディオブック朗読サービス「Audible」を紹介していきまっす。

Sponsored Link

Audible(オーディブル)とは

audible

AudibleはAmazon提供の「耳で読書するサービス」です。対応しているオーディオブックを、月額1,500円で好きなだけ聴き放題可能です。
主な特等が以下です。

  • 月額1,500円で聴き放題
  • プロの朗読家、役者が読み上げ
  • 読み放題(Kindle Unlimited等)に非対応の人気・著名本もある
  • ダウンロードしてオフライン再生
  • 機能が豊富(スリープタイマー、読み上げ速度調整)

多くの人が気になるのは、月額料金1,500円だと思います。
Kindle Unlimited(和書12万冊等の読み放題)が980円なのに対して、Audibleは正式な対応本数は不明ですが明らかにそれよりは少ない数で1,500円。プライム会員費用なんて月額400円ですからね。どうしても割高感がありますね。

しかしながら、1,500円には相応の価値と理由がありますね。僕からすると十二分に元をとれる、新たな読書効率の領域へ引揚がてくれるコスパの良いサービスだと思っています。ただの本の読み放題より少し高いのは当然かなというところ。

詳しいメリット等を以下で見ていきましょう。

Audibleのおすすめポイント

様々な時間が読書時間に変わる

なんといってもコレが最大の魅力、今まで読書できなかった様々な時間が読書時間に変わります
例えば以下のような時です。

  • 徒歩の時間も含む通勤時間
  • ランニング中
  • ジムトレーニング中
  • 家の隙間時間。着替え時や歯磨き時なども

こういった、「頭は使ってないんだけど、体を使っていて読書ができない時間」を読書時間に変えることが可能となります。

さすがにパソコン作業中や料理中など頭を使っているときには難しいと思いますが、ちょっと頭に余裕があるときはいつでも読書できてしまいます。マルチタスクが得意な方は、そういった時間すら読書に当てることも可能かもしれませんね。

聴き方は、イヤホンで聴くのはもちろんのこと、最近だとBluetoothスピーカーがあればスマホからすぐに出力可能なので、家でもいつでも読書の続きが開始できます。そして後述のAIスピーカー対応が入ればさらに利便性が高まります。

読書時間を捻出してくれる、効率的読書が可能となるのが最大の魅力の1つです。

著名な本が対応

先程もKindle Unlimited(本読み放題)に本の対応数で明らかなほど及ばないと書きましたが、量ではなく質で見た場合、僕としては負けてない、いやむしろ買ってるんじゃない?というのが正直な感想です。

Kindle Unlimitedは数は多いのですが、実は話題の本や新しめな本は非対応であることが多いんですよね。対してAudibleでは、音声収録の手間があるため量産できない分、質を重視して多くの人が読みたいメジャータイトルや効果が高い本が対応されている印象です。以下が一例です。

audible_0

又吉さんの「火花」や「ビリギャル」などの話題作、「ハリーポッター」なども対応していますね。ハリーポッターは「賢者の石」から「不死鳥の騎士団」まで対応しています。他にも今年映画化された、「夜は短し歩けよ乙女」といった小説や、名著な自己啓発系の本もあります。

これらの本は、読み放題サービスには非対応な人気作です。数は多くなくとも、厳選されたよりよい作品が対応しています。
数が多くても結局消費はできないので、むしろ良いものに絞られて良質なコンテンツ対応されているのは、大きな魅力です。

速度変更

気になることの一つに読書のスピード感があると思います。耳でなぞって聴く分、目で速読出来る方にはなかなかスピード感は及ばないかもしれません。

しかしAudibleでも読書スピード感をあげることは可能で、朗読スピードコントロールが可能となっています。最大3倍速まで可能で、速度を上げても声質は変わらず快適に聴くことが可能です。ただ、人間の耳としては聴いてられるのは2倍速程度までかなという印象です。

逆に1.5倍速程度は、全く問題なく聴くことが可能ですので、自分のペースに合わせて、または強制的に(笑)、速読したりも可能なのが便利です。

朗読家による快適な音声

本の読み上げ(朗読)は、プロの朗読家さんや、役者さん(有名所だと堤真一さんなども)が行っており、聴きやすいこと間違いないです。洋書や英文はもちろんネイティブ発音で読んでくれます。

オーディオCD付き系の本に最適

audible_healing

耳で読書に最適になのが、オーディオCD付きの本ですね。上画像のような、ヒーリング系のものやヨガなどに代表されるものです。

本にCDが付いてきても、CDを流しながら、本を開いて・・などとやっていたのをまとめて音声で聴かせてくれます。より快適なオーディオつき読書が可能となるでしょう。

英語リスニングにもおすすめ

audible_english

同様に朗読になって最適となるのが、英語(語学)学習系コンテンツですね。当然特にリスニングの強化に役立ちます。

上画像のように、英雑誌あり、単語・熟語あり、英語学習論ありで、様々なコンテンツで学習できるのも良いですね。上述した速度調整も可能なので、自分のレベルにあわせてゆっくりにしたり、逆に早くして一気に英語耳に慣らさせたりといった使い方も可能です。

本以外にも耳で楽しむコンテンツ

audible_talk

本の読み放題コンテンツだと、当然ですが本のみが対象ですが、朗読サービスとなると、書籍にとどまりません。

上画像のように漫才や落語も対応しており、エンタメとして楽しむことも可能です。吉本がかなり提携が強いのでお笑い系のコンテンツは今後も充実していくでしょう。

Amazon Echo(Alexa)と連動してより気軽に

echo_types

これは日本は未対応なのですが、Amazon Echoから気軽に「〇〇の本の続き読んで」でAudibleの本を読み上げる、なんてことが近く可能となると思われます。
Amazon Echo(アマゾンエコー)はAIスピーカーと呼ばれる、話しかけるだけで様々な応答をしてくれるスピーカーです。

アメリカでは既にEchoからAudible利用が可能なので日本でも近く対応されるでしょう。AudibleはAIスピーカーと非常に相性のよいサービスであることは間違いありません。逆にAmazon Echo所持者であるから、Audibleを使ってみる、というのもお薦めです。

こちらも合わせてチェック

Amazon Echoでできること大全 – Audible項目

Audibleのあとちょっと・・な点

ここまでは良い点を上げてきましたが、もちろん良いことばかりではありません。あとちょっと・・な点を見ていきましょう。

読み返しやメモの確認がしずらい

Kindle電子書籍でビジネス本等を読んでいる方なら、大事な部分にマーカーを引いて「メモ」にしたり、特定ページに付箋をつけてすぐもどれるようにしたりしていると思います。

Audibleでも同様に、特定箇所に付箋(ブックマーク)をつけることは可能で、すぐにそこに飛ぶことは可能です。

しかしながら、重要部分にマーカーを引いてメモにまとめる、といったことはできませんし、ブックマークに飛んでもそこをざっと眺めるだけではなく、「聴きなおす」という行為が必要になるのが辛いところです。

あまり本を見直したり、読み返しをしない人にとっては問題ないと思いますが、メモ等を使う人にとっては把握しておきたいポイントです。

ストリーミングがない

現状、Audibleはダウンロードしてオフライン再生のみで、ストリーミング再生ができません

Amazon MusicやPrime Videoはストリーミング再生可能ですので、むしろこちらのほうがデータ量少ないだろうしできてもいいんじゃ・・とは思うのですが、非対応なものは仕方ないですね。

海外版でAmazon Echoから使う際は、ダウンロード等の手順は踏まないようなので、Amazon Echoから利用する際はストリーミングに対応していると思うのですが、詳細は不明です。

日本でもAmaozn Echoからの利用を考慮して、いずれストリーミング対応は可能になるような気がしますが、現状はダウンロード再生のみとなっています。

Fire Tabletで使えない

なんと、FireタブレットでAudibleは利用できません。FireタブレットのOS「FireOS」がAudibleアプリに非対応なんです。

FireOSはAndroidOSベースなので、Androidで使えるAudibleは使えてもいい気がするんですが、現状非対応です。もちろん改善要望もでてますし、先述の通り技術的に難しいとも思えないので近いうちに改善するような気もしています。

おすすめの本・ジャンル

ということで、Audibleの良い点も悪い点もわかった上で、どういったコンテンツが対応しているか簡単にご紹介していきましょう。

ボク自身まだ3ヶ月ほどの利用なので、多くの本を読んだ(聴いた)わけではないのですが、そのなかでもよかった本とこれから読みたい本等をご紹介していきます。タイトルリンク先から体験版を聴くことも可能です。

自分を操る超集中力 – メンタリストDaiGo

どうやったら集中力がアップできるか、効率的に時間を使えるか、具体的な手法含めて解説されています。かなり良書だと思います。

留学しないで「英語の頭」をつくる方法 – 齋藤 兼司

英語を習得するための本質を学ぶことができます。これまでの英語学習系の本とは一線を画した、ネイティブな英語を身につけるためのコツがわかる良書です。

Steve Jobs SPEECHES 人生を変えるスティーブ・ジョブズ スピーチ ~人生の教訓はすべてここにある~ – 国際文化研究室

アップルの創業者でありながら、一時アップルを追いやられ、またアップルに戻って建て直したスティーブ・ジョブズ。彼の数々の明言が、ネイティブ英語と、その日本語訳、その解説が短い区切りで解説されていきます。熱くなれる言葉が聴けます。

夜は短し歩けよ乙女 – 森見 登美彦

2017年星野源の声優でアニメ映画にもなった話題の小説「夜は短し歩けよ乙女」です。森見登美彦さんの独特の世界観の小説を楽しむことができますよ。

火花 – 又吉 直樹

言わずと知れた、お笑い芸人ピースの又吉さんの芥川賞受賞作品「火花」ですね。ボクは小説で読んでしまいましたが、面白かったです。なんとナレーターが堤真一さんです!

学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話 – 坪田 信貴

「ビリギャル」として実写映画化もされた作品です。ボクは未読ですが、ストーリーを楽しみながら重要な考え方が学べそうですね。笑いもあるみたいです。

ハリー・ポッターと賢者の石 – J.K.ローリング, 松岡 佑子

ご存知ハリー・ポッターシリーズ1つめの作品の原作ですね。原作で濃厚な魔法の世界を堪能しましょう。

他にも様々なジャンルの本がある

他にも多くの本が対応しています。ジャンルだけでも以下のようなものがあります。

audible_genre


また、日々人気作品が追加されています。最近新作追加が強化されてきた印象もあります。Amazon Echoからの利用等ふくめて、Amazonがサービスに力を入れてきているかもしれませんね。

まとめ

以上、「耳で読書するサービス Audible(オーディブル)」を紹介してきました。

1ヶ月体験無料が可能ですので気になった場合は是非お試しください。

関連リンク無料体験を試そう – Audible (オーディブル) 会員登録

以上でっす。